転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1356792963/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/29(土) 23:56:03 ID:yYGIQr6E


P「あれは…>>2じゃないか!」



765メンバーでオネシャス



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/29(土) 23:57:02 ID:1TOf09VA

高木順一朗社長



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 00:01:47 ID:hIIi9srQ


P「高木順一朗社長じゃないですか!」


順一朗「う、うぅ…」


P「どうしたんですか! しっかりしてください!」

順一朗「こ…これを…君、に…う!」ガクッ


P「順一朗社長! …これは>>5か?」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 00:03:48 ID:TWnmHveA

若かりし頃の自分の写真が入ったロケットペンダント




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 00:10:05 ID:hIIi9srQ


P「俺の写真入りロケットだと! なんで順一朗社長が持っていたんだ?」


P「取り合えず社長はソファに寝かせておこう…」


…ガタッ


P「ん? 給湯室に誰かいるのか…?」


>>8「…」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 00:11:53 ID:nV1EcDfg

真美



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 00:16:14 ID:hIIi9srQ


P「真美か」


真美「んっふっふ~。見つかっちゃったか→」


P「何してたんだ?」


真美「えっ…」


P「…何か隠してないか?」


真美「…バレちゃあしょうがないなぁ!」ニヤッ


P「なにっ!?」


真美「…>>10」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 00:20:15 ID:nV1EcDfg

真美「なななんでもないよ!」ガチャ



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 00:24:00 ID:nV1EcDfg

↑ごめん無しで
安価下



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 00:26:20 ID:hIIi9srQ


真美「…」


P「…」


真美「なななんでもないよ!」ガチャ


P「は? おい、ちょっと!」


真美「じゃあね→!」ダッ

P「あ、こら待て!」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 00:31:03 ID:hIIi9srQ


P「ますます怪しい」


P「って、これは…>>15だ。真美が落としていったのか」スッ



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 00:34:12 ID:./4T.rJM

Pの風呂の盗撮写真



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 00:42:37 ID:hIIi9srQ


P「俺の風呂の写真か…」

P「…………え?」


P「これは色々と説教が必要だな…」


P「追いかけるべきか…?」

追うか否か
>>18



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 00:43:23 ID:nV1EcDfg

Go



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 00:48:27 ID:hIIi9srQ


P「よし、追っかけるとしよう!」


P「でもどこ行ったんだろう?」


P「電話やメールでほんとの場所を教えるはずもないしなぁ…」


P「しょうがない。適当に>>21に行ってみよう!」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 00:51:53 ID:ulOrf.g2

ラブホの周辺あたり



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 00:55:20 ID:hIIi9srQ


―ラブホの周辺―


P「適当すぎて変なところに来てしまった…」


P「こんなところに真美がいるわけ……」




真美「……」キョロキョロ



P「あったわ……」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 00:57:24 ID:hIIi9srQ


P「おい、真美!」


真美「っ! 兄ちゃん!」

P(…しまった、何も考えなく声を掛けてしまった…)


P「えぇっと……>>26」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 00:59:24 ID:nV1EcDfg

頼んでもらえたらいくらでもとらせてあげるから・・・・



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 01:03:22 ID:hIIi9srQ


P「写真くらい頼んでもらえたらいくらでも撮らせてあげるから」


真美「…へ?」


P(うわ~変なこと言っちゃったかぁ…?)


真美「兄ちゃん」










真美「何言ってんの?」


P「は?」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 01:05:59 ID:hIIi9srQ


真美「もしかしてあれが真美のだとでも思った?」


P「どう言う、意味だ?」

真美「あの写真はね…」


真美「>>29のなんだよ」


P「なに!」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 01:07:37 ID:TWnmHveA

律子



31: 忘れてた 2012/12/30(日) 23:22:44 ID:hIIi9srQ


P「そんな馬鹿な! よりにもよってあの律子が?」

真美「じゃあ>>32に行ってみなよ。りっちゃんに会えるはずだからさぁ」


P「…わかった」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 23:28:30 ID:kfohXeuk

眼鏡屋



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 23:35:30 ID:hIIi9srQ


―眼鏡屋―

P「ん~…居た」


P「おい、律子」


律子「あれ、プロデューサーさんも眼鏡探しですか?」


P「まぁ、ちょっと来い」

律子「?」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 23:39:22 ID:hIIi9srQ


―店の裏―


P「これなんだが…見覚えあるか?」ピラッ


律子「っ! ぁ…いゃ…」

P「本当に律子のだとはなぁ」ハァ…


律子「ごっ、ごめんなさい!」


P「ごめんなさいじゃないぞ。一体なんでこんなことを?」


律子「>>39」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 23:45:23 ID:yY8d9ywQ

ごめんなさい、次からは落とさないようにします



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 23:51:01 ID:hIIi9srQ


律子「ごめんなさい、次からは落とさないようにします!」


P「いやいやいや、理由になってないうえ反省もしてないとは」


P「ここは法的手段か…?」


律子「ぇ」ビクッ


律子「お願いしますどうかそれだけは! なんだってしますから!」


P「ほう」ピクッ


P「なんだって? 例えば」


P「>>42だってか?」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/30(日) 23:53:20 ID:mrNI2yzU

性処理



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 00:04:48 ID:5js9V74I


P「例え性処理でも、か?」


律子「へっ!?」


P「どうなんだ? ん?」

律子「……>>45」



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 00:08:32 ID:n2en6UqE

プ・・プロデューサーならいいですよ



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 00:17:37 ID:5js9V74I


律子「プ…プロデューサーならいいですよ…//」


P「…あれ?」


P(ちょっと戒めと言うか脅かしのつもりだったのに…予想外だ!)


P(こ…この後どうしよう!)


>>47



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 00:21:28 ID:90Czpf4E

髪型をエビフライにする



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 00:22:57 ID:5js9V74I

>>47
ごめん、どっちの?



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 00:50:49 ID:n2en6UqE

律子が髪型をエビフライにするでいいんじゃね



52: >>51の意見でいくか 2012/12/31(月) 10:41:13 ID:5js9V74I


P「えっと…そうだ! 髪型をエビフライにするんだ!」


律子「は?」


P「なんでもするんだろっ! さぁ早く!」


律子「わっ、分かりましたよぅ…」ゴソゴソ



律子「どうですか?」


P「おうふ普通にカワイイデスヨ」


律子「その………これで終わりですか?」


P「へ? あぁ…」


P(どうしよう…これで解放するべきか、しないべきか)


>>53



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 10:45:01 ID:rVLilu6E

解放



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 10:53:35 ID:5js9V74I


P「よし、もう帰っていいぞ」


律子「え、ああ、はい…?」


P「頼むからもうこんなことはするなよ」



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 10:55:23 ID:5js9V74I


P「まったく律子にも困ったもんだ」


P「て、おおっと! もうこんな時間か」


P「>>56との待ち合わせに遅れてしまう!」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 10:59:08 ID:n2en6UqE

やよい



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 11:41:22 ID:5js9V74I


P「確か俺にお願いがあるんだっけな」


P「待ち合わせ場所は…>>58であってるな。急ごう」



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 12:09:47 ID:/t78nGTU

961プロ社長室



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 13:52:47 ID:5js9V74I


―961プロ社長室―


やよい「失礼しまーす!」ガチャ


黒井「ん? 貴様は765プロの。なぜここに居る?」


P「失礼します」ガチャ


やよい「あ! プロデューサーさん!」


P「おぉ、やよい。待ったか?」


やよい「いえ、私も今来ましたー!」エヘヘー


黒井「何なんだ貴様ら! 話を聞いているのか!」



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 13:56:06 ID:5js9V74I


P「それでやよい。お願いって一体何なんだ?」


やよい「うっうー! 実は>>61」


黒井「おい、いい加減にしろぉ!」



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 15:08:36 ID:vG3EARRo

生活費が足りない



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 18:05:25 ID:5js9V74I


やよい「生活費が足りないんです!」


やよい「お願いしますプロデューサー! 次のお給料が入ったら返しますから、少しだけ貸してください!」ガバッ


P「やよい…」


黒井「フン、やは「黙ってろッッ!」…台詞切るの早すぎるだろ!」



P「…条件がある」


やよい「何ですか?」


P「>>63だ。どうだ?」



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 18:14:23 ID:k3z.BR2c

事務所の掃除



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 18:34:45 ID:5js9V74I

P「事務所の掃除だ!」


やよい「うー? それならいつもやってますよ?」

P「なに! さすがはやよいだ!」

P「そんなやよいにはお小遣いをあげなければな!」スッ

やよい「あわわわっ! じゅ、十万円もありますよ!?」アタフタ

P「あぁ、受け取りなさい」


やよい「ありがとうございます! これは絶対返しますから!」

P「おいおいやよい? これは借金じゃなくてお小遣いなんだぞ? 返す必要はない」

やよい「で、でも…」


黒井「貴様らいい加減にしろ! いつまで下らん馴れ合いを見せるつもりだ!」

やよい「ご、ごめんなさい!」



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 18:41:43 ID:5js9V74I

黒井「表にタクシーを呼んでおいた。さっさと帰れ!」


P「黒井社長…!」


P「よし、帰るか」


やよい「はい! 失礼しました!」ガルーン


―――バタン…


黒井「フン…」


黒井「…」プルルルルル…


黒井「ああ、私だ。これから言う住所に厳選食料を届けてもらいたい…」




―――――
―――



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 18:43:54 ID:5js9V74I


P「黒井社長の思わぬ一面を垣間見たことだし、そろそろ事務所に戻ろう」


P「順一朗社長も目を醒ましたかもしれないしな」



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 18:46:54 ID:5js9V74I


―事務所―


P「ただいま戻りました!」


順一朗「おお、君か」


P「お気づきになられたんですね!」


順一朗「さっきは済まなかったねぇ」


P「それで、どうして順一朗社長が俺のロケットを持っていたんですか?」


順一朗「>>68」


※ラスト安価



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 18:59:28 ID:zHBVEKmY

愛しているから



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 19:07:50 ID:5js9V74I

順一朗「愛してるからだ」
P「え」

順一朗「君を愛してる」

P「え」

順一朗「愛しているよ」

P「……すいませんッ!」ガチャッ




P「うわっ!?」コケッ


P「どふっ!」ドサッ


P「」シーン



高木「おや、事務所前に誰か倒れているぞ…?」

―完―



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 19:58:03 ID:0NRWTvuI




71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 20:02:55 ID:5js9V74I


ただね~、書いてる自分でも何が面白いのかさっぱり分からなかったってのが正直な感想でっす!

読んでくれた人ありがとう!



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/31(月) 21:19:36 ID:xy3rET9w







他のおすすめSS
 
 
 
 
 
 
 
 
美希「千早さんは美希のお姉さんなのー!」 
千早「美希、私、美希に安眠の秘訣を教えてほしい」