転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1355399948/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 20:59:08 ID:uagZiaUs

レイ「ウ○チ。それは排泄物。汚らしいもの」

シンジ「あ、綾波っ。オンチだよ、オンチ。そっちじゃないからねっ!」

レイ「そう。ごめんなさい」

シンジ「……」

レイ「……」

シンジ「……」

レイ「ごめんなさい、こういうとき、どういう顔をすればいいのか分からないの」

シンジ「笑えば良いと思うよ」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 21:02:15 ID:uagZiaUs

アスカ「いや、それは違うでしょう」

シンジ「あああ、アスカっ!? 一体いつからそこに居たんだよ。ビックリさせないでよっ」

アスカ「アンタ、バカァ? アタシ、さっきからいたんだから。アタシの存在に気付かないなんて、バカシンジは本物のバカね!」

シンジ「ご、ごめん。アスカ」

アスカ「そんな事より」

シンジ「うん」

アスカ「アンタ、オンチだったの?」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 21:04:59 ID:uagZiaUs

シンジ「うん、そうだよ。アスカだってほら、僕が鼻歌している所なんて、みたことないでしょ?」

アスカ「そりゃ、まあ、ないけどさ……」

シンジ「……」

レイ「……」

アスカ「……で」

シンジ「へ?」

アスカ「ちょっと歌ってみなさいよ」

シンジ「えっ、い、嫌だよっ!」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 21:06:01 ID:uagZiaUs

アスカ「アンタ、自分から話を振っといて、歌うのヤダッて何なのよっ! アンタは子供かっ、このガキシンジっ!」

シンジ「べ、別にアスカには話し掛けてなかったじゃないか。僕は綾波と、」

アスカ「バカシンジの御託が、アタシの高尚な耳に届くとでも思っている訳?」

シンジ「そ、そんな」

アスカ「さあ、さっさと歌って、アタシを笑わせなさいっ! まさか、アタシに逆らうつもりじゃないわよね?」

シンジ「た、助けてよ綾波」

綾波「ごめんなさい、こういうとき、どういう顔をすればいいのか分からないの」

シンジ「……」

アスカ「さあ! 早く!」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 21:12:14 ID:uagZiaUs

シンジ「分かった、歌う、歌うよ。歌うから、その拳を下げてっ」

アスカ「最初っから、そう言えば良いのよ。バカシンジ」

シンジ「それでは、残酷な天使のテーゼを……コホン」

アスカ(拍手)

レイ「パチパチパチパチ」

シンジ「ずぁーんごーくぅーな(棒読み)」

シンジ「てんしーの、ようーにい(結構な棒読み)」

シンジ「しょーぅおーねーんーよ、しんわに――って、ねえ!」

アスカ「? 何なのよ。さっさと歌いなさいよ」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 21:13:54 ID:uagZiaUs

シンジ「何で無反応なんだよっ! せめて笑ってよっ! 馬鹿なのっ? アホなのっ? 死ぬのっ?」

レイ「碇君は、ドMだったのね」

シンジ「ち、違うよっ! そういう事じゃないよっ! 渾身のギャグを披露したのに笑われなかったような、そんな状況が嫌なんだよっ! 解るだろ! 解らない訳ないだろっ!」

シンジ「めっちゃ恥ずかしいんだよ!! ちくしょう!!」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 21:15:45 ID:uagZiaUs

レイ「そう。つまり、碇君はドMなのね」

シンジ「だーかーらー」

レイ「ごめんなさい、こういうとき、どういう顔をすればいいのか分からないの」

シンジ「笑えば良いと思うよ」

レイ「ホホ、オホホ、オーホッホッホッ!」

シンジ&アスカ「!?」

レイ「これで良いかしら」

シンジ「え? あ、うん。なんか御免」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 21:16:14 ID:uagZiaUs

レイ「良いの。私はまだ二人目だから」

シンジ「そう、なら良いんだ」

アスカ(それで良いのか)

シンジ「じゃあ、次はアスカの番ね」

アスカ「はあ? 信じらんない! 何でアタシが歌わないといけないのよ!」

シンジ「そ、そんな、僕だけが歌うだなんて、不公平じゃないか! アスカも歌ってよね! じゃないと……」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 21:17:07 ID:uagZiaUs

アスカ「じゃないと?」

シンジ「最低だ、僕……を、もう一回やっちゃうからね!」

アスカ「へ、変態! それ、誰が得するのよ! エロシンジ! サルシンジ!

アスカ「そんなの、アタシ以外に嬉しがる人なんていないじゃない! 警察呼ぶわよっ! それでも良いわけっ!」

シンジ「で、どうするの。アスカ」

シンジ「一応言っとくけど、僕は本気だからね」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 21:20:56 ID:uagZiaUs

アスカ「わ、分かったわよ。歌うわよ。歌えば良いんでしょ!

アスカ「いい? 心して聞きなさいよ。ドイツ民謡より、さようなら」

シンジ&レイ「パチパチパチパチ」

アスカ「Muss i' denn, muss i' denn♪」

アスカ「Zum St"adtele hinaus♪」

アスカ「St"adtele hin――」

シンジ「ちょっと待ってよ!」

アスカ「何よ? このアスカ様が、エロガキシンジの為に歌ってあげているというのに、叫ぶってどういう事なのよっ」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 21:21:32 ID:uagZiaUs

シンジ「分かんないんだよ、歌詞が! 反応しようがないんだよ!」

レイ「私、分かったわ」

シンジ「ええっ! 綾波って、ドイツ語解るんだ!」

レイ「ええ。常識だもの」

シンジ(ショボン)

アスカ「だいたい、音楽は心で聴くものなのよ。歌詞を読み取ろうだなんて、ガキシンジには十年早いのよ」

シンジ「あ、うん。ごめん」

アスカ「じゃあ、次はファーストの番ね」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 21:35:56 ID:uagZiaUs

レイ「分かったわ――では、Angel of Doom」

アスカ(拍手)

シンジ「パチパチパチパチ」

アスカ「どうして、アンタとファーストはさっきから口で拍手してるのよ。気持ち悪い」
シンジ「シーッ」

レイ「ジャン♪ ジャン♪ ジャン♪ ジャ、ジャンジャン♪」

アスカ「これって」

シンジ「ヤシマ作戦時の……」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 21:37:37 ID:uagZiaUs

レイ「ジャン♪ ジャン♪ ジャン♪ ジャ、ジャンジャン♪」

レイ「ン、パーパッパッパ、パーパッパ――」

アスカ「ストーップ! ストップストップストーップ!」

シンジ「どうしてだよ、アスカっ! 綾波が素晴らしい美声を聞かせてくれたっていうのに!」

アスカ「アンタ、バカァ? 歌ってないじゃない! リズムとってるだけなのよっ? 歌詞はどうしたのよ、歌詞は!」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 21:38:03 ID:uagZiaUs

シンジ「さっき、歌詞は関係ないって言ったのは、アスカだったじゃないか!

アスカ「大体、アタシそん時まだ、出演してないんだけどっ!」

シンジ「そんなの関係ないだろ! 良い歌声だったじゃないかっ!」

シンジ「いつもそうだよ、アスカは! 自分勝手な事ばかり言ってさ」

アスカ「なんですってー! バカシンジの分際で、アタシに口答えしないでっ」

シンジ「なんでだよっ! アスカは、どうしていつもそんなに、」

レイ「良いの、碇君。私、気にしてないから」

シンジ「……綾波」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 21:44:30 ID:uagZiaUs

アスカ「ふんっ。何よ二人して、アタシをのけ者にしちゃってさ。アーア、嫌な感じー」

シンジ(い、言い過ぎちゃったかな)

レイ「……碇君。歌はね、心を込めるモノなの」

シンジ「まごころをきみに、って事?」

レイ「そう。だから、自分の素直な気持ちを歌えば、仲直りも簡単」

シンジ「うん……そうだね、綾波。有難う」

レイ「いいの。碇君にもポカポカして欲しいから」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 21:46:27 ID:uagZiaUs

シンジ「ポカポカ、か」

レイ「ポカポカ、よ」

アスカ(アタシも会話に……いかんいかん)

シンジ「ねえ、アスカ」

アスカ「な、何よっ」ギロッ

シンジ「聞いて下さい。謝罪の意を込めて、今日の日はさようなら」

シンジ「いーつまでもー♪ 絶えるーことなくー♪」(ごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめん)

アスカ「……」

シンジ「とーもだちでーいようー♪」(ごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめん)

アスカ「……むっ」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 21:54:59 ID:uagZiaUs

シンジ「あーすの日をー♪ ゆ――」

アスカ「もう良いわ」

シンジ「……え? アスカ?」

アスカ「アタシ、忘れないわ。この歌をバックに、ぎったんぎったんにされた事を……」

レイ「その選曲は、有り得ない」キリッ

シンジ「そ、それはっ」アタフタ

アスカ「じゃ、アタシ、行くわ」

シンジ(何処へ?)

レイ「私も」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 21:56:25 ID:uagZiaUs

シンジ「あ、綾波も?」

レイ「ええ。ファーストを慰めないと」

シンジ(何故?)

レイ「それに、私には代わりがいるもの」

シンジ「? って、え? 駄目だって、そんなのっ。ねえ、アスカ! 綾波! 待ってよ! ねえったら!」

シンジ「あ、あぁ。行っちゃったよ」

シンジ「――ん? あれ? 綾波だけ戻ってきた。どうしたんだろう?」

レイ「碇君。これだけは言っときたいの」

シンジ「うん」

レイ「貴方って、救いようのないぐらい、オンチだったのね」

シンジ「チョーショック!」グハッ



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 22:07:35 ID:uagZiaUs

シンジ(ああ、綾波。捨て台詞を最後に、駆け足で去って行ってしまったよ)

シンジ(くっ。僕、何でこんなに嫌われているんだろう? エヴァの裏設定ではイケメンとなっている筈なのに……)

シンジ(これも全部、オンチのせいだというのかっ)

カヲル「やあ、シンジ君」ヤア

シンジ「うひゃ! カ、カヲル君? どうして此処に?」

カヲル「運命、かな」

シンジ(あ、鳥肌が)

カヲル「それより、どうしたんだい。暗い顔して。君の可愛い顔が台なしじゃないか」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 22:08:58 ID:uagZiaUs

シンジ「わ、わっ」

カヲル「ふふっ、そんなに慌てて……今日のシンジ君はおかしいね」

シンジ「カ、カヲル君が僕の頬に手を沿えるからじゃないかっ!」

カヲル「ふふっ。いいじゃないか、シンジ君。男同士な訳だし、それに、僕達は友達じゃないか」

シンジ「……カヲル君」

カヲル「それで、シンジ君。どうして君はそんな暗い顔を?」

シンジ「それが、僕が歌を披露したせいで、アスカと綾波に嫌われちゃって。僕がオンチなのがいけないんだ……」

カヲル「ううん、それは違う」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 22:09:29 ID:uagZiaUs

カヲル「歌はいいよ。歌は心を潤してくれる。リリンの生み出した文化の極みだから」

カヲル「それを理解出来ない彼女らの為に、シンジ君が心を痛める必要はない」

シンジ「いやっ、でも、綾波やアスカは、」

カヲル「碇君。僕と一緒に歌おう。気が楽になる」

シンジ「だ、だけど、」

カヲル「僕達、友達でしょ?」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 22:14:32 ID:uagZiaUs

シンジ「……うん、分かったよ。でも、Dies iraeは歌えないからね」

カヲル「……」

シンジ「……」

カヲル「……」

シンジ「ええっ。まさか、歌うつもりだったのっ? 無理だよ、無理無理」

カヲル「いや、ほら。僕といえば、あの歌じゃないか。レイクエムといえば最後の使徒。最後の使徒といえばレイクエム、だろ?」

シンジ「知らないよっ、そんなの」

カヲル「でも、シンジ君」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 22:15:00 ID:uagZiaUs

シンジ「でもも何もないんだよっ! ちょっと、僕の話しを聞きなよ、このホモがっ!」

カヲル「!?」

シンジ「あれには歌詞がない! リズムしかないじゃないかっ! それに、似たようなネタはもう、綾波がやってくれたんだっ! だから良いんだよっ、やらなくて!!」

カヲル「でも、」

シンジ「だーかーらー、綾波がやったのっ!」

カヲル「……そう、残念だ。でも、大丈夫」

シンジ「?」

カヲル「希望は残っているから。どんな時にもね」

シンジ「……へ?」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 22:22:43 ID:EQX1.6/o

ファーストはレイ、アスカはセカンドな



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 22:27:01 ID:uagZiaUs

 >>28

 ああ>>21の事か。
 ごめん、知らなか――った訳じゃないからね?
 素で間違えた。ごめんごめん。



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 22:42:06 ID:uagZiaUs

カヲル「次こそ君を幸せにしてみせるから」

シンジ「いや、今この瞬間を幸せにしてよ」

カヲル「じゃあ、一緒に歌ってくれるかい?」

シンジ「そ、それは」

カヲル「それは?」

シンジ「取り合えず、男色を何とかして来てよ。話しはそれからで、お願い」

カヲル「え?」

シンジ「カヲル君……君のパーソナルエリア、あまりに近すぎるんだよ」

カヲル「あ、え?」ヨロッ



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 22:43:21 ID:uagZiaUs

シンジ「君、僕のATフィールドを余裕で侵食してるんだよ? 知ってたっ?」

カヲル「あ、あらら?」ヨロヨロッ

カヲル「じ、冗談じゃないよ。シンジ君」

シンジ「ああ、冗談じゃないよ」ギロッ

カヲル「……」

シンジ「……」

カヲル「ふふっ。ふふふっ。そう、これは夢。きっと夢なんだ」

カヲル「帰ろう。今日は、帰ろう。うん、帰ろう」

カヲル「ばいばい、シンジ君。また会おう」フラフラッ

シンジ「……あっ、行っちゃった」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 22:44:01 ID:uagZiaUs

シンジ(ちょっと言い過ぎてしまった。何て事だ。彼に八つ当たりしてしまうだなんてっ)

シンジ(……くっ、どれもこれもオンチのせい。そうに違いない!)

シンジ「……ん?」

マリ「にゃっほー、ワンコ君。こんな所で会うなんて恋の予感だにゃー」

シンジ「あっ、真希波。どうも、久しぶり」

マリ「あっはっはっ、硬い硬い。もっと柔らかーくいこうよ。私とワンコ君の仲じゃん」

シンジ(そんな面識ないような……)



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 22:46:13 ID:uagZiaUs

マリ「むー」

シンジ「え、あ。どうしたんだよ、真希波。かか、かかか顔をそんなに近付けて」

マリ「……暗い顔」

シンジ「へ?」

マリ「ワンコ君、苦しそうな顔してるにゃ」

シンジ「……」

マリ「はっはーん。さては姫と何か宜しくない事があったんだね?」

シンジ「う、うん」

マリ「て言うか、姫とそれを慰めているレイにゃんの姿があったからねー」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 22:46:39 ID:uagZiaUs

シンジ「慰める?」

マリ「……姫、昔のトラウマでも思い出したんじゃない? 例えば、母親の死、とかさ」

シンジ「母親の死、って、え?」

マリ「さてはて、その話しは捨て置いてっと」

シンジ(自分勝手な人だなー)

マリ「さあ、姫に謝りに行こう!」

シンジ「え?」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 22:47:07 ID:uagZiaUs

マリ「何事も一歩を踏み出さないと、前に進めないんだにゃー。だから、行こうよ?」

シンジ「でも、さっき、失敗したばっかりで、」

マリ「ほらほら、行くよ! 歌にもあるじゃん」

シンジ「歌?」

マリ「しっあわせはー、歩いってこないー♪ だっから、歩いて行くんだねー♪」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 23:04:35 ID:uagZiaUs

マリ「一日一歩♪ 三日で三歩♪ さーんほ歩いて二歩さっがるー♪」

シンジ「結局下がるんだ……」

マリ「一歩一歩は慎重にって事じゃん。幸せはやって来ないけど、去りもしないからね」

シンジ「うん、何言いたいのか良く分かんなかったけど……有難う、真希波」

シンジ(逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げても良くね? 逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメな気がする。逃げちゃダメだ)

シンジ「僕、行くよ」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 23:38:44 ID:uagZiaUs

マリ「うんうんっ。ワンコ君は良い犬だにゃー。さっさっと、行って来い! だにゃ」

シンジ「! うん。じゃあね、真希波!」ダッダッ

マリ「ふふーっ。私って偉ーい。さーてっと」

マリ「天気がいいね♪ 絵でも描きたい♪
何、描こうかな? どうしようかな? 丸描いて丸描い――」

 ※

シンジ「アスカ! 綾波!」ダッダッ

アスカ「なにか用? くそバカシンジ」グスンッ



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 23:39:16 ID:uagZiaUs

レイ「……」

シンジ「もう一度、リベンジしたいんだ。だから、聞いて――謝罪の意を込めて、翼を下さい」

シンジ「いまー私のー願ーい事がー♪ 叶うーなーらばー♪ 翼がー欲しーい♪」

アスカ「……」グスンッ

シンジ「このー背中にー♪ 鳥ーのようなー、白いーつーばさー♪ つけーてーくーださーいー♪」

レイ「……」ボケー

シンジ「この大空に翼を――」

アスカ「もう良いわ、バカシンジ」

シンジ「……え?」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 23:39:53 ID:uagZiaUs

アスカ「アンタ、この曲を背景に、ニアサードインパクトを起こした事、アタシ、忘れない」

シンジ「え、あ、あれ?」

アスカ「もう話し掛けないで。触れないで。気持ち悪いから。ミサトと相談して、アタシ引っ越す事にする。じゃあね」スタスタ

シンジ「あ、待って」ガシッ

アスカ「触らないでって、言ってるでしょ!」パシンッ

シンジ「あっ」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 23:41:07 ID:uagZiaUs

アスカ「ふんっ」スタスタスタスタ

シンジ「くそっ」ヒックヒック

レイ「……碇君」

シンジ「何んだよ、綾波」グスン

レイ「やっぱり碇君って、オンチなのね」

シンジ「ああ、もう、そんな事、どうでも良いよ。こんちくしょうっ!」グハッ

レイ「という訳で、終劇」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 23:43:10 ID:uagZiaUs

 ちょっと酷すぎたね。

 次回はもっと素晴らしいのが書けるように頑張ろう、うん。

 読んでくれた人、どうも有難うでした。

 では。



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/14(金) 00:13:14 ID:WtMRoIs.


Q意味わかんなかったよな






他のおすすめSS