大きいサイズ

    カテゴリ: きんいろモザイクSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1543768287/

    1 : ◆CiIV0Uma/I 2018/12/03(月) 01:31:28.13 ID:CA33kcQ80

    ・きんいろモザイク × となりの吸血鬼さん ss 前作の続きです。

    前々作
    【となりの吸血鬼さん】忍「あの後ろ姿は……」


    前作
    【となりの吸血鬼さん】 アリス「あの後ろ姿は……」




    2 : ◆CiIV0Uma/I 2018/12/03(月) 01:41:49.69 ID:CA33kcQ80

    1 友達の友達

    ひなた「今日も散歩日和だなー」

    綾「よ、陽子!こ、こんなところで偶然ね。どこに出掛けるの?」

    ひなた「…?あなた、誰?」

    綾「陽子じゃない…?ごめんなさい、友達と間違えてしまいました」

    ひなた「いやいや、良いよ良いよ。その陽子って人と私、そんなに似てるの?」

    綾「こうして話してみると別人よ、でも後ろ姿だと体型と髪型がそっくりでつい間違えてしまったわ」

    ひなた「私も以前、灯とよく似た人に声を掛けてしまいそうになったし良くあることかもねー」

    綾「灯?」



    3 : ◆CiIV0Uma/I 2018/12/03(月) 01:43:04.01 ID:CA33kcQ80

    2 仲良きことは

    綾「その灯って、もしかして天野灯のことかしら?」

    ひなた「…え?なんで灯のこと知ってるの?」

    綾「以前ソフィーのお家に本を借りに言ったことがあって、その日に偶然知り合ったの」

    ひなた「ソフィーのことまで知っていたなんて…名前を聞いても良い?」

    綾「私は小路綾、あなたは灯の友達なの?」

    ひなた「私は夏木ひなたって言うんだ。灯とは長年の付き合いで好きな食べ物から服の趣味でもなんでも答えられるよ!」

    綾「随分親しいのね」

    ひなた「ち、ちがっ!これは、その…一緒に過ごす時間が増えるとつい覚えてしまうことであって…」

    綾「ふふ、灯と仲良しなのね」

    ひなた「…はぁ。やっぱり変なのかなー」



    4 : ◆CiIV0Uma/I 2018/12/03(月) 01:44:02.79 ID:CA33kcQ80

    3 体験談

    綾「そんなこと無いわよ、親しい人のことを知りたいと思うのは当然のことよ?」

    ひなた「そうかなー…?小路さんは同じような経験あるの?」

    綾「綾で良いわよ。そうね…これは友達の友達の話なんだけど。その女の子はある友達に素直なれないけど、本当はその人のことを誰よりも知りたくて堪らないらしいわ」

    ひなた「随分詳しいね。その友達の友達って前置きは大抵自分自身の体験を…

    綾「違うわ!?断じて私と陽子のことを言ったわけでは無いわ」

    ひなた「ふ~ん…わかった!綾はその陽子のことが気になるんだね?」

    綾「そ、そ、そんなわけあるわけ無いじゃない…わ、私は陽子の友達以上でも以下でも何ともないわよ」

    ひなた「その慌てっぷり、灯が同居したと聞いた時の私と似てるな~」

    綾「うぅ…ひなたは意地悪ね…」




    【【となりの吸血鬼さん】 綾「あの後ろ姿は……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540817645/

    1 : ◆CiIV0Uma/I 2018/10/29(月) 21:54:05.72 ID:WQIeQ5zX0

    ・きんいろモザイク × となりの吸血鬼さん ss 前作の続きです。

    前作
    【となりの吸血鬼さん】忍「あの後ろ姿は……」




    2 : ◆CiIV0Uma/I 2018/10/29(月) 22:02:40.18 ID:WQIeQ5zX0

    1 勘違い

    アリス「あの日以来シノと口聞いてないけど…さすがにそろそろ応えたかな?」

    灯「今日もいい天気だねソフィーちゃん!」

    ソフィー「跡形も無く灰になりそうな天気だ…」

    アリス「あの後ろ姿は……!」

    灯「大丈夫だよ、何があっても私が守るよ」

    ソフィー「灯、歩き辛いからもう少し離れてくれ」

    アリス「見損なったよシノ!私が何故口を聞かなかったのかわからなかったの!?」

    灯 ソフィー「「シノ?」」

    アリス「…あれ?シノじゃない…」



    3 : ◆CiIV0Uma/I 2018/10/29(月) 22:21:12.35 ID:WQIeQ5zX0

    2 知り合い

    アリス「すみません…友達と見間違えてしまいました」

    灯「ソフィーちゃん!この子すっごく可愛いよ本物のお人形さんみたい!!」

    ソフィー「気にするな、私も人違いをしてしまったことがある」

    灯「あ…あれ?私の言葉が届いてない」

    アリス(綺麗な銀髪…。ソフィー…?)


    忍『泊めてくれたのは銀髪のソフィーでその子の知り合いが金髪のエリーです。2人ともとっても可愛らしかったですよ』


    アリス「あのー…付かぬ事を伺いますが大宮忍をご存知でしょうか?」

    灯「忍ちゃんなら私とソフィーちゃんの友達だよ!」

    ソフィー「ひょっとして君は、忍が言っていたアリスなのか?」

    アリス「はい。改めて初めまして、アリス・カータレットと申します。イギリスから日本の高校に編入しにきました」

    ソフィー「私はソフィー・トワイライト、となりにいるのが天野灯だ」

    灯「アリスちゃん高校生だったの!?てっきり小学生かと思ってた」

    ソフィー「灯、人を見た目で判断するものじゃないぞ」




    【【となりの吸血鬼さん】 アリス「あの後ろ姿は……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528600972/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/10(日) 12:22:52.87 ID:osQCHBE40

    アリス「そ、そんなことないよ! シノはわたしの天使だよっ」

    忍「ア、アリス……アリスも私の天使ですよ」

    アリス「シノ」

    忍「アリス」

    カレン「2人とも何の話してるデス?」

    綾「ょ、ょぅこは私の……ゴニョ」

    陽子「え、何だって?」

    綾「な、何でもないわよ!」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/10(日) 12:23:42.36 ID:osQCHBE40

    ~~
    女子A「大宮さんってちょっと鬼畜だよね」

    女子B「あ、わかる。特にアリスちゃんに対して鬼畜なときがあるよね」

    女子A「悪気はないっぽいんだけどねー」

    女子B「だねー」
    ~~



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/10(日) 12:25:07.71 ID:osQCHBE40

    忍「という会話を廊下で聞いてしまいまして……」

    アリス「ひ、ひどい! シノの陰口を言うなんて! 何組の子なの!?」

    陽子「落ち着けアリス! 別に陰口ってほどでもないだろ」

    カレン「そうデスよ。女の子はおしゃべり好きなのデス~」

    綾「そうね。みんな裏ではいろいろ言ってたりするものよ」

    綾(はっ……ということは皆も陰では私のことを)


    ~~
    忍「綾ちゃんって面倒くさくて正直うざいですね」

    アリス「アヤってわたしより胸がなくてぺったんこだよー」

    陽子「私綾よりしののことが好きなんだー。ごめんな、綾」

    カレン「アヤヤはガチデース」
    ~~

    綾「いや……やめてぇぇ! 私の悪口を言わないでぇぇ!」

    陽子「いきなりどうした!?」




    【【きんモザ】忍「私って……鬼畜なんですか?」アリス「シノ!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540015712/

    1 : ◆CiIV0Uma/I 2018/10/20(土) 15:08:32.99 ID:FFSAiPe50

    ・となりの吸血鬼さん×きんいろモザイクの短編集です
    ・となりの吸血鬼さんのネタバレを含んでいますのでアニメ視聴の方は気を付けてください
    ・独自解釈や妄想ばかりですのでご注意を…





    2 : ◆CiIV0Uma/I 2018/10/20(土) 15:24:29.16 ID:FFSAiPe50

    1 出会い

    忍「綺麗な金髪……アリスでもカレンでもなさそうですね」

    エリー「困ったわね、この辺りに住んでいるはずなのに」

    忍「ハ…ハロー?」

    エリー「あら、あなた見た目は和風だけど英語を話せるのね」

    忍「い、いえ。得意なのはハローだけなので日本語でお願いします」

    エリー「わかったわ。それで私に何か用?」

    忍「困っているように見えたのでつい話しかけてしまいました」

    エリー「友人に会い来たけど、道に迷っていたから助かるわ。この辺に住んでるソフィーって名前の子、知っているかしら?」

    忍「聞き覚えのないお方ですね。住所はありますか?」

    エリー「伝から聞いたこの文字列のことかしら」

    忍「その住所なら4つほど曲がった先のお屋敷だと思います。せっかくですので案内しますよ」

    エリー「あら、案外近かったのね。あなたがいてくれて助かったわ」



    3 : ◆CiIV0Uma/I 2018/10/20(土) 15:29:50.86 ID:FFSAiPe50

    2 自己紹介

    エリー「あなた美味しそうね、名前は何て言うのかしら?」

    忍「私は大宮忍と申します。みんなからはシノと呼ばれています」

    エリー「私はエリー。よろしくね」

    忍「エリーもイギリスから来たのですか?」

    エリー「最近は疲れて寝ていたけど、前まで世界中を旅していたわ」

    忍「私はこの街を飛び出しイギリスや世界を観て回りたいのでエリーが羨ましいです」

    エリー「…郷土は大切にしなさいよ」

    忍「…?もちろんです」



    4 : ◆CiIV0Uma/I 2018/10/20(土) 15:33:31.46 ID:FFSAiPe50

    3 再会

    ピンポーン

    ソフィー「ん?特に通販は頼んでいないはずだが…」ガチャ

    エリー「ソフィー!!久しぶりね、何年振りかしら?」

    ソフィー「…灯、何故コイツを連れて来た…?」

    忍「いえ、灯ちゃんではないですよ。私は大宮忍と申します」

    ソフィー「申し訳ない。寝起きで知り合いと見間違えてしまったようだ」

    忍「エリーが道に迷っていたので私が案内したのです。ひょっとして連れて来てはご迷惑でしたか?」

    ソフィー「エリーだけなら追い返したところだ。君、随分礼儀正しいな。エリーにも分けてやりたいぐらいだ」

    エリー「ソフィーったらつれないわね。久しい友人に対する態度じゃないわよ」

    ソフィー「私は君を友人だと思ったことは一度もない。騒がしい隣人だ」

    エリー「隣人を愛してこそ…

    ソフィー「あいにく私たちには無縁な言葉だ」




    【【となりの吸血鬼さん】忍「あの後ろ姿は……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1535640888/

    1: ◆Ez.kO8O2GM 2018/08/30(木) 23:54:48.44 ID:H59eJdgK0

    ※鬱要素あります。





    2: ◆Ez.kO8O2GM 2018/08/31(金) 00:33:02.44 ID:8ylbt7bN0


    アリス「シノ、学校遅れるよ!新学期始まったばかりなのに!」

    忍「アリス、先に行ってて下さい~」

    アリス「ダメだよ!そんな先に行くなんてできないよ!」


    ――――


    忍「綾ちゃんと陽子ちゃんは先にいっちゃってますね」

    アリス「そうだね…」



    アリス「シノ、行こう」



    3: ◆Ez.kO8O2GM 2018/08/31(金) 00:44:34.64 ID:8ylbt7bN0

    ――――



    「暑いわね…」

    うだるような陽炎。強烈な日差しが容赦なく綾を突き刺す。

    日頃そこまで汗をかかない綾だが、ハンカチは既にべたべたに濡れている。

    「あぁ…溶けそうだわ」

    蝉時雨が響く。入道雲のそそり立つ白藍の空も、この暑さの前では全く涼しさを感じなかった。



    4: ◆Ez.kO8O2GM 2018/08/31(金) 00:56:02.01 ID:8ylbt7bN0

    しかし綾の足取りは次第に速くなっていく。

    そう、今日は陽子と2人で出かける日。

    精一杯のおしゃれ(本人は指摘されると顔を真っ赤にして否定するだろうが)をして、待ち合わせ場所へと向かっている。


    「ふぅ、着いたわ」

    待ち合わせ場所の、いつもの駅前に到着。勿論、約束の時間の1時間前である。

    「木陰は涼しいわね…」

    いくら何でも、炎天下で陽子を待つのは自殺行為である。綾は木陰に入り、直立不動で待つことにした。




    【【きんモザ】綾「誕生花と花ことば」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528445126/

    1: ◆/RlPfQ0Sfc 2018/06/08(金) 17:05:27.17 ID:YFRsMuDM0

    年齢設定は2年生です。



    朝―――

    チュンチュン

    アリス「」ムニャムニャ

    忍「」ムニャムニャ

    アリス「お布団あったかーい…」

    忍「」スースー

    アリス「今何時だろ…」

    アリス「」

    アリス「びゃあああああああああああああ!!!!」

    忍「どうしましたか?アリス」

    アリス「それどころじゃないよシノ!」

    アリス「遅刻しちゃうよ!」

    ドタバタ





    3: ◆/RlPfQ0Sfc 2018/06/08(金) 17:58:05.87 ID:YFRsMuDM0

    アリス「イサミは!?」ドタバタ

    忍「何か早くに出ていってしまいましたね…」

    アリス「知ってたの!?」バタバタ

    忍「あ、陽子ちゃんからメールがきてます…『早くしないと先行くよ~』」

    忍「綾ちゃんは日直のようです」

    アリス「いいから早く行こうよ!」

    ――――

    アリス「なんとか間に合った…」

    忍「ではまた後で」

    アリス「うん!」

    アリス「」ガラリ

    クラス「」

    アリス(何だろう、妙に視線を感じるな…)

    アリス(何だか怖い…)

    モブ「なんだお前、さっさとどっか行けよ」

    アリス「!?」





    4: ◆/RlPfQ0Sfc 2018/06/08(金) 18:24:22.68 ID:YFRsMuDM0

    ??「」ギュッ

    アリス「わ!」

    モブ「出てけ!」

    アリスは教室から綾に引っ張り出された

    綾「大丈夫だった!?」

    アリス「大丈夫だけど…一体何があったの?」

    綾「それは…」

    綾「…」チラ

    アリス「…カレン!?」

    カレン「うぅ…うぅ…」グスッ

    穂乃花「カレンちゃん!しっかり!」

    陽子「アリス!大丈夫だったか!?」

    忍「金髪少女を泣かせるだなんて…」

    アリス「本当に、何があったの?」




    5: ◆/RlPfQ0Sfc 2018/06/08(金) 18:30:17.99 ID:YFRsMuDM0

    綾「これよ…」つシンブン

    アリス「なっ……!?」

    新聞『EU軍に人員派遣決定』『英米と対立決定的に』

    アリス「嘘…なんで…」

    陽子「大変だ!早くしないと、授業が始まっちゃう!」

    綾「だからってアリスとカレンをこのままにはできないでしょ!」






    【【きんモザ】アリス「日本VSイギリス!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526307866/

    1: ◆/RlPfQ0Sfc 2018/05/14(月) 23:24:26.90 ID:T6GkLP7Y0

    綾「なにこれ?」

    カレン「胡散臭いデース」

    陽子「なんだなんだ?」

    アリス「拾ったらしいよ」

    綾「どこで!?」





    2: ◆/RlPfQ0Sfc 2018/05/14(月) 23:54:39.25 ID:T6GkLP7Y0

    綾「50%~150%のつまみがついているわ」

    陽子「確かに性格調節スイッチって書いてあるな」

    カレン「使ったらどうなるんデスか?」

    アリス「うーん、わからないけどなんだか怖いね」

    カレン「もしかして凶暴化したり?」

    アリス「キャアアア!」

    綾「説明書きが無いから使い方もわからないわ」

    陽子「なんか妙に古めかしいし不気味だな」

    忍「ではアリスに使ってみましょう」ビビビビ

    アリス「ギャアアアアーー!!!」ビビビビ



    3: ◆/RlPfQ0Sfc 2018/05/15(火) 00:32:22.80 ID:OE7pJCQ40

    アリス「」クルクル

    忍「だ、大丈夫ですか、アリス!…やはり150%はきつかったのでしょうか…」

    陽子「張本人がいうなよ…」

    綾「ちょっとシノ!」

    カレン「アリィィス!!」


    アリス「う、うーん」

    忍「あ、目が覚めましたね、アリス!」

    アリス「うん…」

    綾「ぱっと見違ったところはないようね」

    忍「金髪の輝きも150%増しになると思ったんですが…」

    陽子「これ『性格調節スイッチ』だから」




    【【きんモザ】忍「性格調節スイッチですよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1410072475/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 15:47:55 ID:8L.chC8A

    ・きんいろモザイクのSS
    ・綾カレ
    ・短め

    よろしくお願いします。



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 15:48:54 ID:8L.chC8A

    綾「ねえカレン、ちょっとその、相談したいことがあるんだけど……」

    カレン「ハイ?なんでショウ?」

    綾「実は陽子のことで…….」

    その日、私はアヤヤに「陽子の前だとどうしても緊張してしまう」という悩みを相談されまシタ。



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 15:49:52 ID:8L.chC8A

    カレン「でも、なんで私ニ?」

    綾「しのは口が軽そうだし、アリスにはこういう話は相談しにくいし……」

    綾「それにカレンは皆のことを良く見てるし、私が陽子の事がす、好きだっていうのも気づいてるみたいだから」

    カレン「アヤヤがヨーコのことを好きだと認めるなんて、珍しく素直デス」

    綾「こ、これでもすごく緊張してるの!カレンに打ち明けて相談するのも、すっごい迷ってたんだから!」

    綾「でも私、陽子が好きなのに、陽子に触れられただけで緊張してつい押しのけてしまったりして、そういうのを治したいの!」

    綾「ねえカレン、私、どうすれば良いかしら?」



    4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 15:51:21 ID:8L.chC8A

    カレン「そうでスネ。アヤヤ、ちょっと良いデスカ?」ダキツキ

    綾「ちょっとカレン、いきなり何をするのよ!」

    カレン「フム。少し緊張してますが、私でなくヨーコだったらもっと体がこわばってると思いマス」

    綾「た、たしかに……」

    カレン「だから私とのスキンシップに慣れたとしても、ヨーコ相手でないと意味がありマセン」

    カレン「ですが私に良いアイデアがありマス!一週間くらい、時間をくだサイ!」

    綾「ええ。でも、なんでそんなに時間が必要なの?」

    カレン「秘密デス♪」




    【カレン「アヤヤと秘密の特訓」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500742807/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/23(日) 02:00:18.81 ID:mGd7/p6Q0

    綾「今年は二日あるらしいわね」

    アリス「うん。二日目の日のことは『二の丑』っていうんだよ」

    忍(土曜の牛……いったい何のことなのでしょう)

    忍(はっ! そういえば、来週の土曜日は29日……語呂合わせで肉の日)

    忍(肉……そうです! きっと土曜日に牛肉を食べる日のことをいっているのですね)

    忍「そうですね。今度の土曜日にはお母さんに頼んで夕ご飯は焼き肉にしてもらいましょう」

    アリス「へ? なんで急に土曜日の話になるの、シノ?」

    綾「それにどうして焼き肉?」

    忍「あれ?」


    陽子「おーい、何の話してるのー?」

    カレン「私も混ぜてクダサイ~」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/23(日) 02:00:52.70 ID:mGd7/p6Q0

    綾「……いやいや、土曜日の牛の日じゃなくて土用の丑なのよ」

    アリス「旧暦で立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間のことを土用って言って、今では特に夏の土用のことを指す場合が多いんだ」

    忍「な、なるほど」

    陽子「じゃ、丑の日ってのは? 丑って干支のやつだよね?」

    綾「年とは別に日にちも十二支で表すのよ。子の日から始まって丑の日、寅の日……って感じで」

    カレン「では12日たったらまた子の日に戻るってことデス?」

    アリス「そうだよ。土用は18日間あるから、その間に丑の日が2日間回ってくる年があって、それぞれ『一の丑』『二の丑』って呼んでいるの」

    忍「な、なるへそ」シュー

    アリス「シノ、大丈夫?」

    カレン「シノの頭がパンクしちゃってるデス!」




    【アリス「もうすぐ土用の丑の日だね」忍「土曜の牛……?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498915710/

    1: ◆KakafR9KkQ 2017/07/01(土) 22:28:31.05 ID:nO83m3cA0


    前作
    エミリーモザイク 【きんモザ×ミリマス】
       
       
    前作を見てない人向けの簡単な解説

    エミリー スチュアート 13歳 イギリス出身の金髪英国少女 日本文化に憧れ横文字を一切使わない独特な話し方をする
    アリスとはイギリス時代の親友
    ちなみに正座は練習中

    アリス・カータレット 17歳 イギリス出身の金髪英国少女 日本文化と忍が大好きで、忍の居る日本までやってきた
    エミリーとはイギリス時代の親友
    ちなみに身長は139cm

    大宮忍 金髪キチ





    2: ◆KakafR9KkQ 2017/07/01(土) 22:29:07.81 ID:nO83m3cA0

    忍「♪~」ガションガションガション

    アリス「むぅ~……」

    忍「はぁ~……」

    アリス「ちょっとシノ!」

    忍「どうしたんですか? アリス」

    アリス「どうしたのじゃないよ! 毎日毎日ゲームばっかり!」

    忍「ああ、このゲームですか? これはエミリー達の居る765プロのアイドル達を題材にした『アイドルマスターミリオンライブ!シアターデイズ』という基本プレイ無料のiOS/Android専用アプリで」

    アリス「知ってるよ! しかも何でそんな説明口調なの!」



    3: ◆KakafR9KkQ 2017/07/01(土) 22:30:20.30 ID:nO83m3cA0

    忍「特に私が好きな機能はこの『ソロライブ』機能ですね、好きなアイドルをじっくり眺めていられます、あぁ~…… エミリー……」

    忍「さらにBrandNewTheaterのソロライブでは選んだアイドルのソロ歌唱が聞けるんです」

    忍「スマホ用ゲームとは思えないほどの美麗なグラフィックで揺れるエミリーの金髪……」

    忍「まだエミリーはNとRしか出てないのですが、これからSRやSSRのエミリーが出るのも楽しみですし、エミリーの所属しているユニットのエターナルハーモニーの曲、そしてエミリーの3つ目のソロ曲も……」

    アリス「もういいよ! エミリーの話は!」



    4: ◆KakafR9KkQ 2017/07/01(土) 22:30:53.31 ID:nO83m3cA0

    忍「なんと…… アリスはエミリーのことが嫌いなのですか……」

    アリス「違うよ! いつもいつもシノがエミリーの話ばっかりするから!」

    忍「? たまに美希ちゃんの話もしていますが……」

    アリス「そうじゃないよ! いい? ゲームは1日1時間までだからね! それ以上やると健康に悪いんだよ!?」

    忍「でも…… 穂乃花ちゃんは『ルミルミルミルミルミルミルミルミ』と呟きながら徹夜でミリシタをやっているそうですし……」

    アリス「あ、うん……」

    忍「ちなみにカレンはデレステを天井まで回しているらしいです」

    アリス「知らないよ! なんでシノはみんなのソシャゲ事情にそんな詳しいの!?」




    【アリス「アイドルデビュー!」【きんモザ×ミリマス】】の続きを読む

    このページのトップヘ