転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1380638850/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/01(火) 23:47:30 ID:3vWrk3Mw

夕食後の食堂でコニーとサシャが喋ってるだけの話




サシャ「コニー、暇です」

コニー「芋でも数えてろ」

サシャ「無慈悲なことを言いますね。芋なんてどこにもないですよ…」

コニー「心の中で数えるんだよ」

サシャ「空想の芋をですか?」

コニー「そうだ」

サシャ「………それって暇つぶしになりますかね?」

コニー「知らん」

サシャ「とりあえず数えてみますね」

サシャ「お芋がひとつ」

サシャ「お芋が…ふたつみっつ…はふっはふっ…ふたつ…はふっはふっ」

コニー「おい、待て」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/01(火) 23:48:15 ID:3vWrk3Mw

サシャ「…ひとつ…はふっはふっ…」

コニー「………」

サシャ「なくなりました…」

コニー「途中はふはふ言ってたのはなんだ」

サシャ「…食べてしまいました……」

コニー「空想の芋をか?」

サシャ「空想の芋をです。ちなみに蒸かしてます」

コニー「そうか」

サシャ「でもあんなにお芋を食べたのに心も身体も満たされません…」

コニー「そりゃあな」

サシャ「はあ、お肉食べたいです」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/01(火) 23:50:56 ID:3vWrk3Mw

サシャ「干し肉がひとつ…ふたつ…みっつ」

コニー「また数えるのかよ」

サシャ「…よっつ……いつつ…」

コニー「よし、その調子だ」

サシャ「むっつ…はむ、あむあむ…いつつ」

コニー「………ダメか」

サシャ「よっつ……心配せんでも冬の備蓄なんかまた獲ってくればいいんよ…もぐもぐ…みっつ」

コニー「おい、どんなシチュエーションだ」

サシャ「ふたつ…ひとつ…もぐもぐ、ごくん」

サシャ「………ごちそうさまでした」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/01(火) 23:51:36 ID:3vWrk3Mw

コニー「お前ほんとにおもしろいやつだな」

サシャ「…コニー」

コニー「ちなみに褒めてる」

サシャ「コニー!」

通りすがりのマルコ「…仲良いね、ふたりとも」

コニー「まあな」

サシャ「そりゃあ心の友ですから」

コニー「心の友?」

サシャ「そうです。私のパンは私のもの、コニーのパンも私のもの」

コニー「は?」

サシャ「心の友とはそういうものです」

マルコ「いやいや、サシャ。人のパンは取ったらだめだよ…」

サシャ「…わかってますよぉ。言っただけです」

コニー「お前が言うと冗談に聞こえないんだよ」

マルコ「………まあ、仲良いのは良いことだよね」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/01(火) 23:52:27 ID:3vWrk3Mw

サシャ「マルコ行ってしまいましたね」

コニー「教官に呼ばれてるんだとよ。明日の演習の打ち合わせを兼ねた班長会議とかなんとか」

サシャ「班長は大変ですねぇ」

コニー「それに比べて…」

サシャ「…暇です…」

コニー「こんな暇でいいのか」

サシャ「いいんです」

コニー「まあ、いいか」

サシャ「………いいですかねぇ?」

コニー「………どうだろうな」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/01(火) 23:54:28 ID:3vWrk3Mw

サシャ「でも、暇なのは悩んでも仕方がないのでとりあえずコニー、遊んで下さい」 

コニー「…よし、じゃあここに俺が夕食で一欠片残したパンがあるだろ?」

サシャ「はい!あります!ずっと狙ってました!そのパンのかけら!!」

コニー「だろうな、さっきから視線がずっと俺じゃなくてこのパンの方向いてたからな。で、このパンを…両手のどっちかに隠す」

サシャ「はい!」

コニー「さあ、どっちにあるか当てろ!当たったらこの欠片やる」

サシャ「!」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/01(火) 23:57:13 ID:3vWrk3Mw

サシャ「匂いを嗅いでも!?」

コニー「あ?あぁ、いいけどよ」

サシャ「」すんすん

コニー「くすぐってぇ」

サシャ「」すんすん

サシャ「………」

サシャ「」すんすん

サシャ「こっちです!!!」

コニー「…正解。ほら、やるよ」

サシャ「わぁい!コニーありがとうございます」

コニー「つか、よく嗅いだだけでわかるな。出来たてならともかくこんな乾いたパン、そんなに匂わねぇぞ?」くんくん



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/01(火) 23:58:58 ID:3vWrk3Mw

サシャ「ふふん、私の鼻をなめてもらっちゃ困りますね」

コニー「鼻を?いや、お前の鼻なんか舐めねぇよ。汚いだろ」

サシャ「!?き、汚くないですよ!ちゃんと毎日洗顔してます!」

コニー「ほんとか?たまによだれのあと残ってんぞ」

サシャ「え!それは…その……でも毎日洗ってます!」

コニー「そうかぁ?」

サシャ「信じてませんね?………ほら、見てくださいコニー。つるつるのぴかぴかですよ」

通りすがりのユミル「ほう、確かにつるつるでぴかぴかだな」ぐに



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/02(水) 00:01:14 ID:Ge7a4S.6

サシャ「ひいい、ほっぺたつねらないでください」

クリスタ「ら、乱暴はダメだってばユミル」

ユミル「やきもちか?クリスタ。ほら、お前の頬も触ってやるよ」むにむに

クリスタ「ひゃ!ユミルったら!」

サシャ「クリスタのほっぺやわらかくて気持ちいいです」むにむに

クリスタ「サシャまで!」

コニー「お前ら仲良いなぁ」

ユミル「さて、サシャどうせ暇なんだろ?水汲み行くぞ」

サシャ「え!」

コニー「当番だったのか?」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/02(水) 00:02:09 ID:Ge7a4S.6

サシャ「え、あれ、私当番でしたか?」おろおろ

クリスタ「もー、ユミルったら。今日の当番は私とユミルなんだからサシャは関係ないでしょ」

サシャ「…ユミル、騙しましたね」

ユミル「はいはい、バレちまったら仕方ねえ。ここはクリスタに免じて見逃してやるか」

サシャ「見逃すも何も…」

コニー「油断ならねぇブスだな」

クリスタ「コニー!いくらユミルが悪くっても、ユミルにひどいこと言ったら怒るよ!」

コニー「すまんすまん」

サシャ「クリスタは怒ってもかわいいですねぇ」

ユミル「だろ?私のもんだから手ぇだすなよ?」

クリスタ「もう!みんなして」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/02(水) 00:02:52 ID:Ge7a4S.6

ユミル「つーか、ふたりで何してたんだ?」

サシャ「なんでしたっけ?」

コニー「なんだったか」

ユミル「…相変わらずだなお前らは。…さ、行くかクリスタ」

クリスタ「ふふ、じゃあね」



サシャ「………で、何話してたんでしたっけ?」

コニー「暇すぎて頭がはたらかねーや」

サシャ「あ、思い出しました」

サシャ「…さあ、コニー。私の鼻舐めてください!きれいですから!」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/02(水) 00:03:48 ID:Ge7a4S.6

コニー「………舐めてもらっちゃ困るんじゃなかったのか?」

サシャ「あれ、そうでしたっけ?」

サシャ「でもほら、物は試しですよ」

コニー「それじゃ、やってみるか」

サシャ「そういうコニーの男気あるとこ好きですよ」

コニー「人の鼻舐めるのに男気いらねぇよ」

サシャ「つべこべ言わずにどうぞ、いっちゃってください」

コニー「んーー…?」

れろ

サシャ「舐めました?どうです?お味は」




コニー「味?」

サシャ「味」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/02(水) 00:04:33 ID:Ge7a4S.6

コニー「…なんの味もしないな」

サシャ「残念です」

コニー「残念か?」

サシャ「残念ですよ。コンソメの味でもしたら良かったのに」

コニー「いや、良くないだろ」

サシャ「そうですか?鼻がコンソメの味したら毎日楽しいですよ、きっと」

コニー「…楽しい、か?……お前の考えることはわからん」

サシャ「鼻がコンソメ味なら小腹が空いたときに舐めれますからね」

コニー「いや、舌は鼻まで届かねぇよ」

サシャ「!?」

サシャ「うぬぬぬ」

コニー「サシャ、すげぇ顔してるぞ」

サシャ「うぬぬ」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/02(水) 00:05:40 ID:Ge7a4S.6

サシャ「…………ダメです、届きません…これは人類の進化が試されていますよ」

通りすがりのライナー「そんな試され方は嫌だ」

サシャ「あ、ライナー聞いてたんですか?…あれ?でもそういえば、ライナーも班長会議じゃ?」

ライナー「あぁ、これから参加する」

コニー「遅刻か?」

ライナー「違う、教官に雑用を頼まれてな。それを終わらせてから来たんだ」

サシャ「大変ですねぇ」

ライナー「まあ班長は点数の加算が多少あるからいいんだけどな。…それにしても気楽でいいな、お前らは」

くしゃくしゃ

サシャ「わわわ」

コニー「やめろ、撫でるなって」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/02(水) 00:06:20 ID:Ge7a4S.6

ライナー「ははは…ま、お前らも早いとこ部屋帰れよ?あと一時間もしたら消灯だ」

サシャ「はーい」

ライナー「いい返事だ。…じゃ、行ってくる」

コニー「おう、頑張れよ」

サシャ「頑張って下さい」






サシャ「さあて!それじゃ、コニーも舐めたんですから私にも鼻を舐めさせてください!」

コニー「なんでだよ」

サシャ「ギブアンドテイクですよ」

コニー「何がギブで何がテイクなんだ」

サシャ「まあまあ、いいじゃないですか」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/02(水) 00:06:57 ID:Ge7a4S.6

コニー「…仕方ねぇな」

サシャ「じゃあ、遠慮なく」

サシャ「んー?」れろれろ

コニー「うはは、やめろやめろ」

サシャ「なんのあひもひまへん」

コニー「そりゃ、味なんかしねぇだろ」

サシャ「………」がぶ

コニー「おわ!噛むなよ!!!」

サシャ「ふひふ」

コニー「人の鼻噛んだまま笑うな」





通りすがりのアルミン「え…なにしてるの二人とも…」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/02(水) 00:07:40 ID:Ge7a4S.6

コニー「お、アルミンか」

サシャ「ハフヒン、ひま、わらひはコヒーの…」

コニー「鼻噛まれてんだよ。見たらわかるだろ」

アルミン「いや、ごめん聞き方が悪かった…どうしてサシャはコニーの鼻を噛んでるの?」

サシャ「ほれはへふね」

コニー「おい、いい加減噛み付くのやめろ!」

サシャ「…ぷは、えっとですね、アルミン。何故私がコニーの鼻を食べようとしてたのかといいますと」

アルミン「う、うん…」

コニー「おい、待て。舐めようとじゃなくて食べようとしてたのか!?」

サシャ「口に入れたら食べたくなるのは当たり前じゃないですか」

コニー「お前怖いやつだな」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/02(水) 00:08:59 ID:Ge7a4S.6

アルミン「…どうして、そんなことに?」

サシャ「それはコニーが私の鼻を舐めたからです」

アルミン「………うん?コニーが?」

サシャ「はい、コニーが!」

アルミン「え、なんで???」

コニー「いや、こいつが舐めてくれって言うからよ」

アルミン「え?サシャが???なんで?えぇ???」

通りすがりのエレン「…お前ら、相変わらわけわかんねーな」

通りすがりのミカサ「サシャ、コニー。アルミンが混乱してる。もうこの話はおしまいにして」

サシャ「…?はい」

コニー「俺たち何か難しいこと言ったか?」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/02(水) 04:05:30 ID:O7KFg9iM

鼻舐めるとか妙にエロい。



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/02(水) 19:21:41 ID:/PF6oZFY

この二人は自覚なくあんな事やこんな事をしそうだな



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 22:34:32 ID:j1A40ySA

サシャ「ミカサたち行ってしまいましたね」

コニー「なあ、俺たちそんな難しいこと言ってたか…?」

サシャ「まだ考えてるんですか?それより楽しいこと話しましょうよ」

コニー「楽しいこととは」

サシャ「うーん…」

サシャ「そういえばですね、クリスタとこの間これを街で買ってきたんですよ」

コニー「なんだ?」

サシャ「スケッチブックと色鉛筆です」

サシャ「まあ、色鉛筆と言ってもお金がないので赤と黒しかないんですけど」

コニー「意外だな、お前が食いもん以外に金使うなんて。それよりお前絵なんて描けるのか?」

サシャ「もう、バカにしないでくださいよ。クリスタは私の絵を見て卒倒したんですからね!」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 22:36:44 ID:j1A40ySA

コニー「そんな上手いのか!」

サシャ「上手いなんてもんじゃないですよ!あのユミルが私のことを画伯と褒め称えたんですから」

コニー「そりゃすげえな!で、どんな絵なんだ?見せてくれよ」

サシャ「いいですよ!ちょっと待ってくださいねー…ふふふ、これが一番の自信作です」

コニー「勿体ぶるなよ」

サシャ「はい!これです!」

※参考画像:進撃アニメ12話エンドカード

サシャ「どうです?!」

コニー「んん?これは…なんだ?赤と黒の線がグロテスクの渋滞起こしてとんでもないことになってるが」

サシャ「私と芋です!」

コニー「???悪魔とデーモン?」

サシャ「もう、コニー。悪魔もデーモンも同じ意味ですよ」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 22:37:58 ID:j1A40ySA

コニー「そうだったか?つか、この絵はなんだ。地獄以外の何物でもないだろ」

サシャ「ちゃんと見てください!芋を持つ私の笑顔が微笑ましい絵じゃないですか」ぐいぐい

コニー「うお!やめろ近づけるな。さすがの俺も視界いっぱいにこんな絵みたらトラウマになるぞ」

サシャ「クリスタは感激して泣いてましたよ?」

コニー「おい!クリスタにも同じことしたのか?そりゃ卒倒もするだろ…」

サシャ「芸術は爆発ですよ」

コニー「…確かに爆発してるな」

サシャ「コニー、そんなに褒めてもなにもでませんよ」

コニー「………」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 22:39:06 ID:j1A40ySA

コニー「………つか、お前部屋戻れよ。そろそろユミルたちも戻ってるんじゃねぇか?」

サシャ「え!コニーは私と居たくないんですか?」

コニー「そんなことは言ってないだろ」

サシャ「よかったです………ふあ…」

コニー「サシャ、大口開けてあくびすんな。のどちんこまで丸見えだぞ」

サシャ「え、のどちんこ」

コニー「そいや、女にもちんこついてるっての不思議だな」

サシャ「そう言われるとそうですね…人類最大の謎です」

コニー「最大か?」

サシャ「…いえ、適当に言いました」

コニー「やっぱりお前眠たいだろ」

サシャ「うーん、そろそろ部屋にもどりましょうかね…でもコニーに何か言い忘れた気がして…」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 22:40:31 ID:j1A40ySA

コニー「お前今日はよく忘れるな」

サシャ「サシャおばあさんとお呼び下さい」

コニー「…サシャばあさんや、夜ご飯はまだかね」

サシャ「いやですよコニーじいさん、さっき食べたじゃないですか。でもお腹が空いたからもう一回食べましょうねぇ」

コニー「………」

サシャ「………」

コニー「………じいさんになるまで生きてられっかなー」

サシャ「………がんばって生き残るんですよ!おじいさんおばあさんになってもずっと一緒ですよ、コニー」

コニー「おう」


コニー「で、俺に言いたいことって?」

サシャ「あ、そうそう…えっとですね」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 22:41:19 ID:j1A40ySA

サシャ「今度の休み、街に行きましょうよ!」

コニー「いいけどよ、どこ行きたいんだ?」

サシャ「先週クリスタたちとお出かけしたときに見つけた甘味屋さんなんですけど、ふふふ」

コニー「なに笑ってんだよ」

サシャ「聞いてください、なんと!」

コニー「なんと?」

サシャ「カップルで行くと、もひとつパンがおまけがつくんですよ!」

コニー「お、いいなそれ」

サシャ「行きますよね?」

コニー「いいぞ、今度の休みな」

サシャ「わーい、約束ですよ?」





戻ってきたマルコ「…どこから突っ込めばいいかな」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 22:45:32 ID:j1A40ySA

コニー「お、マルコ会議終わったのか?」

サシャ「お疲れ様です!」

マルコ「…………ふたりは付き合ってるの?」

サシャ「ええ!いきなりなんですか?付き合ってませんよ?」

コニー「付き合ってないぞ」

マルコ「だよね…」

サシャ「ですよ」



マルコ「ねえ、サシャ…例えばぼくがそのお店に一緒に行こうって言ったらどうするの?」

サシャ「えっ」

コニー「今なんつった?もう一回いいか?」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 22:46:21 ID:j1A40ySA

マルコ「うん、だからさっき言ってたカップルがおまけしてもらえる甘味屋に僕が一緒に行こうって言ったらどうするの?って」

コニー「マ、マ、マルコお前サシャのことが好きだったのか?」

サシャ「マ、マ、マルコ!そんな、カップルだなんて気が早いですよ!私たちまだそんなお互いのこと知らないのに…ま、まずは矢文から…」

マ、マ、マルコ「矢文!?…いや、ごめん変なこと言って。サシャのことは好きだけれど、そういう好きではないから安心して?例えばの話だから。あとコニーその空いた口がふさがらないみたいな顔やめて」

サシャ「なあんだ、安心しました」

コニー「びっくりさせんなよ」

マルコ「…僕が言ったらそんなに動揺するのに、コニーとは普通に行けるんだね。もうふたりが付き合ってないことのほうが驚きだよ」

サシャ「コニーは特別ですから」

コニー「サシャは特別だ」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 22:49:16 ID:j1A40ySA

マルコ「そう…それより、もう消灯の時間だよ?部屋に戻らなくていいの?」

サシャ「戻りますか…」

コニー「戻るか」

サシャ「じゃあ、マルコお休みなさい」

マルコ「お休み」

サシャ「…コニー、お休み前のいつものやってください」

コニー「まったく、仕方ねぇ奴だな」

マルコ「?」

サシャ「コニー」
コニー「サシャ」

サシャ「明日も頑張りましょうね?」

コニー「ああ、明日の対人格闘もよろしくな」

ぎゅっ

コニー「相変わらず体温高くてあったけーなサシャは」

サシャ「ふふふ、コニーもですよ」

マルコ「え!?なにこれ!?」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 22:50:12 ID:j1A40ySA

ゴツン

サシャ「はひっ!」

コニー「あだっ!」

通りすがりのジャン「お前らいい加減にしろ!ここ食堂だぞ!!!」

サシャ「痛いです…」

コニー「なんだよジャン、いきなり出てきてゲンコツすんなよ!」

ジャン「黙って見てればさっきからいちゃいちゃいちゃいちゃ…つか、他に人いるのに堂々と抱き合うとか頭おかしいんじゃねえの!!」

サシャ「?いちゃいちゃしてないですよ」

コニー「?してないぞ」

ジャン「あーーーーー!!!いい加減にしろ!!!!」

マルコ「ジャン落ち着いて」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 22:51:02 ID:j1A40ySA

ジャン「これが落ち着けるかってんだよ!水飲みに来ただけなのにこいつらの馬鹿みてぇないちゃいちゃ見せつけられてよぉ!」

サシャ「だから、いちゃいちゃなんかしてませんって」

コニー「ジャン、考え過ぎなんじゃねぇの?」

ジャン「ッ!!!!!」

マルコ「………もう、みんな部屋に戻ろうよ……」

サシャ「そうですね、明日も早いですし」

コニー「俺も眠くなってきた」

ジャン「………もういい、寝て忘れる」

マルコ「じゃ、食堂の灯り消しちゃうから早く出て」

サシャ「はーい」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 22:51:51 ID:j1A40ySA

サシャ「それじゃ、女子の兵舎はこっちですから私はここで」

サシャ「皆さんお休みなさい!」

コニー「お休み」

ジャン「とっとと寝ろ」

サシャ「あ、寝る前にもうひとつすることありました」

コニー「そうだな」

マルコ「?」

サシャ「お休みなさいのキ…ジャン「ふざけるなよ!!!!!」





おわり


無自覚いちゃいちゃコニサシャおいしい



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 02:46:05 ID:9bZ87kQc

おつ やっぱこの二人はどこまでいっても サシャとコニーだった



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 02:46:47 ID:jcWTSad2

乙!可愛かったなー
無事じいさんばあさんになってくれ






他のおすすめSS