大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!SS > ことほのうみ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1505291708/

    1: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 17:35:08.99 ID:2/8u5TVs.net

    夜中

    ことり「」

    ことり「くかぁーー……ふーー……」

    ことり「」

    ことり「くかぁーー……ふーー……」



    2: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 17:36:32.81 ID:2/8u5TVs.net

    ~~~
    翌朝

    ことり「くかぁ~……かっ!?」パチッ

    ことり「ふわぁ~…むにゃむにゃ」

    ことり「ん~!」ノビノビ

    ことり(ん?口の中乾燥してて気持ち悪いな)

    ことり「…」

    ことり「はぁ~…クンクン」

    ことり「うわ、臭い…」ゲンナリ

    ことり「…」

    ことり「お口濯いで歯磨いてこよ」



    3: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 17:37:04.53 ID:2/8u5TVs.net

    洗面所
    ジャーッ、キュッキュッ、フキフキ

    ことり「はぁ~…クンクン」

    ことり「うーん、大分マシにはなったけど、まだちょっと臭いのが残ってるよ…」

    ことり~、朝ご飯よ~

    ことり「は~い」

    ことり「…朝ご飯食べてからまた歯磨いてみよう」




    【ことり「うわ、臭い…」ゲンナリ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1497444416/

    2: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 21:47:48.06 ID:fkgsnyJr.net

    穂乃果「あれ、雨が降ってる…」


    これはまだ、穂乃果達が1年生の時のお話です。


    穂乃果「海未ちゃん見て!雨が降ってるよ…」


    今日最後の授業が終わって、ふと窓の外を眺めたらしとしと雨が降っていた。
    朝はあんなに晴れていたのに…
    天気予報を見ていない穂乃果はついつい、近くの席の海未ちゃんに話しかけます。



    3: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 21:49:26.74 ID:fkgsnyJr.net

    海未「今日は午後から雨の予報でしたからね。……その様子だと傘、持ってきていないのですか?」


    海未ちゃんの言う通り。
    穂乃果は今日、傘を持ってきていません。


    穂乃果「えへへ…持ってきてないよ…どうしよう」

    海未「仕方ないですね…。今日の部活はミーティングのみなので少し待っていて貰えますか?」

    穂乃果「傘、入れてくれるの?!やったー!」

    海未「ただ、大きな傘ではないので多少濡れてしまうかもですが…」

    穂乃果「そんなの全然いいよ!ありがとう海未ちゃん」



    4: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 21:50:07.65 ID:fkgsnyJr.net

    そんなこんなでわいわいしていると、廊下にことりちゃんの姿を見つけました。
    ちなみにことりちゃんとはクラスが違います。
    2年生では同じクラスになれたらいいな。
    ことりちゃんはうちのクラスを覗いて誰かを探しているみたい。
    あ、目が合った。
    ことりちゃんが手招きをします。
    探していたのは穂乃果だったみたいです。


    穂乃果「ことりちゃん、どうしたの?」

    ことり「あのね、今日保健委員会があるみたいで…一緒に帰れないから、先に帰ってて貰えるかな?」


    ごめんね、と続けたことりちゃんに穂乃果は分かった!と返しました。
    そう言えばうちのクラスの保健委員の子も委員会があるって言ってたな。
    ちょっぴり忙しそうなことりちゃんとお別れして、海未ちゃんの元へ戻ります。



    7: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 21:52:34.40 ID:fkgsnyJr.net

    海未「何の用だったのですか?」

    穂乃果「ことりちゃん、今日は委員会で一緒に帰れないんだって」

    海未「そうですか…ことりも忙しそうですね」


    海未ちゃんは少しだけ眉をへの字にして笑いました。
    穂乃果も同じような表情で大変そうだね、と返しました。




    【穂乃果「雨の日のお楽しみ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1494600317/

    1: 名無しで叶える物語 2017/05/12(金) 23:45:17.39ID:oOxESJcs.net

    ※キャラ崩壊注意



    2: 名無しで叶える物語 2017/05/12(金) 23:46:00.22ID:oOxESJcs.net

    ~空港~

    穂乃果「ことりちゃん! 久しぶり!」

    海未「しばらくぶりです、ことり」

    ことり「わぁ! 二人とも会いたかったよぉ!」ギュッ

    穂乃果「わわっ!」

    海未「こっ、ことり! 離れてください!」

    ことり「だってずーっと我慢してたんだよぉ! もうちょっとぎゅってさせて!」

    穂乃果「えへへ。なんだか懐かしいね。こういうの」

    海未「まったく、もう……」



    3: 名無しで叶える物語 2017/05/12(金) 23:47:00.55ID:oOxESJcs.net

    海未「向こうでの生活にはもう慣れましたか?」

    ことり「うーん、まだときどき寂しくなっちゃうこともあるよ。でも、それ以上にみんなすごくてね、やっぱり留学してよかったなぁって思う」

    海未「そうですか。ことりならきっとうまくいきます」

    穂乃果「帰ってから寂しくならないように、今日はその分思いっきり遊ぼうね!」

    ことり「うん! ありがとう!」



    4: 名無しで叶える物語 2017/05/12(金) 23:48:44.90ID:oOxESJcs.net

    穂乃果「さて、じゃあそれぞれで目的地に向かおうか」

    ことり「あれ? その原付って穂乃果ちゃんの? 二人ともいっしょに来たんじゃないの?」

    穂乃果「うん。わたし、少し大学に寄ってからきたから」

    海未「昨日締切のレポートを教授に頼み込んで、朝一で提出しに行ったんですよね」

    穂乃果「もうっ! 海未ちゃんっ! 余計なこと言わなくていいのっ!」

    海未「だから私があれほど早め早めのうちにやっておくようにと……」

    穂乃果「こんなときまでお説教はやめてよぉ!」

    ことり「ふふっ」



    5: 名無しで叶える物語 2017/05/12(金) 23:49:56.22ID:oOxESJcs.net

    ことり「そういえば、海未ちゃんも免許取ったんだよね?」

    海未「はい。大学が少し郊外の方にありますので」

    ことり「それじゃあ、海未ちゃんは車で空港まで来たの?」

    海未「そうです。ですから、ことりは私といっしょに……」

    穂乃果「す、ストップ! ストーップ!」

    海未「なんですか、いきなり大きな声を出して」

    穂乃果「こ、ことりちゃん私と一緒に行かない?」

    ことり「え?」




    【海未「運転しているときの私が怖い?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1472129080/

    1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/25(木) 21:44:40.09 ID:FVI04EYP.net

    短編です



    2: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/25(木) 21:46:22.68 ID:FVI04EYP.net

    知らなくても良い真実があるとは思いませんか?

    色んなことでも知らなくて良かったというような…私は少なかったですが

    でも…今回だけは違っていました。知らなくても良い真実…それは

    裏切りというものでした。私からみたらですけれど…



    3: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/25(木) 21:48:28.21 ID:FVI04EYP.net

    穂乃果「海未ちゃ~ん!」

    海未「どうしたのですか?」

    穂乃果「それが…また…」

    海未「!また宿題やってないのですか!?」

    穂乃果「あはは…ごめん!」

    海未「あなたという人は…」

    穂乃果「ごめん!なんでもするから!ね?ね?」

    海未「はあ…最後ですよ?」

    穂乃果「ありがと!!」



    4: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/08/25(木) 21:51:33.17 ID:FVI04EYP.net

    あの笑顔には全く勝てません…私は未熟です。

    海未「あら?あなたそんなペン持ってましたか?」

    穂乃果「これ?これはこの前ことりちゃんと一緒に買い物行った時に買ったんだよ!」

    海未「ことりと…?」

    穂乃果「うん!おそろいなんだ~!」

    海未「へ、へえ…」

    そんなこと…言ってましたっけ…?

    穂乃果「海未ちゃん?」

    海未「い、いえ!なんでもありません!」




    【【SS】海未「ラウンジ・アクト」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1492519208/

    1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 21:40:08.86 ID:osfmAlIb.net

    海未「はい」

    穂乃果「は?」

    海未「マゾです」

    穂乃果「いや、うん……で?」

    海未「Mです」

    穂乃果「わかってるからっ!」



    2: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 21:41:02.70 ID:osfmAlIb.net

    穂乃果「ど、動機を一応聞いておくよ」

    海未「私って昔っからSっ気あるって言われてたんですよ」

    穂乃果「はぁ」

    海未「しかし閃いたんです」



    3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 21:42:04.79 ID:osfmAlIb.net

    海未「ある濃密なビデオを見てですね」

    海未「Sってことは……Mってことなんじゃあないかなぁ?って」

    穂乃果「いや、訳分からないよっ!」




    【海未「そうだマゾになろう!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1492005041/

    1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/04/12(水) 22:50:41.88 ID:Yd61x0AI.net

    穂乃果「いっつもいっつもことりちゃんの言う事ばっかり聞いて」

    穂乃果「ことりちゃんには甘いし、怒らないしひいきにもほどがあるもん!」

    穂乃果「穂乃果が宿題忘れたら、ガミガミうるさいのに」

    穂乃果「ことりちゃんが忘れても何も言わないし、これは差別にもほどがあるよ!」

    穂乃果「こうなったら穂乃果にも考えがあるんだから」プンスカ



    2: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/04/12(水) 22:51:57.17 ID:Yd61x0AI.net

    穂乃果「もうすぐ海未ちゃんがウチに来るみたいだけど、ほむまん全部食べちゃおうっと」

    穂乃果「穂乃果の事ばっかり怒る海未ちゃんにあげるほむまんは無いよ」フフン

    穂乃果「ふぅ…お腹いっぱい」

    穂乃果「そろそろ海未ちゃんが来る頃かな?」



    3: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/04/12(水) 22:52:54.95 ID:Yd61x0AI.net

    海未「お邪魔します。穂乃果」

    穂乃果「いらっしゃい。海未ちゃん」

    穂乃果(ふふん。空になったお皿を見て海未ちゃんどう思うかな)



    4: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/04/12(水) 22:54:39.38 ID:Yd61x0AI.net

    海未「あら…?このお皿は…穂乃果?」

    穂乃果「ごめんね、おまんじゅう全部食べちゃった」

    海未「…」プルプル

    穂乃果(あ、海未ちゃん怒ってる。でも、ことりちゃんの事をひいきして、穂乃果の事ばっかり怒った罰だよ!)

    海未「穂乃果」




    【穂乃果「海未ちゃんはことりちゃんに甘すぎる!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1491483524/

    1: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2017/04/06(木) 21:58:44.29 ID:KKmx+Fj2.net

    ※地文注意

    ーアイドル研究部室ー


    穂乃果「海未ちゃーん。謝るから出てきてよー」

    ドア越しに呼びかけるけど相変わらず返事はない。もう何度目だろうこのやり取り...早く着替えたいんだけどなぁ。

    ことり「海未ちゃん久しぶりに怒っちゃってるねぇ」

    隣にいることりちゃんがニコニコしながらのほほんと呟いた。この様子だとあんまり危機感はないみたい。

    こういう時にことりちゃんが隣にいるとすっごく安心出来るね。まぁ海未ちゃんがいたらもっと安心出来るんだけど当の本人は...

    海未『よくも騙しましたね!何が美味しい水だから飲んでみて、ですか!炭酸水じゃないですか!』

    穂乃果「炭酸水じゃなくてウィ◯キンソンだよ」

    海未『どっちでもいいんですよそんな事ぉぉおおおお!』

    冗談でウィ◯キンソン飲ませたらマジギレしちゃって部室に閉じこもっちゃった。



    3: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2017/04/06(木) 21:59:54.04 ID:KKmx+Fj2.net

    穂乃果「ごめんってばー。イタズラのつもりだったんだよー?」

    海未『イタズラではすみませんよ!』

    ドアの向こうからの怒号が廊下にも響き渡る。近くを通っていた人達は何事かとこちらに視線を受けるけど、私達の姿を見て察したように通り過ぎて行った。

    まぁ海未ちゃんとの言い合いなんて日常茶飯事だもんね。ある意味恒例行事って感じ。

    けど今回ばかりは少し面倒な事になってちゃったなぁ。はぁ...と頭を抱えて小さなため息をこぼすと、ついさっきまでの出来事が脳裏にはっきりと浮かんできた...



    4: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2017/04/06(木) 22:00:48.43 ID:KKmx+Fj2.net

    ~~回想中・アイドル研究部室~~

    穂乃果「皆遅いねー」

    海未「そうですね」

    ことり「ねぇ」

    あまりにもやる事がなさ過ぎて机に突っ伏しながら2人に話しかけたけど、海未ちゃんは読書、ことりちゃんは先週使った衣装の補修をしながらだったから素っ気ない返事。

    会話に失敗してつまんないなーとこぼし、体を起こしぐいーっと伸びをして今度は天井を見つめる。

    ふと視線を移すとにこちゃんが持ち込んだ『伝伝伝』が視界に入った。こういう暇な時に見るのもいいかもって思ったけどわざわざ取るのも面倒だと思い断念。あーあ、早く皆来ないかな。

    すると、心の声が聞こえたのか海未ちゃんが答えてくれた。

    海未「そろそろ練習始めたいですね...3年生組はなんと言ってました?」

    ことり「臨時の集会だってぇ」

    海未「1年生組は?」

    穂乃果「凛ちゃんが提出し忘れていたプリントを3人で片付けているんだって」

    それを聞いた海未ちゃんは大きく溜息をして...あ、嫌な予感がする。



    5: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2017/04/06(木) 22:01:24.23 ID:S0cmLBB0.net

    スレタイが既に面白い




    【穂乃果「海未ちゃんにウィ◯キンソン飲ませたら部室に立て籠もった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1490977570/

    1: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 01:26:10.01 ID:ccXuJFPK.net

    穂乃果「隠しておこうとも思ったんだけど、やっぱり海未ちゃんには言っておこうと思って」

    海未「…………」

    穂乃果「急にこんなこと言われても困るよね。でも……」

    海未「一応言っておきますが、嘘をついていいのはその日の間だけですよ」

    穂乃果「えっ!?」

    海未「午前中だけ、という話も聞いたことがありますが」

    穂乃果「そ、そうなんだ。……ってそうじゃなくてっ! うそじゃないからねっ!」

    海未「はいはい。……それでは、ことりは遅くなるようですし、学校に向かいましょう」

    穂乃果「あっ! ぜったい信じてないでしょっ! ほんとにほんとなんだからねっ!」



    2: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 01:27:26.88 ID:ccXuJFPK.net

    学校

    ことり「おはよう! ごめんね。遅くなっちゃって」

    海未「おはようございます。もう授業もありませんし、気にする必要はありませんよ」

    穂乃果「ことりちゃん、聞いてよ! 海未ちゃんさ、私が引越しするってはなし信じてくれないんだよぉ!」

    ことり「えっ!? あっ、そ、そうなんだぁ……」

    海未「穂乃果、そんなつまらない嘘にことりまで巻き込んでいるのですか?」

    穂乃果「だっ、だからうそじゃないってば!」



    3: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 01:28:20.61 ID:ccXuJFPK.net

    海未「ことり、こんなことに付き合う必要はありませんよ」

    ことり「あ、あはは……」

    絵里「練習始めるわよー!」

    海未「それでは、行きましょうか」タッタッタッ


    穂乃果「……」

    ことり「……」



    4: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 01:29:33.70 ID:ccXuJFPK.net

    穂乃果「ふぅ、海未ちゃん、疑り深いなぁ」

    ことり「穂乃果ちゃん、やっぱり正直に言っちゃったほうがいいと思うけど……」

    穂乃果「いーや! 今年こそは海未ちゃんを騙してみせる! 去年も、その前も、ずーっと失敗してるんだから!」

    ことり「でもぉ……」

    穂乃果「だから、ことりちゃんもよろしくね。一生のお願いだから」

    ことり「う、うん。穂乃果ちゃんがそこまで言うんなら……」

    穂乃果「ありがとう! よーし、がんばるぞー!」




    【穂乃果「わたし、4月1日に引っ越しするの!」 海未「……はい?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1491138679/

    1: ◆JS69W8wZ0k (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/04/02(日) 22:11:19.77 ID:l9lsG4Tb.net

    ※おかしい海未ちゃんと地文注意



    2: ◆JS69W8wZ0k (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/04/02(日) 22:12:13.85 ID:l9lsG4Tb.net

    ー海未部屋ー


    海未「...マズいですね」

    私は部屋の中ぽつりと呟き、改めて事の重大さを確認します。普段の練習では絶対に出る事のない汗が頬を伝っていくのを感じて、自分でも冷や汗をかいてる事に驚きました。

    海未「どうしてこんな事に...」

    たしかに今日の練習は中々ハードでした。ストレッチ後のランニングで花陽とことりがダウン、柔軟で真姫とにこが根を上げ、そしてダンス練習で希のたゆんたゆんを見た凛と私が落ち込んだ...精神的にもかなりキツかったです。

    ですが...でも...もはや自分への言い訳しか見つからない事に少しイラつきを感じ、再び状況を確認する為にスマホのLINE画面に目を落としました...

    穂乃果:じゃあねー海未ちゃーん

    海未:はい。また明日、おやすみなさい

    海未:穂乃果の布団で寝ると1つになれるような気がします。というか1つになりたいです

    海未「最低です...どうして誤爆してしまったのでしょう...」ドヨーン



    3: ◆JS69W8wZ0k (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/04/02(日) 22:12:58.03 ID:l9lsG4Tb.net

    終わった...事がどう転ぼうとこれはもうダメな気がします。こんな意味不明なものを穂乃果に送る意図なんて全くありませんでした。

    海未「やはり2人同時は無理がありましたか...」

    そう落胆して目を瞑り、深呼吸して事の発端を思い出しました。習慣である、寝る前の穂乃果とのLINE中にことりからもLINEが来て、同時進行で進めていたら手違いで起こってしまったのです。

    まぁ、穂乃果の布団で寝たい願望はありますがこんな変態行為本人に伝えるわけがありません。すべてことりが悪いのです!...いえ、完全に私が悪いですよね...

    ピロリンッ

    LINEの通知音に気付き画面を見ると今度は邪悪の権化こと、ことりからでした。

    (・8・):海未ちゃーん?急に既読スルーしないでぇー?

    スルーなどしていませんよ...こっちが悩んでるというのに呑気なものです。

    こうなったらことりにも相談して見ましょう。

    (・8・):穂乃果ちゃん会議で海未ちゃんが穂乃果ちゃんにしたい事教えてくれないから話ストップしてるよー

    海未:ことり、その前に1つ聞いて欲しい話があるのですが...




    【海未「...穂乃果に誤爆してしまいました」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1489984944/

    1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/03/20(月) 13:42:24.96 ID:wZElI6aq.net

    穂乃果「わわっ!どうしたの花陽ちゃん?」

    花陽「穂乃果ちゃん、実はね、パンってとっても危ない食べ物なんだよ?」

    穂乃果「え?なんで?」

    花陽「実は犯罪を犯した人の実に半分以上はその日パンを食べているという事実があるんだ!」

    穂乃果「嘘!?」

    花陽「残念だけど本当のことなんだよ。それにね、まだあるんだ」

    穂乃果「まだあるの!?」

    花陽「パンにはその成分に酸化水素が入っていてね、別名DHMOとも言うんだけどこれがとっても危ない代物なの」

    穂乃果「ど、どんなことがあるの?」

    花陽「DHMOは中国の汚染された河を成分分析した中で一番多く含まれていたものなんだって」

    花陽「あと酸性雨にも大量に含まれているの。そんな有害物質を含む食べ物を穂乃果ちゃんは食べてるんだよ?」

    穂乃果「し、知らなかった。穂乃果おいしいからってずっと……」



    2: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/03/20(月) 13:47:45.55 ID:wZElI6aq.net

    花陽「確かにパンは美味しいかもしれない。けど例えばハンバーガーを1日3食食べ続けた人は中毒症状を起こして心臓病の危険性は2倍になるの」

    穂乃果「パンがそんなに恐ろしいものだったなんて!」

    花陽「そう、こんなに危険なんだよ!だから今すぐパンを食べるのをやめよう?」

    穂乃果「うー、うん!でもこんな怖いもの食べ続けられないよね!穂乃果もうパンは食べないよ!」



    3: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/03/20(月) 13:48:30.11 ID:ykfNSA55.net

    花陽ちゃんはかしこいなぁ



    4: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2017/03/20(月) 13:48:33.65 ID:MHSJpfKj.net

    お米教怖い




    【穂乃果「うーん、今日もパンがうまい!」花陽「ほ、穂乃果ちゃんダメぇえええ!!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ