転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1364801634/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 16:33:54 ID:oSJFMEgk

男「ってのがあったら幸せだよなぁ…」

妹「何言ってんの?気持ち悪いんだけど、早く勉強教えてよ」

男「ああ、悪い悪い」

男「ここはこうしてだな」

妹「お兄ちゃんってホモじゃなければ完璧なのに残念だよね」

妹「お兄ちゃんじゃ駄目なの?」

男「あんなガチムチ俺の視野じゃないよ」

男「それになんども言うが俺はホモじゃないぞ、男の「子」が好きな普通の高校生だよ」

妹「へぇ…」

男「なんだよ、その目はァ」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 16:44:27 ID:oSJFMEgk

ピピピピ ピピピピピピピ ピピピピピピ
 
男「ん、もうこんな時間か……」

男「早くアラーム消さなきゃ兄ちゃんがキレるな」
ピッ

ペシペシペシ ペシペシ

男「あれ、今日はやけに壁ドンが優しいなってか壁ペシだし」

ガチャ

兄「おい、おとこっ!うるさいだろ!いつもたいまーつかうときはいやほんつかえって」

男「可愛えええええええええええ、なんだよこの超可愛い生物」ギュウウ

男「上目つかいの癖に偉そうな事いってるし、かわいすぎだろ!ヤンチャショタとか俺得www」ギュウウ

兄「やめろよぉぉ」ウルウルウル

兄「うええええええええん」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 16:48:12 ID:oSJFMEgk

男「ごめんな」ナデナデ

妹「何朝っぱらから騒いでんの?」

男「あ、いや、見ろよ!ヤンチャショタが家にいるんだよ!」

妹「はぁ?何言ってんの?兄じゃん、ホモ過ぎて頭逝っちゃったの?」

男「だから俺はホモじゃないって…」

妹「幼くて可愛い男が好きなホモでしょ?」

男「そう言われるとホモです」

男「ハッ待てよって事は本当に俺以外の男が全員ショタな世界に紛れ込んだの?」

男「神様ありがとううううううううううううううううううううッ!」

妹「駄目だ、喋ったらこっちまでおかしくなる」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 16:51:28 ID:oSJFMEgk

男「本当にショタだらけなんだな」

男「ゴミ捨てに来てるのもショタだしブカブカのスーツ着てんのもショタだ」

男「って事は高校は俺以外ショタだらけなのかッ!」

男「ひゃっほいっ!待ってろ!俺のショタ達!」


友「なんでさっきからぼくばっかりみてるの?」

男「お前男だったんだなぁと思って」

友「え?なんでしってるの?」

男「教えない」

友「なんで!なんで!」

男「ふふふ、教えなーいww」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 16:56:35 ID:oSJFMEgk

先生「ほーむるーむはじめるよぉ」

生徒「うえええええええん、うええええん」

女生徒「先生、A君が泣きやまないんですけど」

先生「きにしたらまけだよ」

女生徒「はい」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 16:57:45 ID:oSJFMEgk

男「子供に先生なんてできるのかよ……」

友「なんだかおとこだけいじょうにおおきいよね」

友「きびょうなんじゃないの?」

女「本当だー、男君病気なんじゃないのぉ」

DQN「そーだそーだwww」

男「うわ、うざい」

先生「びょういんでしらべてもらいなよ、おとこくん」

女教師「じゃこっちまで着て貰おうか」

男「ちょっ話してください」

女教師2「静かにしなさい」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 17:00:06 ID:oSJFMEgk

男「くそっふざけんな」バシ

女教師2「ちょっ待ちなさい!」



男「くそ、なんだよ、あれ」

子供「みて、ままぁあの人おおきいよぉ」

親「きゃあああああ、ばけものぉぉぉぉ」

男「はぁぁぁ!? 」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 17:02:04 ID:oSJFMEgk

「今朝身長178センチの大男を発見しました」

「国としては保護して研究するつもりだそうです」

男「なんだよそれ……」

「あれ、あのひとって……」
        「ほんとだぁ……」

男「クソッひとまず逃げないとッ!」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 17:05:02 ID:oSJFMEgk

サラリーマン「あの~」

男「うわ……って普通の男の人?」

サラリーマン「まぁはい」

男「あなたは逃げなくていいんですか?」

サラリーマン「いや、私も逃げてますよ」

男「へぇ」

サラリーマン「あなたショタコンですよね?」

男「え?……なんで知ってるんですか?」

サラリーマン「私もそうだからです」

男「あぁ……」

男「理由になってないです」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 17:07:36 ID:oSJFMEgk

サラリーマン「いやぁ安心しました、同じ普通の男性がいて」

男「僕も安心しましたよ」

サラリーマン「ここに来て何日になるんですか?」

男「ここに来てとは?」

サラリーマン「言い換えます、ショタの世界の住人になってから何日すぎました?」

男「ああ、数時間前ですよ」

サラリーマン「そうですか、私は半年ですかね」

男「へぇ」

男「ええええええええええええええ?」

男「半年とか………ええええええええ?」

男「どういう事すか!?」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 17:10:25 ID:oSJFMEgk

サラリーマン「やっと事の異常さに気がついた見たいですね」

男「あ……はい」

サラリーマン「説明すると、ここはあなたが居た世界と根本的に時空が違うんです」

男「見たいですね」

サラリーマン「で、私も何人かここで他に男の人を見たんですけど」

男「はい」

サラリーマン「そのうち3人は居なくなっているんです」

男「捕まったんですか?」

サラリーマン「そうとも思いますが「脱出できた」とも見れますね」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 17:12:32 ID:oSJFMEgk

男「根拠は?」

サラリーマン「存在自体がないからです、彼らが食べてきたもの、してきた事」

サラリーマン「全てが 無かった事になってるから です」

男「国が揉め消したって事は?」

サラリーマン「そこまでして何のメリットが?」

男「まぁ確かに……」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 17:14:50 ID:oSJFMEgk

サラリーマン「じゃあ行きますか」

男「何処に?」

サラリーマン「元の世界にかえる事のできる場所です」

サラリーマン「その名もショタランド」

男「うっひょおおおおおおお!マジすか!」

サラリーマン「はい、成人か行く事ができない伝説の場所です」

男「うっひょおおおお!行きます!行きます!」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 17:24:17 ID:oSJFMEgk

男「ここがショタランドですか」

サラリーマン「はい、ショタランドです、ディズニーランド的なテーマパークです」

男「まじすか、作った人神でしょ」

サラリーマン「ですがここを通り抜け返して貰えたものはたった3人です」

サラリーマン「慎重n」

男「チケット大人1枚で」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 17:29:37 ID:oSJFMEgk

???「良く来たな、社会のゴミよ」

男「誰、君」

???「社会のゴミに教える名前はない!」

男「ここは幼女が来るような所じゃないよ、おうちにかえろうね」

???「神にむかってなんて失礼な奴だ!このゴミが」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 17:54:28 ID:oSJFMEgk

神「私の目的はショタコンのゴミの目を覚まさせる事よっ」

男「なんだって!?」

神「元の世界に戻りたければ私の出す試練を乗り越えて行くことね」

男「確かに戻らなければ、捕まって研究室で暮らす事になる」

男「それだけはなんとしてでも回避しなければ!」

神「その意気よ」

神「ではまず今から連れてくるショタと股間をたてず三分間ふれあいなさい」

男「まぁ3分くらいなら」

神「ふふふ、この試練の恐怖がまだ分かってないみたいね……」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 17:58:31 ID:oSJFMEgk

ショタ「あ……あのぉ……」

男「!?」

男(気弱ショタだとおおおおおおおおお!?長袖に半パンそして上目遣い!)

ショタ「よろしくおねがいします、ぼくこういうのはじめてで…」

男「さらに僕っ子だとおおおおおおおお!?」

息子「うおおおおお!もえあがるでええええ」モコモコモコ

男「やめろマイさんんんんん!!!!!」

神「ふふふふ」

男「くそぉ……」

神「後1時間だけあげるわ……」

神「それまでに乗り越える事ができなければあなたは私の奴隷よ」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 18:00:43 ID:oSJFMEgk

男「くそっ……どうしたらいいんだ……」

男「ショタで興奮しない俺なんてニートで無職のピーターパンと同じだ……」

男「チクショォォォォ……」

神「後50分よ……」

「おとこ……おとこや………」

男「その声はじいちゃん!俺のショタの師匠……」

「お主には見えているはずじゃこの道を切り抜ける方法が……」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 18:04:51 ID:oSJFMEgk

「ショタを極めるのじゃ……そうすれば道は開かれん」

男「ショタを極めるだって!?そんな事したら俺のマイサンが……」

男「なるほど……そういう事だな、じいちゃん」

息子「うおおおお!はりきるでえええ」

男「唸れ!俺のmy son 」


50分後

神「どお?約束の時間だけど?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

神「何!?このオーラは!?さっきとは段違いよ」

ショタ「お兄さんっ♪」ギュウ

男「我はショタを極めし者……」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ

男「その程度では勃たぬわ……」

神「何!?」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 18:07:33 ID:oSJFMEgk

男「よく周りを見て見ろ……」

神「ハッこれは精液!?」

男「そうだ……」

神「まさか極限まで抜き続け賢者モードの時間を限界まで延ばしたって言うの!?」

男「そうだ、通常チンコは1、2回賢者になってもたちつづけるだが」

男「5、6回となると一日中ちんこはたたなくなる……」

男「そういうものだ……」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

神「くっ第一関門クリアよ……」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 18:10:18 ID:oSJFMEgk

神「第二関門はコレよ」

ロリ「おにいたんっ♪」

息子「うわ……萎えるわぁ……」

神「このロリで興奮できる様になりなさい……」

男「なんだと!?ロリコン等犯罪者の予備軍ではないか!!」

神「ショタコンよりは健全だと思うけど?」

男「くっ……」

神「制限時間は変わらず一時間よ……」

神「まぁ精々あがきなさいな………」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 18:13:13 ID:oSJFMEgk

男「くそッ!どうすればいいんだ……俺はショタコン……ロリコンにはなれない……」

男「じいちゃん力を分けてくれ……」



祖父「男や……」

男「なに?おじいちゃん」

祖父「ショタはいいもんじゃな」ナデナデ

男「ん……こしょばいよ、じいちゃん」

祖父「ふふふ……」

祖父「お前を見て分かったよ」

祖父「ショタコンはショタコンを貫けばいいんだと……」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 18:16:26 ID:oSJFMEgk

神「一時間経過よ!」

男「………」

神「ふふふ、これでおしまいのようね……」

ロリ「おい、にいちゃん!遊ぼうぜ」

男「ああ、そうだな」

息子「ぶらすとおおおおおおおおおおおお!」ムキムキムキ 

神「何!?」

男「ボーイッシュロリならば女という事を忘れ興奮することが可能だ……」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 18:19:53 ID:oSJFMEgk

神「でもたった一時間よ!そんな短時間で調教するなんて不可能!」

男「一時間……一時間もあればショタコンを極めた俺なら可能だ……」

神 「なんて奴なの……」

男「さぁ返して貰おうか……」

男「元の世界へ……」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

神「ふふふ、流石私の認めた男ね!」

男「?」

神「この世界をつくったのは私があなたと結ばれる為よ……」

男「何!?」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 18:21:39 ID:oSJFMEgk

男「だが俺が好みなのはショタだ!ロリなんてお呼びじゃない!」

神「そうよ、でもあなたはボーイッシュロリに興奮した……」

神「とういう事はロリに興奮する事も可能という事……」

男「!?」

神「私の勝ちね!」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 18:26:16 ID:oSJFMEgk

神「まずあなたと出会ったのはあなたが14歳の時の事よ……」

神「その優しさとか顔とか性格とか全てが私好みだった」

神「けどあなたには一つだけ欠点があった……」

神「ショタコンだという事よ」

神「何年あなたを監視しても一向に治る様子は見られなかった」

神「でもあなたはあくまでショタコンなだけでホモでは無かった」

神「だから一般女性は普通に性の対象みたいだった」

神「でも私はロリの神、一生大人になる事はできない……」

神「だからショタに対してトラウマを植え付ける為このショタの世界を作ったのよ」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 18:30:42 ID:oSJFMEgk

男「くそッ!騙しやがったな」

神「これであなたをロリコンにできると分かった事だし安心安心」

神「改めて、普通に暮らしていいわよ!」



ピピピピピ  ピピピ ピ

男「クソ……いやな夢だった……」

男「朝だし一発抜くか……」

男「あれ……ショタ画像がない……」

男「俺のフォルダが全てロリ画像になってる……」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 18:32:33 ID:oSJFMEgk

男「ま……いっか」

男「朝飯でも食うか……」

ガチャ

兄「おとこ、おはよ!」

妹「おはよ!」

男「幼女だ!しかも2人も!!!」

「ただし、この世界で幼女で完璧にたてる様になってからね♪」

男「ちくしょおおおおおおおお!」





29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 18:34:28 ID:oSJFMEgk

今思ったらショタスレの癖に全然ショタをかけなかった……
次書く時はちゃんとタイトルに合わせれるようにしたいと思います
話の筋も全然通ってないんでそこも直したいと思います
ここまで見てくれてありがとうございました。



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 18:39:56 ID:M1HcY2lk


最後は、兄と妹を見て勃起したのかな?

乙乙



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 19:11:03 ID:sYQIWfTs

ショタもロリも大好きな俺が通りますよ



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 20:24:10 ID:PwhtbdC2

この世界のAVは必然的にショタ×ロリになるのか…



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 20:25:30 ID:oSJFMEgk

>>32
いや、おねショタになりますね






他のおすすめSS