大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!SS > うみえり

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1553268883/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/03/23(土) 00:34:43.70 ID:WcP4wTw3

    絵里「……?」

    海未「ステーキ食べに行きたいんですけど!?」

    絵里「えっ。それ私に言ってるの?」

    海未「そうです」



    2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/03/23(土) 00:36:35.00 ID:WcP4wTw3

    海未「約束したじゃないですか、ご飯食べに行こうって」

    絵里「したわね、確かに」

    海未「今日こそ約束を果たす時ですよ!」

    絵里「でもねー……練習後だし……海未も疲れてるじゃない?」

    海未「……」じわっ

    絵里「えっ!?泣くの!?」



    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/03/23(土) 00:38:12.49 ID:WcP4wTw3

    海未「楽しみに……していたのに……」

    絵里「そ、そうね!約束は大事よ、約束は守ってこそ約束ですものね!」

    海未「それでこそ絵里ですよ」

    絵里「嘘泣きが得意な女はそのうちに信用を無くすわよ」

    海未「絵里が私を信じないはずがありません」

    絵里「…………」



    4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/03/23(土) 00:39:45.35 ID:WcP4wTw3

    絵里「それで、どうしてステーキ?」

    海未「食べたかったからです」

    絵里「あまりにもシンプルね」

    海未「私の家では魚が多く出るんです。食べ方が上手になったという点では食生活に感謝していますが」

    海未「せいぜい肉と言っても生姜焼きですね。絵里だって厚みのある肉なんて食べる機会がないでしょう」

    絵里「私買い物する時大体ピーコック行くのよ。豚肉の肩ロース厚切りが安い日多いのね」

    絵里「ポークステーキとかポークチョップとか作ってあげると亜里沙が喜ぶわ」

    海未「でも牛は?🤔」

    絵里「……食べてないわね」

    海未「では行きましょう!共に参りましょう!」




    【海未「ステーキ食べに行きたいんですけど」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1550291502/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/16(土) 13:31:42.85 ID:PDRIOyZs

    絵里「あけていい?」

    海未「勉強に疲れた時に食べてください」

    絵里「あ、これ食べ物なの」

    海未「この大きさでなんだと思っていたのですか?」

    絵里「消しゴム」

    海未「私が絵里に消しゴムを渡す道理がありません……」



    2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/16(土) 13:36:13.22 ID:PDRIOyZs

    海未「これもあげます」

    絵里「これは消しゴム?」

    海未「食べ物です。先ほどのと好きな方を食べてください」

    絵里「両方食べちゃダメなの?」

    海未「……構いませんけど」



    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/16(土) 13:39:18.72 ID:PDRIOyZs

    海未「絵里は誰かに贈り物をすることはありますか?」

    絵里「あんまりないわ……でも、おばあさまにはよくお手紙と一緒にお土産を贈るわね」

    海未「お土産を選ぶ時、何か基準はありますか?」

    絵里「お菓子が多いから東京駅で探す時が多いわね。なにせ何回も送ってるから、同じものを送らないようにだけ気をつけているわ」

    海未「なるほど……」




    【海未「これあげます」絵里「ありがとう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1546703890/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/01/06(日) 00:58:10.20 ID:fKRR9KwJ

    絵里「生徒会の役員が不真面目な子が多くて困ってたのよ、あなたならやってくれると思っていたわ❤」

    海未「どうしてこんなことに……😭」



    6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/01/06(日) 01:04:02.91 ID:fKRR9KwJ

    海未「あの、生徒会長……部の予算とかあまり他人に知らせてはいけないことが書いてあるのでは……」

    絵里「それもそうね……ま、あんまり気にしなくていいわよ」

    海未「適当なのですね……」

    絵里「そうよ。私は適当なの」

    絵里「だから!今からでもしっかりしているあなたに生徒会に加入してほしいの!」

    海未「今でも部活を掛け持ちしている身ですので……すみません」

    絵里「😭」



    8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/01/06(日) 01:07:36.20 ID:fKRR9KwJ

    海未「どうして3人のうちの私なのですか?」

    絵里「え?」

    海未「穂乃果……はダメだとしても、ことりでも良かったと思うのですが」

    絵里「顔が良かったから」

    海未「えっ」

    絵里「綺麗な人が側にいるとやる気が出るのよ。ほらみて、あんなにあった書類がもう無くなった」

    海未「私、来る必要ありましたか?」




    【絵里「活動を認めてほしいのなら……わかるわね?」海未「くっ……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1548681582/

    1: 名無しで叶える物語(そのまんま) 2019/01/28(月) 22:19:42.20 ID:K9j40IGp

    海未「えっ?」

    絵里「突然ごめんね。ダンス練習の時あなたの後ろじゃない?髪の毛が揺れるたびにフワっていい匂いがするのよ」

    海未「え、えぇっ……///すみませんでした///」

    絵里「謝ることないわ。気分が落ち着く、いい匂いだったもの」

    絵里「ただ髪質も先まで整ってるし、シャンプーなに使ってるんだろうって気になって」



    4: 名無しで叶える物語(そのまんま) 2019/01/28(月) 22:22:21.63 ID:K9j40IGp

    海未「髪は時間をかけて丁寧に洗うのが小学生のころからの習慣だったので髪質の維持はある程度心得ていますが……すみません、シャンプーは母が使っているものをそのまま使っているのでわからないのです」

    絵里「へぇ。お母さんと髪質似てるのかしら」

    海未「どうでしょうか。最近母は髪を伸ばしたがりませんから。それに銘柄も何回か変えているみたいですし」

    絵里「……ね。折角だから自分好みのシャンプー見つけてみない?」

    海未「あまり製品にこだわるつもりはないのですが」

    絵里「そんなこと言ってたら一人暮らしした時に困るわよ。まだ髪伸ばすんでしょう?」

    海未「そうですね、もし切るとしたら失恋した時くらいです」

    絵里「えっ」

    海未「冗談ですよ」



    5: 名無しで叶える物語(そのまんま) 2019/01/28(月) 22:23:02.85 ID:K9j40IGp

    海未「とはいえシャンプーで何が違うのか全然わかりませんし……」

    絵里「じゃあ、試しに私の使ってみる?私、地毛がこれだし髪質が全然違うかもしれないけれど、忙しくて中々乾かせない時があっても傷んだことはないから」

    海未「どうしてシャンプー学校に持ってきてるんですか?」

    絵里「帰りに練習終わってヘトヘトになった体で銭湯行こうと思ってたのよ」

    海未「絵里って時々面白いですよね」

    海未「わかりました。使わせてください」

    絵里「明日感想教えてね」




    【絵里「海未はシャンプーなに使ってるの?」 ・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1547395401/

    1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/01/14(月) 01:03:21.91 ID:lmchE5AT

    絵里「……」ポケー

    海未(いま、絵里からとんでもない言葉が発せられたような……)

    海未(こんな平和な顔をした絵里からありえません。きっと私の聞き間違いですよね)

    絵里「はぁ……パコりたいわ」

    海未「え、絵里!!!破廉恥ですよ!?//」

    絵里「えっ。どうしてわかったの?」

    海未「声に出してますから!!」



    2: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2019/01/14(月) 01:07:44.08 ID:m0dDFED9

    絵里「あーほんと。ごめんね、ぼーっとしてると声に出しちゃうみたい」

    海未「自重してください」

    絵里「ところでセックスしたくない?」

    海未「話を振らないでくださいっ」

    絵里「まぁ、海未は処女っぽいし。こういう話は耐性がないのかしら」

    海未「っ……///」

    絵里「最後にセックスしたのがもう2週間も前で……疼いて仕方がないの」

    海未「っ!!?」



    4: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2019/01/14(月) 01:13:23.42 ID:m0dDFED9

    海未「ぇ……い、いるんですか」

    絵里「?」

    海未「相手…………」

    絵里「居なかったらセックスできないでしょう」

    海未「それは、そうですが……不味いのでは」

    絵里「……もしかして海未、私がいろんな人と関係持ってて性病持ってるんじゃないかって思ってない?心配しなくともたったひとりのパートナーとだけしてるわよ」

    海未「そ、そういうことではなく!(そこも心配でしたが)」



    7: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2019/01/14(月) 01:18:23.96 ID:m0dDFED9

    海未「私たちは今スクールアイドルをしていて、メンバーに恋人がいると人気や評判にどう影響するかわかりません!こんなことがにこに知れてしまったら……」

    絵里「大丈夫。ちゃんと隠れてコソコソ付き合ってるから。彼も口の緩い人じゃないもの」

    海未「そ、そうですか。それなら、いいのでしょうか……?」

    海未「私は特に何を言うつもりはありません。幸せになってくださいね、絵里」

    絵里「今でも十分幸せのつもりよ」




    【絵里「あーセッ○スしたい」海未「!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1547980961/

    1: 名無しで叶える物語(フンドシ) 2019/01/20(日) 19:42:41.96 ID:z345jgv6

    季節は初秋、夏休み明け

    海未「絵里、今日はありがとうございました」

    絵里「生徒会の仕事を教えて欲しいだなんて、海未は真面目ね」

    海未「そうでしょうか。早く仕事を覚えたいので、当然だと思いますが」

    絵里「そういう事を当然と思える事すらもあなたが真面目たる証左よ」

    海未「はぁ、そういうものですかね」

    絵里「そういうものよ。さ、もうそろそろ帰りましょうか」

    海未「ええ。途中までは一緒に帰れますね」



    2: 名無しで叶える物語(フンドシ) 2019/01/20(日) 19:43:48.77 ID:z345jgv6

    テクテクテクテク

    海未「そういえば、私と穂乃果とことりで、昔はよくここら辺で遊んでいたのですよ」

    絵里「へぇ。海未たち3人の思い出の場所、って感じかしら」

    海未「ですね」

     ポツリ ポツリ

     ザーッ

    海未「あ」

    絵里「わわっ」

    海未「絵里、こちらです!」

    絵里「ふーっ、海未のおかげでびしょびしょになるのは避けられたわ」



    3: 名無しで叶える物語(フンドシ) 2019/01/20(日) 19:44:12.89 ID:z345jgv6

    海未「夕立、ですか。急にきましたね」

    絵里「あ……」

    海未「どうしました?」

    絵里「な、なんでもないわっ」


    絵里「そういえば」

    絵里「小学生くらいの頃って、秘密の隠れ処みたいなの探して遊んだりしなかった?」

    海未「しましたね。穂乃果とことりと、よくそういった場所を見つけてはお菓子を持ち寄って遊んだりしていました」

    絵里「ふふっ。やっぱり海未達もそういう遊びをしたのね」

    海未「この手の遊びは皆やるものだと思いますよ」



    4: 名無しで叶える物語(フンドシ) 2019/01/20(日) 19:44:47.53 ID:z345jgv6

    絵里「子供の頃は、隠れ処だとか秘密基地というものに憧れがあったものね」

    海未「くすっ」

    絵里「な、なによ」

    海未「いえ。絵里にもそういう時代があったのだと思うと」

    絵里「あなたは私を何だと思っているわけ?」

    海未「すみません。ですが、今の絵里を知っていると、どうも想像がつかなくて」

    絵里「あら。私だって生徒会長をやる前は、結構遊んでばかりだったのよ?」

    海未「そうなのですか?」

    絵里「ええ。そこまで真面目でもなかったしね。生徒会長になったのも頼まれたからで」

    海未「意外です。いつも冷静沈着で泰然自若、剛毅果敢にして常に意気自如としている絵里が、そんな」

    絵里「ホントに私を何だと思っているのよ……」




    【絵里「止まないで」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540119500/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 19:58:20.81 ID:CgmL241e0

    プッ プッ プッ ポーン

    絵里「皆さん、こんばんは。μ'sの絢瀬絵里です」

    海未「こ、こ、こんばんは。そ、園田海未と申します」

    絵里「緊張してるの?二回目じゃなかったっけ?」

    海未「そ、そうなのですが…」

    絵里「まあ、いいわ。一旦CMです」

    前回
    穂乃果「μ'sのラジオ」花陽「スクールアイドルラジオ放送局です」



    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:02:44.52 ID:CgmL241e0

    絵里「落ち着いた?」

    海未「はい。お陰様で…」

    絵里「私初めて見たわ…。あんなに手に人を書く人を。軽く人混みが出来てしまったんじゃない?」

    海未「…どう言う事ですか?」

    絵里「いや…いいわ。伝わらないなら。っと、お喋りに夢中になる前にタイトルコールを済ませておきましょう?」

    海未「そうですね」

    絵里「μ'sがお届けするラジオ!」

    海未「スクールアイドル放送局!」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:20:01.23 ID:CgmL241e0

    絵里「よしっ!取り敢えず一安心ね」

    海未「そうですね」

    絵里「本当は今日は私じゃなくて海未と希と凛の3人でって話だったのよね。聞いてた?」

    海未「はい。前回の放送でもそう予告してたと記憶してましたよね」

    絵里「リスナーの皆さんに一応説明しておきますね。μ'sの元気兼マスカラ担当こと星空凛がですね」

    海未「凛にそんな役割があったんですね」

    絵里「誰が凛にマスカラを与えたのかしらね?まあ、それはいいわ。その凛が練習終わりに薄着でうろちょろとしてまして。注意はしたのですが案の定風邪を引いたので急遽私が出演する事になったと言う…」

    海未「本当に…あの場に居た誰しもが思いましたよね。絶対に風邪を引くと…」




    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:26:11.49 ID:CgmL241e0

    絵里「あの子だって絶対に寒かったはずなのに。馬鹿は風邪を引かないなんて言葉もあるけど…あれは嘘ね。もうちょっと体調管理と言うものを考えて欲しいわ」

    海未「そうです」

    絵里「海未はそう言うの一切ないわよね」

    海未「そう言うの?」

    絵里「体調不良とか。いつも元気じゃない」

    海未「その言い方…まあ、そうですが」

    絵里「何か秘訣でもあるの?」

    海未「規則正しい生活を心掛けていれば問題ありませんよ」

    絵里「規則正しいねぇ。あの、巷では海未は就寝時間が物凄く早いと聞いたのだけど…」




    【絵里「μ'sがお届けするラジオ」海未「スクールアイドル放送局」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1544849535/

    1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/12/15(土) 13:52:15.66 ID:rSHdQ7JP

    絵里「何よ突然…………」ハッ

    海未「🤗」

    絵里「たしかに」



    2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/12/15(土) 13:59:27.04 ID:rSHdQ7JP

    絵里「でも誰だって弱いでしょう。私だけじゃないわ」

    海未「そうでしょうか」

    スルッ

    海未「ひあっ!?」

    絵里「ほらぁ」

    海未「服の中に手を入れられたら誰だってこうなります!今のは冷たくて出た声なのでノーカンですからね!」



    3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/12/15(土) 14:02:14.20 ID:rSHdQ7JP

    海未「いきなりといえば」

    絵里「え、手突っ込んだまま話すの」

    海未「いきなりステーキ食べたいです」

    絵里「いいわよね……女性客も多いし、入りやすいわ」

    海未「実は一度も入ったことないんです」

    絵里「え、ホントに?」



    4: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/12/15(土) 14:09:21.68 ID:rSHdQ7JP

    絵里「学校からだと万世橋か神田が近いかしら。神田は昼も夜もビジネスマンが並んでて、待ってる間に食欲が刺激されておいしく食べられてる気がするわ」

    海未「でもあのお店、300gからが基本なのですよね。そんなに食べられるのでしょうか……」

    絵里「お口ちっちゃいの?かわいい」

    絵里「でも海未、結構筋肉力あるしなんだかんだいって食べるでしょう」スリスリ

    海未「お腹撫でないでください」




    【海未「絵里っていきなりに弱いですよね」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1544888043/

    1: 名無しで叶える物語(もこりん) 2018/12/16(日) 00:34:03.27 ID:J8Wj4jFq

    海未「全く…いつも絵里は私をからかうようなことを…」

    海未「少しは、こっちの身にもなってほしいです」

    海未「はぁ…」



    2: 名無しで叶える物語(もこりん) 2018/12/16(日) 00:34:53.84 ID:J8Wj4jFq

    海未「あれは…?」

    穂乃果「絵里ちゃーーん!」

    絵里「穂乃果?どうしたの?」

    穂乃果「あのね。生徒会の仕事で分からないことがあって」



    3: 名無しで叶える物語(もこりん) 2018/12/16(日) 00:35:22.17 ID:J8Wj4jFq

    絵里「そう?それなら生徒会室に行きましょうか」

    穂乃果「えへへ…絵里ちゃんありがとう」

    穂乃果「絵里ちゃん、やさしい」

    絵里「私の次の生徒会長なんだもの、出来ることは何でもお手伝いするわよ」

    海未「…」



    5: 名無しで叶える物語(もこりん) 2018/12/16(日) 00:36:17.05 ID:J8Wj4jFq

    ことり「絵里ちゃん」

    絵里「どうしたの?ことり」

    ことり「次の衣装の事で相談なんだけど…」

    絵里「あら?何か言いにくいこと?」

    ことり「うん…」




    【海未「絵里は私の事をからかいすぎです」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1544104540/

    1: 名無しで叶える物語(家) 2018/12/06(木) 22:55:40.97 ID:WAb5+Zx2

    海未「はぁ」

    絵里「今からでもやり直せるわ!」

    海未「あの……出会ってまだ半年も経ってないですよね。絵里先輩」

    絵里「うぅ……」



    2: 名無しで叶える物語(家) 2018/12/06(木) 22:59:14.73 ID:WAb5+Zx2

    絵里「なんでそんな酷いこと言うの……」

    海未「私が絵里のことを呼び捨てにすることだって、すごく踏み込んだつもりなんですよ?昔はそもそも絵里の下の名前知りませんでしたから」

    絵里「ぇ」

    海未「生徒会長って呼んでた時期は名前が思い出せなかったので便宜上そう呼ばせていただきました」

    絵里「😭」



    3: 名無しで叶える物語(家) 2018/12/06(木) 23:02:25.59 ID:WAb5+Zx2

    絵里「じゃあ、いつも廊下を歩いてる時に後ろにくっついてる時や冬の日に学校で居残りしてる時は?!」

    海未「いつの記憶ですか。記憶にありませんよ」

    海未「私と絵里が出会ったのはそもそも今年の春でしょう」

    絵里「そ、そうだけど……違うのよ!!」




    【絵里「昔みたいに海未と仲良くしたいのだけど」】の続きを読む

    このページのトップヘ