大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!SS > マジキチ要素

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1504609606/

    1: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 20:06:46.88 ID:Ax6z3cXt.net

    凛「ええーっ!?穂乃果ちゃんのちんちんがっ!?」

    穂乃果「ホントだよっ!さっきおしっこしようと思ったらなかったんだよぉ!」

    海未「はは、ちんちんの生えてない女の子がいる訳ないじゃないですか」

    希「ワシワシチェックやで~」フニフニ

    希「ふえぇ…ない…ないよぉ……」ポロポロ

    ことり「そ、そんな……穂乃果ちゃんの可愛いちんちんがっ……!」

    にこ「ちょっとどういう事よ!?アイドルに股間は付きものでしょう!」

    花陽「た、大変ですぅ!このままじゃ、μ’sの存続がっ……!」


    ガララッ!


    絵里「ハァ……ハァ……ハァッ……!」バタンッ!

    穂乃果「ぅ絵里ちゃんっ!?」

    絵里「み、みんな……逃げてっ……!」

    絵里「真姫がっ……真姫がやられたわっ!」

    7人「「「えっ!?」」」



    3: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 20:09:52.17 ID:Ax6z3cXt.net

    真姫「」

    にこ「真姫ちゃん!?真姫ちゃんしっかりしてっ!」


    凛「……」サスサス

    凛「ちんちん……ないにゃ……」ガタガタ

    花陽「ど、どうしてっ!?穂乃果ちゃんだけじゃなくて、真姫ちゃんまでっ!」

    海未「絵里、一体何があったのですか!?」

    絵里「話は後よ!早くしないと奴らがっ……奴らがっ……!」


    「嬉しいじゃない。こんな所に逃げ込むなんて……」


    ツバサ「まるで全員分狩って下さいって言ってる様なものね♪」

    穂乃果「つ、ツバサさんっ!?」

    あんじゅ「はーい、私達もいるよぉ」

    英玲奈「都合が良い。全員まとめて狩らせてもらう」

    希「な、何で貴女達がここにっ……!」

    ツバサ「そんなの決まってるじゃない」スッ

    花陽「ひっ!?そ、それはっ……まさかっ……!」

    凛「あの先端の赤さは真姫ちゃんちんちんだにゃあああ!」

    ことり「じゃ、じゃあ真姫ちゃんのちんちんを取ったのはっ……!」

    ツバサ「ええ、私よ」



    4: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 20:13:49.65 ID:Ax6z3cXt.net

    絵里「くっ……遅かったわっ!」

    海未「どうして、どうしてこんなことをっ!?」

    英玲奈「この世界は狂っている。だから、我々が矯正するのだ」

    にこ「何よっ!偉そうな事言ってやってる事はただの去勢じゃないっ!」

    穂乃果「や、やめてっ……女の子からちんちんを取るだなんてっ……!」

    あんじゅ「もういやだなぁ。おかしいのは貴女達なのよ?」

    あんじゅ「女の子にちんちんが生えてるなんてあり得ないじゃない♪」

    絵里「話が通じないっ!みんな逃げるのよっ!」

    ツバサ「そう簡単に逃がすと思わない事ねっ!」シュッ!

    希「う、うわあああああああああっ!!」


    ブチリッ!


    希「か……はっ……」プルプル

    希「」チーン


    絵里「のぞみぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ!!!?!?」

    穂乃果「み、みんなにげろぉーっ!!!!」 


    うわあああああっ!きゃああああああっ!!



    6: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 20:17:51.36 ID:+x3Z3dso.net

    何だこれは…



    7: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 20:17:57.31 ID:mBaIuBnH.net

    クレイジー



    8: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 20:22:08.12 ID:ZTd0ezCb.net

    話が通じない




    【穂乃果「な、無いっ…穂乃果のちんちんがない……っ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1488637056/

    1: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2017/03/04(土) 23:17:36.94 ID:747vPysl.net

    海未「仮にも私達はスクールアイドルなのですからそのような言動は…」

    ことり「あはは…」

    穂乃果「も~我慢できな~い!」

    穂乃果「トイレトイレ~!」ダッ

    海未「こらっ、穂乃果!待ちなさい!」

    ことり「仕方ないよぉ…授業中モジモジしてたし、ずっと我慢してたんじゃないかなぁ?」

    海未「そうだとしても、もう少し恥じらいの様なものを持ってほしいのですが」

    ことり「今のは緊急事態ってことで許してあげよ?」

    海未「全く……ことりはいつも穂乃果には甘いのですから…」

    ことり「え~、そんなことないよぉ」

    ことり「あっ、私もちょっと…//」

    海未「ふふっ、次の授業までには戻ってくるのですよ」

    ことり「は~い」



    2: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2017/03/04(土) 23:18:34.38 ID:747vPysl.net

    穂乃果「ふ~ スッキリした~」

    ことり「あっ、穂乃果ちゃぁん♪」

    穂乃果「あれ?ことりちゃんどうしたの?」

    ことり「あの…えっと…」

    穂乃果「こっちにはトイレしかないよ?」

    穂乃果「あっ、ことりちゃんもトイレなんだ!」

    ことり「ほ…穂乃果ちゃ…」

    穂乃果「だいじょうぶだいじょうぶ!穂乃果以外に誰も使ってなかったから急がなくっても大丈夫だよ」

    ことり「もう!穂乃果ちゃんのばかぁ!」

    穂乃果「えー!?」

    穂乃果「何で怒ったんだろ…」

    ことり(へー…そっかぁ……)

    ことり(穂乃果ちゃん以外、誰も使ってなかったんだね…?)



    3: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2017/03/04(土) 23:19:24.50 ID:747vPysl.net

    ことり(っていうことはぁ…)

    ことり(今、タンクに水をためる音がしてる個室が穂乃果ちゃんが使ったトイレ…)

    ことり(この個室だね…)パタン

    ことり(ここが穂乃果ちゃんが使ったトイレ)

    ことり(…)スー

    ことり(はぁぁんっ♪)

    ことり(これが穂乃果ちゃんのおしっこの香りっ…)

    ことり(たまらないよぉ…//)

    ことり(はぁ~♪)



    4: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2017/03/04(土) 23:20:20.77 ID:747vPysl.net

    ことり(ことりは次の授業を休んでずっとここに住んでいたいです…)

    ことり(…)

    ことり(あれ…?)

    ことり(穂乃果ちゃんがおしっこをした個室っていうことは)

    ことり(この便座も穂乃果ちゃんが座ったってことだよね……//)

    ことり(ことり、座っちゃってもいいのかなぁ)

    ことり(でも……これじゃあまるで…)

    ことり(おしりとおしりの間接キッスだよぉ~~//)

    ことり(し…しあわせぇ~♪)



    5: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/03/04(土) 23:21:20.92 ID:Cf+XZE/T.net

    変態ことり




    【穂乃果「あ~ん、おしっこ漏れちゃいそうだよ~」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1456119441/

    1 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 14:37:21.01 ID:b5ilVwm6.net

    前作である【希「にこっち?」にこ(不味い!今日は多い!)ダッダッダ!】の続編である


    今回も紛れもなく、ヤツさ
    尚、今回も例のネタを出していくぞ!
    後、茶色いアレも出てくるから気を付けろ!

    ああ!上から茶色い物体が…アッー!



    2 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 14:42:28.63 ID:b5ilVwm6.net

    屋上にて…

    ことり「また、変な事を考えてたでしょ?」

    海未「いいえ…私は何も…」

    ことり「嘘はいけないよ?嘘吐いたら、これ…どうなっても良いかな?」

    海未「そ、それだけは!」

    ことり「だったら、本当の事言って、ね」

    海未(穂乃果…助けて下さい)


    そのころ…

    花陽「やっぱ、白いご飯にハンバーグは絶妙なマッチングです!炭水化物と脂とのハーモニーは、実に…」

    凛「かよちん、次の時間は体育だよ!食べ過ぎると、危ないよ?」

    花陽「大丈夫だよ!」



    3 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 14:46:43.73 ID:b5ilVwm6.net

    12:45:00

    にこ「タンポンとか、不便よ…」

    12:45:05

    海未「ことり…やめて下さい…」

    ことり「叫んだら、この醜態を晒すことになるよ?」


    12:45:10

    穂乃果「今日も海未ちゃんとことりちゃん…どっかいっちゃった」


    体育まで…35分ッ!

    花陽の腹には、消化出来そうにないハンバーグの破片が食道を通過していた



    4 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 14:52:16.07 ID:b5ilVwm6.net

    一方、屋上では…


    海未「もう、お腹が痛いです…」

    ことり「漏らしちゃえば?」

    海未「い、嫌です!そのようなはしたない事だけは!」

    ことり「ふぅん…良いんだよ?ことりが、嫌でも出してあげるから」

    海未「やめて下さい!」


    ことり「そぉれ!」

    海未「ぅぐ…ぐほ…ぅぇぇ…げほ…げほ…」ドン!

    ことり「お腹を殴れば、下と上から出てスッキリするんだよ?」

    海未「やめ…げほ…ぅぇぇ…」


    ことり「強情だなぁ…えい!」

    海未「おえぇぇぇぇぇぇぇぇぇ…げほ…うっぷ…げぇぇぇぇぇぇぇ…」ビチャビチャ

    ことり「うっわ…くっさーい!」



    【ことり「海未ちゃん…何してるのかな?」海未「何も…してませんよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1486212093/

    1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 21:41:33.65 ID:d/gk+J5K.net

    真姫「もう知らない!!」

    にこ「あぁ・・・あぁ・・・」

    真姫(ちょっときつく言い過ぎたかしら・・・?)

    真姫(でも今回はにこちゃんが悪いんだから!!)

    ―その翌日からであった
    世界が矢澤に包まれたのは・・・



    2: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 21:43:04.27 ID:d/gk+J5K.net

    ~一か月後~

    真姫「はぁ~~」

    穂乃果「どうしたの真姫ちゃん?」

    真姫「いや・・・今日も相変わらず空はにこちゃんのままね・・・」

    穂乃果「そうだね」アハハ

    真姫「笑い事じゃないわよ・・・」



    4: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 21:44:54.11 ID:d/gk+J5K.net

    穂乃果「まぁ、にこちゃんも一応ライブには出てるんだしさ!
        世界を支配するアイドル!!響きもいいよ!」

    真姫「呑気なものね・・・」

    穂乃果「何でそんなに落ち込んでるの?」

    真姫「何でってそりゃぁ・・・
       にこちゃんがあぁなったのが私のせいだからよ」

    穂乃果「?」



    5: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 21:46:53.19 ID:d/gk+J5K.net

    真姫「私がにこちゃんの事を嫌いって言ったから・・・」

    穂乃果「それであんなことに?あはは、そんな分けないよ」

    真姫「でも!」

    穂乃果「そんな事でただの高校生が世界を支配する存在になると思う?」

    真姫「それは・・・」

    ガチャ



    6: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 21:48:20.46 ID:d/gk+J5K.net

    海未「こんにちは」

    ことり「皆はそろってないんだね」

    穂乃果「あ!ことりちゃんに海未ちゃん!いいところに?」

    海未「?」

    ことり「どうしたの?」

    穂乃果「いくよ真姫ちゃん見ててね!」

    真姫「えっ?」



    7: 名無しで叶える物語(WiMAX)@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 21:49:15.20 ID:82hnsgm7.net

    にこちゃんに包まれるって…いいな




    【真姫「にこちゃんなんて大嫌い!!」にこ「っっ!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1450602753/

    1: ◆XeSeaFzWnM 2015/12/20(日) 18:12:33.00 ID:+kNHq9aS0

    ~部室~

    アナウンサー「誘拐及び強姦未遂の容疑で逮捕されたのは立教大学の学生、田所浩二容疑者(24)です。警察によりますと、田所容疑者は先日11時45分14秒、東京都世田谷区下北沢にて、下校途中の女児(8)に「まずうちさぁ、お肉、あんだけど…焼いてかない?」と声をかけて自宅に連れ込み、アイスティーに睡眠薬を入れて眠らせ、強姦を始めようとしたところを警察に取り押さえらとのことです。取り調べに対し、田所容疑者は「よくわかんなかったですね」などと供述していることから、検察は精神鑑定を進める方針とのことです。」


    花陽「最近子供を狙った事件が多いですよね。」

    希「そうやな。その弊害で挨拶だけでも事案なんてこともあるやろうしな。」

    真姫「でも簡単について行っちゃう子供の方もあれよね。」

    海未「そうですよね。あんな台本みたいな台詞、ついて行くのなんて穂乃果がギリギリですよ。」

    にこ「……」

    穂乃果「にこちゃんどうしたの?」

    にこ「実は…あるのよね…」

    穂乃果「え?何が?」

    にこ「実はさっきのニュースみたいに誘拐されたことあるのよ。」

    凛「ええっ!?ウソぉ!?」

    にこ「そう、それはにこが7歳の時のこと。こころとここあが生まれる一か月前のこと…」

    ~10年前~

    にこ(7歳)「あー今日も学校楽しかったなー。早く帰って宿題しなきゃ(使命感)」

    ???「がわ゛い゛い゛わ゛ぁ゛に゛ごぢゃん゛」





    2: ◆XeSeaFzWnM 2015/12/20(日) 18:13:42.79 ID:+kNHq9aS0

    ???「にこちゃんこんにちは。」

    にこ「お姉さんだあれ?」

    ???「お姉さんはにこちゃんのお母さんのお友達よ。」

    ママ友「何してるの?こんなところで。早く帰らないとお母さん心配しちゃうわよ。」

    にこ「ママ、しばらくいないの。パパもお仕事でおうちに帰ってもにこ一人なの。」

    ママ友「そうなの。じゃあ、お父さんが帰ってくるまでお姉さんのおうちで遊びましょうか。お菓子もジュースもおもちゃもたくさんあるわよ。」

    にこ「え、でも…知らない人だし…ママが知らない人についていっちゃだめって…」

    ママ友「そう、にこちゃんはおりこうさんね。ちゃんとご挨拶しないとね。」

    ママ友「じゃあ、私はにこちゃんのお母さんのお友達の……。」

    ママ友「あなたはにこちゃん。よろしくね。」

    にこ「うん。」

    ママ友「ほら、これで知らない人じゃなくなったわよ。」

    にこ「うん。」

    ママ友「じゃあ、お姉さんのおうち、行きましょ。」

    にこ「うん!」



    3: ◆XeSeaFzWnM 2015/12/20(日) 18:15:11.39 ID:+kNHq9aS0

    ガチャゴン!


    にこ「あっ、お邪魔します。」

    ママ友「うん、あがってあがって。」

    にこ「お姉さんのおうちって結構近いんだね。」

    ママ友「そうね。じゃあ、そこに座って。お菓子持ってくるわね。」

    にこ「ありがとうお姉さん。」

    ジョロロロロロロ…ドンッ…カッ… サッー!(迫真)

    ママ友「にこちゃんおまたせ。」

    にこ「わーい!いただきまーす!」モグモグ

    ママ友「どう?おいしい?」

    にこ「うん、おいしい!にこ、こんなおいしいお菓子初めて!」

    ママ友「あらあら、それはよかったわ。ジュースも飲んでね。」

    にこ「うん。」ゴクゴク

    ママ友「かわいいなぁにこちゃん…」

    にこ「ん?」

    ママ友「ううん、何でもないわよ。」

    ママ友「そうだ、ジュースのおかわり持ってこようか。」

    にこ「うん。」

    ママ友「じゃあ、ちょっと待っててね。」


    にこ「うー…いっぱいたべたらなんだか…ねむく…」ウトウト・・・

    にこ「zzz…」

    ママ友「にこちゃんおまたせ…やっと眠ったわね。」

    ママ友「にこちゃんの寝顔も可愛いわぁ…」


    ママ友「さあ、にこちゃんで遊んじゃうわよ。」




    【にこ(7歳)「あー今日も学校楽しかったなー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1484397821/

    1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 21:43:41.97 ID:kDaiUd5r.net

    ~幼少期~

    ほのパパ「・・・。」

    穂乃果「お父さーん!」

    ほのパパ 「・・・。」ドウシタ

    穂乃果「お饅頭作ってー」



    2: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 21:45:09.81 ID:kDaiUd5r.net

    ほのパパ「・・・。」ホノカハマンジュウガスキダナー

    穂乃果「うん!おいしいもん!」

    ほのパパ「・・・。」ソウカ。オマンジュウモヨロコンデルゾ

    ほむまん「へへっ・・・///」

    穂乃果「本当だー!」



    3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 21:46:37.98 ID:kDaiUd5r.net

    穂乃果「ねーねーお饅頭さんうれしい?」

    ほむまん「あぁ、こうやって喜んでもらえるだけで幸せだよ」

    穂乃果「良かったー」ニコ

    ほのパパ「・・・。」ヨカッタナホノカ

    穂乃果「うん!」



    4: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 21:48:11.55 ID:kDaiUd5r.net

    ほのパパ「・・・。」ジャァコレモッテイッテタベナサイ

    穂乃果「ありがとうお父さん!」テクテクテー

    ほのパパ「・・・。」ウンウン



    5: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 21:49:11.94 ID:kDaiUd5r.net

    穂乃果「いっただっきまーす!」

    ほむまん(あぁ・・俺はここの饅頭として生まれることが出来て本当に幸せだ・・・)

    穂乃果「おいしいー♪」




    【穂乃果「饅頭飽きた」ほむまん「・・・。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1465716886/

    1 :名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/12(日) 16:34:46.57 ID:5Hb/beM3.net

    6月30日 午後10時


    海未「夏…夏がきます」


    海未「あと2時間…」


    海未「…遺書、書いておきますか」




    この度私が死に至った理由を知るものは私以外に存在しません
    そしてその理由は永劫打ち明かされる事もないでしょう
    何故ならこの遺書にすら
    私は、私が死に至った理由を
    書いておくことを躊躇うからです
    大事なことは常に
    両親、そして大切な友人たちに、暗に伝えているつもりです
    ここには、格言めいたものを書く必要もなければ、私の死後、各々が何をすればよいかも書かなくていい筈でしょう
    では、皆さま
    励んで生きていってください


    追伸
    新たな曲の詞が出来ました
    ここに書いておきます

    マンボウの生態を知りたい~
    マンボウ…


    …………………………………………









    海未「ふぅ、まあこんなものですか」


    海未「あと1時間…」



    2 :名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/12(日) 16:43:36.16 ID:5Hb/beM3.net

    海未「…」


    海未「もう、ただ静かに待ちましょう」



    海未「あと50分」


    海未「あと40分」


    海未「30」


    海未「20」


    海未「5」


    海未「4」


    海未「3」


    海未「2」


    海未「1」



    3 :名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/12(日) 16:47:10.84 ID:5Hb/beM3.net

    7月1日 午前0:00



    海未「ミィ~ンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


    海未「ジージーwwwwwwミーンミンミwww」



    海未「ミーンミンミンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


    海未「ジージーwwwwwwwww」




    海未「はぁ…はぁっ…!」



    海未「ミーンミンミンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」



    5 :名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/12(日) 16:52:31.20 ID:5Hb/beM3.net

    海未(ここは誰もいない…近寄らない山の中…!)


    海未(母には明日どうしても瞑想しなければと言って誤魔化した…学校には明日は個人的探求の為休むと言って切り抜けた…!)


    海未(耐えるのです…!)



    海未「ミーンミンミンwww」


    海未「ジージージージーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


    海未「ふうっ…はぁっ…!」




    【海未「夏のせい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1484750244/

    1: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 23:37:24.53 ID:n648Rcjf.net

                                   ヽ`
                                  ´
                                   ´.
                               __,,:::========:::,,__
                            ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                          ..‐´      ゙          `‐..
                        /                    \
            .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
       .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
      ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
      ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
          ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                    ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
                  ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                     /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                    `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                     ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                        ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                             ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´

    この日世界は終わりを告げた



    2: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 23:39:59.67 ID:n648Rcjf.net

    ザッザッザッ

    希「1ヶ月か....ウチの悪ふざけが世界を滅ぼしてしまったんは....」

    希「みんなとも連絡が取れないし....どうしたらええんやろ....」


    スッ


    希「っ!!誰!?」


    「久しぶりだね、希ちゃん」



    4: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 23:44:14.03 ID:n648Rcjf.net

    希「花陽ちゃん....」

    花陽「そのおっぱい....元気そうで何よりだよ」

    希「花陽ちゃんこそ、昔のままのナイスおっぱいだよ」

    花陽「ふふふ、希ちゃんに言われるならお世辞でも嬉しいよ」

    希「今までどこで暮らしてたん?ウチμ'sのみんなとはぐれちゃったからずっと心配してたんよ」


    花陽「...........私も知らないよ」



    5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 23:48:57.45 ID:O6VwXLC+.net

    続くのか…(困惑)




    【希「チクビィィィィイム!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1485353038/

    7: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:33:04.90 ID:ahUFvMf5.net

    絵里「風船ガムを食べるわよ」

    にこ「むぐむぐ」

    真姫「がむがむ」

    希「もぐもぐ」

    希「うち、いっぱい風船ガム食べていっぱい膨らませるんよ」



    8: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:35:18.15 ID:ahUFvMf5.net

    海未「ぷいーぷいー」

    ことり「ぷわぷわーお」

    凛「ぷうーっ」

    花陽「おならしたの、だあれ」

    希「ぷーうぷーう」

    希「すーうすーう」

    希「うーんうーん」

    希「膨らまないやん」




    【穂乃果「うわっ!希ちゃんが膨らんだ!!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1483895297/

    1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 02:08:17.09 ID:hG8HuSKu.net

    学校 部室

    海未「あれほど勝手に私から離れてはいけないと言っておきましたのに!」ガサゴソ

    穂乃果「海未ちゃん?どうしたの?」

    ことり「何かあったの?」


    海未「その…勝手に居なくなってしまったんです………


    …………乳首が」アセアセッ



    2: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 02:09:09.18 ID:hG8HuSKu.net

    穂乃果「…あぁー、そう言えば海未ちゃんの乳首成長期に入ったってこの前言ってたね!」

    ことり「あはは、この年頃の乳首は好奇心旺盛だからねぇ。乳首が動き回るようになってからは、ことりも大変だったなぁ…」


    海未「くっ…部活中、ダンスの方に気を取られていたとはいえ、私の体以外の場所へ行くのに気づかなかったとは…不覚でした!」ギリッ


    ことり「海未ちゃん、ケータイとかは持たせてなかった?」

    海未「その…まだケータイを持たせるには少し早いかと思ってましたので…」アセアセッ

    穂乃果「確かにそうだよね。その年でケータイ持ってる方が珍しいもん」

    海未「あぁ…でも、こんなことになるなら持たせておけば…」グスッ


    ことり「う、海未ちゃん!?落ち着いて!きっと大丈夫だよ!」アセアセッ


    穂乃果「そうそう!きっと校舎内で遊んでるだけだよ~」

    海未「そ、そうだといいのですが…」シュン

    ことり「穂乃果ちゃん、私たちも探してみよっか♪」

    穂乃果「そうだね!海未ちゃん、困った時はお互い様だよ!」


    海未「あ、ありがとうございます!」パァッ


    ………………………




    【海未「あれ!? ど、どこに行ったのですか!?」キョロキョロ】の続きを読む

    このページのトップヘ