転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1380973693/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 20:48:13 ID:dEf7zxyc


ジャン「は?」


クリスタ「余は貴様を愛ず。暫し控えよ」


ジャン「いやちょっと待て……何?」


クリスタ「グリンデルヴァルトに代りて、余の愛馬となるがよい。馬面の者よ」


ジャン「だから何言ってるか解んねぇよ!普通に喋れよ!」


クリスタ「何故我が恩赦を拒まんとす? 寿げ!馬面の者よ」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 20:49:26 ID:dEf7zxyc



ジャン「言葉の4割位しか拾えないんだが……」


クリスタ「余はロリババァ。当然ぞ」


ジャン「ロリババァってのはなぁ!古風なエセ広島弁を喋るもんなんだよ!」


クリスタ「それは真であるか?馬面の者よ」


ジャン「そうだ!!まことだマコト!」


クリスタ「むぅ……余は古風過ぎ、であったか」


ジャン「解ったら普通に喋ってくれ!頼む!」


クリスタ「うむ……」


ジャン「……」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 20:50:16 ID:dEf7zxyc



クリスタ「だが、耳朶を忘らば事もなし……」


クリスタ「馬面の者よ。元より余は貴様に傾聴を求めぬ」


ジャン「は?」


ユミル「普通に喋ってやれよ全く……」


ジャン「通訳さん!!!」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 20:51:20 ID:dEf7zxyc


ユミル「ここからはクリリンガルは必要ねぇぞ」


ジャン「なにそれこわい」


クリスタ「何ぞそれは……余は其を欲す」


ジャン「何て?」


ユミル「何それ欲しいってよ」


ジャン「何それもこわい」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 20:52:21 ID:dEf7zxyc



クリスタ「そばかすの者よ……何処へなりと消えよ」


クリスタ「余はこれにおる馬面の者と――」


ユミル「あんだと?」


クリスタ「……」


クリスタ「うむ……許す。貴様も余に侍るがよい」


ジャン「何て?」


ユミル「本当はお前と一対一で話したかったけど、私も居ていいとよ」


ジャン「お前が居ねぇと何話していいのかわかんねぇよ……」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 20:54:16 ID:dEf7zxyc



クリスタ「では馬面の者よ……余は今一度、言問わん……真に欲する所を曝けよ」


ジャン「何て?」


ユミル「今からもう一回質問するから本当の事答えてねって」


ジャン「うぁ、解った……」


クリスタ「余の四肢となり、地を駆ける覚悟はあるか?」


ジャン「いや……」


クリスタ「むぅっ……!」


ジャン「なる!なるから!」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 20:59:20 ID:dEf7zxyc



クリスタ「よいよい!なれば馬面の者よ。我が愛馬グリンデルヴァルトを超えて見せよ」


ジャン「よく解らんが、やってやるよ」


ユミル「よく言った!」


クリスタ「……我が愛馬。ヨツンヴァインとなるがよい」


ジャン「こうか?」


クリスタ「うむ……」


ユミル「うわっ、跨りやがった」


クリスタ「ふむ……心地よい……」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:01:56 ID:dEf7zxyc



ジャン「……」


ユミル「女王様ってやつか」


クリスタ「余は神様にあらず。余は姫にあらず」


クリスタ「余はクリスタ=レンズ也」


ジャン「クリスタさん?じゃあそろそろ許してくれませんか……?」


クリスタ「………よく頑張ったねジャン」ナデナデ


ジャン「!?」


ユミル「……」


ジャン「……」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:04:57 ID:dEf7zxyc



クリスタ「ごめんね。言ってたこと解らなかったよね」


ジャン「本当だぞ……」


クリスタ「ジャンが困ってるの見たら楽しくなってきちゃって……」


ユミル「お前は本当にいじめ甲斐があるからな……」


ジャン「おい」


クリスタ「何?」


ジャン「まず降りろ」


クリスタ「あっ」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:09:27 ID:dEf7zxyc



ユミル「そういえばそうだったな。自然すぎて忘れてたわ」


クリスタ「ごめんごめん……すぐ降りるから……」


アルミン「ジャン、ちょっと頼みごとが……」


クリスタ「あっ」


ジャン「あっ」


アルミン「………………………」


ユミル「ぷはっ」


ジャン「アルミン……これは違うんだ……」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:15:55 ID:dEf7zxyc



アルミン「……………」


ユミル「ぷふっ!ふふははは」


アルミン「解ってるよ。ユミルの見ている前でそんなプレイをするはずがないってこと位」


クリスタ「プレっ……」


ジャン「……つーかさっさと降りろよ……!」


クリスタ「ごめんごめん……」


ユミル「これがライナーだったら勘違いして更に面白かったんだが」


アルミン「面白くないよ!心臓に悪いんだから!」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:19:55 ID:dEf7zxyc



クリスタ「おかっぱの者よ………余が貴様を、我が眼界に敢えて映じる理もなし」


クリスタ「消えよ」


アルミン「酷いよクリスタ!僕には解らないと思って!」


ジャン「ちょっと待てアルミン」


アルミン「……どうしたの?」


ジャン「お前解るのか?」


アルミン「うん」


ジャン「この場でクリスタの言ってることが解らねぇのは俺だけか」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:21:35 ID:dEf7zxyc



アルミン「……そうなるね」


ユミル「そうだな」


ジャン「何か俺だけバカみてぇじゃねぇか」


ユミル「ぷはっ」


クリスタ「そんな事ないよ!」


アルミン「仕方ないよ」


ジャン「止めろ!優しさが悲しいんだよ……」


ユミル「黙れ駄馬が」


ジャン「」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:23:34 ID:dEf7zxyc



クリスタ「口を慎まぬか!」


ユミル「はぁ……」


ユミル「たまにめんどくせぇんだよなぁこいつ……」


ジャン「そろそろ口調戻してくれよ……」


クリスタ「わかった」


ジャン「えっ」


アルミン「愛馬の言う事は聞いちゃうんだね……」


ユミル「その代わり馬は主人に絶対服従だがな」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:26:19 ID:dEf7zxyc



ジャン「そうなのか」


クリスタ「……? どうしてそうじゃないと思ったの?」


ジャン「……」


ユミル「あーこりゃダメだな」


アルミン「お気の毒だねジャン」


ジャン「ふざけてねぇで助けろ」


ユミル「……クリスタのお守りはしばらく任せた」


アルミン「ジャンは犠牲になったのだ……」


ジャン「なってねぇ!なってねぇぞ!」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:29:16 ID:dEf7zxyc


ユミル「じゃあな」


アルミン「ごゆっくり」


ジャン「おい待って!行くな!助けて!」


クリスタ「助けてなんて酷いなぁ……ねえ?」


ジャン「いや……あの、ククク、クリスタ……」


クリスタ「馬がどうして立ってるの?部屋の隅で這い蹲ってないとダメでしょ?」


ジャン「えっ!?……は、はっ!」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:32:28 ID:dEf7zxyc



クリスタ「そうそう」


ジャン「うぐっ……」


ライナー「クリスタに首の間を跨いでもらえるなんて……」


ジャン「……苦しいんだが」


クリスタ「どこが?」


ジャン「首が……絞ってるんだが、心当たりはあるか?」


クリスタ「そう?ごめんねジャン」


ジャン「とか言いながら絞まってるんですけどおおお!」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:34:28 ID:dEf7zxyc



クリスタ「暴れないで。あなたは暴れ馬なの?」


ジャン「暴れ馬でも何でもいいから!死ぬ!!」


クリスタ「全くしょうがない子だなぁ……後で躾けてあげないと、ね」


ジャン「止めろ!!シャレになってねぇよ!!」







ベルトルト「ライナー、エロいね……」


ライナー「だが羨ましすぎる……」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:36:56 ID:dEf7zxyc



ジャン「あの……」


クリスタ「何?」


ジャン「重い」


クリスタ「……」ギリギリギリ


ジャン「かはっ……クリ……スタ……」


クリスタ「馬が私に重い?訂正するなら今だよ?」


ジャン「……解りました!全て俺のせいです!クリスタ様は重くありません!」


クリスタ「うん」ナデナデ



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:44:52 ID:dEf7zxyc


ジャン「……」


クリスタ「ふふ……ジャン。顔真っ赤だよ?」


ジャン「どう考えても首絞められたからだろ……」


クリスタ「かわいいねジャン」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:45:24 ID:dEf7zxyc



ジャン「………………」


ジャン「ありがとうございます」


クリスタ「………」






アニ「調教完了だね」


ベルトルト「アニが何でいるんだよ!?」


ライナー「静かにしろ!」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:52:05 ID:dEf7zxyc


クリスタ「そのまま歩いてみて」


ジャン「えっ?」


クリスタ「いいから言う通りにして」


ジャン「こ、こうか……?」ペタペタ


クリスタ「うんうん。そうそう……」



 ※参考画像

 http://imgur.com/wMY8RXE



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:53:48 ID:dEf7zxyc


アニ「もはや跨ってないじゃないか……」


サシャ「全く、15歳にもなってお馬さんごっこですか?」


ライナー「ちがっ……うぁないのか?」


ベルトルト「さあ……?」


ライナー「……」


ライナー「……にしても腰がエロいな」


ベルトルト「ジャンの?」


ライナー「……」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:54:56 ID:dEf7zxyc



クリスタ「え?そろそろ限界?いいよ……好きにしても」


ジャン「もう本当……手首が……」グラッ


クリスタ「あっ!?」


ジャン「いってぇ……」


クリスタ「いたた……」





※参考画像  http://i.imgur.com/uubuQB2.jpg



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:56:17 ID:dEf7zxyc



ジャン「クリスタ……大丈夫か?怪我とか……無いか?」


クリスタ「うん。大丈夫だから……あっ」


ジャン「どうした?」


クリスタ「な、何でもないよー」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:56:57 ID:dEf7zxyc


アニ「うわ……」


ライナー「クソッ!クソッ!!」


ベルトルト「本当にエロいなぁ……」


サシャ「倒れちゃいましたね」


コニー「へぇ、お馬さんごっこってやつか?懐かしー……」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 21:59:57 ID:dEf7zxyc


クリスタ「好きにしてもいいよとは言ったけど……」


ジャン「悪い……我慢し切れなかった」


クリスタ「……別にいいよ。私だって本当は解ってたもん」


ジャン「解ってて止めてくれなかったのかよ……意地悪だな……」


クリスタ「だから言ったでしょ?私はジャンにだけは意地悪出来るの」


クリスタ「……楽しいからね」


ジャン「……」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 22:37:18 ID:dEf7zxyc


ベルトルト「何だろう、台詞がすごくエロい」


ライナー「目を閉じてみろ。完全に事後だぞ」


アニ「うるさいよ」


サシャ「ジゴ?」


コニー「何だそれ」


エレン「ん~? あいつら何やってんだ?」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 22:39:11 ID:dEf7zxyc



サシャ「エレン!しーっ!」


アニ「帰った方がいいよ!」


エレン「じゃあお前は何で帰らねぇんだよ」


アニ「それは……」


ベルトルト「……」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 22:47:26 ID:dEf7zxyc


ジャン「そろそろ帰りたいんだが……」


クリスタ「ダメ。今日は返さないよ」


ジャン「えっ」


クリスタ「馬は主人に従わないと、ね」


ジャン「……」


クリスタ「じゃあまず何してもらおうかな……」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 22:50:59 ID:dEf7zxyc



ジャン「ちょ……」


クリスタ「ジャンは何がしたい?」


ジャン「クリスタ……帰宅が……したいです……」


クリスタ「ダメ。帰さないって言ったよね?」


ジャン「……」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 22:52:55 ID:dEf7zxyc



クリスタ「じゃあスキンシップから始めよ?」


ジャン「俺達ってそんな初歩から始めないといけないのか」


クリスタ「馬と人間だもん」


ジャン「……」


クリスタ「よーしよし、かわいいなージャンは」ナデナデ


ジャン「何だよこれ……ほんと……何これ……」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 22:54:55 ID:dEf7zxyc


ライナー「うらやまっ!うらっ!うらやましい……!!」


ベルトルト「ライナー、気持ち悪いよ」


アニ「うわ」


エレン「本当に気持ち悪いよ……何考えてんだよお前……」


ライナー「……………」


ミカサ「皆。悪いけど邪魔」


サシャ「すみません……」


コニー「すぐ退くからな……お前らもだぞ!」


ミカサ「ん……?」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 22:56:51 ID:dEf7zxyc



クリスタ「へぇ~、ここってこんなにジョリジョリしてるんだね」


ジャン「そんなとこ触るな」


クリスタ「でもこっちは犬みたいにフワフワだね。ほらほら」


ジャン「だから……」


クリスタ「馬なのに」


ジャン「……言うと思った」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 22:58:17 ID:dEf7zxyc



クリスタ「私のも触ってみる?」


ジャン「要らん」


クリスタ「うりゃ~」ファサファサ


ジャン「バカ!カユいって!」


クリスタ「それだけ?」


ジャン「何だ?」


クリスタ「気持ちいいとか無いの?」


ジャン「ねぇよ!!」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 22:59:23 ID:dEf7zxyc


ベルトルト「気持ちいいとかここの毛はフワフワだとか私のも触ってみる?とか……」


ライナー「うるさいぞベルトルト!」


アニ「はぁ……」


ミカサ「とても卑猥」


エレン「ひわい?」


マルコ「卑猥だね……」


コニー「そうだな」


サシャ「ですね~」


エレン「………?」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 23:00:14 ID:dEf7zxyc



ユミル「おい」


アルミン「何してるの?皆して!」


ジャン「誰か居るのかー!?助けてくれー!」


クリスタ「ダメ!今は開けちゃダメだから!」


ユミル「うるせえよ!」


アルミン「あっ」



※参考画像 

http://i.imgur.com/FGaSMHJ.jpg



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 23:01:33 ID:dEf7zxyc



ジャン「さっさと助けやが……」


ユミル「……」


アルミン「……」


クリスタ「あの……えっと……」


アルミン「はぁ……」


ジャン「よし!やっと帰れr」


ユミル「死んでろ」


ジャン「」




   完



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 23:11:21 ID:SrYN3Tgs

おつです!
やっぱり短いのは読みやすい



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/08(火) 19:26:09 ID:d02EWaUg

おまけ編



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/08(火) 21:13:34 ID:d02EWaUg


クリスタ「私と契約して愛馬になってよ!」


クリスタ「可愛がってあげるから待ってて」


クリスタ「グリンデルヴァルトに代って、私の愛馬になってください。馬面さん」


クリスタ「何でそんなこと言うの?喜んでよ馬面さん!」


クリスタ「私はロリババァだからね。当然だよ!」



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/08(火) 21:15:15 ID:d02EWaUg



クリスタ「本当なの?馬面さん」


クリスタ「う~ん……私は古風過ぎたって事かぁ……」


クリスタ「む~……」


クリスタ「でも耳が聞こえなければ問題ないよね?」


クリスタ「そもそも私は馬面さんに聞いて欲しいわけじゃないの」


クリスタ「おかっぱさん……あなたをあえて私の視界に入れる必要もないよね」





ジャン「こんな事言ってたんだな」



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/08(火) 21:16:13 ID:d02EWaUg



ユミル「何か訳すとかわいいな。訳すと酷い事言ってるのもあるが」


ジャン「だな。若干あざといのは気になるが」


ユミル「私好みに意訳しただけだ」


ジャン「えっ……」



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/09(水) 18:20:33 ID:kzOS10jQ

ここから本編(だったはずのおまけ)



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/09(水) 18:21:12 ID:kzOS10jQ


クリスタ「隈が出来ておるぞ。」


ジャン「おう!実は文語勉強してきたんだ」


クリスタ「善かろう……褒美を使わす」


ジャン「え?」


クリスタ「今一度言う。余は貴様を愛ず」ナデナデ


ジャン「……………」


クリスタ「愛い。やれ愛いのお……」ナデナデ


ジャン「ありがたき幸せ……」



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/09(水) 18:22:53 ID:kzOS10jQ



クリスタ「うむ。では下がれ」


ジャン「何だこれ……戦国ごっこかよ……」


サシャ「あの~?二人とも何してるんですか?」


ジャン「別に何もしてねぇぞ」


クリスタ「馬鈴薯にぞ餓える者……か。殆、貴様の魂魄は解せぬ」


サシャ「へ……?」


ジャン「お前姫モードのときは結構口悪くなるよな」



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/09(水) 18:24:04 ID:kzOS10jQ


サシャ「解るんですか?」


ジャン「勉強したからな」


サシャ「へぇ~、私ならそこまで出来ないですよ」


ジャン「まあな」


ユミル「我が姫の耳朶に囁き掛けし奴僕の吐息……」


サシャ「え?何ですかユミル?」


ジャン「きめぇこと言ってんじゃねぇよ」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/09(水) 18:25:23 ID:kzOS10jQ



クリスタ「そばかすよ。余を鎧し功、大義也」


ユミル「ありがたき幸せ。姫」


サシャ「話についていけません……」


ジャン「大丈夫だ。俺も意味は解るが話は解ってないからな」


クリスタ「ではそばかすよ。下がるがよい……貴様らも散げ」


ジャン「……とりあえずどっか行くぞ」


サシャ「頭痛くなってきました……」



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/09(水) 18:26:31 ID:kzOS10jQ



ベルトルト「おのれ悪魔の末裔め!拙者が成敗してくれる!」


ライナー「拙者、助太刀いたす」


マルコ「呵々、哂わせおるわ三下侍共がッ!」


コニー「へっへっへ!先生、やっちまってくだせぇ!」


ミカサ「あい解った」


ベルトルト「ひぃっ!?」


ライナー「ぶぶぶ武士たるもの、とっ、とと取り乱すでないわ!」


アニ「情けない……」



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/09(水) 18:27:27 ID:kzOS10jQ



ミカサ「跪き……首を舞わせろ。女狐め」


アニ「……狂気の徒よ、斬られて吠えろ」


ライナー「アニの中二病が悪化した……」


ジャン「何だアレ」


サシャ「さあ……?」


エレン「拙者の愛刀、風切翅翼を受けてみよッ!!」


アルミン「その程度の技、拙者には効かぬッ!」



 104期では中二病が流行った



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/09(水) 19:29:14 ID:kzOS10jQ


クリスタ「稚尾を揺り、拝謁するか我が愛馬」


ジャン「そう無理に五七五にしなくても……」


クリスタ「いざ麾かん……参れ」


ジャン「へいへい、行きますとも」


クリスタ「愛い愛い。これを愛ずして何とせん……」ナデナデ


ジャン「これ褒められてるよな……?」


クリスタ「悉皆、我が愛馬を奪する事能わじ」


ユミル「いらねーよ」



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/09(水) 19:34:38 ID:kzOS10jQ


ジャン「ちょっと嬉しいぞ……」


クリスタ「寿げ。余の寵愛を受けし馬。愛馬よ」


ユミル「まあ一番愛されてるのは私だがな」


クリスタ「と……当然よ」


ユミル「どうだ?悔しいか?」


ジャン「………」


クリスタ「むっ……!余の握りし絆、断ち切るは貴様か」


ユミル「心配すんなって……そんなつもりはねぇ」


クリスタ「ならば良い」



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/11(金) 21:29:17 ID:2OlW/Rz6



ユミル「……っておい!そう言いながら跨ってんじゃねぇよ!」


クリスタ「不服か?」


ジャン「不服だ……」


ユミル「不服に決まってんだろ!」


クリスタ「……で、あるか」ビシビシ


ジャン「ひ、ひひーん……」


ユミル「……」



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/11(金) 21:30:28 ID:2OlW/Rz6


ジャン「どうだ……?羨ましいか?」


ユミル「いや……あのな」


ユミル「私はお前がかわいそうになって来たぞ……」


クリスタ「何故ぞ」


ユミル「いや……だってお前」


ジャン「いいんだよもう……これでいいんだ……」



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/11(金) 21:37:16 ID:2OlW/Rz6

ユミル「……」


クリスタ「よしよし。偉いよー」ナデナデ


ジャン「……」


ユミル「お前ってやつは……」


ジャン「これが俺の決めた道だ。もう迷いはねぇ」


ユミル「そうか……ジャン」


ジャン「何だ?」


ユミル「お前……胸張って生きろよ」


      完



75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/12(土) 15:21:09 ID:L3T92P5Y

乙であった



76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/12(土) 23:06:48 ID:iUDG5dRQ

なんか不憫なジャンにニヤニヤした
乙でありました






他のおすすめSS