転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1360660197/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/12(火) 18:09:57 ID:L2gCqIZk



魔王「まあまあそんな物騒なこといいなさんな」


勇者「黙れ!貴様に発言権を与えた覚えはない」


魔王「ふふふ、粋が良いのは嫌いじゃないけどねぇ」

勇者「黙れと言っている!」チャキ



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/12(火) 18:12:04 ID:L2gCqIZk



魔王「ほう、聖剣か。面白いものを持っている」


勇者「当たり前だろ!?俺はお前を殺すため準備をしてきたんだ!聖剣ぐらい持っている」


魔王「準備、ね。なぜ?」


勇者「はあ?」


魔王「なぜ私を殺す?」


勇者「そんなの決まっている!俺が勇者だからだ!」

魔王「では君がほんとは勇者じゃなかったとしたら?」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/12(火) 18:15:49 ID:L2gCqIZk


勇者「何が言いたい」

魔王「可能性の話だよ。もし君が勇者でなく戦士だったら。私を殺すのかい?」


勇者「あ、あたりまえだ!」

魔王「ふふふ、その場合の理由も聞いておこうか」


勇者「それは、その」


魔王「弱いな」


勇者「なにっ!?」


魔王「その程度の意志では私は倒せないよ」


勇者「ふざけるなっ!!」

ガキン

魔王「ふふふ」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/12(火) 18:17:31 ID:L2gCqIZk



勇者「なんでだ」


魔王「くく」


勇者「なぜ、切り裂けない!?」


魔王「君が勇者じゃないから?」


勇者「そんなことは!」ブンッ


ガキン


魔王「ある、でしょ?」


勇者「クッ…」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/12(火) 18:19:34 ID:L2gCqIZk



勇者「だが、俺が勇者じゃないなんてありえない!現に俺は聖剣を託宣を受けている」

魔王「あーあー、哀れだねぇ。神に踊らされてるんだよ」


勇者「なにを」


魔王「君は勇者じゃない。神は君を騙している」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/12(火) 18:21:38 ID:L2gCqIZk



勇者「そんな……ハズは……」


魔王(もろいな。これではダメだ)


勇者「く……」


魔王(神よ、なにを考えてこのものを私に?くっ、あのクソジジイが!



勇者「なあ」

魔王「なんだい?坊や」


勇者「俺はお前をころす」ブンッ



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/12(火) 18:28:54 ID:L2gCqIZk


ガキン

魔王「倒せないよ、おまえではね」

勇者「しらない」

魔王「なに?」

勇者「俺は勇者じゃなくても構わない、おまえを殺すただそれだの存在でも!!!」

魔王「ほう」

勇者「おらァァァァァァ!!!!」ブンッ!

魔王(純粋だな。純粋な暴力、しかし)

ガキン

勇者「ちっ、らぁぁぁ!!」ブンッ

ガキン

魔王(まだまだぜんぜん)

勇者「だぁっ!!」ブンッ

ガキン

魔王「私にはとどかぬよ」スッ



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/12(火) 18:31:36 ID:L2gCqIZk



「勇者さまぁぁぁぁ」


勇者「うっ」


「勇者ざまぁぁぁ!!!」


勇者「うっ……あ、れ?」


戦士「勇者さま!」ニパァ

勇者「ここはどこだ?たしか俺は魔王と戦っててそして魔王が俺に手をかざしてきて……」


戦士「うわあ」


勇者「ん?」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/12(火) 18:42:44 ID:Nsfw9HHc


戦士「勇者さま崖から落ちたんです
よ?そんな魔王さまのところになんか、まだ行ってません」


勇者「はあ?なにを言ってるんだおまえは?、あれ?というかきみは……」


戦士「えぇ~!この可憐な美少女をお忘れですか!?私ですよ私!戦士ちゃん!でっかい斧とミスマッチな華奢な体の戦士ちゃん!」


勇者「うぅ、すまない。記憶が……」


戦士「記憶喪失ー!!!!そんなぁ……」ウルウル

勇者「すまない」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/12(火) 18:45:11 ID:Nsfw9HHc



勇者「それにしても」


戦士「なんですかぁ?思い出しました!展開はやっ!笑っちゃいますね」


勇者「いや……」


勇者(おかしいな)


戦士「んっ?じゃあなんですか~」


勇者(そもそも俺は一人旅をしていたのに……なぜ)


戦士「あ、そうだ!とりあえずみなさんにこのこと伝えてきますね」

勇者「えっ、みなさん?」

戦士「はいっ!じゃっ」バタバタ



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/12(火) 18:56:43 ID:Nsfw9HHc


勇者「どういうことなんだ……」

勇者(神が俺を騙している……俺は勇者じゃない、そんなことは)


剣士「おおーっ、勇者殿!目覚めましたか」


勇者「……きみは?」


剣士「やや、戦死殿の言っていることは本当だったようだ。私は剣士ですよ!鋼の剣士」


勇者「そ、そうか。すまない」


剣士「いえいえ。あの崖はなかなかの高さでしたからな、多少の記憶の混濁は仕方ありませんよ」

勇者「ああ」


勇者「ああ」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/13(水) 01:59:45 ID:CnYNyHlM



剣士「しかしさすがですな、勇者殿!あんな高い崖から真っ逆さまに落ちて死なないなんて」


勇者「いや俺は」


剣士「やや!謙遜なされるな勇者殿。その鋼の如き堅さ私も見習いたいと思います」


勇者(ばかにされてる?)


「勇者くぅーん!あーん」


勇者「こんどは?」


「うふふ、賢者さんよーん」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/13(水) 02:01:48 ID:CnYNyHlM



勇者「そうか、君が賢者」


賢者「うふふ、相変わらずいやらしい目でわたしをみるのね」


勇者「なっ」


戦士「賢者さん!そんな目で勇者さまは見てないです!」


賢者「ふふ、子供にはわからないのよん」

戦士「ぶーっ!」


勇者「」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/13(水) 02:05:08 ID:CnYNyHlM



勇者(これが俺の仲間たち?)


剣士「ははは、賢者殿をいやらしい目でみてるのは私だけだと思っておりましたよ」


賢者「あらら」


戦士「もうっ!剣士さんまで何を言い出すんですかっ!」


勇者(戦士に剣士、そして賢者……これなら)


勇者「みんな」


戦士「はい?」


勇者「魔王を殺しに行くぞ」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/13(水) 02:07:35 ID:CnYNyHlM



賢者「えっ」


勇者「俺達ならやれる!一人では無理だったがお前らと一緒なら」


戦士「……」


勇者「お前らと旅した記憶はないが……なんとなく!直感ってやつでこれなら魔王を殺せる、殺せるんだ」

剣士「……勇者殿」


勇者「なんだ?」


剣士「それは出来ない相談ってやつですよ」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/13(水) 02:09:54 ID:CnYNyHlM


勇者「は?」


戦士「そうですね」


勇者「なんでだよ?俺達は魔王を殺すためパーティーを組んでるんだろ?」

賢者「勇者くん」


勇者「何だよ」

賢者「お姉さんのこと好き?」


勇者「は?」


賢者「ねぇ、答えて」


戦士「ちょっと、賢者さんは黙っててください!」

賢者「あーん」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/13(水) 02:13:39 ID:CnYNyHlM



勇者「なんで魔王を殺せないんだよ!」


剣士「理由がないからです」


勇者「理由なら……ある!魔王は害悪だ、俺の村を国を滅ぼした」


戦士「確かに、確かにそうなんでしょう。しかし」


勇者「なんだよ!憎しみ……憎しみ?」

勇者(あれ?俺はなにをいって……)


剣士「勇者殿、魔王さまは我々に降伏したのです」


勇者「は?」


剣士「ゆえに魔王さまを倒す理由などないのです」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/13(水) 02:17:59 ID:CnYNyHlM



勇者「そんな……」


戦士「勇者一行と呼ばれた者達が、無反抗の魔王さまを殺す。そんなことできないじゃないですか」


勇者「いや、ありえない!あの魔王が、そんな」


賢者「たしかにねぇ。勇者くんにとって魔王ちゃんは絶対的な敵であんでしょうけどねぇ、生理的にも受け付けないでしょうし。けど、そんな無抵抗な人をなぶりごろしにしちゃったらねぇ……それこそ私たちが魔王ちゃん、みたいな」


戦士「それほぼ私言ってましたよ」 


賢者「あーん」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/13(水) 02:23:33 ID:juF/jBi2


勇者「ちょっと、まて!戦士、おまえさっき俺たちは魔王のとこにまだ行ってないっていってたよな!?」


戦士「はい、言いましたよ」


勇者「だったら、なぜ魔王が降伏したってわかるんだ?」

戦士「連絡があったからです。私たちがちょうど聖剣を手にした時ぐらいに」


勇者「はあ?」


剣士「なんでも王都にいきなり魔王殿が現れて降伏したそうな」


勇者「なんだよそれ」


勇者「めちゃくちゃじゃねえか!」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/13(水) 02:26:31 ID:juF/jBi2



賢者「ふふ。そうねめちゃくちゃね」


勇者「ちっ、なんなんだよ」


賢者「けど賢明な判断よ。魔王ちゃんボロボロの体で現れたって言うし」


戦士「らしいですね。詳しくは知りませんが 」


勇者「どういうことだ?魔王をあの魔王をどうこう出来るやつが俺以外にいたっていうのか!?」


剣士「まあ事実そうなってるそうですからな。なんとも言えませんよ」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/13(水) 02:31:24 ID:pawGeYwU



賢者「あーん、私お腹減ったぁ。グルルル」

勇者「だれだ?だれなんだ……」


戦士「勇者さま?とりあえず落ち着きましょう」


勇者「くっ、ああ」


勇者「ああ」


賢者「ねえ、お腹減ったわよ。グルルル」

戦士「さっきからなんなんです?そのグルルルって」


賢者「お腹が鳴ってるのよ」


剣士「ふははは!いやらしいですな」


戦士「どこが!」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/13(水) 12:54:19 ID:bTBgO4Oo



勇者「そうだ」


剣士「どうかされましたかな?」


勇者「魔王に会いに行こう。理由を聞きに」


剣士「」


勇者「で、魔王はどこにいるんだ?」


戦士「多分ですけど王都の牢獄ですかね」


勇者「よし!では行くぞ!」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 00:48:48 ID:X2RfdcGM



賢者「勇者ちゃん、行くのはいいんだけど一つ問題があるのよん」


勇者「なに?」


賢者「実はね、王都は今特別警戒区域に指定されてるの」


勇者「そんなの関係ないだろ、俺たちは勇者パーティーだぞ?」

戦士「そうなんですが……」


剣士「そういうわけにはいかないんですなあ」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 00:52:09 ID:X2RfdcGM



勇者「なんでだよ?」


賢者「うふふ。わからないの?」


勇者「なんでだよ!?」


戦士「魔王さまがいるからです」


勇者「意味がわからないぞ!!」


賢者「あーん、勇者ちゃん怒らないの」

勇者「意味がわからないだろ!魔王がいるからってなんで俺が王都に入れないんだ!」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 00:59:03 ID:G5zldOmE


賢者「勇者ちゃんだけじゃないわよー、みんな入れないのよぉ」

勇者「わかってる!」

賢者「あーん」

勇者「……というかおまえら怪しいとは思わないのか?」


剣士「なにがですかな?」


勇者「魔王が降伏したことといい王都が急に特別警戒区域になったり」

戦士「それは……たしかに」

勇者「だいたい特別警戒区域ってなんなんだ?毒ガスでもまかれたのか?スパイでも見つかったのか!?」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 01:03:03 ID:G5zldOmE



戦士「しかし、今現在王都には入れません。確かめようがないんですよ?」


勇者「確かにな。けど、もしかしたらこれは魔王の作戦かもしんないんだぞ?」


剣士「降伏したと見せかけてというやつですかな?」


勇者「ああ」


戦士「けど、けどですよ?魔王さまは強い……そんなことをする必要があるのでしょうか?」

勇者「まあ、な」

戦士「でしょ!?」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 01:07:38 ID:ClgRDNLU



勇者「たしかに魔王はつよいさ。ああ、魔王らしく最強そのものだった……けどな?」


勇者「あいつはどこか俺らを試してる節があった。だったら」


賢者「ふふ、面白いわね」


勇者「だろ」

戦士「賢者さん?」

賢者「私は勇者ちゃんにのるわ。魔王が私たちを騙している可能性、それを信じる」


戦士「なにをいってるんですか!もしそれが事実だとしたら良いですけど間違っていたら私たちは反逆者になってしまうんですよ?」

勇者「それもそれでいいさ」

戦士「えっ?」

勇者「魔王の降伏を許す国なんて間違ってるからな!そんな国俺がぶっ潰す」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 13:34:42 ID:4LFi0Xl6


戦士「勇者さま……」


勇者「いい。もともと一人旅だったんだ……おまえらがついてこなくても別にな」


賢者「あーん、私はついていくわよぉ。勇者ちゃん魔王くんみたいだしぃ」


勇者「は?俺とあいつを一緒にするなよ」

賢者「うふふ、勇者より魔王らしいのよ」

勇者「黙れ」


賢者「あーん」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 13:38:27 ID:4LFi0Xl6



剣士「私もついていきますぞ」

勇者「ありがとう」


剣士「礼には及びませぬよ。元よりこの身勇者殿に捧ぐつもりですので」

勇者「……戦士、おまえはどうする?」


戦士「私は……」


賢者「うふふ」


戦士「わかりません」

勇者「そうか」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 13:42:24 ID:4LFi0Xl6



勇者「では行くぞおまえら」


賢者「はーい」

剣士「了解です」


戦士「あっ」


勇者「なんだ?」

戦士「私は、私にはなにもありません……失うものなんてなにもないんです」


勇者「だから?」

戦士「戦います」

勇者「ああ」

戦士「まだ反逆者になるとは決まってないですしね!」

勇者「ああ」ニヤリ

戦士「え」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 17:20:17 ID:iGzdvX7E



「ふははは!話は聞かせてもらったぞ!」


勇者「なんだ?」

戦士「あ、そういえば……」


「俺樣のことは忘れてないよなぁ!?勇者っ!!」


勇者「いやしらないが」


「」

賢者「薄いもんねぇ、あなた」

剣士「まあしょうがないですな」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 18:04:09 ID:qYwRJxsc



「まあいい!俺樣もその話乗らせてもらうぞ」


勇者「いやだからおまえだれだよ」


「ふははは!俺樣こそおまえの永遠のライバル!闇勇者さまとはおれのことだ!!!」


勇者「行こうぜ」

賢者「はーい」

タッタッタ


闇勇者「くくくっ、俺樣は!そんなことではぁっ!!動じぬぞ!!」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 18:06:48 ID:qYwRJxsc



闇勇者「おーい、まってー」


剣士「勇者殿、してどのように潜入するのですかな?」

勇者「ふん、決まってるだろ」


剣士「やや、よからぬ雰囲気」

勇者「勇者らしく正面突破だ!」


闇勇者「それは、無謀、というものだぞ……勇者」ゼェゼェ

勇者「黙れ」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 18:10:48 ID:qYwRJxsc


闇勇者「黙れって!ヒドくない!?」


勇者「うるさい」


闇勇者「」シュン

戦士「け、けど!闇勇者さまの言ってることも最もですよ?」


勇者「確かにな。だが俺は勇者だ!回りくどいやり方は好きじゃない」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 18:14:18 ID:qYwRJxsc



闇勇者「勇気と無謀は違うぞ!勇者!!」


勇者「はっ!無謀を勇気に変えるのが勇者なんだよ」


闇勇者「くっ」


剣士「ふふ、さすが勇者殿。私が見込んだ男」


戦士「」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 18:18:04 ID:qYwRJxsc



闇勇者「いや~あれからしばらく歩いたなぁ!なあ賢者」


賢者「そうねぇ。あら?闇勇者はもうおねむなのぉ?」


闇勇者「ちげえよ!俺樣はおまえらを心配して休みをもらおうかなってな」


賢者「うふふ。素直ねぇ」


闇勇者「す、素直じゃねぇ!」


賢者「って言ってるけど勇者ちゃんどうするの?」


勇者「そうだな。少し休もう」


賢者「うふふ。よかったわね闇勇者」

闇勇者「おお!ありがてぇ!」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 18:24:00 ID:qYwRJxsc


賢者「うわ」

闇勇者「ん?」


賢者「なんでもないわ」

戦士(賢者さんが素になった!?)


勇者「俺はちょっとそこらへんをみてくる」


闇勇者「なんだ?しょんべんか?」


勇者「ガキかおまえは」


闇勇者「んじゃうんこか?」ゲラゲラ


勇者「いってくる」

賢者「いってらぁ」



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 18:26:21 ID:qYwRJxsc

闇勇者「うんうん、あいつうんこだな」ゲラゲラ


戦士「みなさん」


賢者「はあい?あら、どうしたのそんな怖い顔しちゃって」

戦士「ほんとうにいいんですか?」


剣士「なにがですかな?」

戦士「王都に潜入してですよ」

闇勇者「俺は別に構わないぜ」


戦士「……」


闇勇者「なんだよ?」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 18:30:24 ID:qYwRJxsc


剣士「私は先ほども言った通り勇者殿にこの身を捧げていますからな。当然構いませんよ」


賢者「おなじくー。特に理由はないけどねぇー、やることないし」


戦士「賢者さん……」

賢者「うふふ……長く生きてるとね?」

戦士「私はまだ正直言って迷ってます」

賢者「なんでぇ?この中で一番べったりだったの戦士ちゃんじゃない」



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 18:34:01 ID:qYwRJxsc


戦士「上手くは言えないんですがなんていうか今の勇者さまは勇者さまじゃない気がするんです」


賢者「そう?」


剣士「……」


戦士「昔の、崖から落ちる前の勇者さまはもっと優しい感じの勇者さまでした……けど今はギラギラしてるというか、時折見せる笑顔がなにか違う気がして」


剣士「……たしかに」

賢者「そうかしら?勇者ちゃんかっこよくなったと思うわ」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 18:38:23 ID:qYwRJxsc


戦士「そういうこと言ってるんじゃありません!」


賢者「ふふ。わかってるわよ。あなたの言いたいことは」


戦士「むう」

賢者「けどね、あの勇者ちゃんが勇者ちゃんでなかったとしても、私たちは魔王を倒すっていう意志だけは捨てちゃいけないのよ」


戦士「それは」


賢者「だから私は今の勇者ちゃんについていくわ。理由がどうであれ、ね」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/14(木) 18:43:32 ID:hyylP3tw



勇者「俺は確かに魔王と戦っていた」


勇者「聖剣だってあるし託宣の印だってある」


勇者「なのになぜだ?」


勇者「なんなんだ?この現実は……」


勇者「俺に仲間なんていなかったはずだ」

勇者「なのにあいつらは……」


勇者「魔王の手先?それともこの現実全てが魔王の魔法かなにかなのか?」


勇者「わからない……」



勇者「わからない」



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/15(金) 01:23:07 ID:zZR2oMZk



ー王都ー


勇者「ついたな」


賢者「やっぱり正面からは難しくなあい?兵士ちゃんいるわよ」


勇者「知るか。俺は魔王に会わなくちゃいけないんだ」


賢者「そーう」


勇者「いくぞ」




兵士「すいません、旅の方。今現在王都は特別警戒中でしてこの中には入れません」



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/15(金) 01:25:29 ID:zZR2oMZk



勇者「俺は勇者だ。印もある」


兵士「……たしかに。その胸にある十字の痣は勇者の証と聞いたことがあります」


勇者「なら通せ」


兵士「出来ません。王からたとえ勇者さまであっても通すな、とお達しが」


勇者「そうか」チャキ

戦士「なっ!?」

勇者「どけ」ザンッ



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/15(金) 01:27:49 ID:zZR2oMZk



兵士「グッ」バタッ


戦士「勇者さま!」

兵士B「き、貴様ァッ!」

勇者「だまれ」ザンッ


兵士B「ぐぬぅっ……」バタッ


勇者「いくぞ」


戦士「勇者さま!?あなたなにをしたのかわかってるんですか!?」

勇者「黙れわめくな。雑魚が寄ってくる」

戦士「勇者さま……」



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/15(金) 01:30:34 ID:zZR2oMZk



闇勇者「勇者!」

勇者「チッ、なんだよ?」


闇勇者「越えちゃいけないライン……考えろよ」


勇者「うるせえ」タッタッタッ


闇勇者「あ」

賢者「賽は投げられた……ってやつね」

剣士「勇者殿を追いましょう。見失ってしまいます」


賢者「はーい」タッタッタッ


闇勇者「……俺樣もいかないと。まずくね?」

戦士「……」



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/15(金) 12:42:04 ID:MSW1duRY



兵士C「む?あれは」


勇者「」タッタッタッ

兵士C「し、侵入者だぁぁ!!!」


勇者「賢者、弾幕はれ」


賢者「え~」

勇者「はやく」


賢者「わかったわよん。ま、もしかしたらこいつら実は魔物かもしれないしねー。ふぁいやー」

ゴォォォ


兵士「ぐああああっ!!」


剣士「おう!さすが賢者殿の火炎魔法!エロいですなぁ」

賢者「いやーん、ほめないでー」



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/15(金) 12:44:26 ID:MSW1duRY



戦士「これ……は」


闇勇者「この魔粒子は賢者のやつだな」


戦士「そんな、賢者さままで」

闇勇者「彼奴は元々何考えてるかわからねえやつだったじゃねえか」


戦士「でも、それでも!」


兵士D「見つけたぞー」


闇勇者「戦士!逃げるぞ」


戦士「くっ、はい!」タッタッタッ



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/15(金) 17:31:50 ID:PCiYbiu.

やっちまったな勇者



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/15(金) 18:42:31 ID:inCjDxHw


剣士「して!勇者殿ぉー!」


勇者「なんだ?あまり大きな声を出すな」

剣士「だって走りながらですとしょうがないですぞー!」


勇者「まあいい!なんだ?」


剣士「どちらに向かわれるので!?」

勇者「王のところに決まっている!!」


剣士「御意っ!」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/15(金) 18:47:39 ID:inCjDxHw



兵士長「来たか」


勇者「止まれおまえら」


賢者「はーい」


兵士長「勇者殿なぜなのですか?」

勇者「は?」


兵士長「なぜこのような蛮行を」

勇者「俺はただ魔王にあいにきただけだ。それなのに貴様等が特別警戒だのと俺の歩みを止めようしたからな」


兵士長「……何故魔王に会いに?」


勇者「わざわざ聞くか?」



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/15(金) 18:51:35 ID:inCjDxHw


兵士長「くっ……」


勇者「ふふ」

兵士長「なぜですか!?魔王は降伏したのですよ!!」


勇者「知ったことか!俺は魔王を殺すため生まれた!人はその存在意義を満たすため生きる!!ならば 」


剣士「」
賢者「」

勇者「俺はあいつを殺す、それが道理だろ?」



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/15(金) 18:58:15 ID:inCjDxHw



賢者「……」
剣士「……」

兵士長「……狂ってる」

勇者「なんとでも言え。貴様等路傍の小石などになにを言われようが構わない」

兵士長「くっ、あなたはそれでも勇者か!?人々を導くのも勇者ではないのか!?」

勇者「はっ!魔王を殺したあと、いくらでも導いてやるよ」

兵士長「くっ……このものは!!賢者殿!剣士殿!良いのですか?このような者に従っていて!」

剣士「」
賢者「」

勇者「……いいぜ」

勇者「元々一人旅だったんだ、おまえらまとめて殺してやるよ」

兵士長「な、なんという……」



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/15(金) 19:04:30 ID:inCjDxHw


勇者「ふん、どうするんだ?おまえら」

剣士「言わずもがな」

賢者「ついていくわよ。だってあなた」

兵士長「皆様方!?」

賢者「魔王そのものだもの」

勇者「は?」

賢者「クク……」

兵士長「く、くっ!!」チャキ

勇者「沈めよ、雑魚」ザンッ

兵士長「ぐはっ!」

兵士長「くっ、まだだ!まだ私は」

勇者「はっ、剣士、やれ」

剣士「御意」

兵士長「なっ、け、剣士殿!?」

剣士「ふふ」ザンッ



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/16(土) 00:13:21 ID:TfoUJuCc



~玉座の間~


勇者「やっぱりな」


王「……」


勇者「見つけたぜ、魔王」


剣士「」
賢者「」


王「な、なにを……?」


勇者「お前を……殺す」ザンッ



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/16(土) 00:15:38 ID:TfoUJuCc



王は殺された
それと同時、どこかの牢獄から笑い声が響いたという……







それから……







戦士「魔王、あなたは!!」


魔王「なにゆえ俺の前に現れた」


勇者「決まっています!私が勇者だからです」



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/16(土) 00:21:15 ID:TfoUJuCc



魔王「ほう」


勇者「私に十字の痣が刻まれた時から決まったことですからね……」


魔王「クク……そうか、これが」


勇者「魔王覚悟しなさい……貴方を殺す!」





~fin~



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/17(日) 01:53:29 ID:OTltU/k2



なかなか面白かったよ



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/17(日) 11:28:00 ID:CsPF1w6U

乙!






他のおすすめSS