転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1344145838/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/05(日) 14:50:38 ID:2VkhoH5w


咲「吸血鬼ごっこ?」

豊音「うんうん。こう、首筋をガブッとねー」

咲「ガブッと?」

豊音「噛むの。そしてチュウチュウ」

咲「チュウチュウ?」

豊音「吸うの。ゴクゴクと」

咲「なにを吸うの?」

豊音「もちろん血だよー」

咲「おいしいの?」

豊音「うーん、どうだろうねー」

咲「鼻血が出るとね」

豊音「うん」

咲「口の中に、血の味が広がるよね」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/05(日) 14:59:19 ID:2VkhoH5w


豊音「口と鼻は繋がってるんだよー」

咲「じゃあね、わざわざ血を吸わなくても」

豊音「うん」

咲「鼻血を出したら、血が飲めるんじゃないかなあ」

豊音「わかってないねー」

咲「わかってない?」

豊音「例えばの話」

咲「うん」

豊音「唾を飲んでるからって、喉が渇かないわけじゃないでしょー?」

咲「そうだね」

豊音「つまりそういうこと」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/05(日) 15:06:42 ID:2VkhoH5w


咲「そっか、汗かいたりするもんね」

豊音「常に水分は失われていくんだよー」

咲「すごいね。……すごいの?」

豊音「いくら鼻血を飲んでもね?」

咲「うんうん」

豊音「他のところから出血したりするからねー」

咲「その血も全部飲めばいいんじゃないの?」

豊音「できる?」

咲「豊音さんなら、きっとできるよ」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/05(日) 15:14:48 ID:2VkhoH5w


豊音「できるわけないよねー」

咲「そうかなあ……」

豊音「咲ちゃんは知らないだろうけど」

咲「私は知らない?」

豊音「涙の原料も血なんだよー?」

咲「知ってるよ」

豊音「だから、吸血鬼は涙も飲めるという計算」

咲「それは知らなかったかも」

豊音「血と涙、どっちを吸ってほしいのかな?」

咲「今はね、血が出てないの」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/05(日) 15:19:38 ID:2VkhoH5w


豊音「見たらわかるよ?」

咲「だから、涙の方がいいなあ」

豊音「うんうん、わかったよ」

咲「泣けばいいの?」

豊音「あくびでもいいんじゃないかなー」

咲「ふああ……」

豊音「あっ、ちょっと出てきたよ」

咲「ふああ……」

豊音「がんばれ。ちょーがんばれ!」

咲「……ん、このくらいでいい?」

豊音「十分だよー」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/05(日) 15:23:22 ID:2VkhoH5w


咲「早く舐めて?」

豊音「ドキドキするねー」

咲「しないよ。ぜんぜんしない」

豊音「いただきまーす。……ぺろ」

咲「ん……」

豊音「ごちそうさまでした」

咲「どうだった?」

豊音「あのね、咲ちゃん」

咲「うん」

豊音「味なんてしなかったよ」

咲「しなかった。なんで?」

豊音「だって私、吸血鬼じゃないもん」

咲「……?」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/05(日) 15:26:06 ID:2VkhoH5w


豊音「あくまで、ごっこ遊びだからねー?」

咲「悪魔で。吸血鬼じゃなくて?」

豊音「悪魔でもないよ。ごっこ」

咲「ごっこ。吸血鬼じゃない?」

豊音「私はちょー人間だよ」

咲「ちょー人間。人間なんだ?」

豊音「うんうん」

咲「じゃあなんで舐めたの?」

豊音「うーん……」

咲「うーん……」

豊音「強いて言うなら」

咲「うん」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/05(日) 15:30:46 ID:2VkhoH5w


豊音「咲ちゃんをぺろぺろしたかったからかな」

咲「私をぺろぺろ?」

豊音「かわいかったよー。ちょっと恥ずかしがってる咲ちゃん」

咲「かわいい私が恥ずかしがってる?」

豊音「うんうん」

咲「えへへ、照れるね」

豊音「咲ちゃんの涙なら、フローラルな味がするかと思ったんだけど」

咲「期待を裏切っちゃった」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/05(日) 15:34:32 ID:2VkhoH5w


豊音「バニラエッセンスだよね」

咲「バニラ。……エッセンス?」

豊音「あれって、ちょー美味しそうでしょ?」

咲「バニラだもんね」

豊音「でも不味いんだよ、ほんとうは」

咲「バニラ味じゃないの?」

豊音「バニラ味じゃないよー」

咲「私の涙はバニラエッセンス?」

豊音「期待外れって意味では」

咲「すごいね。……すごいの?」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/05(日) 15:42:13 ID:2VkhoH5w


豊音「吸血鬼。ちょーかっこよくない?」

咲「吸うの?」

豊音「血をね。チュウチュウ」

咲「でも、豊音さんはちょー人間なんでしょ?」

豊音「うんうん」

咲「血を吸わないんだよね?」

豊音「人間だからねー」

咲「じゃあ何を吸うの?」

豊音「咲ちゃんの唇を吸ってみたいな」

咲「私の唇。吸っていいよ?」

豊音「ほんとに?」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/05(日) 15:45:53 ID:2VkhoH5w


咲「ウソって言ったらどうするの?」

豊音「どうもしないよ」

咲「ほんとって言ったら?」

豊音「チュウチュウしちゃうよ」

咲「じゃあほんと」

豊音「……いいの?」

咲「いいの。いいのかなあ」

豊音「初めてだよねー?」

咲「チュウチュウ。初めて」

豊音「私がもらっていいの?」

咲「いいのかな。いいんじゃないかな」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/05(日) 15:49:49 ID:2VkhoH5w


豊音「では不肖豊音、遠慮なくいくよー」

咲「ばっちこい」

豊音「……」

咲「……」

豊音「……」

咲「……?」

豊音「……」

咲「……!」

豊音「……ん」

咲「……チュウチュウ終わり?」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/05(日) 15:53:53 ID:2VkhoH5w


豊音「ちょーどきどきしてきたよ」

咲「私はどきどきしてないよ」

豊音「でも、顔赤くない?」

咲「恥ずかしいから」

豊音「どきどきは?」

咲「してないよ」

豊音「私のこと好き?」

咲「好きかなあ。嫌いじゃないよ」

豊音「好きってことだよねー?」

咲「嫌いじゃないなら、好きなの?」

豊音「そういうことにしておこうよ」

咲「じゃあ、好き」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 19:42:03 ID:PjhsudeY


豊音「私も咲ちゃんのことちょー好きだよ」

咲「ちょー好き。ちょー?」

豊音「うん。相思相愛だねー」

咲「すごいね。すごいよね」

豊音「ということで、吸血鬼ごっこはおしまい」

咲「おしまい、早くない?」

豊音「でも、隙あらば吸っちゃうからね」

咲「うん、待ってる。待ってる?」

豊音「待ってちゃダメだよ。ガードしないと」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 19:46:29 ID:PjhsudeY


咲「ガードしないと。なんで?」

豊音「隙をつくとねー、咲ちゃん赤面するから」

咲「恥ずかしいもん」

豊音「うんうん。もっと恥ずかしがっていいよー」

咲「でもね、ドキドキはしないよ」

豊音「その強がりもちょーかわいいね!」

咲「強がり。じゃあ触る?」

豊音「……え?」

咲「触って確かめてみればいいと思う」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 23:40:40 ID:PjhsudeY


豊音「咲ちゃん、それはエッチだよー」

咲「私はエッチ?」

豊音「やらしいことはしたらダメ」

咲「チュウチュウはいいの?」

豊音「ギリギリセーフかなー」

咲「よくわかんないね」

豊音「咲ちゃんはまだ子どもなので」

咲「豊音さんは大人?」

豊音「半分くらいは、大人」

咲「私が大人になったら、触る?」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 23:43:45 ID:PjhsudeY


豊音「もちろんだよー」

咲「そっか、楽しみ。……楽しみ?」

豊音「咲ちゃんは」

咲「うん」

豊音「私に触ってみたいとか、思わないのかなー?」

咲「触りたい、かも」

豊音「どうぞ! どこでもいいよ!」

咲「お股でも?」

豊音「ちょーやらしいよ! 絶対ダメ!」

咲「どういうこと……」

豊音「お股以外」

咲「お胸触りたい」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 23:48:36 ID:PjhsudeY


豊音「ダメだよー!」

咲「やらしいから?」

豊音「うんうん」

咲「じゃあ、もういいよ」

豊音「あ、すねた?」

咲「……」

豊音「ねー、すねた?」

咲「……」

豊音「ほら、他にもいっぱいあるよー、触るところ」

咲「お尻」

豊音「やらしいー!」

咲「豊音さんはいじわるだったの?」

豊音「すねた咲ちゃんもちょーかわいいよ!」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 23:52:49 ID:PjhsudeY


咲「かわいい私がちょーすねてる?」

豊音「うんうん」

咲「えへへ、照れるね。照れるよ」

豊音「なでなでしてもいいかなー」

咲「いいんじゃないかな」

豊音「よーし、スーパーなでなでタイム!」

咲「きゃー」

豊音「よしよし」

咲「ん、気持ちいい」

豊音「髪、ちょーいい匂いがするねー」

咲「だって、洗ってるから」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/08(水) 00:08:37 ID:qNIewIHY


豊音「うんうん、えらいねー」

咲「私ね、豊音さん」

豊音「んー?」

咲「豊音さんの髪にくるまって眠りたいな」

豊音「……うーん、ムリ」

咲「ムリ。いじわる」

豊音「だって、私の髪がダメージ受けるかもだよ?」

咲「それはダメだね。うん、ダメだ」

豊音「マフラー代わりに、首に巻いてあげよっか?」

咲「うん」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/08(水) 00:12:27 ID:qNIewIHY


豊音「おっけー。……はい、できたよー」

咲「わあ、くすぐったい」

豊音「でも気持ちいいでしょ?」

咲「うーん、あんまり」

豊音「ですよねー。ごめんね、今ほどくから」

咲「ほどかなくていいよ」

豊音「どうして?」

咲「なんとなく。うん、なんとなく」

豊音「そっかー」

咲「手、止まってるよ」

豊音「よーしよしよし」

咲「きゃー」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/08(水) 00:19:22 ID:qNIewIHY


豊音「うーん、甘えんぼな咲ちゃんもかわいいねー」

咲「かわいい私が甘えんぼ?」

豊音「うんうん」

咲「ねえ、豊音さん」

豊音「んー?」

咲「抱っこして」

豊音「抱っこ? 持ち上がるかなー」

咲「座ったままでいいから。お膝の上に乗せて」

豊音「おいでー」

咲「んしょっ、えへへ」

豊音「……個人的には向かい合いたいところなんだけどねー」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/08(水) 00:23:28 ID:qNIewIHY


咲「向かい合ったら恥ずかしいから」

豊音「ドキドキする?」

咲「しないよ。全然しない」

豊音「私のこと好き?」

咲「好きなんじゃないかな」

豊音「ま、いっかー」

咲「豊音さん、背もたれにピッタリ」

豊音「咲ちゃんの抱き心地も最高だよ!」

咲「気持ちいい?」

豊音「うんうん」

咲「感じちゃう?」

豊音「やらしいー」

咲「えへへ」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 14:51:25 ID:oZ9/sXcs


豊音「でもねー、咲ちゃん」

咲「なあに?」

豊音「ふっふっふ、私に後ろを見せたらいけないよ」

咲「いけないの?」

豊音「耳に息を吹きかけたり。ふーっ」

咲「んっ」

豊音「うなじに吸いついてみたり。ちゅっ」

咲「わわっ、血を吸われちゃう」

豊音「吸血鬼ごっこは終わったってばー」

咲「終わったの? じゃあ大丈夫だね」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 18:04:03 ID:oZ9/sXcs


豊音「咲ちゃーん」

咲「咲ちゃんです。どうしたの?」

豊音「愛してるよー」

咲「愛してる……。好きじゃなくなったの?」

豊音「そ、その言い方は語弊があるかな……」

咲「ちょー好きって言ってくれたのに。あれはウソだったんだね」

豊音「愛してるじゃダメ?」

咲「ダメ。……ダメじゃない、かも」

豊音「うれしい?」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 18:27:28 ID:oZ9/sXcs


咲「正直言うとね」

豊音「うんうん」

咲「すごくうれしいよ」

豊音「ドキドキは?」

咲「してない。むしろ止まりそうだよ」

豊音「えー、それは大変!」

咲「豊音さんのせいだもん」

豊音「人工呼吸しなきゃ!」

咲「心臓マッサージじゃなくて?」

豊音「人工呼吸するとねー」

咲「うん」

豊音「咲ちゃん、きっとドキドキするから」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 18:31:33 ID:oZ9/sXcs


咲「しないよ。絶対しない」

豊音「素直になりなよ」

咲「豊音さんに何されても、ドキドキはしないから」

豊音「強情だねー」

咲「事実だもん」

豊音「ドキドキしてる咲ちゃんもかわいいと思うんだけどな……」

咲「かわいい私がドキドキ?」

豊音「うんうん」

咲「じゃあ、がんばって私をドキドキさせて?」

豊音「言ったねー? がんばるよ!」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 18:37:43 ID:oZ9/sXcs


咲「ねえ」

豊音「んー?」

咲「帽子貸して」

豊音「いいけど、サイズ合うかな。……はい」

咲「ん。ちょっと大きいかも」

豊音「そうみたいだねー」

咲「どう?」

豊音「うん、かわいいよ!」

咲「えへへ。似合ってる?」

豊音「……」

咲「豊音さん」

豊音「え、えーと……、似合って、る、よ」

咲「……ほんとに?」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 18:50:01 ID:oZ9/sXcs


豊音「ほ、ほんとだよー」

咲「あやしい……」

豊音「アンバランスですごくかわいいから!」

咲「えへへ、照れるね。……アンバランス?」

豊音「な、なんでもない……」

咲「見て見て。豊音さんのまね」

豊音「え、私そんな顔してるー?」

咲「ロン、って言ってみて」

豊音「それ、ロンだよー」

咲「うん、やっぱりそんな顔してる」

豊音「もう、笑わないでよー」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/14(火) 23:29:49 ID:sFVoeSzE


咲「私、豊音さんの真似ならいっぱいできるよ」

豊音「へー、ふーん」

咲「ニヤニヤしてる。なんで?」

豊音「それだけ私のこと見てるってことだよねー」

咲「だったら、豊音さんも私の真似できる?」

豊音「……あ、あはは」

咲「……私のこと、あんまり見てないんだ」

豊音「で、できるよ! ほら、リンシャンカイホー!」

咲「うわあ」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/14(火) 23:36:09 ID:sFVoeSzE


豊音「どう?」

咲「すごいよ。すごく似てない」

豊音「だよねー」

咲「ほんとうに、私のこと好きなの?」

豊音「もちろんだよー」

咲「じゃあ、もっと上手に真似してね」

豊音「精進します……」

咲「お手本。豊音さんの真似します」

豊音「わー、ぱちぱち」

咲「豊音さんがちゅうする時の真似」

豊音「えっ、ちょ……」

咲「……」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/14(火) 23:44:22 ID:sFVoeSzE


豊音「んっ。……咲ちゃん」

咲「えへへ、似てたかな」

豊音「よ、よくわからなかったので、もう一回」

咲「もう一回。次は、豊音さんの番」

豊音「……わわ、あらためて恥ずかしいねー」

咲「恥ずかしいね。ちょっとドキドキしそう」

豊音「ほんとに? じゃあここでキメるよ!」

咲「うん、がんばって」

豊音「では咲ちゃん、目を閉じてください」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/14(火) 23:50:18 ID:sFVoeSzE


咲「……はい」

豊音「次は、耳を塞ぐよー」

咲「……なんにも聞こえない」

豊音「……よーし」

咲「……」

豊音「では、咲ちゃんがちゅうするときの真似」

咲「……豊音さん、まだ?」

豊音「いきます!」

咲「豊音さ、んっ……」

豊音「……ど、どう?」

咲「……」

豊音「咲ちゃん、ドキドキした?」

咲「ドキドキ。……うーん」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/14(火) 23:54:42 ID:sFVoeSzE


豊音「……」

咲「心臓がね」

豊音「うんうん」

咲「破裂した」

豊音「そこまで!?」

咲「だから、ドキドキはしてないよ」

豊音「それは苦しいよー」

咲「苦しい。ううん、くるしゅうない」

豊音「ほんとに手強いねー」

咲「豊音さんの唇って、柔らかいんだね」

豊音「えっ?」

咲「それに、すごくあったかかった」

豊音「て、照れるよー」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/15(水) 00:06:54 ID:GEDjyB2c


咲「豊音さんみたいな吸血鬼なら」

豊音「うんうん」

咲「私、いっぱい吸われたいな」

豊音「……がまんがまん」

咲「血を吸われたら、私も吸血鬼になっちゃうから」

豊音「そういう話も聞くねー」

咲「次は、私が豊音さんを吸ってあげるね」

豊音「咲ちゃーん!」

咲「わわっ」

豊音「ギュッてしていい? いいよねー!」

咲「う、うん、いいけど」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/15(水) 00:22:10 ID:GEDjyB2c


豊音「私、咲ちゃんにドキドキさせられっぱなしだね」

咲「私だって、……なんでもない」

豊音「心臓が破裂したり、停止したりでしょ?」

咲「うん」

豊音「ドキドキは?」

咲「してないよ」

豊音「私のこと愛してる?」

咲「……好き」

豊音「素直じゃない咲ちゃんもちょーかわいいよー」

咲「かわいい私がちょーかわいい?」

豊音「うんうん」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 17:58:09 ID:lx3zPvec


咲「かわいいなら仕方ないよね」

豊音「このね、咲ちゃんのサイズ」

咲「私のサイズ?」

豊音「すごくいいよー」

咲「どんな具合?」

豊音「私の身体にすっぽり収まる感じ!」

咲「豊音シェルター?」

豊音「あっ、呼び捨てにしたなー」

咲「きゃーっ」

豊音「おっと、逃がさないよ」

咲「えへへ」

豊音「ふふふー」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 18:45:54 ID:lx3zPvec


咲「ねえ、豊音さん」

豊音「どうしたの?」

咲「豊音さんといると、不思議なことがいっぱい起こるね」

豊音「そうかなー。例えば?」

咲「例えば。例えないとダメ?」

豊音「気になるので、教えて」

咲「豊音さんも、同じ気持ちだったらいいな」

豊音「んー?」

咲「……服がね、すごく邪魔に感じるの」

豊音「……ちょーわかるよ、その気持ち」



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 18:55:48 ID:lx3zPvec


咲「ほんとうに? よかった」

豊音「……咲ちゃん、提案があります!」

咲「なあに?」

豊音「お風呂、入ろっか」

咲「お風呂。一緒に?」

豊音「う、うん」

咲「……」

豊音「……」

咲「だって、せまいよ」

豊音「くっついちゃえば平気だよー」

咲「くっついちゃうの?」

豊音「あわわっ、そこは気にしないでね」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 19:11:15 ID:lx3zPvec


咲「気になるよ。くっついていいの?」

豊音「……むしろお願いしたいかな」

咲「うん。……うん」

豊音「咲ちゃん?」

咲「私、先に入ってるね」

豊音「えっ、えー。一緒に行こうよ」

咲「豊音さん」

豊音「……?」

咲「……待ってる、から」

豊音「……ちょっ」

咲「だから、早く来てね」

豊音「……うん。鼻血が止まってから行くねー」

咲「それはベタすぎるよ」



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 22:32:40 ID:lx3zPvec


豊音「では、おじゃましまーす」

咲「豊音さん、おっきい」

豊音「ぶっ、そんなことないよー!」

咲「胸じゃなくて、全体的に」

豊音「あはは、さすがにせまいねー」

咲「せまいね。お湯が溢れちゃった」

豊音「……こういうことって、言うべきなのかな」

咲「なあに?」

豊音「咲ちゃん、……すごく、綺麗だよ」

咲「綺麗。かわいい私はどこに行ったの?」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 22:38:38 ID:lx3zPvec


豊音「さあ、どこだろうねー」

咲「豊音さんも……」

豊音「私も?」

咲「……」

豊音「咲ちゃん?」

咲「……なんでもない」

豊音「ふふ、残念」

咲「ねえ、触っていい?」

豊音「好きにしてくれていいよー」

咲「ほんとうにいいのかな」

豊音「どうだろうね」

咲「触るだけならいいのかな」

豊音「咲ちゃん」

咲「うん」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 22:56:28 ID:lx3zPvec


豊音「私のこと、好き?」

咲「好き。うん、好き」

豊音「愛してる?」

咲「愛? 愛は、してるかも」

豊音「私も、咲ちゃんのこと好きだよー」

咲「愛は?」

豊音「ちょーしてる」

咲「そっか。じゃあ、いいよね」

豊音「うんうん。私だって、そろそろ」

咲「そろそろ?」

豊音「我慢の限界……、かな」

咲「……優しく、お願い」

豊音「……うん」



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/25(土) 17:35:16 ID:6kx.i3/I


咲「……」

豊音「……」

咲「……」

豊音「……」

咲「んっ」

豊音「……」

咲「……」

豊音「あっ、……うん」

咲「……」

豊音「んー……」

咲「……」

豊音「……」

咲「むう」

豊音「ふふっ」



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/25(土) 17:37:28 ID:6kx.i3/I


咲「……」

豊音「え? ……ちょっ」

咲「……」

豊音「あっ、ん」

咲「……」

豊音「……」

咲「……」

豊音「……」

咲「……えへへ」

豊音「……ん」

咲「んっ」

豊音「……」

咲「……」



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/25(土) 17:42:24 ID:6kx.i3/I


咲「うわあ」

豊音「もう……」

咲「……だめ?」

豊音「……」

咲「……」

豊音「……ねー」

咲「……ううん」

豊音「……」

咲「……」

豊音「……」

咲「……あっ」



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/25(土) 17:47:01 ID:6kx.i3/I


………

……



咲「明かり、消すね」

豊音「うん、いいよー」

咲「……」

豊音「……いやー、びっくりしたね」

咲「びっくり。ごめんね」

豊音「咲ちゃんが謝ることないよー」

咲「帰ってくるとは思わなくて」

豊音「照さんも相変わらずだったね」

咲「お姉ちゃん、いつもいきなりだから」

豊音「手厳しいねー」



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/25(土) 17:50:17 ID:6kx.i3/I


咲「だって、……良いところだったのに」

豊音「あ、あはは……。内緒ね」

咲「内緒。どうして?」

豊音「どうしても、だよー」

咲「そっか」

豊音「いつかは言わなきゃだけどね」

咲「ん。いつか、ね」

豊音「……それにしても、ほんとにびっくりしたねー」

咲「うん。まだドキドキしてる」

豊音「えっ?」

咲「ん? ……あっ」



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/25(土) 17:56:17 ID:6kx.i3/I


豊音「……ふふ。私の勝ち、だねー?」

咲「……負けちゃった」

豊音「罰ゲームしよう!」

咲「罰ゲーム。何する気?」

豊音「うなじ、出して」

咲「……やらしい」

豊音「夜はまだ長いからねー」

咲「……えへへ」

豊音「ねえ、咲ちゃん」

咲「なあに?」

豊音「吸血鬼ごっこしよう!」



おわり



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/25(土) 17:56:47 ID:6kx.i3/I

読んでくれた人乙



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/25(土) 23:45:37 ID:PvBlbo9k

ありがとう、完結するまで書いてくれて本当にありがとう
もし次回作があるならば是非とも拝見したいものだ






他のおすすめSS
 
 
 
【咲-Saki-】池田「天江衣リベンジ!」【適当安価】 
【咲-saki-】咲「認めたくない恋心」健夜「……??」 
京太郎「そろそろ出すぞ、うっ」 
京太郎「許婚が金髪」 
怜「竜華、コンビニでおにぎり食べるで!」 
和「おじ様、気持ちイイですか?」界「ああ、最高だよ」 
怜「三段重ねのものを必ず落とす呪い?」巴「はい」