大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!SS > えりまき

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1492607884/

    1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 22:18:04.63 ID:SluTgbID.net

    絵里「真姫って素直じゃないから、正直、ちょっぴり手が焼けるのよね」

    絵里「そこがかわいいところでもあるんだけど♪」

    絵里「でも、私としては、もう少し素直になって良いんじゃないかって思うし、ちょっと協力してあげましょう」



    2: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 22:18:42.26 ID:SluTgbID.net

    絵里「おはよう、真姫」

    真姫「おはよう」

    絵里「あら、もう着替えてたの?練習までまだ時間があるのに」

    真姫「え…ええ、まあ…」

    絵里「ふふっ、真姫は張り切ってるのね」

    真姫「べ…別にそんな事無いし!!」



    3: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 22:19:27.09 ID:SluTgbID.net

    絵里「あら?じゃあ、真姫はやる気がないって事なの?」

    絵里「困ったわね…それなら、今日の練習はどうしようかしら…」

    真姫「や…やる気がないなんて言ってないでしょ!!」

    絵里「じゃあ、どういうことなのかしら?」

    真姫「わ…私は…その…」

    真姫「この前の練習、失敗ばかりだったから…今日は…その…」ボソボソ



    4: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 22:19:59.67 ID:SluTgbID.net

    絵里「ふふっ、いいじゃない。気合十分ね」

    真姫「だ…だから!私は!」

    絵里「前回失敗したから、今日は頑張るんでしょ?それってとてもいい事だと思うわよ」

    真姫「べ…別に…」

    絵里「恥ずかしがることなんてないわ。私は毎回張り切って気合を入れて練習してるもの」




    【絵里「真姫は素直じゃないの」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1491231451/

    1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/04/03(月) 23:57:31.73 ID:PVFyEa3a.net

    真姫「いや…その…」

    絵里「?」

    真姫「お、おい?い、言っとくけど…ワイは…あの……か、かなりのワルや…で、でぇ?」

    絵里「は、はぁ?」

    真姫「いや…だから…」

    絵里「分かったからさっさと変なサングラスと革ジャンと指ぬきグローブを取りなさい」



    2: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/04/03(月) 23:59:01.76 ID:PVFyEa3a.net

    真姫「いっ、嫌や…しぃ~…」

    絵里(えぇ!?)

    絵里「ど、どうしたのよ本当に…」

    真姫「わ、ワルって言ったらワルなの!あ…いや…その…」



    4: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/04/04(火) 00:01:22.85 ID:UMJeH+FV.net

    絵里「ワル?」

    真姫「そうよ!……だぜ」

    絵里「た、例えば?」

    真姫「カップラーメンは3分で完成って書いてるけど、ワイは5分間放置しま~す」チラチラ

    絵里「…」



    6: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/04/04(火) 00:04:11.70 ID:UMJeH+FV.net

    真姫「玄関で靴を脱ぐ時は揃えませ~ん」チラチラ

    絵里「…は?」

    絵里(てか、なんでこっちをチラチラと見るのよっ!)

    真姫「さ、最近ワルで~す」

    絵里「…そのわりには昨日はBiBiで勉強会したじゃない」

    真姫「ぬぐっ…!?あ…いや……」

    絵里「…」

    真姫「…」

    真姫「……さらばっ」シュタッ

    絵里「逃げた!?」




    【真姫「絵里!」絵里「どうしたの?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1490617785/

    1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:29:45.58 ID:UxbUzHaW.net

    ※先輩禁止の後ぐらい



    絵里「おはよう、真姫」

    真姫「おはよう」

    真姫(はぁ…またこの人と二人っきり…)

    真姫(正直、キライではないんだけど、苦手なのよ…)



    2: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:30:39.64 ID:UxbUzHaW.net

    真姫(で…でも…色々気にかけてくれてるのも分かるし)

    真姫(たまには、私から話しかけてみようかしら)

    真姫(…)

    真姫(そもそも、二人っきりの時って何を話せばいいのよ…)

    真姫(どちらかといえば、みんな話しかけてくる方だから自分から話を振るなんて無かったし)



    3: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:31:29.55 ID:UxbUzHaW.net

    絵里「どうしたの、真姫?」

    真姫「えっ?」

    絵里「何か落ち着かない様子だったけど」

    真姫「な…何でもないわ」

    絵里「そう、分かったわ」



    4: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:32:21.96 ID:UxbUzHaW.net

    真姫(なんかこういう鋭い所もニガテなのよ)

    真姫(私の事見透かされてるみたいで…)

    真姫(で…でも、それだけ私の事を気にかけてくれてるって事よね)

    真姫(こうなったらヤケよ!)



    5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:32:52.93 ID:LN2lrWrj.net

    嫌いから始まる関係好き




    【真姫「私はエリーの事が苦手」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489435705/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 05:08:25.82 ID:etxKoCzO0

    話し方はアニメ準拠
    時系列は秋くらい

    初ssなので読みにくかったり、話し方や変なところが多々あると思いますが、気にしないで頂けると幸いです

    アドバイス等があったら言って欲しいです

    百合注意





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 05:10:05.00 ID:etxKoCzO0

    言い忘れてましたが結構短めです。



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 05:10:42.01 ID:etxKoCzO0


    -音楽室-

    ガラッ
    絵里「真姫~ 作曲の方は進んでるかしら?」

    真姫「」スヤァ

    絵里「あら、作曲に疲れて寝ちゃったみたいね」

    絵里(起こすのも気が引けるしそっとしておくのが一番ね)

    絵里(作曲の方はどこまで進んだか楽譜を見せてもらうわね)パラッ

    絵里(さすが真姫、こんな短時間でこんなにびっしりと音符が並んでるわ…)

    ギュッ



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 05:11:24.22 ID:etxKoCzO0


    絵里(いきなり真姫に手を握られてしまった…)

    絵里(普段強がってるから甘えたくなっちゃったのかしら)フフッ

    絵里(いつもまじまじと真姫の顔を見ることなんてなかったけどすごく整ってるわね…)

    絵里(かわいいから私からも握り返してあげる)ギュッ

    真姫「んぅ…」

    絵里(あっ、嫌だったかしら…?)

    真姫「あったかい…」

    絵里(か、かわいい!!!)



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 05:12:37.86 ID:etxKoCzO0

    絵里(いつも強気な真姫にとろけた寝顔であったかいなんて言われたら確実にほとんどの人は落ちちゃうわね…)

    絵里(少し手を離してっと…)スッ

    真姫「あっ…」


    ギュ-

    絵里(こんなにかわいい子だもの、抱きしめたくなるのも仕方ないわよね?)

    真姫「えへへ…」ニコニコ

    絵里(ちょっと何この子、破壊力すごすぎない?)

    絵里(そんな顔されると好きなってしまうわ///)

    絵里(まぁ、もう好きなんだけどね…?)

    絵里(いつからなんてわからない、気付いたときにはなぜか真姫を目で追っていた)

    絵里(こんなの初めてだったから、希に相談したら笑われたわ…!)




    【絵里「真姫が寝てるわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1473770281/

    1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/13(火) 21:38:01.57 ID:qWThxaXr.net

    真姫「…」

    絵里「ん?どうしたの真姫?」

    真姫「別に」

    絵里「またそんな事言って…本当は私の事が気になってしょうがなかったんでしょ?」

    真姫「そんな事ないし…」

    絵里「またまた、真姫ちゃんったら♪」ツンツン

    真姫「ちょ…触らないでよ!」

    絵里「うふふ、真姫の事はからかいたくなっちゃうの♪」

    真姫「意味わかんない…」



    2: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/13(火) 21:41:06.22 ID:qWThxaXr.net

    真姫「はぁ…絵里といると疲れるわ」

    絵里「私は楽しいわよ?そんなに嫌なら生徒会室にでも行くけど…」

    真姫「そこまでは言ってないでしょ」

    絵里「じゃあ、真姫の隣にいるわね」

    真姫「他にも空いてる席はあるんだからそっち行きなさいよ」

    絵里「う~ん、ここがいいかな」

    真姫「そ、じゃあ私が移動するから」



    3: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/13(火) 21:41:46.10 ID:qWThxaXr.net

    真姫「…」

    絵里「~♪」ニコニコ

    真姫「なんで一緒に移動してきたのよ…」

    絵里「だってこの席に座りたいんだもの」

    真姫「はぁ…勝手にすれば…」

    絵里「ええ、そうさせてもらうわ」



    4: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/13(火) 21:42:41.69 ID:qWThxaXr.net

    真姫「というか、絵里は何してるのよ」

    絵里「そんなに気になる?」

    真姫「…別に」

    絵里「かわいい真姫の事を見てたの♪」

    真姫「な…何言ってるのよ!???」

    絵里「まあ、冗談なんだけど」

    真姫「当たり前でしょ!?」



    5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/13(火) 21:44:08.85 ID:LsjzkuA9.net

    えりまきとはまた珍しい




    【真姫「私の先輩は金髪美人」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1480407736/

    1: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 17:22:16.68 ID:HUElzfoV.net

    真姫「月に8回も沼津の…しかも同じ旅館に泊まるなんて、はっきりいって変よ」

    絵里「別に真姫の心配してるようなことはしてないわ」

    真姫「とにかくちゃんと説明して!」

    絵里「ごめんね…でも、大丈夫だから」ギュッ

    真姫「…」



    2: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 17:24:39.58 ID:HUElzfoV.net

    真姫(絵里にははぐらかされたけど…)

    真姫(こんなに可愛い真姫ちゃんが一緒にいるのに…浮気とか…)

    真姫「あー!!イライラするわ!!」

    花陽「?!」ビクッ

    花陽「真姫…ちゃん?」オロオロ

    真姫「あ…ごめんなさい…つい…」



    4: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 17:26:33.85 ID:HUElzfoV.net

    花陽「悩み事があるなら相談してね?」

    真姫「ありがとう。大丈夫よ…」

    花陽「…」

    花陽「もしかして、絵里ちゃんのこと?」

    真姫「!」

    花陽「やっぱり…上手くいってないんだね」

    真姫「…うん」



    6: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 17:30:13.51 ID:HUElzfoV.net

    花陽「見て見て!富士山だよ!」

    真姫「富士山なんて別に珍しくないでしょ」

    花陽「2人で旅行なんて初めてだね」

    真姫「えぇ…絵里も急な出張らしいし…」

    花陽「来てると思う?」

    真姫「絶対にこっちに来てるわ。あんなにオシャレして仕事に行くなんて不自然よ」

    真姫「証拠を抑えて、ギャフンと言わせてやる!」

    花陽「…」



    9: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 17:32:20.62 ID:A1dUxCps.net

    μ'sがまだ学生ならAqoursは中学生くらいか…?エリーチカのロリコン!




    【真姫「絵里、この領収書はなに?」絵里「…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1470324823/

    1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/05(金) 00:33:43.12 ID:+vXWjWRB.net

    真姫「絵里に聞きたいことがあったんだけど」

    真姫「部室にも屋上にもいないじゃない」

    真姫「って事は生徒会室かしら?行ってみましょう」

    コンコン

    真姫「失礼します…あら?」



    2: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/05(金) 00:34:28.63 ID:+vXWjWRB.net

    絵里「…」スヤスヤ

    真姫「絵里?…寝てるみたいね」

    真姫「周りには書類が山積みになってるし、疲れて寝ちゃったのかしら?」

    真姫「希は最近風邪で休んでるし…きっと無理して一人で仕事してたのね」

    真姫「全く…少しぐらいなら手伝ってあげるのに…馬鹿なんだから」

    真姫「でも…今は寝かせてあげましょうか」



    3: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/05(金) 00:35:17.50 ID:+vXWjWRB.net

    真姫「生徒会長の仕事にμ’sの練習…疲れないはずないもの」

    真姫「それにしても…」

    真姫「絵里の寝顔ってなんというか、普段の凛々しい顔と違って可愛らしいわね」フフッ

    真姫「こんな無防備な顔を学校で見られるなんて…昔の絵里からしたら考えられないもの」



    4: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/08/05(金) 00:36:17.83 ID:+vXWjWRB.net

    真姫「絵里が加入する前は、クールというか話の通じないお堅い役人って感じだったし」

    真姫「正直あんまり好きじゃなかったわね…」

    真姫「結構、反抗的な態度もとっちゃったし…怒ってないかしらね?」

    真姫「ふふっ…それにしてもよく寝てるわね」

    真姫「仕方ないし、少しぐらい手伝ってあげましょうか」

    真姫「これは生徒会長の承認印を押せばいいのね」

    真姫「まあこれぐらいならやってあげても…」




    【真姫「絵里ったらどこ行ったのかしら」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1468245881/

    1: 名無しで叶える物語(草)@\(^o^)/ 2016/07/11(月) 23:04:41.67 ID:hWhyYydW.net

    絵里「えぇ、おばあさまがロシア人なの」

    真姫「ふぅん、それは知ってたけど」

    絵里「じゃあ、なんで聞いたのよ……」

    真姫「絵里って、ロシア寄りの顔をしてるって思ったのよ」

    絵里「そう? 自分じゃ分からないわ」

    真姫「まぁ、そうかもね」

    絵里「うん、でも日本人の血は1/4だしね。ロシア寄りの顔になるわよ」

    真姫「……えっ?」

    絵里「えっ?」



    4: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/07/11(月) 23:08:11.67 ID:dbYS8uUV.net

    まあロシアの血の方が日本より濃くないと金髪にはならないからね



    5: 名無しで叶える物語(草)@\(^o^)/ 2016/07/11(月) 23:11:32.72 ID:hWhyYydW.net

    真姫「えっ? じゃないわよ。何? 絵里って3/4がロシアなの!?」

    絵里「そうだけど」

    真姫「そうなの!? 3の方だったの!?」

    絵里「3の方よ」

    真姫「分かりづらいわよ! おばあさまがロシア人って言ってたじゃない!」

    絵里「えぇ。正確に言うと、おばあさまもロシアね」

    真姫「何引っ掛けてるのよ!」



    8: 名無しで叶える物語(草)@\(^o^)/ 2016/07/11(月) 23:15:41.08 ID:hWhyYydW.net

    絵里「お、落ち着いて真姫」

    真姫「ふぅ……そうね。ちょっと驚いちゃったわ」

    絵里「誤解を招くようなこと言って、ごめんなさいね」

    真姫「良いのよ。私が勝手に誤解しただけだから」

    絵里「そうね」

    真姫「そうねって……絵里の言い方が悪いんだからね?」




    【真姫「絵里ってクォーターなのよね?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1445781494/

    1 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ (ワッチョイ fbb7-c+Vo) 2015/10/25(日) 22:58:14.40 ID:42GY5Yg90.net

    「今から会えない?」

    時刻は10時過ぎ。もうご飯も食べてお風呂も入った。

    ちょっとだけ明日の予習をしてもう寝ようかな、でも今日はもう少し起きていたいな、なんて思っていた私に短いメッセージが届いた。

    つい何時間か前に誕生日パーティーをやってくれたっていうのに今から?

    一体なんの用だろう。

    もしかしてプレゼントでも渡し忘れた?

    まさかまさか、二人っきりで愛の告白?

    ……なんてね。

    とりあえずは了承の旨とどこにいけばいいかという質問を返すと、迎えに行くとの返事がすぐさま帰って来た。

    うーん、王子様を出迎えるのにパジャマはまずいわね。



    2 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ (ワッチョイ fbb7-c+Vo) 2015/10/25(日) 22:59:08.04 ID:42GY5Yg90.net



    「こんばんは、エリー」

    「ええ、こんばんは」

    返信が帰ってきてから十分くらいで王子様はやってきた。

    家からならもう少しかかると思っていたけれど随分早い到着ね。

    そんなことを思いながらドアを開けると、μ'sのお抱え作曲家は遅くにごめんなさい、と軽く頭を下げた。

    「どうしたの急に?」

    「その……もしかしたら時間がかかるかもしれないけど、それでもいいって言うなら付いてきてくれないかしら」

    「それってどれくらい?」

    「早ければ1時間くらい。長ければ……朝までね」

    もちろん朝まで付き合ってとは言わないし、最悪泊まっていってもいいと真姫は付け加えた。



    3 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ (ワッチョイ fbb7-c+Vo) 2015/10/25(日) 23:00:09.42 ID:42GY5Yg90.net

    時間にして一時間から九時間ってだいぶ幅があるわね。何する気なのかしら。

    「んー、どうしようかなー?」

    片手を頬に当てスーパーで今日の献立に悩む主婦みたいなフリをしてみると、真姫が不安そうな顔でこちらを伺ってくる。

    目的がなんなのか今の私には皆目見当もつかないが、このまま帰してしまうのは胸が痛い。

    まあ断るつもりなんて最初からないんだけどね。

    「いいわ。ちょうど今、誰かと話したい気分だったのよ」

    真姫の表情がぱっと明るくなった。

    「今日は友達の所に泊まるって言ってくるわね」

    私が一度リビングに戻ろうとすると、後ろから呼び止める声がする。

    「本当に大丈夫……?迷惑じゃない?」

    今更引き下がるような私じゃないわ。

    気にしないでと微笑みかけると照れくさそうなありがとうという返事が帰ってきた。

    「あ、それと……」

    「まだ何か心配?」

    「今夜は冷えるわよ」

    「じゃあ、コートも出してくるから。ちょっと待ってて」



    4 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ (ワッチョイ fbb7-c+Vo) 2015/10/25(日) 23:01:10.66 ID:42GY5Yg90.net



    「随分寒くなってきたわね?」

    肌寒い風が私の頬を撫で、髪を揺らす。

    まだ当分出番は無いかと思っていたけれど、学校帰りに手袋が必要になるのも近そうだ。

    少し行儀が悪いけれどコートのポッケに両手を突っ込みながら、私を先導する真姫の後ろ姿を眺めてそんなことを考える。

    「もう10月だもの。制服だって今は冬服じゃない」

    「そうは言っても、ついこの間まで夏休みだった気がするのよ」

    「私としては色々なことがあり過ぎて夏なんて遠い昔の話に思えるわ」

    確かに真姫の言うとおり、夏休みが終わってから色々なことがあった。

    第2回ラブライブの開催が決まり、すぐに2回目の合宿。

    それにまさかUTXの屋上でライブができるなんてね。

    でも私にとって、あの日μ'sに入ってからの毎日は全部あっという間の出来事なの。

    μ'sの物語はこれから先、どこまで続くのでしょうね。



    【絵里「オリオンの矢」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1454832775/

    1 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 17:12:55.37 ID:cZkLMRJy.net

    真姫「はぁ……今日の練習、ハードだったわね」

    絵里「そうね。ちゃんとタオルで汗を拭かないと」

    真姫「うん、ありがとう」

    絵里「ふふっ。されるがままの真姫って可愛いわね」

    真姫「もう、何言ってるのよ。自分でできるんだから」

    絵里「はいはい。じっとしててね……」

    真姫「きゃあっ/// いきなり服を捲らないでよ! 体は自分で拭くから///」

    絵里「真姫って反応が面白いわ」

    真姫「からかわないでっ!」

    りんぱな「……」ニヤニヤ



    3 :名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 17:16:55.25 ID:756pZvJb.net

    エリー近



    4 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 17:20:51.20 ID:cZkLMRJy.net

    絵里「じゃあ、そろそろ帰るわ。三人とも、お疲れ様」

    まきりんぱな「お疲れ様~」

    真姫「もう……絵里の過剰なスキンシップは何なのよ」

    凛「真姫ちゃんはリアクション芸人さんみたいで面白いから、気持ちは分かるなぁ」

    真姫「だっれっが! リアクション芸人よ~」

    凛「にゃあ~、ほっぺが伸びる~」

    花陽「あはは……でも、真姫ちゃんを可愛がりたい気持ちは分かるかも」

    真姫「花陽は同い年でしょ……ったく、もぉ~」



    5 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 17:27:27.63 ID:cZkLMRJy.net

    凛「そろそろ帰ろっか」

    花陽「真姫ちゃん、帰ろ?」

    真姫「うん、ちょっと待ってて……あれ?」

    花陽「どうかしたの?」

    真姫「私のマフラーが無いのよね……たしか、ここに置いたはずなんだけど」

    凛「今日着けてこなかったとかいうボケ?」

    真姫「絶対着けてきたわよ。部室に置いたのも覚えてるし……おかしいわね」

    花陽「うぅん……どこに行っちゃったのかなぁ」

    凛「今日寒いから困っちゃうよね」

    真姫「そうね……あっ、着信? 誰かしら……絵里からみたい」



    6 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 17:35:30.04 ID:cZkLMRJy.net

    絵里「もしもし? 真姫?」

    真姫「うん。どうかした?」

    絵里「ごめんなさい。自分のマフラーと間違えて、真姫のを持って帰っちゃったみたいなの!」

    真姫「あぁ……絵里だったのね」

    絵里「ほんとごめんなさいね。慌てて帰ったから気付かなくて」

    真姫「そう、別に良いわよ。じゃあ、明日返してね?」

    絵里「うん、ありがとう。あっ、私のマフラーそこにある?」

    真姫「う~ん……あっ、あるわ。じゃあこれは部室に置いとく?」

    絵里「私のマフラー使っていいわよ? 今日寒いし」

    真姫「絵里のマフラー……って、えぇっ!?」




    【真姫「絵里が近い」】の続きを読む

    このページのトップヘ