大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!SS > まきりんぱな

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546231266/

    1: ◆WA7qvdXHqc 2018/12/31(月) 13:41:06.30 ID:/LeUN0060

    花陽「よいしょ、よいしょ」

    凛「かーよちーん」

    花陽「なぁに?」

    凛「これ、どこ置けばいい?」

    花陽「適当なところでいいよ」

    凛「わかったー」





    2: ◆WA7qvdXHqc 2018/12/31(月) 13:42:06.76 ID:/LeUN0060

    花陽「よいしょ、よいしょ」

    真姫「ねぇ」

    花陽「何?」

    真姫「なんで私は花陽の家の、蔵か納屋か物置きか分かんない所の掃除をしてるワケ?」

    花陽「えっと、凛ちゃんが連れて来たんだよね?」

    真姫「そうよ」



    3: ◆WA7qvdXHqc 2018/12/31(月) 13:43:28.27 ID:/LeUN0060

    凛「二人とも、手が止まってるよ」

    真姫「そんなことより、凛」

    凛「?」

    真姫「掃除をするなんて、聞いてないわよ」

    凛「そりゃ言ってないからね」

    真姫「じゃあなんで?」



    4: ◆WA7qvdXHqc 2018/12/31(月) 13:43:58.40 ID:/LeUN0060

    凛「だって凛とかよちんだけじゃ手が足りないもん」

    真姫「だから私ってワケ?」

    凛「真姫ちゃん暇そうだと思ったから」

    真姫「失礼ね。こっちの予定も考慮してよね」

    花陽「何か予定あったの?」

    真姫「……ないわよ」

    凛「ほーれみろ、ほーれみろにゃ」



    5: ◆WA7qvdXHqc 2018/12/31(月) 13:44:34.02 ID:/LeUN0060

    真姫「だ、だけど掃除するなら予め言いなさいよね」

    凛「言ったら断るでしょ」

    真姫「ベ、別に断らないわよ。せめて、服とかは汚れてもいいのに出来たかもとは思ったけど」

    凛「ごめんね」

    真姫「ふんっ」

    花陽「まあまあ」




    【花陽「猫とお話しする」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1545736702/

    1: ◆WA7qvdXHqc 2018/12/25(火) 20:18:22.76 ID:kkSFCDi80

    真姫「別荘に到着よ」

    凛「疲れた~」

    花陽「寒いよぉ」

    真姫「とりあえず、暖房つけるわね」

    花陽「寒い寒い」





    2: ◆WA7qvdXHqc 2018/12/25(火) 20:20:56.25 ID:kkSFCDi80

    凛「ところで真姫ちゃん」

    真姫「何よ」

    凛「なんで凛とかよちんは真姫ちゃん家の別荘にいるのかにゃ?」

    真姫「そんなのサンタさんに会いたいからに決まってるでしょ」

    凛「本気で言ってる?」

    真姫「私は常に本気だから」

    ピッ

    ゴォォォ

    真姫「はい。暖房入ったわよ」

    花陽「ふぃ~」



    3: ◆WA7qvdXHqc 2018/12/25(火) 20:21:25.39 ID:kkSFCDi80

    凛「真姫ちゃんがサンタさんに会いたいのはわかるけど、凛達もいるのけ?」

    真姫「何言ってるの。私ひとりじゃ寂しいじゃない」

    花陽「確かに、こんな山奥の別荘でひとりってのも」

    真姫「でしょ。それに、二人もサンタさんに会いたいでしょ」

    花陽(別に、っていいたいけど)

    凛(言ったら泣かれそうだから黙っておくにゃ)



    4: ◆WA7qvdXHqc 2018/12/25(火) 20:22:14.16 ID:kkSFCDi80

    凛「ちなみに凛達以外には声かけたの?」

    真姫「掛けたわよ。でも……」

    花陽(断られたっぽいなぁ)

    真姫「みんな用事があるから仕方ないって」

    凛「凛達にも用事はあるよ」

    真姫「サンタさんに会うっていうね」

    凛「いや、そうじゃなくて……」

    真姫「あのさぁ、二人には私の用事に付き合う義務があるわ」

    二人「はい?」




    【真姫「サンタさんは居た」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1538972651/

    1: 名無しで叶える物語(公衆) 2018/10/08(月) 13:24:11.94 ID:AFKHueV4

    土曜日。

    太陽がゆっくりと輝きを増し始めた頃、私は家を出た。

    μ'sの練習が休みの今日、花陽と凛と出掛けることになっているのだ。

    昨日、練習終わりの談笑タイムにそんな話になった。

    私たちの話がどういう風に影響したのか、二年生と三年生もそれぞれ出掛けることになったのだとか。

    このすっきりと晴れた空は、普段頑張っている私たちへのプレゼントなのね、きっと。



    2: 名無しで叶える物語(公衆) 2018/10/08(月) 13:25:05.71 ID:AFKHueV4

    凛「あっ真姫ちゃーん!おっはよー!」


    遠くからそんな声が聞こえたかと思うと、橙色のなにかが、ものすごい速度で私の方へ迫ってくるのが視界に入った。

    え、待ってよ…


    凛「どーんっ!」

    真姫「きゃあっ!…もう凛!危ないじゃない!」


    来るとわかっていたのに、その身に宿る有り余る元気にあっさりと押し負けてしまい、危うく転びそうになった。



    3: 名無しで叶える物語(公衆) 2018/10/08(月) 13:25:57.69 ID:AFKHueV4

    真姫「あんたは朝から!」

    凛「にゃふーん」


    私が咎めていることに気付いているのかいないのか、構わず頬擦りしてくる猫を引き剥がすべく奮闘していると、てこてこと花陽も寄ってきた。


    花陽「おはよう、真姫ちゃん」

    真姫「おはよう花陽。とりあえず、このオレンジ色のやつをどうにかしてくれない?」



    4: 名無しで叶える物語(公衆) 2018/10/08(月) 13:26:54.33 ID:AFKHueV4

    花陽「凛ちゃん。そんなに押したら真姫ちゃんが転んじゃうよ」

    凛「大丈夫!毎日トレーニングしてるんだから、このくらいじゃびくともしないよ!」

    真姫「あんたみたいな運動ばかとは違って、こっちは普通の女子高生なの!そんな強靭な体幹はしてないのよ!」


    とは言いつつなんとか耐え抜き、花陽の注意にすら耳を貸す様子のなかった凛を引き剥がすことに成功した。

    軽く服の裾を払う。



    5: 名無しで叶える物語(公衆) 2018/10/08(月) 13:27:40.68 ID:AFKHueV4

    真姫「まったく…朝から暑苦しいんだから」

    凛「えっへへ~」

    花陽「凛ちゃん、昨日からすごく楽しみにしてたんだよ。帰り道で真姫ちゃんと別れたあとも、ずっとうきうきしてたの。ね」

    凛「うん!だって真姫ちゃんから遊ぼうって誘ってくれたの初めてなんだもん!」

    真姫「んな…っ」




    【真姫「花陽と凛と、私の絆」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1484928914/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:15:14 ID:oAyEQ95k

    コンコンガチャ
    真姫「失礼します………ってあれ?」


    花陽「理事長は?」


    凛「呼び出しといて遅刻はないにゃ……」


    真姫「仕方ないわ。待ちましょう」


    花陽「そうだね」


    真姫「…………」


    花陽「…………」


    凛「…………」



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:16:18 ID:oAyEQ95k

    凛「………」スタスタ


    花陽「凛ちゃん?」


    凛「っはぁーーーっ!!」ギシッ


    真姫「なにバカなことやってるのよ……理事長に叱られるわよ?」


    凛「おぉ……この椅子……すげぇ……すげぇなんだこれ……すげぇ」


    花陽「…………顔w」


    真姫「すげぇって何よwなにがどう凄いのよ」


    凛「なんか……すーっげぇ……うん。これヤバイやつだにゃ。多分もう立てないやつだにゃ」



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:17:34 ID:oAyEQ95k

    真姫「大袈裟ね……ほら、立ちなさい」グイッ


    凛「ああ……鬼ぃ……」


    真姫「wwwその顔やめなさいよwwwそういう……ほら、あれよ、ゲームの敵」


    花陽「スライム?」


    真姫「そうそれよ。それの困り顔みたいな顔やめなさい」


    凛「おお?この椅子……マッサージチェアにもなるみたいだよ」


    真姫「聞きなさいよ!」




    【真姫「理事長に呼ばれたわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1516802212/

    1: 名無しで叶える物語(禿) 2018/01/24(水) 22:56:52.18 ID:LTDpzzs3

    凛「絶対かよちんの方がいい奥さんだよ!」

    花陽「いいえこれだけは譲れません……!凛ちゃんの方が素敵な奥さんですっ」

    凛「だって凛は料理できないしかよちんの方が……」

    花陽「凛ちゃんは毎日努力してどんどん上手くなってるよ?それが可愛いと思われてるんだよ」

    花陽「それに花陽だって旦那さんの事甘やかしちゃうし……」

    凛「男の人って甘えるのが苦手なんだよ? 甘えられるのはかよちんが包容力のある証拠だよ」

    真姫「……………………」

    真姫「ハァ……」



    3: 名無しで叶える物語(禿) 2018/01/24(水) 23:01:18.82 ID:LTDpzzs3

    真姫「いい加減にしなさい二人とも」

    真姫「結局二人ともお互いの事を尊敬してるんでしょ?」

    花陽「はい……凛ちゃんのように一緒に色んな所にお出掛けしたいです」

    凛「凛だってかよちんみたいに家の中で甘えられたらなぁ……」

    真姫「そんな所で譲り合っててもらちがあかないわ」

    真姫「焦点を変えて……旦那さんで比べましょ」

    りんぱな「「あの人の……?」」

    真姫「私は結婚式でチラッと会っただけで人となりは全然知らないのよね」

    真姫「ま、そんだけのろけてればいい人には間違いないケド」クルクル



    5: 名無しで叶える物語(禿) 2018/01/24(水) 23:03:59.75 ID:LTDpzzs3

    花陽「凛ちゃんには悪いけど……これは私の勝ちですよ?」

    凛「こればっかりは負けられないにゃ……凛の旦那さんの方がカッコいいもん」

    花陽「……分かりました」

    花陽「今日は徹底的に語り合いますっ」

    真姫(やれやれ……やっと落ち着いたわね)

    真姫(静かにお酒が飲めそうだわ)



    6: 名無しで叶える物語(禿) 2018/01/24(水) 23:08:23.82 ID:LTDpzzs3

    花陽「まずは私からいきますね」

    花陽「この写真を見てください」

    真姫(夫婦でのツーショット……本当に仲が良さそうね)

    真姫(旦那さんはポッチャリ系の人……笑顔が眩しいわ)

    凛「見た目で勝負ならもらったにゃ!」

    真姫(凛の旦那はスポーツマン体型ね)

    真姫(がっしりした体でお姫様だっこしてて完全に乙女の顔になってるわ)

    花陽「甘い……甘いよ凛ちゃん」




    【凛「まきりんぱな旦那自慢大会」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1506526744/

    1: 名無しで叶える物語 2017/09/28(木) 00:39:04.51 ID:1M1zv3uY.net

    真姫「凛と花陽と連絡先を交換したんだけど、正直メールって良く分からないのよね…」

    真姫「あら?凛からメールが来てるわ」

    真姫「テレビに映ってるねこちゃんがかわいい…」

    真姫「今日の分の勉強は終わったし、見てみようかしら」

    真姫「えっと…このチャンネルみたいね」

    真姫「ふふっ、かわいらしいわ」

    真姫「明日も朝練があるし、この番組が終わったら早く寝ましょう…」



    2: 名無しで叶える物語 2017/09/28(木) 00:39:45.19 ID:1M1zv3uY.net

    真姫「おはよう。凛、花陽。随分盛り上がってるみたいだけど」

    凛「昨日のねこちゃんかわいかったな~って話してたんだよ」

    花陽「真姫ちゃんは昨日のテレビ見たの?」

    真姫「凛からメール貰ったから見たわよ」

    凛「え~~っ!真姫ちゃんも見てたの!?」



    3: 名無しで叶える物語 2017/09/28(木) 00:40:44.64 ID:1M1zv3uY.net

    真姫「凛がメールをくれたから見たのに、なんで驚いてるのよ…」

    凛「それなら返事して欲しかったにゃ…」

    真姫「?」

    真姫(あのメールになんて返事をすればよかったのよ…)

    真姫(教えてくれてありがとう…とかかしら?)

    真姫(確かに、あの番組を見て癒されたわけだし、お礼の一つもないなんて失礼よね)



    4: 名無しで叶える物語 2017/09/28(木) 00:41:16.25 ID:1M1zv3uY.net

    真姫「ありがとう。凛。あの番組面白かったわよ」

    凛「も~~っ!そうじゃないにゃ!」

    真姫「な…なに怒ってるのよ…」

    花陽「あはは…」

    花陽「二人とも、そろそろ行かないと朝練に間に合わないよ」

    真姫「そ…そうね…」




    【真姫「メールは難しい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1472348850/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 10:47:30.47 ID:uI7NN0Nr.net

    凛「私は女子高生探偵の星空凛!」

    凛「幼馴染のかよちんとの帰り道…」

    凛「いい匂いに気付いた凛は偶然にも美味しそうなラーメン屋を発見した!」

    凛「黒ずくめの男の作るラーメンに夢中になっていた凛は…気がついたら…」

    凛「財布の中身が小さくなってしまったにゃ!」

    凛「財布が小さくなってもお小遣いは同じ…」

    凛「見た目はアイドル!頭脳は大人!迷宮なしの名探偵!」

    凛「その名も名探偵凛ちゃん!」



    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 10:49:39.84 ID:uI7NN0Nr.net

    花陽「…凛ちゃん…部室でなにやってるの?」

    凛「だって~…暇なんだもん~」

    凛「今日は練習もないしつまんないにゃ~」

    凛「そうだ!かよち~ん」

    花陽「な、なぁに凛ちゃん…」

    凛「何か事件でも起こす予定ないかにゃ?」

    花陽「そんなの無いと思うけどっ!」



    4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 10:51:26.74 ID:uI7NN0Nr.net

    凛「フッフッフッ…」

    凛「それなら凛がかよちんを襲っちゃうにゃ~!」ガバッ

    花陽「ぴゃあああああああああ」

    凛「喰らうにゃ!希ちゃん直伝わしわしMAX~!」

    花陽「ダ、ダレカタスケテ~!」




    【凛「真実はいつも一つにゃ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498900327/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/01(土) 18:12:07.52 ID:ZMGzMqmW0

    まきりんぱなのようなもの。
    R15ぐらい。
    キャラ崩壊注意。





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/01(土) 18:12:39.43 ID:ZMGzMqmW0

    真姫「というわけで凛、ちょっとそこのベッドで横になって?」

    凛「どういうわけで!?絶対嫌にゃ!!」

    真姫「なんでよ。気持ち良いわよ?」

    凛「き、気持ち良くてもダメなものはダメなのっ!!」



    花陽「突然始まった舌戦。真姫ちゃんはあんなコトやこんなコトをしたいみたいだけど、凛ちゃんは断固拒否なんだって」

    花陽「今日は土曜日。月曜日から学期末テストがあるから泊りがけで勉強会をしようって話になって、私たちは真姫ちゃんの部屋に来てるの」



    真姫「説明ありがと、花陽」

    凛「かよちん、誰に喋ってるの…?」




    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/01(土) 18:13:16.34 ID:ZMGzMqmW0

    凛「とにかく!!凛は勉強しに来たの!珍しくやる気出してるんだから邪魔しないで!」

    真姫「分かったわよ。じゃあ勉強が終わってから横になりなさい。寝ててもいいから」

    凛「徹夜確定だよ!!」

    真姫「徹夜は効率悪いわよ?しっかり休養を取らないと頭も働かないもの」

    凛「寝ちゃった方が余計疲れる気がする!!」

    真姫「気持ち良い事するんだから疲れるわけないでしょ?むしろツヤツヤよ」

    凛「ツヤツヤになるのは真姫ちゃんだけだよ!!」

    花陽「花陽もいるよ!」

    凛「かよちんはどっちの味方なの!?」

    花陽「もちろん真姫ちゃん」

    凛「援護ってそっち!?」




    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/01(土) 18:14:06.73 ID:ZMGzMqmW0

    真姫「大体、何で今日集まったと思ってるのよ」

    凛「勉強するためでしょ!?」

    真姫「そうね、主に保健体育の実技だけれど」

    凛「そんなのテスト科目にないよ!!」

    真姫「将来的には必要になってくるわよ?」

    凛「今はいいです!!」

    真姫「じゃあ問題。思春期の高校生が休みの日に友達の部屋に集まってする事といえば?」

    凛「いろいろあると思う!!勉強とか普通に遊んだりとか!!」

    花陽「セッ…っくしゅん」ズズ

    凛「かよちん!?今日どうしちゃったの!?」



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/01(土) 18:14:42.59 ID:ZMGzMqmW0

    真姫「凛、今日のあなた、随分と可愛らしい服着てきてるじゃない」

    凛「こ、これは…//」

    真姫「見た感じ新品の可愛いワンピース、丈も短いし…」

    花陽「正直、花陽今すごく興奮してる」

    真姫「誘ってるとしか思えないわ」

    凛「違います!!」

    真姫「見せたかったんじゃないの?」

    凛「ちがっ…わないけど、違わないけどっ!!///」

    真姫「凛、自分に素直になりなさい」

    花陽「私たちが背中を押してあげるから」

    凛「素敵な思い出を汚さないで!!」




    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/01(土) 18:15:18.98 ID:ZMGzMqmW0

    あ、書いてなかったけど彼女らは2年生になってます。




    【【ラブライブ!】真姫「凛の体を性的に蹂躙する」凛「阻止する」花陽「援護する」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1457684039/

    1: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/11(金) 17:13:59.94 ID:uD15H3tAO

    ・地の文あり
    ・亀更新
    ・2作目(保険)


    以上を踏まえて読んで下さればありがたいです

    長くはしません





    2: まきりんぱなは3年生です 2016/03/11(金) 17:34:01.66 ID:uD15H3tAO

    いよいよ卒業式が明日に迫ってきた。


    「もう…卒業しちゃうんだね」


    瞳を伏せながら、花陽はぽつりと呟いた。私と凛は何を言うでもなく、ただ、その言葉の意味を噛み締めていた。


    「まだ実感はわかないんだけどね」


    困惑するように、また受け入れられないといった様子で笑った凛。

    …私は何も言わない。言葉が出てこない。脳が認めない―



    ――ふと顔を上げると、窓から差し込む夕日の色と凛の綺麗な髪の毛が、不思議とマッチングしていた。

    窓の桜と花陽が重なって見え、言葉を失った。



    3: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/11(金) 18:04:47.87 ID:uD15H3tAO

    私は人生で一番密な3年間を過ごしてきた…と思っている。
    今までが楽しくなかった、という訳ではないが、仲間と――μ’sとして過ごした日々は、私を、煌びやかで壮麗でそれでいて個性豊かな色に染めあげてくれた。

    感謝…というと変なのかもしれないけど、私は間違いなく感謝している。


    「寂しくなる…ね」

    この仲間――もとい大切な友達に。




    【真姫「別れ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1464039534/

    1 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 06:38:54.27 ID:LEn8i/AV.net

    真姫「……」ボロッ

    凛「…ま、真姫ちゃん、お昼食べるにゃ」

    真姫「……いいわよ、お弁当も持ってきてないし」

    凛「…じゃあ購買で……」

    真姫「おサイフも忘れたのよ……」

    凛「り、凛が奢るにゃ!」

    真姫「……」





    凛「なんでも好きなのを選ぶと良いにゃ」

    真姫「……いいの?」

    凛「心配することないにゃ」

    真姫「じゃあ、これ……」

    凛「一個でいいの?」

    真姫えぇ…これ以上お金借りても返せないもの……」

    凛「お、奢るって言ったよ!?」



    3 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 06:48:56.18 ID:LEn8i/AV.net

    凛「今まで真姫ちゃんにはいろいろお世話になったから恩返しにゃ」

    真姫「…要らないわよそんなの」

    凛「いーの!おばちゃんこれ!」




    in部室


    凛「……」モグモグ

    真姫「……」パクパク

    凛(…空気が重いにゃ~)

    真姫「……」


    ガチャッ

    花陽「あっ凛ちゃん」

    凛「かよちん!」

    真姫「…」チラッ

    花陽「」ビクッ


    花陽「あの…真姫ちゃん」

    真姫「…何?」

    花陽「実は今日お弁当作りすぎちゃって、よかったら食べてくれないかな?」

    真姫「…いいわ、ダイエット中だもの」

    花陽「え…え~っと、でもこのまま残しちゃうのも持ったないよ~」

    真姫「花陽なら食べられるでしょ?」

    花陽「む、無理だよ~!」

    真姫「…気持ちはうれしいけど、さっき凛にパンを貰ったからお腹いっぱいなの、悪いわね」

    花陽「……」



    5 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 06:55:41.31 ID:LEn8i/AV.net

    キーンコーンカーンコーン


    凛「かよちん真姫ちゃーん、帰ろー」

    花陽「あ……」

    真姫「……悪いわね、私自転車だから」

    凛「あ……り、凛はそれに走って追いつくよ!」

    真姫「方向も反対でしょ?」

    凛「丁度いいトレーニングにゃ!」

    真姫「…いいわよ、それに家を見られたくないの」

    凛「っ……」

    真姫「じゃあ、また明日…」

    凛「……」

    花陽「……」



    7 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 06:59:47.80 ID:UUHq1RtL.net

    りんぱなの優しさが辛い



    19 :名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 08:10:01.83 ID:zzUsmEen.net

    ここから初めて本当に医学を志す真姫ちゃんまでを早く




    【真姫「医療ミス……隠ぺい……?」】の続きを読む

    このページのトップヘ