転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1568993607/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/21(土) 00:33:27.40 ID:9l+q7uPT0

アイドルマスターシャイニーカラーズ、田中摩美々のSSです。次レスから投下していきたいと思います





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/21(土) 00:34:28.39 ID:9l+q7uPT0

ある日



摩美々「プロデューサー、これどうぞー」

P「ん?これは......マフィンか。また作ってくれたのか?」

摩美々「はいー、また味見に協力してくださーい」

P「喜んで。いただきまーす。............」

摩美々「どうですか~?」

P「............~~~~~~~~~~ッ!からっ!ゲホッ!から、からっ!エホッ!水!」

摩美々「ふふー、特製タバスコマフィンですよー。気に入っていただけましたかー?」

P「ふぁみみ~!」

摩美々「おっとっと~。では今日は失礼しまーす。おつかれさまでした~」

P「んぐっ、んぐっ......プハァ!こら摩美々!逃げるな!おーい!」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/21(土) 00:35:25.02 ID:9l+q7uPT0

またある日


摩美々「プロデューサー、これどうぞー」

P「また差し入れか?ありがとう」

摩美々「今日はレモンクリームマフィンですよー。アレンジに挑戦してみました~」

P「美味しそうだな。いただきまーす」

摩美々「......ふふー」

P「んぐんぐ、今回のは普通においしすっっっっっぱ!すっぱ!なんだこれ!?」

P「摩美々ー!ってもういないし!あいつめ......」

P「ん?このメモは」

『プロデューサーへの感謝の分だけレモンマシマシにしておきましたー。おそまつさまでーす』

P「ハァ、全く......」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/21(土) 00:36:33.01 ID:9l+q7uPT0

またまたある日 


摩美々「プロデューサー、どうぞー」 

P「おっ、ありがとう!今日のは見た目は普通だな?」 

摩美々「さぁー?どうでしょうねー」 

P「いい加減俺も慣れて来たからな、もし変な味がしても平気で食べてやろう。ちなみに何味なんだ?」 

摩美々「今日のはですねー、まみ味でーす」 

P「......まみ味?」 

摩美々「まみ味でーす。食べてみてのお楽しみー」 

P「よくわからないが、秘密ってんなら当ててやるからな、いただきまーす。モグモグ........................なん、この、なんだ?」 

摩美々「わかりますかー?」 

P(甘い?しょっぱい?すっぱい?辛い?わからん、色々複雑に存在してるのにあまりにも輪郭がぼんやりしている。うまいのか?まずいのか?それすらわからん。なんだこれ) 

P「......降参だ。どういう作り方したんだ、これ」 

摩美々「色々混ぜてなんとも言えない味を目指しましたぁ。プロデューサーの困ってる顔、面白かったですよー」 

P「くっ、取り乱さなかったのにすごい負けた気分だ......!」 

摩美々「ふふー」 



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/21(土) 00:37:24.20 ID:9l+q7uPT0

またまたある日 




摩美々「お疲れ様で─」 

はづき「プロデューサーさん、お疲れ様です~」 

P「はづきさん、お疲れ様です。コーヒーありがとうございます」 

はづき「いえいえ~」 

摩美々「!」ササッ 

摩美々(私、なんで隠れてるんだろ......) 

P「あっ、そうだ。よっと......」 

はづき「Pさん、それは?おいしそうなマフィンですね~」 

P「ええ、摩美々が作ってきてくれたんです」 

摩美々(......!) 

P「せっかくなんで、コーヒーと一緒に頂こうかなって」 

はづき「最近よく持ってきてますね~、摩美々ちゃん。」 

P「ええ、まあ一個は毎回イタズラマフィンなんですけど......いつももう一個普通の奴が付いてまして。取っておいて休憩の時に食べるのが楽しみなんです。」 

はづき「あらあら~、ふふっ。それはいいですね~」 

P「ええ。しかも最初に比べて段々美味しくなってるんですよ。一生懸命練習してるんだなーと思ったら嬉しくて。いただきます。......うん、美味い」 

摩美々(.............) 



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/21(土) 00:38:21.02 ID:9l+q7uPT0

数日後 


摩美々「プロデューサー、どうぞー」 

P「おっ、ありがとう。いただきます」モグモグ 

摩美々「......随分普通に食べますねー。結構たくさんカラシ入れたつもりだったんですケド」 

P「ははは、俺も大概慣れたからな。そう簡単には驚かないえふっ、ごめんやっぱ水、けほっ」 

摩美々「そうですかー、それじゃ」 

P「あ、摩美々!」 

摩美々「なんですかぁー?お説教なら聞きませんよー」 

P「今日のこれもだけど、この前の普通のマフィン、美味しかったよ、ありがとうな。」 

摩美々「別にー、プロデューサーのために練習したわけじゃないですケド。試食をお願いしてるだけですー」 

P「それでもだよ。ついででもなんでも、担当アイドルがお菓子作ってくれたってんなら嬉しいさ」 

摩美々「......そうですかー」 

摩美々(そういう所、ホントにズルいですよねー) 

P「ん?なんか言ったか?」 

摩美々「なんでもありませーん、おつかれさまでーす」 

P「?そっか、気をつけて帰れよー」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/21(土) 00:38:54.25 ID:9l+q7uPT0

P(担当アイドルが作ってくれたお菓子なら嬉しいさ) 

摩美々「............」 

P(おいしかったよ、いつもありがとうな) 

摩美々「ふふー♪」 




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/21(土) 00:39:54.50 ID:9l+q7uPT0

また数日後 

P「おっ摩美々、お疲れ」 

摩美々「おつかれさまでーす。今日も作ってきたんで、いいリアクションお願いしまーす」 

P「望むところだ。そう簡単にいくと思うなよ。ちなみに今日は何味なんだ?」 

摩美々「今日はぁー、まみ味でーす」 

P「またあのよくわかんないやつか?よーし、今度こそ何が入ってやるか当ててやる」 

摩美々「自信満々ですねー。それじゃーあ、プロデューサーは目を閉じてくださーい」 

P「? なんか必要なのか?ほい」 

摩美々「大丈夫でーす。それじゃぁ─」 

P「............」 

P「............おい摩美々?一体何が―」 





チュッ 



P「!?」 

摩美々「ふふー♪」 

P「なっ、まみ、なっ、なぁ!?」 

摩美々「だから言ったじゃないですかー、『まみ味でーす』ってー」 

摩美々「プロデューサーのその顔、最高ですよー♪」 

P「ちょっ、な、摩美々~!」 

摩美々「おつかれさまでーす」 

P「おいコラ待て!何のつもりだ!おい!摩美々ーーーーー!」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/21(土) 00:40:44.09 ID:9l+q7uPT0

摩美々「.............」 

摩美々「........................しちゃった」カアァ 








おしまい



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/21(土) 00:41:47.02 ID:9l+q7uPT0

以上となります。拙作をお読みいただいてありがとうございました。HTML化依頼出してきます







他のおすすめSS