転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1361952580/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/27(水) 17:09:40 ID:PJq9cjaU

12月25日

枕返し「なんでも今日は異国の祭りの日らしいな」

枕返し「まあ俺には関係ないか、さっそく仕事にとりかかるか……」

枕返し「うーん、あの家でいいかな」

民家

枕返し「怖い妖怪さんがお邪魔しますよっと」

枕返し「えーっと寝室、寝室……」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/27(水) 17:14:16 ID:PJq9cjaU

寝室

枕返し「そろーりそろーりっと」

少女「zzz」

枕返し「よしよし、良い子に寝ているね、それじゃあそのまま永眠しちゃおうか……」ムンズッ

枕返し「うん?何だコレ?靴下?何で枕元に?」

枕返し「まあいいや、それじゃあ……」

ガチャリッ

サンタ「メリークリスマスッ!」

枕返し「!?」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/27(水) 17:20:33 ID:PJq9cjaU

サンタ「オー!貴方ハ誰デスカァ?何デ可愛イ子供ノ枕ナンテ掴ンデルンデスカァ?」

枕返し「……」

サンタ「ロリコンさんデスカァ?アンハァ?」

枕返し「…とりあえず逃げる!」

サンタ「オー!待ッテ下サーイ!」ガシッ

枕返し「ぐぇ!?」

サンタ「ワァオ!ヨク見ルト貴方モンスタージャナイデスカァ!!サテハ悪イ事シヨウトシテマシタネ?」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/27(水) 17:35:11 ID:PJq9cjaU

枕返し「放せ!クソジジイッ!!」

サンタ「ソンナ事言ウ悪イ子ニハオ仕置キデース!」

枕返し「なんだソレ?えっ?石炭?ちょっ、口に詰め……」



サンタ「枕ヲ返ス?ソンナコトシテルンデスカァ?」

枕返し「そうッス、俺なんて存在価値のない下級妖怪ッス……だからそろそろ解放してくれないッスかね?」

サンタ「ウーン……」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/27(水) 17:50:22 ID:PJq9cjaU

サンタ「ソウダ!枕返サレタラドウナルカ気ニナルンデ、私デ試シテミテ下サイ!」

枕返し「! ええ、いいッスよ」

サンタ「ソレジャア持ッテ来テイタmy枕デ寝マース、オヤスミナサーイ」

枕返し(勝った……!)



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/27(水) 17:53:57 ID:PJq9cjaU




枕返し「枕返し完了、これでお前は一生悪夢の世界から出られない」

枕返し「……さて、場所を変えてまた一仕事…」

サンタ「オハヨーゴザイマース!!」

枕返し「!?!?」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/27(水) 17:59:20 ID:PJq9cjaU

サンタ「話シハ聞カセテ貰イマーシタ」

枕返し「何故だ!?何故死なない!?」

サンタ「……理由は色々あるが今夜の儂を殺すことは死神でもできんよ…」

枕返し「アンタ一体何者だ……?」

サンタ「ホッホッ…一夜限定の世界中の子供たちのヒーローじゃよ」

枕返し「……そうか」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/27(水) 18:09:35 ID:PJq9cjaU

枕返し「さて…悪者を煮るなり焼くなり好きにしな、ヒーローさんよ」

サンタ「……今夜をもって今までの君は死んだ、これからは善に生きなさい」

枕返し「残念だけど…俺たち妖怪は使命を失ったら消えちまうんだ……」

サンタ「ならば新しい使命を儂がプレゼントしよう」

サンタ「そうだな、君は…………」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/27(水) 18:26:23 ID:PJq9cjaU

12月25日

夢魔「フヒッ…フヒヒヒヒッ……」

少女「zzz」

夢魔「ハァハァ……いただぁきまーすッ!」

???「待てよロリコン野郎」グイッ

夢魔「フヒィイ!?何者だ!?」

???「俺かい?俺は人々に安眠を提供する正義の妖怪兼聖夜のヒーローさんた・くろぅすが一番弟子……」グッ

枕直し「枕直しだ!」バキッ

夢魔「フヒィ!?」

枕直し「めりぃくりすます」








他のおすすめSS