転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1354767379/

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/06(木) 13:16:19 ID:UtOzf8ls

男「なにこれ?」

母「おはぎよ」

男「……面倒臭ぇ」

母「ん?何か文句言った?今日の晩御飯もおはぎにしましょうかねぇ?」

男「行きますっ!喜んで行かせていただきますっ!」



3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/06(木) 13:19:51 ID:UtOzf8ls

ーーーーーーーーーーーーー

男「婆ちゃん家遠いんだよな~」

「おい、兄ちゃん」

男「……ん?」

幼女「いいもんもってやがるな?」

男「ん、コレの事?」

幼女「それ、おはぎだろ?よこせよ?」



4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/06(木) 13:24:33 ID:UtOzf8ls

男「これは婆ちゃん家への届け物だかあげれないよ?」

幼女「やだやだ、おなかすいた!」

男「う~ん、困ったなぁ……あっ!ポケットに飴が入ってたや!これ食べる?」

幼女「やだやだ!おはぎがいいっ!」

男「ほらほら?コーラ味の飴だよ~?」

幼女「……お、おはぎがいいっ!」




5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/06(木) 13:29:14 ID:UtOzf8ls

男「これは婆ちゃん家への届け物だからあげれないってば」

幼女「ちからづくでうばいとってやる」

男「え?」

幼女「くらえ!くすぐりこうげき~!」

男「え、えっ……ちょっと、ちょっと……!」

幼女「こちょこちょこちょこちょ~」

男「んなはははははは!」

幼女「こ~ちょこちょこちょこちょ~!」

男「んなはははは!やめ……やめなさいって!」



6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/06(木) 13:32:35 ID:UtOzf8ls

幼女「どうだ!わたすきになったか?」

男「なははは!だから、これは届け物だからダメだって!」

幼女「こちょこちょこちょこちょ~!」

男「く、くそっ!こ、こうなったら……!」

幼女「……ん?」

男「逆こちょこちょ攻撃だっ!」

幼女「あはは!あはははは!」



8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/06(木) 13:36:11 ID:UtOzf8ls

男「……どう?おはぎ諦める?」

幼女「あはは!やだやだおはぎほしいっ!」

男「……こちょこちょこちょこちょ~?」

幼女「あはは!あはははは!」

男「……諦める?」

幼女「あはは!ごめんなさい!もういらないからっ……!」



9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/06(木) 13:40:13 ID:UtOzf8ls

男「はい、じゃあもうこちょこちょおしまいね?」

幼女「あ…あはは……」

男「それじゃあ、もう僕行くけど……もう、こんな事しちゃダメだよ?」

幼女「ごめ……んなさい……」

男「それじゃあ、この飴あげるね?おはぎじゃないけど我慢してね?」

幼女「は、はい……」



10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/06(木) 13:43:53 ID:UtOzf8ls

ーーーーーーーーーーーーー

幼女「くそう……なめやがって、あのやろう……」

幼女「こんなこどもだましのあめに、わたしがつられるとでもおもっているのか……」

幼女「こんなこどもだましの……こどもだましのあめなんかに……」

幼女「………」

幼女「……甘い」

幼女「………」

幼女「ち、ちがうっ……!わたしはおはぎがほしいんだっ!」



11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/06(木) 13:48:04 ID:UtOzf8ls

幼女「こうなりゃ、さきまわりしてうばいとってやるっ!」

幼女「そうときまれば……こいっ!れっどうるふごうよ!」

幼女「ふふふ……」

幼女「このさんりんしゃで、あいつよりはやくばあちゃんちにさきまわりだ……」

幼女「よ~しっ!しゅっぱ~つ!」



12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/06(木) 13:52:39 ID:UtOzf8ls

ーーーーーーーーーーーーー

婆「へぇ~?幼女ちゃんはおはぎを貰えなかったんだ?」

幼女「うん」

婆「こんな小さい子に意地悪するなんて……男のやつ酷いねぇ?」

幼女「うん」

婆「よしっ!じゃあお婆ちゃんも幼女ちゃんに協力してあげよう!婆ちゃんはどううしたらいいんだい?」

幼女「あのねあのね!お婆ちゃんはそこに隠れててね……それでね……」



13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/06(木) 13:56:18 ID:UtOzf8ls

ーーーーーーーーーーーーー

男「婆ちゃ~ん?これ、母さんからの届け物……」

男「……あれ?婆ちゃん寝てるの?」

男「困ったなぁ~?どうしよう、置いていくのもなんだしなぁ……」

男「……ん?」

男「お~い?」

男「んんっ?」



14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/06(木) 14:02:42 ID:UtOzf8ls

男「あのさぁ……?」


男「婆ちゃん、そんなに背ぇ、小さかったっけ?」

幼女「そ、それは……ぴーまんをたべないからちぢんじゃったんだよ……」

男「婆ちゃん、そんなに声高かったっけ?」

幼女「そ、それはね……ぷりきゅあのおうたをうたいすぎたせいだよ……」

男「婆ちゃん入れ歯だったよねぇ?寝る時も入れ歯して寝るの?」

幼女「………」

男「………」

幼女「それはねっ!おはぎをたべるためだよっ!!」



15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/06(木) 14:06:22 ID:UtOzf8ls

男「やっぱりお前かっ!?」

幼女「くらえっ!くすぐりこうげきだっ!」

男「こらっ!やめんかっ!」

幼女「もんどうむようっ!」

男「んなはははは!さっき飴あげたでしょうがっ!」

幼女「もんどうむようっ!こちょこちょこちょこちょ~!」

男「んなはははは!」



16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/06(木) 14:09:41 ID:UtOzf8ls

幼女母「こらっ!幼女!」

幼女「あっ……まま……?」

男「あっ、ども……こんにちは……」

幼女母「やっぱりここにいたっ!今日はプールの習い事の日でしょ!?」

幼女「やだやだ!ぷーるきらいっ!ぷーるきらいだもんっ!」



17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/06(木) 14:13:29 ID:UtOzf8ls

男「……幼女ちゃんカナヅチだもんねぇ?」

幼女「やだやだ!ぷーるいきたくないっ!おにいちゃんたすけて!?」

婆「若いうちから習い事をするのはいい事じゃぞ?」

幼女「やだやだ!ぷーるいきたくないよう!」

幼女母「我儘言わないのっ!ほら、行きますよ!?」

幼女「たすけてぇ~!」



18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/06(木) 14:14:55 ID:UtOzf8ls

男「………」

婆「………」

男「あっ……婆ちゃん、これ母さんから……おはぎ……」


おわり



19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/06(木) 14:15:55 ID:UtOzf8ls

自分で元ネタは赤ずきんだと口にしてようやく伝わるレベル



23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 02:17:58 ID:4QnThBi2

幼女「ねぇ!おねえちゃんたちどこいくの!?」

妹「ちょっと男君の所に遊びにね」

幼女「あのやさしいおにいちゃんのところ?わたしもいきたいっ!」

姉「ダメよ。あんたはまだ小さいんだから。迷惑かけるでしょ?」

幼女「めーわくじゃないよ!わたしもいきたいいきたいっ!」

姉「だ~め」



24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 02:24:45 ID:4QnThBi2

ーーーーーーーーーーーーー


幼女「ふ~んだ。おねえちゃんたちのけち~!」

幼女「いいもんいいもん!ごほんよんでおるすばんしてるもん」

幼女「え~っと……あったあった!」

幼女「ゆ、う、しゃ、は、ぼ、う、け、ん、に、で、か、け、ま、し、た……」

幼女「ぼ、く、が、ま、お、う……」

幼女「………」



25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 02:27:43 ID:4QnThBi2

幼女「え~っと……え~っと……」

幼女「………」

幼女「……『を』はよめないからとばして」

幼女「た、お、し、て、へ、い、わ、に、す、る、ん、だ」



26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 02:32:20 ID:4QnThBi2

ーーーーーーーーーーーーー


幼女「そ、う、し、て、せ、か、い、に……」

幼女「へ、い、わ、が、も、ど、り 、ま、し、た……」

幼女「おしまい!」

幼女「やったぁ!ひとりでぜんぶよめた!」

幼女「ねぇ!おねぇちゃんっ!ひとりでごほんぜんぶよめたよ!ほめ……あっ……」

幼女「………」

幼女「……わたしもぼうけんするっ」



27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 02:35:51 ID:4QnThBi2

幼女「え~っと、え~っと……それじゃあ、さんりんしゃと……」

幼女「すこっぷと……ばけつもって……」

幼女「……おそと、さむいからぼうしももっていこうっと」

幼女「……ん、あれ?あれれ?」



28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 02:40:45 ID:4QnThBi2

幼女「ぼうしがない……どうしよう……」

幼女「う~ん……おそと、さむそうだし……どうしよう……?」

幼女「………」

幼女「あっ!」

幼女「おねえちゃんのぼうしかりていこうっと!」

幼女「よ~し、しゅっぱ~つ!いけ、ぱんぷきんましんっ!」



29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 02:46:01 ID:4QnThBi2

ーーーーーーーーーーーーー


姉「……って、事が昨日あってね?」

男「あはは!そりゃ、災難だったね?」

妹「お姉ちゃん、この前も似たような事あったよね?」

姉「……ひょっとして、何かに憑かれてるのかしら?」

男「あはは!考えすぎだって!……ん、インターホンだ?」

妹「お客さん?」

男「多分、新聞の勧誘か何かだと思う……ちょっと出てくるね?ついでにお茶いれてくるよ?」

姉「あっ、ごめんね~?」

妹「ありがとう」



30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 02:52:03 ID:4QnThBi2

男「はいはいどちらさ~ん?……ん?」

幼女「こんにちはっ!」

男「あれ、幼女ちゃんじゃない?どうしたの?お姉ちゃん達に用事でもあるの?」

幼女「えっとね、えっとね、ぼうけんにきたのっ!」

男「……冒険?ま、まぁとりあえず外寒いからあがりなよ?」

幼女「うんっ!」

男「三輪車はここに置いておいて大丈夫かな……?とりあえず、中に入れておこう……
.あっ、幼女ちゃん可愛い帽子してるね?」

幼女「えへへ~」



31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 02:57:32 ID:4QnThBi2

男「ちょっと待っててね?お姉ちゃん達にお茶入れていくから」

幼女「わたしもてつだうっ!」

男「そう?じゃあ、そこの棚から湯飲み三つとコップ一つ出して?」

幼女「は~い!」

男「幼女ちゃんはジュースの方がいい?それとも、温かい飲み物の方がいい?」

幼女「じゅーすがのみたいっ!」

男「オレンジジュースとリンゴジュースとコーラがあるけど、どれがいい?」

幼女「えっとね……えっとね……!おれんじじゅーす!」

男「は~い」



32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 03:01:31 ID:4QnThBi2

ーーーーーーーーーーーーー

男「お待たせ~」

妹「おかえり~……って、なんで幼女がいるの!?」

男「あれ?二人が呼んだんじゃないんだ?」

姉「……それ、あたしの帽子だし」

男「……ん?」

幼女「あのねあのね!ひとりでおるすばんでたいくつだったの!」



33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 03:07:28 ID:4QnThBi2

姉「あんたねぇ!?一人でここまで来たの!?」

妹「何考えてるの!危ないじゃない!?」

男「ま、まぁまぁ……お隣さんだし、大丈夫だよ……?」

幼女「あのねあのね!ぼうけんしにきたの!」

姉「何、わけのわからない事言ってるのよ!車にひかれたらどうするのよ!?」

妹「変な人に声かけられたら、どうするのよ!?」

男「……お隣さんだから大丈夫だって」



34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 03:11:10 ID:4QnThBi2

幼女「おくさん、おくさん。おちゃがさめますよ」

姉「……あんた、どこでそんな言葉覚えたのよ」

男「あっ、これねぇ?幼女ちゃんが手伝ってくれたんだ」

妹「へぇ~、あんたもそんな事するんだ?」

幼女「えっへん!」

姉「じゃあ、これからは家でも手伝ってね?」



35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 03:16:20 ID:4QnThBi2

ーーーーーーーーーーーーー


幼女「じゅーすおかわり!」

男「はいはい~」

妹「……あんたねぇ?ちょっとさっきから飲み過ぎよ?」

男「……果汁100%のやつだから大丈夫と思うよ?」

幼女「だいじょうぶだよ!」

姉「……あんた、そんなに飲みすぎておねしょしてもしらないわよ?」

男「あはは、大丈夫だよ!ねっ、幼女ちゃん?」

幼女「だいじょうぶ~」

妹「……男は甘すぎ」



36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 03:21:39 ID:4QnThBi2

ーーーーーーーーーーーーー


幼女「うぅ……」

男「あれ、幼女ちゃんどうしたの?おトイレ?」

幼女「……うん」

姉「……ほら、みなさい」

妹「早く行ってきなさい」

幼女「……うん」

男「大丈夫?僕、ついて行こうか?」

幼女「……だいじょうぶ」

姉「この子も一人でトイレぐらい行けるわよ」

妹「……男は甘すぎ」



37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 03:32:18 ID:4QnThBi2

男「トイレの場所はこの部屋出て、左の突き当たりだからね?」

幼女「……うん」

男「左ってどっちかわかる?お茶碗持つ方が左だよ?」

姉「……あのねぇ?」

妹「男は甘すぎ」

男「左の部屋は僕の部屋だからね?トイレの場所は左の突き当たりだよ?」

幼女「うん……いってきます……」

姉「わざわざ客間に招待してくれなくてもよかったのに」

妹「ねぇ、なんだか気を使わせちゃったみたいだし。それとも男の部屋、そんなに汚いの?」

男「いや、単純に僕の部屋に三人も入らないの」



38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 03:35:02 ID:4QnThBi2

ーーーーーーーーーーーーー


幼女「ふぅ……ちゃんとおててもせっけんであらった!」

幼女「ん……?あれ、あれ……?」

幼女「おにいちゃんのおへや……どこだっけ……?」

幼女「………」

幼女「こ、ここかな……?」



39 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 03:37:36 ID:4QnThBi2

幼女「あれ……だれもいない……」

幼女「……まちがえちゃったのかな?」

幼女「………」

幼女「……あっ!」

幼女「すごーいっ!『がんだむ』のぷらもでるがいっぱいある~!」



40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 03:40:37 ID:4QnThBi2

幼女「わぁ!すごいすごいっ!」

幼女「ぶーん!ばきゅーんっ!」

幼女「まけないぞ~!とりゃっ!たぁ、とあっ!」

幼女「くそ~、まけないぞ~!たいあたりこうげきだぁ~!」

幼女「とあぁぁ~!」

幼女「……あっ!」



41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 03:43:20 ID:4QnThBi2

幼女「ど、どうしよう……?」

幼女「うでが……とれちゃった……」

幼女「………」

幼女「おねえちゃんたちに……おこられちゃうよう……」

幼女「………」

幼女「それに……おにいちゃんにも……」

幼女「うぅ……ううぅ……」



43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 03:48:19 ID:4QnThBi2

ーーーーーーーーーーーーー


男「あっ、帰ってきたみたいだね?」

妹「おかえり~」

姉「ちゃんと、石鹸で手洗った?」

幼女「おじゃましました!わたし、かえります!」

男「えっ?」

妹「はぁ?」

姉「ちゃんと石鹸で手は洗ったの?」

幼女「それではおじゃましました!きょうはありがとうございました!」

男「はぁ……」



44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 03:53:07 ID:4QnThBi2

妹「ちょっと!あんた帰るなら私もついていくわよ」

男「あっ、じゃあ皆で送っていこうか?」

幼女「い~え!おみおくりはけっこうです!わたしはひとりでかえれます!」

男「は、はぁ……?」

幼女「わたしはりっぱなおとなですから!それではしつれいします!」

男「あっ……行っちゃった……追いかけなくて大丈夫かな?」

姉「……なんかあの子、あやしいわね」



45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 03:56:55 ID:4QnThBi2

二日後ーーー


姉「幼女~?男君、遊びにきたからこっちきてくれない~?」

幼女「は~い!」

男「あっ、幼女ちゃんこんにちは~」

幼女「こんにちは!」

妹「この前、男君の家に遊びに行ったよね?」

幼女「うんっ!」

姉「……あんた、その時何かしなかった?」

幼女「……えっ?」



46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 04:02:03 ID:4QnThBi2

男「ちょ、ちょっと……!二人共……まだ、決まったわけじゃないんだからさ……?」

妹「……これ、見覚えない?」

幼女「あっ……」

姉「……男君の大事にしてたプラモデル」

男「いやっ……!そんなに大事にしてないって……!安いヤツだし……巣組みで簡単に終わらせたヤツだしさ……!」



47 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 04:06:38 ID:4QnThBi2

幼女「………」

妹「これ、腕がとれてるのね?」

姉「男はあの日の前まではちゃんとついてたって言ってるし……あんた、なにか知らない?」

幼女「し、しらない……」

男「ねっ、やっぱり幼女ちゃんじゃないよ!?僕の勘違い……」

妹「男は黙ってて!」

男「は、はひ……!」

姉「……ポケットをチェックします」

幼女「!」



48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 04:09:52 ID:4QnThBi2

幼女「やだっ……やだっ……!」

妹「こら、暴れないっ!」

幼女「やだっ!やだやだっ!」

姉「やましい事がないなら調べても大丈夫でしょ?あれ、ポケットになにかはいってるわよ?」

幼女「やだっ!やだやだっ!」

姉「……ほら、これ何の腕よ?」

男「………」



49 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 04:14:20 ID:4QnThBi2

姉「これ、何の腕?」

幼女「し、しらない……」

妹「あんたがこのプラモデル壊したんでしょ?」

幼女「わ、わたしじゃないもんっ……?」

姉「じゃあこの腕、このプラモデルにくっつけてみるね?」

幼女「えっ……?」

妹「これがピッタリとくっつけば、犯人は幼女だよね?どうする?謝るなら今のうちだよ?」

幼女「うう……ううぅ……」



50 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 04:16:30 ID:4QnThBi2

姉「ほら、ピッタリだ」

幼女「………」

男「………」

妹「………」

姉「………」

幼女「……ふぇぇ」

男「ん?」

幼女「……ごめんなさぁい」



51 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 04:19:01 ID:4QnThBi2

幼女「ごめんなさぁい……ごめんなさぁい……」

妹「………」

幼女「ぷらもでるこわしてごめんなさぁい……」

姉「………」

幼女「ごめんなさぁい……ごめんなさぁい……」

男「………」

幼女「うそついてごめんなさぁい……」



52 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 04:22:23 ID:4QnThBi2

男「ふふ」

幼女「ふええ……」

男「正直に言ってくれてありがとね?」

幼女「えっ……?」

男「ほら?こうやってくっつければ元通りだし、僕もう怒ってないよ?
.幼女ちゃん、また遊びにきてね?」

幼女「!」



妹「……男は甘すぎ」

姉「ね」


おわる



53 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 12:43:22 ID:ZwdpI31o

乙、乙(^O^)

元ネタはシンデレラかな?






他のおすすめSS