大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!SS > ほのにこ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1552164503/

    1: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2019/03/10(日) 05:48:23.17 ID:OhhV5jxZ

    穂乃果(あ、もう4時だ)

    穂乃果(そろそろ寝ようかな…)

    穂乃果(よし、タバコ1本吸ったら寝よう)



    2: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2019/03/10(日) 05:48:56.33 ID:OhhV5jxZ

    穂乃果「」カチッ

    穂乃果「っふー…」

    穂乃果(なんだか不思議な気分だなー、ひとりで家でタバコ吸ってるなんて)

    穂乃果(大学入ってから一人暮らし始めたけど、やっぱりちょっと寂しいなあ…)

    穂乃果(あ、そうだ)

    穂乃果「……」ピッピッピッ

    穂乃果「……」プルルルル



    3: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2019/03/10(日) 05:49:29.37 ID:OhhV5jxZ

    にこ『はい?』

    穂乃果「あ、にこちゃん?」

    にこ『どうしたのよ、こんな深夜に』

    穂乃果「いやー、なんか暇だったから」

    にこ『じゃ、おやすみ』

    穂乃果「あー、待ってよ!」

    にこ『なんなのよ…』

    穂乃果「今からちょっと会おうよ」

    にこ『はあ?今から?』

    穂乃果「だめ?」

    にこ『べつにいいけど』

    穂乃果「やったー♪」




    【【SS】穂乃果「深夜に一服」にこ「ひと休み」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1545156964/

    1: 名無しで叶える物語(WiMAX) 2018/12/19(水) 03:16:04.21 ID:tYcrF0F+

    にこ「むむむっ……」カリカリ

    花陽「にこちゃん、どうしたの?」

    にこ「クリスマスに合わせてユニットの新曲を考えてたんだけど……1曲は簡単にできたのにもう一曲が……!」

    にこ「明日までには海未に見せなきゃいけないのにぃ……」

    花陽「今回はにこちゃんが歌詞を作ってるんだね」

    にこ「まあね……責任重大よ」

    花陽「そうなんだ……にこちゃんならいっぱい元からやりたい曲の歌詞考えてある感じだと思ってた」

    にこ「にこが歌詞を考えるにはやっぱり気合い入れて1番いいやつ作りたいじゃない」

    花陽「どんな曲を作るの?」

    にこ「えっ……?あー……」



    穂乃果「みんな~!!」ガチャ



    2: 名無しで叶える物語(WiMAX) 2018/12/19(水) 03:18:03.28 ID:tYcrF0F+

    穂乃果「あれ?まだ花陽ちゃんとにこちゃんしか来てないんだ」

    花陽「もう少ししたら凛ちゃんたちも来ると思うよ」

    穂乃果「そっか~」

    にこ「げっ……!」ガサッ!

    穂乃果「にこちゃ~ん!何やってるの?」

    にこ「なっ、なにが?」

    穂乃果「ずっと何か紙に書いてたじゃん~」

    にこ「今日の買い物で何買うかメモってただけよ」

    花陽「買い物……?」

    にこ「しーっ!」



    3: 名無しで叶える物語(WiMAX) 2018/12/19(水) 03:20:26.88 ID:tYcrF0F+

    にこ「あんた今日食べたいものとかある?」

    穂乃果「食べたいもの~、あっ!オムライス!オムライスが食べたい!」

    にこ「オムライスね……わかったわ」

    穂乃果「それじゃあみんな来る前に先にちょっとおトイレ行ってくる!」ダダッ

    花陽「……」

    にこ「ほんと騒がしいやつね」

    花陽「にこちゃん、作ってた歌詞って……もしかして穂乃果ちゃんに関係とかしたり……?」

    にこ「なっ!?ばばばばっかじゃないの!?そんなわけないでしょうが!」



    4: 名無しで叶える物語(WiMAX) 2018/12/19(水) 03:22:37.77 ID:tYcrF0F+

    花陽「だってにこちゃん、穂乃果ちゃんのこと好きだからてっきり……」

    にこ「はぁっ!?なんでにこがあんなずぼらでぐうたらで無神経なやつを好きにならなきゃいけないわけ!?」

    花陽「作ってる歌詞、見せてほしいな……」

    にこ「まっ、まだできてないからダメよ……!」

    花陽「大丈夫、私はにこちゃんを応援してるから!」


    凛「おっまたせ~!かよちーん!」ガチャ

    にこ「あー!!にこもちょっとトイレ行ってくるわ!」ダダッ

    花陽「あっ……にこちゃん……」

    凛「にゃ?」




    【深夜の一口ss 『クリスマスにやってくるのは恋の予感』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1515507926/

    1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/01/09(火) 23:25:26.42 ID:oLbk7vLx

    海未「なにやってたんです、ホノカっ!!って…その娘は誰ですか?」

    穂乃果「ネコのニコちゃん!」

    にこ「ネコじゃなくてマジックキャットよっ!はぁ~なぁ~せぇ~~~~!」

    穂乃果「かわいいでしょ!?この前停泊した街で見かけて、気になったから連れてきちゃった!」

    海未「はぁ…」

    絵里「ふふっ、ホノカったら」

    にこ「い~い~か~~らぁ~~~はぁ~~なぁ~~~せぇ~~~!」フッシャー

    穂乃果「ほーらよしよしよしよし!いいこだから落ち着いてね~~~」ナデナデ

    にこ「うぅ~………」



    2: 名無しで叶える物語(笑) 2018/01/09(火) 23:26:41.05 ID:oLbk7vLx

    前作の続き

    穂乃果「おおっ!かわいい子猫ちゃん発見っ!」にこ「………は?」




    3: 名無しで叶える物語(笑) 2018/01/09(火) 23:28:37.52 ID:oLbk7vLx

    海未「それで…」

    穂乃果「ん?」

    海未「"ん?"ではありませんっ!」

    海未「この娘はどうしたんですかっ!?どうして連れて来たんですかっ!?」

    穂乃果「ん?コトリちゃんとリンちゃんと一緒だよ?」

    凛「リン達を呼んだかにゃ?」

    ことり「ちょっと、リンちゃんっ!?」

    にこ「………ほんとにいるのね」

    凛「?…だれにゃ?このちんちくりん?」
     
      
    にこ「どぅあれが、ちんちくりんよっ!?」クワッ
     
      
       
    凛「?」



    4: 名無しで叶える物語(笑) 2018/01/09(火) 23:30:04.12 ID:oLbk7vLx

    ことり「あっ…えっと…その…は、はじめまして!コトリですっ!」ペコリ

    ことり「ほ、ほらっ!リンちゃんもっ!」アセアセッ

    凛「う~ん…気が進まないけど…コトリちゃんがそういうなら…」

    凛「はじめまして、リンです」

    凛「よろしくお願いしますね」ニコッ

    にこ「さすが…姫といった感じの挨拶ね…」

    ことり「それで…あなたの名前は?」

    にこ「え?わたし?」




    【穂乃果「みんな~帰ってきたよ~」にこ「だあ~~いい加減おろしなさいってのっ!!」ジタバタッ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1504104943/

    1: 名無しで叶える物語 2017/08/30(水) 23:55:43.97 ID:UfsEHiuk.net

    穂乃果「かわいいから抱きしめちゃうっ!!」モッギュー

    にこ「なっ!?はぁっ!?」

    穂乃果「ん~!この抱き心地も最高っ!!」スリスリ

    にこ「い…」

    穂乃果「い?」
     
      
    にこ「いきなりなにすんのよぉ~~~~っ!!」フッシャー
      
     
    穂乃果「わわっ!?急に暴れないでよ~」
     
      
       
    にこ「温厚なマジックキャットの私でも、急に抱き着かれたら怒りもするわよっ!!」キッ

    にこ「っていうか、あんた誰なのよっ!?」フシャーーッ
     
      
    穂乃果「あ、ごめんごめん…まだ名乗ってなかったね…」
     
      
       
    穂乃果「私の名前はコーサカ・ホノカ!よろしくね、ネコちゃん!」
     
      
    にこ「ふ~ん…ホノカ…ね…」



    2: 名無しで叶える物語 2017/08/30(水) 23:57:40.93 ID:UfsEHiuk.net

    このSSはダンスタの衣装をもとに考えたファンタジー的な世界観の設定で展開するお話です

    〇ダンスタのもともとの衣装コンセプト
    海賊:ほのうみえり
    姫:ことりんぱな
    魔女:のぞにこまき

    上記の設定から、ストーリー設定上
    以下に変更して話を進めさせてもらいます。
    にこ:魔女→マジックキャット(猫系使い魔)
    真姫:魔女→リトルデビル(悪魔系使い魔)
    花陽:姫→リトルエンジェル(天使系使い魔)

    このような設定のファンタジー系のお話が苦手な方は回れ右を推奨します

    また世界観の都合上、セリフの中では名前をカタカナ表記にしますが、
    セリフ先頭のキャラ名の部分は読みやすさを重視して、従来の漢字・ひらがな表記にしています
    ご了承ください



    4: 名無しで叶える物語 2017/08/30(水) 23:59:55.96 ID:UfsEHiuk.net

    穂乃果「それで~」

    にこ「…ぁによ?」

    穂乃果「私は名乗ったんだよ?ネコちゃんの名前も教えてほしいなぁ~」チラッチラッ

    にこ「はぁ~仕方ないわねぇ…よ~く聞きなさい?」

    穂乃果「うん!」
     
      
    にこ「にっこにっこにー♪ご主人様の護衛から、炊事・洗濯まで何でもそつなくこなす魔界No.1マジックキャットのにこにー」

    にこ「ご主人様の身の回りの事は、ニコの魔法の力でなんでも解決しちゃうわよ♪ラブにこっ!」
      
     
    穂乃果「おぉ~…」パチパチ

    にこ「ふっふ~ん、ニコの偉大さがわかったかしら?」ドヤァ

    穂乃果「よろしくね!ニコちゃんっ!!」

    にこ「そうそう…ニコちゃん…………はぁっ!?」



    6: 名無しで叶える物語 2017/08/31(木) 00:03:13.17 ID:cpkxLv0E.net

    にこ「ちょっ!?ニコの偉大さを伝えたばかりでしょーがっ!!」クワッ

    にこ「それを気安く"ニコちゃん"だなんてっ!」
     
      
    穂乃果「だって、ニコちゃんかわいいもんっ!」

    穂乃果「呼び方だってかわいいほうがいいでしょ?」
     
      
    にこ「なっ!?///」カァッ

    にこ「い、一般人にしてはわかってるじゃない…///」

    にこ「だ、だからって!その呼び方を許可した覚えはないわよっ!」

    穂乃果「わかったよ、ニコちゃんっ!」

    にこ「………」

    にこ「はあ………もういいわ…」

    穂乃果「?」




    【穂乃果「おおっ!かわいい子猫ちゃん発見っ!」にこ「………は?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1543156391/

    1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/11/25(日) 23:33:11.60 ID:J84Yx6mb

    ガラッ

    ほのにこ「「ふぅ………」」

    ほのにこ「「………」」

    ほのにこ「「……」」

    ほのにこ「「…」」

    にこ「海未…絶対怒ってるわよね…」

    穂乃果「うん…炭酸スポーツドリンクなんてもの飲ませちゃったからね…」

    にこ「そうね…たしか…」



    2: 名無しで叶える物語(笑) 2018/11/25(日) 23:35:33.99 ID:J84Yx6mb

    ------
    ------------
    ------------------

    穂乃果「あっ、そうだ!これ飲もう!」ゴソゴソ

    にこ「…何を飲む気よ?」

    穂乃果「ふっふ~ん…それはねぇ…」

    にこ「…それは?」
     
      
    穂乃果「じゃじゃーん!」スッ
     
      
    にこ「へ?スポーツドリンク?」

    にこ「練習後に飲むならともかく…」

    にこ「まだ部室ににことあんたくらいしかいないくらいの時間帯なんだけど?」

    穂乃果「ふっふっふっ…たしかにこのジュース、パッと見だと普通のスポーツドリンクに見えるだろうけどね~」

    にこ「へ?その言い方だと…普通じゃないの?」

    穂乃果「うん!」



    3: 名無しで叶える物語(笑) 2018/11/25(日) 23:39:12.92 ID:J84Yx6mb

    穂乃果「ほら、ここの部分見て!」

    にこ「え~っと…スパークリング?」
     
      
    穂乃果「そうっ!あの有名なスポーツドリンクの炭酸飲料なんだよっ!」ドヤァ
     
      
    にこ「いや…それ味はどうなのよ…」

    穂乃果「いやいや、それがわからないこそ買ってみたんだよ!」フンスッ

    にこ「………あっそ」



    5: 名無しで叶える物語(笑) 2018/11/25(日) 23:43:36.14 ID:J84Yx6mb

    穂乃果「じゃあさっそく飲んでみるねっ!」

    にこ「いや、その報告いらないけど…」

    穂乃果「…」ゴクゴク

    にこ「…」

    穂乃果「う~ん………」

    にこ「どうだったの?」

    穂乃果「…飲めないことはないけど、別にスポーツドリンクと炭酸を一緒にしなくてもいいって感じかなぁ…」

    にこ「…それ…商品的に失敗なんじゃないの?」

    穂乃果「…だよね」




    【穂乃果「にこちゃんっ!あの教室に逃げ込もうっ!」にこ「わかったわっ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1542812658/

    1: 名無しで叶える物語(WiMAX) 2018/11/22(木) 00:04:18.44 ID:+NWJ0cfU

    穂乃果「なんで!?まだ何も言ってないじゃん!」

    にこ「なんとなく嫌」

    穂乃果「デートしよデート!!」

    にこ「……」

    穂乃果「ねぇ~いいでしょデートしよ?」

    にこ「……どこ行くの?」

    穂乃果「どうしようかなぁ、買い物もいいし~映画とかも~」

    にこ「……ああ、ちょうど行きたいとこがあったのよね」

    穂乃果「ほんと!?じゃあそこにけってーい!!」

    にこ「はいはい……」



    2: 名無しで叶える物語(WiMAX) 2018/11/22(木) 00:05:32.46 ID:+NWJ0cfU

    ピロン

    にこ:明日穂乃果のやつとデートすることになったんだけど

    にこ:どうすればいいと思う?

    希:おっ、にこっちひゅーひゅー!

    にこ:やっぱやめた

    希:冗談や冗談~

    希:それにしてもそういうことこそにこっち、うちより得意そうなもんやけど

    にこ:なんでよ

    希:いかにも詳しそうな雰囲気っていうか



    3: 名無しで叶える物語(WiMAX) 2018/11/22(木) 00:06:45.13 ID:+NWJ0cfU

    にこ:ぜんぜん知らないわよ

    にこ:こういうときどこ行けばいいと思う?

    希:無難に服とか見に行ったりご飯を食べたりすればええんやない?

    にこ:やっぱりそういう感じね、わかったわ

    希:でもなんでうちに聞いたん?

    にこ:まあ、穂乃果とそういう関係って知ってるのあんただけだから

    希:あーうん

    希:とりあえず頑張ってな!にこっち!

    希:穂乃果ちゃんの前でもこれくらい素直になれればなぁ

    にこ:うるさいわね

    にこ:とりあえずありがと



    4: 名無しで叶える物語(WiMAX) 2018/11/22(木) 00:08:56.11 ID:+NWJ0cfU

    にこ「少しでかけてくるわ」

    穂乃果「えっどこに!?穂乃果もいく!」

    にこ「すぐ帰ってくるからいいわ、ちょっと醤油が切れそうだから買ってくるだけ」

    穂乃果「準備してくるから待ってて!」

    にこ「……あー」

    にこ「家の鍵どこやったかしら」

    穂乃果「にこちゃん、無くしちゃったの?」

    にこ「そうかも」




    【深夜の一口ss 穂乃果「ね~にこちゃん~」にこ「嫌」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533736749/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 22:59:09.69 ID:vM86eC+/0

    海未×花陽
    海未「μ'sがお送りするラジオ」花陽「スクールアイドル放送局」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 23:02:26.17 ID:vM86eC+/0

    プッ プッ プッ ポーン

    穂乃果「はいは~い。皆さんこんばんは~。ラジオの時間だよ」

    にこ「にっこにっこに~。あなたのハートににこにこに~。ラブリーアイドル矢澤にこで~す。そして」

    穂乃果「私の正体は誰でしょう?答えは番組の後半で」

    にこ「なんでよ」

    穂乃果「取り敢えずコマーシャル」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 23:09:47.52 ID:vM86eC+/0

    穂乃果「さあ。改めましてこんばんは」

    にこ「番組の始まってすぐにCMにいくものなの?ラジオって?」

    穂乃果「さあ?」

    にこ「あんたって適当ね…」

    穂乃果「知ってる?適当って別に悪い意味じゃないんだよ?」

    にこ「は?どういう事?」

    穂乃果「適当ってのはね、適切に当てはめるって書くんだよ。決してデタラメって事じゃないの」

    にこ「へ~穂乃果にしては賢い事言うじゃない」

    穂乃果「でしょう?」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 23:17:40.61 ID:vM86eC+/0

    穂乃果「へへ~ん。でしょ?」

    にこ「何?あんたって国語とか得意な訳?てっきり苦手なのかと思ってたけど」

    穂乃果「あ~それは違うんだよ」

    にこ「違う?」

    穂乃果「前に海未ちゃんに…穂乃果は何でも適当過ぎますって凄く怒られたからさ。どうにか反論しようと思って適当って言葉を調べてみたら書いてあったんだよ」

    にこ「へ~。それで適当って言葉を調べようって考えに行き着くんだ。どう言う事よ。で?海未の反応は?」

    穂乃果「火に油…いや、火にガソリンだね。屁理屈を言うなって怒られちゃった」

    にこ「やっぱり馬鹿ね」

    穂乃果「本当、あの時の海未ちゃんは激おこだったよ。うん」

    にこ「そんなに?」

    穂乃果「うん。結構柔らかい表現をしたけど…あの時の事は思い出したくない」

    にこ「そんなにだったの…」




    【穂乃果「μ'sのラジオだよ」にこ「スクールアイドル放送局で~す」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1456838865/

    1 :名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 22:27:45.43 ID:D5DbJ1tS.net

    穂乃果「にこちゃんの雨」の続編になります。




    2 :名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 22:28:33.79 ID:D5DbJ1tS.net

    穂乃果「にーこちゃーん!!」




    にこ「……おはよう」

    穂乃果「おはよう!今日もいい天気だねーっ!!」

    にこ「どこがよ。最悪な天気よ。今にも崩れそうよ」

    穂乃果「うぅ……怒涛のツッコミ……」

    にこ「それ」ユビサシ

    穂乃果「それ?」

    穂乃果「……これ?」ヒョイ

    にこ「随分いい色の傘ね」

    穂乃果「うん!ピンク色!可愛いよね♪ほのかのお気に入りなんだー!」

    にこ「まぁ、色はこの際おいておくわ」

    穂乃果「置いとかれちゃった……」シュン

    にこ「そんなことでしょげないでよっ!」

    穂乃果「せっかくにこちゃん色なのに……」

    にこ「なっ……!///」

    穂乃果「……」クルクル

    にこ「だ、だからそういうことを平気で言うなっ!このあほのか!///」

    穂乃果「むー……」



    3 :名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 22:29:30.00 ID:D5DbJ1tS.net

    にこ「と、とにかく!私が言いたいことはそんなことじゃなくて!」

    にこ「なんで傘持ってるのに、いい天気なんてのたまっているのかってことを言いたいのよ!」

    穂乃果「?」キョトン

    にこ「不思議そうな顔をするな!」

    穂乃果「いやー、だって、せっかくにこちゃん色の空なんだもん。いい天気だなって思っちゃうよー」

    にこ「な、なによにこちゃん色って……」

    穂乃果「雨の日はにこちゃんのこと考えちゃうから、にこちゃん色!」

    にこ「~~!!///」ボン

    穂乃果「あ、にこちゃん真っ赤」

    にこ「バ、バカじゃないの!?天然もここまでくると救えないわね!!」

    穂乃果「えー……そうかなぁ?」

    にこ「だから!雨は嫌な思い出があるって言ったでしょ!」

    穂乃果「だから、それは穂乃果が」

    にこ「そう簡単にアンタの記憶で上書きできるかっ!このあほのか!!」タタタ…!

    穂乃果「あー!待ってよーにこちゃーん!!」タタタ…!



    ゴロゴロ……




    【にこ「ほのかな匂い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1497784500/

    3: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 20:17:55.30 ID:46MxsH6a.net

    穂乃果「……」カチカチ


    穂乃果「……」カチカチ

    雪穂「……」


    穂乃果「……」カチカチ

    穂乃果「あ……」ポロ


    穂乃果「……」


    穂乃果「……」カチカチ

    雪穂「あーもー!うるっさーい!!」



    4: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 20:18:45.95 ID:46MxsH6a.net

    穂乃果「えー……?」カチカチ

    雪穂「シャーペンの芯カチカチカチカチしないで!!」

    穂乃果「だってー……」カチカチ

    雪穂「うるさいの!気が散るのっ!!」

    穂乃果「そうー……?」カチカチ

    雪穂「そう!!」

    穂乃果「ごめんー……」カチカチ

    雪穂「……やめる気ないでしょ」

    穂乃果「そんなことないよー……」カチカチ

    雪穂「はぁ……」



    5: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 20:19:37.00 ID:46MxsH6a.net

    穂乃果「……」コロン

    雪穂「ん……」

    穂乃果「……」ハァー

    雪穂「……」


    穂乃果「……」ゴソゴソ

    雪穂「……?」


    穂乃果「……」カチャ


    穂乃果「……」カチカチ

    雪穂「ボールペンでもおんなじ!うるさい!!」



    6: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 20:20:48.18 ID:46MxsH6a.net

    穂乃果「えー……」カチカチ

    雪穂「……もう、勉強するんじゃなかったの?」

    穂乃果「そうなんだけど」カチカチ

    雪穂「私にはだらけてるようにしか見えない」

    穂乃果「うーん……」カチカチ

    雪穂「……」ワナワナ

    穂乃果「……ゆきほー、お茶ー」カチカチ

    雪穂「誰が汲むかー!うるさいって言ってんの!勉強に集中できない!!」




    【穂乃果「雨の降る世界と」にこ「太陽の下で」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1454733488/

    1: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/02/06(土) 13:38:08.28 ID:6W0/zMWB.net

    にこ「……」カタカタ





    ……サァー……



    にこ「……雨、ね」


    にこ「……」カタカタ


    にこ「……」カタ…



    にこ「……はぁ」





    穂乃果「にこちゃーん!!」バターン!! 👀
    Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)



    2: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/02/06(土) 13:39:16.87 ID:6W0/zMWB.net

    にこ「うるさいっ!!思いっきり扉を開けて入ってくるんじゃないわよ!」

    穂乃果「あははー……ごめんごめん」

    にこ「……ったく。次から気をつけなさい」

    穂乃果「はーい」


    にこ「……で、何?なんか用?今日は練習、雨で休みのはずでしょ?」


    穂乃果「うん、そうなんだけどね。ほら、癖?っていうのかな?授業が終わったら自然と足

    が部室に向かっちゃうんだー」

    にこ「あっ、そ……」

    穂乃果「むぅ……にこちゃんがつめたいー!」

    にこ「どこがよ。とーぜんの反応よ」

    穂乃果「まぁ……そうなんだけどさ……」ブツブツ

    にこ「……用がないんだったら帰ればいいんじゃないの?」

    穂乃果「……うーん、せっかく部室まで来ちゃったし?おじゃましまーす!」

    にこ「はぁ……?何なのよ一体……」



    3: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/02/06(土) 13:40:32.02 ID:6W0/zMWB.net

    穂乃果「にーこちゃーん!!」ギュー


    にこ「ちょ!?いきなり抱きつくんじゃないわよ!」

    穂乃果「いやー、冬だし、雨降ってるし、今日も寒いからー!」

    にこ「理由になってないわよ!このあほのか!」

    穂乃果「だってにこちゃんあったかいんだもんー!ずーっと抱いていたいくらいだよー」スリス



    にこ「っ……///」

    穂乃果「あれ?にこちゃんの動きが止まった……?」

    にこ「ああもう!!はーなーれーなーさーいーよぉー!!!」グググ

    穂乃果「わぁ!!」ドサッ


    穂乃果「あたた……もー、にこちゃんひどいよー!」サスサス

    にこ「どこがよ!急に羽交い締めにするアンタが悪い!」

    穂乃果「むぅ……」

    にこ「ったく……!」




    【穂乃果「にこちゃんの雨」】の続きを読む

    このページのトップヘ