転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1364732306/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:18:26 ID:vUFIuQiU


エクシア「どうですかっ!」クルン

刹那「………………」

刹那「どうと言われてもな…」

刹那「驚いている、としか言いようがないな」

刹那「エクシアが…人間、しかも少女の姿になるとはな」

エクシア「だ か ら!」

エクシア「どうですか!刹那さん♪」クルリ

刹那「そうだな、取り合えず驚いている」

エクシア「………………むぅ!」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:19:27 ID:vUFIuQiU

刹那「どうした」

エクシア「べっつにぃ~なんでもないですよぉ~だ」

刹那「それにしては不機嫌だな」

エクシア「いいんですよ、いいんですよ、刹那さんはお姫様が大好きなんですから~?ラブラブしちゃってくださいよ」

刹那「…マリナの事か?」

刹那「別に彼女はお前や周りが言うような…恋愛感情の絡んだ関係ではないぞ」

エクシア「ほんとですかっ!」

刹那「あぁ」

エクシア「そうですか…そうなんですかぁ~んふふ~♪」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:22:14 ID:vUFIuQiU

刹那「マリナは…俺とは違う、だが、同じものを目指す…トレミーの仲間とは違う意味で、彼女は戦友…」

刹那「…いや、うまく言葉に出来ないな、すまない」

エクシア「…マリナさんが大切ですか?」

刹那「そうだな、それだけは確かだ」

エクシア「………そうですよね…御免なさい」ショボン

刹那「どうして謝る?」

エクシア「……………」フルフル




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:23:03 ID:vUFIuQiU

刹那「…………………」

エクシア「…………」

刹那「……………」

エクシア(空気が重くなっちゃった…)

エクシア(せっかく刹那さんとお話しできるのに…何か話題を…)

刹那「……他の」

エクシア「はっ?はいっ!なんでしょうかっ!」

刹那「他の機体にも…お前のように意志があったりするのか?」

エクシア「むぅ…他の娘の話ですか…」

刹那「…何か問題があるのか?」

エクシア「いいえっ!何にもっ!」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:24:36 ID:vUFIuQiU

エクシア「そうですね…」

エクシア「ケルディムさんは皆の頼れるお姉ちゃんです」

エクシア「喧嘩しそうなときや戦いで危ない時はよく助けてもらいました」

エクシア「最近、体が変わっちゃたせいか、前と同じようにはいかないって悩んでますけど」

刹那「……………」

エクシア「けど、そこは私達がフォローすればいいかなって」

エクシア「まぁ、いままでお世話になったお返しって訳じゃないんですけどね、仲間ですから」

刹那「……………」

刹那「そうだな、その通りだな」

エクシア「他にも、セラフィムちゃんはいつも、セラヴィーちゃんにベッタリでとっても仲良しさんなんですよ」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:25:06 ID:vUFIuQiU

エクシア「私達とも、もっと話してくれればいいんですけどねぇ…」

エクシア「セラフィムちゃん恥ずかしがりやさんですから」

エクシア「後…そうですねGNアーチャーさん…なんですが」

刹那「仲が悪いのか?」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:25:39 ID:vUFIuQiU

エクシア「…悪くは、ないです」

エクシア「ただ、あまり打ち解けてくれなくて…」

刹那「………………そうか」

エクシア「ふふっ…そんな深刻な顔をしてくれなくても大丈夫ですって!」

エクシア「今すぐは無理でも、きっと仲良くなっちゃいますから!」

エクシア「最近は、挨拶くらいはしてくれますもん」

刹那「…うまくいいといいな」

エクシア「はい♪…大丈夫です、彼女が本当は…誰よりも優しい娘だって皆わかっていますから」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:26:13 ID:vUFIuQiU

エクシア「まぁ、それが私達なんですが…」

刹那「いや、まだいるだろう」

エクシア「はぇ?」

刹那「…オーガンダムだ」

エクシア「…あぁ」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:31:58 ID:vUFIuQiU

刹那「オーガンダムは…どういう奴なんだ」

エクシア「知りません」

刹那「?」

エクシア「私、あの娘とあんまりお喋りしたくないですもん!」

刹那「どうしてだ?」

刹那「お前とオーガンダムの太陽炉はダブルオーとして…」

エクシア「はっ?!…破廉恥ですよ刹那さんっ!」

エクシア「いきなり…太陽炉だなんてっ!」

エクシア「だっ、だけど…私、刹那さんなら//」

刹那「よくわからんが…すまない」

エクシア「いっ、いえいえ!私こそ変な事で先走っちゃって…!」

刹那「……………」

エクシア「……………」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:32:30 ID:vUFIuQiU

刹那「………………」

エクシア「……………」

刹那「………………」

エクシア(また、無言になっちゃった…!)

刹那「…………」

エクシア(なんでもいいから楽しい話題、面白い話を…折角、刹那さんとお喋りできるんだもんっ…!)

エクシア「そっ…そういえば刹那さん、昔変な事言ってましたね!」

刹那「…?」

エクシア「俺がガンダムだ!」

刹那「………」

エクシア「いやいや、ガンダムは私ですよーって正直、突っ込みたくてあははは~!」

刹那「………」

エクシア「あははは…」

刹那「………」

エクシア「…はれぇ?」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:33:00 ID:vUFIuQiU

刹那「……………」

エクシア「せ…刹那さん?」

刹那「そうだな、あの頃の俺は…ガンダムになりたかった」

エクシア「そ、そうなんですか…」

刹那「クルジスで…ありもしない神を盲信し戦い、そして絶望した俺を助けた、それが…」

エクシア「オーガンダム、ですか…」

刹那「そうだ、あの時、俺は思った」

刹那「俺もあのような存在になりたいと…紛争を根絶する存在に」

刹那「あの、ガンダムになりたいと…思ったんだ」

エクシア「…………………」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:33:31 ID:vUFIuQiU

エクシア「…からかって御免なさい」

刹那「いいんだ、自分でもあの頃の自分は、少し子供過ぎたと思っている」

エクシア「でも、思いは変わってないんですね」

刹那「あぁ」


エクシア「………………」

エクシア「ガンダムは兵器です」

刹那「…………」

エクシア「兵器は戦う為に」

エクシア「目標を駆逐するためのものです」

刹那「そうかもしれないな」

エクシア「…でも、刹那さんがそれを願うなら、私はその助けになりたい…そう、思ってます」

エクシア「私だけでなく他の皆も、きっと」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:34:05 ID:vUFIuQiU

エクシア「私は刹那さんのガンダムですから」

刹那「……………」

刹那「エクシア」

エクシア「はい」

刹那「昔の俺は…独りだった」

刹那「クルジスで絶望し…組織に入ってからも…すぐには打ち解ける事は出来なかった」

刹那「…俺は、人付き合いが…苦手だからな」

エクシア「あはは、そうですね、昔の刹那さんは見ているこっちが心配になるくらいでしたね」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:40:58 ID:vUFIuQiU

刹那「正直、今も俺はそういった事が得意ではないと思う…だが」

エクシア「えぇ、今の刹那さんは皆から信頼されている」

エクシア「そして刹那さんも他の皆を信頼している…仲間として」

エクシア「それが嬉しいって言うと、生意気ですかね、ふふ」

刹那「あぁ、だが少し違うな」

エクシア「と、いいますと?」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:41:33 ID:vUFIuQiU

刹那「トレミーの皆は勿論大切な仲間だ…」

刹那「ロックオン、ティエリア、ハレルヤ、ミス・スメラギ、イアン、ピーリス、フェルト、沙慈、ラッセ…」

刹那「リヒテン、クリスティナ」

刹那「…ニール・ディランディ」

エクシア「はい皆、刹那さんの…」

刹那「お前もだエクシア」

エクシア「…私も、ですか」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:42:15 ID:vUFIuQiU

エクシア「いいんですか?私が私達がその人達の中に入っても?」

刹那「当然だ、きっと他の皆もそう言ってくれる」

エクシア「刹那…さん…」

刹那「話が出来るということに驚いて、肝心な事が言えてなかったな」

エクシア「……………」

刹那「いままで、有難う、そしてこれからも宜しく頼む」

刹那「エクシア…俺のガンダム」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:45:00 ID:vUFIuQiU

エクシア「ぅ…ぅわぁああああぁあんっ!」

刹那「別に泣くことはないだろう」

エクシア「泣いてなんかないですっ!」

エクシア「今出ちゃってるのは…ぅう、これはGN粒子ですっ!」

刹那「ははっ…そうか、すまない」

エクシア「ぅうっ…私…私っ、ずっと刹那さんのガンダムですからっ!」

エクシア「ずっと刹那さんとガンダムですからっ!」

刹那「あぁ…そうだな」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:45:33 ID:vUFIuQiU

ーーーーーーーー

それは、数分間、もしくは数瞬だったのか
機体に致命的なダメージを受けた際に、少し意識を失っていたらしい
夢を見ていたかもしれない、それは心暖まるものであったかも知れない
だが、それを明確な形で思い起こす暇などありはしない

自分の機体ダブルオーはリボンズの機体と戦いー
向こうも決して無視できぬダメージを受けたとはいえ、こちらの機体はほぼ機能停止寸前だった

もう、ダブルオーでは戦えない
だが、リボンズは時をおかず再び襲いかかってくるだろう

だが、まだ希望がある

仲間が刹那の逆転を信じ、そして届いた機体が
リボンズの奪取を免れたもう1つの太陽炉が



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 21:46:16 ID:vUFIuQiU

刹那「…ありがとう」

何故、そんな言葉を呟いたのか
それは、自分でもわからない
否、悩まなくてもいい、それは当然の事なのだ

仲間だから、刹那を護り共に戦う為に来てくれた

それで納得する自分に違和感は感じない

ー行こう、終わらせるためでなく、始めるために、俺とお前で

「刹那・F・セイエイ…ガンダムエクシア、未来を切り開く!」


おわり



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/31(日) 23:18:38 ID:TepB6zcM

何番煎じだよ…って思ったけど、最後の展開が好みでグッときた





21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 20:28:00 ID:gGWfKbvE



ちょっとジーンと来た……エクシアカッコイイよエクシア



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/04(木) 03:29:52 ID:nH9G4JRg

ラスト、締めの展開にやられた!






他のおすすめSS