大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!SS > にこのぞえり

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1458602655/

    1: 名無しさん 2016/03/22(火) 08:24:15.67 ID:oxIGCaZ0.net

    にこのぞえり、地の文あり
    中編くらいです、百合ではないはず



    3: 名無しさん 2016/03/22(火) 08:26:58.94 ID:oxIGCaZ0.net

     ずいぶん日が長くなった、そんなことをわたしはふと思った。
    見渡すいつもの屋上はまだ白っぽさを含んだ夕暮れが包んで、
    小春日和だった暖かな日差しの跡をそこらじゅうに残している。

    「えりちー、アイス食べたーい。えりちー」

     今日も熱のこもる練習でたくさん汗をかいたものね、なんて思い返していると、
    さっきからフェンスの側でにこと何やら話し込んでいた希が、こちらへ駆け寄ってきた。

    「あぁ、希。にこと何を話してるのかと思ったら、このあと何食べるか話してたのね……
    って、にこはなんだか納得してない様子だけど」

    「にこっちはな、クレープが食べたいらしいんよ。そやけどな、今日のうちはアイスなん。もうアイス以外見えてないん」



    4: 名無しさん 2016/03/22(火) 08:28:51.42 ID:oxIGCaZ0.net

     希がそんな西日よりもキラキラと瞳を輝かせて言えば言うほど、
    にこの不服そうで、それでいて渋々クレープからアイスへと
    切り替えようとしている複雑な表情がわたしはなんだかおかしかった。

    「まー、にこはー? 希がおごってくれるって言うからアイスもやぶさかではないって言うかー?
    ま、クレープでもアイス入ってるやつあるじゃないとか、
    少しくらいは考えなくもないけどー、まぁいいかなぁって」

     その後もぶつぶつと皮肉交じりで口数多く話すにこは、それでいてやっぱりお姉ちゃん気質だから、
    同い年だけど大きい妹みたいな希の決めたことに対して、本気で嫌がったりはしない。
    わたしはにこのこういう些細な思いやりが、とてもすきだ。

    「さすがにこね」

    「あんたはそれ言いたいだけでしょうが」



    5: 名無しさん 2016/03/22(火) 08:30:08.14 ID:oxIGCaZ0.net

     それから、この後穂乃果の課題を手伝うという海未やことり、
    「かよちんまきちゃん、ラーメン食べに行くにゃー!」と駆けて行った凛たちと別れて、
    わたしたち三人も校門をくぐった。

     午後五時、屋上にいた時よりも少し橙色が増した今日の西日は、目がくらむほどにとても眩しい。

    「それで希? 何処でアイスを食べるの?」

    「そうそう、にこも気になってたのよね。最近話題になってるとこなんてあったかなーって」

     わたしたちが口々にそう言うと、真ん中で少し後ろを歩いていた希は何故だか少し照れたような、
    小さな失敗をしてしまった時のような顔で、それぞれを見つめ返した。

    「あー……えーっとな? 外で食べよっかーってそういうことでもなくて……
    も、もしふたりが良かったら、やねんけど……うちの家で、食べない?」




    【チョコミント・ブルーの夕景【SS】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1480749082/

    1: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/12/03(土) 16:11:22.05 ID:9FG/JrLD.net

    にこ「……」

    絵里「……」

    希「……」


     


    カチコチ……カチコチ……


       


    にこ「……」

    絵里「……みんな、遅いわね」

    希「そうやねー、なんか長引いてるんかなー?」

    にこ「……」


        


    カチコチ……カチコチ……


         



    3: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/12/03(土) 16:12:50.19 ID:9FG/JrLD.net

     


    バン!


       


    にこ「……それじゃあ、本日の会議を始めるわよ」

    絵里「えっ」

    希「会議?」


        


    カチコチ……カチコチ……


         


    絵里「ちょ、ちょっとにこ……?」オロオロ

    にこ「書記」チラ

    希「ん?」

    にこ「……」

    希「へ?ウチ?書記?」

    にこ「そうよ。他に誰がいんのよ」


    希「んー」

    希「……なんやよーわからんけど、面白そうやん♪」スタ

    絵里「え、希……」



    4: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/12/03(土) 16:13:54.81 ID:9FG/JrLD.net

     


    希「~♪」ポン


       


    希「えーっと、本日の会議……」キュッキュッ


        


         


    希「っと!書けたでー?」カチ

    にこ「ありがとう」

    希「お次は議長ー?」ワクワク

    絵里「の、希まで……何なのよもう……」

    にこ「私語厳禁」

    絵里「ん……」

    にこ「会議中に私語は厳禁よ」

    絵里「会議中って……ちょ」

    にこ「規則を守るのは生徒会長なら当然でしょ、ねぇ?」

    絵里「そ、それは……生徒会長ですし、そのぐらいは……」

    にこ「分かったら黙りなさい」

    絵里「ぅ……」


    希(おお……にこっちがよくわからん理由でえりちを押してる……)




    【にこ「矢澤議長と」絵里「三年生ユニット」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1483770307/

    1: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 15:25:07.00 ID:/Nz0BLkA.net

    絵里「まったく…」フゥ

    希「まぁーPVの編集とかで疲れてたんと違う?」

    絵里「…そうね」ナデナデ

    にこ「すぅ…すぅ…」zzz


    絵里「…」ナデナデ

    希「んふふ」

    絵里「…まさか、にことこうやって過ごす日が来るなんて…少し前まで考えられなかったわね」

    希「ん~…そうやね、えりちったらちょっと前までずぅーっと怒ってたもんなぁ」

    絵里「もうっ…やめてよ」



    2: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 15:27:15.41 ID:/Nz0BLkA.net

    絵里「だって、その頃のにこの印象って言ったら、小さくって生意気で…何もしないくせにプライドばっかり高くて……」ナデナデ

    希「今も大体そうやけど」

    絵里「…でも、こうやって一緒に過ごす内に、にこの…なんていうか、魅力っていうのかしら?」

    希「分かって来た?」

    絵里「えぇ」ナデナデ

    にこ「んぅ……」モゾモゾ



    3: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 15:32:50.24 ID:/Nz0BLkA.net

    絵里「…ねぇ」

    希「?」

    絵里「にこって、いつもこのリストバンド付けてるわよね?」

    希「ん、そやね」

    絵里「合宿の時も持ってたし…よっぽど大事な物なのかしら」

    希「25って書いてあるしなぁ、自分で作ったのかも」

    絵里「ふぅん?」

    希「あ、それか妹ちゃん達からのプレゼントとか?」

    絵里「そうかも、なら裏にも刺繍があったり――」ペラ

    絵里「…え?」

    希「ん?」



    4: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 15:34:52.75 ID:/Nz0BLkA.net

    ――――
    ――

    にこ「んぅ……?」ムニャムニャ

    絵里「にこっ!」ダキッ

    にこ「!?」ビクッ

    絵里「ごめんなさいにこ!今まで気づいてあげられなくて……」ボロボロ

    にこ「は、はぁ?」

    希「ごめん…ごめんにこっち…ウチも…ウチは味方で入れてるつもりやったのに……」ポロポロ

    にこ「えっ、なに――」

    絵里「これからは私たちがずっと一緒よ!」ボロボロ

    希「なんかあったら何でもウチらに言ってな!?絶対力になるから!」ポロポロ

    にこ「なっ、なんなのよ――!!」

     

      

    終わり



    5: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 15:35:21.16 ID:zBt3Mkrx.net

    終わるな



    6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 15:37:27.81 ID:VLt6S195.net

    リストカッター矢澤



    10: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 15:48:39.64 ID:HmX9MZhl.net

    3年組の思出話から一変



    13: 名無しで叶える物語(浮遊大陸)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 15:58:39.62 ID:6/Ml49P4.net

    ほのぼのしてなかったな




    【絵里「あら……にこったら寝てるのね」 希「そやね」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1483946951/

    5 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 16:48:44.82 ID:O8pY5WJ+.net

    トテトテ←これ迷子の子が出す擬音だよね?



    6 :名無しで叶える物語(精霊の町ポルテ)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 16:49:24.59 ID:FQd+whFx.net

    にこ「絵里!はぐれないでって言ったでしょ!」



    7 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 16:49:40.24 ID:MZ3sbIlb.net

    まあ端から見たらそうなるよな



    16 :名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 17:22:12.42 ID:lPOpdxZG.net
     
    絵里(そういえば希もいない)キョロキョロ
    絵里「まったく、2人とも困ったちゃんね」トテトテ

    絵里「あっ、この小物屋さんかわいい」タッタッタッ

    ーーー

    希「えりちー」

    にこ「えりー!」

    希「どうしよ、やっぱり迷子センターに行ったほうが」オロオロ

    にこ「なに言ってるの、小学生じゃないんだから探せば見つかるわよ」キョロキョロ

    希「だからいつもの場所で済ませよって言ったやん!」

    にこ「せっかくの休日なんだから、遠出したっていいじゃない!」

    希「えりちがこんな大きなデパートに来たら、はしゃいでしまうに決まってるやん!」




    【絵里「もー、またにこってば迷子になって…」トテトテ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483933477/

    1: ◆faVaQe/4vI 2017/01/09(月) 12:44:37.62 ID:lBhiYKXG0

    にこ「はい!本日ものぞにこえりラジオの時間がやってまいりましたー!」

    希「ドンドンぱふぱふ~!」

    にこ「じゃあ早速絵里から自己紹介よろしく!」

    絵里「はーい!かしこいかわいいー?」

    にこ・希「「うみーチカー!!」」

    絵里「ハラ…って違う!」

    にこ「違わないわよ!海未はかしこくて可愛いじゃない!」

    希「そうやそうや!」

    絵里「そうだけど違うの!他にもいるでしょ!」

    にこ「あーはいはい、そっちね」 
     






    2: ◆faVaQe/4vI 2017/01/09(月) 12:47:18.17 ID:lBhiYKXG0

    にこ「じゃあもう1回どうぞー」

    絵里「かしこいかわいいー?」

    にこ・希「「まきーチカー!!」」

    絵里「それもちがーう!」

    にこ「なるほどなるほど、絵里からしたら真姫はかしこくも可愛くもないということね」

    絵里「違うから!もう1人いるでしょってこと!」

    にこ「えっ?いたっけ?」



    3: ◆faVaQe/4vI 2017/01/09(月) 12:49:39.87 ID:lBhiYKXG0

    希「えりちの錯覚やない?」

    にこ「えっ?錯覚?」

    絵里「そう、錯覚」

    絵里「それでは「自己紹介はこの辺にして、最初のコーナーよ!」

    絵里「ちょっと!ふったのはそっちじゃない!」

    にこ「なんのことかしら」

    希「えりちの錯覚やない?」

    にこ「えっ?錯覚?」

    絵里「そう、錯覚って無限ループ!」




    【にこ「第3回 のぞにこえりラジオ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1474092104/

    1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/17(土) 15:01:44.12 ID:3sAH5ktt.net

    友達11人目



    2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/17(土) 15:04:34.15 ID:3sAH5ktt.net

    絵里「ね、こち亀終わるらしいわね」

    にこ「そうねー、ジャンプが寂しくなるわ」

    希「40周年ってすごいよなぁ。ウチらが生まれるはるか昔からやってたんよ」

    絵里「私たちの親世代よりも上だもんね」

    にこ「しかも一回も休載せずにって...秋本先生何者よ」

    希「あ、たけのこの里ときのこの山あるけど食べる?」

    にこえり「食べる」



    4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/17(土) 15:10:27.54 ID:3sAH5ktt.net

    希「ジャンプ漫画何が好き?」サクサク

    にこ「私は銀魂かしら。あの独特のギャグセンスには舌を巻くわ」サクサク

    絵里「私はBLEACHね。終わっちゃって悲しいわ」サクサク

    希「あー、えりちハマってたもんな。卍解!ってよく叫んでてうるさかったし」

    にこ「ダンスの練習中に瞬歩の練習して海未に怒られてたわね」

    絵里「でも私知ってるのよ。海未も一人で更衣室で鬼道の詠唱練習してたの」

    希「へえ、面白いこと聞いちゃった」

    にこ「悪い顔してるわね...」



    5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/17(土) 15:15:28.66 ID:3sAH5ktt.net

    希「話変わるけどきのこ派?たけのこ派?」

    絵里「きのこ」

    にこ「たけのこ」

    希「ウチはコアラのマーチ」

    絵里「聞いといてその答えはないでしょ」

    にこ「それだったら私はトッポ派よ」

    希「それは違うやん。トッポはポッキー談義でやるべきや」

    にこ「違いがわからないんだけど」

    絵里「マヨネーズと醤油的な?」

    希「そうそう」

    にこ「いや、分かんないわよ」




    【希「たけのこ派もきのこ派も仲良くしましょう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483770214/

    1: ◆faVaQe/4vI 2017/01/07(土) 15:23:34.91 ID:OTiIi8zm0

    にこ「はい!本日ものぞにこえりラジオの時間がやってまいりましたー!」

    希「いえーい!」

    絵里「なんで今日はそんなにテンション高いの!?」

    にこ・希「「なんとなく」」

    絵里「なんとなく!?」

    にこ「それじゃあまずは絵里から自己紹介よろしく!」

    絵里「みんなー!かしこいかわ「「エリイイイイチカアアアアア!!!!!」」

    絵里「前回との差が凄いんだけど!?」

    にこ「だって絵里がテンション低いって文句言ったじゃない」





    2: ◆faVaQe/4vI 2017/01/07(土) 15:26:56.21 ID:OTiIi8zm0

    絵里「言ったけど!極端すぎでしょ!」

    絵里「それと2人とも早いから!」

    にこ「はいはい、じゃあもう1回ね」

    絵里「かし「「エリイイイイチカアアアアア!!!!!」」

    絵里「最後まで言わせて!」

    希「まったく、えりちは文句が多いなぁ」

    絵里「私が悪いの!?」

    にこ「さて、最初のコーナーよ」

    絵里「2人の自己紹介は!?」

    にこ「時間が無いから割愛ということで」

    絵里「ええ…」



    3: ◆faVaQe/4vI 2017/01/07(土) 15:32:22.24 ID:OTiIi8zm0

    にこ「気を取り直して、最初のコーナーはふつおた!よ」

    希「めっちゃ普通やな」

    にこ「えーと、最初のお便りはラジオネーム、かんかんみかんさんからね」

    にこ『希さん、にこさん、絵里さん、こんにちは!』

    にこ・希・絵里「「「こんにちはー」」」

    にこ『1月3日にラブライブの映画が地上波初放送でしたね!私はやっぱりラストライブの僕たちはひとつの光に泣いてしまいました!みなさんはどのシーンで1番感動しましたか?』

    絵里「やっぱり感動したシーンと言ったら、サニソンの時に全国からスクールアイドルが勢揃いしたシーンかしら」

    にこ「なるほどねー、希は?」





    【にこ「のぞにこえりラジオ 第2回」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483503098/

    1: ◆faVaQe/4vI 2017/01/04(水) 13:11:38.58 ID:8Y7Lwe7c0

    にこ「はい、本日ものぞにこえりラジオの時間がやってまいりましたー」

    希「いや、本日もって言うか今日が初めてやん!」

    にこ「細かいことは気にしちゃ駄目よ」

    にこ「文句があるなら台本書いた海未に言いなさい」

    希「よし!早速自己紹介からしていこか!」

    絵里「露骨に話逸らしたわね…」

    にこ「まあそれは置いといて、絵里から自己紹介よろしく」

    絵里「みんなー!かしこいかわいいー?」

    にこ・希「「………」」

    絵里「エリーチカって言ってよ!」

    にこ「えっ?そういう感じのやつだったの!?」

    希「もー、そうならそうと言ってや」

    絵里「いやいや!ライブでいつもやってるじゃない!」





    2: ◆faVaQe/4vI 2017/01/04(水) 13:15:48.19 ID:8Y7Lwe7c0

    にこ「分かった分かった、次からちゃんとやるわよ」

    絵里「まったく…」

    絵里「かしこいかわいいー?」

    にこ・希「「エリーチカー」」

    絵里「なんでそんなテンション低いの!?」

    希「新年からうちは何をしとるんやろうなーって思って」

    にこ「そうそう、新年からエリーチカって叫ばされる身になりなさいよ」

    絵里「新年早々当たりが酷いんだけど!?」

    にこ「気にしたら負けよ」

    にこ「それより次は希、自己紹介よろしく」

    絵里「待って!?私まだ自己紹介終わってないんだけど!?」

    希「えりちが時間かけすぎるからやん」

    にこ「そうよ、時間は決まってるんだから」



    3: ◆faVaQe/4vI 2017/01/04(水) 13:19:31.44 ID:8Y7Lwe7c0

    絵里「私が悪いの!?」

    にこ・希「「そうね(やな)」」

    絵里「もう帰りたくなったんだけど…」

    にこ「次は希よ」

    希「希パワーたっぷり注入!はーい、ぷしゅ!」

    絵里「いただ「いただきましたあああああ!!!!!」

    絵里「テンションの差!?」

    にこ「これが希と絵里の差よ」

    絵里「いやいや、ただのにこのさじ加減じゃない!」

    希「そんなのただの気のせいや」

    にこ「えっ?気のせい?」

    希「そう、気のせい」

    にこ「じゃあ最後は私ね」

    絵里「えっ!?今のなんだったの!?」




    【にこ「のぞにこえりラジオ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1445808389/

    1 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69d8-FPhQ) 2015/10/26(月) 06:26:29.93 ID:zYLMCVzY0.net

    にこのぞえりが蜜柑を食べてコーヒーを飲むSS、短編です

    ※地の文あり、絵里視点です
    ※晩秋もにこのぞえり

    以上よろしければ、先にお進みください



    2 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69d8-FPhQ) 2015/10/26(月) 06:28:38.14 ID:zYLMCVzY0.net

    「この雨が止んだら、ぐっと寒くなるらしいよ」

     希は向かいで丁寧に蜜柑を剥きながらそう言った。私は筋まで綺麗にとってからもそもそと頬張る希を見ながら、
    意外と蜜柑の剥き方ひとつにも性格は出るのかしら、とそんな風に思って、

    「秋霖、と言うらしいわ。この季節のこういった雨のこと」

     と、さっきにこに淹れてもらったコーヒーで掌を温めながら返した。

    「へぇ、絵里って物知りなのね」

     蜜柑を頬張りながら微笑む希の奥で、自分の分のコーヒーを淹れるにこは、
    そう言うとふうふうと湯気を逃しながら希の隣へ腰掛けた。

     朝から降り続くこの雨のせいで外はまだ放課後になったばかりの時間だというのに薄暗い。
    そのせいか、今私たちのいるアイドル研究部部室を蛍光灯の灯りがいつもより煌々と照らしているような気がする。
    私は立ち上がって、水たまりとぬかるみに足を取られないように帰っていく傘の群れをぼんやり眺めていると、
    窓ガラスに映る惚けた顔の私と目が合って少し照れくさかった。



    3 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69d8-FPhQ) 2015/10/26(月) 06:29:52.97 ID:zYLMCVzY0.net

    「そう言えば、みんな遅いわね」

    「あぁ、穂乃果ちゃん達は生徒会、真姫ちゃんと凛ちゃんは風邪ひいた花陽ちゃんのお見舞いに行くって言っとったよ」

    「えっ、そうだったの? なんで誰もにこには言ってくんないのよまったく……」

    「グループのLINEでみんな言ってたわよ、にこ」

    「えっ……あっ、ほんとだ。にこにーったら、早とちりっ」

     所謂てへぺろポーズでその場を乗り切ろうとするにこに私と希はただただ苦笑いを浮かべて――
    それからは、この部室に静けさが訪れた。誰も無理に話そうとも、笑おうともしない。
    再び腰掛けた私の向かいで、希は三つ目の蜜柑を丁寧に剥くことに夢中だし、にこはひと仕事終えたと言わんばかりに、
    コーヒーをゆっくり飲みながら何処からともなく取り出したアイドル雑誌のチェックに余念が無い。

     私はこの静けさがとても好きだ。三人がそれぞれのしたい事をしながら、三人でいる事を感じられる――この静けさが。

     私たちは元々、人当たりだけは良いのに人見知りで独りよがりな人間だった。希は人当たりの良さで本音を隠して、
    にこは人見知りだからこそアイドルであろうとした。そして私は、独りよがりで孤独に酔っていた。

     そんな私たちを変えてくれたμ’s、その思い出が詰まっているこの部室で、私たち三人が一緒にいながら、
    同じ静けさに身体を預けていられること――それがとても幸せだと思えた。



    4 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69d8-FPhQ) 2015/10/26(月) 06:31:06.91 ID:zYLMCVzY0.net

    「それにしてもよく降るわね、この二三日ずっとじゃない」

    「そうね、最終予選も近いのに練習も出来ないのはちょっともどかしいわね」

    「ほんと。まぁたまにはこんな日も――って希? あんた一体何個蜜柑食べるつもりなのよ」

    「ふぇ? にほっひもいふ?(にこっちもいる?)
    んぐ。いやぁこの前お母さんが送ってくれたんやけど、美味しくて……二人にもお裾分けしよ?」

    「あぁ、ありがとう」

    「私もいただくわね、希」

    「どうぞー」

     そうして私たちは部室の机に向かい合いながら、今度は三人でもそもそ、蜜柑を剥き始めた。
    にこは筋はあまり取らずに、私は薄皮まで剥いてから、それぞれ口に放り込む。



    【絵里「雨と蜜柑とコーヒーと放課後」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1445433090/

    1 :名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ (ワッチョイ c536-8eIG) 2015/10/21(水) 22:11:30.07 ID:BjsjsVUK0.net

    絵里「……いつか、おばあさまにも紹介できたらと思います……こんなところかしらね」



    絵里が綴る、μ'sへの想い。



    2 :名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ (ワッチョイ c536-8eIG) 2015/10/21(水) 22:12:44.36 ID:BjsjsVUK0.net

    おばあさま、絵里です。

    春休みは、亜里沙ともどもロシアに帰ることができずにごめんなさい。

    お手紙からおばあさまが寂しがっている様子が伝わってきました。

    二人の新生活が落ち着いたら(亜里沙がスクールアイドルに夢中なのでいつになるかは分かりませんが──)二人で元気な顔を見せたいと思います。

    お手紙の中で、一度も私のステージを見られなかったことを残念がっていましたね。

    3年間の内に、亜里沙のライブを見られる機会があることを祈っています。

    亜里沙もまた、限られた時間の中で精一杯輝くスクールアイドルなのですから。

    そういえば、前のお手紙で3月のことは大体書いてしまいましたが、私達がどうやって答えを出したかは書けずじまいでしたね。

    「私達はスクールアイドルが好き」という……μ'sの解散という、答えを。

    今日は、そのことについて書きたいと思います。



    3 :名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ (ワッチョイ c536-8eIG) 2015/10/21(水) 22:18:31.77 ID:BjsjsVUK0.net

    ~3月~


    にこ「話し合う?3人で?何をよ」

    絵里「これからのμ'sについて。穂乃果が答えを出す前に、卒業生の私達だけで考えておいた方が良いと思って」

    にこ「そんなの、私の答えは決まってるわ。いくら話し合ったって変わらないわよ?」

    絵里「たとえそうだとしても、一度お互いの意思を確認しておくのは悪くないと思うわ」

    絵里「それにほら、私達、卒業式の日に海外ライブの報せがあって以来ずっと忙しかったでしょ?」

    にこ「まぁ、そりゃ3人で集まる機会もなかったけど……」

    絵里「話し合い、だなんて言ったけどそれだけじゃないの。単純に、卒業記念の親睦会がしたいのよ」

    絵里「それでも、にこは参加したくないのかしら?」

    にこ「……今のアンタを、1年の時のアンタに見せてやりたいわ。ほんと良い性格になったわよね」

    絵里「ふふ、褒め言葉として受け取っておくわ」

    にこ「ったく……わかったわよ、参加するわ。希の方には話はついてるんでしょ?」

    絵里「ええ。希の家に集まろう、ってことになってるわ」

    にこ「了解。じゃ、一度帰って仕度したら行くわ」

    絵里「ええ、じゃあまた後でね」



    【絵里「おばあさま、絵里です」】の続きを読む

    このページのトップヘ