転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1354183730/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 19:08:50 ID:KKtkf4.U

男「小さい……人間?」

貞子「ふっふ……貴方を呪うため井戸の底からやってきた! 這い寄る怨念、貞子ちゃん!」

貞子「さぁ! 恐怖の渦に呑まれてひまひぇふに」

男「……」プニプニ

貞子「いひゃい」


みたいなのをね



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 21:01:54 ID:KKtkf4.U

貞子「ぐぬ、どうやらなめてるみたいですね!」

男「どっちかっていうと愛でてるかな」

貞子「貞子ちゃんは恐ろしい呪いをかけれるのです!」

男「そりゃ怖いな」

貞子「ふっふ、後悔しても遅いですよ!」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 21:02:14 ID:KKtkf4.U

貞子「呪いまーす!」クワッ

男「おお?」

貞子「ふふ、テレビのリモコンをタンスの裏に落とす呪いです!」

男「……」クイッ

貞子「うぇ?」プラーン

男「取ってこい」ポーン

貞子「いやぁ!」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 21:02:32 ID:KKtkf4.U


貞子「うぅ、汚れました……」

男「しかしそんな呪いモドキしか出来んのかお前は」

貞子「むっ、画面が小さいから力も小さいんですよ!」

男「はいはい」

貞子「ぐぬぬ、ならば最終兵器をば!」ピョン

男「お、帰ったのか?」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 21:03:39 ID:KKtkf4.U

スマホ(貞子)「ふふ、貞子ちゃん最終兵器……データ閲覧!」

男「おま!」

スマホ「ふふ、パスワードなんて無駄ですよ! えっちな写真だって丸見えです!」

スマホ「はわわ……」

男「おい! 出てこい!」ブンブン



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 21:56:55 ID:kLC4F4qA

日本人は恐怖すら萌えに取り込めるのか…!!



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/29(木) 22:17:13 ID:hlL6zvnM

黒髪ロングの白ワンピ美女が二次元から飛び出してくるんだぜ?



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/30(金) 22:49:06 ID:8t7YNZo.

貞子「ふっふ、どうですか! 今やスマホと私は一心同体なのです!」

男「……」ビーッ

男「……」ヒョイッ

貞子「あの、テープはやめてください! いやぁ!」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/30(金) 22:50:21 ID:8t7YNZo.

貞子「」<アッアー ワカッテクレトハ イワナイガー

貞子「」<ララバイララバイオヤスミヨォー

男「ほんとに一心同体だな。音楽まで同期できるとは」

貞子「あの、テープ外してください」<カゼナカノ スバルー

男「反省したか?」

貞子「はい」<スナノ ナカノ ギンガー



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/30(金) 23:32:58 ID:8t7YNZo.

男「てか俺は夕飯食うけど、お前は?」

貞子「スマホを充電してくれたら大丈夫です!」

男「便利だな」

貞子「そうでしょうそうでしょう! もっと褒め称えてくれてもいいですよ! ひざまずけー!」

男「……」ビーッ

貞子「あのですね、冗談です、冗談。だからあの、テープはやめてほしいなー……わひゃあ!」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/30(金) 23:33:30 ID:8t7YNZo.

貞子「うぅ、高い所は苦手です」

貞子「早く剥がしてくださいよぉー」バタバタ

貞子「ばーか! ばーか!」

貞子「呪いますよ! 油が手にはねる呪いかけますよ!」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/30(金) 23:33:57 ID:8t7YNZo.

男「うるさいわお前」ペリッ

貞子「あうっ! 」

貞子「今私は怒り心頭なのですよ! ふて寝してやりますよ!」

男「そうか」モグモグ

貞子「とめても無駄です!」

男「そうか」モグモグ

貞子「でもとめるなら今です!」

男「なんだお前は」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/01(土) 12:53:32 ID:1QJrSjE6

貞子「あー、とめないんですね!」

貞子「もしかするともう出てこないかもですよ?」

男「俺皿洗うからそれまでに決めててな」

貞子「こ、後悔しますよ?」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/01(土) 12:54:06 ID:1QJrSjE6

男「……」ジャー

<アー、カエロウカナー

男「……」カチャカチャ

<モウ モドラナイカモナー

男「……」ジャー

<……ノロイマース!

男「……!」ガシャーン!



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/01(土) 12:54:34 ID:1QJrSjE6

貞子「あ、とめにきたんですね! でも無駄ですよいたいいたいいたい」

男「お前呪い使ったろ」グリグリ

貞子「使ってませんヨ」

男「……」ビーッ

貞子「もうしませんから! ほんとごめんなさい!」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/01(土) 16:20:55 ID:1QJrSjE6

貞子「……」プラーン

貞子「……はやく降ろしてくださいよ!」バタバタ

貞子「あぅっ! 下が見えてしまったじゃないですか!」

貞子「長風呂は私に嫌われますよ!」

貞子「……」プラーン



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/01(土) 16:21:32 ID:1QJrSjE6


男「反省したか?」

貞子「はい」

男「本当だな?」

貞子「yes」

男「よし」ペリッ

貞子「ああ……40分ぶりの地面……」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/01(土) 16:22:12 ID:1QJrSjE6

男「なんだかんだで寝るわ」

貞子「そうですか!」

男「お前はスマホに戻っとけ」

貞子「えー、探索したいです!」

男「テープかスマホか選ばせてやる」

貞子「おやすみなさい」スルッ

男「よし、戻ったな」

男「……」クルッ



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/01(土) 16:22:41 ID:1QJrSjE6


貞子(ふっふ、貞子ちゃんは諦めませんよ!)

貞子(今は夜中……今なら探索し放題です!)グイッ

貞子「……あ、あれ? 壁?」

貞子「う、裏向きにされてるんですね……」

貞子「でも諦めませんよ! 根性、努力です!」グイグイ



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/01(土) 16:23:12 ID:1QJrSjE6

男「で、朝まで格闘して上半身は出せたみたいだな」

貞子「うぅ、挟まれて動けません……」

男「……」グイッ

貞子「あっ、ちょ、押し込まないでくださ」

スマホ(貞子)「ああ……私の努力が……」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/02(日) 20:48:33 ID:VRpLsnzo

スマホ「……男さーん?」ガタガタ

スマホ「……いないんでしょうか?」

スマホ「んぐー……」ググッ

貞子「ぱぁ! 首を出せましたよ!」

貞子「ん……真っ暗ですね。出かけてるんでしょうか」

貞子「なら今のうちに出れば探索し放題です!」ググッ



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/02(日) 20:49:03 ID:VRpLsnzo

貞子「両腕を出せましたよ! これで……」ズリズリ

貞子「ん……なんとか進めますね!」ズリズリ

貞子「う……ん」ズリ……

貞子「もう無理です……」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/02(日) 20:49:23 ID:VRpLsnzo


男「……」

貞子「むに……」zzZ

男「また出ようとして力尽きたか」

貞子「……」zzZ

男「ま、出してやるかな」ヒョイッ

貞子「んむ……呪いますー」zzZ



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/02(日) 20:49:42 ID:VRpLsnzo

貞子「……んぬ?」ムクッ

貞子「あれ、明るい……それに軽いですね」

貞子「男さんが帰ってきたのかな?」

男「ん、起きたか」

貞子「あ、男さん」

男(寝起きは大人しいんだがな……)



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/02(日) 20:50:06 ID:VRpLsnzo


貞子「あ、雪ですよ雪!」

男「あぁ、さっきから降ってるな」

貞子「ほえー……綺麗ですね」

男「だな」

貞子「チッチッ……男さん、そこは『君の方が綺麗だよ』と言うのがデフォいたいです、いたいですから」

男「どっから仕入れてきた情報だよ……」グリグリ



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/02(日) 20:50:27 ID:VRpLsnzo

貞子「うぅ、さすがに寒いですね……」

男「お前も寒さはわかるのか」

貞子「失礼ですね。私は繊細なんですよ」

男「はいはい」

貞子「むぅ……でも本当に寒いんですよ」

男「……」ヒョイッ



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/02(日) 20:50:51 ID:VRpLsnzo

貞子「わわ! テープはやめてください! 私が何をし……あ、あれ?」

男「胸ポケットにピッタリとはな。まだマシだろ?」

貞子「……暖かいですよ」

男「そりゃ良かったな」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/02(日) 20:51:17 ID:VRpLsnzo

貞子「……」ヌクヌク

男「……」

貞子「! ……えへへ」ニヤニヤ

男「どうした?」

貞子「……呪いまーす!」クワッ

男「おい!」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/02(日) 20:51:36 ID:VRpLsnzo


男「……あれ?」

貞子「……」ニヤニヤ

男「お前何した?」

貞子「恐ろしーい呪いを少し」

男「おいコラ」ビーッ

貞子「わー! どんな呪いか聞いてくださいよ!」

男「……どんな呪いだ?」ヒョイッ



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/02(日) 20:52:30 ID:VRpLsnzo

貞子「んっふっふ、貞子ちゃんが一生憑きまとう呪いです!」

男「……は?」

貞子「ってーわけで!」

貞子「これからずっと憑きまといまーす!」

男「あぁ、うん……えっ?」

貞子「ふっふ、では永遠に続く縁を記念して」

貞子「呪いまーす!」クワッ


オワリ



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/02(日) 20:53:45 ID:VRpLsnzo

ヤマ場もオチもない話だがいいじゃない
次から本気出す(震え声)



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/02(日) 20:55:57 ID:48VmpOTs

まあ乙






他のおすすめSS