転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1381414359/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:12:39 ID:VzcLfimk

ちひろ「って、二人しかいないじゃないですか」

P「だってこんな話題他に社長ぐらいしか出来ないし……」

ちひろ「いや、社長にもダメだと思うよ」

P「そうですかねぇ……」

ちひろ「まぁ仕事も一段落ついたしいいですよ」

P「じゃあ始めましょうか」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:13:32 ID:VzcLfimk

P「よくなんか言われるのが『腹パンかわいい』だとか『ウザかわいい』だとか」

ちひろ「ああ、そうですね」

P「でもなんか……違うんですよねぇ……何かが……」

ちひろ「それで講義室にまで来たんですか。無駄なことこの上ないですね」

P「そ、そんなに言わなくても……こんな会話してるの聞かれたくないし……」

ちひろ「まぁそうでしょうけど」

ちひろ「ウザかわいいって言っても、けっこう真面目でしょ?趣味なんてノートの清書ですよ」

P「そう!そこなんですよ!」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:14:11 ID:VzcLfimk

P「ていうか普段の何のノート清書してるんでしょうね。大学生じゃあるまいし」

ちひろ「ちょっと覗いてみます?」

P「ええ、そうしましょう」

ちひろ「ちょっとー!幸子ちゃん、普段清書してるノートあったら見せて欲しいって!」

幸子「はい?いいですよ?えーっと……もう清書してあるのを渡しておきますね」ヒョコッ

ちひろ「ありがとね。」

P「やった!やったぞ!」

ちひろ「なにLが死んだときの月の笑い方してるんですか。怖いです」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:15:15 ID:VzcLfimk

ちひろ「さーって、中身は……」 

P「……なんだ、ただの数学の問題か」 

ちひろ「……見てくださいプロデューサーさん」 

P「なんですか?」 

ちひろ「ほら、ここ……定理メモしてあるじゃないですか」 

P「そうですね」 

ちひろ「3ページ進んだ先のページにも同じ定理書いてあるんですよ」 

P「……フ゜ッ」 

ちひろ「し、しかも、さらに4ページ進んだ先にも書いてあります」 

P「……意外と覚えてないもんだな。同じこと三回書いてあるぞ幸子……」 

ちひろ「ここから考えるに、私は……幸子ちゃんには新たにドジっ子属性が追加されたと考えます」 

P「……なるほど。ホワイトボードに書いておこう」キュッキュッ



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:16:26 ID:VzcLfimk

ちひろ「ていうか思ったんですけど、なんで既存の可愛らしさを認めようとしないんですか?」 

P「いや、なんか、もっと他にあるだろ!みたいな」 

ちひろ「ああ、なるほど。ファンの皆さんにはわかりませんよ」 

P「そうかなぁ……にじみ出るはずだよ。なんか、幸子の可愛さの汁みたいなのが」 

ちひろ「気持ち悪い表現ですね……」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:18:15 ID:VzcLfimk

P「続けましょうか。他のノートはどうです?」 

ちひろ「……あれ?このノートなんですか?」 

P「科目のノートじゃないんですか?」 

ちひろ「いや、ラベルとかないんです」 

P「……見ていい?」 

ちひろ「チラっとだけ見ましょう」 

P「せーの……」チラッ 

ちひろ「……ん?なにこれ」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:19:22 ID:VzcLfimk

ちひろ「びっしり文字が書かれてますね…」 

P「……ん?遊園地についてのことみたいだな」 

『今日行った遊園地の評価はいまいちだった。観覧車の無い遊園地など論外です』 
『さらに、屋台のソフトクリームもプロデューサーさんの好きな味がなかった。』 
『この遊園地には誘わないことにしよう』 

ちひろ「……これは、デートの下見のレポートでしょうか」 

P「幸子……すまん。よく遊園地のパンフ落とすなと思ったら……」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:20:36 ID:VzcLfimk

幸子「すいません!!一冊だけラベルのないノートがあったと思うんですけど!!」カ゛ラッ 

ちひろ「こ、これのこと?」 

幸子「そ、そうです!……見てないですか?」 

ちひろ「見てないわよ?ね?」 

P「う、うん。見てない」 

幸子「なんだ、良かった……」スタスタ 

ちひろ「………」ク゛ッ 
P「……」ク゛ッ



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:21:30 ID:VzcLfimk

P「さて、後日改めて遊園地に誘おうと思います。あのノートはコピーしておいたので」 

ちひろ「おいこら」 

P「まぁ、改めて見るとドジっ子属性はあるようですね。赤線引いておきます」 

ちひろ「よっしゃ」 

P「他に何か幸子の可愛さについて気付いた人は?」 

ちひろ「はい!」 

P「お、まだありますか」 

ちひろ「はい。よく幸子ちゃんって『ボクはカワイイですから!』って言うじゃないですか」 

P「はいはいはい。」 

ちひろ「それで『かわいい』と言ってあげたら、何か起こるんじゃないかと」 

P「なるほど、早速実証しましょう」 

ちひろ「はい」カ゛タッ



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:22:16 ID:VzcLfimk

P「おい、幸子」 

幸子「はい?なんですか?」 

P「お前可愛いよな」 

幸子「!!」カ゛タッ 

P「うわ、なんだよ」 

幸子「もう、もう一回言ってください……」 

P「……幸子、可愛いな」 

幸子「……ちょ、ちょっと暑いですねー!ボクは涼みにいってきます!」タ゛タ゛タ゛ 

P「……今の室温20度だぞ、幸子」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:23:37 ID:VzcLfimk

ちひろ「………」 

P「どうしました、顔真っ赤ですよ」 

ちひろ「新しい幸子ちゃんの可愛さを発見しました」 

P「ほう、なんですか」 

ちひろ「ちゃんと遊園地のことを調べているのにアプローチできない、そのウブさ!」 

P「……あ、なるほど!だったらさっきの逃亡も合点がいく!」 

ちひろ「ていうか今気付いたんですか」 

P「ごめん本当に暑いのかと思って」 

ちひろ「アホですか!あなたアホですか!」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:24:26 ID:VzcLfimk


P「これも赤線引いておこう」 

ちひろ「プロデューサーさんは何かないんですか?」 

P「あ?俺?」 

ちひろ「そもそもプロデューサーさんが言い出したことなんですから、何か一つはあるでしょう」 

P「もちろん。俺だって発見しましたよ。」 

ちひろ「なんですか?」 

P「………あいつ、勝負下着持ってます」 

ちひろ「……は?」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:25:32 ID:VzcLfimk

P「ほら、765プロと共演するライブあったじゃないですか」 

ちひろ「ああ、年末の……」 

P「あの時……いつもの下着じゃなかったです……」 

ちひろ「いくつか質問いいですか?」 

P「いいですよ。なんでもどうぞ」 

ちひろ「なんで下着のこと知ってるんですか?」 

P「そりゃちひろさん、見てるからに決まってるじゃないですか」 

ちひろ「……ん?いやわかりません」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:26:25 ID:VzcLfimk

P「仕事で楽屋に来るでしょ?」 

ちひろ「はい」 

P「それで衣装が来るでしょ?」 

ちひろ「はい」 

P「着替えるでしょ?」 

ちひろ「はい」 

P「見えるじゃないですか」 

ちひろ「はい……はい?」 

ちひろ「えっと、つまりアレですか。プロデューサーさんの前で着替えてるってことですか」 

P「いや、俺はいつも後ろ向かされるんですけど、チラっと見えるんですよ。」 

ちひろ「……ウブどころじゃなかった。とんでもないアビールしてた」 

P「いつもはブラとか着けていなくて、真っ白なタンクトップみたいなの着てるんですよ。」 

ちひろ「……意外だわぁ……」 

P「それがですよ!年末ライブでブラ!ねぇ、ブラ!」 

ちひろ「うるさいですよ!中学生ですか!」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:27:17 ID:VzcLfimk

ちひろ「やっぱりさっきのウブ消してもらっていいですか」 

P「?なんでですか?」キュッキュッ 

ちひろ「……いえ、ちょっと頭の整理がしたいのですが……」 

P「まぁいいですよ。勝負下着がある、と……」 

ちひろ「書かないでください!恥ずかしい!」 

P「そうか。消しておこう……」 

ちひろ「……あ、そういうことか!」 

P「なにがですか?」 

ちひろ「つまり、誘い受けなんですよ!」 

P「???」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:28:30 ID:VzcLfimk

ちひろ「自分ではよく誘惑するようなマネをするが、いざとなったら逃げてしまう…そんな思春期そのまんまの子なんですよ!」 

P「……??」 

ちひろ「ああもう!ちょっとボード借りますよ!」 

P「ええ、どうぞ」 

ちひろ「見ててくださいよ?幸子ちゃんは着替えの時に一緒にいるようにする。つまり、 
幸子→P という関係式です。」 

P「はぁ」 

ちひろ「そしてですよ?もしもプロデューサーさんが劣情を催し、幸子ちゃんを襲ったとする。でも幸子ちゃんはこれを拒絶します。つまり、 
P→幸子=幸子拒絶 と、こういう式が成ります!」 

P「……うん。わからん」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:29:39 ID:VzcLfimk

ちひろ「幸子ちゃんがウブなのはあながち間違いじゃなかったんです」 

P「と、いうと?」 

ちひろ「こういう誘い方をするのはあくまでプロデューサーさんにかまってほしいからなんですよ。だからいざとなったら逃げる」 

P「ははぁ……かまってちゃんですか」 

ちひろ「そういうことですね。……あれ?誘い受けじゃないなこれ」 

P「単純にかまってちゃんでいいんじゃないですか?} 

ちひろ「……まぁそういうことにしましょうか」 

P「でもこれだと既存の幸子の可愛さに該当しますね。新しい発見ではありません」 

ちひろ「むしろ生着替えに毎回立ち会ってるっていう事実が新しい発見ですよ」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:30:57 ID:VzcLfimk

P「うーん……なかなかいい発見がないですね……」 

ちひろ「既存の可愛さの中から新しい発見は出来ないですか?」 

P「お!それいいですね。えーっと……」 

P「とりあえず上がってるのが、『幸子は子犬っぽい可愛い。ていうか俺の犬』『腹パン可愛い』 
『幸子?腹パンか』『体で教えてやる(物理)』とかですね」 

ちひろ「ほぼ腹パンじゃないですか……幸子ちゃんのファンろくな奴いませんね……」 

P「なんだと!?俺をバカにしてるのか!」 

ちひろ「そういう話じゃないです!」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:32:05 ID:VzcLfimk

ちひろ「ていうか腹パン可愛いってなんですか」 

P「恐らくウザかわいいからの派生でしょう。ウザすぎて腹パンしたら思いのほか可愛かったみたいな」 

ちひろ「幸子ちゃんのファンってドS度何%なんですか?」 

P「知りませんよそんなこと」 

ちひろ「うーん……こればっかりは幸子ちゃんに試せない;…」 

P「……いえ、やってみましょう。何か新しい発見があるかもしれません」タ゛ラタ゛ラ 

ちひろ「プロデューサーさん、よだれ垂れてます」 

P「おっといけない。じやあちょっと殴ってきます」タッタッタ 

ちひろ「……は?」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:33:35 ID:VzcLfimk


P「おーい幸子ー!」 

幸子「ふ、プロデューサーさん。何か用ですか?」 

P「すまん!頼む!」 

幸子「何か頼み事ですか?ふふっ、いいでしょう。カワイイボクが聞いてあげますよ」 

P「腹パンさせてくれ!」 

幸子「……へ?」 

P「お前の悶え苦しむ姿を見たいんだ!頼む!」 

ちひろ(ぜってー断るだろこれ……) 

幸子「………えっと、しょ、しょうがないですね!」 

ちひろ(えええええええええええ!?) 

P「ほんとか!?幸子!!」 

幸子「ええ、やってあげますよ!ボクはカワイイので!」 

ちひろ(理由になってないよ幸子ちゃん!)



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:36:47 ID:VzcLfimk

P「それじゃいくぞー……」 

幸子「ドーンと来いです!」ト゛キト゛キ 

ちひろ(いや、マジでドーン来ちゃうよ!?いいの!?) 

P「せいっ!」ト゛スッ 

幸子「がっ………」ト゛サッ 

幸子「くっぁ……うぐぅぅぅぅ……ひもちぃ……」コ゛ロコ゛ロ 

ちひろ(ん?) 

P「だ、大丈夫か幸子!?やりすぎたか!?ごめん幸子!」 

幸子「はぁ、はぁ……いいんですよ、プロデューサーさん……ボクは平気ですから……ハァハァ」 

ちひろ(なんか確実に腹パンの苦しみで出し吐息じゃないのがある)



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:38:27 ID:VzcLfimk

P「じゃあもっとやっていいってことか!?」 

幸子「もちろんですよ!さぁ……早く……」スッ 

P「ありがとう幸子!ドーン!」ト゛スッ 

幸子「ひぎっ、んはぁぁぁ………」コ゛ロコ゛ロ 

P「これは確かに……可愛い……」シ゛ーン 

ちひろ(ああダメだプロデューサーさんもどこかにトリップしてる……幸子ちゃんに至っては足に何か液体が滴ってる……) 

ちひろ(偶然来たフリしてなんとか終結させよう……) 

ちひろ「あ、あれー?どうしたんですかプロデューサーさん!」 

P「え?これですか?腹パンです!」キラキラ 

ちひろ「ああ、やめよう。無理だこれ」 

幸子「はぁ……はぁ……最高ですぅ……」コ゛ロコ゛ロ 

ちひろ「こっちももうダメだな……」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 23:53:09 ID:VzcLfimk

P「わかったぞちひろさん!幸子は……可愛い」

ちひろ「うん。知ってました」

P「◯◯可愛いなんていうのは後付けにすぎないんです。
本当に大切にすべきは最初に感じた『カワイイ』という感情だけなんですよ」

ちひろ「はぁ……」

P「幸子を腹パンして分かりました。ああ、全ての魅力は『カワイイ』という言葉に凝縮されてるんだなぁと……」

ちひろ「それはよくわかりません」

P「いえ、今はわからなくていいんです。真の可愛さなんて、なかったんだと。感じてしまえばいい」

ちひろ「なにもかも達観しすぎです。何の話ですかこれ」

P「カワイイから全てが許される。それが世界の可愛いの真理だったんです」

P「つまり幸子は……可愛い」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/11(金) 00:06:07 ID:oIGEr2PA

幸子「もう!そんなに言ってもボクがカワイイのは当たり前です!」

P「あっはっは。そうだな。もうお前の新しい可愛さを追求するのはやめた」

ちひろ「なんか無駄な時間過ごした感じが……」

幸子「全く……今度、遊園地連れてってくださいよ?ね?プロデューサーさん?」

P「わかってるよ……あっはっは」

ちひろ「勝手にやっててくださいもう。私は仕事に……」

P「あ、ちひろさんちょっと待ってください」

ちひろ「なんですか」

P「もう幸子の新しい可愛さを探すのは辞めました。今度はどうやったら今の可愛さをレベルアップできるかを……」

ちひろ「勝手にやっててください!!」

終わり



26: 以下、名無しにかわりまして幸子Pが提案します 2013/10/11(金) 00:11:16 ID:oIGEr2PA

VIPでスレ落ちしたので立てました。ありがとうございました。
ここ数日VIPで立ちまくってた幸子SSは全部>>1が書いてました。

幸子Pとしていつまでも可愛い幸子を提案します



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/11(金) 06:26:19 ID:E9cWfCj6

このPは分かってるな






他のおすすめSS