転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1357648362/

1: 名無しの初心者 2013/01/08(火) 21:32:42 ID:DYwdk772

初投稿。叩くなら優しくしてね。



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:35:11 ID:DYwdk772

幼馴染「男はほんとダメね。グズでドジで弱虫で私が付いてないとホントにダメなんだから」

男「うん、自分でも自覚ある....」

幼「だから、その、面倒見てあげてもいいわよ.....!」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:36:26 ID:DYwdk772

男「...あのさ」

幼「なによ?」

男「実は、俺さ告白されたんだ」

幼「はぁっ!?だ、誰に!?」

男「い、痛い。そんな爪立てて首締めないで」

幼「あ、ご、ごめん...で、誰なの?」

男「先輩の女さん」

幼「え、生徒会長の?」

男「うん」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:37:08 ID:DYwdk772

幼「そ、それで!あんたはどうするの!?」

男「...ちょっと話は変わるけど、幼は好きな人いる?」

幼「えっ、な、なによ?藪から棒に。べ、別に居ないけど...ていうか興味ないしっ」

男「そっか。だよね...」

幼「なに、どういうこと?」

男「いや、別に」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:37:42 ID:DYwdk772

幼「何それ!男のくせに生意気!ていか、どうするの!付き合うの?合わないの?」

男「付き合おうかな、女先輩いい人でいつもこんな俺を気にかけてくれるし(幼、止めてくれるかな)」

幼「え....あ、ごほん!や、やめといた方が私は良いと思うわ!あんたが女さんと付き合ったら女さんに迷惑かけるだけで傷付くだけよ」

男「俺、付き合ったら迷惑かけないように精一杯がんばろうと思うんだ」

幼「そ、そこまで言うのね....もし良かったらだけど、もしもあんたが....」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:38:30 ID:DYwdk772

先「あ、男くんいたっ!」

男「先輩っ!ど、どうして?」

先「返事、貰おうと思ってね。きちゃった。ダメだったかな...?」

男「い、いえ。とんでもないです!自分も今決まった所で」

幼「こほんっ、私、邪魔みたいなので失礼します」

先「あら、ありがとう.....ゴメンね...」

男「あ、幼馴染。待って――」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:39:24 ID:DYwdk772

先「男くん、返事聞かせて?」

男「すみません、俺、大切な人が居るんです」

先「それって、さっきの子?」

男「はい。俺にとって幼は大切な人なんです。俺がダメなせいで、いつも迷惑かけて嫌な思いさせてるけど、いつかは幼に頼られるようなやつになりたいんです」

先「私なら、あの子以上に男くんを支えるわ」

男「そうだとしても、俺は幼のことが好きです」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:40:02 ID:DYwdk772

先「そう...」

男「先輩、ごめんなさい」

先「どうしても?」

男「はい、俺は幼が好きです」

先「うっ、うぇぐ..!」

タタタタッ!

男「先輩っ!あ、行っちゃった...」


ーーー



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:40:51 ID:DYwdk772

幼「どうだった?先輩との二人きりの時間は?」

男「なんか怒ってない?」

幼「うるさい、黙れバカ。別に怒ってない。ていうか早く席につけ!もうチャイム鳴るわよ」

男「うん.....(怒ってるよな)」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:41:35 ID:DYwdk772

放課後ーー

男「幼ー!今日一緒に帰らないか?」

幼「なによ、今更。いつも一緒に帰ってあげてるでしょ。友達も居なくて可哀想だから、今日も帰ってあげるわよ」

男「はは、ありがとう」

幼「な、なにニヤニヤしてんのよ気持ち悪い。1人で帰ろうかな」

男「え、いや待って!」


ーーー

先「なんで、あんな女と。どうして、何が不満なの。男くん....」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:42:19 ID:DYwdk772

ーーー


「あ、幼さーんっ!」

幼「ん?ああ(クラスで人気のイケメン。興味ないけど)どうかしたの?」

イケメン「今日、委員会あるから帰るの待ってもらっていいかな?」ニコッ

幼「う、うん。分かったわ。じゃあ男先に帰ってて」

男「いや、待ってるよ。委員会終わるまで」

幼「そっか、じゃあ遅くならないようにする」

男「うん。頑張って」

男「(行ってしまった、はぁ)」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:45:10 ID:DYwdk772

「ねぇ、男くん」

男「わひゃっ!!」

先「ごめんね、男くん。驚かせちゃったかな」

男「あ、先輩。いえいえ大丈夫です」

先「ねぇ、もし良かったら帰りましょ?」

男「あ、すみません。俺、幼待たなきゃなんで」

先「あら、幼さんは委員会なんて本当は無いわ」

男「え?どういうことですか?」

先「イケメンと幼さん付き合ってるのよ」

男「は?え?嘘ですよね」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:46:14 ID:DYwdk772

先「私、現実主義なのよね。二人は今頃は図書室かしらね」

男「......(図書室!?一体何を...)」

先「ちょっと見に行かない?」

男「いえ、いいです。今日は帰ります」

先「なら、私も帰るわ」

男「そうですか(嘘でしょ、待ってよ。そんなの...)」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:46:43 ID:DYwdk772

ーーー

先「それでね、そうなってーって男くん聞いてる?」

男「え?あ、す、すみません」

先「せっかく女の子と帰ってるのに他のこと考えるの?」

男「すみません、あ、俺ここ曲がるんで。それじゃ失礼します」

先「うん、じゃあね!また明日」

男「さよならー」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:47:07 ID:DYwdk772

ーーー


幼「あれ?男、いない。先に帰ったのかな。まったくあのバカ」

イケメン「幼さん今日」

幼「急いでるんで失礼します」

イケメン「.....俺って一体」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:47:47 ID:DYwdk772

ーーーー自室

ボスンっ!
男「(なんだよ、なんでだよ)」

男「(付き合ってるならなんで俺と一緒に帰るんだよ)」

男「(先輩にあんなこと言った俺がバカみたいじゃないか)」

男「(でも、先輩...嘘なんかつくわけないよな)」

男「(やっぱり、幼は.....)」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:49:24 ID:DYwdk772

ーーー翌朝

ピンポーん

男「はーい(朝早くに誰だろう)」

ガチャ

男「あ、幼」

幼「おはよ、昨日はどうしたの?」

男「待って、もう出るから」

幼「早くしてよね、私まで遅刻はいやだからね」

男「そんなに遅くならないよ!」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:50:14 ID:DYwdk772

ーー

男「ごめん、待たせた!さ、行こ」

幼「まったくホントにノロマね。私がいないとあんたは全然ダメなんだから」

男「ごめんごめん、あのさ」

幼「何?」

男「昨日は、ゴメンね」

幼「な、何がよ」

男「いや、イケメンくんとの時間を邪魔しちゃって」

幼「は?あんた何言ってー



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:50:51 ID:DYwdk772

先「男くん!おはよう!!」

男「あ、先輩。おはようございます」

先「幼さんもおはよう」

幼「おはようございます」

男「あ、さっきの続きだけど。もう俺に構わなくていいよ。幼も大変でしょ?」

幼「い、いや!そんなことは無いよっ!男どうしたの?」

男「うん、これ以上幼に迷惑かけるのも悪いから俺、1人で頑張ることにしたんだ!」

幼「いや、私は」

先「男くん、行きましょ!」

男「あ、ちょ、そんな引っ張らないで」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:51:19 ID:DYwdk772

幼「...(なによ。どういうことよ)」

イケメン「幼さーんっ!」

幼「....」

イケメン「華麗に無視.....!」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:52:25 ID:DYwdk772

ーーー昼休み


幼「男っ!ちょっと来なさい!」

男「お、おい!?」

屋上

幼「あんた、一体どうしたのよ!」

男「どうしたって、別に普通だけど...」

幼「明らかに普通じゃないでしょ!」

男「いや、何もないから。大丈夫だよ」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:53:35 ID:DYwdk772

幼「あんた、先輩に何かされたの?」

男「何かされたのはお前だろ!!」

幼「....!」 ビクッ!

男「なんで、なんで俺に構うんだよ!そんな態度されるから俺はずっと...
いや、お前は俺に構う必要なんてない!イケメンがいるのに俺なんかに構うなよ!俺が、惨めじゃないか....」

幼「ど、どうしたのよ。いきなり」

男「とにかく。俺は大丈夫だから。もう相手にしなくていいから。頼むからほっといてくれ」

幼「.....えっ」

男「じゃあね」

タタタタッがしゃん



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:54:54 ID:DYwdk772

...
...
...

幼「.....うっ、ううっ、うぇぐ、ひぐっ。なんで、なんでそんなこと言うのよ。ばかっ、ばか、ばかぁ」


ーー

男「(これで、これでいいんだ。これで幼も幸せだ)」



先「(ふふっ、だーいせいこーう♪)」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:55:31 ID:DYwdk772

ーー放課後

先「男くん!いっしょに帰ろ?」

男「あ、はい。いいですよ」

先「やたっ!どこか寄ってく?あ、用事あるならいいけど」

男「そんな、とんでもない。用事なんか...ないです」

先「うむ。ならハンバーガー屋にでも行きましょ!」

男「あ、はい...」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:56:08 ID:DYwdk772

男「(なんでだよ)」

男「(なんで今更、幼のことなんか考えてるんだよ)」

男「(幼は、幼はイケメンの彼女だぞ。俺なんかよりずっと...)」

先「男くんっ!!」

男「は、はいっ!!」

先「どうしたの?注文しないの?」

男「え、あぁ、ハンバーガーセットで」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:56:49 ID:DYwdk772

.....

先「どうかしたの?どこか具合でも悪い?」

男「あ、そんなんじゃないです。あはは、ダメですね俺。先輩に心配かけちゃって」

先「むぅ、ホントだよ。心配すぎて目が離せないんだから...」

男「え?」

先「男くんにそれだけ夢中ってこと!女の子に言わせないでよ...」

男「(あれ、先輩がなんか可愛く)」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:57:33 ID:DYwdk772

先「変なこと言わせたからポテトもらうっ!」

男「ああっ、ほとんどもってかれた」

先「ふふんだっ」

男「でも、お腹いっぱいだったので良かったです」

先「うっ、それじゃやりがいがないじゃないのよ」

男「そうですね、あはは」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:58:42 ID:DYwdk772


先「ところで、男くん」

男「何ですか?」

先「今日、これから暇かな?」

男「え?どうゆうことですか?」

先「むむ、鈍いな~そろそろテストも近いからうちで勉強しない?」

男「せ、先輩の家でですか?」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 21:59:31 ID:DYwdk772

先「嫌?」

男「い、いえ!そんな。いや、でもいいんですか?」

先「うん、親も今いないし。大丈夫」

男「親がいないなら尚更危ないじゃないですか!?」

先「じゃあ、行こうか」

男「えっ?行くんですか!?」

先「ほらーおいてくよ?」

男「ちょっ、待ってください!」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:00:17 ID:DYwdk772

ーーー

男「(どうしよう、結局断れずに家の近くまで来てしまったが)」

先「男くん、勉強道具はあるよね?」

男「は、ははははいいっ!!!もちろんです」

先「ど、どうしたの?」

男「いや、なんか、緊張しちゃって」

先「ふふっ、変なの」

男「す、すみません」

先「さ、着いたわ。じゃ、上がって」

男「は、はい...」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:01:09 ID:DYwdk772


幼「男っ!」



男「え、幼...?」

先「あら、幼さんどうかしたの?こんなところで、奇遇ね」

幼「そうですね。今日は先輩ではなく男に用があるので、すみません」

先「(なんで、来てんのよ!これからいいとこだってのに!)」

幼「さ、男帰るわよ!」

男「な、なんで。やだよ」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:02:16 ID:DYwdk772

幼「わざわざ先輩に勉強を教わらなくても私が教えてあげる!先輩の家より私の家の方が近いでしょ!」

男「それは、そうだけど」

先「ごめんなさい、勉強に誘ったのは私なの。それに男くんも快く承諾してくれたから私もやる気になっちゃって」

幼「そうですか、それであんたはどうするのよ?」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:03:00 ID:DYwdk772

男「先輩と勉強するよ...」

幼「そ、そう。そうよね!先輩の方が教え方上手そうだし、私より優しいし、面倒見も良さそうだし。当然よね!分かったわ、じゃあね、男!また明日ね!」

男「走って行っちゃった...」

先「きっと急いでたのよ。でも、あのまま幼さんと勉強したらイケメンくんも居たかもね。ふふっ♪」

先「(そうよね、言えないわよね。ツンとした態度が全部男くんへの愛情、だなんてね。ふふふっ。それも全部裏目みたいだけど♪)」

男「そ、そうですよね。ははは...」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:03:44 ID:DYwdk772

ーーー

幼「ばかばかばかばか!もう、なんでよ!なんで、どうして、私は、私はっ、ただ、あいつの事が好きなだけなのにっ!ばかっ、ばかぁ...」

ーーー

ーー先輩宅

男「えと、お邪魔しまーす...」

先「どうぞ、上がって。あ、リビングと私の部屋どっちがいい?」

男「全力でリビングでお願いします」

先「あら、遠慮してるの?可愛い」

男「......いや、そんな」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:04:16 ID:DYwdk772

先「ソファにでも腰掛けてて。お茶持ってくるから」

男「あ、そんなお構いなく」

先「いいのいいの!私が誘ったんだから」

男「すみません、ありがとうございます」

先「(薬でも使って既成事実作ってっていうのもアリだけど、そんな卑怯なことはしたくないしな~ここはとりあえず籠絡で行きましょ)」

男「(幼、淋しそうだったな。今からでも、帰って、謝って。いやいや、イケメンがいるのにそんなことは出来ない。そうだ、これで良かったんだ。迷惑かけるだけの俺なんて...)」

先「男くん、勉強しましょ?」

男「はい、そうしましょう!」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:04:45 ID:DYwdk772

勉強とは無縁の俺なので内容は省略。


男「あ、できました。なんだ、こういうことか。簡単だな~」

先「でしょ、やり方さえ分かれば数学なんて簡単なの」

男「そんな、先輩の教え方が上手だからですよ」

先「えへへ、照れるな」

男「(さっきから先輩近すぎて顔とか髪のいい匂いとか胸とか太ももとかめちゃくちゃヤバイんですけどっ!)」

先「男くん?どうかした?顔、赤いけど」

男「なんでもないです!決して!絶対!世界中の大統領、首相にかけて!」

先「そ、そこまで宣言するんだ...」

男「はいっ!!!」

先「じゃあ、勉強再開っ!」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:07:18 ID:DYwdk772

.........


先「とりあえずこれくらいでいいかな?」

男「ふぅ~。先輩のおかげで、すんごいはかどりました!」

先「それならよかった!」

男「それじゃ自分はそろそろお暇させてもらいます」

先「...待って」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:08:10 ID:DYwdk772

男「せ、先輩?」

先「行かないで…」

男「いや、でも」

先「今日、親いないから...その、一緒に......ダメ、かな...?」

男「いや、そんな。ダメですって」

先「なんで?男くん、私のこと嫌い?」

男「そういうんじゃなくて」

先「じゃあ、ね、抱いて...」

男「俺......先輩っ!!」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:12:24 ID:DYwdk772

先「きゃっ、ダメっ!私の部屋で...ね?」

...


先「いいよ、男くんの好きなようにして」

男「先輩...俺、できません」

先「えっ?」

男「帰ります」

先「なんで!?どうして!?」



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:12:48 ID:DYwdk772

男「先輩は、男のことを知らなさ過ぎです。俺だって一応男です。こんなに軽々しく先輩を傷付けたくないんです」

先「私は!気にしないから...」

男「先輩が気にしなくても俺が気にします。それに、どうしても幼のことを諦めることができないんです」

先「なんでよ、なんで」

男「先輩、失礼します。勉強、とっても楽しかったです。またいつかお願いします」

ガチャン



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:13:17 ID:DYwdk772

先「もう少しだったのに......男くん、私はダメなの。そんなにあの子がいいの。私は、私はっ!......」


ーーー

幼「おとこぉ、男ぉ...寂しいよ、ヤダよ。私、1人になっちゃうよ......なんで、私のこと嫌いになったの...もとから嫌いだったの......うぇぐ、ひぅっ......素直に、なれば...いっ、いいのかな...私がもっと素直に...できっこないよ...嫌われてるのに...うわぁあんっ」

ーーー

男「やっぱり、言おう。イケメンがいたっていい。言わないで終わるより俺は......絶対に思いを伝えるんだ」



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:15:48 ID:DYwdk772

翌日ーー

男「あれ、今日は幼が来ない」

男「おかしいなあ、いつもならもう来るのに」

男「.........」

男「......おかしい。来ない。幼の家に行ってみよう」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:16:07 ID:DYwdk772

ピンポーん


男「あ、おはようございます。幼いますか?」

幼父「男くんか、おはよう。あの子ならちょっと前に出て行ったよ?一緒じゃないのかい?」

男「あれ、そうでしたか。ちょっと入れ違いになったかもしれないです。すみません、失礼します」

幼父「そうかい?悪いね来てもらったのに。気を付けてね」

男「はい!失礼します」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:17:34 ID:DYwdk772

...

男「(おかしい、普段ならもっと早い。それにうちの前にもいない。)

男「(どゆことだ?)」

男「(うーむ、いや、まさか!イケメンと......いやいや)」

男「(って!前にいるじゃないか!)」

男「幼ー?」

幼「わ、わひゃっ!!お、おととととこ!!」

男「俺の名前に同じ文字はそんなに無いけど...」



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:18:00 ID:DYwdk772

幼「び、びっくりしただけ!私急ぐから!じゃっ!」

男「待ってよ」

ギュッ

幼「な、なに人の手掴んでるのよ!じゃなくて!なんで止めるのよ!」

男「なんか、避けてない?」



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:19:05 ID:DYwdk772

幼「避けてない!べ、別に先輩さんと仲いいのを気にしてなんかないし。それに!私、あんたを構っちゃだめなんでしょ?」

男「そのこと、なんだけど...ごめん。あの時、俺、どうかしてた。それでさ、もし良かったら今日、一緒に帰らないか?」

幼「べ、別にいいけど...!」

男「良かった、じゃ、話はそこでするよ」

幼「うん......」



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:19:38 ID:DYwdk772

男「あのさ」

幼「何よ...」

男「手、握ったままでいいの?」

幼「は、はははぁっ!?別に握ってなんか、ただ、寒いからカイロの代わりに握ってただけだから!」

男「ぷっ、あはは。そういえば、急いでるんじゃないの?」

幼「あ、ああっ!そう、そうだった急いでる予定だった!じゃ、じゃあねっ!!」

男「(やっぱり、俺は幼のことが好きだ)」



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:20:10 ID:DYwdk772

ジーーーーーッ

先「............」


コロしてもイイかな?


先「今日しかない」



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:21:24 ID:DYwdk772

ーーー放課後

男「幼ー帰ろー」

幼「そうね、男と帰るとあっという間に夜だからね。早めに帰らなきゃ」

男「そんなに遅くないって!」



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:21:51 ID:DYwdk772

イケメン「幼さーん!今日、委員会があるんだけど!」

男「(あ、イケメン...やっぱ、幼は...)」

幼「今日、ちょっと体調悪いから先に帰ってもいいかしら?明日、内容聞かせてもらうから」

イケメン「分かった、先生にも伝えとくよ。お大事にね」

幼「ゴメンね、それじゃ、お願いします」



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:22:32 ID:DYwdk772

男「............」

幼「なにボーッとしてるの?」

男「へ?あ、いや、二人って付き合ってるんだよね?」

幼「はあっ!?バッカじゃないの?そんな訳ないじゃない!普通に委員会よ!」

男「いや、でも、先輩が...」



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:24:07 ID:DYwdk772

幼「はぁ、あの人ね。それ嘘ね。そもそも私があんなのと付き合うわけないでしょ!ただでさえアンタの面倒みなきゃなのに、他のお、男なんか構えるわけ、ないじゃない...!」

男「そっか、なら良かった。うん」

幼「なんで安心してるのよ?」

男「いや、ちょっとしたこっちの話」

幼「ふーん...どうせいやらしいことでしょ」

男「う、うーん。ま、そうかもしれないけど......」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:24:41 ID:DYwdk772

幼「うわー最低...あ、私ちょっと、その...」

男「どうしたの?モジモジして?」

幼「うぅ、鈍感!...お手洗いだから、その、先に行ってて...」

男「ああ、ゴメン。じゃ、校門のところで待ってるよ」

幼「前みたいに、私を置いて帰らないでね...?」

男「もちろん」



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:26:12 ID:DYwdk772

ーーー

男「(やっとちゃんと話せるよ。これで告白できる。イケメンとも付き合ってないみたいだし!やった!!!)」

先「男くん......」

男「うわあっ!って、先輩。こんにちは」

先「あのさ、ちょっと来てくれない」

男「え、いや、俺、幼待ってるんで」

先「大丈夫、手間はとらないから。ね?」

男「(断られて変に思われるのも嫌だし)分かりました」

先「うん!」



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:26:44 ID:DYwdk772


ーー旧校舎裏

男「あのーどこまで」

先「いいよ、ここで」

男「それで先輩、ご用件とは?」

先「ねぇ、男くんは私の事...どう思ってるの?」

男「それは、普通に大切な先輩だと思ってます」

先「私とは付き合えない?」

男「.....すみません」



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:27:16 ID:DYwdk772

先「そう、そんなにあの子が大事なのね」

男「はい。今日、想いを告げようと思ってます」

先「そう、ならー」

男「せんぱーーーーんっ」

先「んっ、ちゅ、んんんっ」

男「は、はぁ、せせせせ先輩っ!」

先「これで、私は満足かな」

男「な、何してるんですか!!」



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:27:59 ID:DYwdk772

先「キス。あれ、あんなとこに幼ちゃんが.....」

男「......っ!!」

幼「......ばか」

男「幼っ!!!!」


先「行っちゃった...えへへ、キスしちゃった」



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:28:35 ID:DYwdk772

男「幼っ!待って!」

幼「何」

男「今のは違うんだ!先輩が」

幼「言い訳なんて聞きたくない。ていうかなんで言い訳するの?する必要なんてないでしょっ!あんたは先輩がすきなんでしょ!ならそれでいいじゃない。はやく先輩のとこに行けば?」

男「いやだから!俺は!」

幼「聞きたくない。あんたなんて大っ嫌いっ!!」

タタタッ!

男「俺は、ただ、幼のことが好きなのに...なんで、どうして」



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:29:38 ID:DYwdk772

ーー

幼「なんで、なんでキスなんかしてるのよっ!ばかぁ、今日は告白できるかななんて...思わなきゃよかった...ばか、ばか、大嫌いも言わなきゃよかった。大好きって言えばよかった......
もっと素直に、大好きって言いたい。あの女より、誰よりも、男に言いたいよ......男、おとこぉ.....大好きなの...」

ーー

男「幼、家にいるかな」

男「いや、でも」

男「だめだ、言わなきゃ」

男「やっぱ明日、伝えよう」



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:33:24 ID:DYwdk772

ーーー翌日
今日は休日ってことにしとく


男「言おう、よし」

ぴんぽーん



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:33:51 ID:DYwdk772

幼「はーい、って男っ!」

男「ちょっと出て来てもらえるかな」

幼「う、うん」

男「ごめん」

ガチャ

幼「それで、なに?」



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:37:12 ID:DYwdk772

「幼、ホントにごめん。俺さ、幼のことずっと好きだったのに上手く言えなくてそれに、先輩とキスまでしちゃって、今日、どんな顔していいかわかんなくて、それで」

幼「それで、なによ...?」

男「俺は幼が好きだ」

幼「......か..」

男「え...?」

幼「ばか、ばかっ!ばかあっ!もっと早くいいなさいよばかっ!私は!私はずっと好きだったのに!男がなんか先輩と仲良くするし、いちゃいちゃするし私はずっと淋しかったんだからね......」



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:38:04 ID:DYwdk772

男「嫌いじゃ、ないの?」

幼「そんなわけないでしょ!大好きに決まってるでしょ!」

男「き、決まってるんだ」

幼「あと、ゴメンね。んと、キツイ態度ばっかりで」

男「そんな幼も俺は好きだから」

幼「う...ば、ばか...///」

男「うん、可愛い」



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:38:28 ID:DYwdk772

幼「た、楽しんでない?」

男「ちょっと...」

幼「う、うぅ...」

男「ホント可愛い」

幼「ね、ねぇ、あのさ。言葉だけじゃヤダから形でも表して...」

男「今、おじさんいる?」

幼「ううん、出掛けてる」

男「幼の部屋でもいいかな?」

幼「うん、いいよ...♪」



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:39:20 ID:DYwdk772

こっから先はちょっとアレなシーンに入ります。嫌いな人は見ないほうが良いです



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:41:40 ID:DYwdk772

ーーー

男「久しぶりに入ったな~幼の部屋」

幼「これからは毎日来るかもね♪」

男「ソレハどういうイミで?」

幼「さーね~?」

男「幼もそういうこと言うんだな」

幼「男だけに決まってるでしょ!」



71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:42:37 ID:DYwdk772

男「う、ありがとう...」

幼「で、その、しないの?」

男「座っていい?」

幼「いいよ。ベットでいい?」

男「うん」



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:43:06 ID:DYwdk772

幼「えと...」

男「......」

幼「......」

男「......幼」

幼「ひゃいっ!!」

男「ど、どうしたの?」

幼「ビックリしただけ、いいよ続けて」



73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:43:54 ID:DYwdk772

男「俺さ、全然ダメダメで幼とずっと一緒にいて幼に支えてもらった。でも、それじゃいけないと思うんだ。幼を支えられるように頑張って一緒に歩いて行きたい。幼、好きだ。もし、俺で良かったら付き合ってください」

幼「ふふっ、ばーか。当然でしょ。私以外の女と付き合ったら許さないからね。べ、別にしっかりしなくてもいいわよ。私はそんな男も大好きだから」

男「幼...」



74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:44:20 ID:DYwdk772

幼「.........んっ、ちゅ、ん...はむ...ん」

男「......はぁっ...キスって苦しいね」

幼「そう、かな。私は好きだな」

男「幼、もう一回いい?」

幼「うん...」



75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:45:03 ID:DYwdk772

.........


幼「ふふっ、いっぱいキスしちゃった」

男「なんか、照れ臭いね」

幼「いや?」

男「まさか。最高だよ」

幼「えへへ...あのさ...」

男「ん?」

幼「男のズボン......」



76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:45:42 ID:DYwdk772

男「あ、いや、これは、その...生理現象であってですね、その、えと......」

幼「ふふっ、ちゅーしたら起きちゃった?」

男「言い返す言葉がございません」

幼「じゃ、ちょっと...」



77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:46:14 ID:DYwdk772

男「お、幼?なんでズボンをおろしてってちょっ!!」

幼「昔見た時よりおっきい......」

男「成長したから...かな」

幼「ところでさ」

男「ん?」

幼「これ、どうすればいい?」



78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:46:52 ID:DYwdk772

男「その、手と口で、してくれないかな?」

幼「う、なんか、顔がえっち...で、どうやるの?」

男「ごめん、えと、舐めたり上下にしごいてもらえれば...」

幼「うん、じゃあ、するよ?」

男「うん、お願い」



79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:47:21 ID:DYwdk772

...

......

.........

男「ごめん、もう無理っ!」

.....

幼「ひゃっ!これが、男の......なんか変なにおいする。それにいっぱい...」

男「ごめん!か、顔にかけちゃった。これで拭いて」

幼「ん?いいよ。舐めちゃうから」

男「いや、それって」



80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:47:50 ID:DYwdk772

幼「ん、んちゅ...はぁ...ぺろっ、ん、ちゅ...」

男「なんかめちゃくちゃえろいぞ」

幼「男の変な味...」

男「無理しなくてもいいのに...」

幼「いいの、男のなら。あ、先っぽから垂れてる」

男「あ、ちょっと待っ!」



81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:48:23 ID:DYwdk772

男「ぐぁっ!それ、ああっ!」

幼「ちゅぽ...ん、ふふふん、どうだった?」

男「いや、すごく良かったけど...おかげさまで自己主張を始めたんだけど」

幼「なら、あのさ...して?」

男「それって、その......いいの?」



82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:48:58 ID:DYwdk772

幼「いいよ。私は......男となら。したい。もう1人でするのヤダよ...」

男「ひ、ひとり!?」

幼「うん......男のこと考えて...」

男「それは、えと...」

幼「あ、また大きくなった」

男「やっぱり、やめよ?」

幼「.........えっ?」

男「これ以上はできない」



83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:49:28 ID:DYwdk772

幼「私のことやっぱり嫌い...なの?」

男「違う!そういうんじゃないんだ。ただ、責任がとれないんだ」

幼「せきにん?」

男「うん、もしもこれで......赤ちゃんができたら責任とれないよ」

幼「私じゃダメなの...?」

男「ダメじゃない!俺だってしたい。幼とそういうこと...でもさ、せめて避妊具付けてやらない?」

幼「あるよー」

男「あるんかいっ!!」



84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:49:51 ID:DYwdk772

幼「男、わがままだよ...私は生でしてもらいたいけど...」

男「幼のこと考えたらそんなのできないよ......大切な彼女だし」

幼「男が言うなら、いいよ。じゃ、付けるね?」

男「うん、お願い」

幼「男のおっきぃね。入るかな?」

男「善処します」

幼「えへへ、ここのトコだよ。ここに男の入れて?」

男「うん......あ」



85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:50:32 ID:DYwdk772

幼「どしたの?」

男「初めては濡らした方がいいって聞いた」

幼「そう、なの?」

男「うん。だからちょっとごめんね」

幼「うん」



86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:50:51 ID:DYwdk772

クチュリ、ヌチュ

幼「ひゃっ!んんっ!」

男「ご、ごめん!」

幼「大丈夫だよ...私、濡れてるみたい」

男「うん。そうだね、これなら大丈夫かな?」

幼「私は大丈夫だから、来て?」

男「うん、いくよ」



87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:51:11 ID:DYwdk772

幼「あっ!んんっ!おとこがぁ、はいって!ひゃんっ!」

男「大丈夫?痛くない?(め、めちゃくちゃ可愛い)」

幼「思ったより、痛くないからあっ!んあぅ!はっ、はぁ...うごいて、いい、よ?」

男「分かった、じゃ、ゆっくり動くよ」

幼「うん、来てえっ!」



88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:51:40 ID:DYwdk772

...
......
.........

幼「んっ男っ、そこはっああ!」

男「幼の中がすごいっ!」

幼「あ……男の、おちんちん、おくまで」

男「ごめん、かなり突いてる!」

幼「うん……す、すごい、あつくて、それで」



89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:52:05 ID:DYwdk772

男「それで?」

幼「いいのっ!男の気持ちいいの!」

男「俺もだよ...!」

幼「はっ!やんっ、あああっいいの!はああぁんっ!なんか来るよ、来ちゃうよ!」

男「俺も!そろそろ限界...っ!」



90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:52:44 ID:DYwdk772

幼「男!男!しゅき、しゅき!だいしゅきっ!んっんっああっ!」

男「俺もだよ!幼が大好きだ!」

幼「きて、きてぇっ!男っ!んっんっあっあっああああっ!やっ、やあああああっ!!らめえええええっ!」

男「ぐっ...!幼あっ!」

幼「は、はぁはぁ男、しゅごいよぉ...」

男「幼のなか、最高だった...」



91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:54:48 ID:DYwdk772

幼「男......」

男「ん?どうしたの?」

幼「きす、して?」

男「うん......んっ」

幼「ちゅ、ん、はむ、んぅ......えへへ...男、だいすきっ!」

男「俺も幼が大好きだよ」

幼「ずっと一緒だからねっ!」

男「こんな俺でよければ、喜んで!」



92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/08(火) 22:56:31 ID:DYwdk772




とりあえずこれで終了です。
初投稿の駄文だと思いますが、読んでくださってありがとうございました。
後日談などは希望があればそのうち書きます。



97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/09(水) 20:52:37 ID:PXD72ySk




101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/17(日) 20:32:21 ID:VS2JsVIY

乙!展開早かったけど長さはちょうどよかったよ






他のおすすめSS