転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1378475636/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/06(金) 22:53:56 ID:8xYakIbs

エレン「……俺は…家族を………………俺は最低な男だ…」

アルミン「そっ!そんなことないよ!」

エレン「アルミン、俺はどうすればいい?」

アルミン「エレンはどう思ってるの?」

エレン「もう付き合ってみたいんだよな…でも家族だし…」

アルミン「もういっそ家族なんてやめてストレートにいってみれば?」

エレン「え?…でもフラれたら…俺は…」

アルミン「100%フラないと思う」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/06(金) 23:09:41 ID:8xYakIbs

アルミン「でも…まぁ急に言われたらミカサも困るだろうね…」

エレン「やっぱりか…」

アルミン「でも少しずつやっていけば大丈夫」

エレン「そうか!じゃあ方法を教えてくれよ!」

アルミン「まずデートに誘う」

エレン「じゃあいってくる!」

ダッダッダッダッダッダッダッダッダッ


アルミン「いやぁ…でもあの鈍感エレンがねぇ…しかもミカサ……ジャンが聞いたら倒れるかなぁ…HAHAHA」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 20:53:00 ID:rWRu4G.A

女子寮
ミカサ「エレンが来る!」

アニ「何いってんのあんた…」

ユミル「どこにもいねぇじゃねえk」

エレン「ミカサー!話がある!」

ユミル「お前は神か…?」

ミカサ「で…話って?」

ミーナ「これは聞きがいあるようですねぇ~」ニヤニヤヒソヒソ

クリスタ「応援しなきゃいけないですねぇ~」ニヤニヤヒソヒソ

エレン「今度の休日…その…出かけようぜ!」

ミカサ「アルミンには言ったの?」

エレン「いや…その…二人でだ…」カァ

ミカサ「えっ?!」ボカン!

ミカサ「二人で……二人で!」プシュー




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 21:06:12 ID:rWRu4G.A

~~~~~~~~~~~~~~~~~
男子寮
エレン「ミカサとデート♪」ワクワク

ライナー(あらやだかわいい…)

ジャン「何ぃー!ミカサとデートだと?!ゆるs」バキッ

ベルト「空気読もうよ!」

ジャン「ぬぐぁー!おのれ…えーと?ベル…ベル?…ベ…?成績上位め!」

ライナー「俺も上位だよ!」

エレン「ミカサミカサミカサミカサミカサミカサ…あーもう我慢できねぇ…あったらすぐに抱き締めよう!」ワクワク



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 21:13:22 ID:rWRu4G.A

エレン「はっ!でもどうやって付き合おう…フランツに教わろう!」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/08(日) 18:19:12 ID:x8qfJ7Xs

エレン「フランツ、ハンナとどうやって付き合い始めた?」

フランツ「えっ?!い…いきなり?」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/08(日) 20:11:33 ID:x8qfJ7Xs

女子寮
ミカサ「エレンとデート♪」ワクワク

ミーナ(あらやだかわいい!)

ミカサ「はっ!でも付き合いかたが分からない…ハンナに聞こうそうしよう」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/09(月) 17:18:44 ID:.LRb1x7Y

ミカサ「ハンナ、聞きたい事がある」

ハンナ「いいよ!何でもいって」

ミカサ「ハンナ、フランツとどうやって付き合い始めた?」

ハンナ「」('_'〃)

ハンナ「なっ?なんでそんなこときくでござるか?」

ミカサ「エレンと付き合いたいから」

ハンナ「分かった教えるよ!」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/09(月) 17:28:16 ID:.LRb1x7Y

男子寮
フランツ「あれは雨の降る日だった」

空想

フランツ「あーつかれたなぁ…雨の降る日に外にでるなんて間違いだったよ!あーもう!ムチャクチャだぁ!」
その時だった

ハンナ「あぁ!私の傘!」

フランツ「キュン!…じゃなくてよいしょ!」ピョーン

ハンナ「あっ!ありがとうございます!キュン!」

空想終了
フランツ「だから人の喜ぶことをすればいいんだよ」

エレン「ふむふむ」メモメモ

フランツ「次いくよ」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/09(月) 17:46:55 ID:.LRb1x7Y

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

フランツ「ということだよ……ってエレンがいない」

サシャ「つまり…今日の夕食くれるってことですか?」

フランツ「」

女子寮
内容同じなので省略
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ハンナ「ということがあったんだ~ってあれ?ミカサがいない…」

サシャ「つまり…今日の夕食くれるってことですか?」

ハンナ「…」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/10(火) 16:02:53 ID:7F9KLMb.

クリスタ「私と」

ミーナ「私が、デートを観察しよう」

ユミル「あいつらの?」

アニ「なんで私も…」

ミーナ「アニ~行こうよ~楽しそうじゃん~」

アニ「でも…行かないとはいってないよ!」ワクワク



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/10(火) 17:11:36 ID:7F9KLMb.

デート当日

ミカサ「……エレンがおそい…」

ミーナ クリスタ ユミル アニ
ーーーーーーーーーーーーーーー

ミーナ「エレン早速遅刻?」ヒソヒソ

クリスタ「ゆるせない…」ギリリ…

ユミル「まぁそんなカッカすんなよ…」ヒソヒソ

アニ「クリスタの言うことはただしいと思うよ…」ヒソヒソ



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/10(火) 17:15:44 ID:7F9KLMb.

ミカサ「遅い…遅刻かな…」

エレン「よぉ!」ヒョコッ

ミカサ「わぉ!」ドスーン

ミーナ「うぉー」

クリスタ「なんで私達もびっくりしてるの…」

エレン「すまんすまん用事があって…」


ライナー「うおおおおお」

ジャン「うぉおおおぉ」

ベルトルト「WOOO」

アルミン「何やってんだエレンは…遅刻して…」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/10(火) 17:29:31 ID:7F9KLMb.

エレン「で…どこいく?」

ミカサ「私はエレンとならどこでも…」

エレン「そうか…なら…まず飯食おうぜ」

ミカサ「私のお勧めの店いく?」

エレン「何ていう名前?」

ミカサ「飯屋のリヴァイ」

エレン「」

ものかげ
クリスタ「お店に行くよ…私達も行くよ変装して…」ヒソヒソ

ユミル「何で?」ヒソヒソ


ライナー「俺達もいくぞ」ヒソヒソ

ジャン「死に急ぎ野郎…許せん」ヒソヒソ

アルミン「おーーっ」ヒソヒソ



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/10(火) 17:48:21 ID:7F9KLMb.


カランカラーン

店員「いらっしゃいまっせー!何名様ですか?」

エレン「二人で」

店員「了解したかもでっせー!ではあの席へー!」

エレン「はい…(くそうぜぇこいつ…)」

ミカサ「ありがとうございます(うざい)」

クリスタ(カツラ)「二人で」

店員「了解したかもでっせー!」

ミーナ(かつら)「アニやめたげて」

アニ(かつら)「ぬうううーー!うぜぇ」

ユミル(かつら)(クリスタはカツラつけてもかわいい)



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/10(火) 18:18:23 ID:7F9KLMb.

クリスタ「疲れたっすねー先輩」

ユミル「ぼほっ!」

ミーナ「あぁ…髪がぁ…」

ユミル「すまねぇ(口調変わっとる!!)」

アニ「何食べるのかい?私はお子さまランチだけど」

ユミル「ぼほっ!」

ミーナ「あぁ顔がぁ…」

ユミル「すまねぇ(お子さまランチってww)

クリスタ「お子さまランチってアニはまだ子供だったの?!」

アニ「趣味」

ユミル「ぼほっ!」ボカン

ミーナ「ユミルが破裂しおった」

アニ「おーいユミル聞こえないかい?」

ユミル「」チーン



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/10(火) 18:32:24 ID:7F9KLMb.

そういえば言ってなかったけど安価出てくる時があります。

クリスタ「今度ユミルとデートしようかな~」

ユミル「何時行く?」ガバッ

アニ「あ、起きた」

外では…

ライナー「あいつらが出てくるまで何する?」

ベルトルト「>>25しようよ」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/10(火) 19:38:59 ID:FlqmrIlM

あっち向いてホイ



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/10(火) 20:07:42 ID:7F9KLMb.

ベルトルト「あっち向いてホイしようよ」

アルミン「ok」

アルミン「最初はグージャンケンポイ!」

アルミン負け

ベルトルト「あっち向いてホイ!」

アルミン「ぐはぁ」

ベルトルト「あっ!」

ライナー「アルミンを殴りおったでこの人」

ベルトルト「ごめんごめん手が長くて…」

アルミン「」チーン


エレン「ご馳走さまでした~」

ミカサ「次はどこに行くの?」

エレン「そうだなーまだ決めてねぇし…タウンド2にでもいこうぜ」

ミカサ「それはいい案」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/10(火) 22:36:03 ID:NZbClswY

タウンド2

エレン「やっぱりボウリングだよな」

コニー「やっやめてくれー!」

ガッシャーン ストライク!

ミカサ「コニーがボールになった…」

クリスタ「よぉしストライクをねらってー!とりゃあ!」

ゴロゴロゴロゴロ

コニー「痛いじゃねーか!やめろよー!」

ユミル「………」

アニ「………」

ミーナ「………コニー……」

こにぃ「」チーン

ライナー「何だ?ここは…ボールが全部コニーじゃねぇか…」

アルミン「ってかコニー多っ!」
今日は終わり

見てる人いるの?このスレ…



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/11(水) 19:56:18 ID:ZG08P37.

エレン「次どこいく?」

ミカサ「デパートに行きたい」

エレン「いいぜ」

ライナー「俺もデパートに行きたかったんだ、クリスタに服を買うために」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/12(木) 19:24:33 ID:NP4CfvDg

デパート

エレン「ミカサ何買う?」

ミカサ「抱き枕(エレン似)」

エレン「何だそれ…」

ものかげ
ジャン「ライナー、袋あるか?」

ライナー「あるが、何に使うんだ」

ジャン「おぼろろろろろろろ!!!!」

アルミン「あぁね…」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/12(木) 20:07:58 ID:NP4CfvDg

エレン「あった、抱き枕…何か俺に似てる…」ジロ…

ミカサ「そそそそれれれれははははたたたたまままままたたたたたまままま」アアアアアアアセセセセセセセアアアアアセセセセセセ

エレン「ま!いっか!次ゲームコーナー行きたいけど、いいか?」

ミカサ「わかった」

ものかげ

ジャン「ゲームなんてwwwお子ちゃまだなぁww…、ん?なんか飛んでk」バキッ

アルミン「気の毒…」

ライナー「さ・て・と・俺達も行くか」

ベルト「ジャンは?」

ライナー「ジャン?服を脱がせてそこらへんに捨てとけ」

ベルト「了解!」ビリッビリッ

ジャン「…………」チーン

アルミン「ジャン…次会うときは牢獄だね」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/14(土) 09:50:46 ID:piJ20XzE

「スタスタスタスタ…ん?なんだこいつ裸で…憲兵団呼ぼう」



憲兵団「おい貴様裸で何してる!」

ジャン「アァン?何だお前……何で俺裸なんだ?」

憲兵団「牢獄に同行する!」

ジャン「…ン?…ちょ…待てよ…俺をどこに連れていくんだ?!やっ!やめろぉおおおぉおおぉお!!!!!!」



アルミン「さようなら」

ライナー「いつかあぁなると思ってたぜ…」

ベルト(お前がやったんだろ)



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/14(土) 10:15:13 ID:piJ20XzE

クリスタ「ミーナ委員!うまくいけばこれはあらたなる命ができるかもです!」

ミーナ「クリスタ委員!そうかもですね!」


エレン「もぐらたたきあった!早速やろう!」ポコポコポコポコ

ミカサ「さっきから叩いてるのが」

コニー「痛いじゃねーか!やめろよ」

コニー2「痛いっていってんだろ!」

コニー3「やめろよー!」

コニー4「きこえてんのか?!」

コニー5「バカになっちゃうだろ!」

ミカサ「…………」

エレン「まぁいいじゃねーか、楽しいし」

ポコポコポコポコポコポコポコポコ


こにぃ「」チーン



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/14(土) 11:08:18 ID:piJ20XzE

エレン「次どこいく?」

ミカサ「ぶらぶらしたい」

エレン「わかった」スタスタスタ


ライナー「あのまま続ければ良いぞ…いいぞ!」

アルミン「そんな声出しちゃダメ!」

クリスタ「頑張って!ミカサ!」

アルミン「?!」

ライナー「な?!何でクリスタがいるんだ?!」

ユミル「それはこっちのセリフだ!」

ミーナ「そんな事どうでもいいから早く後をつけよう」

ライナー「分かった」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/14(土) 20:31:18 ID:eiZ24mG6

エレン「次どこいく?」

ミカサ「そろそろデザート食べたい」

エレン「分かった」

店内

ミカサ「じゃあ一つのジュースにストローを2本差すやつで…あとストローは近い距離で」

エレン「じゃあおr「以上で」」

エレン「俺のジュースはどうするんだよ!」

ミカサ「ダメ?」ウワメヅカイ

エレン「うっ…………ゆっ…許す」ドキドキ

クリスタ「いいよその調子」

ミーナ「意外とミカサってかわいい」

エレン「ジュースきたぞ」

ミカサ「やった!」ワクワク

エレン「飲むぞ」ゴクゴク

ミカサ「うんうん…美味しい…幸せだ」ゴクゴク



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 17:36:01 ID:wB1VWYko

エレン「はー…疲れたなぁ…」

ミカサ「もう空が暗くなってきたし帰ろう」

エレン「そうだな」

ライナー「んだよ!告白しねぇのかよ」

アルミン「ライナー落ち着いてエレンには作戦があるはずだ」

ベルト「作戦?」

クリスタ「けっこういい感じだね」

ライナー「結婚しよ」

空の神「くらぁっ!わしの女神になんてことを言うんじゃ!貴様には特に理由のない天罰がお前を襲うぞ!ティンカラホイ」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 19:40:43 ID:o2835gcc

ライナー「……」スタスタスタスタ

つバナナの皮

ライナー「っ!」ズルッ

つレンガ

ゴンッ
ライナー「あがぁ!」

子供「わーわーわー!うわっ」
ドサッ

ライナー「うぐはっ!」

ヒラヒラ
つ鎧の巨人と書かれた紙

ライナー「……」パサッ

子供「んん…いたた……わーわー!」ゴスッ

ライナー「あぁ!」←踏まれた



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 21:22:10 ID:u9hvz.oA

ライナー「」チーンそして胸には鎧の巨人と書かれた紙

アルミン「特に理由のない天罰がライナーを襲う!!」

ベルト「ライナー…………」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/20(金) 07:21:23 ID:F/4XpreU

食堂

アルミン「あ~今日は疲れたね」

ミカサ「今日、どこに行ったの?」

アルミン「あぁ、今日は二人をつけ………」

ミカサ「二人をつけ……?」

ライナー(アルミイイイイイン!!!)

アルミン「つけ、つけ、漬け物にしてたんだよ!そうだよ漬け物だよ漬け物!」アセアセ

ライナー「そっそうだぞ!俺は漬け物にされた!…で、戻った!」アセアセ

ベルト「ぼっ!僕もだよ!」アセアセ

ミカサ「…うん………」

続きは夜辺りに書きます。



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/21(土) 08:36:08 ID:yEINtZN6

すみません!寝てしまいました!

アルミン(そろそろ最終手段に入る!)

エレン(アルミン…そのサインは……!えーと…まず外に誘おう)

キースの部屋

エレン「キース教官殿!ようがあって来ました!入っても?」

キース「入れ!」

エレン「失礼します!」

キース「で、用件はなんだ?」

エレン「少しばかりの外出の許可を」

キース「何故だ?」



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/30(月) 18:52:36 ID:UHaNL50Q

エレン「いわゆる青春ってやつです」

キース「そうか………いぃや駄目だ」

エレン「何故ですか?」

キース「もうとっくに消灯時間はすぎている」

エレン(えええええ!!)

アルミン「キース教官!エレンは本気です!」

キース「んぐっ……しょうがないな…許そう」

エレン「アルミン、ありがとう」

アルミン「後で話聞かせてね」

エレン「あぁ!」



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/30(月) 19:00:17 ID:UHaNL50Q



エレン「……あ…ほっ…星が綺麗だな、お前みたいに//」

ミカサ「あっ…あぁ……ありがとう…//」

ミカサ(ちゃんと自分の気持ちを伝えないと…)

エレン「ミカs……」

ミカサ「エレン、私と、結婚しよう//」

エレン「…そのことなんだが、俺、いま気づいたんだけどよ…」

エレン「俺達はここへ何をしに来た?」

ミカサ「巨人を駆逐するため」

エレン「あぁ、そうだ」

ミカサ「そんなの関」

エレン「ある!俺は母さんの仇をうつために訓練兵団にはいった」



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/30(月) 19:05:07 ID:UHaNL50Q

ミカサ「………」

エレン「だからよぅ、俺だって結婚して、子供作って、幸せな家庭を作りたいんだ」

ミカサ「…………」

エレン「だから、巨人を駆逐して、母さんの仇をとったら、結婚しような!」

ミカサ「うん!、これからもよろしくお願いします!」

エレン「こちらこそ!」

パン!パン!

アルミン「おめでとう!」

マルコ「本当によかったね!」

ミーナ「ヒュー!ヒュー!」

アニ「……」どよーん



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/30(月) 19:09:06 ID:UHaNL50Q

ベルト「…………」どよーん

ライナー「なぁ、どう思う?」

アニ「巨人になりたくない…」

ベルト「もう故郷なんてどうでも良くなったよ」

ライナー「ほんとだな」

アニ「私はあいつらと一緒にいる方がたのしいよ!」

ベルト「よし!次からは僕たちが巨人を殺して、この世界を平和にしよう!」

ライナー「賛成!」

マルコ「そういや、ジャンってどこにいるの?」



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/30(月) 19:13:04 ID:UHaNL50Q

アルミン「あっ」

ライナー「あっ」

ベルト「あっ」

アルミン「…………ははははは!そんなのどうでもいいよ!」

ライナー「だな!」

ベルト「そんなことより宴だ!宴!」

サシャ「おーめでとうごーざいます!」

クリスタ「本当に良かったね!」

ユミル「次は私とクリスタだ!」

クリスタ「もぅ~ユミルったら!」

ライナー(こうして俺の人生が始まる)



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/30(月) 19:18:50 ID:UHaNL50Q

サシャ「はいはい!二人とも!まずキースからでーす!」

キース! キース! キース!

キース「今しがた大きすぎる音が聞こえたが、あと私の名をそんなに呼ぶな」

シーーン
牢獄

ジャン「あぁ、ふっざっけんなよ!!」

ジャン「あいつら、俺が殺してやる!俺が駆逐してやる!」

ジャン「そんなことより、……俺!忘れられてなーい?!?!?!」

なーい!? なーい!? なーい?!

その声は、内地にも響いたと言う…

なーい?! なーい?!なー
「うるさい!黙れ!しずかにしろっ!」



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/30(月) 19:20:22 ID:UHaNL50Q

ゴスッ!
イタイッ!ヤメテェェェェェ!!!!

そして、この声も、内地に響いたという…

~~~~~終わり~~~~~



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/30(月) 19:22:27 ID:UHaNL50Q

終わりです!
オマケとかつけたほうが良いですか?
一応次回作も作る予定です。
今まで応援してくれた?…人、ありがとうございました!



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/30(月) 20:50:30 ID:obIYJWmc

乙!
おまけは必須です。



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/30(月) 21:37:18 ID:CuS4GNLs

乙です!
おまけ楽しみです!



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 07:25:54 ID:BBXqis56

オマケ

アルミン「いや~あの時の二人のキスはすごかったね~」

エレン「んぐっ……///」

ミカサ「………////」

ジャン「あ~もう!羨ましい!」

アルミン「二人とも意外とお似合いだよ?」

エレン「ありがとう//」

ミカサ「そういわれると照れる///」

ライナー(クリスタ、結婚しよ)

ベルト(アニ、結婚しよ)

フランツ「僕達も負けてられないね」

ハンナ「えぇ、よーし、頑張るぞ!」



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 08:03:29 ID:BBXqis56

今度こそ終わり

次のスレタイは
ミカエレ「子供はどうやってできるの?」
です。良かったら見てください
シリーズです







他のおすすめSS