転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1357310295/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/04(金) 23:38:15 ID:ytveBRu6

朝練中

智花(どうしよう……朝練前にはりきってお肉食べ過ぎちゃったかな……)

智花(うぅ……昴さんすごく心配そうな顔で見てるよぉ)

智花(は、恥ずかしいけど……おトイレ借りよう)

昴「大丈夫か智花」

智花「ふぁっ、あ、あの!」

智花「その……おトイレを……お借りしてもいいでしょうか」モジモジ

昴「ああ、そういうことね。分かった」

智花「あ、ありがとうございます」

昴「俺を抜けたら貸してあげるよ」

智花「えっ」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/04(金) 23:40:36 ID:ytveBRu6

昴「さぁ遠慮はいらないよ」

智花「え、あの、昴さん? え?」

昴「どうしたんだ? こないなら俺の方から行くよ」ダッ

智花(そんな……こんな状態で昴さんを抜くなんて……)

昴「おわっ!? 足が滑った! すまん智花避けてくれーーーー!! お腹に手がああああああ!!」

智花「ふぁっ!?」

智花「~~~~~~~!!」グルルルル

昴「俺とした事がバッシュなのに足が滑ったあげく智花のお腹を押してしまった……大丈夫か智花?」

智花(ふぇぇ……ちょっと漏れちゃった……昴さんの前なのに昴さんの前なのに昴さんの前なのに)

智花(替えの下着持ってきてるし早く着替えないと)

智花「お、おトイレを……」

昴「それとこれとは話が別だ」

智花「えっ」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/04(金) 23:43:14 ID:ytveBRu6

智花「いやでも」

昴「そうなるとコーチを辞めないといけなくなる……それは俺も嫌なんだ」

智花「ふぇっ!? どうしてそんな話に」

昴「さあくるんだ智花」

智花「う、うぅ……」

智花(お尻の所が気持ち悪いけど……昴さんは意思を曲げそうにない)

智花(それに昴さんがコーチを辞めるなんて絶対に嫌だし)

智花(やるしかない!)

智花「それじゃあ、本気でいきます!」

昴「あぁ、こい!」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/04(金) 23:44:54 ID:ytveBRu6

智花「はぁ……はぁ……」ギュルルル

昴(智花……すごい汗だ。そんなにお腹が痛いのか)

昴(だが俺も男だ……こんなチャンスを逃すほど甘ちゃんじゃないぜ)

昴(お前のうんこ、拝ませてもらうぞ!!)

昴「どうした智花、動きにいつものキレがないぞ!」

智花「はぁ……はぁ……うっ」ギュルルルルルル

昴(――今だ!)

昴「貰った!」ダッ

智花「ふぁっ!」ドテッ

昴(ボールを奪うと同時に少しだけ智花と接触、尻餅をつかせる!)

智花「~~~~!! やだ、やあああああああ!」ブリュブリュブリュッ



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/04(金) 23:48:09 ID:ytveBRu6

昴「やった!」

智花「やだ、見ないで……ぐすっ、昴しゃん……み、見ない……で……」ブリュブリュッ

昴(凄い臭いだ、それにみるみるスパッツが膨らんでいく……あの小さな身体の中にあんなに溜め込んでたのか!)

昴(もっと近くで見たい)

昴「大丈夫か智花!」

智花「来ないでください! ぐすっ……来ないで……」

昴「智花……」ゾクゾクッ

昴「気にする事ないって、ミホ姉なんか今も漏らしてるし」

智花(よりにもよって昴さんの前で……もうやだぁ)グスッ

昴「それに俺は……うんこ漏らしちゃうような女の子の方が魅力的だと思うし」

智花「!」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/04(金) 23:48:28 ID:ytveBRu6

昴「俺が見ててあげなきゃって思うっていうかさ、とにかく気にする事ないって」

智花(フォローしてくれてるのは分かるんだけど…………少し嬉しいな)

昴「とりあえずシャワー浴びておいで」

昴「後片付けは俺がするから」

昴「脱いで」

智花「ふぇっ!?」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/04(金) 23:51:07 ID:ytveBRu6


智花「そ、それは無理です!」

昴「でもそのままってわけにもいかないし」

智花「私が責任もってお片づけします」

昴「そうか……やっぱり俺はコーチを辞めるしかないのか」

智花「だ、だからどうしてそんな話に」

昴「智花一人の世話も出来ないようなポンコツがコーチだなんてな」

昴「寂しいけど……」

智花「……………………わ、わ」

昴「え? 何?」

智花「…………分かり……ました…………」

昴(きたか!)

智花「…………あっち向いててもらえますか」

昴「分かった」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/04(金) 23:53:42 ID:ytveBRu6

昴(今俺の後ろで……下半身をうんこまみれにした智花が立っているのか)

昴(み、見たい!)

昴(なんなら俺が舐め取ってやりたい)ビンビン

智花「そ、それじゃあシャワーお借りします」

昴「うん、スパッツと下着はそこに置いといて」

智花「…………はい」

智花(うぅ……昴さんに下着を見られるなんて……)

智花(でもこんな格好でいつまでも外にいられないし……)

智花(私の馬鹿、朝からお肉食べたりしたから!)

昴「急いで行かないと、風邪引いたら大変だぞ」

智花「ふぁ、ふぁい!」

昴(……………………)

昴(……………)

昴(……)

昴「よし」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/04(金) 23:56:14 ID:ytveBRu6

昴「こ、これは!!」

昴「で、でかすぎる!」

昴「なんだこの大きさは……可愛い顔したロリボディの智花が、こんな臭くてぶっといものを隠していたとは」

昴「うんこまで攻撃的か、やっぱり智花は生粋のフォワードだ」

昴「しかし可愛い下着だな。この子供っぽい下着とうんこのギャップ……やっぱり」

昴「小学生は最高だぜ!」

昴「舐める前に写真を撮っておくか」パシャッ

昴「こんなに悪臭は生まれて初めてだ」

昴「しかもそれが小学生の女の子のとは」

昴「これで臭いも保存できればなぁ……」

昴「仕方ない、舐めるか」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/04(金) 23:57:37 ID:ytveBRu6

昴「苦いな……しかしどこか甘みを感じるぞ」

昴「見た目は大きさこそあれどこか慎ましい形だが、味は口腔内を刺すような強みがある」

昴「流石は智花のうんこだぜ」

昴「智花……そう、これは智花のうんこだ。キスもしておこう」チュッ

昴「ふぅ……どうせ洗濯するし一発ヌイとくか」

昴「小学生のうんこにぶっかけ、水崎先輩……俺はあんたを超えてやる!」

昴「ぬっ、う……」シコシコ

昴「智花の極太うんこ……くっ、見てるだけでもギンギンだってのに」

昴(裏声)「やっ、だめです昴さん……私」

昴「くっ、いくぞ! 俺のスクープシュウウウウウウウウウト!!」ドビュゥッ

昴(裏声)「やっ、ら、らめええええええええええええええええ!!」

昴「あああああああああああああああああああ!!」ビュビューッ



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/04(金) 23:59:36 ID:ytveBRu6

昴「よし、孕んだうんこは庭に埋めたし」

昴「あとは智花の下着とスパッツを洗うだけだ」

昴「もうすぐ智花もシャワーを終えて出てくるだろうし、丁度朝飯かな」

昴「その前に……」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/05(土) 00:02:07 ID:apPWQQSQ

智花「…………あ、あがりました」

昴「おかえり、スパッツとかは洗っておいたから。明日の朝練の時渡すよ」

智花「は、はい…………ご、ご迷惑をおかけしてすみません」

昴「気にすることないって、さ、朝御飯食べよう」

智花「……はい」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/05(土) 00:02:29 ID:apPWQQSQ

朝食

昴「ほら、遠慮しないで食べてくれ」

智花「…………」モグモグ

智花(あんな事したあとに食事なんて……でも断るのも申し訳ないし……)

昴「大丈夫だって、うんこ漏らしても俺は智花の事好きだから」

智花「!」

智花(す、好き!? でも昴さんのことだしきっと気を利かせて……でもでも、嬉しいなあ)

昴「うんこ漏らしたくらいで溝が出来るような仲じゃないだろ、俺達」

昴「うんこ漏らそうが漏らすまいが、俺と智花の間には何も問題ないさ」

智花「あ、あの」

昴「ミホ姉だってほぼ毎日うんこ漏らすし、小学生の智花がうんこ漏らしても気にする事ないって」

昴「寧ろうんこ漏らすなんて誰もが通る道だしさ」

智花「あの、昴さん!」

昴「うんこ漏らしてなんぼの世の中だよ」

智花「な、何度も言わないでください!」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/05(土) 00:05:37 ID:apPWQQSQ

七夕「あらあら昴くんったら相変わらずのうんこ馬鹿ね」

昴「何言ってんだよ母さん、それを言うならバスケ馬鹿だろ? 全く、葵じゃないんだから」

七夕・昴「あはははははははははは!」

智花「あ、あはは」

智花「――!?」

昴「ん、どうした?」

智花「い、いえ……別に……」

智花(ど、どうしよう……またお腹痛くなってきちゃった……)

昴「お腹の調子が悪いの? だったらトイレに」

智花(うわあああん、どうしよう、どうしよう)

智花(でもまた漏らしちゃうより……素直にトイレを借りる方が……)

智花「……………………お、お借りします」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/05(土) 00:06:15 ID:apPWQQSQ

智花「うぅ……最悪だよぅ……」

智花「昴さんの前で私……」ガッ

智花「あ、あれ? ドアが……」ガッガッ

智花「ど、どうしようドアが開かない!?」

智花「ふぁっ、動いたからお腹が……」グルルルル

昴「どうしたの?」

智花「す、昴しゃんっ! あの、ドアが……」

昴「ドアが? ちょっとごめん、ふっ!」

昴「だめだ……開かない。壊れてるみたいだ」

智花「ふぇぇ!?」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/05(土) 00:07:59 ID:apPWQQSQ

智花「そんな……ど、どうしよう」

昴「俺に任せて」

智花「え、ど、どうなさるのでしょう」

昴「俺がお姫様だっこでお隣さんのトイレまで連れて行くよ」

智花「ふえぇっ!?」

昴「他には外でするという手も」

智花「お願いします!」

昴「よし、しっかり捕まっておくんだ!」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/05(土) 00:10:17 ID:apPWQQSQ


昴(計画通りだ……)

昴(あらかじめトイレのドアを壊して開かないようにしておき)

昴(智花のご飯に下剤と利尿剤を混ぜておいた)

昴(どうして俺がそんなものを持っているのかって?)

昴(真帆がいたずらに使おうとしていたものを譲ってもらったのさ!)

昴(そしてここからが本番だ!)



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/05(土) 00:11:14 ID:apPWQQSQ

昴「うおおおおおおお!!」

昴(玄関を出て……ここだ!)

昴「あ、足が!」

智花「昴さん!?」

昴(巧みにこける! 身体を反転させ背中を地面に!)

昴「ごはっ!!」

昴(その時抱きかかえていた智花のお尻が俺の顔に乗るよう動かすのだ!)

昴(智花にはかばったようにしか見えないだろう!)

智花「~~~~!!」

昴「だ、大丈夫か智花」

昴(そして今の衝撃で智花は限界を迎えたはず!)

昴「ばっちこい!」

智花(ダメ、絶対……今漏らしたら……昴さんにかかっちゃう…………でも、もう……)

智花「だ、め……ふあああああああああああああ」ブリュブリュッ

昴「しゃあああああああああああああああああ!!」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/05(土) 00:12:25 ID:apPWQQSQ


昴(智花のパンツ越しに伝わる熱と強烈な汚臭! そしてにじみ出る聖水!)

智花「うわああああああん!」ブワッ

昴(弁解の余地のない状況にマジ泣きする智花……最早どくことすら忘れている!)

昴(呼吸をする度に広がる悪臭、顔面に降り注ぐ聖水シャワー、たまらないぜ!!)

昴(智花のうんこ……大きくて……グチョグチョで……暖かくて)

昴「やわらかああああああああああああああああああああい!!」

智花「うわああああああああああああああああああああん!!」

昴(今ならばれない、舐めて吸って食べて飲んでやる!)

昴(ロリうんこ最高!)

昴「小学生は最高だぜ!」

智花「うええええええええええええええええええええええん!!」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/05(土) 00:13:23 ID:apPWQQSQ

完食

智花「うぅ……ひっく……ぐすっ」

昴「落ち着いたか、智花」

智花「ひっく……私…………昴さんの前で二回も……もう顔向けできません」

昴「どうして? 俺は智花が好きだよ」

智花「でも……ぐすっ」

昴「智花……結婚しよう」

智花「…………ふぇっ?」

昴「俺のせいで漏らしたようなもんだろ? 俺のせいで智花に傷を負わせて……責任を取りたいんだ」

昴「勿論責任なんてのは口実で、実は俺、一人の女性として智花が好きなんだ」

智花「ふぇ? え、え?」

昴「俺は智花と一緒にいたい。智花はどう?」

智花「わ、私は…………私も……昴さんが……好きです」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/05(土) 00:14:44 ID:apPWQQSQ



昴(あの後、片付けを済ませもう一度風呂に入った智花に紙おむつを履かせ送り出した)

昴(小学生に紙おむつというのは最強の組み合わせだと俺は思う)

昴(俺が智花を愛しているという事に偽りはない。決め手がうんこなどどいうことも絶対にない)

昴(俺はロリコンでスカトロ好きという、迫害を受けるステータス持ちかもしれない)

昴(それでも絶対、生存圏を広げ、いつか俺の同志で溢れる世の中を目指したい)

昴(ロリスカ同人誌もっと増えねえかな)


fin



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/05(土) 00:15:28 ID:apPWQQSQ

おしまい。

時代が変わったらまた来ます



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/05(土) 01:38:57 ID:sbgbq.Wc

素晴らしい
>>1乙



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/05(土) 13:32:32 ID:d3R.w9Sg

くそっこんなので勃起するなんて



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/05(土) 18:39:36 ID:O1D9BcO2

近年稀に見る糞SS(スカ的な意味合いで)






他のおすすめSS