転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1558869972/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/26(日) 20:26:12.18 ID:99yecWFH0

じむしょ

やよい「うぅ~。どうしよう......」

あずさ「あらあら。やよいちゃん。どうしたの?」

やよい「あずささん」

やよい「実は昨日、家族みんなでお家の大掃除をしたんです」

やよい「そしたら、予想以上に要らない物が出てきゃって......」

やよい「捨てたいんですけど、まだまだ使えそうな物が沢山あるので、誰か貰ってくれる人が居ないかなーって」

あずさ「そうだったのね......」

あずさ「それなら『メルカリ』に出品してみたらどうかしら?」

やよい「メルカリですかー?」

あずさ「ええ。私もよく古着を売ったりしてるんだけど」

あずさ「誰でも簡単に物の売り買いができるアプリよ!」

やよい「そうなんですか!でも、私にできるかなぁ......」

あずさ「大丈夫よ!私が教えてあげるから♪」

やよい「うっうー!あずささん!ありがとうございまーす!!」ガル-ン

数時間後

あずさ「こんな感じで出品ができるわ」

やよい「うっうー!これなら私でもできそうですー!」

あずさ「やよいちゃんは物覚えが早いわねー」ナデナデ

やよい「えへへー。あずささんの教え方が分かりやすかったからですよ!」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/26(日) 20:27:03.73 ID:99yecWFH0

千早「ただいま戻りました」ガチャ

やよい「あっ!千早さんおかえりなさい」ガル-ン

千早「かわいい高槻さん(ただいま高槻さん)」

やよい「うぅ?」

千早「い、今のは違うのよ高槻さん!?」

千早「こ、これは、私が高槻さんの事を毎日想っているから自然と声に......」

やよい「そ、そうなんですか......」

千早「んあー!」

あずさ(素直になればいいのに......)

伊織「ただいまー」ガチャ

あずさ「おかえりなさい。伊織ちゃん」

伊織「ただいま。アンタたち、何してるの?」

あずさ「実は、やよいちゃんがメルカリデビューをしたの」

やよい「これで私の色々な物が売れちゃいますー!」

千早&伊織「!?」

千早「た、高槻さん!ちなみに、どんなニックネームでやっているのかしら!」

やよい「『べろちょろ』ってニックネームです!」

伊織「なるほど。『べろちょろ』ね」カキカキ

やよい「もしかして、お二人もメルカリやってるんですかー?」

伊織「や、やってないわよ......」

あずさ(あら?この間私に、メルカリの使い方を聞いてこなかったかしら......?)

伊織「も、もし今度メルカリを始めることになったら、やよいのアカウントを参考にさせてもらおうと思って......」

千早「わ、私もよ!高槻さん!!」

やよい「そーだったんですね!」

やよい「もし、分からないことがあったら何でも聞いてください!」

千早「えぇ!そうさせてもらうわ」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/26(日) 20:27:16.55 ID:Q+M1KT9x0

転売が多いんだよな




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/26(日) 20:27:21.65 ID:99yecWFH0

高槻家 

やよい「ただいまー!」 

かすみ「お姉ちゃん、おかえりー」 

かすみ「洗濯物、洗っといたよ!」 

やよい「ありがとーかすみ!!」 

かすみ「うん!私、お風呂入ってくるね」ガチャ 

やよい「分かった!残りの洗濯物は、私が畳んでおくからねー」 

やよい「あっ!その前にメルカリで出品しちゃいましょーう!!」 

やよい「最初は何がいいかなぁ」 

やよい「それじゃあまずはこの、小学生の時に使ってた『ランドセル』にしましょう!』 

【ランドセル(オレンジ色)】 
商品説明 
[初めての出品です! 
このランドセルは、私が小学生の頃に使っていた物です。 
大切に使っていたので、どなたか大切に使ってあげて下さい!] 

価格:1000円 

やよい「これでよしっと!」 

やよい「売れるかなぁ」ワクワク 

千早家 

千早「高槻さん、どんな物を出品してるのかしら」ポチポチ 

千早「へぇ。『ランドセル』ね」 

千早「綺麗なランドセルね......」写真ズ-ム 

千早「!!?」 

千早「こ、これは......」 

千早「もしかして!!?」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/26(日) 20:27:53.31 ID:99yecWFH0

やよい家 

やよいフォン「」キュインキュインキュイン 

やよい「あっ!メルカリからの通知です!」 

やよい「誰かコメントしてくれたのかなぁ」ポチッ 

コメント 
紅莉栖さん 
「初めまして。一つお伺いしたいのですが、画像左端に見える下着は、出品者様本人の物でしょうか?」 

やよい「はわっ!私の下着が写っちゃってた!」 

やよい「でも、質問されちゃったからちゃんと答えないと......」 

コメント 
べろちょろさん 
「くりすさん。コメントありがとうございます! 
はい......これは私の下着です......」 


千早家 

千早「んああああ!!(嬉涙)」 

千早「こ、これは何としても買わないといけないわ!!!」ポチポチ 

コメント 
紅莉栖さん 
「ご回答、ありがとうございます。是非、そちらの下着を買いたいのですが、購入してもよろしいでしょうか!!」 


高槻家 

やよい「えぇ!!わ、私の下着を!?」 

やよい「だ、ダメです絶対に売れません!」ポチポチ 

コメント 
べろちょろさん 
「すいません......この下着は売れません......よかったらランドセルを買って下さい!!」 


千早家 

千早「ぐぬぬ。やはり簡単には買えないわね......」 

千早「それなら、これでどうかしら?」ポチポチ 

コメント 
紅莉栖さん 
「実は、先日空き巣に合ってしまいまして、自宅の下着が全て盗まれてしまいました。私がいつも着用している下着は特注品で、お店に売っている下着だと大きすぎて履くことが出来ません。べろちょろさんの下着が私の下着ととても似ていて、もしかしたら履く事が出来るかもしれません...... 
言い値で買います!どうしても欲しいんです!!お願いします。譲ってください。」 



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/26(日) 20:28:36.29 ID:99yecWFH0

高槻家 

やよい「そうだったんだ......」 

やよい「このパンツ、デパートのやつだからまた買えるし......」 

やよい「私のパンツでこの人が助かるなら......」 

やよい「あれ?別の人からもコメントが来てる」 

コメント 
ルイズさん 
「10万円で貴方の下着を買うわ!!文句ないでしょ?」 

やよい「ええっ!!じゅ、じゅうまんえん!?」 

やよい「だ、ダメです!お金よりも人の役に立つ事をしないと!」 

コメント 
べろちょろさん 
「るいずさん!コメントありがとうございます!ごめんなさい!金額は魅力的ですが、くりすさんが困っているみたいなので、くりすさんに売ることにします!」 

水無瀬家 

伊織「ちょっ!そんなの嘘に決まってるじゃない!!」 

伊織「大体、サイズが大きいなら子供用の下着でも付ければいいじゃない!」 

伊織「一言いってやらなくちゃ」ポチポチ 

コメント 
ルイズさん 
「貴方は騙されているわ!紅莉栖ってヤツはきっと変態よ!売るのはやめて!!」 

千早家 

千早「な、何なのこの『ルイズ」って人は......」 

千早「高槻さんの下着は絶対に買わせないわ!!」ポチポチ 

コメント 
紅莉栖さん 
「ルイズさん。貴方は一体なんなんですか?べろちょろさんは私に下着を譲ってくれると言っているんです。それに、子供用の下着では恥ずかしくて履けません!!この下着は私の物です!」 

千早「よくよく考えてみれば、高槻さんが私に譲ってくれると言っているのだから、もう購入してしまえばいいのよね」ポチポチ 

水無瀬家 

伊織「きーっ!なんなのよコイツ!」 

伊織「こうなったらコイツよりも先に購入しなくちゃ!」ポチポチ 

SOLD OUT 

伊織「」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/26(日) 20:29:03.58 ID:99yecWFH0

高槻家 

やよい「はわっ!売れちゃいました......」 

やよい「買ってくれたのは、やっぱり『紅莉栖』さんです......」 

やよい「うぅ......恥ずかしいけど、これで紅莉栖さんが助かれば......」 


数日後(千早家) 

千早「つ、ついにこの時が来たわ......」 

千早「んあぁあああ!!高槻さんのおぱんつぅうううう!!!」クンカクンカ 

千早「これが、高槻さんの桃源郷と触れ合っていた布切れね......」ペロペロ 

千早「高槻さんのお・あ・じ♪」 

さらに数日後(事務所) 

千早「ただいま戻りました」 

千早「あ、千早さん!おかえりなさい!」 

千早「た、高槻さん!どうしたの?こんな時間まで事務所で」 

やよい「実は、今日のお仕事が少し長引いちゃって......」 

やよい「プロデューサーが家まで送ってくれるらしいんですけど」 

やよい「プロデューサーのお仕事が中々終わらないらしくて......」 

千早「それで、事務所で待っているってわけね」 

千早「ねえ。高槻さん。もしよかったらだけど......」 

千早「今夜、私の家に泊まっていったらどうかしら?プロデューサーも、後何時間かかるか分からないし」 

やよい「えぇ!?いいんですか!!」 

千早「ええ。大歓迎よ」 

やよい「それじゃ、お言葉に甘えて......今日はお願いします!」 

千早「えぇ」ニコ 

千早(んぁぁぁあああああ!!!!)嬉 



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/26(日) 20:30:23.12 ID:99yecWFH0

千早家 

やよい「お邪魔しまーす!」 

千早「どうぞ」 

千早「私、お風呂を沸かしてくるから、ゆっくりしていてね」 

やよい「はーい!」 

千早「それにしても、千早さんの部屋、綺麗だなぁ......」 

やよい「このベットもふかふかー」ポロッ 

やよい「あれ?これ......私がこの間売ったパンツと同じやつだ」 

ラベル「やよい」 

やよい「」 

千早「高槻さん。後20分ぐらいしたらお風呂が沸くから、先にはいっt」 

千早「」 

やよい「千早さん。気持ち悪いかなーって」 

千早「んあー!」 

おまけ 
響「自分もメルカリ始めたさー!」 

響「さっそく古着を売ってみるさー!」ポチポチ 

響「早速コメントがきたさー!」 

コメント 
ちんすこうさん 
「下着も出品して下さい」 

響「うぎゃー!変態だぞ!!」 

END 







他のおすすめSS
 
 
 
 
 
P「事務所内に売店が出来た」 
千早「振り返ることもないだろうから」 
P「安価でアイドル達にご褒美をあげる」 
響「ね、ねえ春香、今日はいい天気だね……」 
真「真美にエッチなことしてるのが皆にばれた」