大きいサイズ

    カテゴリ: ダンガンロンパSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490170285/

    1: ◆14iW9oDzjQ 2017/03/22(水) 17:11:25.59 ID:2kC7iODj0

    ダンガンロンパv3ネタバレがあるので気をつけてください。
    キャラ崩壊が多少あります。
    時間軸は第六章あたり。
    作者はキーボが嫌いと言うわけではない。
    作者の気がつかない矛盾があったらごめんなさい。
    あなたの押しキャラが殺害されてしまう可能性があるのでそこはご理解ください。
    勢いで書いた。短いです。





    2: ◆14iW9oDzjQ 2017/03/22(水) 17:12:26.97 ID:2kC7iODj0

    最原「ああ…キーボ君がペシャンコに…」

    白銀「キーボ君は私たちを守ってくれたんだよ…」

    夢野「いや、ウチたちかなり離れていなかったか?」

    春川「こんなのひどすぎるよ…百田がせっかくみんなをかばったのに…」

    最原「そうだぞ!モノクマふざけるなよ!クロ以外をオシオキするのは校則違反じゃないのか!」

    モノクマ「いやぁ、ボクもまさかキーボクンに当たるとは思わなかったんだ。ゴメンネ」

    夢野「ごめんで済むか!」

    白銀「そうだそうだ!」

    モノクマ「ボクも反省しているからさ!お詫びというわけで学級裁判をします!」

    最原「え?」



    3: ◆14iW9oDzjQ 2017/03/22(水) 17:13:31.99 ID:2kC7iODj0


    モノクマ「今回の裁判ではなんとこのコロシアイ学園生活に潜む黒幕を当ててもらいまーす!」

    白銀「えーなんだってー!」

    最原「え?黒幕がどこかにいるの?」

    モノクマ「そうそう。オマエラ四人の中にいます!ちなみに一人だからね」

    白銀「うそー!」

    夢野「ウ、ウチじゃないぞ!」

    春川「そんなのモノクマの嘘でしょ。私たちを仲間割れにするためのね」

    モノクマ「いやいや、モノクマ嘘つかない!だってこれはキーボ君を間違って潰したお詫びだもん!」

    モノクマ「それにいま4人で学園生活してもツマンナイでしょ!だったら終わりでいいかなーって」

    白銀「それにしても黒幕がいたなんて思ってもみなかったよ。こっそり隠し部屋とかいってたんだね」



    4: ◆14iW9oDzjQ 2017/03/22(水) 17:14:48.83 ID:2kC7iODj0

    最原「隠し部屋に行ってたかはまだわからないし、本当にこの中に黒幕がいるのかな?」

    白銀「いや、地味にいるでしょ。モノクマが言っているじゃん」

    夢野「まあ、いるかどうかは別としてどうやって探せばいいんじゃ?」

    夢野「まあこういう黒幕はそういうのが得意そうな超高校級の…」

    春川「何?私を疑うの?」

    白銀「いや、それは地味にないと思うね。だって私が黒幕だったらそんな目立つような事はしないし、もっとみんなに協力的になると思うんだよね」

    白銀「さらに言えば、私が黒幕だったら地味に動くと思うよ。目立たないように」

    夢野「そ、そう言われればそうじゃのう。すまん、春川」

    春川「別に。こうやって疑われるのはなれているし…こうやって疑っていけば黒幕が見つかるかもしれないしね」

    春川「というわけで私が黒幕だと思うの人を言うね」

    白銀「おお!発表しちゃって!どーんとね!」

    春川「実は王馬が生きているとか、二人いたとか…」

    白銀「いや、ないでしょ絶対ない」



    5: ◆14iW9oDzjQ 2017/03/22(水) 17:16:45.87 ID:2kC7iODj0

    白銀「考えてみ」

    白銀「まず、王馬が一人の場合さ、百田君が嘘ついたってことになるんだよ」

    白銀「百田君言ったじゃん。さっきのキーボみたいに王馬くんをプレスしたって」

    白銀「あと王馬二人説、他の奴らにも該当するから考える必要ないし、ていうかさ」

    白銀「それにモノクマがさっき言ったじゃん。オマエラの中の四人にいるって」

    白銀「ここにいるだれかなんだよ黒幕は。私含めた4人のだれかなんだよ」

    春川「…そうだったね。こんなときにいない人を疑うとかどうかしてたよ」

    白銀「いやいや、大丈夫。真実に近づいているから」



    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:18:02.14 ID:xLQ0ZO4UO

    キーボが死ぬ必要あったのか微妙で草




    【最原「キーボ君危ない!百田君が乗ったロケットが落ちてくるよ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490270175/

    1: ◆rE0Yfbs/qoGu 2017/03/23(木) 20:56:15.73 ID:rsCzEA/wO

    ネタバレあり

    短い

    適当だから深く考えないでください





    2: ◆rE0Yfbs/qoGu 2017/03/23(木) 20:57:09.40 ID:rsCzEA/wO

    赤松(私は天海くんを殺してしまった)

    赤松(初回特典があれば、外に出れた。だけどみんなを置いて私だけが外に出るなんて絶対にだめ)

    赤松(そう思って、学級裁判で首謀者を突き止めようと思ったんだけど…)

    赤松「それは違うよ!」

    百田「それじゃ証拠になんねーじゃねーのか?」

    百田「やっぱり天海が首謀者だったんだ!」

    赤松「やっぱり?」

    最原「いやちょっと待ってよ」



    3: ◆rE0Yfbs/qoGu 2017/03/23(木) 20:58:14.70 ID:rsCzEA/wO

    入間「オレ様はカメラをつくってねーよ!」

    赤松「それに賛成だよ!」

    最原「いや、確かにつくってもらったけど…?」

    赤松「え、そうだっけ?」

    最原「赤松さん…今はもう少し真面目に話そうよ」



    4: ◆rE0Yfbs/qoGu 2017/03/23(木) 20:59:23.75 ID:rsCzEA/wO

    白銀「変装は無理だって!」

    赤松「うん…それは間違いないと思うよ」

    赤松「だって白銀さんは変装するとお腹がいたくなっちゃうもんね…」

    白銀「ならないよ!そのネタ引きずらないでよ!」

    赤松「え?でもトイレにかけこんだよね?」

    白銀「どんな記憶力なの!?」



    5: ◆rE0Yfbs/qoGu 2017/03/23(木) 21:00:53.87 ID:rsCzEA/wO

    東条「障害物はどこにも…」

    赤松「それは違うよ!」

    東条「赤松さん、もっと論理的な根拠を示して。残念ながらその証拠では獄原君は犯行を行っていないという証拠にはならないわよ?」

    赤松「だって、なんていうか、その…無理だもん!」

    東条「…話にならないわね」

    最原「待って。そのときの状況を思い出してみてよ」




    【赤松「ミスし過ぎちゃった…」【ニューダンガンロンパV3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490104285/

    1 :以下、真宮寺にかわりましてさくらちゃんがお送りします ◆al3ln3vY2Kmc 2017/03/21(火) 22:51:26.11 ID:2sZa2bV80

    注)
    ・優しい世界

    ・ネタバレ注意 
     
     






    2 :以下、真宮寺にかわりましてさくらちゃんがお送りします ◆al3ln3vY2Kmc 2017/03/21(火) 22:52:44.44 ID:2sZa2bV80

    …………
    ……

    王馬「だーかーらー! 俺のアバターに特殊設定があった以上オレに入間ちゃんを殺せるはずがないんだってー」

    王馬「さっきから散々話合ったでしょ? 入間美兎を殺した犯人は、獄原ゴン太なんだってよォ!」

    百田「終一! テメーはゴン太より王馬を信じるのかよ!?」

    王馬「ゴン太以外にこの犯行が可能な人物はいないんだよ? それは今最原ちゃん自身が説明してくれたよね?」



    3 :以下、真宮寺にかわりましてさくらちゃんがお送りします ◆al3ln3vY2Kmc 2017/03/21(火) 23:04:57.21 ID:2sZa2bV80

    王馬「最原ちゃーん! この意地っ張りに何か言ってやって――――」

    最原「僕は、僕はゴン太くんを信じたい……」

    最原「いや、僕はゴン太くんを信じる!」


    王馬「……」

    王馬「……は?」




    【最原「それでも僕はゴン太くんを信じたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490067430/

    1: ◆xROVu0Go0GxI 2017/03/21(火) 12:37:11.24 ID:vcn40Wgb0

    ※ダンガンロンパV3のネタバレがあるかもしれない。最原クンは全員のパンツを獲得しています。



    最原「それって……何?」

    キーボ「なんでも『ひみつ道具』という不思議な道具を取り出せるポケットだそうです」

    最原「また入間さんの発明……?」

    キーボ「いえ、これはモノクマから貰いました」

    キーボ「ボクがこれを持つのはちょっと……って言っていましたが……」

    最原(なんでだろ……)

    キーボ「ボクも何が入っているかは分からないので、少々怖くて……」

    最原「ポケット使うのは前提なんだ」

    キーボ「使わないと話が進みませんからね」

    キーボ「では、行きます……!!」

    ↓2 原作からひみつ道具一つ





    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/21(火) 12:40:31.56 ID:LcfDwkZ3O

    催眠グラス



    4: ◆xROVu0Go0GxI 2017/03/21(火) 12:52:32.73 ID:vcn40Wgb0

    キーボ「テッテレー! 『催眠グラス』ー!!」

    キーボ「このメガネを掛けると、誰でも簡単に催眠術をかける事ができるんだ!」

    最原「……きゅ、急にどうしたの?」

    キーボ「……いえ、どうやら『ひみつ道具』の説明をするように改造されていたようです」

    最原(なんじゃそりゃ)

    最原「でも……こんなメガネが、本当にそんな道具なのかな?」メガネ装着

    催眠グラス原「…………“まわれ”」

    キーボ「うわぁ!?」グルン!

    催眠グラス原「“ジャンプ”」

    キーボ「うおお!?」ピョーン!

    催眠グラス原「ははっ、“ちんちんかいかい”!」

    キーボ「や、やめてください! セクハラですよ!」カイカイカイカイ

    催眠グラス原「はははっ! 本物なんだ! 面白いや! はははははははっ!!」

    催眠グラス原「色んな人に試してみよーっと!」タッタッタッ……

    キーボ「…………」

    キーボ「……ボクは彼のとんでもない部分を目覚めさせてしまったのかもしれません…………」

    天海「あれ? こんなところで何してるっすか?」

    キーボ「実は……モノモノクマクマ……っていう事が……」

    天海「へぇ……最原君が……」

    天海「でも面白そうっすね。俺にもなんか出してくださいよ」

    キーボ「えっ」

    キーボ「はぁ……分かりました……」

    ↓2 原作からひみつ道具一つ



    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/21(火) 12:55:56.70 ID:xi7ZrvxI0

    通り抜けフープ



    8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/21(火) 13:03:50.36 ID:7LFqa3PZ0

    図書室行かなきゃ・・・




    【最原「え? 四次元ポケット?」キーボ「はい!」【安価】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489674576/

    1 : ◆14iW9oDzjQ 2017/03/16(木) 23:29:36.77 ID:KpKKHrNn0

    ダンガンロンパv3ネタバレがあるので気をつけてください。
    キャラ崩壊が多少あります。
    時間軸は第三章あたり。
    作者はキーボが嫌いと言うわけではない。
    作者の気がつかない矛盾があったらごめんなさい。
    あなたの押しキャラが殺害されてしまう可能性があるのでそこはご理解ください。

    明日には完成させる予定です。





    2 : ◆14iW9oDzjQ 2017/03/16(木) 23:30:31.74 ID:KpKKHrNn0

    超高校級の美術部の研究教室

    アンジー「あれれー、大変だよー」

    アンジー「キーボの蝋人形を作るために本物のキーボを使って、石膏の型を作ったんだけど…」

    アンジー「キーボそのまま動かなくなっちゃったよー触ってみると冷たいし…」

    アンジー「にゃははははー、キーボ、ぐっばいならー!」

    アンジー「何がいけなかったのかな?神様の言う通りにしたのに……」

    アンジー「主は言いました………これは隠し通せと……」

    アンジー「キーボには悪いけどこれはインペイしてみんなで幸せで平和な楽園作りを目指すよー」

    アンジー「よーし、がんばっちゃうよー」




    3 : ◆14iW9oDzjQ 2017/03/16(木) 23:31:41.27 ID:KpKKHrNn0

    アンジー「とりあえずキーボの遺体から型を取り外してっと…」

    アンジー「あれ?もしかしたらキーボって『屍者の本』で生き返るのかな?」

    アンジー「予定より早いけど一度、『屍者の本』で『死者の蘇り』をやってみよー」

    アンジー「ええと、ろうそくの火でこれを燃やしてっと…」

    アンジー「あれれー?生き返らないよー」

    アンジー「そういえば生き返るのは死んだ四人だってモノクマーズは言ってたっけー?」

    アンジー「あーあ、キーボのせいで無駄になっちゃったよー」

    アンジー「本当に使えないねー、でも神様が許してくれるって」

    アンジー「にゃははははー」



    5 : ◆14iW9oDzjQ 2017/03/16(木) 23:34:14.44 ID:KpKKHrNn0

    アンジー「これはもう無理だからキーボを隠せと神様のお告げがきたよー」

    アンジー「うーんどうやって隠そうかなー」

    アンジー「フンフン、単純に蝋を塗りたくって」ぬりぬり

    アンジー「そしてキーボそっくりにペイントすれば…」

    アンジー「かんせ~神様ありがとう!それじゃあ楓達と一緒に並べておくか…」

    アンジー「この状態ならただ蝋人形に見えるだけだし~遺体発見扱いにはならないよね~」

    アンジー「しかも、キーボがここにくる事は誰も知らないしねー」

    アンジー「しかもアンジーの作品を壊す人も生徒会にはいないだろうし~」

    アンジー「これで安心だね~さすが神様だよ~」


    その日の夜時間

    コンコン

    アンジー「あれれー?誰だろー?」

    白銀「白銀つむぎだよ、アンジーさん」

    ガチャ

    アンジー「おお、つむぎ。何しに来たのー?」

    白銀「いやー神様のおかげで学園が平和になったからね。お礼を言いたいなーって思って…」

    アンジー「おお、そうなんだーでもアンジーにお礼は言う必要はないよー」

    アンジー「だってアンジーは神様の代わりにお告げを言っているだけだからね」

    アンジー「お礼を言いたい場合は自分で神様に祈ればちゃんと神様は聞いてくれるよー」

    白銀「wwwwwwそうなんだwwわかったよ。ちゃんと自分で祈るねww」



    6 : ◆14iW9oDzjQ 2017/03/16(木) 23:35:42.50 ID:KpKKHrNn0

    白銀「そういえばキーボ君はどこにいるか知っている?」

    アンジー「知らないよ。アンジーはねーずっとここにいたからわからないや」

    白銀「wwwwそうなんだ。見回りの時間になってもいないからさ。何処にいるのかと思って」

    白銀「ってあれwwキーボ君中にいるじゃん。と思ったら蝋人形かww」

    アンジー「そうだよー神ってるでしょー神様がいきなり作り出したいって言うから作ちゃったよー」

    白銀「wwそうなんだー神様はきまぐれなんだね。ちょっと中で見ていいかな?」

    アンジー「それはダメだよーまだ、最終調整するからねー」

    白銀「…そうなんだ。なら明日ならいいてことだよね?」

    アンジー「…う~ん。いいよーそれじゃあ明日見せてあげるからねー」

    白銀「ありがとう!それじゃあ、明日。楽しみに待っているからね!」

    そう言うと白銀は去っていった。

    アンジー「う~ん。変なつむぎ。でもウキウキだしまあいいかー」



    7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/16(木) 23:45:07.00 ID:LDEQ5cRO0

    アンジーからあふれ漂う強キャラ臭



    8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/16(木) 23:48:34.51 ID:C6veLDVDO

    これはロボット差別ではない
    繰り返す、ロボット差別ではない




    【アンジー「キーボの人形を作っちゃうよ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489335092/

    1 :以下、真宮寺にかわりましてさくらちゃんがお送りします ◆al3ln3vY2Kmc 2017/03/13(月) 01:11:33.17 ID:DuoqG1id0

    僕の名前は真宮寺是清。研究のために色々な土地を訪れているしがない民俗学者サ……

    今回僕が話すのは、吸血鬼信仰のあるとある土地を訪れた時の話だヨ

    では、御清聴願おうか。雪に閉ざされた廃墟に芽生えた仄暗い殺意の物語をサ!


    注)
    このSSのダンガンロンパキャラは基本真宮寺のみの出演となっております

    その他の登場人物はフィクションの存在となっておりますが、わかる人にはわかると思われます

    ニューダンガンロンパV3のネタバレを含んだ内容となる場合がございます  
       






    2 :以下、真宮寺にかわりましてさくらちゃんがお送りします ◆al3ln3vY2Kmc 2017/03/13(月) 01:13:23.37 ID:DuoqG1id0

    真宮寺「ふう……ようやく辿り着いたヨ……。ここが吸血鬼信仰が今も息づく土地か……」

    真宮寺「大雪の影響があったにせよ、まさか山の麓からここまで四時間もかかるとは想定外だったけど、今回も新しい発見があるといいネ」

    真宮寺「後、姉さんの友達に相応しい女性も居たらいいなァ……」

    真宮寺「……それにしても変だネ。ここまで辿り着くまで誰にもすれ違わないなんて……」

    真宮寺「まさか過疎化の影響で廃村になってしまったんじゃないだろうネ?」

    真宮寺「とりあえずあの一番大きな洋館に行ってみようか」




    3 :以下、真宮寺にかわりましてさくらちゃんがお送りします ◆al3ln3vY2Kmc 2017/03/13(月) 01:15:02.39 ID:DuoqG1id0



    ピンポーン!


    真宮寺「インターホンは機能してるみたいだネ」

    男性の声「鍵は開いてるよ!」

    大柄な男性「ようこそ廃墟風ホテル『クマノミ館』へ! 本日は悪天候の中来てくれて本当にありがとう!」

    真宮寺「……申し訳ないけど、僕は泊まりに来た者ではないんだヨ」

    真宮寺「ここに吸血鬼伝説が有ると聞いて来たんだけど、人が住んでいる気配が感じられなかったからとりあえず一番大きな建物に来ただけなのサ」



    5 :以下、真宮寺にかわりましてさくらちゃんがお送りします ◆al3ln3vY2Kmc 2017/03/13(月) 01:16:04.08 ID:DuoqG1id0

    大柄な男性「そうだったんだ……。あ、ここは五年ほど前から誰も住まなくなっちゃったらしいよ」

    大柄な男性「僕がこの館を購入したのが二年前だったけど、その頃にはもう誰も居なかったし……」

    真宮寺「そうだったんだネ……」

    大柄な男性「あ、もし良ければウチに泊まっていかない? 部屋は余ってるし、安くするよ! 後からやっぱり嘘だよー! みたいなことは言わないよ。だって紳士は嘘はつかないんだ!」

    真宮寺「そうだネ、じゃあお言葉に甘えさせてもらう事にするヨ」

    大柄な男性「ゴメン自己紹介が遅れちゃったね。僕は武内って言うんだ」

    真宮寺「僕は真宮寺。真宮寺是清だヨ。よろしくネ」




    【真宮寺「ダンガンロンパ塩」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489665140/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/16(木) 20:52:20.66 ID:4QVsZhF50


    最原「そして僕の7股がばれました……」








    モノクマ「ええ…(困惑) 」




    注意
    ・こんなタイトルですがR-18要素はないです。
    ・ダンガンロンパV3のネタバレ及び黒幕バレを含みます。クリア後推奨。
    ・低クオリティ
    ・キャラ崩壊が激しい。
    ・キャラの口調が怪しい
    ・なんでも許せる方向け。 






    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/16(木) 20:53:22.34 ID:4QVsZhF50

    ―隠し部屋―


    最原「赤松さん、入間さん、白銀さん、茶柱さん、東条さん、夢野さん、アンジーさん……」

    最原「このままだとマジで殺される!」

    モノクマ「いや、それよりなんでここにいるんだよ」

    モノクマ「この部屋は首謀者用の隠し部屋だよ?」

    最原「白銀さんが教えてくれたよ?カードキーも白銀さんから貰ったし」

    モノクマ「何やってんだよあいつ……」ショボーン

    モノクマ「そしてキミも何やってんだよ!」

    最原「何って、まあ。ナニ?」

    モノクマ「うぜぇ」

    最原「ラブアパートなんてあったそりゃするでしょう、ナニを」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/16(木) 20:53:49.12 ID:4QVsZhF50

    白銀「……最原くん……」

    最原「し、白銀さん!?どうしてここに…」

    白銀「最原くんを探してたんだけど何処を探してもいなくて、もしかしてここにいるんじゃないかって思ったんだ」

    白銀「ふふ、ふふふ……そっかぁ…ここいたんだぁ……」

    モノクマ「あのねぇ、白銀さん。キミは自分がどういう立場の人間なのか分かっているの?」

    白銀「こ、ここは首謀者の私しか入れない部屋。この部屋にいるとう事は最原くんの本命は私っていうことだよね!(名推理)」

    白銀「よかったぁ、企画側の人間が参加者をお持ち帰りなんてヤバイかなって思ってたけど、最原くんの本命が私なら直にでもコロシアイに路線に変更して邪魔な人たちをみんなオシオキしちゃお」

    白銀「最後の二人になっちゃえばお持ち帰りとか関係ないもんね。それに首謀者が二人っていうのも最初のダンガンロンパみたいでいいよね」

    白銀「ああ……みんなが大好きなコロシアイを私達二人で作って行くんだ」

    白銀「二人の初めての共同作業……」ヨダレカオ



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/16(木) 20:54:16.07 ID:4QVsZhF50

    最原「……多分僕は、白銀さんが言っていることを半分も理解できていないと思う」

    最原「でも、凄く怖いっていうのは分かる」ガタガタ

    最原「ごめん白銀さん!僕はまだ遊んでいたいんだぁあああ!」ダッシュ

    モノクマ「こいつクズだ」

    白銀「逃がさないよ……最原くんは私が作った理想のフィクションなんだから……ふ、ふふふふふふふ」ヨダレカオ

    モノクマ「もうどうにでもしちゃってよ……」トホホ




    【【ダンガンロンパV3】モノクマ「ハラマシアイ学園性活のは始まりだよ、うぷぷ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489404766/

    1 : ◆14iW9oDzjQ 2017/03/13(月) 20:32:46.57 ID:2lQOjNEO0

    ダンガンロンパv3ネタバレがあるので気をつけてください。
    キャラ崩壊が多少あります。
    時間軸は第五章の探索が終わったあたり。
    作者はキーボが嫌いと言うわけではない。
    推理要素はありません。
    作者の気がつかない矛盾があったらごめんなさい。
    あなたの押しキャラが殺害されてしまう可能性があるのでそこはご理解ください。





    2 : ◆14iW9oDzjQ 2017/03/13(月) 20:34:11.27 ID:2lQOjNEO0

    最原の個室

    最原(これまで四回も事件が起きてしまった)

    最原(今までずっと学園について調べてきたけど……僕には無理なのか…)

    最原(…なに弱気になっているんだ!今回こそ手がかりを見つければいいじゃないか!)

    最原「でも本当に出来るのかな…」

    ピンポーン!

    最原「ん?誰だろう?」

    百田「終一!元気にしているか?」

    最原「百田君!もちろん、少し落ち込んでいるけど元気だよ!」

    百田「やっぱりな…終一、オメー相当落ち込んでいるだろ」

    最原「え?…やっぱり百田君にはかなわないや…」

    百田「今までの事件が止められなくて落ち込んでいるのか?それとも学園の脱出方法がわからなくて焦っているのか?」

    最原「うーん、どっちもかな」

    百田「何度も言うが一人で抱え込むなよ!いつでも仲間を頼れよ!」

    最原「うん、百田君ありがとう…元気づけてくれるために来てくれたんだね」

    百田「ああ、あとな面白い遊びを考えたんだ!ちょっと格納庫に来てくれ」


    格納庫


    最原「それで百田君、ここで一体何をやるの?」

    百田「それはな…男の度胸を確かめるゲーム!名づけて!『ギリギリプレス機ゲーム』だ!」



    3 : ◆14iW9oDzjQ 2017/03/13(月) 20:36:23.56 ID:2lQOjNEO0

    最原「『ギリギリプレス機ゲーム』?それはいったいどんなことするの?」

    百田「それはだな、まずこのプレス機に繋いである昇降ボタンをプレス機周辺に持ってくる」

    百田「そして安全装置の赤外線センサーは反応しないように赤外線を吸収する特殊な物体を貼り付ける!」

    百田「これは誰にでもすぐ取り外しが出来るようにする」

    百田「ここらへんの準備は俺が工具を使ってやっとおいたからな!」

    最原「これが準備ってことだね…この後はどうするの?」

    百田「準備が整ったところでまず俺が見本を見せる!」

    そういうと百田君はプレス機の上に仰向けに寝転んだ。

    百田「終一!降ボタンを押してくれ、そしてもし俺に何かあったらすぐ緊急停止ボタンを押してくれ!」

    最原「え…わかったけど、もしかして…」

    言われたとおり僕は降ボタンを押した。

    するとプレス機がどんどん降りてくる。

    ゴゴゴゴゴゴゴ

    最原「百田君なんで逃げないの!?早くそこから逃げて!」

    しかし、仰向けのままそこを動かなかった。

    最原「そうだ!緊急停止ボタン…!」

    百田「そんなことしなくていい!終一!」

    そう言うと百田君は素早くプレス機から脱出し、緊急停止ボタンを押した。



    4 : ◆14iW9oDzjQ 2017/03/13(月) 20:37:41.14 ID:2lQOjNEO0

    百田「えっと…潰されるまでの距離は52cmか、まあまあの記録だな」

    最原「百田君!危ないよ!」

    百田「大丈夫だって!もしものときの為に終一が緊急停止ボタンを押してくれるし」

    百田「それにオレは、宇宙に轟く百田解斗だっ!こんなことでくたばるわけがねぇ!」

    最原「それなら僕はもう止めないけど……僕がいないときはやらないでね…」

    百田「何言ってんだ終一!これはお前もやるんだぞ!」

    最原「えっ!僕も!?」

    百田「そうだ。こうやってスリルのある行為をして、男を磨くんだ!」

    百田「なーに、やっているとこれ、なかなか楽しいぞ!終一も絶対はまるって!」

    最原「でもちょっと怖いな…」

    だけどせっかく百田くんが僕の為に考えてくれたんだよな…

    最原「でも少しやってみようかな…」

    百田「それでこそ俺の助手だぜ!」

    *注意!
    作者はこれをやったことはありません!
    これを見ている人は絶対に真似してやってはいけません!
    絶対に怪我をします!とても危険です!
    最悪怪我じゃ済まないかもしれません!絶対にやってはいけません!



    5 : ◆14iW9oDzjQ 2017/03/13(月) 20:40:14.88 ID:2lQOjNEO0

    こうして僕はこの『ギリギリプレス機ゲーム』をやった。

    しかし、僕は迫りくるプレス機が怖くてすぐに降りてボタンを押してしまった。

    百田「潰されるまでの距離は105cmか…終一はビビリだな!」

    最原「うーん、実際にやってみると少し怖いね」

    百田「まあまあ、数を重ねていけば記録はだんだん良くなっていくって!」


    こうして僕はこのゲームに再度挑戦した。

    数を重ねていくうちにこのゲームにはまっていった。

    スリルや自分の記録が良くなっていくところに僕は面白さを見出していた。

    最原「百田君!この『ギリプレ』ちょっと手を加えない?」

    百田「ん?何処を変えるんだ?」

    最原「このゲームはプレス機を降りてからボタンを押すから実際にプレス機から脱出した距離を測れないんだ!」

    百田「そうなんだよなぁ…プレス機をおりてからあわてて押すからそこで距離に誤差がでて、記録が良くなっちまう」

    最原「そこで安全装置の赤外線センサーをプレス機をでた所で反応するようにすれば記録の精度があがるんじゃないかな?」

    百田「なるほど!さすが終一だぜ!」


    このように『ギリプレ』のルールを改善することも楽しんだ。

    しかし、このときの僕はこの後、衝撃的なことが起こるなんて想像もしていなかった。

    衝撃的といっても超新記録が出たとかではなく…僕はそのことに悲しみ、後悔をしたんだ……

    キーボ「あれ?二人して何をやっているんですか?」



    6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/13(月) 20:53:32.16 ID:ZZhmdNlB0

    キーボにげろ




    【百田「終一!ギリギリプレス機ゲームしようぜ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489133906/

    1: ◆14iW9oDzjQ 2017/03/10(金) 17:18:26.79 ID:dsJRNDb70

    ダンガンロンパv3ネタバレがあるので気をつけてください。
    キャラ崩壊が多少あります。
    時間軸は第四章の探索が終わり、思い出しライトを使った後の自由時間のあたり。
    作者はキーボが嫌いと言うわけではない。
    推理要素はありません。
    作者の気がつかない矛盾があったらごめんなさい。 






    2: ◆14iW9oDzjQ 2017/03/10(金) 17:19:14.44 ID:dsJRNDb70

    入間「大変だ……」

    入間「思い出しライトを使っていろいろ不安になりながら作業していたせいなのか?」

    入間「キーボに新しい機能を付けたら、そのまま目が覚めなくなっちまった……」

    入間「やっぱりキーボの体は科学の集大成だったのか。この俺様でも改造を失敗するなんてな」

    入間「キーボには悪いがこんなことでクロ扱いされるなんて俺様は嫌だぞ!」

    入間「かといってこのまま裁判が始まっても勝てる自信もねぇ」

    入間「俺様は発明以外てんでだめだからよぉ!せめて準備しないとすぐボロが出ちまうぜ!」

    入間「だからとりあえずこの事件は隠させてもらう!」

    入間「希望は前へ進むんだぜ!ひゃっひゃっひゃっひゃ!」



    3: ◆14iW9oDzjQ 2017/03/10(金) 17:19:54.77 ID:dsJRNDb70

    入間「とりあえず、俺様の発明した『なんでもミキサー』でキーボの遺体をバラバラにしておこう」

    ガリガリガリガリ!

    入間「よし!それで粉状になったキーボをゴミ袋に詰めてっと」

    入間「これをトイレに……いや万が一見つかれば言い逃れできねぇな」

    入間「よし!万が一に備えて死体を発見させれるように遺体の一部を少し小瓶に入れて……」

    入間「残りは赤松の事件で使用したドローンを改造した超浮翌力のあるドローンにくくりつけて空に飛ばそう!これで見つ

    かることはないぞ!」

    入間(ドローンが勢いよくとんでイったのを確認したぜ)ヒューン

    入間「あばよキーボ!無事に天国にイけよ!そして二度と戻ってくんな!ひゃーひゃっひゃっひゃ!」




    【入間「キーボをメンテナンス中誤って壊しちまったぜ……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488977770/

    1: ◆14iW9oDzjQ 2017/03/08(水) 21:56:10.75 ID:7WzTBIVp0

    ニューダンガンロンパv3ネタバレ注意

    初心者です。

    手間取るかもしれませんがよろしくお願いします。





    2: ◆14iW9oDzjQ 2017/03/08(水) 21:57:11.16 ID:7WzTBIVp0

    最原「大変だ……」

    最原「プレス機の安全装置が起動するかと思ったら、起動しないなんて……」

    最原「キーボ君には悪いけど、こんなことでクロ扱いされるなんてごめんだよ。」

    最原「かといって裁判でみんなをオシオキさせるつもりもなし」

    最原「だからこの事件は隠させてもらうよ!」

    最原「希望は前へ進むんだ!」



    3: ◆14iW9oDzjQ 2017/03/08(水) 21:58:09.06 ID:7WzTBIVp0

    最原「とりあえず、プレス機と安全装置をつなぐケーブルは抜いておいてプレス機は上げれないようしとこう」

    最原「それで小さくなったキーボ君は箒で集めて……っと」

    最原「これをゴミ袋に集めて僕のトイレに流せば決して見つかることはないぞ!」


    食堂



    百田「終一!なにか手がかりになるようなものは見つかったか!」

    最原「ごめん百田君……なんか格納庫っぽいもの見つけただけだよ」

    百田「そうか……今度こそ脱出の手がかりがつながるものが見つかると思ったんだが仕方ないか」

    春川「王馬の奴も何処に言ったかわからないし……とりあえず今日は解散だね」

    夢野「んあー、ウチは疲れたぞ。早く慣れ親しんだ寄宿舎のベッドで横になりたいわい」

    白銀「そういえば、王馬君がいないのはいいとしてキーボ君は何処に行ったのかな?」

    最原「ああ、キーボ君なら『聞こえたんです…ボクを導いてくれる内なる声が。』とか言いながら
    部屋に入っていったよ」

    白銀「……そうなんだ。へえ……」

    夢野「まったく……報告会に参加しないとは困った奴じゃな」

    春川「どうでもいいよ。とりあえず今日は解散ね」

    百田「おう。みんな明日に備えて体を休めてくれ。きっとこの宇宙に轟く百田解斗がみんなを脱出させるアイデアを閃いてやるぜ!」

    こうして報告会は解散となったが次の日モノクマがとんでもないことを言い出したのだ。

    モノクマ「今日はみんなで最原君の部屋のトイレ掃除をしてもらいます!」



    4: ◆14iW9oDzjQ 2017/03/08(水) 21:59:44.65 ID:7WzTBIVp0

    最原「はああああ!?ふざけるなよモノクマぁぁぁァァァァ!」

    百田「終一?いきなり叫んでどうしたんだ」

    最原(やばい!ここは返答しだいでは怪しまれるぞ)

    最原「いや、脱出しようとするのにトイレ掃除なんかで邪魔をするモノクマに怒っただけだよ」

    白銀「だよねだよね!最原君だってこんなことされたら怒るのも当然だよね!」

    白銀「あと、地味に最原君もトイレを掃除されるのは嫌なんじゃないかな」ニコニコ

    夢野「白銀よ、おぬしなんだか楽しそうじゃな」

    春川「どうでもいいよ。あのさ、なんでよりにもよってトイレ掃除なの?モノクマ。」

    モノクマ「お答えしましょう!トイレ掃除をすると心がきれいになり才囚学園の生徒にふさわしくなれるからです!」

    百田「まあ、いいけどよ。それよりキーボの奴はどうした?まだ部屋からでないのか?」

    モノクマ「あ、キーボクンならトイレ掃除に参加しなくていいよ!彼も狭いところに閉じこもっていたいだろうしね!」

    最原(モノクマの奴、わかっててトイレ掃除させようとしているな。モノクマが殺人に関与する事はないんじゃないのかよ)イライラ



    5: ◆14iW9oDzjQ 2017/03/08(水) 22:01:02.96 ID:7WzTBIVp0


    夢野「まてよ、なんかおかしくはないか。キーボを探索を開始して以降一度も見てはいないぞ。なにかあったのではないか?」

    最原(夢野の野郎、こういう時だけ勘を働かせやがって)イライラ

    白銀「確かにそうだよね。まあ『最後に』キーボ君に会っていた『最原』くんの言っていたとおり部屋に行ったみたいだから顔だけ見てから最原君

    の部屋にいこうか」

    最原(白銀はなんで最後とか俺の名前を強調するんだよ)

    最原「そうだね。僕もキーボ君の部屋に行ってから僕の部屋に行くほうがいいと思う」

    百田「よっしゃ!それじゃキーボの部屋に行こうぜ!」




    【最原「キーボ君をプレスしてしまった……」】の続きを読む

    このページのトップヘ