大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!SS > ほのまき

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1451049214/

    1 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ (中止 65c9-BJ3V) 2015/12/25(金) 22:13:34.37 ID:Bynlr/GJ0XMAS.net

    クリスマスネタ・ほのまきです。



    2 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ (中止 65c9-BJ3V) 2015/12/25(金) 22:14:39.60 ID:Bynlr/GJ0XMAS.net

    穂乃果「ねぇ、真姫ちゃん」

    真姫「何よ」カキカキ

    穂乃果「今日、クリスマスだよね?」

    真姫「そうね」カキカキ

    穂乃果「……」

    真姫「……」カリカリ

    穂乃果「穂乃果と真姫ちゃんはお付き合いしてるんだよね?」

    真姫「そうよ」カキカキ

    穂乃果「じゃあ少しくらい穂乃果の事構ってよー!!」ワーン

    真姫「ヴェエエエ!?」



    3 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ (中止 65c9-BJ3V) 2015/12/25(金) 22:15:11.72 ID:Bynlr/GJ0XMAS.net

    真姫「じゃあ何がしたいのよ」ハァ

    穂乃果「うーん……じゃあ、真姫ちゃんとお出かけしたいなー」

    真姫「寒いわ」

    穂乃果「冬なんだから当たり前だよね」

    真姫「いいじゃない。室内でのんびりしてましょ?」

    穂乃果「ぐすん……」ウルウル

    真姫「……はぁ、わかったわよ。じゃあ外に出ましょう」

    穂乃果「わーい!真姫ちゃんとデートだー!」パァー

    真姫「立ち直り早いわね」ヤレヤレ



    4 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ (中止 65c9-BJ3V) 2015/12/25(金) 22:15:51.61 ID:Bynlr/GJ0XMAS.net

    穂乃果「……やっぱりここなんだよねぇ」

    真姫「秋葉原ね」

    穂乃果「分かってたよ……真姫ちゃん」

    真姫「し、仕方ないじゃない!ノープランなんだから!」

    穂乃果「嘘だよーほら、ゲームセンター行こうよ♪」

    真姫「……仕方ないわね」

    真姫(待ちなさい真姫……ここで穂乃果にいいとこを見せれば……)



    5 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ (中止 65c9-BJ3V) 2015/12/25(金) 22:16:22.18 ID:Bynlr/GJ0XMAS.net

    穂乃果「す、すごーい!真姫ちゃんUFOキャッチャーの物全部取っちゃった!」

    真姫「ふふっ、当然よ!そしてこれは全部穂乃果にあげるわ!」

    穂乃果「わーい!真姫ちゃん大好きー!」モッギュー

    真姫「ふふふ……私もよ穂乃果」カミノケクルクル

    真姫「そしてこれも穂乃果へのプレゼントよ」キリッ

    穂乃果「はぅ///真姫ちゃん……もう最高だよっ!!」

    真姫「うふふふふ///」



    【真姫「クリスマス、やること無いわね」穂乃果「え?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1447778297/

    1 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ (フリッテル MMa9-ld6C) 2015/11/18(水) 01:38:17.50 ID:kYTZHbziM.net

    だいぶ遅れてしまいましたが十五夜のSSです
    注)・地の文アリ(地の文アリの投稿は初めてです僕)
      ・オリジナルキャラクターいる
      ・細かいとこの設定は勝手に決めちゃってます
      ・SFちっく

    僕の文章レベルは前に投稿した凛ちゃんがやってきたとか読んでいただけるとわかると思います
    (大目に見てください・・・><)

    次から始めます



    2 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ (フリッテル MMa9-ld6C) 2015/11/18(水) 01:39:08.30 ID:kYTZHbziM.net

    ~♪

    私一人の音楽室にピアノの音が響く
    昼休み、学院生たちの喧騒から離れてただただ音楽に浸れるこの時間が私は好きだ

    「ふぅ」

    運動をしたわけでもないというのに、ピアノを弾いていると体が熱くなる
    それだけ熱中していたということだろうか
    窓を開けると中庭から学院生たちの元気な声が聞こえてきた

    「秋ね、、、」

    窓から優しく入ってくる風を体に受けながら私はつぶやいた
    今はもう九月下旬、夏なんてものはすでに記憶のかなた
    どうやって暑さをしのいでいたのかさえもう覚えていない

    「まだ時間はあるわよね」

    椅子に座りピアノに手をかける
    軽く息を吸い、そして吐く、集中、集中だ

    ガラッ

    しかしせっかく高めた集中力は直後開いた扉の音のせいでなくなってしまった



    3 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ (フリッテル MMa9-ld6C) 2015/11/18(水) 01:39:48.57 ID:kYTZHbziM.net

    「やっほー真姫ちゃん」

    そこにいたのは、とても騒がしい私の太陽だった

    「あれ、もしかして集中してたかな、、、ごめんごめん」

    口では謝りつつも穂乃果は悪びれもせずにちかづいてくる
    なんとなく、あの時のことを思い出す
    私が誰よりも孤独だった時のことだ
    音楽室は私の、私だけの世界だった、当然何人たりとも招かなかった
    しかし、そんな牢獄とも形容できそうな孤独の世界に、穂乃果はためらいもなく入り込んできたのだ

    「はい、真姫ちゃん」

    「なに、、、これ」

    穂乃果が差し出した細長い紙切れに私はため息交じりにそう聞いた
    “十五夜パーティ”
    短冊状に切られたルーズリーフ
    そこに記された手書きの文字
    大きくて、丸くて、こんな人にも女の子らしさがあるんだなって思う

    「日曜日、うちでパーティーやるから、よかったら来てよ」

    「パーティー、ねぇ」



    4 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ (フリッテル MMa9-ld6C) 2015/11/18(水) 01:40:14.15 ID:kYTZHbziM.net

    なおもニコニコと微笑み続ける穂乃果
    それを直接見ないようにして

    「ま、考えとくわ」

    私はぷいとそっぽを向いたままそう返した
    もちろん行く、穂乃果の誘いだもの
    だけどそれを素直に言えないのが私の悪いところ

    「うん、待ってるよ」

    そしてきっと穂乃果もそれをわかったうえで私と話をしている
    希の言葉を少し借りるならば、めんどくさい関係だ

    「ねぇ、このパーティーって他には誰か来るの?」

    「うん、μ’sのみんなは誘ったよ」

    「一つ聞いていい?」

    私の問いかけに穂乃果は首をかしげる
    こういう仕草がいちいち私をどきどきさせてるってこと、いい加減気付いてほしい

    「知り合いしか来ないなら、チケットっていらないんじゃない?」

    数秒の沈黙のあと、穂乃果は目を右へ左へと泳がせながらこう言った

    「ふ、雰囲気だよ雰囲気」



    【真姫「十五夜チケット」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1457859807/

    1 :名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/03/13(日) 18:03:27.48 ID:opa6pHCp.net

    真姫「……」


    真姫「……」コト




    ポロロン…♪





    真姫「……」






    ポロロン……♪



    2 :名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/03/13(日) 18:04:06.00 ID:opa6pHCp.net

    真姫「……」…コト





    穂乃果「……」スースー





    真姫「……」


    真姫「……はぁ」





    穂乃果「……むにゃ」スースー




    トコトコ…




    真姫「……」スゥ…






    ホーノカ---------ッッッ!!!

    タイジュウフエチャッタァッ!?



    3 :名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/03/13(日) 18:04:44.30 ID:opa6pHCp.net

    真姫「……」

    穂乃果「あうぅ……耳がキンキンするぅ」メクルクル

    真姫「ふん、いい気味ね」クルクル

    穂乃果「もぉー真姫ちゃんひどいよっ!」プンプン

    真姫「どっちがよ」

    穂乃果「せっかくいい気分で真姫ちゃんのピアノ聞いてたのにぃ!」

    真姫「聞いてた……?」ジロ

    穂乃果「真姫ちゃんのピアノ聞きながら、すごいリラックスしてたんだよっ!」

    真姫「ふぅん……」

    真姫「寝息まで立てながらなんて、随分とリラックスしていたのね」

    穂乃果「うっ」ギクッ

    真姫「……」クルクル



    4 :名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/03/13(日) 18:05:16.11 ID:opa6pHCp.net

    穂乃果「ね、寝息なんて、そんな……た、たたたててないよー」アセアセ

    真姫「ヨダレの跡」

    穂乃果「へ!?」ドキ

    穂乃果「~~」フキフキ

    真姫「……はぁ。嘘よ」

    穂乃果「うぇ!?ま、真姫ちゃーん!!」

    真姫「……帰るわ」スク

    穂乃果「あ、ご、ごめん真姫ちゃん!謝る!謝るから!」ペコペコ

    真姫「……」クルクル


    真姫(……はぁ)





    真姫(……もう……)



    コト…





    真姫(なんでこんな人、好きになっちゃったのかしら……)




    【真姫「想いを歌に乗せ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1474223649/

    1 : ◆TXaB6XtamM 2016/09/19(月) 03:34:09 ID:V.TGGKT2


    ―真姫の家―


    真姫「じゃ私はジュースとお菓子取ってくるから待ってて」

    穂乃果「分かったー」

    真姫「大人しく待っててよ?」

    穂乃果「もうー分かってるってー!」


    すたすた


    穂乃果「・・・・・行ったかな?」



    2 : ◆TXaB6XtamM 2016/09/19(月) 03:34:55 ID:V.TGGKT2

    穂乃果「ふふふ、大人しくしてって言われて大人しくする人なんていないよーだ」

    穂乃果「犯人が待てって言われて待たないのと一緒だよ」

    穂乃果「さてさて、真姫ちゃんの秘密でも探りますか」

    穂乃果「机の中は・・・」


    がさごそ


    穂乃果「うーん・・・参考書と筆記用具しかない」

    穂乃果「真姫ちゃん真面目だなぁ。私の机の中なんて指人形とか塗り絵ノートばっかりなのに」



    3 : ◆TXaB6XtamM 2016/09/19(月) 03:35:49 ID:V.TGGKT2

    穂乃果「じゃあお次は定番のベッドの下!」


    ごそごそ


    穂乃果「うーん・・・・・何も無い」

    穂乃果「おっかしいなぁ・・・大人しく待っててって言うからには何かあると思ったのに」

    穂乃果「ベッドと布団の間には・・・・・」

    穂乃果「何も無い。・・・・・ちぇー、骨折り損の草臥儲けだよぉ」


    ぼふっ


    穂乃果「えへへ、真姫ちゃんの匂い・・・」

    穂乃果「すんすん・・・へへへへ」



    4 : ◆TXaB6XtamM 2016/09/19(月) 03:36:44 ID:V.TGGKT2

    穂乃果「って、これじゃ変態だよ!」


    がさっ


    穂乃果「ん?」

    穂乃果「何か紙みたいのが擦れる音が・・・」

    穂乃果「枕の下かな?」

    穂乃果「あ、写真だ!ふふん、真姫ちゃんの秘密はっけーん!」

    穂乃果「枕の下って事は、かの有名な夢でもアナタに会いたい的なおまじないだよね」

    穂乃果「つまり・・・・・真姫ちゃんの好きな人!」

    穂乃果「さてさて、だーれかなっ?」


    ぴらっ


    穂乃果「おおー!・・・・・お?・・・・・・・・お・・・・・ぁ・・・あれ・・・?」



    5 : ◆TXaB6XtamM 2016/09/19(月) 03:37:35 ID:V.TGGKT2

    穂乃果「こ、これ・・・・・わ、私ぃ・・・?」

    穂乃果「この前練習の時撮ってもらった私と真姫ちゃんのツーショット写真・・・」

    穂乃果「う、ぇ・・・・・あ、こ、これ・・・つまり、真姫ちゃんは私のことが・・・」

    穂乃果「あ、あうぅ・・・・・どうしよぉ・・・」

    穂乃果「絶対見ちゃダメなのだったじゃん・・・」


    たんたんたん


    穂乃果「あ、真姫ちゃんの足音が!急いで隠さなきゃ!」




    【穂乃果「真姫ちゃんの枕の下に私の写真が・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1464429975/

    1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/28(土) 19:06:15.465 ID:y9royT2w0.net

    穂乃果「今日も雪穂は元気に学校に行ったね」

    穂乃果「元気…でもないのかなぁ なんか背中丸まってるし」

    穂乃果「穂乃果のせいだよね やっぱり」

    穂乃果「は~ぁ。ダメなお姉ちゃんだなぁ」

    穂乃果「ごめんね雪穂…こんな姉で」

    穂乃果「虐められたりしてなければいいけど…」

    穂乃果「雪穂だけじゃない…みんなも…」

    穂乃果「心配だなぁ…」



    3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/28(土) 19:07:24.032 ID:ODElZTLb0.net

    (●人●)



    4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/28(土) 19:07:29.714 ID:y9royT2w0.net

    穂乃果「…なら学校行けばいいじゃん」

    穂乃果「無理だよ…もう何ヶ月も休んじゃってるもん…」

    穂乃果「…おっとっと…また一人会話が始まる所だったよ」

    穂乃果「おっとっと食べたいなぁ…久し振りに…」

    穂乃果「あれ星だと思ってたらヒトデだったんだね…海未ちゃんに言われるまで気付かなかったよ…」

    穂乃果「下らない事言ってないで学校行きなよ…」

    穂乃果「無理だよ…それは無理だよ…」

    穂乃果「あんな騒ぎがあって行けるわけないよ…」



    6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/28(土) 19:09:19.480 ID:y9royT2w0.net

    穂乃果「って言うかいつまで高校生やってるのさって話だよ…絵里ちゃん達は立派に卒業したって言うのに…」

    穂乃果「穂乃果も早く卒業…出来ないよねこんなに休んでたら…。」

    穂乃果「…は~ぁ。」

    穂乃果「ラブライブ、かぁ…」



    9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/28(土) 19:10:50.119 ID:y9royT2w0.net

    穂乃果「顎が尖ってた頃からこつこつコンテンツが成長して、アニメやって、CD出してライブして。」

    穂乃果「映画は深夜アニメ枠の最高興行収入更新、しまいには紅白。東京ドームも超満員。見切れ席にまでファンがいっぱい」

    穂乃果「熱狂的なファンはラブライバーなんて呼ばれたり」

    穂乃果「逮捕された人が私達のファンだったりグッズを体中に着けたり映画館荒らしたりしてラブライバーは頭おかしいとか言われててちょっと笑ったなぁ」

    穂乃果「社会現象なんて言われたりしてさ」

    穂乃果「でもそれもぜーんぶ過去の事」

    穂乃果「当のリーダーは今や不登校の引きこもりだもんね」




    【穂乃果「は~ぁ。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1410839648/

    1 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2014/09/16(火) 12:54:08.43 ID:fC2ZEapU.net

    真姫「(お、こことか穂乃果ヨロコビソウ!!!)」



    5 :名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2014/09/16(火) 13:05:33.46 ID:jAD5JezB.net

    まきほのは相性抜群



    14 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/09/16(火) 18:38:16.79 ID:A5kOuyJt.net

    ケーキ屋で他の女の話をする穂乃果まで見えた



    23 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/17(水) 01:57:06.55 ID:YZvUAcXQ.net

    ――真姫の家


    テレビ『街でウワサのケーキ屋さん特集!』

    真姫「あっ……」ピタ

    真姫「……たまにはいい番組やってるじゃない」


    テレビ『甘味と酸味のバランスが~』


    真姫「フムフム」ジリジリ

    真姫「……」ベッタリ



    まきママ「……真姫、目が悪くなるわよ」


    真姫「」ハッ

    真姫「あっ! 録画しなきゃ!」ゴソゴソ


    テレビ『調和していて、スポンジは軽くて~』

    テレビ『バースデーケーキや、大切な人への……』


    真姫「……」コクコク

    真姫「……」メモメモ


    まきママ(どうしたのかしら?)



    【真姫「(土日は穂乃果と行くケーキ屋さん調べナキャ!!)」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1460992157/

    1 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 00:09:17.11 ID:JTz7at6F.net

    真姫「息抜きにピアノ引いてたらパパに見つかっちゃった……」

    真姫「それでいろいろ言われて口論になったから……」

    真姫「ああもう!模試だっていい成績残してるんだしちょっとくらい触らせてくれてもいいじゃない!」

    真姫「…………」

    真姫「どうしよう……お金も置いてきちゃったしこのままじゃ道路で寝ることに……」

    真姫「明日誕生日なのに……そんなのいやよ」

    真姫「こうなったら誰かのところに泊めてもらうしかないわね」



    4 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 00:09:52.27 ID:JTz7at6F.net

    真姫「凛と花陽なら喜んで泊めてくれると思うんだけど……」

    真姫「家出したなんて知られるのは恥ずかしいし……」

    真姫「となると次に泊めてくれそうなのは……」

    真姫「…………」

    真姫「とりあえず電話かけてみましょう」ピポパ

    prrrrr

    穂乃果『もしもしー!真姫ちゃんから電話なんて珍しいね!どうかしたの?』



    5 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 00:10:17.12 ID:JTz7at6F.net

    真姫「もしもし穂乃果? えっと……」

    真姫(そういえば穂乃果にだって家出したなんて言い辛いじゃない!)

    真姫(ここは機転をきかせるのよ……相手は穂乃果……この真姫ちゃんにかかれば誤魔化しながら泊まらせてもらうのなんて造作もないことだわ!)

    真姫「……今日、帰りたくないの」

    穂乃果『ま、真姫ちゃん!? そ、そんな大胆なこといきなり言われても穂乃果にだって心の準備する時間が///』

    真姫「って違うわよ///」



    6 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 00:10:48.34 ID:JTz7at6F.net

    真姫(い、今のあれよね///)

    真姫(私が穂乃果を誘ったみたいに///)

    真姫(違う違う違う///私はそんな軽い人間じゃないわよ///)

    真姫(で、でも別に穂乃果になら……///)

    真姫(ってそうじゃなくて!このまま黙ってたら穂乃果に怪しまれるじゃない!)

    真姫「間違えたわ。パパとママが今日旅行に行っちゃったのよ。だから……」

    穂乃果『や、優しくしてね///』

    真姫「ってなんでそうなるのよ!!穂乃果の家に泊めてほしいの!!」



    7 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 00:11:19.17 ID:JTz7at6F.net

    穂乃果『え?お泊まりしたいの?』

    真姫「そうよ!!さっきからそう言ってるでしょ!!」

    穂乃果『いや、言ってない気が……』

    真顔「細かいことはどうでもいいのよ!とりあえず泊まらせてくれるの!?」

    穂乃果『ちょっと待って!状況を整理させて!』

    真姫「いいけど、なるべく早くしなさいよ」

    真姫(勢いで押し切りたかったけど流石に無理ね)

    真姫(まあ穂乃果に限って断られることもないだろうし、条件はクリアされたも同然よ)

    真姫(後は落ち着いて構えてるだけで……)




    【真姫「家出しちゃった……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1451680101/

    1 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/01/02(土) 05:28:21.78 ID:XubCwGVm.net

    穂乃果「『いますぐおもてにでて』?」


    穂乃果「お母さん、雪穂! 私、ちょっと出て来るね!」

    雪穂「お姉ちゃん?」

    ほの母「こんな時間にどこへ行くのよ?」

    穂乃果「……さぁ」

    ほの母&雪穂「はぁ?」



    2 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/01/02(土) 05:29:19.14 ID:XubCwGVm.net

    ほの母「今日はやめときなさいよ!」

    雪穂「そうだよ! 暴走族にさらわれちゃうよ~?」

    穂乃果「ちょっと見てくるだけだからだいじょうぶ~」ガララ

    パタン

    穂乃果「おお…さぶっ!」ブルル

    穂乃果「ふぅ…。春とは言え、外はまだ冷えるなぁ……」



    3 :名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/01/02(土) 05:29:48.67 ID:XubCwGVm.net

    穂乃果「──んっ?」


    ヴルンヴルンヴルン

    真姫「……」


    穂乃果「……」

    穂乃果「……………………へっ?」



    【ヴルンヴルルル…ほの母「やだ、暴走族?」雪穂「怖いねぇ」穂乃果「あっ、真姫ちゃんからメールが──」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1419924440/

    1 :名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 16:27:20.93 ID:3GrtLea3.net

    「ごめんなさい…やっぱあなたとは付き合えないわ」

    これで三回もフラれちゃった…

    どうして駄目なの?

    「…許嫁がいるの」

    許嫁?どこかできいたことあるかも

    確か両親が決めた婚約者だっけ、それなら仕方ない

    でもまだ諦めたくない

    そんなことがつい昨日の出来事

    私は部室で四度目の告白の計画を練っていたところだった

    部室の扉が開き、私の愛しい人が姿を覗かせる

    「…穂乃果、私と駆け落ちしない?」



    2 :名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 16:32:34.67 ID:3GrtLea3.net

    私は一番好きになっては行けない人に恋心を抱いてしまった

    西木野真姫、真姫ちゃんだ

    とっても頭が良くて、顔もスタイルも抜群、でも運動と料理が苦手だったっけ

    西木野総合病院院長の娘でお金持ち

    そんな彼女とは不釣り合いな私が…彼女に恋をしてしまった

    女の子同士でおかしいと思ってた、けれどそんな考えはすぐに消えた

    だって好きで、大好きで仕方ないんだもん

    そのきっかけはある日の音楽室で…



    3 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 16:33:47.56 ID:K/FGavYu.net

    本格的ほのまきラブストーリーですか



    【【SS】穂乃果「報われない恋と」真姫「幸せの物語」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1438611746/

    1 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 23:22:26.52 ID:ReGefBjL.net

    真姫「ええ、今日は穂乃果の誕生日だからね」

    真姫「なんでも欲しい物を用意してあげるわ」

    穂乃果「……本当?」

    真姫「ええ、本当よ。私が用意できるものならなんでもいいわ」

    穂乃果「そっか……それじゃあ、相手に言うことを聞かせられる薬出して!」

    真姫「そんなものでいいの?」

    真姫「はい、飲んだ人が一日の間穂乃果の命令に逆らえなくなる薬よ」

    穂乃果「ありがとう、真姫ちゃん!」

    真姫「くれぐれも悪用するんじゃないわよ」



    2 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 23:23:14.01 ID:ReGefBjL.net

    穂乃果「えへへ、真姫ちゃんはこんなものくれるなんて優しいなぁ」ギュー

    真姫「ち、ちょっと、抱きつかないで///」

    穂乃果「そんなこと言わないでよー」ギュー

    ガチャン

    真姫「きゃっ!?」

    真姫「もう!紅茶零れちゃったじゃない!」

    穂乃果「ご、ごめんなさい!」

    穂乃果「掃除しておくから、部屋で着替えて来て?」



    3 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 23:23:40.82 ID:ReGefBjL.net

    イソイソ

    真姫「全く穂乃果は……」

    真姫「あんなにはしゃいで……そんなに嬉しかったのかしら」

    真姫「…………」

    真姫「誰に使うんだろ……」

    真姫「そこまでして自分の物にしたい人がいるってことよね?」

    真姫「……ううん、気にしたら駄目」

    真姫「早く着替えて下に戻らないと……」



    5 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 23:24:09.71 ID:ReGefBjL.net

    スタスタスタ

    真姫「お待たせ、穂乃果」

    穂乃果「真姫ちゃん、さっきはごめんね」

    真姫「別に怒ってないから、気にしないで」

    穂乃果「えっと、新しい紅茶いれておいたから……」

    真姫「そう、ありがたくもらうわ」ゴクゴク

    穂乃果「…………」



    【穂乃果「欲しい物?」】の続きを読む

    このページのトップヘ