転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1366095379/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/16(火) 15:56:19 ID:iUmvi9IU

男「あの…その…」

女「なんなのよ、じれったいわね~」

男「怒らないで聞いてよ?」

女「分かったから早く!」

男「匂い嗅がせて欲しいんだ…///」

女「はぁ!?」

男「その…足の匂い…///」

女「あ、あんたバカぁ!?なにそれ、変態じゃないの!?」

男「うん…そうかもしれない…」

男「女の足の匂いの事を考えると、夜も眠れないんだよ…///」

女「冗談じゃないわ!!イヤよ絶対!!」

男「どうしてもダメ?」

女「あったり前でしょ!!」

男「そ、そうか…」ガックシ…



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/16(火) 16:42:44 ID:iUmvi9IU

男「分かったよ…じゃ…」トボトボ

女(あいつ、一体どうしたのかしら…?)


男(ああ~嗅ぎたい!無性に嗅ぎたい!この欲求どうしたらいいんだ!?)

無口女「」テクテク

男「あっ、無口女!」

無口女「男くん…?」

男「あのさ…お願いがあるんだよ…」

無口女「なに?」

男「無口女の…その…///」

男「足の匂い…嗅がせてくれないかな?///」

無口女「」

無口女「…いいわ」

男「ホント!」

無口女「ここじゃアレだから…家に来て」

男「うん!」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/16(火) 17:05:31 ID:iUmvi9IU


無口女「上がって…」

男「お、お邪魔します」

男(相変わらず殺風景だな…)

無口女「で、どうしたらいいの?」

男「あ、じゃ椅子に座ってよ」

ギシッ

男「ちょっと足持つからね…」グイ

無口女「」ピクッ…

無口女(男くんが…わたしの足の爪先に、鼻を近づけてる…///)

男「」クンクン…

男(来てる!来てるぞ!1日蒸れ切った足の匂い!最高だよ無口女!)

無口女「どうなの…?」

男「もう最高だよ!つーんとした酸味の効いた所が堪らないよ!」

無口女「そ…そうなの…///」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/16(火) 17:15:22 ID:iUmvi9IU


無口女「ねぇ男くん…」

男「え、なに?」

無口女「どうして足の匂い…嗅ぎたいの?」 

男「どうしてって…僕も良く分からないよ…」

男「でも…とても興奮するんだ…///」

男「見てよこれ…///」 

無口女「!?」 

無口女(男くんのズボンが…腫れてるみたい…?)

男「もう…我慢が出来ないよ…無口女…///」ヌギッ 

無口女「あっ…///」 

男「こんなにカチカチになっちゃったよ…///」ギンギン 

無口女「ど、どうしたらいいの?」 

無口女「ごめんなさい…わたし、こう言う時…どうしたら良いのか、わからないの…///」 

男「しゃぶれば良いと、思うよ…」ニッコリ



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/16(火) 17:32:20 ID:iUmvi9IU


無口女「し、しゃぶる?」 

男「口に入れて舐めてくれれば良いんだよ…」 

無口女「わかった…///」 

アムッ ングッ 

男「うう…//」ビクッ 

チュポン

無口女「どうしたの?」

男「やめないで続けて…気持ちいいんだよ…//」 

無口女「わかった…//」アムッ…ムチュレロ…

男「はぁはぁ…き、気持ちいい~」ゾクゾク 

無口女「」カポォ…レロレロォ…



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/16(火) 17:33:01 ID:iUmvi9IU


男「も、もう出そうだよ…無口女…」ブルブル 

無口女「え?まっへ…ろおふれは…」レロレロレロォ… 

男「うっ!」ビュルッ!ビュルル!ビュクンビュクン… 

無口女「んぐっ…」ゴクン… 

男「はぁはぁ…良かったよ…」 

無口女「飲んでしまったわ…///」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/16(火) 17:40:13 ID:iUmvi9IU


無口女「男くん…///」 

男「え?」 

無口女「わたし…なんだかムラムラする…///」ウルッ

男「無口女…」 

無口女「こうなったのも…男くんのせい…」 

無口女「どうにかして…///」ズイッ 

男「ど、どうすれば良いのか分からないよ…///」

無口女「なんだか…股間がヌルヌルする…///」 

男「じゃあ…ちょっとスカートめくるよ」ペロン 

無口女「恥ずかしい…///」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/16(火) 18:01:24 ID:iUmvi9IU


男「パンツに染みが出来てるよ…///」

無口女「イヤ…見ないで、恥ずかしいわ…///」

男「じゃ、やめるよ…」 

無口女「ダメ…やめないで…」 

男「じゃあちょっと脱がすよ…」スルスル 

無口女「…///」

男「うわ…糸引いてる…」ヌチャァ… 

無口女「男くん…わたし、ドキドキが止まらない…///」 

男「さっき舐めてもらったから、僕もしてあげるよ…」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/16(火) 18:29:37 ID:iUmvi9IU


男「ちょっと足広げてもらえるかな?」グイッ 

無口女「えっ?えっ?」 

男「」ゴソゴソ… 

無口女「男くん…そこは汚いわ…///」 

男「大丈夫だよ…」チュプレロ…

無口女「あっ!///」ビクン 

男「」レロレロォチュブレロォ… 

無口女「はっ…あっ…男くん…気持ちいい…///」

男(おしっこ臭いし、しょっぱいや…)レロレロォ… 

無口女「ふっ…ふっ…ふっ…」ピクンピクン

男(この小さい突起がクリ○リスかな?)チュブッレロクリョテロテロ…



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/16(火) 18:29:45 ID:PSCp1rao

いきなり別の女に走ったwww



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/16(火) 18:47:39 ID:iUmvi9IU


無口女「ああっ!そこ…ダメっ!」ビクンッ! 

男「」テロテロチュブレロチロチロ 

無口女「あっあっあっ!」ゾクゾクゾク

無口女「あああああっ!」ガクガクガク…

男「どうだった?気持ち良かった?」 

無口女「はぁはぁ…んく…はぁはぁ」コクン… 

男「そっか、良かった」ニッコリ 

男「じゃ、僕帰るね!」スタスタ 

無口女「え?」 

バタン 


無口女「男くん…帰ってしまった…」キョトン



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/16(火) 18:53:08 ID:p7A2dU4U

相変わらずってことは…
幾度も行っているのか



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/16(火) 20:42:41 ID:iUmvi9IU

>>14
そりゃまぁ、同級生ですから



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/16(火) 19:34:08 ID:iUmvi9IU

男「ただいま~」

女「ちょっとバカ男!遅いじゃないのよ!」 

男「ご、ごめん…」 

女「早くご飯作りなさいよね~!お腹ペコペコよ!」 

男「わかったよ…」 


保護者「たっだいま~」

男「お帰りなさい保護者さん」 

女「あっそうだ、保護者~聞いてよ~、今日バカ男がさぁ~」 

保護者「どしたの?」 

男「ちょっ!待ってよ女!」 

女「イヤよ!言うわ!」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/16(火) 19:40:41 ID:iUmvi9IU

女「こいつがあたしの足の匂い嗅がせろって言ったのよ!信じられる!?」 

保護者「ええ~、ホントに~?」 

男「…」

保護者「男ちゃん、ちょっちマニアック過ぎない?」 

男「は、はい…///」 

女「って、ご飯まだぁ!!」

男「ご、ごめん…すぐ作るよ…」 

女「変態の作るご飯なんかイヤだけど、仕方ないから食べてあげるわ!」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 06:14:17 ID:Kp5TwX2.


女「変態の割にはまぁまぁね…」ムシャムシャ 

男「変態変態言うなよ…」 

保護者「女~、男ちゃんの性癖位認めてあげましょ?」 

女「へ?」 

保護者「だって、あなただってあるでしょう?」 

女「はぁ!?な、なによそれ!知らないわよ!」ギクッ 
女「ご、ごちそうさま!あたし宿題あるから!」ガタン 

スタスタ バタン



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 06:23:44 ID:Kp5TwX2.


女(なによ、バカ保護者…まさかあれ見られたの…?)

カラッ 

女(バカ男のセーシが付いたティッシュ…)クンクン 

女(はぁ…少し匂いが薄れて来たわね…)クンクン 

女(ああん…興奮するぅ…///)

スルスル… クチュ… 

女(ああ…もうこんなに…濡れて…)クチュクチュ…クポッヌリュ 

女(ああ…男ぉ…男ぉ…)クンクン クチュクリョヌリュヌリュ… 

女(んっ…イク…)ピクンピクン 

女「あっはぁぁ…」ビクンビクンビクン



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 06:35:18 ID:Kp5TwX2.


女(匂いくらい、嗅がせてやろうかな…)ハァハァ 


男「女~ちょっといいかな?」コンコン 

女「えっ!?ちょ、ちょっと待ってよ!」アタフタ 

カサカサ フキフキ ポイ 

女「いいわ、なに?」 

男「あのさ、もうあんなこと言わないから…ごめん…」 

女「え?べ、別に嗅がせてあげても良いかな~って思ったんだけど…」 

男「いや、もう良いんだ…」 

男「無口女が嗅がせてくれるし…」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 07:26:43 ID:Kp5TwX2.

女「はぁぁ!?無口女ですってぇ!?」 

女「なんでよりによって無口女なのよ!?」 

男「だって、すぐ嗅がせてくれたし…そのあと…///」

女「なに顔赤くしてんのよ…まさかあんた!変なことしてきたんじゃ無いでしょうね!?」 


男「ぶっちゃけやりました」 

女「」ワナワナワナ…



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 07:42:54 ID:Kp5TwX2.

女「このっエッチ!バカ!変態!信じらんない!」ゴキャッ! 

男「ぐふっ!」バタン キュ~ 

女「あ…ちょっと男!男ってば!」ユサユサ 

男「」

女「気を失っちゃった…」 


女「チャ~ンス…」ニタリ



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 07:51:17 ID:Kp5TwX2.


男「うっ…」 

女「気が付いたようね…」

男「女…」ギシッ 

男「あれっ?動けない…」ギシギシ 

女「ちょっと拘束させてもらったわ」

男「って、ベッドの上に縛られ…」ギチッ 

女「ふふっ…無駄よ、念入りに縛り付けたから…」 

男「な、なんでこんなことすんのさ!」 

女「あんたが悪いのよ…」 

男「なんでだよ!謝ったじゃないか!」 

女「あんたが無口女の所に行っちゃうからでしょ!!」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 08:03:34 ID:Kp5TwX2.

男「なんで無口女が出てくるんだよ、女には関係無いだろ!」 

女「…あるわよ」

男「え…?」

女「あるって言ってんのよ…」 

男「なにがさ?」 

女「うるさい!黙ってなさいよ!」ガバッ! ブチュッ 

男「んんっ!」バタバタ 

チュポ 

女「じたばたすんな!されるがままにしてろ!」ブチュ~ッ

男「んん~っ!」ジタバタ 

男「……」ギシッ… 

女「ん…」チュブ…ハポォ…チュッ 

チュポ… 

女「はぁ…///」

男「ど…どうして?」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 10:34:58 ID:Kp5TwX2.

女「こんだけされて、まだわかんないの?ほんっと鈍感ね…」 

男「わかんないよ…僕には女がわかんない…」 

男「だっていつもバカにしたり罵倒したり暴力振るったりするじゃないか…」 

女「バカね…す、好きだからするんじゃないの…///」

男「え…?女が…僕を?」

女「うっさいわね…黙ってなさいよ、バカ男…///」

男「ごめん…」

男(好きな人に辛く当たるアレなのかな…?)


女「もうこうなったら…最後まで行くわよ…///」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 10:42:18 ID:Kp5TwX2.

男「さ、最後までって…まさか?」 

女「あたしの初めて…あんたにあげるわ…///」 

男「ええっ!?あっ!」

チュッ…アムッ…チュポ 

女「もっと本気出しなさいよね…このあたしがキスしてんのよ」 

男「わ、わかったよ…//」 

チュッ…ハポォレロ…チュブ… 

女(頭がとろけてくるみたい…///)ハムッチュッ… 

男(ヤバい…興奮してきた…///) 

ムクムク…



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 10:54:28 ID:Kp5TwX2.

女「あんた…こんなになってんじゃない…」サワサワ 

男「しょうがないじゃないか…女が…うっ」ビクン 

女「あたしがなによ?」サワサワ 

男「いつもより…可愛く見えてきたんだよ…」ピクッ 

女「あの女より?」ジィー… 

男「…う、うん…//」 

女「もうあの女の所に行かない…?」カチャカチャ…スルッ 

男「あ、女…脱がすなよ…///」ポロン ビクビク… 

女「答えて…もう無口女の所に行かない?」ニギッ… 

男「あっ!わ、わかった…行かないよ…だから…」ウルッ 

女「じゃあもっと気持ち良いことしてあげるわ…」パクッ…レロォ…カポッ



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 11:03:42 ID:Kp5TwX2.

男「はうっ!女…ヤバいよ…保護者さんに見つかるよ…」ビクン! 

女「保護者なら酔っぱらって寝てるわよ…大丈夫…」アムッ…チュブチュブレロォ… 

女(男のおにんにん…夢にまで見たおにんにん…///)レロハポカポッ… 

男「あっ…もう出そう…///」ビクビク… 

女「らひへぇ…ひっはいらひてぇ…」チュボチュボ… 

男「ううっ!」ビクンビクン! 

ビュルルッ!ビュクン!ビュクン!ドクドク… 

女「あはぁ…おいひい…」ヂュルル…ゴクン



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 13:38:23 ID:Kp5TwX2.

男「はぁはぁ…ねぇ…もういいだろ?…これほどいてよ…」ギチッ 

女「ダメよ…まだダメ…もっと楽しませてもらうわ…」ハァハァ… 

女(縛られてる男を見てるだけでゾクゾクするわ…)ハァハァ 

男「そんなぁ…」ウルッ 

女(そうよ…その目が堪らないわ…)ゾクッ 

女「今度はこれ…」ヒラッ 

男「そ、それは…?」 

女「今日1日履きくたびれた、あたしの靴下…」 

女「これの匂いを嗅ぎたかったんでしょ?」ペタッ 

男「むふぅ…はぁはぁ…」クンクン 

男「いいよ…女の匂いがするよ…もわっとするよ…///」クンクン

女「うふふ…たっぷり嗅ぎなさい…」ゾクゾク



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 14:26:02 ID:Kp5TwX2.

女「ほら…もうこんなになってる…あんなに出したばかりなのに…///」 

男「だ、だって…女の匂いが良すぎるんだよ…」ハァハァ 

女「あの女より良い?」 

男「うん、うん…最高だよ…」クンクン ハァ~ 

女(勝ったわ!なんていい気分!) 

男「お願いだよ…もう…///」ギンギン 

女「ふふっ…可愛いわよ…男…」スリスリ 

男「ああっ…生殺しはやめてよ!」クイッ クイッ 

女「ダメ…たっぷり焦らしてあげる…」スリスリ



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 14:34:11 ID:Kp5TwX2.

女「ねぇ、一つ聞いていい?あの女と最後までやったの?」 

男「や、やってないよ…舐め合いしただけだよ…//」 

女「そう…」ホッ… 

女「じゃあ、男の童貞はあたしの物なのね…」 

男「う、うん…///」 

女「嬉しいわ…」ソッ… 

チュッ…レロレロ…チュパッ 

男「あっ!ち、乳首が…//」ピクッ 

女「気持ちいいの?」チュッ…カミカミ 

男「はうっ…き、気持ちいい…意外だよ…」ゾクゾク 

女「はぁはぁ…」チュポレロレロカミカミ… 

男「だ、出したいよぉ…///」クイッ クイッ クイッ



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 14:43:08 ID:Kp5TwX2.

女「ダメよ、先にあたしをイカせて…」 

男「わ、わかったよ…」ハァハァ 

女「」スルスル… 

女「あたしも興奮して、こんなになっちゃったわ…」ベチャッ 

男「ぷはっ!これは…女のパンツ?すごい濡れてズッシリしてるよ…」ハァハァ…ハムッ チューチュー

女「パンツ吸ってるの?美味しい?」 

男「美味しいよ…美味しいよ女~」チュバッ チュバッ 

女「今度は生でどう?」ズイッ ギシッ 

男「むはぁ!べちょべちょだよ…女~」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 14:52:10 ID:Kp5TwX2.

女「舐めなさいよ…あの女にしたより丁寧に…」ハァハァ 

男「うん…」レロォレロォチュクハムッレロレロ… 

女「あっ…いい…///」ビクン 

男「はぁはぁ…」レロォレロレロチュブレロォ… 

女「そこ…そこいい…///」プルプル… 

男(真ん中の…無口女より大きいや…)レロレロハムッチュッテロテロ… 

女「あぐっ…き、効くぅ…///」ビクンビクン… 

男(こうしたらどうだろう…)チューチューテロテロ… 

女「ひっ!ダメ…イヤっ!」ゾクゾク! 

男「え?ダメ?」 

女「バカぁ!やめないで!」グイグイ 

男「ぷふっ!息ができないよ!」 

女「早くぅ~イカせてぇ~///」クイックイッ



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 15:15:08 ID:Kp5TwX2.

男「はぁはぁはぁ…んっ」チューチューチューチューテロテロテロテロ…

女「ひぐっ!い…イグぅぅ~///」ゾクゾクゾクゾク! 

女「はぁっ!あっ…あっ…あっ…ああぁぁ…」ガクガクガク… 

男「ぷはぁ!」ハァハァ 

女「あっあぁぁ…」ビクンビクン…ドロォッ…ベチャァ 

男「うわ…あそこから何か溢れて来たよ…」 

女「バカぁ…恥ずかしい…///」

男「女の子も白い液出るんだね…知らなかったよ…」 

女「感じすぎると出るのぉ…///」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 15:25:38 ID:Kp5TwX2.

男「女~、もうほどいてよこれ…」 

女「うん…わかったわ…」 


男「ふぅ…」 

女「ねぇ…今度はちゃんとしよ…///」 

男「う、うん…///」 

ギシッ… 

女「来て…男…///」 

男「うん…」ギシッ 


男「い、挿れるよ…」グッ… 

女「んっ…///」ギュッ 

ミリッ…ニュルッ



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 15:34:56 ID:Kp5TwX2.


女「い、痛い…」ジワッ 

男「大丈夫?やめようか?」 

女「ううん…いいの、そのまま来て…」 

ググッ…ヌリュッ…ブプッ 

男「は、入ったよ!」 

女「うん…嬉しい…」ポロポロ 

男「動いて、いいかな…?」 

女「うん…ゆっくりね…」グスッ… 

ズリュッ ズリュッ ズチュ… 

男「ああ…女の中…暖かくてヌルヌルして気持ちいいよ…」ギシッ ギシッ ギシッ… 

女「本当…? 嬉しいわ…」ギシッ ギシッ ギシッ…



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 15:50:49 ID:Kp5TwX2.

男「女…僕もう出ちゃうよ…」ハァハァ 

女「うん…いいよ…中に出して…」 

男「女…女~」ギシッギシッギシッ 

女「ああ…男…男…好きよ…」ギシッギシッギシッ 

男「あうっ!んぐっ!」ビクンビクン 

ビュルル!ビュクン ビュクン ドクン… 

女「あっ…男の…熱いよぉ~」ギュゥ~ 

男「はぁはぁ…」グタッ…



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 16:05:54 ID:Kp5TwX2.


女「ねぇ男…」 

男「ん…?」 

女「お互い初めてだったし…」 

女「あたし今、すっごく幸せな気分よ…」

男「うん…」 

女「あんたはあたしだけのもの…」

女「あたしはあんただけのものだからね…」 

男「わ、わかった…」

女「もう離さないし、離れないから…」ギュッ 

男「うん…」ギュゥ



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 16:11:43 ID:Kp5TwX2.

女「もし…」 

女「他の女の所に行ったら…」ギュウゥ~ 

男「ちょっ…苦しいよ…」 

女「浮気なんかしたら…地のはてまでも追い掛けて…」ギュウゥ~ 

女「女もろとも殺すわよ…」ギロッ 

男「は、はひっ!わ、わかりました!」ゾ~ッ… 

女「わかればよろしい」ニッコリ 

男(ぼ、僕はとてつもない地雷を踏んだのかもしれない…)



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 16:18:03 ID:Kp5TwX2.

 
 
無口女「男くん…」 

無口女「男くんの事を考えると…ムラムラする」

無口女「会いたい…」ムラッ… 

無口女「あれから…あの気持ちよさを知ってから…」 
無口女「わたしはおかしくなった…」ムラッ 

無口女「今もこんなに…ヌルヌルしてる」ヌルッ… 

ヌリュッ ヌリュッ ヌリュッ… 

無口女「あぁ…気持ちいい…」ヌリュッ ヌリュッ ヌリュッ



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 16:25:14 ID:Kp5TwX2.

無口女「男くん…男くん…」ハァハァ 

ヌリュッヌリュッヌリュッヌリュックプッ 

無口女「ああ…来る…何か来る…」ゾクゾクゾク! 

無口女「んふぅ~っ…ふっ…ふっ…ふっ…」ビクン ビクン ビクン… 


無口女「はぁ~…」ピクンピクン…


無口女「寂しい…」ジワッ… 

無口女「男くんに会いたい…」ポロポロ



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 16:31:12 ID:Kp5TwX2.


女「男~!一緒に学校行くわよ~!」ガシッ 

男「う、うん…行こうか」

保護者「あらあら、最近はずいぶん仲が良いのね~」

女「そうよ!あたしたち仲良しなんだから、ねー男!」ニコッ 

男「う、うん…そうだね!」 

男「じゃあ、行ってきます保護者さん」 

保護者「気をつけてね~」


保護者「さてと…」



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 16:40:22 ID:Kp5TwX2.

保護者「あの子たち、な~んか怪しいのよね~」 

保護者「やたらベタベタしてるし、まるでやっちゃった見たいよね…」ガチャ… 


保護者「むっ…こ、この臭いは…」フンフン… 

保護者「まごう事なきアレの臭い…」ガサガサ…

保護者「…やっぱり、女の部屋に精液付きのティッシュがあるなんて、あいつらやったな~」クンクン 



保護者「……」クンクン


保護者「…///」クンクン



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 16:48:39 ID:Kp5TwX2.

保護者「久しぶりの男の匂い…ちょっち刺激的ね…」ムラッ 

保護者「まだ仕事まで時間あるし、しちゃおっかな~」スルッ…キュッ… 

保護者「んっ…」ギュ~ 

保護者「ダメ堪んないわ…」スタスタ… 


保護者「バイブ、バイブっと…」ゴソゴソ 

保護者「あったあった♪」カチッ 

ウィンウィンウィン… 

保護者「あん…///」ウィンウィンウィン… 

ヌギヌギ…パサッ 

保護者「あらやだ…もうこんなに濡れてるわ…」ヌチュ…



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 16:56:38 ID:Kp5TwX2.

ズヌリュ…クプッ 

保護者「あはぁ~ん…」ズヌリュン ズヌリュン ズヌリュン 

保護者「あふん…いい…」ズヌリュン ズヌリュン ズヌリュン… 

保護者「男ちゃんの精子の匂い…」クンクン…ズヌリュン ズヌリュン ズヌリュン… 

保護者「いやぁ…若い子の匂いって、興奮するぅ~」グポリュングポリュングポリュングポリュングポリュングポリュン 

保護者「うっ…もうイクっ…」ブルブルブル… 

グポグポグポグポグポグポプチュルグポグポ 

保護者「あぁあっ!あっ!あぐっ!ぐっ!くふぅっ…」ガクガクガク!プシャアァッ… 

ポタポタ…ダラッ



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 17:01:26 ID:Kp5TwX2.

保護者「はぁはぁはぁ…」ピクンピクン… 

保護者「あんまりにも興奮し過ぎて…久しぶりに噴いちゃったわ…」ハァハァ 

保護者「掃除しとかないと、まずいわね…」フキフキ


保護者「あの子たち、どうしようかしら…」

保護者「引き離すのはかわいそうだし…まぁ妊娠とかしなきゃいいけど…」



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 17:11:17 ID:Kp5TwX2.

 
女「おっはよ~♪」 
男「お、おはよう…」

女友「おはよー女!」


友A「なんや女、えらいご機嫌やんか」 

友B「お、おい!男と女、手を繋いでるぜ!」 

友A「な、なんやて!?ってホンマや!!」 

友A「お、おまえら!ホンマの夫婦でもなったんか!?」 

女「あんたバカぁ?まだ中学生なのに、夫婦になれるわけ無いでしょーが!」 

女「ま、将来的にはそうなる予定だけど?」 

友A「はぁぁぁ!?」
友B「はぁぁぁ!?」 
女友「ええ~っ!?」 

無口女「!?」ピクッ



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 17:18:40 ID:Kp5TwX2.

男「ちょっと女~、なんてこと言うんだよ…まだ早いよ…」 

女「あん?こう言うのは早めに言っとけば良いのよ!」 

女(無口女なんかに盗られてたまるもんですか…)ジロッ 

ガタッ  スタスタ… 

女「むっ!なによ無口女!」

無口女「男くん…さっきの話、本当?」 

男「えっ…? う、うん…そうと言えば、そ、そうなのかな?」

女「本当よ!だからあんたは男に近付かないで!!」 

無口女「そんな…わたし…」ジワッ 

男「む、無口女…」 

女「男も無口女なんかと話さないでよね!」グイッ



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 17:24:06 ID:Kp5TwX2.

 
友A「なんちゅう独占欲や…」 

友B「こえぇよ…」 

女友(頑張ったのね、女) 


無口女「でも…男くん…あれからわたし…」 

女「待ちなさいよ!あん時あんたたちに何があったか知ってるわ!」 

無口女「えっ…///」 

女「あたしなんか、あんたの遥か先まで進んだんだから!!」 

無口女「えっ…?えっ…?」オロオロ…



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 17:30:52 ID:Kp5TwX2.

友A「ぶっ!!」
友B「ぶっ!!」
女友「ぶっ!!」 

女友(そ、それってまさか…?///) 


女「あんたなんかに入り込む余地は無い!だから近付かないで!!」


無口女「うくっ…」ポロポロ

無口女「もう…ダメなのね…」グスン… 

女「ダメなんてもんじゃないわ!分かったらさっさと席につきなさいよ!」


無口女「うう…」シクシク… 
スタスタ… カタン…



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 17:38:03 ID:Kp5TwX2.

 
男(なんか可哀想だな…)


キンコーン カンコーン

女「さぁ帰るわよ!」グイッ 

男「あ、うん…」チラッ 


無口女「……」


女「今夜は一緒にご飯作ろ!」 

男「うん、そうだね」

女「カレーがいいな~♪」

男「わかった、帰りにスーパー寄ろうか」

女「うん!」チラッ 

女(ざまみろ無口女…)


無口女「……」スタスタ…



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 17:48:40 ID:Kp5TwX2.

 
男「えーと…女は辛口ダメだよね?」 

女「出来れば甘口がいいな~」 

男「そっか、わかったよ、甘口にしよう」ニコ 

女「優しいね!男って♪」デレッ


主婦A「あら~可愛らしいわ~、お人形さん見たいなカップルね~」

男「いえ…そんな…///」 

女「くふふっ…可愛らしいカップルだって♪///」バシバシ 

男「痛いよ女…///」




無口女「」ジッ…



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 17:55:35 ID:Kp5TwX2.


男「さ、買い物も終わったし、帰ろうか?」 

女「うん!」ギュッ 

男「あ、ひぐらしが鳴いてる」

女「ホントだ…」 




無口女「」



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 18:05:57 ID:Kp5TwX2.

 
男「僕が材料切るから、女は炒めてくれないかな」

女「OK~わかったわ」


男「よし、炒めてよ」

女「はーい」ジュワワ~ 

男「火傷しないでね?」 

女「大丈夫よ!」 




男「美味しそうにできたね」

女「うん!」



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 18:11:11 ID:Kp5TwX2.

男「保護者さん遅いな~」

女「いつもの事よ、先食べちゃいましょ」 

男「うん」 


女「男、あーんして」

男「あーん」パクッ 

女「美味しい?」 

男「うん、美味しいよ」ニコッ 

女「あたしにもー」 

男「じゃ、あーんして」

女「あーん」パクッ 

女「美味し♪」ニコニコ



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 18:17:13 ID:Kp5TwX2.

 
男(これはこれで幸せだけど…これでいいのかな…)



保護者「は~、遅くなっちゃったわ~」ガチャ バタン 



無口女「」ジー… 


保護者(あら?無口女じゃない…ウチの方見上げてどうしたのかしら…?)


保護者「無口女?一体どうしたの?」 

無口女「あ…いえ、なんでもありません…」 

保護者「目が真っ赤じゃない、泣いてたの?」 


無口女「…うっ…」ジワッ ポロポロ 

保護者「どうしちゃったのよ?」



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 18:24:53 ID:Kp5TwX2.

無口女「わたし…」ポロポロ 

無口女「わたしも…男くんとぽかぽかしたかった…」ポロポロ 

保護者(あっちゃ~、もしかして男ちゃんの事好きだったのかぁ~) 

保護者(男ちゃんと女ができちゃったの分かったのね…参ったな~)


保護者「でもこのまま居ても仕方無いでしょ?送るから帰りましょ?」 

無口女「わかりました…」グスン… 

バタン ブォォ…



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 18:33:21 ID:Kp5TwX2.

 
保護者「どうして男君の事、好きになったか聞かせてくれる?」 


無口女「気持ちよく…してくれたから」

保護者「へっ?」 

無口女「あそこ…舐めてくれたの…///」 

保護者「ぶっ!」 

保護者(あのスケコマシ…無口女まで手を付けてたのか~)ヒクヒク 

無口女「すごく…気持ちよかった…頭の中が真っ白になったの…」

保護者「ええっ!」

保護者(それってイッちゃったって事ぉ~?)



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 19:13:09 ID:Kp5TwX2.

保護者(初めてイカされた相手に執着するのは致し方無いわね…どうしようかしら…) 

ピコーン 

保護者「ひらめいた!」 

無口女「え…?」 

保護者「ちょっち寄り道するわよ~」 




保護者「あなたは車で待っててね」

無口女「わかりました」 


保護者「ここ来るの久しぶりね~///」 

保護者「おほ~あるある♪」 

保護者「なにこれ…でかすぎ…あたしでも無理だわ…」 

保護者「あの子にバイブはまだダメよね…」キョロキョロ 

保護者「あ、あった…やっぱ初心者はローターよね~♪」



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 19:17:48 ID:Kp5TwX2.

 
保護者「おまたせ~」 

無口女「」 

保護者「あなたにプレゼントがあるの、はいこれ」

無口女「なに?」 

保護者「ん~、使い方教えた方がいいわね」 

保護者「とりあえずあなたの家まで行くわよ」

無口女「はい…」 




無口女「上がってください…」 

保護者「お~じゃま~♪」 

保護者「あら、何も無いのね、ここ…」



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 19:23:18 ID:Kp5TwX2.

無口女「それ…なんなの?」 

保護者「これは~ローターよっ」バリバリ… 

カチャ パチン 

保護者「こうして電池入れて~」カチッ ブィィィィィ… 

保護者「ほら、振動するから…これをあそこにあてがうのよ~」ピトッ ブィィィィィン… 

無口女「あっ!」バッ 

保護者「避けちゃダメよ~あ、ちょっちパワー下げようか…」クリクリ ウィィィィィ…



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 19:29:47 ID:Kp5TwX2.

 
無口女「それ…なんだか怖い…」 

保護者「だ~い丈夫よ~、あたしも良く使ってたから♪」

無口女「そ、そうなの…」 

保護者「服脱いでベッドに横になってくれる?」 

無口女「はい…」ヌギヌギ 

ギシッ… 

保護者「下着は取らなくて良いか…」ウィィィィィ… 

保護者「ちょっち胸にやるわね~」ウィィィィィ… 

無口女「んっ…!」ピクン 

保護者「どぉ~かしら~?」ウィィィィィ… 

無口女「な、なにか…くすぐったいような、気持ちいいような…//」ピクンピクン



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 19:35:16 ID:Kp5TwX2.

 
保護者「なかなか良い感度ね~乳首が立ったわ…」ウィィィィィ… 

無口女「あふっ…」ゾクッ 

保護者「おほっ、気持ち良くなったかしら?」 

無口女「は、はい…///」モジモジ…

保護者「ん~、モジモジしちゃって~どうしたのかしら~?」 

保護者(やだ、楽しいわ♪)

無口女「なんだか…あそこがモヤモヤしてきた…」モジモジ… 

保護者「よ~し、じゃあメインディッシュよ~」ウィィィィィ…



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/17(水) 19:42:04 ID:Kp5TwX2.

保護者「膝立てて開いてくれる~?」ウィィィィィ… 

無口女「はい…///」グイッ 

保護者「あらら~、もう大洪水じゃないの~パンツに染みが出来てるわよ~」 

無口女「は、恥ずかしい…///」

保護者「最初は優しく当てるわよ~」ウィィィィィ… 

無口女「あああ…」ヒクヒク…

保護者「んふ~、気持ちいいでしょ?」ウィィィィィ… 

無口女「は、はい…気持ちいいです…///」ピクンピクン 

保護者「ほら~、こうして撫で回すように当てるのよ~」スルスル ウィィィィィ…



71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/18(木) 10:39:33 ID:H7E09gVs

無口女「あっ!イヤっ…」ビクン! 

保護者「イヤじゃ無いでしょ?こんなに濡れてるのに…」ウィィィィィ… 

無口女「ダメ…また頭が真っ白に…なる…」ブルブル… 

保護者「パワーアップよん♪」クリッ ブィィィィィン… 

無口女「ひゃあ!あっ!」ビクンビクン! 

無口女「あふっ…あっ…ふっ…ふっ…」ガクガクガク… 

保護者「イッたみたいね~、気持ちよかったでしょ~」パチッ 

無口女「はぁはぁ…は、はい…」ヒクッ ヒクッ… 

保護者「こうやって使うのよ、分かったかしらん?」 

無口女「わ、わかりました…」ハァハァ…



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/18(木) 10:46:40 ID:H7E09gVs

保護者「じゃ、あたし帰るから、それ自由に使ってね♪」 

無口女「ありがとう…ございます…」 

バタン…


無口女「凄い物を…貰ってしまったわ…」パチッ ウィィィィィ… 

無口女「あふん…」ビクン… 



保護者(これで上手く行けば良いけど…)



73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/18(木) 16:18:36 ID:H7E09gVs

保護者「たっだいま~」 


保護者「ん?居ないわね…」 

キャッキャッ! アハハ! 

保護者「ん~?お風呂?」 

ガチャ 

男「あっ!?」

女「きゃあぁ!」ザブン! 


保護者「あ、あんたたち!なにやってんの!?」 

男「ななな何って…///」

女「お、お風呂だけどぉ!///」 

保護者「お風呂は分かってるわよ!どうして二人で入ってるの!?」 

男「ど、どうしてって言われても…」 

女「ねぇ…」

保護者「とにかく上がんなさい!」



74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/18(木) 16:25:05 ID:H7E09gVs

保護者「はぁ…まったく…」 

男「…」

女「…」

保護者「まぁ仕方ないわね…あなたたちがデキてるのわ分かってたから」

男「えっ…///」 

女「///」

保護者「でもね~男ちゃん…あなた見境無く女の子にちょっかいかけちゃダメよ~」 

男「えっ?どう言うことですか?」 

保護者「さっき無口女が外からウチを見てたのよ…」 

女「無口女が…?」 

男「む、無口女…」 

保護者「危うくストーカーになる所だったわ」



75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/18(木) 16:33:49 ID:H7E09gVs

保護者「あたしがなんとかしといたから、大丈夫だと思うけど…」 

保護者「初めてイカされた相手って、ずーっと心に残るんだから、心してちょうだい」

女「むっ…」ジロッ 

男「は、はい…ごめんなさい…」 

保護者「もう良いわ、明日も学校なんだから早く寝なさい」 

男「はい…」 
女「はい…」 
 
保護者「あ、やるときはちゃんと避妊すんのよ~ん♪」 

男「ぶっ!!///」
女「いやらしいわね!!///」



76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/18(木) 16:42:24 ID:H7E09gVs

 
女「おはよ~♪」 
男「おはよう~」

友A「おーっす、すっかりおしどり夫婦になってもうたなぁ~」

友B「いやーんな感じ…」


無口女「おはよう♪」

友A「えっ…なんやて…」 

友B「なんか無口女、やたら機嫌が良くないか?」 

スタスタ 

女「む、なによ?なんか用?」 

無口女「男くん…わたし、もう大丈夫だから…」ニコッ 

男「え?そ、そうなんだ…」 

無口女「じゃ♪」スタスタ 


女「なにあれ?」 

男「さぁ…、保護者さんがなんとかしたって言うから、そうなんじゃ無いかな…」



77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/18(木) 16:52:47 ID:H7E09gVs


女「今日の無口女、1日ご機嫌で気持ち悪かったわ~」 

男「良いじゃないか、もう僕が居なくて大丈夫なんだよ」 

女「あたしはあんたが居ないとダメなんだからね!」 

男「わかってるよ」ニコッ 


保護者「たっだいま~」

男「お帰りなさい、保護者さん」 

女「お帰り保護者~」 


女「ねぇねぇ保護者~、無口女になにしたの?」 

保護者「ん~、これあげたのよ~」 

女「なによこれ?」 

保護者「いわゆるピンクローターね、女性用自慰用具♪」 

男「ぶっ!///」 

女「な、なるほど…///」



78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/18(木) 17:14:48 ID:H7E09gVs

 
女「って、なんでここに有るのよ?」 

保護者「あなたたちにもあげるわ、エッチの時使ってね♪」 

女「ば、バカじゃないの!?///」

女(ちょっと興味ある…///)

男(さっそく使おう…///)

保護者「じゃ、あたし仕事に戻るからさ、あとは好きに楽しみなさい♪」 

男「!?」 
女「!?」 

保護者「あ、忘れてた…」コトッ 

保護者「これ付けて避妊すんのよ~」 

男「こ、コンドーム…///」



79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/18(木) 17:43:37 ID:H7E09gVs

保護者「じゃ~ね~♪」

バタン

 
女「……」 

男「……」

女「男…」 

男「ん?」 

女「やるわよ///」

男「うん…///」 


ババッ!ヌギヌギ 

女「さぁ!さっそくそれ使ってよ!」 

男「うん…」パチッ ブィィィィィ~ン 

女「……///」ドキドキワクワク 

ピトッ ブィィィィィ~ン 

女「ひゃっ!!」ビクーン!



80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/18(木) 17:57:22 ID:H7E09gVs


男「どうしたの?」 

女「それ効きすぎるわ…」ドキドキ 

女「いいわ、続けて…」 

ブィィィィィ~ン 

女「あっ…いっ!」!ビクンビクン 

女「んくっ…はぁ~ん…」クネクネ…

女「あああああ…イッぐっ…」ブルブルブル… 

女「あっ…はぁっ… あっあっ…」ガクガクガク

男「凄いや、もうイッちゃったの?」 

女「はぁ~…く、クセになりそ…」ピクンピクン…



81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/18(木) 17:59:38 ID:H7E09gVs

その後10回もローターでイッた女、
すっかり虜になったらしく、
僕はお払い箱になってしまった。 

終わり



83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 07:50:24 ID:ZNJB784c

男「女が相手にしてくれなくなった…」



84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 08:06:50 ID:ZNJB784c

∽夜∽

男「みんな寝たな…」コソコソ

男「はぁ…僕のオカズは洗濯物か…」ゴソゴソ 

男「女の靴下…」クンクン… 

男「あ~臭っ…堪んないよ…もわっとする納豆臭…」ムクムク… 

シコシコシコシコ… 

男「ああ~女~…」シコシコシコシコ 

男「はぁ…はぁ…はぁはぁ…うっ…」ビュルルッ ビュクンビュクン… 



男「…最低だ…俺って…」



85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 13:05:13 ID:ZNJB784c

男「でも止められない…匂いフェチの僕には、宝の山が目の前にあるんだ!」

男「今度はパンツを…」ゴソゴソ… 

男「黒いのは保護者さんのだな…」 

男「なんか白いのがカピカピになってるよ…」クンクン 

男「はぁぁ~…ヤバイよこれ…」クンクン… 

男「脳天まで痺れるような、♀の匂いってこれを言うんだろな…」ビンビン! 

シコシコシコシコシコシコシコシコ… 

男「ああ~保護者さ~ん…」シコシコシコシコ… 

男「はむっ…ちゅくちゅく…」シコシコシコシコ…



86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 13:36:40 ID:ZNJB784c

男「よだれで溶けてきて、ぬるぬるになってきたよ…」ペロペロ… 

男「チ○コに被せてやる…」シュコシュコシュコ… 

男「あああ…出るぅ…出るよ保護者さ~ん…」シュコシュコシュコ… 

男「うっ!」ビュルルッ!ビクン!ビュクンビュクン… 

男「はぁはぁ…いっぱい出ちゃったよ…」ドロリ… 


男「このままじゃヤバイな…」ジャブジャブ…



87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 13:47:13 ID:ZNJB784c

 
男「よし、取れたな…洗濯機に入れとこ」ポトッ パタン 

男「ふ~、今夜はこれくらいにしとこう…」コソコソ… 



男「女とエッチしたいなぁ…」グスン



88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 16:28:40 ID:ZNJB784c

∽翌朝∽

男「おはようございます」

保護者「おはよ~」 

男「女を起こして来ます」 

コンコン 

男「女~!朝だよ、起きてよ!」 


女「うっさいわね~…わかったわよ…」ヨタヨタ… 

男「どうしたのさ、ふらついて?」

女「あ~、ちょっと疲れが溜まってるみたい…」 

男「オ○ニーやりすぎたんじゃないの?」

女「ほんの20回イッただけよ…」ヨロッ… 

保護者「ぶっ!!」 

保護者「あ、あなた死ぬわよ?」



89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 16:33:11 ID:ZNJB784c

女「だって…あれ病みつきになっちゃったんだもん…」 

保護者(まずいわね…完全に猿になってるわ…まさか無口女まで…)

女「男~、お水ちょうだい…喉カラカラよ…」 

男「もうあれ使うのやめなよ…」 

女「イヤよ…絶対止めないわ」



90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 16:41:06 ID:ZNJB784c

保護者「ちょっち無口女の所に様子を見に行くわ、もしかしてヤバいかも…」 

男「ぼ、僕も行きます!」


∽無口女宅∽ 

保護者「無口女~居る~?」 

シーン… 

男(うわっ…凄い♀の臭いだ…) 

保護者「あっ!無口女!」ギョッ 

男「無口女!大丈夫!?」 

無口女「オ、オトコクン…タスケテ…」 

保護者「こりゃ脱水症状ね…男君、スポーツドリンク買ってきて!大至急よ!」 

男「わかりました!」ダダッ



91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 16:46:55 ID:ZNJB784c

保護者「無口女…いくら気持ち良いからって、こんなになるまでしちゃだめよ~」 

無口女「ゴ、ゴメンナサイ…ドウシテモ…ヤメラレナクテ…」 


男「買って来たよ!さ、無口女飲んで!」 

ゴクゴク… 

無口女「ふ~…生き返ったわ…ありがとう」 

保護者「あなた、このままローター使い続けたら死んじゃうわよ…」 

無口女「…」 

保護者「もう取り上げるわよ…命には代えられないわ」

無口女「えっ…」



92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 16:54:28 ID:ZNJB784c

保護者「ローターは簡単に強い刺激が得られすぐイケるけど、今度は普通のセッ○スでイケなくなるわよ…」

無口女「…」 

男「そうだよ…それはとても悲しい事だよ…」 

無口女「だって…男くん、あの人だけの物になってしまったんでしょう?」 

男「ううん…もういいんだ…女にはもう相手にされてないから…」 

無口女「それじゃ…」 

男「僕が無口女の相手になるから…もうローターは止めにしようよ」ニコッ 

無口女「ホント…?」ジワッ…

男「うん…無口女がよければ」 

無口女「嬉しい…」ウルウル…



93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 17:02:04 ID:ZNJB784c

保護者「ん~…仕方無いわね、男君頼んだわよ」

男「はい!(やった!女体ゲットだぜ!)」

無口女「男くん…今日は一緒に居てくれる?」ギュッ 

男「うん、いいよ!」 

無口女「嬉しいわ…」ダキッ

男「…///」
 
保護者「女の様子も気になるから、行くわね」 

男「わかりました」



94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 17:07:00 ID:ZNJB784c

女「はあはあはあ…」ピクピク… 

女「またやっちゃった…はぁはぁ…」 

女「もう何回イッたかしら…」 

女「ん…もう一回…」パチッ…ウィィ… 

女「あれっ?なによ!動かないわ!」ベシベシ 

女「こ、壊れた…」サー… 

女「イヤ…イヤあああああ!」 

女「まだよ!まだイキたいのよぉ!!」



95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 17:17:02 ID:ZNJB784c

女「そうだ、男!」

女「男~!!やるわよ!来てよ!」 

女「あ、居ないんだった…どうしよう、イキたいのに…」クチュクチュ… 

女「自分で触っても感じないわ…」

女「そうだ!保護者の部屋になんかあるかも!」



96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 17:27:36 ID:ZNJB784c

 
ゴソゴソ… 

女「無い… 無い… 」ゴソゴソ… ズシッ 

女「はっ!なにこのゴツいの…?」ハラッ… 

女「こ、これは!?噂に聞くバイブってヤツ?」 

カチッ…ウィンウィンウィンウィン 

女「す、素敵!早速試して見るわ!」ズププ… 

女「おっおぉぅ…いい感じぃ…」ズヌリュンズヌリュンズヌリュンズヌリュン 

女「こ、こんなに良いものがあるなんて…保護者ズルいわっはぁぁ~ん…」ズヌリュンズヌリュンズヌリュンズヌリュン



97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 17:35:21 ID:ZNJB784c

女「おっ…おっ…あっはぁ~ん…」ズヌリュンズヌリュンズヌリュン 

女「あっ!いっイグっ!」ブルブルブル… 

女「ああっ!おうっ!おうっ!おうっ!」ガクガクガク 

ガラッ! 

保護者「あ!女!なにしてんのよ!」 

女「きゃあぁぁ!!」 

保護者「それ…あたしのバイブじゃない!」 

女「だ、だって…ローター壊れちゃったんだもん…」 

保護者「はぁ…あなた完全にアイテムオ○ニージャンキーになったわね~」

女「もう、普通のオ○ニーじゃ満足出来ないもん…」 

保護者「子供には刺激が強すぎたみたいね…こうなったら…」ピッ



98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 17:41:32 ID:ZNJB784c

保護者「もしもし?女科学者?」 

女科学者『どうしたの?』

保護者「ちょ~っちヤバい事になっちゃってさ~」

カクカクシカジカ 

女科学者『はぁ…また何てことに…いいわ、良い薬があるから二人で来てちょうだい』

保護者「ごめーん女科学者!恩に着るわ!」プチッ 

保護者「ほら女!行くわよ、服着なさい!」



99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 17:50:04 ID:ZNJB784c

∽その頃の無口女宅∽ 

無口女「男くん…抱いて…」 

男「うん…」ギューッ 

無口女「ん…」ブチュゥ… 

チュッ…レロハポォ…レロチュブ… 

パァ… 

無口女「はぁ…こ、これが大人のキス…?///」 

男「わかんないけど、たぶんそうだよ…///」

無口女「すごく…幸せな気分になる…」 

無口女「わたし…男くんが欲しい…ずっと、一緒にいて欲しい…」ウルウル 

男「無口女…(女とは違う、無口女は僕を必要としてくれてるんだ!)」ギューッ 

ドサッ…



100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 17:58:32 ID:ZNJB784c

無口女「男くん…優しくして…」 

男「うん…」

男「脱がすよ…」

無口女「はい…///」

ヌギヌギ スルッ… 

男「き、綺麗だよ…無口女…」 

女「恥ずかしい…///」

男「滑らかな白い肌に…可愛いピンクの乳首…」チュッ…ハムッ… 

無口女「はぁ…ん…」ピクン 

チュムハポ…レロチロ… 

無口女「き、気持ち…いい…」ピクンピクン… 

男「ちゃんと…感じてくれるんだね?」 

無口女「うん…感じるわ…男くんがしてくれるから…」 

男「か、可愛い…可愛いよ…無口女…」



101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 18:26:21 ID:ZNJB784c

無口女(男くんが…全身にキスしてくれてる…嬉しい…)

チュッ…チュッ… 

男「あそこ…触るよ…」ヌルッ… 

無口女「あんっ…」ビクッ… 

男「もう…凄くぬるぬるだよ…」ハァハァ… 

無口女「来て…男くん…」 

男「うん…行くよ…」グッ… 

無口女「んっ!」ギュッ 

男「痛い?大丈夫?」 

無口女「大丈夫…ゆっくり…来て…」ジワッ 

ググッ…ヌズリュ…クプッ 

無口女「ああっ…」ギューッ 

男「は、入ったよ…無口女…」ハァハァ



102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 18:31:47 ID:ZNJB784c

無口女「う、嬉しい…」ポロポロ 

男「ゆっくり…動くよ…」ヌリュッ ヌリュッ ヌリュッ… 

無口女「んっ…んっ…んっ…」ギシッ ギシッ ギシッ… 

男「あぁ…無口女…好きだよ…」ヌリュッ ヌリュッ ヌリュッ… 

無口女「わたしも…わたしもよ…」ギシッ ギシッ ギシッ… 

男「うっ…し、締まるよ…凄いよ無口女…」ヌリュッ ヌリュッ ヌリュッ… 

無口女「だ、だんだん…気持ち良く…なってきた…」ギシッ ギシッ ギシッ…



103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 18:45:43 ID:ZNJB784c

男「もう出そう…」ヌリュッヌリュッヌリュッヌリュッヌリュッ

無口女「わたしも…来そう…あっ!」ギシッギシッギシッギシッギシッギシッ 

男「ううっ!」ビクビクビクン! 
ビュルル!ビュクンビュクンビュクン… 
無口女「ああっ…ふっ…ふっ…ふっ…」ガクガクガク… 

男「はぁはぁはぁ…」グタッ 

無口女「ふぅふぅふぅ…」ヒクヒク…

男「良かったよ…無口女…」ギュッ 

無口女「わたしもよ…」ナデナデ… 

無口女「満たされた…幸せな気分になれた…」 

男「僕もだよ…これが本当のセッ○スなんだね…」



104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 19:02:04 ID:ZNJB784c

男「少し休もうか…」 

無口女「ええ…少し寝ましょう…」 

チュッ… 


∽某施設 女科学者オフィス∽ 

保護者「良い薬ってなに?」

女科学者「簡単に言えば、やりたく無くなる薬よ」

保護者「ほほ~、そんなの有るのね~」

女「そんな薬イヤよ!」 

女科学者「ダメよ、あなたこのままじゃ死ぬわ…」

女「えっ…マジなの?」

女科学者「1日に20回も30回もオーガズムに達するなんて、あり得ないわ!」

女科学者「恐らく脳に異常が有るのね」



105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 19:19:55 ID:ZNJB784c

女「の、脳に異常って…」

女科学者「とりあえず禁欲生活してもらいます、後で脳のMRI検査しましょう」

女「わ、わかったわよ…」 

女科学者「さ、腕を出しなさい…」 

女「痛くしないでよね…」 

女科学者「我慢なさい」プシュッ 

女「つっ!」

保護者「これで一安心ね~」 

女科学者「あなたにも責任があるんだから、そう呑気にしてないで!」 

保護者「はい…」



106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 19:28:19 ID:ZNJB784c

女「なんか、したく無くなってきた…」 

女科学者「薬が効いて来たわね、もう帰って良いわよ」

保護者「さ、行きましょ」

女「うん…」

女科学者「検査の予約はしておくから」

保護者「よろしくね」 



女「あたし何してたんだろ…バッカみたい…」 

保護者「仕方ないわ、今日はゆっくり休みなさい」 

女「そいえば男どうしてんだろ?」 

保護者「えっ?ま、まぁ~ちょ~っちね~」 

女「あんたと無口女の所に一緒に行ったんでしょ?」



107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 19:38:43 ID:ZNJB784c

保護者「う、うん…そーっちゃ~そーなんだけど~」

女「……」


女「まぁいいわ…帰りましょ…」 

保護者「」ホッ… 


∽保護者宅∽

女「居ないわね…男…」 

保護者「そ、そうみたいね~」 

女「あたし…シャワー浴びてくるわ…」 

保護者「うんうん、そうして」 

スタスタ ガチャ… 

保護者「落ち着いてるみたいね…」 


シャアアアアアア… 

女「あいつら…」ギリッ…



108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 19:45:26 ID:ZNJB784c

ガチャ… スタスタ 

女「あがったわよ…保護者も浴びてくれば…」 

保護者「そうね、そうするわ」 

スタスタ ガチャ… 


女「……」

女「……」カラッ… ギラリッ 


スタスタ   バタン


∽∽∽∽∽

ガチャ スタスタ…

保護者「ふぅ…ねぇ女~お寿司でも出前取ろうかって…居ないし…」 

保護者「はっ!ま、まさか!?」 


女「許さない、許さない、許さない、許さない、許さない…」



109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 19:53:34 ID:ZNJB784c

∽無口女宅∽

カチャ… キィ~… 

男「くぅ… くぅ…」 

無口女「すぅ… すぅ…」


女「幸せそうな顔しと寝やがって…」 

女「殺してやる、殺してやる、殺してやる、殺してやる、殺してやる、殺してやる、殺してやる!」ギラリッ 

バーン! 

保護者「ダメよ女!やめなさい!!」 

ザクッ! ザクッ! ザクッ! 

男「ぎゃあああああ!」ブシュー! 

ザクッ! ザクッ! 

無口女「ひぎゃああ!」ブシュー! 

保護者「ああっ!!」



110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 19:58:20 ID:ZNJB784c

 
女「他の女の所に行ったら…女もろとも殺すって…言ったでしょ…」 

保護者「な、なんてこと…」ガクガク 
 
女「うふふ…ふふっ」 

女「きゃあーっははははは!」 

保護者「く、狂ってる…」ガクガクブルブル 

女「ひゃーあはははは!」ダダダ! 

保護者「な、何を!」 

バリーン! 

保護者「ああっ!!」 


ドグシャ… 



保護者「…女……」

保護者「イヤああああああ!!」





111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 22:48:38 ID:UX8V92Mc

エロ鬱ワロタw



112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/19(金) 23:58:26 ID:m/rY6KUE

おつ






他のおすすめSS