大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!SS > のぞにこ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1488029006/

    1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2017/02/25(土) 22:23:26.99 ID:d5bi8bjR.net

    ― 放課後 教室 ―


    にこ「う゛ー・・・」カリカリ

    にこ「まさか数学で赤点とって補習になるなんてぇ~・・・」

    ガララッ

    希「に~こ~っちーーーー!!」シュタタタタ

    にこ「ひぃっ!! 希!?」

    ガッシィ

    にこ「うぎゃぁー! 離して!!」ジタバタ

    希「だーめ♪ 赤点で補習なんてオシオキが必要やん?」

    希「それっ、ワシワシMAXやー!!」ワシワシ

    にこ「いやああああぁぁぁぁぁぁ!!」


    【にこちゃん調教中・・・】



    6: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2017/02/25(土) 22:36:54.05 ID:d5bi8bjR.net

    にこ「」チーン

    希「はー、堪能したわぁー」ツヤツヤ

    にこ「はぁ・・はぁ・・・」ムク

    にこ「人が真面目勉強してたのに何てことすんのよ!」

    希「真面目に勉強してなかったから補習するハメになっとるんやろ?」

    にこ「うぐぐ・・・!!」

    希「だから、これはちゃんと勉強しなかったにこっちへのスキンシップもかねたオシオキやん?」

    にこ「何がスキンシップよ!! あんたワシワシ抜きにしても最近私にべったりしすぎなのよ!」

    希「えー? 同じ部活のメンバーなんだから親睦を深めるのは当然やん?」ニヤニヤ

    希「それに、にこっちが日ごろからしっかり勉強してれば、ウチもこんなことする必要ないんよ?」

    にこ「・・・!」



    10: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2017/02/25(土) 22:47:22.56 ID:d5bi8bjR.net

    にこ「・・・だったら、次の数学のテストで私がアンタより高い点数取ったら今後ワシワシ・・・いや、スキンシップ禁止ってどう?」

    希「は・・・? にこっちが、ウチより・・・?」キョトン

    希「あはは、これでもウチは元生徒会副会長なんよ? 少なくとも赤点取ってるにこっちに負ける気はしないわぁ」

    にこ「じゃあ、決まりね!」

    希「ちょーっと待った! これじゃあウチになんの旨みも無いから、受ける気にならんなぁ」

    にこ「・・・じゃあどうすればいいのよ」

    希「そうやね・・・。 じゃあ、にこっちが負けたらウチのお願いを1つ聞いてもらおうかな」

    にこ「う゛・・・お願いって何よ・・・」

    希「それは・・・そのときのお楽しみやん?」ペロリ

    希(にこっちをウチだけのにこっちにできる最高のチャンス到来やん♪)

    にこ「な、なんかすごい寒気がするんだけど・・・」ゾク



    11: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/02/25(土) 22:49:20.43 ID:c73qaiUf.net

    自らフラグ立てるなんてさすがにこね




    【希「そんな・・・にこっちへのスキンシップ禁止やなんて・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1488290525/

    1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2017/02/28(火) 23:02:05.14 ID:dftmpZ5C.net

    にこ「……」ズズズ

    にこ(来週末はあの地下アイドルのライブ、来月は…A-RISEのUTXライブ)

    にこ「……」モグモグ

    にこ(小さいライブハウスのギラギラした照明、踊り跳ねる私)

    にこ「……」ズズズ

    にこ(数学の課題が明日まで)

    にこ(ひらひらフワフワかカッコイイか)

    にこ「…はあ」

    希「ため息ついたら、幸せ逃げてまうよ?」

    にこ「…うっさいわね」



    4: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2017/02/28(火) 23:05:48.48 ID:dftmpZ5C.net

    にこ「課題やった?」

    希「数学の?」

    にこ「そう、明日までの」

    希「まだなん?」

    にこ「まだ」

    希「間に合うん?」

    にこ「さーあ…」

    希「見せへんよ」

    にこ「頼んでないわよ」

    希「嘘やって」

    にこ「いいって」

    希「えー?」



    5: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2017/02/28(火) 23:11:01.87 ID:dftmpZ5C.net

    希「ポテトもらっていい?」

    にこ「ダメ」

    希「一本!」

    にこ「ナゲットいっこと交換」

    希「貿易摩擦やん」

    にこ「なあーにそれ難しい言葉使わないで」

    希「ちゃんと課題やらな」

    にこ「やるけど」

    希「来年受験やし」

    にこ「勘弁してよ」

    希「進級やめとく?」

    にこ「無理サファリパーク」

    希「……」ズズズ

    にこ「……」モグモグ




    【にこ「革命前夜」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1485276614/

    1 :名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 01:50:14.71 ID:r2opa2+I.net
     

    - 夏休み にこハウス -


    ピンポーン


    にこ「はーい!」

    希「はろーにこっち♪」

    にこ「やーっと来たわね! とりあえず上がりなさいよ」ムギュッ

    希「っとと・・・。どうしたんにこっち~、今日は積極的やん」

    にこ「べっつに~♪」

    にこ「朝ごはんまだでしょ? にこが作ってあげるわ」

    希「ええの? 」



    - にこリビング -


    にこ「にこ特製、スクランブルエッグにこ!」カタッ

    希「わぁ~! めっちゃおいしそうやん!」

    にこ「ぷらんたーんと召し上がれ♪」

    希「いただきま~す!」



    6 :名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 01:57:20.68 ID:r2opa2+I.net
     
    希「おいしー♪ 流石にこっちね!」

    にこ「ぷっ、絵里のマネすんのやめなさいよ」

    希「はらしょぅ・・・はらしょーぅ! んんっ、こっちのがロシアっぽいかしら・・・?
      ハラ・・・ハラッショーゥ! きっとこれね!」

    にこ「あははははっ、絵里に言いつけるわよっ・・・ふくく・・・」ケラケラ

    希「ふふふっ」ニコニコ




    ――――――――

    ―――――

    ――

    希「ごちそうさまでした」パンッ

    にこ「はい、お粗末さま」

    希「それで、いきなり家に来て欲しいって、どうしたん?」

    にこ「実は、マ…お母さんが夏休みの間、ちょっと長めの出張でね?」

    にこ「にこは練習があるからこっちに残ったんだけど、こころ達もそっちに着いていったから今日からしばらく家で一人なのよ」



    11 :名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 02:02:12.64 ID:r2opa2+I.net
     
    希「ありゃ、そうなんやね」

    にこ「うん・・・」

    希「なんやなんやにこっちぃ~、寂しくてウチのこと呼んじゃったん?」ツンツン

    にこ「ふ、ふふ・・・そう、ね」ガタッ

    希「あ、あれ? にこっち・・・?」

    にこ「私ね、これはチャンスだと思ってるの」

    希「チャンス・・・?」

    にこ「そう・・・希を監禁して、にこのモノズにするチャンス・・・」

    希「え、ええ・・・じ、冗談やろ・・・?」

    にこ「ふふっ、もう遅いわよ」ギュッ

    希「あっ・・・にこっち・・・」

    にこ「この白い粉・・・なんだか分かる?」

    希「えっ、それって・・・」

    にこ「さっきアンタが食べたの料理の中に・・・」

    希「ま、まさか・・・!」



    19 :名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 02:08:31.18 ID:r2opa2+I.net
     




    にこ「ビタミン剤を入れておいたのよ!」ドーン!


    希「・・・は?」




    【にこ「希を監禁して思いっきり甘えさせるわ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1485170377/

    1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/23(月) 20:19:37.76 ID:8EvwOiqR.net

    希「あら?部室の電気がこんな時間まで…誰かいるんかな?」

    希「そろそろ帰らんと、先生に怒られる…」

    にこ「…」

    希「にこっち…こんなところで寝てたら風邪ひいちゃうよ」

    希「ま、もう時間はもう少しあるしちょっとだけ寝かせてあげよかな」



    2: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/23(月) 20:20:33.76 ID:8EvwOiqR.net

    希「にこっちの寝顔、なんかちっちゃい子を見てるみたいでかわいいやん」

    希「なーんて言ったら怒られそうやけど」クスッ

    希「でも、この小さい背中で部室をずっと守ってきたんやね…」

    希「にこっちは偉いなあ」ヨシヨシ

    にこ「…ん」

    希「あら?起こしちゃったかな?」



    5: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/23(月) 20:21:20.37 ID:kYqFjVlf.net

    のぞにこいいですわゾ~これ




    【希「ウチの友達は小さい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1416946943/

    1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/26(水) 05:22:23.85 ID:Nbm6V3AE.net

    雑談その1


    ~部室~

    にこ「………………」

    希「………………」

    にこ「………………」

    希「………………」

    にこ「暇ね……」

    希「暇やな……」

    にこ「……漫才でもする?」

    希「………そうやね」

    にこ「………………」

    希「………………」

    にこ「じゃ、立とうか」

    希「そうやね」



    2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/26(水) 05:23:14.54 ID:Nbm6V3AE.net

    ガタッ


    のぞにこ「どーもー!!」

    にこ「にっこにっこにー☆あなたのハートにラブにこ☆矢澤にこにーです!」

    希「のっぞのっぞのー☆あなたのハートにスピリチュアルパワー注入!はーい、ぷしゅ!東條希です!」

    にこ「………ちょっと待って」

    希「えっ」

    にこ「ていうか、にこと希、どっちがボケでどっちがツッコミ?」

    希「えっ、にこっちはどっちがええの?」

    にこ「にこはボケがいいんだけど……」

    希「うちもボケがいいんやけど……」

    にこ「いや、希はどちらかといえばツッコミでしょ」

    希「にこっちこそどちらかといえばツッコミやん。凛ちゃんに寒い寒い言われとるし」



    3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/26(水) 05:25:20.28 ID:Nbm6V3AE.net

    にこ「いや、それは関係ないでしょ。あれはスベリボケってやつじゃない」

    希「いや、大真面目にやってるやん。自分の歌でも悪いか本気やーって歌っとるやん」

    にこ「本気やーじゃなくて本気さーだから」

    希「やっぱり歌っとるやん」

    にこ「それは歌だから仕方ないのよ、よくみなさいよ、作詞:畑亜貴って書いてあるでしょうよ」

    希「またそうやって何でも人のせいにするー」

    にこ「人のせいじゃないでしょ!」

    希「人のせいやん!」

    にこ「それにボケは勢いでなんとかなるけどツッコミはそうはいかないのよ。ボケを活かすも殺すもツッコミ次第なんだから」

    希「それがどうしたんよ?」

    にこ「アンタにこの歌聞いたんでしょ?プリティーガールのところ、正直なんて聴こえたか言ってみなさいよ」

    希「ぷーりてぃたーい」

    にこ「ほらやっぱりハッキリ聴こえてないじゃない!自分でいうのもなんだけどこんな滑舌じゃツッコミは無理なのよ」

    希「いや、でもにこっちそんなことないで!にこっち、ラブライブの声優の中でもかなりうまい方やん!一人四役もやったやん」

    にこ「え、いや、それはその」

    希「にこっち、もっと滑舌に自信を持ってええで!」

    にこ「あ、ありがと」////




    【【SS】にこと希がダラダラ雑談するだけのSS】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1483540496/

    1: 1(もも)@\(^o^)/ 2017/01/04(水) 23:34:56.69 ID:++gsokXi.net

    ~通学路~

    にこ「……」トテトテ

    希「……ぉ?おーい、にこっち~」テテテテテ

    にこ「あ、希。絵里は一緒じゃないの?」

    希「えりち、風邪ひいちゃったんだって」

    にこ「あちゃぁ、あれほどお腹冷やすなって言っておいたのに……」

    希「えりちのパジャマ薄着やもんねぇ」

    希「それに寝起きのえりち、いっつも布団がどっか行ってておへそ出てるんや。不思議やねぇ」

    にこ「あぁ、前のお泊り会の時もそうだったわね……」

    にこ「今日の放課後、お見舞いにでも行ってやろうかしら」

    希「あ、うち、それにさんせーい。えりちに早く良くなってもらいたいし」

    にこ「インフルだったら怖いし、マスクもちゃんと着けていかないとね」

    希「はーい」



    2: 1(もも)@\(^o^)/ 2017/01/04(水) 23:36:15.31 ID:++gsokXi.net

    希「それにしても、にこっちと二人きりで登校するのって久しぶりやなぁ」

    にこ「あー、いつもは三人だしね」

    希「それにしても寒いなぁ……にこっちー、マフラー貸してぇ」グイグイ

    にこ「な、ん、で、よ!あとで自分で買えばいいじゃない!」バッ

    希「お小遣い日が来週で今お金ないんや~……うぅ、にこっちのけちんぼ……」グス

    にこ「ぅ……わ、分かったわよ!貸してあげるからグズらないでよ!」

    希「やったーにこっち大好き!」ギュ

    にこ「えぇい!半分だけだからね!!」ファサ

    希「おぉ~、にこっちの体温であったかい」マキマキ

    にこ「言ってることがなんかキモいわね」

    希「うわ、のんたん傷ついた!今とっても傷ついたわ!」

    にこ「男と女ならともかく女同士でそれはないわよ!ロマンチックの欠片もないわ!」

    希「うちは素直な感想を述べただけやん」プクー

    にこ「素直に言えばなんでもかんでも許されると思ってんじゃないわよ!いい、私が言いたいことはね!」

    希「あ、なるほど!にこっちが怒ってる理由が分かったわ!」

    にこ「やっと分かってくれたのね?」ハァ



    3: 1(もも)@\(^o^)/ 2017/01/04(水) 23:37:13.32 ID:++gsokXi.net

    希「こほん」ンーンーアーアー

    希「このマフラー、にこっちで暖められてて……とても気持ちいい……」カァッ///

    にこ「うん、何も理解してないわね!アホ!アホ希!」

    希「あれぇ?にこっちはロマンチックな展開をもとめてるんじゃ」

    にこ「違うわよ!女同士でこんなことしても誰も得しないって話よ!」

    希「そんにぁー」

    にこ「とりあえずさっさと学校行くわよ。朝練に遅れちゃうでしょ」グイグイ

    希「ぐぇ!!にこっちいきなり引っ張るのはないわ!首しまるやろ!」

    にこ「貸せって言ったのはあんたでしょうが!」

    ギャーギャー!



    4: 1(もも)@\(^o^)/ 2017/01/04(水) 23:39:01.43 ID:++gsokXi.net

    ~屋上~

    にこ「……」ブスー

    希「……」ムクー

    海未「今日は絵里はどうしたのですか?」

    にこのぞ「風邪で休みよ(や)」

    穂乃果「……な、なんで二人ともそんな顔してるの?」

    にこ「だって希が!」

    希「だってにこっちが!」

    にこ「希が私のマフラーを奪うのよ!しかも!なぁ~にが『にこっちで暖められてて気持ちいい』よ!」

    希「えりちなら『もうしょうがないわね、希は』って優しく貸してくれるのに!!」

    にこ「絵里ならともかく私と希は身長差があるからなんか私の首が締まるのよ!吊り上げられてんのよ私が!」

    希「その時はほら、うちがにこっちをお姫様抱っこして……」

    にこ「お断りよ!!」



    5: 1(もも)@\(^o^)/ 2017/01/04(水) 23:41:31.39 ID:++gsokXi.net

    海未「二人とも、喧嘩はやめてください!練習時間が短くなってしまいます!」ガルルル

    希「はーい……」

    にこ「うぐ……」

    ~~~

    ~教室~

    希「結局海未ちゃんに怒られちゃったなぁ」

    にこ「……まぁ、私も言い過ぎた。ごめん、希」

    希「うん、うちもちょっとふざけすぎたわ……ごめんね、にこっち」

    にこ「いつもは絵里がいい感じに止めてくれるんだけどねぇ」

    希「あはは、そうやねぇ。うちとにこっちって、二人きりのときはいつもこうだったっけ?」

    にこ「んー……どうなんだろ」

    にこ(でもま、気兼ねなく話すことができるから、結構話しやすい相手よね)ジーッ

    希(でも言われてみると、にこっちと話してるときが一番素が出てるような?)ジーッ

    キーンコーンカーンコーン

    にこ「とと、予鈴だわ。希、また後でね」

    希「おー、了解にこっち」



    7: 名無しで叶える物語(浮遊大陸)@\(^o^)/ 2017/01/04(水) 23:45:44.53 ID:mjTbUdSc.net

    のぞにこいいね




    【希「うちとにこっちの距離感」にこ「私と希の距離感」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1424853861/

    1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 17:44:21.66 ID:zIJGTKlj.net

    希「まずは簡単なものから!ピザって10回言って!」


    にこ「まぁ定番ね…ピザピザピザピザピザ……ピザ」


    希「ここは?」


    にこ「ひ……じ」


    希「おやおや~?なんか間があったような?」ニヤニヤ


    にこ「う、うっさいわね!///」


    希「ふふふ、これは期待できそうやね…次いってみよー!」



    2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 17:45:09.45 ID:zIJGTKlj.net

    希「将棋って10回言ってみて!」


    にこ「将棋将棋将棋将棋……将棋」


    希「まっすぐ線を引くものは?」


    にこ「は?定規じゃないの?」


    希「ぶぶー!鉛筆でしたー!」


    にこ「え?あ、あー…」


    希「はい、にこっち1敗目ー!」


    にこ「ぐぬぬ……次よ!」



    3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 17:45:57.86 ID:zIJGTKlj.net

    希「東海道って10回言って!」


    にこ「東海道東海道東海道……東海道!」


    希「日本で一番北にある県は?」


    にこ「北海……道…?」


    希「ファイナルアンサー?」


    にこ「ファイナルアンサー…」





    トゥドゥドゥーン



    4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 17:46:43.41 ID:zIJGTKlj.net

    希「………」


    にこ「………」


    希「残念!正解は青森県でしたー!」


    にこ「はぁ!?何でよ!」


    希「北海「道」やから、「県」ではないやん?」


    にこ「あ…ぐ…これ、結構悔しいわねぇ…!」


    希「ふふふ!これで2敗目、最初のは練習だったからええけど、他の全部間違ったら罰ゲームあるからきぃつけてな?」


    にこ「えっ」




    【希「10回ゲーム!」 にこ「いきなりね」 【SS】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1483720711/

    1 :名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 01:38:31.92 ID:1RSVJF6W.net
     
    ― 放課後 部室 ―

    にこ「・・・よし、全員集まったわね」

    凛 「えっ、希ちゃんがまだ来てないよ?」

    にこ「希は呼んでないからね。 希についての相談なのよ」

    穂乃果「それで、にこちゃん 話って何?」

    にこ「希が無防備すぎて危ないのよ!」

    ことり「希ちゃんが無防備?」

    にこ「そうなのよ! あのままじゃいつか暴漢や不審者に襲われちゃうわ!」

    絵里「確かに希はおっとりしているところはあるけど・・・そこまでかしら?」

    にこ「なんでか分からないけど、最近特に酷いのよ!危機感がないの!」

    真姫「そう? 別に変わった感じはしないけど」カミノケクルクル

    海未「やはり、にこの勘違いではないですか?」

    にこ「・・・いいわ! それならいかに希が無防備か教えてあげる」

    にこ「あれは2週間前、希の家に泊まりに行った日の事よ」



    6 :名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 01:46:26.40 ID:1RSVJF6W.net
     
    プワプワーオ


    希「にこっち~! お風呂上がったで」

    にこ「ん、じゃあ私も・・・ってあんた、服着てきなさいよ」

    希「え? タオル着てるやん」

    にこ「タオルは服じゃないでしょ? 巻いてるだけだし」

    希「なんやにこっち、ウチの湯上り姿にドキドキしちゃった?」ムギュ

    にこ「そ、そんな分けないでしょ! 抱きつかないで!」

    希「え~? ドキドキしてないんだったら別にいいや~ん?」ムニュムニュ

    にこ「そういう問題じゃないでしょ! あとさっきからあんたの爆弾がもろに当たってんのよ!」

    希「これはなぁにこっち」ズイ

    にこ「ひゃぁ! 顔、ちか・・・」

    希「当・て・て・る・ん・よ」コショコショ

    にこ「ッ~~~~!!?」

    にこ「にこ、お風呂入ってくるにこーー!!」ダダダ

    希「あっ・・・逃げられた・・・」シュン


    ――――――――

    ―――――

    ――



    9 :名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 01:53:02.22 ID:1RSVJF6W.net
     
    海未「は、はは破廉恥です!!!!」

    ことり「あはは、希ちゃん大胆だねぇ」

    絵里「でも、女の子同士だし希の冗談じゃないの?」

    にこ「そうなんだろうけど冗談に見えないのよ。 最近は泊まるたびにやってくるし」

    真姫「一回じゃないのね・・・」

    花陽(それは冗談じゃなくてにこちゃんだからやってるんじゃ・・・)

    にこ「そもそも、冗談で抱きついたり思わせぶりなことを言うこと自体がよくないわ」

    穂乃果「えー? 抱きつくくらい普通じゃないかなぁ」

    凛「そうにゃそうにゃ!」

    にこ「あんた達は少し自重しなさい!」

    絵里「でも、流石にそれぐらいだっら注意するほどでもないんじゃない?」

    にこ「もちろんまだあるわよ!」

    にこ「あれは一週間前、部室での事だったわ・・・」



    10 :名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 01:55:53.51 ID:c844zhKc.net

    ただのノロケやん




    【にこ「男装して希をナンパするわ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1482688990/

    1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 03:03:10.48 ID:/xJvdOtU.net

    ― 放課後 部室 ―


    カタカタカタ

    にこ「・・・」

    ガチャ

    希「あれ? にこっちやん!」

    にこ「希?」

    希「まだ残ってたん? 今日部活無いんじゃなかったっけ」

    にこ「ええ、無いわよ。ちょっとブログの更新してたの」

    希「へぇ~、休みの日もアイカツとは熱心やね」

    にこ「当然でしょ! っていうかあんたこそなにしに来たのよ?」

    希「そんなんにこっちに会いたかったから来たに決まってるやん」

    にこ「いや、ついさっきにこが居ること驚いてたじゃない」

    希「もう! にこっちはつれないなぁ~」



    2: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 03:10:28.12 ID:/xJvdOtU.net

    にこ「で? 本当は何しに来たのよ」

    希「いや~、部室にタロットカード置きっぱなしにしちゃって」

    にこ「はぁ~。 希ってたま~に抜けてるわよね。そこが可愛いんだけど」

    希「なんや、急にかわいいとか照れるやん」

    にこ「だ・け・ど あんまりボーっとしてちゃ駄目よ?」

    にこ「アンタこの間も家でタロットなくして、結局枕元に置きっぱなしだったじゃない」

    希「あはは・・・あれ? ウチにこっちにその話したっけ?」

    にこ「あー、絵里から聞いたのよ」

    希「もー、えりちめ・・・」



    4: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 03:17:24.63 ID:/xJvdOtU.net

    にこ「一応あんたのアイデンティティなんだから大切にしなさいよね」

    希「アイデンティティって・・・」

    にこ「いいじゃない。 アイドルにとって個性は重要なことよ」

    希「別にキャラ付けのためにやってる訳じゃないんだけどなぁ」

    にこ「それより、早くタロット持って帰ったら?」

    希「えー! にこっちが冷たい!」ワシワシ

    にこ「ちょっと! 辞めなさいよ!」

    希「だって、にこっちが冷たいんだもん・・・。 ウチと居るの嫌なん?」



    5: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 03:24:09.35 ID:/xJvdOtU.net

    にこ「いや、あんたが居るとついつい話しちゃって作業が進まないのよ・・・」

    希「・・・本当にそれだけ?」

    にこ「本当よ。 むしろあんたと居るのは、その、楽しいわよ」

    希「にこっちいいいぃぃぃぃ!」ギューッワシワシ

    にこ「あああもう離れてよ暑苦しい! ていうかドサクサにまぎれて胸触らないでよ!」

    希「いいやん、にこっちとウチの仲でしょ~」

    にこ「親しき仲にも礼儀ありよ! にこはそこまで許してないわ!」

    希「ちぇ~、にこっちのいけず」

    にこ「なんとでも言いなさい。 ほら、さっさと帰った帰った!」

    希「やっぱり冷たい・・・。 あ、あったあった」




    【希「えっ、にこっちウチのことストーキングしてるん!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1478207601/

    1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/11/04(金) 06:13:21.13 ID:9r2c7Kp8.net

    希 「え~っ!いーーーやん!!」

    にこ「だめ…離しなさい」

    希「なんで?…今人通り少ないんやし…それに女子高生が仲良く手ぇ繋いでるのなんて
    よくある光景やん?にこっち意識しすぎ~♪」ホッペツン

    にこ 「うっ…!うるさいわねっ !」カァ///

    希 (んふ♪かわええなぁ…)

    にこ「なぁーに見てんのよ…」



    3: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/11/04(金) 06:21:42.86 ID:9r2c7Kp8.net

    希「………。」

    にこ「…?」

    希「ねぇ…にこっち…。まだ時間ある?」

    にこ「ないわね」キッパリ

    希「もぉっ!そんなイジワル言わんでよ~」モジモジ

    にこ「なによ…さっさと言いなさいよ!」

    希「うち……寄ってかない?」

    にこ 「えっ……?」ドキッ



    4: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/04(金) 06:24:15.73 ID:t/1nDwKr.net

    まずウチさぁ…アイドルグッズあるんやけど…



    5: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/04(金) 06:30:45.43 ID:zkFry5wp.net

    のっぞにこ!のっぞにこ!




    【にこ 「ねぇ希…」希「んー?」にこ「外で手繋ぐの禁止って言ったわよね?」】の続きを読む

    このページのトップヘ