転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1353422143/

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 23:50:07 ID:iftHftdY

男「おはよう友」

友「はよー、幼ちゃんも」

幼「おはよう」ピトー

友「相変わらず、男にくっついてるんだな…」

幼「わたしと男はいっしんどうたいなのっ!」ギュッ

男「よしよし、そうだったよね」ナデナデ

幼「えへへっ」ギュギュッ

友「朝から微笑ましいなぁ」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 00:21:39 ID:yZHmboWs

男「ところで幼ちゃん、英語の宿題ちゃんとやった?プリント2枚のやつ。
あれ、難しかったから、学校着いたら答えあわせしない?」

友「俺、わかんないからテキトーに答えうめたわ。俺も答え合わせ混ぜてや」

幼「わたしも高校一年生のりっぱな れでぃだからね。
参考書でしっかりしらべてがんばったもん!」エッヘン

男「さすがは幼ちゃん、頑張りやさん。えらい!」ナデナデ

幼「えへへ、男にほめられるとうれし~。もっとほめて…って、ちがうよっ!
れでぃにふさわしい態度して!!」

友「今日も通常運転だわ」

幼「も~っ」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 00:43:03 ID:yZHmboWs

幼「大体、男はわたしを子ども扱いしすぎなの!
わたしはいちにんまえの女性だもん!
そもそも、男にはでりかしーがたんないの!!」プクー

男「ごめんね」ナデナデ

幼「ふぁ…、って、だめー!!」ピーッ

友「いつものコントが始まったか」

幼友「そうねえ」ヒョイ
友「…おわっ!幼友、いつの間に」ビクッ

幼友「これ見ると、朝だーって思うわよね」

幼「だめー」ピーッ

男「かわいいなぁ」
友「なるほど」




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 11:53:57 ID:yZHmboWs

教室

幼「う~っ、ないよぉ」アセアセ
男「どうしたの、幼ちゃん?」
幼「宿題、家に忘れてきたかも~」
男「ちょっとごめんね」ゴソゴソ
男「あったよ、鞄の奥でくしゃくしゃになっちゃってたんだね。よく確認しないと」
幼「おとこぉ、ありがとう」ダキッ
男「よしよし、よかったねえ」ナデナデ
幼「え、えへへ…って、子ども扱いしないで~!」カァッ
友「男にナデナデ安されて、抵抗しつつ笑顔の幼ちゃんかわいすぎ」
幼友「そうよね。照れ屋ドジッこ幼ちゃんかわい~」ウンウン
友「お、幼友!いつの間に背後に!?」
幼友「少し前からね。探し物してるあたりから」
友(全然、わかんなかった…)
男「ごめん、なんかなでちゃう…」ナデナデ
幼「ふぁっ、う~、もぉっ」
幼「…でも、男のナデナデすごくほっとする…」ボソ
男「どうしたの幼ちゃん、僕の裾握っちゃって?」ナデナデ
幼「」ギュッ



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 11:57:39 ID:yZHmboWs

友「いつも通りの始業前、か」ニコ
幼友「ええ」ニコ



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 14:29:40 ID:yZHmboWs

授業中 

教師「…というわけでして、ルネッサンスには、数々の芸術家がいます」

教師「そこで質問です。出席番号××番の幼さん。彼らの代表的な支援者は?ひとつ挙げてみてください」

男「ふむふむ」カキカキ

幼~隣を見て~「…授業中の男がんばってるなぁ…、ふぇっ、はい、ええと」アセ

男「頑張れ幼ちゃん!」ニコ

幼「ふぁ男、よ、よし!ええとね…」

モブ「頑張れー!」

モブ「頑張って!」

モブ「いけっ!」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 14:49:36 ID:yZHmboWs

クラス一同「「幼ちゃん頑張れー」」ワー 
友「出たな、本日一発目の幼ちゃんコール」

幼友「クラスが一つになる瞬間ね」

幼「…みんな、ありがとぉ、でも緊張してきちゃったよお…」グス

男「落ち着いて、平気だよ」ナデナデ

幼「うん」ニコ

教師「ゆっくりでも構いませんよ?」ニコ

幼「う…メ、メディチ家とか」

教師「ファイナルアンサー?」

幼「ふぁいなるあんさー!」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 15:06:21 ID:yZHmboWs

教師「正解!流石幼さん」

クラス一同「「おー!!」」ワーワー

モブ「よしよくやった」パチパチ

モブ「頑張ったわね」パチパチ

モブ「幼ちゃんかわいいー」パチパチ

モブ「萌えでござる」パチパチ

友「盛り上がってんなー」ハハ パチパチ

幼友「でもいいじゃない」パチパチ

友「まあな」

男「うんうん、よく頑張ったねえ」ナデナデ

幼「れでぃなんだから当たり前だよっ!えへへ、男にほめられちゃった…ありがと応援してくれて」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 15:28:23 ID:yZHmboWs

体育中 サッカー

幼「頑張れ男ー」ピヨンピヨン

友「ほら、幼ちゃん応援してくれてるぞ」

男「ふふっ」フリフリ


幼友「幼ちゃーん」ダキッ

幼「わぁっ!?」

幼「い、いつの間に後ろに、びっくりした…」

幼友「ごめんね♪」テヘッ

幼「もおっ!びっくり…だめー!!」

幼友「幼ちゃんのほっぺは今日も、もみ心地最高!!」プニプニ


友「女子になりてぇな…」

モブ「わかるでござる」ウンウン



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 16:52:55 ID:yZHmboWs

友「それにしてもさ、お前と幼ちゃんって不思議な関係だよな」

男「そうだね」フフッ

男「友と幼友みたいな感じだよ」

友「…俺達みたいなって、違うだろっ」

男「いつも一緒なのは同じだよ」

友「違えしっ!」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 19:54:00 ID:yZHmboWs

友「…男、ほら幼ちゃん走ってんぞ。女子今日、持久走なんだ」

男「うん」


幼「ふぇ…、ふう、はぁ…」タッタッ

幼友「幼ちゃん無理しないで、疲れたらペース落としていいんだよ」タッタッ

幼「…はぁ、まだがんばれる、ありがと、幼友ちゃん…」


男「そっか」


教師「持久走終わりっ」ピーッ



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 20:14:59 ID:yZHmboWs

幼「幼友ちゃんお疲れさま」

幼友「幼ちゃんもね、ずいぶん速くなったよね」

幼「えへへ、ありがと、あっA子ちゃんとB子ちゃんだ」

AB子「二人ともお疲れ~」

幼友「おーす」

A子「今日園芸部、新しいお花、見にいくんですよね。楽しみです」

幼「うん、きれいなのあるといいねっ」

B子「…借りた漫画、良かった。次も借りたい。ライバル、かっこいい」

幼「いいよ~。ライバル君イケメンだよね」

B子「…感謝」

A子「じゃあ、着替えに行きましょう」

幼「うんっ」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 20:23:59 ID:yZHmboWs


男「幼ちゃん、人見知りだったんだよね…」

友「そうなん?」

男「小さい時はとくにね」

男「…安心したよ」

友「俺らも着替えにいこうぜ」

男「ああ」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 20:41:11 ID:yZHmboWs

委員「…男君、この間はありがとうですわ。大変助かりましたの」ニコ

男「困った時はお互い様さ。一緒にしゃべってやるの楽しいし」

委員「一人じゃ終わりませんでしたわ。ぜひお礼がしたいのです」

男「気にしないで。僕も委員だし」

委員「でもちゃんとお礼がしたいですわ。それから、また一緒にお仕事しましょうね」

男「そうだね」

委員「ではっ」ニコ



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 20:55:10 ID:yZHmboWs

幼「男ー!お昼食べよっ!」タッタッ

男「うんっ!」

幼「…今の人、お友達?仲良さそうだね」
男「おんなじ委員会でね。時々話す」

幼「…うん。今日もおべんと作ってきたんだよっ!早く食べよぉ!」トン

男「そうだねっ!」

幼「…ステキなひと」ボソ



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 21:13:17 ID:yZHmboWs

幼友「幼ちゃんのほっぺいいわー。世知辛い世の疲れが癒やされるー」

友「お前なぁ…。」

幼友「にしても、コンビニのお弁当にも飽きたわねぇ」

友「俺が作ってやろうか?」

幼友「あんた、料理上手いもんね。本当に、お願いしていいの?」

友「ああ」

幼「やったー!!」

友「…よし」ボソ



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 23:12:02 ID:yZHmboWs

幼「ねえ男、少しはわたしのお弁当、おいしくなったかな?」
男「最初からおいしいよ?」

幼「最初は冷凍食品ばっかだもん。さいきんやっと、手作りっぽいの入れられるようになったんだよ」

幼「今のお弁当、おいしい?」

男「上手にできてるし、おいしいよ、本当に」

男「味ももちろん好きだよ。僕の好きな物ばっかりだもん」

男「でも、一番うれしいのは幼ちゃんの気持ちなんだ」

男「幼ちゃん、はじめのころは、手が傷だらけだったよね」

男「そんな一生懸命お弁当を作ってくれたら、うれしくてたまんないよ」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 23:21:35 ID:yZHmboWs

幼「…男」ジワッ

男「さっ、食べよう」


幼友「…混ざって食べようかと思ったけど」

友「行こうか。屋上とかどうだ」

幼友「いいわね」

幼友「…2人っきりか」ボソ

友「…チャンスかな」ボソ



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 23:48:01 ID:yZHmboWs

放課後、部活動時間

友「今日、これからどうすんの?二人を誘って駅前で遊ぶか?」 
男「いや、委員会あるし、幼ちゃん部活だから待たないと」

友「お前、執行委員だったな…ということは…、また幼友と二人きりか」グッ

友「あれ、園芸部じゃん、幼ちゃんの」

友「そういや、いつから園芸部ってあるんだ?ここの学校、前無かったような」

男「幼ちゃんが廃部になったのを再建したんだ。お花好きだからね。幼友ちゃんも部に名義を貸してる」

友「へぇ。熱心だな」

男「…うん。頑張りやさんなんだ…」

男「…僕が助けなくてもね」ボソ



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/22(木) 00:09:56 ID:u5nEfmh6

A子「花壇耕すのって大変なんですねー。びっくりです」ェッホェッホ

幼「でも、がんばったぶんだけきれいなお花がさくんだよ」ニコ

幼「がんばろ」ェッホェッホ

B子「幼いい子。私が評価する」ナデナデ

B子「…その素晴らしき精神を支えるほっぺがこれである」プニプニ

幼「やめひぇ!」プニプニ

A子「あはは、私も仲間に入れてくださいー」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/22(木) 12:34:10 ID:u5nEfmh6

幼友「幼ちゃ~ん!」ダキッ 

幼「ふぁっ!」

幼友「B子ちゃんだけじゃなくって、私もかまって~!!」スリスリ

A子「幼友さん、動きはやっ!」

B子「幼友、侮れない…」

幼「幼友ちゃんがたまに手伝ってくれるときって、こんなのばっかり~!」

幼友「幼ちゃん細いのにやわらかい~♪」スリスリ

B子「…負けない、私は頭で」ナデナデ

A子「では、私はほっぺを堪能しますね」プニプニ

幼「みんなちゃんと部活してよおっ!」プンプン


友「俺が女子でないことが悔やまれるな…」

男「あははっ!」

男「…幼ちゃんあんなに明るくなって」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/22(木) 12:58:01 ID:u5nEfmh6

夕暮れ時

幼「男っ!いっしょに帰ろ…」フリフリ 


男「…色々教えてくれてありがとう。助かったよ」

委員「いいですわ」

男「女子の好みが分からなくてね」

委員「…プレゼントされる誰かさん、幸せ者ですわね」

男「喜んでくれたらいいんだけど」

委員「ええ、きっと!」

委員「…私なら大喜びですわ」

委員「…お礼、今度一回、委員の当番替わりますわ。好きな日言ってくださいな」

男「そっか、ありがとう」

委員「それでは」

男「またね」フリフリ



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/22(木) 13:08:52 ID:u5nEfmh6

幼(あの人、さいきん男とよくいるなぁ…)

委員「…」ジーッ

幼「…?」

委員「…」ニコッ

委員「…」ペコリ 

幼「…??」ペコリ

委員「…うーん、なるほど」スタスタ 

幼「…なに」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/22(木) 13:10:23 ID:u5nEfmh6

わたりにくいシーン多くてすいません



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/22(木) 15:40:06 ID:u5nEfmh6

幼「今日は部活楽しかったんだよ!幼友ちゃん、久々にきてくれたし、A子ちゃんがおやつ、作ってくれたんだよ」ニコ

幼「男にも食べさせてあげたかったなぁ。マドレーヌだったんだけど、B子ちゃん、もりもり食べて、『美味っ!』って真顔でいうからおかしくて」ニコニコ

男「うん、うん」ニコニコ

幼「そういえば、二人っきりで帰るの、久しぶりだねっ!」ニパー

男「友や幼友も大抵いっしょだしね。」

男「小学校とか、中学校のころは当たり前だったよね」

幼「幼稚園もだよ っ、…なんだかうれしいな」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/22(木) 15:55:27 ID:u5nEfmh6

男「高校になってからだって、二人だけで帰ってるよ」

幼「…うん。でも懐かしくなっちゃって…なんでかな…」

男「ほら夕焼け、きれいだしね…。わかるよ」

幼「あのさっ、手をつないでもいいかな…」

男「いつもそんなこと言わなくても、つないでるよ。裾だってつまむし」

幼「今日はそんなきぶんなの…、わたしの柄じゃないよね…」

男「…」ギュッ

幼「…!」カァッ

幼「えへへ、男の手あったかい…」



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/22(木) 21:20:25 ID:u5nEfmh6

男「…出逢ったころもこんな感じだったね。…覚えてる?」

幼「…忘れるわけないよ。とってもだいじな思い出だもん…」


男・幼4歳

男父「隣に引っ越して来たんだって」
男母「仲良くしてあげるのよ」

幼幼「…ふ、ふぇ」モジモジ

幼父「ははは、人見知りがひどいんですよ。すいません」
幼母「幼ちゃん、男君にごあいさつして」

幼男「…かわいいね」ニコ

幼幼「…ふぁっ!」カァッ

幼男「そのぬいぐるみ。なまえ教えて」

幼幼「…ミミ」モジモジ

幼男「いっしょにあそぼっ!」ニコニコ

幼幼「…うん」

幼男「手つないでいこっ!」ギュッ

幼幼「…あっ、うん…」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/22(木) 21:43:14 ID:u5nEfmh6

幼稚園

幼幼「ミミ、かえしてぇ」シクシク

プチDQN「くまとったどおっ!」 

幼男「やあっ、なにしてんの?」

プチDQN「なんだおめー!なんかもんくあんのかぁ!?」

幼男「…もっといいものをあげる。ついてきて」

……

幼男「はい。ミミちゃん」スッ

幼幼「ありがと~。男くん」ダキツキ

幼男「なかないで。幼ちゃん」ナデナデ

幼幼「男くんだぁいすきっ!」ギュッ

……

プチDQN「職員室に連れて行くなんてズルいぞ~」

先生「ガミガミ」



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/22(木) 22:05:44 ID:u5nEfmh6

先生「幼ちゃん、男くんのこと、ほんと好きねえ」

幼幼「うん!ずっといっしょだもんっ!!」ギュー 

幼男「ぼくも幼ちゃん大好きー!」ギュッ

小学校

幼「男~!学校いこっ!」ダキツキ

男「うん!いこっ!」

幼「男~!いっしょにあそぼっ!!」ギュッ

男「なにしてあそぼっか?」

中学校

幼「男。テスト勉強いっしょにしょ」ダキッ

男「そうだね。教えあってやろう」

幼「男。ゲームしない?」ギュッ

男「いいよ。スマブラとマリカーどっち?」

幼「おんなじ高校行こうね」ギュッ

男「ああ。頑張ろう」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/22(木) 22:30:09 ID:u5nEfmh6

現在 夕焼け


男「…」クスッ

幼「どうしたの?」テツナギ

男「…いや、変わらないなぁ、僕らってとか考えてた」ニコ

幼「…わたしはかえたい…自分自身も…関係も…」ギュッ

男「…?」

幼「…家となりだと、いっしょに帰れていいね」ニコ

男「うん。もう着くな。今日もおばさん達いないんだよね。夕飯ウチでたべてくよね?」

幼「…今日は、自分で作るよ」

男「そっか」

幼「…もっとがんばんなきゃ」ボソ

幼「また明日ね~!」
男「まって!…今日、遊びに行ってもいい?」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/22(木) 22:36:03 ID:u5nEfmh6

幼「…また今度ね」タタッ

男「…幼ちゃん…」



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/22(木) 23:45:51 ID:u5nEfmh6

男家

男「今日は誰もいないのか…。夕食はレトルトでいいか…」

男「食べてくれる人がいると、作りがいがあるんだよな…」

男「幼ちゃん、僕の夕食でも、すごく喜んでくれるし」クスッ

男「大体、どっちかの家で、いっしょに食べてるんだよな…。最近は幼ちゃんが作ってくれるし」

-ソファーにごろん-

……

男「…あー、寝てた…。時間どれぐらい経ったん…」


「きゃああっ!!」


男「…なっ!?」



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/23(金) 13:09:30 ID:GpZP122o


…… 

男「揚げ物するときは気をつけなきゃ」

幼「ごめんなさい…」シュン 

男「まあ、何事もなくて良かったよ。ケガはない?」

幼「…うん。ありがと」

幼「…また迷惑かけちゃった」

男「そんなことないって」フリフリ

幼「これじゃ、一人前になれないよ…」グスッ

男「…幼ちゃん?」



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/23(金) 13:34:12 ID:GpZP122o

幼「わたし…、男に頼ってばっかり…」グスッ

幼「迷惑かけちゃだめなのに…」

幼「わたしだって、なにかしてあげたいのに」

幼「ずっと、こんなのばっかり」

幼「なさけないわたしで、ごめんなさい」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/23(金) 13:51:36 ID:GpZP122o

男「…そんなことないよ」

男「幼ちゃんはよくやってる」

男「勉強、一生懸命してるよね。成績が上がったから、同じ高校にこれた」

男「体育、苦手なのにずいぶん体力ついたよね。持久走完走したの、見たよ」

男「部活動、いつも楽しそうにしてる。人見知りなのに、友達と頑張ってる」

男「廃部になったのを、立て直したのもすごいと思う」

男「料理、うまくなったよね」



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/23(金) 14:13:12 ID:GpZP122o

男「お弁当いつもありがとう」

男「僕だって助けられてる」

男「いっしょにいるだけで、励まされてる」

男「僕に、頼ってばっかりなんかじゃない」

男「これだって、ひとりで、ご飯作ってからだし」

男「…これ、からあげかな。もしかして僕の好きなもの、内緒で練習してたとか」

男「そっちの無事な料理、僕の好物ばっかりだ」

男「僕に作ってくれたんだよね?」

男「そんな幼ちゃんだから、いっしょに頑張りたいんだ」

男「…でも、そんな風に気を使わせちゃったならごめんね」



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/23(金) 14:20:00 ID:GpZP122o

男「いつもありがとう」

幼「おとこぉ~」グスッ ギュッ

男「」ニコ ギュッ ナデナデ


……



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/23(金) 15:04:25 ID:GpZP122o

男「…そうだ、今渡そうかな」スッ

幼「…ゆびわ?」

男「うん、製作キットでね、オーブンで焼いて作るんだ」

男「委員さん、こういうの詳しいらしくてね。教わりながら作った」

男「不格好だけど、一応、花のつもり」ポリポリ

幼「…そっか」ホッ

幼「…ありがと。だいじにするね…」ニギッ

幼「…でも、なんで?わたし、誕生日とかじゃないし」



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/23(金) 15:11:18 ID:GpZP122o

男「そりゃあ」

男「幼ちゃんが好きだからさ」ニコ

男「幼ちゃん、ずっと大好きです。僕とお付き合いしてください」ペコ

幼「」



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/23(金) 17:21:21 ID:GpZP122o

幼「…わたしね…、男のこと…好きなの、ずっと」

幼「…でも、わたしが男のこと好きなのって、わたしのこと助けてくれるからじゃないかって、考えたり」

幼「男がわたしを、手がかかる子供みたいに思ってるんじゃないかって、思ったら」 

幼「思いを伝えられなかったの…」

幼「だから、自分のこと、ひとりで出来るようになったら」

幼「告白しようと思ったの」



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/23(金) 17:32:50 ID:GpZP122o

幼「わたし泣き虫だよ?」

男「しってる」ニコ

幼「ドジだよ?」

男「そこが可愛い」ニコ

幼「頼っちゃうよ?」
男「頼ってよ」ニコ

幼「」ダキツキ

幼「…男がだいすきです」カァッ

男「僕も幼ちゃんが大好きです」ギュッ

男「」カァッ



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/23(金) 17:57:22 ID:GpZP122o

……

男(…気まずい)ナデナデ

幼「」ギュッ

幼「えへへ」モジモジ

男(くそー、可愛いなぁ)ギュッ



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/23(金) 20:50:16 ID:GpZP122o

幼「男っ!」

男「…うん?」

幼「」チュッ 

幼「…びっくりした?はじめてはどう?」ニコ
男「…びっくりした」ボー



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/23(金) 21:02:51 ID:GpZP122o

……

男「…ご飯、食べれるの、残っててよかったよ」モグモグ

幼「うん」モグモグ

幼「男、あーん」

男「あーん、おいしいな。…なぜ、僕の膝の上にすわるの?」モグモグ 

幼「男と離れたくないの。今日からもっともっとくっつくよっ!」チョコン

幼「覚悟しててねっ!」ギュッ

男「…お手柔らかにね」



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/23(金) 21:25:31 ID:GpZP122o

……

友「…なるほどな」

幼友「指輪似合ってるじゃない 」ニコ

幼「えへへっ。いいでしょ」ギュッ

男「まあ、そういうこと」ニコ ギュッ

幼「男、ナデナデもして~」ニパー

男「友たちもいい感じだね」ナデナデ

友「まあな」クスッ

幼友「えいっ」ギュッ

友「なっ!?」

幼友「どうよ」ニコ
ギュッ

幼「男!わたし達もみっちゃく!!」ギュッ

男「うん!負けてられないね!」ギュー

幼友「友♪ふふっ」ギュッ

友「…今日も平和だな」



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/23(金) 21:27:26 ID:GpZP122o

おしまい



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/23(金) 21:28:49 ID:GpZP122o

はじめてなのでへたくそですが、お付き合いありがとうございます



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/23(金) 21:30:34 ID:j5L2wVWg

おつ 和ませてもらった。



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/23(金) 22:51:08 ID:uV4Gnj0E

乙!良かったよ!
これからもSSを書いて欲しい!






他のおすすめSS