大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!SS > ことにこ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1500542267/

    1: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2017/07/20(木) 18:17:47.84.net

    誰もいない被服室でことりは一人作業をしていました。

    一台のミシンの前に座り、周りに大量の布の壁を作ってみんなの衣装を作っています。

    ちょっとしたお城みたいだね。もっと可愛い感じのお城がよかったけれど、今はそんな暇はないのです。

    今年のハロウィンイベントのために大忙し。学校内でライブをやることになったのです。

    だから休んでなんていられません。曲も歌詞も出来上がっているので、衣装も早く仕上げないと。

    うんと可愛い衣装を作って大成功させなくちゃ。

    「ふぅ……」




    4: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2017/07/20(木) 18:23:20.25.net

    ちょっと一息。水筒を手に取り中のミルクティーで喉を潤します。

    優しい甘さがじんわりと身体に染みていく感じがして、そこで初めて自分が疲れているのだと自覚しました。

    首を一周回してみるとコキッと軽い音が鳴ります。肩も凝っているようです。

    でも疲れに負けてはいられません。腕を真上に伸ばして足先までぐーっと伸ばします。

    「よし!」

     気合いを入れ直してまたミシンを進ませます。

     チクチクチクチク……



    5: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2017/07/20(木) 18:23:51.08.net

    ミシンの奏でる音が被服室に木霊します。みんなは今頃何をしているでしょうか。

    踊りを決めているのかもしれません。歌の練習をしているのかもしれません。

    ミシンを止めると広がる静寂。遠くで微かに運動部の声がします。

     誰か来てくれないかな。




    【ことり「意地悪な台詞のひとつもとても愛しい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1490185417/

    1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/03/22(水) 21:23:37.76 ID:XCmBd4h9.net

    ことり「はあ…どうしよう…」

    にこ「どうしたのよ、ことり」

    ことり「あ…あれ?にこちゃん?」

    にこ「さっきからいたけど、気づいてなかったの?」

    ことり「う…うん…ごめんね」



    2: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/03/22(水) 21:24:17.82 ID:XCmBd4h9.net

    にこ「別にいいけど、溜息なんかついてどうしたのよ?」

    ことり「な…なんでもないよっ!ことりは大丈夫」ニコッ

    にこ「あんたねえ…そういうところ、ことりの良くない所よ」

    にこ「別に話ぐらい聞いてあげるわ。大方の悩みは分かってるし」

    ことり「えっ?」



    3: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/03/22(水) 21:25:00.68 ID:XCmBd4h9.net

    にこ「新曲の衣装のデザイン、悩んでるんでしょ?」

    ことり「うん…これといったものが出来なくて…」

    にこ「やっぱりね。そんな事で悩んでるなら早く相談しなさいよ」

    ことり「でも…」

    にこ「でも、じゃないわよ。アイドルの事に関してはにこが一番詳しいんだし、困ってるなら聞けばいいじゃない」

    ことり「…にこちゃん」



    4: 名無しで叶える物語(浮遊大陸)@\(^o^)/ 2017/03/22(水) 21:25:03.96 ID:1RmTSrwV.net

    ことにこはいいぞ




    【ことり「にこちゃんはかわいい先輩」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1489740850/

    1: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 17:54:10.02 ID:ZFtOhSx9.net

     


    ガラ


       

    ことり「あ、にこちゃん」

    にこ「ん…」


    にこ「珍しいわねこんなところで。三年のフロアに何か用かしら?」

    ことり「うん、ちょっとね。先生の頼まれごとで…」

    にこ「ふぅん」

       

    ことり「……」

    にこ「……」

         



    2: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 17:54:43.53 ID:ZFtOhSx9.net

    にこ「それじゃ頑張りなさい」

    ことり「あ、う、うん。ありがとう~」

    にこ「また後でね」スタスタ

    ことり「また後で~」フリフリ

     

    ことり「……」


       



    4: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 17:55:50.30 ID:ZFtOhSx9.net

     


    ガラ


       

    ことり「あ、にこちゃん~」

    にこ「…ん?」


    にこ「あら、図書室になんかようなの?」

    ことり「うん~ちょっと調べ物があって~」

    にこ「ふぅん」

       

    ことり「……」

    にこ「……」

         



    5: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 17:56:31.25 ID:ZFtOhSx9.net

    にこ「あと少しで休み時間終わるから気をつけなさい」

    ことり「あ、う、うん。ありがとう…」

    にこ「それじゃあね」スタスタ

    ことり「またね~…」フリフリ

     


    ことり「……」


       




    【にこ「矢澤議長と」ことり「面倒な南」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1488461827/

    1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/03/02(木) 22:37:07.95 ID:1wvsip3f.net

    ことり「ふぅん……♡」



    3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/03/02(木) 22:38:14.99 ID:2OrEwZt6.net

    ことりは肉食



    14: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/03/02(木) 23:13:36.91 ID:cjuMWB5A.net

    猛禽類モードですね



    30: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 03:03:07.85 ID:ZYQrCNv0.net

    にこ「あ゛ー」ペタン

    ことり「ちょっ……にこちゃーん///」

    にこ「畳に素肌って、気持ちいいわ」

    にこ「あんたもやってみなさいよ」

    ことり「も、もぉ。アイドルなのに、はしたないよぅ……///」チラチラ

    にこ「なーにチラチラ見てんのよ」

    ことり(にこちゃんの白い肩……)

    ことり(……今ここでかぶりついたら、どうなっちゃうかな?)




    【にこ「ふぅあっつ~」ヌギヌギ ことり「ふぇぇ!?な、なんで脱いでるの!?///」にこ「この部屋暑いし?女同士なんだからいいでしょ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489812375/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 13:46:15.94 ID:iqHdnoYQO

    ・ことにこ
    ・山なし、落ちなし、意味なし





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 13:49:05.26 ID:iqHdnoYQO

    放課後!

    絵里「皆集まったわね。練習を始めるわよ」

    海未「それでは各自ペアになってストレッチを始めてください」

    にこ「(さて、今日は誰と組もうかしら)」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 13:51:03.91 ID:iqHdnoYQO

    穂乃果「凛ちゃん一緒にやろー」

    凛「いいよー。まず凛が押してあげるにゃ」

    真姫「花陽、さっさとやるわよ」

    花陽「うん。真姫ちゃん、気合十分だね」

    にこ「ことり」

    ことり「うん、先に押すほうやるね♪」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 13:51:39.48 ID:iqHdnoYQO

    海未「ふむ、それでは私達は三人でやりましょう」

    希「オッケー。手ぇ滑ったらごめんなぁ?」ワシワシ

    海未「...私の握力がどれくらいか知っていますか?」ニギニギ

    希「ひぃっ!暴力はんたーい!」

    絵里「ほら、ふざけてないで早くやるわよ」




    【ことり「にこちゃん、衣装について相談があるんだけど...」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1482233401/

    1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/20(火) 20:30:01.78 ID:nrm29GrE.net

    穂乃果「ことりちゃん、昨日のドラマ見た?」

    ことり「うん!見たよ」

    穂乃果「あーあ、穂乃果にもあんな素敵な王子様みたいな人がいたらなあ…」

    穂乃果「穂乃果…あんな素敵な人とデートしてみたい…」

    にこ「なーに言ってんのよ」

    穂乃果「にこちゃんも見たの?あのドラマ良かったよね!」



    2: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/20(火) 20:30:31.00 ID:nrm29GrE.net

    にこ「そこじゃないわよ。穂乃果、あんたアイドルでしょ?」

    にこ「それなのに、男とデートしたいってどういうことよ」

    穂乃果「えー、それぐらいいいじゃん!」

    にこ「アイドルが男の影ちらつかせてどーすんのよ。大スキャンダルじゃない」

    穂乃果「にこちゃんは、そういうの興味ないの?」

    にこ「あったりまえでしょ。それと、海未が呼んでたわよ」

    穂乃果「はーい」ブー

    ことり「…」



    3: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/20(火) 20:31:15.79 ID:nrm29GrE.net

    にこ「じゃあ、ことり。にこの衣装合わせ頼むわよ」

    ことり「…」

    にこ「ことり?」

    ことり「ご…ごめんね、にこちゃん…」

    にこ「どうしたのよ?どこか体調でも悪いの?」

    ことり「そうじゃないよ…でもありがとう」



    4: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/20(火) 20:31:55.93 ID:nrm29GrE.net

    にこ「ことりに感謝されるような事したかしら?」

    ことり「にこちゃんが心配してくれるだけで、ことりは嬉しいから」

    にこ「…そう?そんな事より衣装合わせ始めたいんだけど」

    ことり「うん♪それじゃあ始めるね」




    【ことり「初めてのキスは別離の味」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1423149067/

    1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/06(金) 00:11:07.52 ID:8DfVbg8D.net

    「こらぁ!凛、こっち来なさい!」

    「嫌だにゃあ、離すにゃあああ!」

    鬼の形相のにこちゃん。凛ちゃんを部室へ連行していきます。

    一年生には結構寛容な我らが部長ですが。

    先程の、六十秒間ぐるぐると体を回転させ続けるというイタズラは許せなかったようです。

    正直、見てるだけで少し気分が悪くなってしまうほどでした。

    「それじゃ、しばらく抜けるから後よろしく」

    「助け、誰か助けてっ、あ、かよちん!助けてかよちーん!」



    3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/06(金) 00:12:24.15 ID:8DfVbg8D.net

    助けを求める声に、答える声はありません。

    名前を呼ばれたかよちゃんも、明後日の方向を向いてしまっています。

    「誰か助け―――」

    バタン。無情にも、屋上のドアは閉じられました。

    しかし残された私達に動揺はありません。

    凛ちゃんがにこちゃんに悪戯をして、お説教されるのはよくあることだからです。

    「さ、ストレッチを始めるわよ。凛とにこがいないから、花陽と真姫で組んでね」

    何事もなかったかのように、今日のトレーニングが始まります。



    4: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/06(金) 00:13:32.07 ID:8DfVbg8D.net




    あれからしばらく経ちますが、二人が戻ってくる気配はありません。

    今も部室にいるのでしょうか。

    「凛ちゃん、まだ怒られてるのかなあ?」

    「あはは、こってり絞られてるんだろうね。大変だよね~」

    「実際にお説教受けることが多い穂乃果が言うと、説得力がありますね」

    知られざるμ’s名物、にこちゃんのお説教。

    大抵は凛ちゃんか、穂乃果ちゃんが叱られています。

    きっと、限度を知らずに突っ走る二人だからでしょう。




    【【SS】 ことりチャレンジ!【ことにこ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1435149562/

    1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/24(水) 21:39:22.91 ID:Zpc3kQmM.net

    #服飾コネクション


    『飾らない関係ってなんだと思う?』


    思ったことを、隠さずに言い合える。

    一緒にいることに疲れない、沈黙も楽しめる関係。


    『じゃあ、幼馴染』


    小さい頃から、ずっと一緒。

    思い出だけで、一晩中語り合えることが出来る存在。

    好きな歌手。苦手な先生。マイブームのお菓子。嫌いな食べ物。ちょっとした癖。

    何から何まで、知っている。そんな間柄。


    『μ’sは?』


    楽しいことも悲しいことも、一緒に乗り越えてきた仲間たち。

    かげがえのないもの。青春。私達の、みんなの夢。


    『私とあんた』


    幼馴染じゃないけれど、μ’sの仲間。

    だから、飾らない関係で、心が通いあった大切な仲間。


    『それ、本気でそう思ってる?』


    …………うん。


    『あんたって、正直よね』



    3: 映画ネタバレがちょっとあります。注意忘れてしました。(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/24(水) 21:40:50.86 ID:Zpc3kQmM.net




    (……ふぅ)


    キリの良い所まで縫い終えて、一息を入れる。

    周りを見渡せば、真剣な面持ちでミシンを操作している人達。

    普段は、この部屋にいるはずのないスクールアイドルのみなさん。

    アライズのあんじゅさんに、東京近郊のスクールアイドルの衣装担当の方たち。

    みんな、イベントに向けて、一緒に衣装作りに励んでいます。



    4: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/24(水) 21:42:25.47 ID:Zpc3kQmM.net

    (普段より集中できてないし、もっと頑張らないと)


    まだまだ先は長いので、私だけが休憩に入るわけにもいきません。

    それに、自分の中の工程表に照らし合わせれば、遅れが出ているのは明白で。

    本来であれば、大好きな衣装作りなのですから、そうそう集中は途切れないはずなのですが。

    今の私には、一つの問題がありました。

    その問題が、私の集中力を途切れさせ、事あるごとにキリの良い所という名の一息を入れさせる、という状態にさせています。

    諸悪の根源は部屋の中。響き渡る縫製音で感覚が狂ってしまったとか、知らない人が多くて気疲れした、などではありません。

    ミシンの縫製音は、むしろ心地が良いものだと思いますし、よく知らない人にしたって、同じ衣装担当ということで親しみが持てます。

    だから、私を悩ませているモノというのは、知らない人の存在ではなくて。

    逆に、知っている人のことなのです。



    5: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/24(水) 21:45:09.37 ID:Zpc3kQmM.net

    ダッダッダッダッ

    しゅるっ

    ダッダッダッダッ


    ミシンを使おうと目線を前に向けたならば、ちらちらと目に入ってくる、美しい黒髪。

    自分の真向かいの位置から聞こえて来る、規則的な縫製音と衣擦れの音。

    彼女の発する音に過剰に反応してしまうところに、半覚醒的な集中状態があいまって、気がつけば、いつしかその音に聞き入ってしまっているのです。



    6: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/24(水) 21:46:34.72 ID:Zpc3kQmM.net

    ダッダッダッダッ

    しゅるっ

    ダッダッダッダッ


    すると意識が、薄く、広くなってきて、自分自身が彼女の布地になったかのような錯覚に陥る。


    (もしかしたらこれは、ミシンの音なんかじゃなくて、私の鼓動の音なのかもしれません……)


    我ながら、行き過ぎた妄想だと笑ってしまいます。

    だけれど、そんな風に笑い飛ばそうにも、その幻想は消えずに、何度も何度も、繰り返し脳裏に蘇るのです。




    【【SS】 服飾コネクション 【ことにこ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1474536806/

    1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 18:33:26.01 ID:bk1uhAwN.net

    夜空

    キラキラ キラキラ

    こころ「わぁ…きれいです…」

    こたろう「ぴかぴかー」

    にこ「見て、流れ星!」

    ここあ「おねがいごとしなきゃ!……えっと、えーっと…」ジタバタ

    ここあ「あ、きえちゃった…なんにもおねがいしてないのに…」

    こころ「ふふっ、ここあはまだまだですね」

    にこ「こころは何かお願いしたの?」

    こころ「はいお姉さま!」

     
    こころ「お姉さまがもっともっとすごいアイドルになれますように、と!」



    2: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 18:36:30.02 ID:bk1uhAwN.net

    にこ「こころ……」

    こころ「でも、こころがお願いしなくてもよかったかもしれませんね」

    にこ「どうして?」

    こころ「だって、お姉さまは宇宙NO.1アイドルですから!お姉さまよりすごいアイドルなんていません!」

    こころ「そうですよねお姉さま?」

    にこ「……そうね」

    ここあ「はぁ、ここあもおねがいしたかったなぁ…」

    にこ「流れ星くらいまた見られるわよ。そのときまでに願い事を考えといてね」

    ここあ「…そうだね」

    こころ「あっ、また流れ星が!」

    ここあ「うそ!?」



    3: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 18:39:06.24 ID:bk1uhAwN.net

    ヒューーー キラキラ 

    にこ「うーん…あれは星じゃなさそうね。飛行機とか…?」

    こたろう「おちたー」

    こころ「こたろう?」

    こたろう「おちたー」

    ここあ「ヒコーキがおちちゃったの!?」

    にこ「まさか、そんなことあるわけ…」

    こたろう「おちたー」



    5: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 18:43:09.29 ID:bk1uhAwN.net

    公園

    にこ「落ちた…」

    にこ「オーディションに落ちた…。10連敗よねこれで…」

    にこ「もう何なのよ!どいつもこいつも!なんでにこの魅力がわからないの?」

    にこ「にっこにっこにこにこーだよ♪」

    にこ「ほら楽しくなれっ♪」

    にこ「ありがとー!ありがとー!これからも、宇宙NO.1アイドル矢澤にこをよろしくね♡」

     
    シーン
     

    にこ「……」

    にこ「……はぁ」

       

    「あれ、もう終わりなの?」




    【にこ「宇宙まで届け、にこの歌」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1454930286/

    1 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/02/08(月) 20:18:06.05 ID:mZ4yVU16.net

    お化け屋敷で弱気になっちゃうにこちゃんにキュンキュンしちゃうことりちゃん



    10 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/08(月) 22:08:18.45 ID:2WGs3pMZ.net

    にこ「ほ、本当に入るの?」

    ことり「え?なんで?」

    にこ「ほ、ほらコーヒーカップとかの方が楽しそうじゃない?」

    ことり「んー、コーヒーカップもいいけど私はお化け屋敷にも入りたいかな♪」

    ことり「にこちゃんこわい?」

    にこ「な、なぁに言ってるのよ!このスーパープリティアイドルにこちゃんがお化け屋敷ごときに怯むわけないでしょっ!」



    13 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/08(月) 22:16:58.11 ID:2WGs3pMZ.net

    ことり「なら大丈夫だねっ♪」

    にこ「えぇ……行きましょう…」ガクガク

    ギィィィバタンッ

    にこ「ひぃあっ変な音出して閉まるんじゃないわよぉ…」

    ことり「わぁ~すごい本格的~!」

    にこ(なんでことりは平気なのよっ!)

    ことり「じゃあ進もうにこちゃん」

    にこ「うぅ…わかったわ……」



    15 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/08(月) 22:22:03.26 ID:2WGs3pMZ.net

    ことり「よくできた洋館だね~」

    にこ「よく出来過ぎじゃないかしら……」

    ドンドンドンドンドン!!!

    にこ「ヒャアアアア!!」

    ことり「キャッ」

    にこ「な、な、なんかそこのドアから音がしたわよね……?」

    ことり「ん~なんだろう?」ガチャ

    にこ「ちょっ、バカ開けるなんてやめなさいよっ」



    【にこ「離れちゃ嫌ぁ…」ギュッ ことり「!」チュン】の続きを読む

    このページのトップヘ