転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1356319472/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 12:24:32 ID:RHvE9Ozk

冬馬「お前今晩暇か?」

北斗「いや、残念ながら暇じゃないな。天使と聖夜に戯れなきゃならないからね。」

冬馬「そ…そうか…そうだよな。」

北斗「どうしたんだ?」

冬馬「いや、何でもない。悪かったな。」

北斗「あ、そうだ。彼女ら冬馬にも会いたいだろうし、今晩お前も…」

冬馬「俺はいい。ゴチャゴチャしてるのは苦手なんだ。」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 12:26:51 ID:RHvE9Ozk

北斗「そうか…残念だな…じゃあ今日の仕事は全員バラバラだし、これで。」

冬馬「ああ、じゃあな。」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 12:28:15 ID:RHvE9Ozk

冬馬「…クリスマスイヴの予定がないなんて言えるかよ…」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 12:37:08 ID:2JXj8upE

「お前今晩暇か?」の時点で既に言ってるようなもんじゃないですか……




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 12:44:41 ID:RHvE9Ozk

冬馬「つーかなんだよクリスマスって。」

冬馬「キリストの誕生日祝うイベントをなんで日本人が日本でやんなきゃいけないんですか?」



冬馬「しかもカップル多すぎ。人の誕生日に人を祝わずてめーらだけ幸せそうにするとか」



冬馬「お前らは自分の誕生日に自分のいる前でイチャイチャされるとどんだけイライラするか解ってんのか?」



冬馬「イチャイチャするのも良いがよ。節度を守れってんだよ」



冬馬「だいたいな「何一人てブツブツしゃべってんの?」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 15:04:53 ID:gHC.pBTE

冬馬「うぉっ!…翔太か…」

翔太「気持ち悪いよ?マジで。どうしたのさ。」

冬馬「いや、何でもねぇよ」

冬馬(ジュピターのリーダーともあろうヤツがクリスマスに予定がないなんて言えねーよ!)

翔太「もしかしてクリスマスに予定がないとか?」

冬馬「」

翔太「あれ?図星?


…なわけないよねー。超人気アイドルが仕事も遊ぶ予定も無いなんてねー。」

冬馬(撮影はあるがその後がねーよ!暇だよ!悪いかよ!)

翔太「まあ僕は特番あって遊べないんだけどね…泣きたいよ…」

冬馬(うっせーよばーか!夜まるまる空いてる俺の気持ちになりやがれ!)

翔太「あ、そろそろ時間だ。じゃあねー♪」

冬馬「おう。頑張れよ。そして二度と来んな」

翔太「え?」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 15:08:44 ID:gHC.pBTE

冬馬「…誰も居なくなっちまったな…」

冬馬「とりあえず撮影終わったら街をぶらついてみるか…」
















P「どうすっかなぁ…クリスマス…また家で一人寂しく過ごすかぁ…」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 15:33:11 ID:gHC.pBTE

>>4
北斗はまさか冬馬がぼっちだとは思って居ないと思ってください。

P「てか雪歩の誕生日なんだよなぁ。プレゼント考えなきゃなぁ」

P「…一人で。」

P「はぁ…」

美希「ハニー!おはよー!」

P「おお、美希。おはよう」

美希「今日はラジオの収録だけだよね!早くお仕事終わらせたいってカンジ!」

P「ああ。スケジュール調整大変だったんだからな。正月は生放送に出ずっぱりになってもらうがな。」

美希「ハニーったら厳しいの…」

P「これもお前をキラキラさせるためだ。」

美希「!ハニー…」

P「どうした?また大好き~とか結婚~とか言うのか?あのな、お前は自分の立場を「チャック…空いてるよ?」

P「…」

P「ありがとう…」

美希「どういたしましてなの。」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 15:42:37 ID:gHC.pBTE

P「ところで美希。雪歩の誕生日プレゼント、何にした?」

美希「誕生日プレゼント?美希は貴音や響と一緒に高級茶葉にしたよ」

P「茶葉かー雪歩にピッタリだな!」

美希「ハニーは何にしたの?」

P「え?おお俺か?俺は…」

P(まさか買って無いとは言えないよなぁ)

美希「どうせまだ買って無いんでしょ?」

P「はい、そうです。」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 17:38:58 ID:gHC.pBTE

美希「しょうがないなあハニーは」

P「返す言葉もありません…これから買いに行きます。ところで美希さんは雪歩さんが何を欲しがると思いますかね?」

美希「ハニー…ミキ、女の子へのプレゼントを人に聞くのはどうかと思うな」

P「と、仰いますと?」

美希「ミキ的にはプレゼントは気持ちだと思うな。好きな人からならなおさらね。」

P「好きな人からって事は俺は良いのでは」

美希「ハニーは鈍感さんなの。そんなところもステキなの。」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 17:57:09 ID:gHC.pBTE

P「まあ、そこまで言うなら自分で選ぶよ。ありがとう」

美希「ハニーに褒められちゃったの♪それじゃあミキは収録に行ってくるね!」

P「おー。行ってらっしゃい」


P「…さて俺も買いものに」

律子「まあ、行かせないんですけどね。」

P「ですよねー」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 18:08:27 ID:gHC.pBTE

律子「なに堂々とサボろうとしてるんですか?」

P「サボりじゃないよ。雪歩のためだよ。」

律子「昨日の内に準備しましょうよ」

P「アイドル達を迎えに」

律子「あなたがイブとクリスマスのスケジュール調整したんじゃないですか。」

P「お腹すいたでしょう?コンビニでお菓子買ってきますよ」

律子「ダイエット中なので。」

小鳥「じゃあ私はきのこの山で!」

律子「小鳥さんは黙っててください。」

小鳥「ピヨ…」

P(小鳥さん居たのか)



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 18:21:29 ID:gHC.pBTE

律子「とにかく!みんながくる前に仕事終わらせましょう」

P「そんな事してたらみんなも雪歩もきてまう…」

律子「プロデューサーさんの自業自得じゃないですか」

P「だね」

律子「ですよ」

小鳥「ピヨ」

律子「さ、休憩終わり終わり。仕事しますよー」

P「じゃあ俺営業に行ってきます。」

律子「今日はお昼から雪歩の誕生パーティなの忘れたんですか?」

P「忘れてないよ」

律子「今からじゃ間に合いませんよ」

P「だね。仕事も間に合わないね。」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 18:32:45 ID:gHC.pBTE

しばらくして

P「仕事終わったー」

律子「ご苦労様です。半分は私がやったんですけどね」

P「そんなドヤ顔で言われても」

律子「そろそろ怒りますよ?」

P「まじごめん」

律子「ほら、後一時間ありますよ。雪歩ちゃんのプレゼント買ってきてください」

P「律子…ほんとありがとう!行ってくる!」

律子「ふふ、行ってらっしゃい」

小鳥「私もついて行きます!」

律子「仕事終わったらね」

小鳥「piよ…」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 18:41:05 ID:gHC.pBTE

~デパート~

P「さて…なににしようか」

P「このぬいぐるみとかは…いや」

P(プレゼントは気持ち…か。)

P(俺の気持ちって何だろう?)

P(俺は雪歩にどう思っている?)

P(雪歩のイメージ…お茶…男性恐怖症…あ!)

P(となると)

P「すいません。これください。」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 18:50:32 ID:gHC.pBTE

P(雪歩には結局スコップをプレゼントした。)

P(みんなにはあり得ない顔をされたか雪歩は喜んでいたから良いだろう)

P(三時間程楽しんだあと、解散し、各々の予定を楽しむ事になっている。)

P(さ、俺はどうすればいい?)

P(とりあえずその辺をぶらぶらしてくるか…)










響「うう…せっかくイヴなのに予定がないぞ…」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 18:59:39 ID:gHC.pBTE

響(正確には美希と貴音に誘われたけどなんか泊まりになりそうだし…)

響(ウチにはみんながいるから泊まりは厳しいぞー…)

響(ウチに泊まってもらうのはいいんだけどなぁ…)

響(やっぱみんないるから難しいよね…)

響(うう…なんか心まで寒くなってきたぞ…)

響(こういう時は鍋だな。材料買って少しぶらついてから帰ろ…)



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 19:12:50 ID:gHC.pBTE

~デパート~

冬馬(どこを見回してもカップル!カップル!カップル!こんな食料品売り場まで埋め尽くしてんじゃねーよ!)

響(うう…流石に一人で外出するのは恥ずかしいぞ…浮いてるなぁ自分)

P(カップル一番少ないところがここだった…)

「「「ついでだからケーキ買ってこうかな…」」」

「「「…ん?」」」

冬馬「お…お前ら765の…」

響「プロデューサー!!!あと鬼ヶ島羅刹!!!…だっけ」

P「響!?それにピピン板橋!?なんでここに!?」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 19:27:18 ID:gHC.pBTE

冬馬「まてコラ」

響(うぎゃー!!!自分今プロデューサーにすごい恥ずかしいところ見られてるぞ!!!)

P「ふふふ…まさかお前らにこんな恥ずかしいところを見られるとはなぁ…!どこもかしこもカップルだらけで行き場を失った哀れな男の末路よ…!」

冬馬「俺の名前は天ヶ瀬冬馬」

響「え…?プロデューサーも?自分てっきりそいつと一緒かと思ったさー」

P「違うよ。てか男二人のが惨めだろ…俺はてっきりお前らができてるかと…」

冬馬「俺の名前を言ってみろ「プロデューサー…表現古いぞ…」

冬馬「俺は天ヶ瀬冬「おっちゃん昔の人だから」

冬馬「俺が天ヶ瀬冬馬だ!」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 19:37:05 ID:gHC.pBTE

響「ていうか…じゃあプロデューサー一人か?」

冬馬「フハハハ!天ヶ瀬冬馬!すごいぞー!かっこいいぞー!」

P「あぁ、ってか板橋!お前自分の事アイドルだって自覚しろ!見つかったらどうすんだ!」

響「そうだぞ。いくら人気だからってこの状況でばれるのは避けたいぞ。」

P「今見つかったら765も961もやばいぞ。スキャンダルってレベルじゃねぇ」

響「噂流れるにしてもお前とは困るさー…」

冬馬「えっ」

冬馬「なにこれ」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 20:00:19 ID:gHC.pBTE

P「マジで見つかったらマズイし…俺はこれで…」

響「ま…待って!プロデューサー!」

P「どうした?」

響「その…/// 予定無いなら自分の家に来ないか?///」

P「え?良いのか?」

響「自分は良いぞ!///(むしろ来て欲しいみたいな…)」

P「ん?何か言ったか?」

響「い…いや!何でも!それより来るのか?来ないのか!?」

P「いく!いく行く行きます!むしろこちらからお願いします!」

響「うん!わかったぞ!じゃあ自分会計済ませて…「待て!」

「「ん?」」

冬馬「その…俺も行ってやっても良いぜ?」

響「いや…そんなに無理して来なくても良いよ…迷惑だろうし…」

冬馬「えっ」

響(正直プロデューサーと二人きりが良いさー)



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 20:23:59 ID:gHC.pBTE

冬馬「ッ…そうかよ!」

響「やっぱ嫌だったんだな…いこうプロデューサー」

P「…」

響「プロデューサー?」

P「いや、冬馬も連れて行こう」

響「プロデューサー!?」

P(あいつのあの目…あれは俺と同じ…クリスマスにぼっちの奴の目!)

P(仲間を捨てておく事は出来ない…)

P(と言うわけで板橋、一緒にいこう!)

P(あとファミチキください)

冬馬(こいつ…直接脳内に…ありがとよ!)

P(良いって事よ!俺たち仲間だろ?)

冬馬(お前…見直したぜ!後俺は天ヶ瀬冬馬だ)




響「な…なんで無言で男どうしで抱き合ってるんだ?気持ち悪いさー…」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 20:42:45 ID:gHC.pBTE

響「みんな!ただいまだぞー!」

P(というわけで響の家に来た。)

冬馬(へぇ、意外と綺麗じゃねぇか…ってやっぱ動物多いな…)

P(大丈夫だよ。噛まないから)

冬馬(噛まなくてもワニとかは怖えぇよ。ゴキブリだって噛まなくてもキメェだろ)

P(そんなもんか?俺は慣れちまったな)

冬馬(そんなもんだよ)

響「おい、二人とも」

P(なんだ)

冬馬(なんだよ)

響「なんでさっきから無言なんだ?」

P「…」

冬馬「忘れてた」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 21:01:56 ID:gHC.pBTE

響「じゃあ鍋の準備してくるから適当にくつろいでてくれ。」

冬馬「へぇ。お前料理出来んのか?」

響「うん。あんまーが教えてくれたからな!」

冬馬「あんまー?」

響「お母さんの事だぞ」

冬馬「まあ良いや、俺も手伝うぜ。こう見えて料理は得意なんだ。」

響「良いって。お客さんは休んでるといいさー」

P「そうだそうだ。大体俺が一人になるだろ」

冬馬「お前は手伝おうとしろよ」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 21:22:58 ID:gHC.pBTE

P「だって俺料理出来ないし」

冬馬「する気が無いの間違いだろ?」

P「そういう言い方もあるんだな。勉強になったよ」

冬馬「そういう言い方しかねぇよ」

P「ちょっともの知ってる位で大人を馬鹿にすんな」

冬馬「馬鹿にしてねぇ、お前が馬鹿なんだよ」

P「冬馬」

冬馬「あ?」

P「帰れ」

冬馬「ごめん」

響「あっコタツの上かたしといて欲しいぞ」

P「はーい。」

冬馬「おう」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 21:32:47 ID:gHC.pBTE

コタツかたしコタツ入り

冬馬「なあ…」

P「ん?」

冬馬「コタツって…やばくね?」

P「あぁ…殺人的だよな…」

冬馬「トラバサミとかトリモチのたぐいの罠だぜこれは…」

P「入ったら最後抜け出せない…」

冬馬「…なぁ」

P「なんだ?」

冬馬「お前さっき俺の事名m「準備出来たぞー!」

P「待ってました!」

冬馬「おい」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 22:22:38 ID:gHC.pBTE

P「なあ」

響「ん?」
冬馬「あ?」

P「しりとり…しようぜ。」

冬馬「それ最終手段だろ」

P「良いだろ。やりたいんだよ」

響「しょうがないなぁ…じゃあしりとりで会話にしよ?」

冬馬「それ良いな。やろう」

P「うーん…鍋うまそうだな」

響「なんて言おうが、まだ食べられないぞ」

冬馬「その気になりゃ食えんだろ」

P「ロマンが詰まってるよな、鍋には。」

響「はは、完璧な自分が作ればこんなもんさー」

冬馬「『さ』と『ぞ』しか俺にまわってこねーじゃねーか」

P「やめるか」

響「まず一陣目出来たぞー」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 22:48:11 ID:gHC.pBTE

冬馬「…美味いな」

響「自分完璧だからな!これ位朝飯前だぞ」

P「ダシだけってのもシンプルで良いな。ポン酢頂戴」

響「はい」

冬馬「でもよ、もっと鍋ってカンジの鍋食いたいよな。キムチとか豆乳とか」

響「一人で食べようとしてたから…」

冬馬「…」

響「…」

P「おい板橋」

冬馬「ごめん」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 23:03:20 ID:gHC.pBTE

鍋終了

P「すっかり遅くなっちゃったな。ケーキ食べれるか?」

響「うう…結構キツイぞ…」

冬馬「クリスマスに鍋ってのも良く考えたら変だよな。」

P「イヴだから良いんじゃないか?本番に忠実じゃなくても
まあ普通にチキン食ったりするところも多いけど」

冬馬「クリスマスイヴにケーキってのも変だよな」

響「日本だから良いんじゃないか?」

冬馬「じゃあ、日本のクリスマスってなにするんだ?」

響「…」

P「羅刹」

冬馬「ごめん」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 23:16:35 ID:gHC.pBTE

響「プレゼント!きっとプレゼントを渡す日なんだぞ!」

P「おお!プレゼントを貰ってウキウキ気分で一日すごす。プレゼント交換する!最高だな!」

響「明日は事務所でプレゼント交換兼クリスマスパーティだもんな!いやー楽しみさー!」

P「いっつもクリスマスパーティ出来ないって言ってた雪歩も喜んでたしな!うんうん」

冬馬「あれ?明日お前らクリスマスパーティやるの?」

P「ああ!お前もくるか!」

冬馬「ああ…ってかじゃあケーキいらないんじゃねーか?そんなに食うの?」

響「」

P「」

冬馬「ごめん」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 23:34:59 ID:gHC.pBTE

P「よし、じゃあ帰るか。」

冬馬「俺も。」

響「あ、ちょっとまつさ!竜馬!」

冬馬「あ?なんだよ?」

響「これ、お土産」

冬馬「なんだ?これ?」

響「ケーキ」

冬馬「押し付けてんじゃねぇよ!しかもワンホールってお前!絶対食い切る気なかっただろ!」

P「板橋、俺もお土産」

冬馬「どうせケーキだろ?」

P「うん」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 23:35:29 ID:gHC.pBTE

冬馬「即答すんなよ!」

P「だっ

甘い物そんなに好きじゃ無いしなぁ」

冬馬「じゃあ我那覇のペットにでもあげろよ…」

響「こんなに甘いの食べたらみんなお腹壊しちゃうぞ」

冬馬「こんなにいっぱい食べたらお腹壊しちゃうぞ」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 23:41:37 ID:gHC.pBTE

冬馬「チッ…俺は行くぜ。じゃあな」


P「じゃあ俺も。響また明日」

響「うん。二人ともぐぶりーさびら!」


















冬馬「俺は天ヶ瀬冬馬だ…よな?」


Merry Christmas



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 23:45:16 ID:gHC.pBTE

お目汚し失礼しました。

見ればわかると思いますがアイマスです。
響とジュピターが大好きで書き溜め無しでグダグダ書いてたら酷い事になってました。

みなさんメリークリスマスです。。



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 23:54:41 ID:de772tng







他のおすすめSS