大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!SS > A-RISE

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479907602/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 22:26:42.33 ID:8+WJKKR7O

    希「さあ、こないだのクイズ!綺羅ツバサの100のコトで真姫ちゃんと優勝したと言う事で○○○遊園地にやって来ました」

    ツバサ「今日は1日よろしくね!」

    真姫「いえ…こちらこそ…よろしくお願いします」

    ツバサ「あら?あんまり乗り気じゃない?」

    真姫「…いや」

    希「安心して真姫ちゃん。今日は普通に遊んでくれるだけで良いから」

    真姫「本当に?」

    希「うん」

    真姫「ならいいけど」

    希「ただ、せっかくスクールアイドルの中でも人気のA-RISEとμ'sのメンバーの二人のプライベートだから撮影はさせて貰うからね?」

    真姫「その時点であんまり安心出来ないわね」 
     






    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 22:38:58.57 ID:8+WJKKR7O

    ツバサ「それじゃあ、今日はよろしくね?」

    真姫「はい。よろしくお願いします」

    ツバサ「そんなかしこまらないでよ。今日はお友達として一緒に遊びましょう?」

    真姫「友達としてですか?」

    ツバサ「そうよ。だから、敬語は禁止ね?」

    真姫「…何か既視感が」

    ツバサ「ん?」

    真姫「いえ…何でもないわ」




    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 23:16:16.93 ID:8+WJKKR7O

    ツバサ「どのアトラクションからにする?」

    真姫「私は遊園地ってあんまり来たことなくて…」

    ツバサ「そうなの?私もそんなには来たことはないけど…」

    真姫「そうなの?…でも、乗りたいアトラクションがあるって」

    ツバサ「それは、後のお楽しみにしましょう」

    真姫「じゃあ…取り敢えずゴーカートからにしましょうか」

    ツバサ「いきなりゴーカートにするの?」

    真姫「え?いきなりゴーカートってまずいの?」

    ツバサ「…それは…わからないけど」

    真姫「アトラクションに乗る順番ってあるのかしら?」

    ツバサ「個人の自由だと思うけど…」

    真姫「何か通の周り方とかあるのかしら?」



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 00:12:14.92 ID:bF3qzMVaO

    真姫「…ネットで調べてもアトラクションの周り方の順番なんて出てこないわね…調べ方が悪いのかしら」

    ツバサ「やっぱり、自由で良いんじゃない?」

    真姫「でも…」

    ツバサ「すぐにネットで調べるのは現代人の悪い癖ね。せっかく来てるんだから、私達ならではの周り方を見つけましょう?自分達の足でね?」

    真姫「そ、そうね。うん。そうしましょう!」

    ツバサ「それじゃあ、ゴーカートからにしましょう」

    真姫「わかった」

    ツバサ「ゴーカートの乗り場は…地図を見る限りここから直ぐね」

    真姫「あ!わかったわ。アトラクションの種類で乗る順番を選ぶんじゃなくて地図を見てアトラクションの位置関係を考慮して乗る順番を選ぶんだわ」

    ツバサ「なるほど!それは良い考えだわ!」







    【希「クイズ!綺羅ツバサの100のコト優勝記念」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1478094207/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 22:43:27.86 ID:zCgOdRXfO

    スクールアイドルのカリスマ「A-RISE」のリーダー綺羅ツバサ。クールな彼女のプライベートは謎に包まれているが今日はそんな彼女について学んでいく





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 22:57:23.39 ID:zCgOdRXfO

    希「綺羅ツバサをもっと知りたい!ツバサの100のコト」

    穂乃果「はい!レギュラーの高坂穂乃果です!ファイトだよ!」

    絵里「同じくレギュラーの賢い可愛い?」

    穂乃果「エリーチカ」

    絵里「絢瀬絵里です!」

    花陽「二人ともやる気満々だね?」

    穂乃果「おや?珍しい人がいるよ?」

    絵里「本当ね。二回目かしら?」

    花陽「ハハッ」

    真姫「なんでまた私もなのよ」

    花陽「まあまあ真姫ちゃん」

    穂乃果「真姫ちゃんはあっち側が良かった?」

    真姫「なっ…からかわないで」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 23:01:39.75 ID:zCgOdRXfO

    穂乃果「今回はツバサさんなんだね」

    絵里「いつか来るとは思ったわ。A-RISEの誰かしらは」

    穂乃果「そうだね。あえてツバサさんは外してくると思ったけどあえてのあえてでツバサさんが来たね」

    絵里「ことりは頑なに解答席に来ないしね。よくわからないわねこの企画」

    花陽「二人ともなんか…なげやりだね?」

    穂乃果「もう7回?やってるからね」

    絵里「そろそろ休ませて欲しいわ」

    真姫「どうでもいいから早く始めましょう。長引くは」

    花陽「私はツバサのクイズ…楽しみです」






    【希「クイズ!綺羅ツバサの100のコト」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1481200694/

    2: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:38:45.14 ID:6O2hXh1P.net

    先生「はい。今日の授業はここまで!」

    生徒1「起立、礼」

    先生「気をつけて帰るのよ」

    希「先生さようなら」

    先生「今日も練習?」

    希「今日は穂乃果ちゃんがお家の手伝いがあるからって、お休みなんです」

    先生「そうなの?まあでも、たまには息抜きもいいんじゃないかしら?」

    希「そうですね。今日はエリちでも誘って遊びに行こうかな?って思ってるんです」

    先生「あんまり遅くならないようにするのよ」

    希「は~い。気をつけま~す」

    希「それじゃあ、先生さようなら」

    先生「はい。さようなら」



    6: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:43:57.11 ID:6O2hXh1P.net

    ー廊下ー

    希(おっ?エリち発見! たまにはエリちにわしわししてみよかな?)

    希(そーっと、そーっと……)

    希「えーりち!それ!わしわしわし!!」

    絵里「ギニャー!!!!」

    希「わっ?!」

    絵里「なーっ?!いきなり何するの?!
    って… 希?」

    希「ご、ごめん。 まさかそんなに驚くとは……」

    絵里「びっくりするじゃない! 希じゃなかったら張り倒してるところよ」

    希「ごめんごめん、ところでエリち今から空いてる?」



    7: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:46:53.28 ID:6O2hXh1P.net

    絵里「今日は練習も休みになったし、特に用という用は無いわね」

    希「なら私に付き合ってくれへん?」

    絵里「いいわよ。どこに行くの?」

    希「特に決めては無いんやけど、のんびりお散歩でもどうかな~?って」

    絵里「ふふっ… たまにはのんびりするのも悪くないかもね」

    希「うん。あんまり根を詰めすぎると身体に悪いからね」

    絵里「そうね。わかったわ」

    希「おっ?! あそこにいるのは?」



    8: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 21:50:10.17 ID:6O2hXh1P.net

    希「お~い! にこっち~」

    にこ「ん?希に絵里じゃない。 何?」

    希「さあ行くよ!」

    にこ「ちょっ?!何?いきなりなんなのよ?」

    絵里「ごめんねにこ」

    希「レッツゴーや!」

    にこ「ちょっと!引っ張らないでよ!」

    絵里「行くわよ~!」

    にこ「わっ?!ちょっと待ちなさいよ!」




    【希「たまにはのんびり3人で…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482408598/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/22(木) 21:09:58.13 ID:vmTXP4WeO

    凛「今日も練習がんばるにゃ~」

    花陽「希先輩と絵里先輩がはいって入ってくれたから一段とやる気がでるね」

    凛「そうだね」

    花陽「でも…私はまだちょっと絵里先輩…怖いかも」

    凛「確かに…ちゃっと怖いよね」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/22(木) 22:29:48.48 ID:vmTXP4WeO

    凛「…」

    花陽「…どうしたの凛ちゃん?部室に入らないの?」

    凛「部室に誰か居るにゃ」

    花陽「居てもおかしくないと思うよ?放課後だもん」

    凛「そうだけど…にこ先輩かな?」

    花陽「いつも早いもんね、にこ先輩」

    凛「いつも早いけど…にこ先輩って委員会とか一切やってないのかな?」

    花陽「うん…凛ちゃんもやってないよね?」

    凛「そうだね」




    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/22(木) 22:33:44.72 ID:vmTXP4WeO

    花陽「とりあえず、入ろうよ」

    凛「うん…とりあえず、にこ先輩を脅かせてあげようよ」

    花陽「ええ?なんでそんな事する必要あるのぉ?先輩なんだよ?」

    凛「にこ先輩は大丈夫だよ!」

    花陽「そうかなぁ」

    凛「大丈夫にゃ!とりあえず、そ~と入いるにゃ」

    花陽「そうだね」

    ガチャ

    凛「……」

    バタン

    花陽「どうして閉めちゃったの?入らないの?」

    凛「絵里先輩が居たにゃ」

    花陽「えっ?生徒会長…じゃなかった…絵里先輩が?」



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/22(木) 22:37:11.48 ID:vmTXP4WeO

    凛「うん…どうする?入る?」

    花陽「は、入ろうよ」

    凛「とりあえず、凛が様子見るから入るのはそれからにしようよ」

    花陽「ええ?どうして?」

    凛「絵里先輩がどんな人なのかってまだよく知らないし…」

    花陽「盗み見るような事をしたら怒られちゃうよ」

    凛「とりあえずだから大丈夫にゃ」

    花陽「で、でも」



    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/22(木) 22:44:21.12 ID:vmTXP4WeO

    凛「そ~と…」

    ガチャ

    絵里「………」ポケ~

    凛「…」

    バタン

    花陽「どうだった?」

    凛「なんか凛が想像してた絵里先輩の姿と違ったにゃ」

    花陽「え?そうなの?」

    凛「うん。かよちんも見てみればわかるよ」

    花陽「で、でも…」

    凛「いいから見てみるにゃ」

    花陽「ええ?」

    凛「はやく~」

    花陽「わ、わかったから大きな声を出さないで」




    【凛「あっ…絵里先輩…」花陽「え?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1445512843/

    1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイW e8e0-6evR) 2015/10/22(木) 20:20:43.34 ID:4J5x0+Mm0.net

    ツバサ「それ、どっちに転んでもあんじゅが喜ぶだけじゃない!?」

    あんじゅ「あら、バレちゃった」

    ツバサ「なんでバレないと思ったの!? とにかく駄目だからね!?」

    あんじゅ「まぁ、別にいいわ」

    ツバサ「ふぅ…」

    あんじゅ「どっちみち勝敗関係なく英玲奈はぺろぺろするつもりだから」

    ツバサ「英玲奈逃げてー!?」



    2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイW e8e0-6evR) 2015/10/22(木) 20:23:49.99 ID:4J5x0+Mm0.net

    英玲奈「むっ、何か嫌な予感が」

    生徒「統堂さん、動かないでください」

    英玲奈「すまない、気をつけよう」

    ツバサ「英玲奈!」

    英玲奈「ツバサか、何かあったか?」

    ツバサ「あんじゅが今ゴスロリ衣装準備してこっちに来てる」

    英玲奈「え」



    3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイW e8e0-6evR) 2015/10/22(木) 20:26:59.21 ID:4J5x0+Mm0.net

    ツバサ「だから早く逃げ…何やってるの?」

    英玲奈「美術部の娘達に頼まれてデッサンモデルをやってるのだが…」

    ツバサ「…つまり今動けない、と」

    英玲奈「…そういうことだな」

    ツバサ「…さよなら、英玲奈」

    英玲奈「ま、待て、このままではあんじゅに何されるかわからない」

    ツバサ「あー、君、英玲奈を連れていってもいいかな?」

    生徒「えー」

    あんじゅ「見つけたわ!」

    英玲奈「!?」

    ツバサ「は、早い!」




    【あんじゅ「それじゃあ勝った方に英玲奈をぺろぺろできる権利ね」ツバサ「却下」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1481282104/

    1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/12/09(金) 20:15:04.55 ID:T/yEkiDg.net

    白米城。

    小泉花陽率いるこの城は、アライズ軍3万の急襲を受けていた。

    城は瞬く間包囲され、道という道は遮断されてしまった。

    花陽「どうしよう...私達の兵力は2千足らず...」

    真姫「城主がうろたえてどうするのよ!」

    凛「かよちん!凛に名案があるにゃ!」

    凛「凛が敵の包囲を突破して穂乃果ちゃんに援軍を要請してくるにゃ!」

    真姫「凛...さすがに危険すぎるわ...」

    花陽「そうだよ凛ちゃん!敵に捕まったら殺されちゃう!」

    凛「でも他に方法がないよ。城兵達の命を守らないと...!」

    真姫「....花陽。決断を。」

    花陽「...わかった。その代わり絶対に約束して?生きて帰ってくるって...」

    凛「大丈夫!凛はかよちん置いて死なないにゃ~!」

    真姫「凛...武運を祈ってるわ...」

    花陽「凛ちゃん...凛ちゃん...」

    凛「...行ってくるにゃ!(そんな顔しないでよ...)」



    3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/12/09(金) 20:18:33.24 ID:T/yEkiDg.net

    【深夜の敵陣】

    見張り「そろそろ交代の時間かな」

    凛「交代の時間だにゃ」

    見張り「うっす...ん!」グサッ

    凛「よし突破するにゃ...」サササッ

    敵兵「怪しい奴がいるぞー!捕らろ!」

    サササッ

    敵兵「なっ...逃げられた!」



    4: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区)@\(^o^)/ 2016/12/09(金) 20:18:35.94 ID:/teCnc5W.net

    花陽姫のせいで兵站の減りがはやそう




    【凛「城内の者達よー!よーく聞くにゃー!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1482505391/

    1: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/12/24(土) 00:03:11.83 ID:x+lDltAt.net

    海未(いまごろ……)

    海未(いまごろみんなと楽しくパーティの真っ最中でしょうか……)


    海未(イヴの夜なのに……誘えなかった)

    海未(こんどこそと思っていたのに……)


    海未(穂乃果とふたりきりでクリスマスを迎えたかったのに……)


    ――回想
    海未「あの穂乃果、今夜の予定は――」

    穂乃果「今夜、真姫ちゃん家でパーティーやるんだって。海未ちゃんもどう?」

    海未「え……あの……」

    海未(言えません……『ふたりきりで会いたい』だなんて)
    ――回想終



    2: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/12/24(土) 00:04:05.34 ID:x+lDltAt.net

    海未(結局、パーティも断ってしまいました)

    海未(だって、どうしてもふたりきりでいたかったんです)

    海未(みんなといたら逆に寂しくなってしまうだけ……)


    海未(だからこうして部屋にひとりで閉じこもって……)


    海未(ああ、なんてバカなんでしょう)

    海未(私は……)


    海未(……いまごろ宴もたけなわといった感じでしょうか)


    海未(ああ……もう……寝てしまいましょう)

    海未「クリスマスなんて大っ嫌いです……」



    7: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/12/24(土) 00:05:24.48 ID:x+lDltAt.net

    ???「……なさい」

    ???「起きなさい……」


    海未「ん……だめです……」

    海未「……穂乃果だめです……そこは……ブヒヒッ」


    ???「起きなさいっていってるでしょうっ!」


    海未「うわあああ!」

    海未「チッ。夢ですか」


    海未「やれやれ、夢の続きを見るとします」

    ???「こら! せっかく起こしたのに寝ようとしないで!」



    8: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/12/24(土) 00:06:44.15 ID:x+lDltAt.net

    海未「だ、誰です!」

    海未「断りもなく私の部屋に侵入して!」シャキン!

    ???「護身用のさすまたを常備しているとは、さすがは海未さんね」


    海未「私を知っているのですか?」

    海未「暗くてよく見えませんが、誰なのです?」


    ???「考えなさい。この時期に断りもなく部屋に侵入するといったら、ひとりしかいないでしょ」

    ???「サンタクロースよ!!!」


    海未「さ、サンタですって!?」




    【【SS】メリークリスマス、園田海未ちゃん】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1483959849/

    1: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 20:04:09.63 ID:zNYCvCgK.net

    海未「あ、そうですか…」シュン



    5: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 20:41:51.12 ID:EL/I6Lbg.net

    凛「高校生にもなってあっち向いてホイは無いにゃ~」

    海未「ううっ…… 私に勝てば行列店のラーメンをご馳走しようと思っていたのですが……」

    凛「にゃっ!?」

    海未「嫌なら仕方ありませんね……」

    凛「ちょっ、ちょっと待つにゃ!」

    海未「どうかしましたか?」

    凛「こどもっぽいけど、一回くらいならいいかな~?なんて」

    海未「嫌なら、無理することはありませんよ」



    8: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 20:49:51.05 ID:EL/I6Lbg.net

    凛「い、嫌じゃない!凛はすっごくあっち向いてホイがしたいです!」

    海未「そうですか」ニコッ

    凛「さっそく始めるにゃー!」

    海未「まずはルールの説明から…」

    凛「大丈夫!ちゃんと知ってるよ」

    海未「そうですか?では後から文句は聞きませんよ?」

    凛「早く始めようよ!」

    海未「わかりました」

    凛「ラーメン♡ラーメン♡」

    海未「」ニヤリ



    9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 20:50:48.29 ID:p0S2YcGT.net

    あっちむいてホイに拘る理由とは




    【海未「凛、あっちむいてホイをしましょう」凛「やだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1482753514/

    1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 20:58:34.86 ID:/emJAhJg.net

    チャラ男「いいじゃんいいじゃん遊ぼうよ~」

    真姫「馴れ馴れしくしないで!何なのよ貴方達!」

    チャラ男「いやだって声掛けた子がμ'sの真姫ちゃんだったんだよ? そりゃテンション上がるってwww」

    チャラ男2「オレ等楽しいとこ知ってるからさ!」

    チャラ男3「ちょっとだけなら良いっしょ?10分だけ!ね!?」

    チャラ男「金は全部出すから!」グイッ

    真姫「友達を待たせてるの!しつこくすると警察呼ぶわよ!?」

    チャラ男「え?じゃーその子も呼んでよ」



    2: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 20:59:14.72 ID:/emJAhJg.net

    チャラ男2「皆で遊んだ方が楽しいって!」

    チャラ男3「これで迎え行けるしさ!乗って乗って!」グイグイ

    真姫「痛っ…!ちょ、ちょっと待ってってば…!!」

    真姫「誰か…!!」

    チャラ男「ねぇねぇ!もしかしてその友達もスクールアイドル?」

    英玲奈「如何にも」

    チャラ男「…ん?」クル



    3: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 20:59:47.97 ID:R4r/AS5I.net

    武士かな?



    4: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 21:00:34.59 ID:OxnqzTho.net

    ターミネーターかな




    【真姫「嫌だって言ってるでしょ!」英玲奈「…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1459082652/

    1: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/27(日) 21:44:12.42 ID:CGaCRn7Z.net

    他のSS書いてる隙間時間に気分転換に書いてただけのものなので、雰囲気というか設定が無理な人は受け付けないかもです

    穂乃果「こたつでごろごろ」
    だいたいこんな雰囲気です



    2: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/27(日) 21:46:00.99 ID:CGaCRn7Z.net

    ○○○


    ツバサ「ほのかー、ただいまー」ガチャッ


    ほのか「きょうのばんごはん!」タタッ


    ツバサ「おかえりは?」


    ほのか「あ、おかえり」


    ツバサ「よろしい」

    ツバサ「今日はピーマンの肉詰めよ」


    ほのか「じっかにかえらせていただきます!」プンスカ


    ツバサ「冗談よ、お惣菜買ってきた」ガサ


    ほのか「よろしい」



    3: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/27(日) 21:46:29.81 ID:CGaCRn7Z.net

    ほのか「これだけで足りるの?」


    ツバサ「私にかかれば空腹なんて何でもないわ」


    ほのか「そうだね!」

    ほのか「いただきまーす!」


    ほのか「」モグモグ


    ほのか「すごいね!ぜんぶはんがくシール貼ってある!」


    ツバサ「あなたにプレゼントしようと思ってね」


    ほのか「わーい!」

    ほのか「でもはんがくシールいっぱいもってる…」




    【ツバサ「ほのか、あなた何歳になったっけ」ほのか「5さい!」】の続きを読む

    このページのトップヘ