転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1380839540/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:32:20 ID:B5VNbgjE

上条「えっと…?」

上条「参加資格は学生であることのみ…」

上条「最優秀賞を獲得した参加者には…」

上条「しょ、賞金500万円!?マジかよ!?」

上条「…最近、インデックスの大変旺盛な食欲のせいで、上条さん家の財政は酷いことになっております」

上条「これは参加するしかねぇ!」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 11:23:10 ID:mWclCmsU

御坂は面白そうだから参加したのか?
金には困ってないだろうし



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 15:03:38 ID:B5VNbgjE

>>29
すみません考えてなかったです
とりあえず思いついた設定で補足

>>2
御坂「今オークションに世界に一つしかない限定版の等身大ゲコ太クッションが出品されているけど…」

御坂「でも、500万円するのよね…。ちょっと高すぎるわ…」

御坂「別に出せなくはないんだけど…さすがにそんな大金を一度に使ったら怒られるから…」

御坂「これは優勝して500万円を手に入れるしかないわね…!」

御坂「やるしかないでしょ!」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:35:13 ID:B5VNbgjE

上条「ということで、一緒に出場しないか?」

土御門「マジで言ってんのかにゃー?かみやん」

上条「マジも大マジだ。なんたって500万円だぞ!?」

土御門「まぁ、レベル0には奨学金なんて下りないからにゃー。かみやん然り俺らは貧乏学生だにゃー」

上条「だろう?だから一緒に優勝目指そうぜ?」

土御門「しかし、かみやん。一体何をやるつもりぜよ?」

上条「この学芸会とやらでは、毎年『意外性』が重要視されてるらしい」

土御門「意外性…ねぇ」

上条「というわけで、バンドをやろうと思う!」

土御門「…いやそれ、どう考えても普通だし他の参加者たちと被るにゃー」

上条「ただのバンドじゃねぇ!意外性たっぷりなバンドをやるんだ!」

土御門「つまりどういう?」

上条「それはまだ考えてない」

土御門「なんだそりゃ…」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:35:46 ID:B5VNbgjE

上条「とりあえずそれは追々考えるとして、まずは人数集めないと」

土御門「バンドとしての体裁を整えるなら、まぁ最低でも3人は必要だにゃー」

上条「よし、じゃああと一人だな」

土御門「え、俺は既に数に入れられてるのかにゃー!?」

上条「え、ダメ?」

土御門「…しょうがないにゃー」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:39:09 ID:B5VNbgjE

───

上条「というわけだ青ピ」

青ピ「なーんや。そういうことなら、勿論おっけーだよかみやん」

上条「青ピ!お前が話の分かる奴で良かった!」

青ピ「それに、大勢の女の子の前でカッコイいことやれば、あわよくばフラグを立てられる!」

青ピ「こんなんやるしかないやろぉ!」

土御門「結局はそれかにゃー」

青ピ「かみやんは、フラグを確立させに行くんやろ?」

上条「ちげーよ…。上条さん家は財政難なんです…」

青ピ「まぁ、そういうことにしといたるわ!」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:39:49 ID:B5VNbgjE

上条「ところで青ピ、お前確かドラム叩けたよな?」

青ピ「そこそこやけどな。あまり期待せえへん方がええで」

上条「そこそこで十分だよ。俺は楽器なんて触ったことないからな」

土御門「右に同じにゃー」

青ピ「えー、そんなんで大丈夫なん?」

上条「なんとかなるだろ」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:41:05 ID:B5VNbgjE

───

青ピ「しかしバンドとして出場するなら、3人は寂しいで」

上条「うーん、じゃあもう一人誘うかぁ」

土御門「当てがあるのかにゃー?」

上条「一応、な」

青ピ「んなら、その人誘っといてな」

上条「え、一緒に来ないのか?」

青ピ「最近ドラム触ってへんかったから、ちょいとリハビリせな」

上条「そか、分かった」

青ピ「そんじゃ、また明日」

上条「おう」

土御門「すまんなーかみやん。俺もちょっとこれから用事があるぜよ」

上条「土御門もかよ」

土御門「ホントすまないにゃー。上手く誘える事を願ってるぜよ」

上条「ああ、分かった」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:42:31 ID:B5VNbgjE

───

上条「さて、と」

上条「あいつは街中ぶらぶらしてる事が多いから歩き回ってりゃ見つかるんだろうが…」

上条「時間も惜しいし、電話してみるか」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:43:42 ID:B5VNbgjE

───

一方通行「…でェ?わざわざファミレスなんかに呼び出して俺に何の用ですかァ?」

上条「えーとですね…」

上条「かくかくしかじか」

一方通行「ハッ、馬鹿かテメェ」

一方通行「俺がそういうことする人間に見えんのかァ?」

上条「頼む!このとーり!」

一方通行「勝手にやってろ…」ガタッ

上条「ま、待ってくれ!」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:45:03 ID:B5VNbgjE

上条「賞金500万円だぞ!?」

一方通行「金には困ってねェ。それに優勝出来ると決まったわけじゃねェ」

上条「う、打ち止めに良いところを見せるチャンスだぜ!?」

一方通行「…あァん?なんでそこでガキの名前が出てくる!」

上条「前に打ち止めと話した時、音楽やってる人カッコイいよねーって言ってたからさ」

上条「(嘘だけど)」

一方通行「…チッ、しゃーねーなァ」

上条「(ホントちょろいなこいつ)」

一方通行「しかしよォ、俺は楽器なんか触ったことないぜ?」

上条「そうか…」

上条「楽器経験者は青ピだけか…」

上条「うーむ」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:46:39 ID:B5VNbgjE

翌日

土御門「…おいおい、かみやん。よりによってこいつか…」

一方通行「…なんでテメェがここに居やがる」

土御門「…俺もかみやんに誘われたんだよ」

青ピ「この人確か、第一位の人やなかったか?」

上条「ま、まぁまぁ。一方通行もこれから一緒に頑張る仲間だ。仲良くしようぜ?な?」

土御門「はいはい」

一方通行「チッ」

青ピ「なんか怖いで…、この人」

土御門「で、何するか決めたのかにゃー?かみやん」

上条「あぁ…」

上条「俺たちは…」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:47:16 ID:B5VNbgjE


上条「…アカペラをやる!」

土御門「…」

青ピ「…」

一方通行「…帰るわ」

上条「あああ待て待て!待ってくれ!」

上条「とりあえず話だけでも聴いてくれ!」

一方通行「チッ…」

土御門「…で、かみやん?」

青ピ「ジャンルは何するん?」

上条「ジャンルは───」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:49:45 ID:B5VNbgjE

───

御坂「というわけなの」

白井「…そういうことでしたら、よろしいですわ」

白井「他ならぬお姉様の頼み。この黒子、快く承りましょう!」

御坂「ありがとー黒子!」

白井「それで、何を披露するおつもりなんですの?」

御坂「色々考えたんだけど、チェロで何かやるのはどうかしら?」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:50:17 ID:B5VNbgjE

白井「チェロ、でごさいますの?…確かに弾けなくはないですが、ありきたりすぎるのでは?」

御坂「意外性が重要、とか言ってたわね」

御坂「私にちょっとした考えがあるの」

白井「考え、というのは?」

御坂「ふふふ、今は秘密」

御坂「まずはメンバーを集めましょう」

白井「分かりましたわ」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:51:30 ID:B5VNbgjE

───

御坂「というわけなのよ」

御坂「お願い出来るかしら?」

佐天「うーん、チェロかぁ」

初春「小学の時に音楽の授業で弾いたことはありますけど、それ以来ですね」

佐天「それに、あんまり上手く弾けないしなぁ…」

御坂「大丈夫!バッキングだけ弾いてくれればそれで良いから!」

白井「(バ、バッキング!?お姉様は何をするおつもりですの!?)」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:52:08 ID:B5VNbgjE

佐天「…わかりました!」

初春「頑張ってみます!」

御坂「ありがとー!佐天さん、初春さん!」

佐天「いえいえ、他ならぬ御坂さんの頼みですから!」

白井「…なんだかデジャヴですの」

初春「そうと決まれば早速練習しましょうよ!」

御坂「あ、待って。もう一人誘いたい人が居るの」

白井「もう一人?」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:54:21 ID:B5VNbgjE

───

固法「ふーん、面白そうね」

御坂「お願いできますか?」

固法「ええ、勿論よ」

御坂「やった!ありがとうございます!」

佐天「まさかそのもう一人が」

初春「固法先輩だったなんて…」

白井「予想外でしたわ…」

御坂「それで、固法先輩にはドラムをお願いしたいんですが…」

固法「ドラム…かぁ。良いわよ」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:55:29 ID:B5VNbgjE

初春「先輩、ドラム叩けたんですか?」

固法「昔、バンドをやってたからね」

白井「初耳ですわ。どのようなバンドをやっていたんですの?」

固法「メタルバンド」

佐天「うわぁ…」

御坂「腕には期待できそうですね!」

固法「任せときなさい…ふふふ」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:56:28 ID:B5VNbgjE

各々練習に励み、学芸会当日

上条「ついにこの日が来たな!」

土御門「あぁ」

青ピ「抜かりないでぇ!」

一方通行「…はァ」

土御門「覚悟を決めろ。一方通行」

一方通行「もう…なるようになっちまぇ」

上条「目指すは賞金500万円!」

上条「四人で山分けだから…えーと」

土御門「一人125万円ぜよ」

上条「それでも125万円か!」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 07:59:03 ID:B5VNbgjE

青ピ「貧乏学生には夢のような金額やぁ…!」

一方通行「…くっだらねェ」

青ピ「125万円あったら、ドラム増設しまくろ…!」

一方通行「(打ち止めに何か買ってやるかァ)」ニヤニヤ

上条「ん、何にやにやしてんだ?一方通行」

一方通行「あァん?誰がにやにやしてるってェ!?」

上条「…いや、見間違いでしたすみません」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 08:00:54 ID:B5VNbgjE

───

司会「以上、『マジシャンズ』の皆さんでしたー!」

パチパチパチパチ

上条「今の手品、すごかったな」

土御門「身体が五等分されてたにゃー。こりゃレベル高いぜぇ」

青ピ「まぁでも、意外性には欠けてたなぁ」

一方通行「…帰りてェ」

土御門「ん…そういやかみやん。俺らのチーム名は何ぜよ?」

青ピ「そういえば決めてへんかったなぁ」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 08:01:54 ID:B5VNbgjE

上条「あぁ、それならアカペラやるって決めた時にもう思いついてたから、勝手に決めちまった」

土御門「おいおい…。そういう時は皆の意見を聴くのが普通じゃないかにゃー」

上条「悪い、これだけは譲れなかったんだ」

一方通行「んでェ?そのチーム名とやらはァ?」

上条「…」

上条「『van 上条』だ!」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 08:03:33 ID:B5VNbgjE

───

白井「ついにこの日が来ましたわね」

御坂「みんなで頑張って、優勝目指そう!」

佐天「おー!」

初春「それにしても、固法先輩があんなにドラム上手かったなんて…、意外でした」

固法「ふふ…、伊達にスラッシュメタルやってたわけじゃないわよ」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 08:04:19 ID:B5VNbgjE

白井「そういえば私たち、チーム名を決めていませんでしたが…」

御坂「ああ、それなら私が勝手に決めちゃった」

佐天「え、そうなんですか?」

御坂「ごめんねー、これだけは譲れなくて」

初春「それで、チーム名は何にしたんですか?」

御坂「…」

御坂「『Misacalyptica』よ!」

固法「…!」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 15:10:33 ID:B5VNbgjE

───

司会「それでは続いて、『Misacalyptica』による、チェロ四重奏です!」

パチパチパチパチ

上条「ん?」

上条「げぇ、ビリビリ!?」

一方通行「…あァ?オリジナル?あいつあんなとこで何してやがんだ?」

土御門「まさか、超電磁砲が参加してるとは」

青ピ「なんやなんやぁ!?えらい可愛い子ばっかりのチームやなぁ!」

司会「それでは、よろしくお願いします!」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 15:11:18 ID:B5VNbgjE

青ピ「お、始まるでぇ」

シーン

御坂「」チャン チャン チャン

白井「」チャララララー

上条「お、クラシックか?」

土御門「紅茶が飲みたくなってくるぜよ」

一方通行「…俺はコーヒーが飲みてェ」

御坂「」チャラララ チャラララ チャーラーラーラーラー…

御坂「…」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 15:12:40 ID:B5VNbgjE

御坂「…!」

御坂「」ギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコ

上条「…」

土御門「…な、なんか弓を激しくギコギコしだしたぞ」

白井「」ギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコ

初春「」デンッ

佐天「」デンッ

初春・佐天「」デンデンデンッ

固法「」ズッタズッタズッタズッタズッタズッタ

青ピ「…な、なんか怖いんやけど。つうかドラム上手すぎやない?」

一方通行「…なんだァこりゃ」アゼン



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 15:14:37 ID:B5VNbgjE

御坂「」キコキコキコキコキコキコキコキコ♪

上条「ソ、ソロまであるのか…」

白井「」キコキコキコキコキコキコキコキコ♪

土御門「レベル高すぎだにゃー…」

御坂「」デーンッ

佐天「」デデデデンッ

白井「」デデデデンッ

初春「」デンッ

固法「」シャーン!

上条「やばい…意外性抜群すぎる…!」

土御門「常盤台の生徒がバリバリのメタル、しかもメタ○カをやるとはにゃー」

上条「ああ…、しかしまずいな」

青ピ「せやな…コピーしたバンドが被ってしまっとるからなぁ」

一方通行「へェ…」

上条「でも、やるしかねぇ!」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 15:16:39 ID:B5VNbgjE

───

ザワザワ ザワザワ

司会「い、いやぁ凄かったですねぇハハハ…。そ、それでは、続きまして『van 上条』のご登場です」

御坂「疲れたー!」

白井「観客の皆さんはすごい顔していましたの」

佐天「まぁ、そりゃそうなるよねー」

初春「でも楽しかったです!」

固法「えぇ…久々にあんなに激しく燃えたわ」

初春「次のチームもバンドらしいですよ」

佐天「え、見たい見たい!」

御坂「それじゃ、観客席に移動しましょうか」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 15:17:16 ID:B5VNbgjE

───

パチパチパチパチ

御坂「…んん!?あ、あれはぁ!」

白井「あ、あんの類人猿!何故ここに!」

御坂「しかも一方通行まで!?もうこれだけで意外性抜群なんだけど!?」

固法「面白くなりそうね」

佐天「あれ?ドラム以外、楽器持ってませんよ?」

初春「まさかアカペラ?」

司会「それではお願いします!」
御坂「は、始まるわ!」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 15:18:32 ID:B5VNbgjE

上条「ウーウー」

土御門「ンーンンー」

上条「ウーウー」

土御門「ンーンンー」

一方通行「バチュリー バーチュリー」

青ピ「」ダン ダダダン

一方通行「バーチューリーイー!」

上条「リン リキリン リキリン リンリンリン リン リキリン リキリン リンリン」

一方通行「バチューリ バチューリ」

土御門「ダッ ダダダダッ」

一方通行「ラタンタンタン!」

青ピ「」ズッタズッタズッタズッタズッタ!

御坂「こ、これは…」

白井「アカペラでメタルですってぇ!?」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 15:21:23 ID:B5VNbgjE

佐天「な、なんか怖いこれ」

初春「でも、すごいです!口でちゃんと忠実に刻んでますよ!」

固法「あのドラムの青髪…やるわね」

一方通行「ラン タン タン タン タン タン タン タン」

土御門「ラン タン タン タン タン タン タン ターーン」

上条「ラタン タン タン タタン!」

シーン

司会「(二組続けて…今回の出場者なんなの)」

司会「ハッ…!あ、ありがとうございましたー」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 15:22:30 ID:B5VNbgjE

───

上条「結局、最優秀賞は逃してしまった上条さん率いる『van 上条』でしたが」

上条「たまたま来ていた音楽関係の事務所の方に気に入られて、俺達は事務所に所属することになりました」

上条「なんでも御坂たちのチームもどこかの音楽事務所に所属したらしく、近い内にフィンランドでライブをするそうで」

上条「予想だにしてなかった結果に戸惑いながらも、俺達は何だかんだで上手くやってます」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 15:24:51 ID:B5VNbgjE

上条「お金に困ることはなくなりましたが、だからといって無駄遣いするわけにもいかないので、必要最低限以外のお金は貯金しています」

上条「インデックスにはケチだなんだと言われますが…。一応は前より毎食ごとの量は増やしているんですがね」

上条「あの万年空腹シスターにはほとほと困らせられてますよ、ええ」

上条「あ、それじゃあそろそろ収録が始まるので…」

上条「機会があれば、是非『van 上条』の生演奏を見にきてください」



─完─



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 15:28:21 ID:B5VNbgjE

終わりです
分かりにくいネタですみません

元ネタ
van 上条→van canto
Misacalyptica→Apocalyptica

参考動画
Apocalyptica - Fight Fire With Fire - YouTube
Van Canto - Battery (Official) - YouTube

興味があったら見てみて下さい

最後まで読んで下さった方々、こんな駄作に付き合ってくれてありがとうございました



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 01:16:27 ID:/9tjqTqI

乙ー



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 18:52:52 ID:PfhJTbbY







他のおすすめSS
「学園都市レイプ!淫夢厨と化した学生」 
佐天「麻雀で天和しかでない能力かぁ」 
食蜂「派閥って呼ばれてるけど、実際はヤリサーみたいなものよぉ」 
佐天「自動ドアのセンサーが反応しなくなる能力かぁ」 
佐天「スカートをめくるだけでイかせる能力かぁ」 
美琴「佐天さんが援交してるですって!?」 
浜面「女の子になれる能力かぁ」 
フレ「ンダは流石に助からなかったってわけよ」 
佐天「ことわざを現実にする能力?」 
御坂「あんた、この体・・・」食蜂「見ちゃだめぇ!」