大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!SS > ことにこ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1537235160/

    1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/18(火) 10:46:00.31 ID:qoXd8qrk

    ことり「ことりとにこちゃんがイチャイチャするの!」

    にこ「ふーん」

    ことり「にこちゃんはことりとイチャイチャしたくないの?」

    にこ「既に抱きついてきてるくせに何言ってんのよあんた」

    ことり「えへへ~」ギュー



    2: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/18(火) 10:52:51.61 ID:qoXd8qrk

    にこ「それにあんた、にことこうやってじゃれあってるのを穂乃果や花陽に隠し撮りさせてTwitterにあげてるじゃない」

    ことり「あ、ああああああ、あげてないよぉ?」アセッ

    にこ「まあわたしたちしか見れないアカウントで呟いてるから見逃してあげてるんだけど」

    ことり「じゃあキスしていいの!?」

    にこ「どんな頭してたらその考えに行きつくのよ…」



    4: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/18(火) 11:18:04.07 ID:qoXd8qrk

    ことり「にこちゃんおねがぁい」

    にこ「いやよ」

    ことり「ちぇー」

    にこ「可愛くないわね…」

    ことり「もういいもんにこちゃんなんて知らない!」

    にこ「はいはい」

    ことり「ふえ~ん…」ポロポロ

    にこ「ぬわ」

    バーン

    穂乃果「にこちゃんがことりちゃんを泣かしたー」棒読み

    花陽「にこちゃんいけないんだー」棒読み



    5: 名無しで叶える物語(ちゃんぽん) 2018/09/18(火) 11:39:25.26 ID:/rwtxO/S

    可愛いのしかいない…



    6: 名無しで叶える物語(笑) 2018/09/18(火) 11:43:30.33 ID:hXGecwRc

    ことにこ尊い




    【ことり「百合営業しない?」 にこ「何するの?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1536060036/

    2: 名無しで叶える物語(笑) 2018/09/04(火) 20:26:22.06 ID:T8R+sRkY

    わたしは矢澤にこ

    今日は後輩の南ことりの可愛さの秘訣を暴いてやるわ

    このにこにーに負けず劣らずのその可愛さがどこからやってくるのか

    必ず暴いてやるわ!


    にこ「…」ジー

    ことり「ど、どうしたの?にこちゃん?」



    9: いきなり書き込めなくなったちゅん(`8´ ◆G7T4DHe1S2 (SB-iPhone) 2018/09/04(火) 22:09:40.11 ID:gi/cg+P7

    ことり「にこちゃん~何でずっとことりのこと見てるの~?」

    にこ「ことりが可愛い(秘訣を暴きたい)からよ」

    ことり「えっ/////」モジモジ

    にこ「えっ」

    ことり「そ、そんなことりが可愛いなんて/////」プリプリ

    にこ(て、天然!!!!!そして可愛い!!!!!!)

    ことり「ん~ん~/////」テレテレ

    にこ(ことりの可愛さの秘訣は天然にあったのね!!これは発見よ!!)



    11: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/09/04(火) 22:25:13.90 ID:IhrrStOV

    にこはミナリンスキーの正体がことりってわかった後、
    サインどうしたんだろうか



    14: 名無しで叶える物語(庭) 2018/09/04(火) 22:38:11.65 ID:4R92HFvl

    >>11
    劇場版で部室に飾ってあったから伝伝伝と一緒に大事に置いてあるぞ




    【にこ「ことりの可愛さの秘訣を暴いてやるわ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1490619458/

    1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:57:38.83 ID:K106Oxs8.net

    #闇の中。


    沈みゆく夕陽は、数分もすれば地平線の向こう側へと消えてしまうのでしょう。

    天井近くの小窓から差し込む光は段々と弱くなり、世界は輪郭を失い始めています。

    「見えなくなってきたね」

    「……そうね」

    濃密になってゆく暗がりの中で、私と彼女は、人知れず閉じ込められていました。



    2: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:58:26.61 ID:K106Oxs8.net




    「にこちゃん、ごめんね」

    「いいっていってるのに。あんたもしつこいわねぇ」

    どうして、こんなことになったのか。理由は簡単。私がやりました。

    もちろんわざとやったわけじゃありません。事故でこうなったのです。だから彼女だって怒っていません。

    いつものように、『仕方ないわねー』の一言と、『私は今、不機嫌です』といった表情をするだけでした。

    (その時には既に薄暗かったので、よく見えてはいませんでしたが。きっとしていたに違いありません)

    「まあ、そのうちあいつらの誰かが不審に思って探しに来るでしょ」

    気だるそうな言葉の後に、ポフンという音が響く。

    きっと、折りたたまれたマットにでも勢い良く腰掛けたのでしょう。



    3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:59:30.46 ID:K106Oxs8.net

    「ねえ、ことり。今何時くらいかわかる?」

    「え、と。さっき体育館の時計を見た時は、四時半ちょっと前だったかな?」

    「ふーん。……ってことは、あと最低でも三十分くらいはここにいるわけね」

    つい先程―――といっても一時間以上前のことですが―――を思い出します。

    今日のミーティング中、近々行われるライブに必要な道具が足りないという問題が発覚しました。

    専門店でレンタルしようとするには割高になってしまうから、学院内から代用品になりそうなものを見つけようという部長(彼女のことです)の一言で、音ノ木坂学院捜索隊が結成されました。

    (割高と彼女はいっていますが、本当は使える予算がないだけです。μ'sはいつでもギリギリなのです)

    そして家探しならぬ学院探しをすることが決まった後、まず始めに行われたのはクジ引きによるチーム分けでした。

    (こういうのはだいたい穂乃果ちゃんが提案します。今回もそうでした。何をするにしても楽しく、というのが穂乃果ちゃんらしいです)



    4: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 22:00:17.74 ID:K106Oxs8.net

    にこちゃん『私のクジ、いちごの絵が描いてるんだけど。私と組むの誰?』

    わたし『あ、私だよ』

    控えめに挙手した左手に感じる、何とも言えない視線。良いとも悪いとも思っていない、そういう温度の表情。

    自分のクジ―――彼女と同じくいちごの絵が描いてある―――を見せても、彼女はニコりとも笑わない。努めて、ニコニコと笑いかけてみる。

    わたし『よろしくね、にこちゃん』

    にこちゃん『邪魔すんじゃないわよ』

    しかし私の笑顔の甲斐も虚しく、ふいっと顔を逸らされてしまいました。

    彼女の対応は素っ気ないにも程があるけれど、大抵のメンバーに対してはこんな感じなので気にしないとします。

    (気にし始めたらドツボにはまってしまうのが目に見えています)




    【【SS】 闇の中。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1500542267/

    1: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2017/07/20(木) 18:17:47.84.net

    誰もいない被服室でことりは一人作業をしていました。

    一台のミシンの前に座り、周りに大量の布の壁を作ってみんなの衣装を作っています。

    ちょっとしたお城みたいだね。もっと可愛い感じのお城がよかったけれど、今はそんな暇はないのです。

    今年のハロウィンイベントのために大忙し。学校内でライブをやることになったのです。

    だから休んでなんていられません。曲も歌詞も出来上がっているので、衣装も早く仕上げないと。

    うんと可愛い衣装を作って大成功させなくちゃ。

    「ふぅ……」




    4: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2017/07/20(木) 18:23:20.25.net

    ちょっと一息。水筒を手に取り中のミルクティーで喉を潤します。

    優しい甘さがじんわりと身体に染みていく感じがして、そこで初めて自分が疲れているのだと自覚しました。

    首を一周回してみるとコキッと軽い音が鳴ります。肩も凝っているようです。

    でも疲れに負けてはいられません。腕を真上に伸ばして足先までぐーっと伸ばします。

    「よし!」

     気合いを入れ直してまたミシンを進ませます。

     チクチクチクチク……



    5: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2017/07/20(木) 18:23:51.08.net

    ミシンの奏でる音が被服室に木霊します。みんなは今頃何をしているでしょうか。

    踊りを決めているのかもしれません。歌の練習をしているのかもしれません。

    ミシンを止めると広がる静寂。遠くで微かに運動部の声がします。

     誰か来てくれないかな。




    【ことり「意地悪な台詞のひとつもとても愛しい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1490185417/

    1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/03/22(水) 21:23:37.76 ID:XCmBd4h9.net

    ことり「はあ…どうしよう…」

    にこ「どうしたのよ、ことり」

    ことり「あ…あれ?にこちゃん?」

    にこ「さっきからいたけど、気づいてなかったの?」

    ことり「う…うん…ごめんね」



    2: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/03/22(水) 21:24:17.82 ID:XCmBd4h9.net

    にこ「別にいいけど、溜息なんかついてどうしたのよ?」

    ことり「な…なんでもないよっ!ことりは大丈夫」ニコッ

    にこ「あんたねえ…そういうところ、ことりの良くない所よ」

    にこ「別に話ぐらい聞いてあげるわ。大方の悩みは分かってるし」

    ことり「えっ?」



    3: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/03/22(水) 21:25:00.68 ID:XCmBd4h9.net

    にこ「新曲の衣装のデザイン、悩んでるんでしょ?」

    ことり「うん…これといったものが出来なくて…」

    にこ「やっぱりね。そんな事で悩んでるなら早く相談しなさいよ」

    ことり「でも…」

    にこ「でも、じゃないわよ。アイドルの事に関してはにこが一番詳しいんだし、困ってるなら聞けばいいじゃない」

    ことり「…にこちゃん」



    4: 名無しで叶える物語(浮遊大陸)@\(^o^)/ 2017/03/22(水) 21:25:03.96 ID:1RmTSrwV.net

    ことにこはいいぞ




    【ことり「にこちゃんはかわいい先輩」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1489740850/

    1: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 17:54:10.02 ID:ZFtOhSx9.net

     


    ガラ


       

    ことり「あ、にこちゃん」

    にこ「ん…」


    にこ「珍しいわねこんなところで。三年のフロアに何か用かしら?」

    ことり「うん、ちょっとね。先生の頼まれごとで…」

    にこ「ふぅん」

       

    ことり「……」

    にこ「……」

         



    2: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 17:54:43.53 ID:ZFtOhSx9.net

    にこ「それじゃ頑張りなさい」

    ことり「あ、う、うん。ありがとう~」

    にこ「また後でね」スタスタ

    ことり「また後で~」フリフリ

     

    ことり「……」


       



    4: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 17:55:50.30 ID:ZFtOhSx9.net

     


    ガラ


       

    ことり「あ、にこちゃん~」

    にこ「…ん?」


    にこ「あら、図書室になんかようなの?」

    ことり「うん~ちょっと調べ物があって~」

    にこ「ふぅん」

       

    ことり「……」

    にこ「……」

         



    5: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 17:56:31.25 ID:ZFtOhSx9.net

    にこ「あと少しで休み時間終わるから気をつけなさい」

    ことり「あ、う、うん。ありがとう…」

    にこ「それじゃあね」スタスタ

    ことり「またね~…」フリフリ

     


    ことり「……」


       




    【にこ「矢澤議長と」ことり「面倒な南」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1488461827/

    1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/03/02(木) 22:37:07.95 ID:1wvsip3f.net

    ことり「ふぅん……♡」



    3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/03/02(木) 22:38:14.99 ID:2OrEwZt6.net

    ことりは肉食



    14: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/03/02(木) 23:13:36.91 ID:cjuMWB5A.net

    猛禽類モードですね



    30: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 03:03:07.85 ID:ZYQrCNv0.net

    にこ「あ゛ー」ペタン

    ことり「ちょっ……にこちゃーん///」

    にこ「畳に素肌って、気持ちいいわ」

    にこ「あんたもやってみなさいよ」

    ことり「も、もぉ。アイドルなのに、はしたないよぅ……///」チラチラ

    にこ「なーにチラチラ見てんのよ」

    ことり(にこちゃんの白い肩……)

    ことり(……今ここでかぶりついたら、どうなっちゃうかな?)




    【にこ「ふぅあっつ~」ヌギヌギ ことり「ふぇぇ!?な、なんで脱いでるの!?///」にこ「この部屋暑いし?女同士なんだからいいでしょ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489812375/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 13:46:15.94 ID:iqHdnoYQO

    ・ことにこ
    ・山なし、落ちなし、意味なし





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 13:49:05.26 ID:iqHdnoYQO

    放課後!

    絵里「皆集まったわね。練習を始めるわよ」

    海未「それでは各自ペアになってストレッチを始めてください」

    にこ「(さて、今日は誰と組もうかしら)」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 13:51:03.91 ID:iqHdnoYQO

    穂乃果「凛ちゃん一緒にやろー」

    凛「いいよー。まず凛が押してあげるにゃ」

    真姫「花陽、さっさとやるわよ」

    花陽「うん。真姫ちゃん、気合十分だね」

    にこ「ことり」

    ことり「うん、先に押すほうやるね♪」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 13:51:39.48 ID:iqHdnoYQO

    海未「ふむ、それでは私達は三人でやりましょう」

    希「オッケー。手ぇ滑ったらごめんなぁ?」ワシワシ

    海未「...私の握力がどれくらいか知っていますか?」ニギニギ

    希「ひぃっ!暴力はんたーい!」

    絵里「ほら、ふざけてないで早くやるわよ」




    【ことり「にこちゃん、衣装について相談があるんだけど...」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1482233401/

    1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/20(火) 20:30:01.78 ID:nrm29GrE.net

    穂乃果「ことりちゃん、昨日のドラマ見た?」

    ことり「うん!見たよ」

    穂乃果「あーあ、穂乃果にもあんな素敵な王子様みたいな人がいたらなあ…」

    穂乃果「穂乃果…あんな素敵な人とデートしてみたい…」

    にこ「なーに言ってんのよ」

    穂乃果「にこちゃんも見たの?あのドラマ良かったよね!」



    2: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/20(火) 20:30:31.00 ID:nrm29GrE.net

    にこ「そこじゃないわよ。穂乃果、あんたアイドルでしょ?」

    にこ「それなのに、男とデートしたいってどういうことよ」

    穂乃果「えー、それぐらいいいじゃん!」

    にこ「アイドルが男の影ちらつかせてどーすんのよ。大スキャンダルじゃない」

    穂乃果「にこちゃんは、そういうの興味ないの?」

    にこ「あったりまえでしょ。それと、海未が呼んでたわよ」

    穂乃果「はーい」ブー

    ことり「…」



    3: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/20(火) 20:31:15.79 ID:nrm29GrE.net

    にこ「じゃあ、ことり。にこの衣装合わせ頼むわよ」

    ことり「…」

    にこ「ことり?」

    ことり「ご…ごめんね、にこちゃん…」

    にこ「どうしたのよ?どこか体調でも悪いの?」

    ことり「そうじゃないよ…でもありがとう」



    4: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/20(火) 20:31:55.93 ID:nrm29GrE.net

    にこ「ことりに感謝されるような事したかしら?」

    ことり「にこちゃんが心配してくれるだけで、ことりは嬉しいから」

    にこ「…そう?そんな事より衣装合わせ始めたいんだけど」

    ことり「うん♪それじゃあ始めるね」




    【ことり「初めてのキスは別離の味」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1423149067/

    1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/06(金) 00:11:07.52 ID:8DfVbg8D.net

    「こらぁ!凛、こっち来なさい!」

    「嫌だにゃあ、離すにゃあああ!」

    鬼の形相のにこちゃん。凛ちゃんを部室へ連行していきます。

    一年生には結構寛容な我らが部長ですが。

    先程の、六十秒間ぐるぐると体を回転させ続けるというイタズラは許せなかったようです。

    正直、見てるだけで少し気分が悪くなってしまうほどでした。

    「それじゃ、しばらく抜けるから後よろしく」

    「助け、誰か助けてっ、あ、かよちん!助けてかよちーん!」



    3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/06(金) 00:12:24.15 ID:8DfVbg8D.net

    助けを求める声に、答える声はありません。

    名前を呼ばれたかよちゃんも、明後日の方向を向いてしまっています。

    「誰か助け―――」

    バタン。無情にも、屋上のドアは閉じられました。

    しかし残された私達に動揺はありません。

    凛ちゃんがにこちゃんに悪戯をして、お説教されるのはよくあることだからです。

    「さ、ストレッチを始めるわよ。凛とにこがいないから、花陽と真姫で組んでね」

    何事もなかったかのように、今日のトレーニングが始まります。



    4: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/06(金) 00:13:32.07 ID:8DfVbg8D.net




    あれからしばらく経ちますが、二人が戻ってくる気配はありません。

    今も部室にいるのでしょうか。

    「凛ちゃん、まだ怒られてるのかなあ?」

    「あはは、こってり絞られてるんだろうね。大変だよね~」

    「実際にお説教受けることが多い穂乃果が言うと、説得力がありますね」

    知られざるμ’s名物、にこちゃんのお説教。

    大抵は凛ちゃんか、穂乃果ちゃんが叱られています。

    きっと、限度を知らずに突っ走る二人だからでしょう。




    【【SS】 ことりチャレンジ!【ことにこ】】の続きを読む

    このページのトップヘ