転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1354162118/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 13:08:38 ID:UhAR1DUM

星乃「なんであんなEDなんですか!!」

水澤「私に言われても…」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 13:09:30 ID:UhAR1DUM

キミキスのメタSSです。

ネタバレを含みます。



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 13:16:27 ID:UhAR1DUM

星乃「私、パッケージも飾ってますよ?」

星乃「キミキスのメインヒロインでしょう!」

咲野「お、落ち着いて、星乃さん」

二見「…ご乱心ね」ズズッ

祇条「二見さんは落ち着きすぎですけど…」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 13:19:06 ID:UhAR1DUM

星乃「未だかつて居ますか?」

星乃「私、最終回で振られるんですよ?」

星乃「まさに神をも恐れぬ所業!」

祇条「まあまあ」

水澤「…でも、しょうがないじゃない」

水澤「そもそも、随分昔の話でしょう?」

水澤「今更誰も覚えていないわよ」

星乃「そんなことはありません」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 13:24:14 ID:UhAR1DUM

星乃「黒歴史アニメスレでも定期的に誰かがあげています」

星乃「原作をプレイしていない人にとって、私の印象は」

星乃「最終回で振られた可哀想な子ですよ?」

星乃「納得できません」

水澤「それなら、私だって」

水澤「最終回で主人公を寝取った悪女みたいな扱いで」

水澤「途中の展開のせいで、男を取っ替え引っ替えするビッチみたいな印象よ?」

祇条「私は、そもそもヒロインからも降格されていますし」

咲野「あれ?そういえば、なるみちゃんは?」

二見「そもそも、彼女は原作含め、ほとんどの印象がうどんだもの」

二見「ここに呼んでも、あまり意味はないわ」

咲野「そうなの?」

二見「ええ」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 13:27:23 ID:UhAR1DUM

星乃「あの展開に、何の意味があるんですか?」

水澤「まあ、それはちょっと思うけど…」

二見「水澤先輩と私は、ある意味勝ち組だもの」

二見「この場で文句を言う必要も無いわ」ズズッ

星乃「…」ピキッ

咲野「…」ピキッ

祇条「ああ、お二人のスイッチが…」

咲野「二見さん?あんた、今何て?」

二見「私と水澤先輩は勝ち組、と言ったのよ」

咲野「何ですってぇ?」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 13:31:54 ID:UhAR1DUM

二見「当然でしょう?」

二見「キミキスは恋愛ゲームで、私たちはそのヒロイン」

二見「言わば、主人公を落とすのが私たちの仕事でしょう?」

二見「ほら、単純な話じゃない」

星乃「…くっ」

星乃「で、でも、それで優劣が決まる訳じゃ…」

二見「いいじゃない、最終回に振られたメインヒロインとして、今後のアニメ史に名前が残るわよ」

星乃「がはっ!!」ドサッ

祇条「ああっ、星乃さんがヒロインとして見せてはいけないお顔に…」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 13:39:27 ID:UhAR1DUM

星乃「ま、まだよ…まだ終われない」ググッ

星乃「私の中の人は有名声優の小清水亜美さんなのよ!」

星乃「数々のヒロインを務め、実力も折り紙付き」

星乃「こんな結末、あんまりじゃない!?」

水澤「声優の話をしたら、キミキスは難しいわよ」

咲野「水澤先輩は池澤春奈さん、あたしは広橋涼さん」

二見「私も田中理恵さんで、祇条も能登麻美子さんよ」

祇条「里中さんも水橋かおりさんで、全員最高クラスのキャストですから…」

水澤「サブを含めて、今では知らない名前を探すほうが難しいわ」

二見「あら、でもうどん部の夕…」

星乃「佐藤泉水さんの悪口はそこまでよ!」

二見「…まだ何も言っていないわ」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 13:43:53 ID:UhAR1DUM

水澤「そもそも、何故今になってこの話を?」

星乃「今だからこそ、です」

星乃「アマガミの影響で、キミキスにも再び目が向けられるようになりました」

星乃「エンターブレインが次回作を出してしまう前に、解決しておかなければ!」

二見「解決と言っても…」

星乃「アマガミのアニメは、キミキスに比べて大きく成功しています」

星乃「今後のアニメに私のような小公女ヒロインを出さないためにも、必要なんです」

咲野「小公女ヒロイン?」

祇条「可哀想、のイメージではないでしょうか?」

水澤「…古すぎよ」

星乃「とにかくっ!」

星乃「キミキスprを分析しましょう、そうしましょう」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 13:47:51 ID:UhAR1DUM

星乃「声優に関しては、問題ないと思います」

水澤「そうね、最高の演技だったと思うわ」

祇条「星乃さんと二見さんの告白シーンは、今見ても感動します」

星乃「そうでしょう」

星乃「放送当時から言われていたことと言えば、やっぱり作画だと思うの」

二見「無限保健室は、私も気になったわ」

咲野「無限保健室?」

水澤「ベッドの数が大変なことになっているのよ」

祇条「部屋の壁が見えないのは、ホラーですよね」

星乃「…皆、あえて本題を避けるのはやめましょう」

咲野「え?」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 13:53:26 ID:UhAR1DUM

星乃「問題はキャラクターの作画よ!」

星乃「目が離れているかどうかで、スタッフが判断できるなんて、おかしいわ!」

水澤「ああ、言っちゃった…」

二見「魚みたい、という意見を聞いた時は、愕然としたわね」

咲野「そうなの?」

祇条「高山さんの絵は、動かしにくいようですね」

星乃「アマガミは、合田浩章さんの素晴らしいキャラデザで、アニメの評判も高い…」

二見「ああっ女神さまも美しかったわね」

星乃「この格差!」

星乃「私たちなんて、見た目が良くてなんぼでしょう!」

水澤「ぶっちゃけすぎじゃない?」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 14:02:28 ID:UhAR1DUM

二見「でも、キャラデザ自体はキミキスも悪くないと思うわ」

二見「アニメ柄の製品も、可愛いじゃない」

二見「アニメーターのスケジュールがキツかったとかじゃないの?」

星乃「おのれ、制作会社…」

祇条「制作会社も、J.C.STAFFですし」

咲野「禁書とか、エフェクトも絵も綺麗だよねー」

星乃「な、何故その実力をキミキスに注いでくれなかったんですか?」

二見「分かるわけないでしょう?」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 14:08:10 ID:UhAR1DUM

星乃「仕方ありません、作画はなかったことにしましょう」

咲野「なかったことって…」

星乃「それならストーリーですよ」

星乃「何故アマガミのようなオムニバスではなく、主人公を分裂させるんですか?」

星乃「原作ファンは唖然としたと思いますけど」

二見「でも、恋愛ものとしては、キミキスの方が凝っているわよ」

咲野「原作と違う部分も多いけど、その分毎週ハラハラできたよね」

祇条「キャラクターの持ち味も消さずに、いい構成だったと思いますけど」

星乃「ううっ」

水澤「原作に従わなかったことで、問題もあるけど」

水澤「オムニバス形式より、各人物の掘り下げはできているんじゃない?」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 14:12:07 ID:UhAR1DUM

二見「キミキスの主題歌も、未だに人気が高いわよね」

咲野「雰囲気も合っているし、いい曲だもんね」

祇条「今考えれば、エンディングに納得がいかないだけで、かなりの完成度だったのでは?」

咲野「水澤先輩のファンは嬉しいかも知れないし」

星乃「そんな…」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 14:17:57 ID:UhAR1DUM

祇条「二見さんのEDは、感動的ですよね」

咲野「悔しいけど、あたしは納得しちゃったなぁ」

咲野「普段クールな癖に、あんな甘え顏や泣き顔は反則よね」

二見「…ちょっと照れるわ」

祇条「田中理恵さんの演技力は、本当に凄いです」

二見「…咲野と相原のやり取りも、私は気に入っているわ」

星乃「確かに、あの青春感はなかなか出せませんよね…」

水澤「爽やかで、でもいろいろ考えさせられるいい展開だったわ」

祇条「咲野さんが発破をかけるところも、いいですよね」

水澤「二見さんが、自分の気持ちに臆病になる様子をかなりピックアップしているのも、印象的だわ」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 14:22:12 ID:UhAR1DUM

星乃「…仕方ありません、認めましょう」

星乃「二見さん、咲野さん、相原くんの話は、素晴らしい」

星乃「でも、私の方は違うでしょう?」

星乃「二見さんの葛藤の合間に、真田くんがどんどん水澤先輩を意識していく…」

星乃「気付きつつも、踏み込めない私」

星乃「星乃ファンに救いは無いんですか!?」

二見「きちんと山場があるじゃない」

星乃「感動の分、落差が凄いんですよ!」

星乃「…これなら、いっそ付き合わないほうが良かった…」

水澤「…ダメよ、そんなことを言ったら」

星乃「水澤先輩…」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 14:26:06 ID:UhAR1DUM

水澤「確かに、光一は最後に私のところに来たけど」

水澤「あの時、光一は結美ちゃんのことが好きだったのよ」

水澤「あなたのことだけを見ていたはずよ」

星乃「水澤先輩…」

二見「まあ、貴女が言っても、勝者の余裕だけどね」

星乃「がはっ!」ドサッ

咲野「…二見さん、空気読みなよ」

二見「あら、ごめんなさい」

祇条「せっかくまとまりかけていたのに…」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 14:31:02 ID:UhAR1DUM

星乃「…キミキスは、失敗したんでしょうか?」

水澤「そんなことないわ」

水澤「物議を醸したのは事実だけど」

二見「そうね」

二見「リアルな恋愛観というものを大切にしたアニメだったと思うわ」

祇条「登場人物の心情が、細かく描写されていますし」

咲野「そうだね、見応えかなりあるもの」

水澤「結美ちゃんは辛いかもしれないけど」

水澤「貴女の魅力は、きちんと視聴者に伝わったと思うの」

水澤「だからこそ、それだけの反響があったんだわ」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 14:33:56 ID:UhAR1DUM

星乃「…」

祇条「原作通りに進んだら、私とあなたの友情も、描かれることはなかったんですよ?」

祇条「アニメにも、いいところがたくさんあると思います」

星乃「祇条さん…」

水澤「ね?お話としての完成度は、かなり高いじゃない?」

二見「まあ、問題は原作付きでそれをしてしまった事なのだけれどね」

咲野「二見さん!!」

星乃「…そうよね」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 14:37:29 ID:UhAR1DUM

星乃「嘆いているだけじゃ、何も始まらないもの」

星乃「ありがとう、皆のおかげで目が覚めたわ」

水澤「うん、いつもの結美ちゃんね」

咲野「ねえねえ、せっかく皆で集まってるんだから、カラオケでも行かない?」

祇条「里中さんや、他の皆さんもお呼びしましょう」

二見「…私も、行ってみようかしら」

咲野「何言ってんの、強制参加よ!」

星乃「…ふふっ」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 14:41:41 ID:UhAR1DUM

~おまけ~

甲斐「…ふう」

甲斐(本当に可哀想なのは、噛ませ犬役の俺じゃないか?)

甲斐(水澤、俺の話は一度もしてくれなかったな…)

甲斐(…ふっ、うじうじしても仕方ないな)

甲斐(扱いが不遇だった星乃と、まあ柊でも連れて、何かやってみるか…)

甲斐(…ロボットものなんて、楽しそうだよな…)

おしり



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 14:43:04 ID:UhAR1DUM

キミキスを再び広めたかった、後悔はしていない。

皆も、アマガミだけじゃなく、キミキスも見てみるんだ、楽しいぞ。

それではノシ



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 15:48:18 ID:fAvrfjfE

キミキスよかったよね。
EDの願い星が好きだった。






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
【けものフレンズ】博士「助手、今日はハロウィンらしいですよ?」 
鹿島「おはよう堀ちゃん!!」堀「おい、なんでタメ口使ってんだよ」 
【ポケモン】マオ「やっぱりアニメは最高だね!」 
サトシ「ついに来たぜアローラリーグ!」 
サーバル「かばんちゃん!私のことは女王様って呼んでね!」