大きいサイズ

    カテゴリ: 艦これSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490584265/

    1 : ◆36RVFTz/1g 2017/03/27(月) 12:11:05.89 ID:gzFKfE1ho

    明石「提督ってベーコンエッグ好きですよね」

    提督「パンにもご飯にも合うし最強だな」

    夕張「ベーコンはどっち派ですか」

    大淀「私はよく焼いた方が好きですね」

    明石「私もカリカリのを黄身に浸して食べます」

    提督「俺はしっとり派だな」

    提督「丼にした時に、カリカリだと食感が悪い」

    夕張「丼?」

    提督「ベーコンエッグ丼だ」

    大淀「は?」 






    2 : ◆36RVFTz/1g 2017/03/27(月) 12:12:27.70 ID:gzFKfE1ho

    明石「何ですかそれ」

    提督「ん?お前ら知らないのか」

    夕張「初めて聞きました」

    提督「丼ご飯にベーコンエッグ乗せてな、醤油かけて食うんだ」

    提督「マヨネーズを足してもグッドだ」

    明石「うわぁ……」

    大淀「品がないですね」

    提督「いやいや、お前ら分かってないな。めちゃウマだぞ?」

    明石「何でわざわざ混ぜるんですか」

    提督「そりゃお前、混ぜた方が旨いからだよ」

    夕張「えー?」

    提督「いや、マジだって」



    3 : ◆36RVFTz/1g 2017/03/27(月) 12:13:25.44 ID:gzFKfE1ho

    提督「俺が学生時代に編み出した七大奥義の一つだぞ」

    大淀「こんなのが七つもあるんですか」

    提督「こんなのって、お前な」

    明石「他はどんなメニューですか」

    提督「他にはコロッケ丼とか、ツナマヨ丼とか」

    大淀「駄目な新妻じゃないですか」

    提督「何じゃゴルァーッ!」




    【提督「やっぱベーコンエッグだよな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488794411/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 19:00:11.42 ID:VYNWueT80

    初投稿なので、多々あると思いますが、よろしくお願いいたします。


    日向「カラオケ大会?」

    提督「そうだ」

    提督「暇だからやりたいんだ、いいだろう?」

    日向「別にやるのは構わんが君、仕事は終わったのか?」

    提督「何を言ってるんだ、終わっているわけがないだろう」ドヤァ

    日向「いや終わらせておくべきだろう、全く…」

    日向「はぁ……その書類を取ってくれ提督、私も少し手伝う」スッ

    提督「やったね提督ちゃん仕事が減るよ!」
    日向「おいやめろ」 
     






    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 19:05:55.38 ID:VYNWueT80

    提督「はぁぁ…やっと終わったぁぁぁぁ…」グデェン

    日向「君がやっていなかったのが悪いのだろう?」

    日向「これに懲りたら普段から仕事をしておく事だ」

    提督「へいへい、前向きに善処させていただきますよォ…」グデェェェン

    日向「全く、次は手伝ってやらないぞ?」

    提督「ま、その時はその時だな」グデェェェェェン

    日向「ほら、もっとシャキッとしろ」ベシッ

    提督「ウェイッ!」

    提督「痛え…とりあえずお茶淹れてくんない?」

    日向「ああ、任せておけ」

    提督「ふぅ…とりあえずカラオケ大会の件を進めないとな」

    ガチャッ

    提督「青葉ァ!カモォーン!」

    <アオバァ-!カモォ-ン!

    漣「それでその時、ご主人様がですね…」

    青葉「ほぉほぉ…ここで司令官がどうなりますか…?」

    <カモォ-ン!アオバァ-!

    青葉「ハッ、この声は司令官…??」

    漣「よくここまで響きましたね」

    青葉「ちょっと行ってきますね、漣さん」ダダダダダッ

    漣「ちょ、待ってください!漣も、漣も連れてってくださーい!」ズダダダダ



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 19:07:03.09 ID:VYNWueT80

    ズ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

    提督「そろそろ来たか?」

    ガチャッ!

    青葉「青葉!只今到着しました!」

    漣「漣ッ!同じく到着しました!」

    提督「漣も来たのか、丁度いいな」

    漣「ご主人様、今北産業!」

    提督「カラオケ
    大会
    やるぞ」

    青葉「カラオケ大会ですか!?やるんですか!?」

    提督「やるぞ」

    漣「ktkr!ご主人様愛してるぅ!」ギュ-

    提督「すまんね、俺には日向がいるから」 スリカエテオイタノサ!

    漣「きっさまー!」



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 19:17:07.81 ID:VYNWueT80

    青葉「それでそれで、いつやります?」

    提督「明日の2000から始めようと思うのだが、青葉とついでに漣にはこの鎮守府の全艦娘にこの事を伝えておいてほしい」

    青葉「了解です!司令官!」

    漣「ついでってなんですかついでって!」ウガ-

    青葉「ついでとかそんな事は置いといて、景品はどうしますか?」

    漣「そんな事で片付けられた!?」ガ-ン

    提督「景品………は間宮券1ヶ月分でどうだ?」

    漣「ご主人様漣の事わかってるぅ!」ギュ-

    提督「すり替えておいt…捕まった……」

    漣「伊達に初期艦やってませんからー」ギュ-

    青葉「了解です!司令官、鎮守府全体にビラを貼っておきますね!」

    提督「大淀に受付やってもらうからその事も伝えておいてくれよ」

    青葉「はーい!行って来まーす!」ガチャッ  バタムッ

    提督「ふぅ…楽しみだな…明日が」

    提督「というかそろそろ離してくれないか?」

    漣「離しませんよ?漣はしつこいですから」ギュ-

    日向「そうか、しかし私も結構しつこいぞ?」ギュ-

    提督「いつからそこに!?」ビクゥ

    漣「へぁ!?」ビクゥ

    日向「ほら、お茶が入ったぞ」コポコポコポ

    提督「あ、ありがとう、というか日向、当たってる、当たってる!」

    日向「『あててんのよ』と言った方がいいのか?ここは」

    漣「(´・ω・`)」ペタ-ン

    提督「ばばば馬鹿な事を言うな!」カァァァ

    日向「本気だぞ?私はな」

    提督「じ、上官をからかうんじゃない!」

    漣「漣だって提督ならいいですよ…」ギュウウウウウ

    提督「キツい!腹が締まってるうう」

    日向「………」ギュウウウウウ

    提督「ちょ…腹がやべえ!」ミシミシミシ

    鎮守府<ギャアアアアアアアアアア!

    その日、鎮守府全体に叫び声が聞こえたとか聞こえてないとか…




    【【安価】日向「カラオケ大会?」提督「そうだ」【コンマ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490497515/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/26(日) 12:05:16.27 ID:DdRFfJdD0

    比叡「はい」

    提督「具体的にどうおかしいんだ」

    比叡「↓2」





    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/26(日) 12:06:33.19 ID:VRF9Dg0gO

    男装をするようになりました



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/26(日) 12:19:17.71 ID:DdRFfJdD0

    比叡「男装をするようになりました」

    提督「……何だって?」

    比叡「男の人の格好をするようになったんです!」

    提督「すまん、意味が分からん」

    比叡「ご存知ではないんですか!? 艦娘の間でも噂になってるんですよ!」

    比叡「提督に相手にされな過ぎて、とうとうおかしくなったんじゃないかって」

    提督「相手にされな過ぎてって……」

    比叡「とにかく、提督にはその原因を突き止めて欲しいんです」

    提督「俺がか」

    比叡「お姉さまの愛をスルーしてきた提督の責任ですよ! さあ早く!」グイグイ

    提督「押すな! 俺のせいだと決まったわけじゃないだろ!」



    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/26(日) 12:27:15.40 ID:DdRFfJdD0


    ――――

    金剛「ふふっ、なかなかいけるネー」キリッ


    提督「……本当だ」

    比叡「鏡の前でポーズまでとって、その気にもなってますよ」

    提督「というかあれ俺の服じゃないか。何で持ってるんだ」

    比叡「そういえば前に、提督の部屋からこっそり盗んで来まシター! と言ってました」

    比叡「毎日のように匂いを嗅いでましたね」

    提督「……」

    比叡「というか早くしてください」

    提督「は?」

    比叡「金剛お姉さまに原因を聞くんですよ! さあ!」グイグイ

    提督「だから押すなって!」




    【【艦これ安価】提督「金剛の様子がおかしい?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490114990/

    1 : ◆dbGyYYDw8A 2017/03/22(水) 01:49:50.72 ID:+5oMO3NYo

    ※今更ながら阿武隈さん進水日(三月十六日)記念SS(六日遅れ)



    提督「阿武隈、今日は三月十六日だな」

    阿武隈「ふえ? ええ、そうですね提督」

    提督「それならお祝いしないといけないな」

    阿武隈「お祝いですか? それはとっても嬉しいです!」

    提督「そうか。喜んでもらえると嬉しいよ」

    阿武隈「喜ばないわけないじゃないですか! 嬉しいに決まってます!」

    提督「そうだな。誕生日のお祝いだからな。盛大に祝うぞ!」

    阿武隈「はい! 今日はなんたって――」





    2 : ◆dbGyYYDw8A 2017/03/22(水) 01:50:58.81 ID:+5oMO3NYo

    阿武隈「夕雲ちゃんと高波ちゃんの誕生日ですからね! 提督にお祝いされたら、きっと二人とも喜んでくれます!」

    提督「……そう来たか」

    阿武隈「ふえ? てーとく、どうしました?」

    阿武隈「でも、ごめんね提督。あたしは夕雲型のみんなや、鎮守府の一部の人達でお祝いしてしまいました……」

    提督「いやいや、仕方ないさ。タイミングが合わなかっただけさ」

    提督「それに、ささやかながら夕雲と高波に私からもお祝いしたから、阿武隈が気にすることはなにもないよ」

    阿武隈「そうだったんだね。提督、ありがとう」

    提督「礼を言うのはこちらの方だろう。どこかのお節介な誰かさんが駆逐のみんなの誕生日を祝うのに、私が放っておくわけにいかないからな」

    阿武隈「えっと……それってもしかしてあたしのこと?」

    提督「阿武隈以外に誰がいるんだ、この律儀さん」

    阿武隈「むー、良いじゃないですか別に」

    提督「ははっ、悪かったよ。これでも感心してるんだ。ありがとうな、阿武隈。駆逐艦のみんなを気遣ってくれて」

    阿武隈「いえ、別にあたしはそんな大したことはしてませんし」

    提督「何を言ってるんだ、二人とも喜んでたんじゃないのか?」

    阿武隈「そうだとあたしも、皆も嬉しいですねえ」

    提督「二人ともどんな感じだった?」



    3 : ◆dbGyYYDw8A 2017/03/22(水) 01:52:10.12 ID:+5oMO3NYo

    阿武隈「はい、あたし達が作ってくれたケーキをおいしそうに食べてくれました!」

    提督「阿武隈達が作ったケーキか、それはおいしそうだな」

    阿武隈「磯風ちゃんが張り切って手伝ってくれましたし、上手に出来たと思います」

    提督「磯風も本当に料理が上達したな。これも阿武隈や浦風、電達の指導の賜物だ」

    阿武隈「電ちゃんも真剣に教えてくれてますからね、電ちゃんも浦風ちゃん達もすごいです!」

    提督(本当に嬉しそうに電達を褒めるな、阿武隈は)

    阿武隈「でも、お祝いの言葉を送ったんですけど……」

    提督「どうした?」

    阿武隈「なんだかすごい照れくさそうにしてました。どうしてでしょうか……?」

    提督「……阿武隈のことだ、夕雲や高波の一年間頑張ったところとか成長したところとか書いて、皆の前で読み上げでもしたんじゃないか」

    阿武隈「ふええ!? なんで提督知ってるんですかぁ!?」

    提督「知らないけど予想できる」

    阿武隈「ううっ、あたし何か間違えたんでしょうか……」

    提督「そうだな、皆の前で……例えば五十鈴がだ。阿武隈を褒め称える文章を読み上げたらどう思う?」

    阿武隈「恥ずかしいです! ……ちょっと嬉しいけど、でも恥ずかし過ぎます!」

    提督「それと同じだ」

    阿武隈「はう……でもあたしはともかく、夕雲ちゃんと高波ちゃんは本当に良い子だから恥ずかしがる必要なんてないと思うんですけど……」

    提督「そういう問題じゃないからな」

    阿武隈「そうでしょうか?」




    【【艦これ】初霜「今日という日を輪形陣でお祝いしましょう!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489747910/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/17(金) 19:51:50.96 ID:Q2YHKM6z0

    浜風「駆逐艦浜風です。これより貴艦隊所属となります。よろしくお願いします」

    提督「こちらこそよろしくなんだよなぁ!」


    提督「俺はここの鎮守府の提督なんだよなぁ。お前の上官になるんだよなぁ!」

    提督「これから出撃なり演習なり遠征なり色々やってもらう事になると思うんだよなぁ!」

    提督「頑張って欲しいんだよなぁ!」


    浜風「は、はい………よろしくお願いします………」


    浜風(なにこの提督!?) 
     
     
     






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/17(金) 19:54:13.12 ID:Q2YHKM6z0

    提督「よし、それじゃ………」ピッ


    提督「館内放送をするんだよなぁ! 雪風、いたら今すぐ来て欲しいんだよなぁ!」


    タッタタタタタッ!

    ガチャリ


    雪風「雪風、参上です。しれぇ、何かご用でしょうか?」

    提督「お前の妹の一人が着任したんだよなぁ!」

    雪風「本当ですか!?」


    提督「雪風は見かけ幼いけど、浜風の姉貴なんだよなぁ!」

    浜風「あっ、はい………もちろん知っていますが………」

    雪風「浜風! 着任してくれたんですね! 雪風は嬉しいです♪」

    提督「俺も嬉しんだよなぁ!」

    浜風「私も雪風にまた会う事が出来て嬉しいです」





    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/17(金) 19:56:05.81 ID:Q2YHKM6z0

    雪風「しれぇは浜風に会うために必死で掘りをしてたんですよ?」

    浜風「そうなのですか?」

    提督「そうなんだよなぁ!」


    提督「初心者提督の癖に2-2回って堀をしまくったんだよなぁ!」

    提督「碌に資源もない状態で掘り活動したんだよなぁ! バシクルしてたんだよなぁ!」

    提督「そして案の定沼ったんだよなぁ!」


    雪風「120回以上2-2回りましたよね(実話)」

    浜風「そんなに!?」





    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/17(金) 19:57:00.72 ID:Q2YHKM6z0

    提督「泣きそうになったんだよなぁ!」

    提督「初心者なのに司令レベルがどんどん上がってくのも地味に嫌だったんよなぁ!」

    提督「しかも経験値もしょっぱくてレベリング的にも美味しくなかったなんだよなぁ!」


    浜風「そ、そうなのですか………その、申し訳ございません………」

    提督「お前は全然悪くないんだよなぁ!」

    雪風「そうですよ。悪いのはしれぇの運でしたね」

    提督「戦犯は俺なんだよなぁ!」





    【提督「俺は浜風が大好きな提督なんだよなぁ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488620113/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/04(土) 18:35:13.71 ID:M6gOrwxuo

    暁「ちょっと!」

    潮「え、えっと、私でしょうか……?」

    暁「そうよ、他に誰がいるの?」

    潮「だよ、……ですよね。それでその、私がなにか……?」

    暁「思うんだけど、あんたってレディじゃないわよね」

    潮「はい……? えっと、まぁ、……そうですよね。私もそう思います」

    暁「おっぱいが大きくても、中身はまだまだお子さまってところかしら?」

    潮「……はい」 






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/04(土) 18:36:15.25 ID:M6gOrwxuo

    暁「いや、はいじゃないんだけど」

    潮「他にどう言えと……?」

    暁「もうちょっと反応してよ。怒るとか」

    潮「怒って欲しいんですか?」

    暁「怒って欲しいっていうか、怒ってみて欲しいって感じ?」

    潮「え?」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/04(土) 18:36:58.42 ID:M6gOrwxuo

    暁「ひくつであるのと、おくゆかしーのは別だって。レディたるもの、きぜんとしていたいと思わない?」

    潮「それはそうですけど……、っていうか、難しい言葉を知っていますね」

    暁「どれだけ学がないと思われてるのよ私は。他はどうだか知らないけど、これでもネームシップってことできちんとお勉強してるわよ」

    潮「あ、そうなんですね」




    【【艦これ】暁「気に入らないわ」潮「……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489555576/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 14:26:17.20 ID:ut/tYRWO0

    ※汚いので閲覧注意





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 14:27:19.43 ID:ut/tYRWO0

    時雨「」

    \アァン!ンオォン!ケツマ○コイクゥ!/

    提督「うーん、ホモ動画を見ながら喰う飯はまた格別に美味しい」

    \ワタシハヘンタイマゾブタデス…ヒイッ/

    提督「あぁ~いい、この男はいつ何度見ても衰えない素晴らしく煽情的な身体だ…」

    \ウォ…アヒィン…オォォン…/

    提督「ふふ…俺も女ばかりの職場にいると男の身体が欲しくなってくるからな…たまにはこうやって性欲処理を…」

    時雨「えぇっと…てい…とく…?」

    提督「!?」ビクッ




    【時雨「提督がホモビデオを見ていた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488633752/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/04(土) 22:22:32.67 ID:cobMKj7E0

    電「何がなのです?」

    雷「私たちの司令官よ。なんで甘えてこないのかしら」

    電「?」

    雷「弱音を吐かないっていうか、愚痴の一つもこぼさないじゃない」

    雷「おかげで私の『甘やかしたい欲』が限界突破してて、手がうずうずしてるの」ワキワキ

    電「か、かなり特殊な欲なのです。でも確かにそうなのです、司令官さんはとてもしっかりしてるのです」

    雷「そうなのよ、だからこう……やりきれない気持ちが……」ワキワキ

    夕張「呼んだ?」ヒョコッ

    雷・電「!?」ビクッ





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/04(土) 22:24:36.55 ID:cobMKj7E0

    電「はわわわ! びっくりしたのです!」

    雷「呼んでないですよ!」

    夕張「えー、おかしいなぁ? 私に何か発明してほしいセンサーが反応したんだけどな」

    電「何なのですそれ」

    雷「発明……? はっ、そうだわ!」ピコーン

    雷「夕張さん、ちょっと相談があるんですけど」

    夕張「おっ、やっぱりセンサーは正しかった!」


    雷「――って感じの道具、作れるかしら?」

    夕張「んー、まあできないこともないけど……完成は明日になっちゃうけどいい?」

    雷「もちろんよ! 作れるならぜひ作って欲しいわ」

    夕張「了解! じゃあ首を長くして待っててね!」

    スタスタ



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/04(土) 22:25:41.25 ID:cobMKj7E0

    電「……雷ちゃん」

    雷「分かってる、何も言わないで」

    電「そ、そんなものを司令官さんに使う気なのです?」

    雷「欲望を抑えきれなかったの。1回だけだから!」

    電「……」

    雷「はぁ、待ちきれないわ」ウズウズ


    ――翌日――


    夕張「お待たせー! 予定より早く完成したわ!」

    雷「ありがとう夕張さん! これが例の?」

    夕張「ブツよ。このスプレーを提督の顔に吹きかければ、たちまち…」

    雷「皆まで言わなくていいわ。あとは直接確かめてみるから!」

    夕張「オッケー、健闘を祈ってる。ちなみに効き目は30分で切れるから、時間をちゃんと把握しておいてね」

    スタスタ

    雷「こ……これで」ドキドキ

    雷「これで司令官は、私に……」ドキドキ




    【【艦これ】雷「おかしいわ」 電「えっ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488556007/

    1: ◆df7m4bsNCU 2017/03/04(土) 00:46:48.08 ID:QpGRhWgEo

    艦隊これくしょんのSSです
    今回は一括投下ではなくゆっくり進行
    某有名な映画は見てなくても大丈夫です





    2: ◆df7m4bsNCU 2017/03/04(土) 00:47:30.97 ID:QpGRhWgEo

    ――執務室――


    提督「なぁ吹雪、前に鎮守府のみんなで映画を見た時の話なんだけどさ」

    吹雪「はい、『艦娘の名は。』ですよね? あの映画、話題作だけあってすごく面白かったですよね!」

    提督「その映画の中で、主人公とヒロインの中身が入れ替わるシーンがあっただろ?」

    吹雪「そうですね、たしか冒頭のシーンで……」


    提督「……あれ、いいと思わないか?」

    吹雪「……はい?」



    3: ◆df7m4bsNCU 2017/03/04(土) 00:48:15.94 ID:QpGRhWgEo

    提督「いや、実はな。あの映画を見た後に妖精さんにお願いしてこういうものを作ってもらったんだ」

    吹雪「なんですかこれ……ブレスレット?」

    提督「そう……だが、妖精さんが作ったものだから普通のブレスレットなんかじゃない」

    提督「これは、言うなれば『魂が入れ替わるブレスレット』だ」

    吹雪「魂が入れ替わるブレスレット……ですか?」


    提督「これを身に付けた状態で眠りにつくと、二人の魂が入れ替わるらしい」

    吹雪「へぇ~……妖精さんたちってすごいんですね」


    提督「……なぁ吹雪」

    吹雪「……なんですか?」



    提督「頼むっ!!」

    吹雪「い、嫌ですよ!」

    提督「……ダメか?」

    吹雪「だって、映画ですら胸を揉んだりしてたのに、実際に入れ替わったりしたら何されるか……」

    吹雪「それに、トイレとかお風呂はどうするんですか?!」

    提督「まぁ、そこは……」メソラシ

    吹雪「……やっぱり、それが目当てなんですね?」ジトー



    4: ◆df7m4bsNCU 2017/03/04(土) 00:49:00.25 ID:QpGRhWgEo

    提督「頼むって!吹雪も男の身体に少しくらい興味あるだろ?」

    吹雪「それは……その、無いと言えば嘘になりますけど……」

    提督「だったらいいじゃないか。お互い様なんだし」

    吹雪「男性と女性じゃ裸の重みが違いますよ!」

    提督「確かにそうだが……」


    吹雪「それに、司令官には入れ替わりたい『理由』があっても、私にはありません」

    吹雪「私の身体で好き勝手されるわけですし、それに見合うほどの価値があるとは……」

    提督「それなら、入れ替わっている間は吹雪も『何でもしてもいい』ってのはどうだ?」

    吹雪「……?!」


    吹雪「な、なんでもしていいんですか?!本当に?!!」ガタッ

    提督(すごい食いつきだな、実は吹雪ってむっつりスケベなんじゃ……)

    提督「あぁ。とは言っても、流石に最低限のルールは必要だが」

    吹雪「具体的にはどんなルールですか?」




    【【艦これ】吹雪「魂が入れ替わるブレスレット……ですか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489311006/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/12(日) 18:30:06.33 ID:Djj492F9O

    提督「はい……?」


    大淀「流石ですね。無事着床しました!」


    提督「自分は大淀と性行為に及んだ覚えはないんだけど」


    大淀「いやいや。ちゃんと任務ボードにも記されてますよ」スッ


    提督「…それ昨日明石と2人でボード作ってるの見たんだが」


    大淀「ばれましたか」バキッ 






    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/12(日) 18:32:02.60 ID:Djj492F9O

    大淀「まあ、これはさておき…」


    提督「さらっと流すな」


    大淀「とりあえず、大本営に申請して大淀との子作り任務追加してもらいますね」


    提督「通る筈ないだろう」


    大淀「しかもデイリー任務で」


    提督「えぇ……」


    大淀「じゃあウィークリーで」


    提督「頻度の問題じゃないだろう」


    大淀「まぁ、通らないでしょうね」


    提督「そりゃそうだ」


    大淀「仕方ないから非公式でいきましょう。それなら良いですよね?」


    提督「何故それで良いと思う……」





    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/12(日) 18:33:04.63 ID:Djj492F9O

    提督「はぁ……なあ大淀」


    大淀「はい?」


    提督「女の子があんまりそういう事言うもんじゃないぞ」


    大淀「良いんです。大抵真面目そうな見た目から、中身はドスケベだとか、やたらとアブノーマルな性癖を追加されるんですから」


    提督「何の話だ?」


    大淀「…いえ、何でもないです」




    【大淀「提督。私との子作り作戦成功しました!流石です!」】の続きを読む

    このページのトップヘ