大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!SS > ほのまき

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1543235314/

    43: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/11/28(水) 04:49:48.19 ID:bqZwilu/

    「真姫ちゃんのついてない1日」

    ある晩のこと


    穂乃果『もしもし…どうしたの、真姫ちゃん?』

    真姫「どうしたの? じゃないわよ。何か大切な物、ウチに忘れて行かなかった?」

    穂乃果『ほのかの大切な物を? 真姫ちゃんちに? う~ん、全然分かんないや……』

    真姫「フフ──穂乃果の付けてるの、初めてじっくり見たけど、結構可愛いわね♡」

    穂乃果『へ…? あ……あぁぁぁーーーーーっ!! 無い無い無いーーーっ!!』

    真姫「はぁ…呆れた。どうしていつもつけてる物が無いのに気付かないのかしら?」

    穂乃果『たははは……』

    真姫「全く……今から穂乃果の家へ届けに行っても大丈夫?」

    穂乃果『え、今から? んー……もう遅いし、明日学校で渡してくれたらいいよ』

    真姫「これを…学校で…?」プラーン



    44: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/11/28(水) 04:50:22.21 ID:bqZwilu/

    真姫「ただでさえ私たち怪しまれてるのに、こんなの渡してるの見られたら……」

    穂乃果『何かの袋に入れて偽装しよう!』

    真姫「……それ、なんやかんやあって凛辺りに中身見られるパターンよね……」

    穂乃果『か、考えすぎじゃない?』

    真姫『フー…。ほら、私が言った通り、今日届けに行くのが一番安全でしょう?』

    穂乃果『ムッ、それじゃまるで穂乃果が間違ったこと言ったみたいじゃん!』

    真姫「そんなこと言って無いでしょ…」

    真姫「……分かったわよ。穂乃果の好きにすればいいじゃない。私、知らないから」

    穂乃果『ありがと、真姫ちゃん♡』



    45: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/11/28(水) 04:51:38.71 ID:bqZwilu/

    翌日


    真姫「……///」ソワソワ


    あれから穂乃果と話し合って、決まった作戦が──


    穂乃果『やっぱり身に付けとくのが一番安全なんじゃないかな?』

    真姫『身に付けるって……まさか?!』

    穂乃果『それそんなサイズ大きくないし、真姫ちゃんのに付けられるでしょ?』

    真姫『そういう問題じゃないわよ!』

    穂乃果『付けてみたら案外ピッタリかも! ねね、付けてみて、違和感無いでしょ?』

    真姫『……うっ、確かに。でも……』

    穂乃果『後はいつも通りに振る舞えば平気だから! ファイトだよっ、真姫ちゃん!』


    真姫(──で、穂乃果の言うこと真に受けて付けて来ちゃったけど……)チラ

    真姫(こんな状態恥ずかし過ぎて、いつも通りに居られる訳無いじゃない! ///)カァァ




    【真姫「穂乃果、今月の部費の収支に目を通しといて」穂乃果「えー…めんどくさーい」真姫「パン食べる?」穂乃果「あ、ちょうだい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1469285781/

    1 : ◆TXaB6XtamM 2016/07/23(土) 23:56:21 ID:jGtxxxKI



    穂乃果「え・・・ 」


    真姫「いいのよ?私は医者になる為に勉強に勤しむ事にしても」


    穂乃果「や、やだよ!真姫ちゃんが居て、9人皆でμ'sなんだもん!真姫ちゃん辞めないで!」



    2 : ◆TXaB6XtamM 2016/07/23(土) 23:57:31 ID:EDQrQRcs


    真姫「じゃあさっきの聞いてくれる?」


    穂乃果「や・・・で、でも、私達女の子同士だよ?」


    真姫「嫌なら嫌とハッキリ言いなさいよ」


    穂乃果「嫌じゃないよ!・・・嫌じゃないけど、おかしいって言うか・・・」


    真姫「そっ。じゃあ明日には衣装も洗って部室に置いてくわね」スタスタ


    穂乃果「ま、待って!!おかしくないよね!?真姫ちゃんが、それで良いなら私も大丈夫だよ!!」ガシッ


    真姫「・・・・・・ふーん・・・」



    3 : ◆TXaB6XtamM 2016/07/23(土) 23:58:30 ID:EDQrQRcs


    穂乃果「だ、だからそんな悲しい事言わないで・・・・・・ね?」ウルウル


    真姫「そう。なら仕方ないから残ってあげるわよ。感謝してよね」


    穂乃果「うん!ありがとっ!ありがとね、真姫ちゃん!」


    真姫「それじゃあ、穂乃果さっそくキスしましょ?」


    穂乃果「あ、う、うん!そうだね!」


    真姫「さぁ目を瞑って?」




    【真姫「穂乃果が私にキスしてくれるならμ'sを辞めないであげるわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1519436213/

    1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:36:53.56 ID:8pDqrO06

     3月、別れの季節。

     昔は別れなんて気にしたこともなかった。
     でも一昨年に唯一の友達と離れることで、別れの悲しさを知った。

     去年はまた、大切な人、にこちゃんとの別れを経験した。

     そして今年も――



    2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:37:28.54 ID:8pDqrO06

    穂乃果「真姫ちゃん~」

    真姫「穂乃果。遅かったわね」

    穂乃果「えへへ、色んな人に捕まっちゃって」

    真姫「元生徒会長でμ’sのリーダーだもの、まあ仕方ないわよ」

    穂乃果「でも海未ちゃんの方が人気だったよ。後輩の女の子に囲まれちゃってさー」

     目の前で笑っている、私をμ’sに誘ってくれた人。
     1人きりの世界から、外へと導いてくれた大切な人。



    3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:38:10.00 ID:8pDqrO06

    真姫「それは穂乃果には無縁そうな世界ね」

    穂乃果「えー、そんなことないよ。この前も――」

    真姫「海未とことり関係は禁止ね」

    穂乃果「ぐっ」

    真姫「あら、図星かしら」

    穂乃果「うぅ、酷いよ真姫ちゃん~」

     泣きながら私に抱きついてくる、まるで子どものよう。
     でもそれが可愛らしくて、彼女らしくて、私はそんな姿が大好きで。



    4: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:40:16.50 ID:8pDqrO06

    真姫「でも大丈夫よ。私はちゃんと貴女のことを愛しているから」

    穂乃果「そ、そんなこと言っても誤魔化されないよ」

    真姫「あら、失敗したみたいね」

     本音だったのに。

    穂乃果「でも真姫ちゃんも冗談なんて言うようになったんだね。何だか感慨深いよ」

    真姫「冗談ぐらい以前から言っていた――かしらね?」

    穂乃果「どうだろう。でも初めて会った時より、雰囲気がやさしくなったよ」

    真姫「穂乃果のおかげよ、感謝してるわ」

    穂乃果「またお世辞?」

    真姫「ううん。ちゃんと正直な気持ちよ」

    穂乃果「素直な真姫ちゃん、珍しいね」

    真姫「卒業式だもの。たまにはいいでしょ」

    穂乃果「……そうだね」




    【真姫「別れのあとには」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1519571265/

    1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/26(月) 00:07:45.93 ID:CJxO8xXT

    ほのまき

    短編です



    2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/26(月) 00:08:53.15 ID:CJxO8xXT

    真姫「穂乃果、ちょっといいかしら」

     放課後の教室。

     帰り支度をしていたところに、突然真姫ちゃんがやってきた。

    穂乃果「どうしたの、真姫ちゃん?」

    真姫「ちょっと作曲で手伝ってほしいことがあるの、音楽室へ一緒に来てくれないかしら」

    穂乃果「穂乃果でいいの?」



    3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/26(月) 00:09:54.57 ID:CJxO8xXT

    真姫「ええ、穂乃果が必要なの」

    穂乃果「そっか、ならもちろんいいよ!」

    真姫「助かるわ、貴女じゃなきゃできないことだから」

    穂乃果「穂乃果じゃないとできないこと?」

    真姫「いいのよ、気にしないで。さっそく行きましょう」

    穂乃果「あ、ちょっと待ってね」

     一緒に帰る約束をしていた海未ちゃんとことりちゃんに断りをいれなきゃいけない。



    4: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/26(月) 00:11:11.63 ID:CJxO8xXT

    穂乃果「ってことなんだけど、いいかな?」

     たぶん話を聴いてた二人に尋ねてみると、

    ことり「うふふ、真姫ちゃんも積極的になったね」

    海未「わかりました、作曲頑張ってくださいね」

     となんだか対照的な答えが返ってきた。

    穂乃果「なになに? ことりちゃん、それってどういう――」

    真姫「もう、いいから行くわよ!」



    5: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/26(月) 00:12:00.79 ID:CJxO8xXT

    ことり「真姫ちゃん頑張ってね~」

     私の腕をつかみ、強引へ教室の外へ引きずり出す真姫ちゃん。

     その瞳はことりちゃんの方をキッとにらみつけている。

    海未「ことり、いったい何があるのですか?」

    ことり「うふふ、海未ちゃんは気にしなくていいの~」

     何だろう、この意味深な言い方。




    【真姫「ラブソングの作り方」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1516983070/

    1: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭) 2018/01/27(土) 01:11:10.77 ID:1z0zKE8a

    穂乃果「おー!積もってる!真姫ちゃん真姫ちゃん、積もってるよ!」

    真姫「そう」

    穂乃果「もうね、多分5cmくらい積もってるよ!」

    真姫「良かったわね」

    穂乃果「雪だー!」



    2: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭) 2018/01/27(土) 01:11:40.31 ID:1z0zKE8a

    穂乃果はこの寒い中わざわざ窓まで開けて外を確認するなり、ぴょんぴょんと飛び跳ねて喜びを体で表現した。

    子供か。

    いえ子供だわ。

    間違いなく。



    3: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭) 2018/01/27(土) 01:12:13.29 ID:1z0zKE8a

    穂乃果「真っ白!真っ暗でもまぶしー」

    楽しそうで何より。

    ただ鳥肌が立ちそうなほど冷えた冷気が流れてきるから窓は閉めてほしい。



    4: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭) 2018/01/27(土) 01:12:50.87 ID:1z0zKE8a

    穂乃果「ねー、真姫ちゃんもぼんやりテレビなんて見てないで雪見ようよー」

    真姫「ニュース番組も雪一色で雪景色は見飽きた。興味ないし」

    ぼんやりテレビ視聴してるよりもはしゃぎながら雪見てる方が絶対色々と低い。

    精神年齢とか精神レベルとか精神的成熟度とか。

    あと温度。早く閉めてほしい。



    5: 名無しで叶える物語(庭) 2018/01/27(土) 01:14:25.70 ID:Vc+VcbWr

    ほのまき!ほのまき!




    【真姫「冷たい雪と温かい穂乃果」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1496582120/

    1: 名無しで叶える物語 2017/06/04(日) 22:15:20.08 ID:sCzT/6er.net

    穂乃果「あ、真姫ちゃん」

    真姫「ことりと海未は?」

    穂乃果「ことりちゃんは日直で、海未ちゃんは絵里ちゃんの手伝いに行ってるよ」

    真姫「ふーん、そう。凛と花陽‎は先生に頼まれごとをされて遅れて来るわ」


    真姫「……で?」

    穂乃果「へ?」

    真姫「さっきのため息は何なのよ?」

    穂乃果「ああ! あっはは…」プイ



    2: 名無しで叶える物語 2017/06/04(日) 22:16:10.37 ID:sCzT/6er.net

    真姫「誤魔化さない!」ダン!

    穂乃果「ひぃぃ!!」ビク

    真姫「リーダーの穂乃果がため息ついてるとみんな不安になるでしょ?」

    真姫「だから第一発見者である私が解決するわ。ほら、さっさと言いなさいよ」

    穂乃果「真姫ちゃん…!」ウルウル

    真姫「ふん」クルクル



    3: 名無しで叶える物語 2017/06/04(日) 22:16:53.26 ID:sCzT/6er.net

    真姫「──はぁぁ?? バレンタインにチョコが欲しかったぁ??」

    穂乃果「うん」

    真姫「何で今頃そんなことで悩んでるのよ意味分かんないんですけど……」

    穂乃果「何でだろうね? 五月病かなぁ?」

    真姫(もう六月だし)

    真姫「ていうか、いつもことりから貰ってるじゃない……その、♡マーク付きのを」

    穂乃果「ことりちゃんのは友チョコだもん! 嬉しいけど、そういうのじゃないよぉ」

    真姫「いや、あれはどう見ても本命……何でもないわ。そう、違うのが欲しいのね」

    穂乃果「??」


    ことり『うふふ♡』




    【穂乃果「はぁ~……はぁぁぁ~~~」真姫「何よ、ため息なんかついて」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497293249/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 03:47:29.71 ID:c7k4AEPgo

    短めで。





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 03:58:51.44 ID:c7k4AEPgo

    屋上

    海未「はい! ワンツースリーフォー」

    海未「穂乃果! タイミング遅れてます!」

    穂乃果「はい!」

    海未「凛は早すぎ! もっと回りを見て!」

    凛「はいにゃ!」

    海未「はい。今日はここまでにしましょう。厳しい練習お疲れさま」

    穂乃果「はぁ~ん…今日も疲れたぁ~」

    海未「近くライブも控えているので練習が厳しくなるのも仕方ないですね」

    穂乃果「そうだね。いや~、楽しみだ!」

    花陽「わ、私はちょっと緊張するなぁ。どんなお客さんが来るかもわからないし好意的に受け入れてくれるかなぁ」

    ことり「そうだねぇ。初めての会場だしどんな感じになるかも未知数でちょっと怖いね」

    にこ「なに言ってるのよ。どんな舞台でも輝く強さを持ってなきゃダメ」

    海未「私たちは私たちの今できることをやるしかないです」

    絵里「海未のいうとおりよ。今目の前の課題を乗り越えてこそよ」

    希「まあ未知数のところに一か八かで賭けて成長するってところもあるし」

    穂乃果「私たちはとにかく全力でやってみるしかないよ!」

    真姫「穂乃果のことばがすべてね。もうこの話は終わり。着替えにいきましょう」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 04:02:30.94 ID:c7k4AEPgo






    凛「真姫ちゃん? 一緒に帰らないの?」

    真姫「ちょっとまだ学校に用があるから残るわ」

    花陽「付き合うよ?」

    真姫「気にしなくていいわ。さようなら」

    凛「うん。また明日ね」

    花陽「ばいばい」

    穂乃果「………」

    海未「穂乃果?」

    穂乃果「私もちょっと学校に用があるから先帰ってて!」タッ

    海未「穂乃果! …もう」

    ことり「しかたないよ。帰ろう?」

    海未「まったく! 人の話を聞かないんだから…」




    【穂乃果「…相談があるの」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1493103975/

    1: 名無しで叶える物語 2017/04/25(火) 16:06:15.01 ID:wh64r70c.net

     


    ゴト…



    私はピアノを弾くのを止め、鍵盤に乗せていた手をそっと引いた。
    名残惜しいかのように、空中で鍵を弾く仕草をする。

    そんな自分の行為を自虐的に鼻で笑い、椅子を引いて立つ。

    振り返ると、夕日がやけに眩しく降り注いでいた。


    真姫「……」


    白い部屋が、オレンジ色の夕焼けで染まっていた。
    静かなこの空間が、ほんのりと音色を奏でているような気がする。

    ……私はこの光景に、何を想うのか。


    それは勿論、あの音楽室での日々―――。



    ―――――
    ―――



    2: 名無しで叶える物語 2017/04/25(火) 16:07:18.83 ID:wh64r70c.net

    穂乃果「真姫ちゃん!誕生日おめでとう!!」

    真姫「ぁ……///」

    穂乃果「もう……急にいなくなっちゃうんだもん、探しちゃったよ」

    真姫「……///」

    穂乃果「って、ここだと思ったから、そんなに探さなかったけど」テヘ




    今日は私の誕生日だった。

    16歳、高校二年生の誕生日。



    3: 名無しで叶える物語 2017/04/25(火) 16:07:56.40 ID:wh64r70c.net

    私は、卒業した三人を除くμ'sメンバーに部室で誕生日を祝われたあと、いつもの音楽室へと足を運んでいた。


    一人になりたくて―――。


    いつも私の誕生日は一人きり。

    一人で、ピアノを弾きながらその日を過ごしていたから。


    別に、他のメンバーに祝われるのが煩わしかった訳では無い。
    むしろ嬉しくて、涙も流した。
    みんながみんな、笑顔で私の誕生日を祝ってくれた。
    そのことはとても嬉しいし、感謝しても仕切れない。

    μ'sという絆に出会えたことは、きっといつまでも忘れないであろう。



    ―――それでも私は、一人きりになれる音楽室を選択した。


     




    【真姫「誕生日は悪魔の誘惑と」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1490975600/

    1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 00:53:20.89 ID:rCmXAzgC.net

    真姫(今日は花陽も凛もいないし、一人か…)

    真姫(べ…別に一人で帰るのが寂しいとかじゃないけど)

    真姫(入学してからはずっと一人だったし、たまにはいいわよね)

    真姫(昔は一人でもなんとも思わなかったのに、今はこんな事を考えるなんてどうかしちゃったのかしら)
    Evaluation: Good!



    2: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 00:54:05.06 ID:rCmXAzgC.net

    穂乃果「真姫ちゃーん!」

    真姫「!」

    穂乃果「やっぱり真姫ちゃんだ!」

    真姫「だから、大きい声で呼ばないでって何回も言ってるでしょ!」

    穂乃果「えへへ、ごめんね」

    真姫「…まあいいわ、それで何の用?」

    穂乃果「一緒に帰ろう!」
    Evaluation: Good!



    3: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 00:54:49.73 ID:rCmXAzgC.net

    真姫「別にいいけど、今日は一人なのね」

    穂乃果「海未ちゃんも、ことりちゃんも用事があるって早く帰っちゃった」

    真姫「そう、分かったわ」
    Evaluation: Average.



    5: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 00:55:19.87 ID:rCmXAzgC.net

    穂乃果「そういえば、真姫ちゃんと一緒に帰るって初めてかも」

    真姫「二人で帰るのは初めてかもしれないわね」

    穂乃果「ねえねえ、折角だし、どこか寄り道して行こうよ」

    真姫「そうね、カフェにでも行きましょうか」

    穂乃果「うん!」
    Evaluation: Good!




    【真姫「私は穂乃果先輩に振り回されっぱなし」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1488972263/

    1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 20:24:23.92 ID:8g7NShdw.net

    穂乃果「真姫ちゃん!今何貰ったの?」

    穂乃果「もしかしてラブレター!?なんてお返事するの?」

    真姫「ちょ…落ち着きなさいよ!これはラブレターじゃなくてファンレター」

    穂乃果「えへへ…そうだったんだ」

    真姫「ほら、離れなさいよ。すぐ顔を近づけてくるんだから」



    2: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 20:25:00.70 ID:8g7NShdw.net

    穂乃果「でも、いいなあ~。穂乃果もファンレター欲しい!!」

    穂乃果「真姫ちゃんばっかり貰ってずるいもん!」

    真姫「そんな事言われたって…」

    穂乃果「穂乃果なんて一回も貰ったことないんだよ!!一応リーダーなのになあ」

    真姫「はいはい。リーダーらしい事なんてほとんどしてないからじゃないの?」

    穂乃果「あ~~!真姫ちゃんひどーい!」



    4: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 20:25:37.85 ID:8g7NShdw.net

    真姫「文句言う前に、テストの成績どうにかしなさいよ」

    真姫「今度赤点取ったらエリーが黙って無いわよ。リーダーが赤点取るようならどうなるか分かったもんじゃないし」

    穂乃果「うっ…頑張ります」

    真姫「ホント、しっかりしてよね」クスッ



    5: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/03/08(水) 20:26:25.20 ID:8g7NShdw.net

    穂乃果「そういえば、真姫ちゃん。ファンレターってどんなこと書いてあるの?」

    真姫「どんなことっていわれても、色々あるけど」

    穂乃果「ちょっと見せてもらっても…」

    真姫「ダメに決まってるでしょ。これは私宛の手紙なんだから手紙くれた人に失礼じゃない」

    穂乃果「あはは…そうだよね」




    【真姫「穂乃果はうるさい」】の続きを読む

    このページのトップヘ