大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!SS > えりぱな

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1472745766/

    1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 01:02:46.15 ID:hVnq1TQb.net

    ※先輩禁止の後ぐらいのイメージ



    絵里「おはよう、花陽。先輩じゃないでしょ」

    花陽「ご…ごめんなさい…」

    花陽「じゃ…じゃあ、おはよう、絵里…ちゃん」

    絵里「ええ、おはよう。何か用かしら?」



    2: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 01:03:31.07 ID:hVnq1TQb.net

    花陽「あ…あの、お願いがありまして…」

    絵里「お願い?」

    花陽「私に…ダンス…教えてください!!」

    絵里「私に?いいわよ。でも凛や海未じゃなくていいの?」

    花陽「はい、絵里…ちゃんにお願いしたいんです!」

    絵里「そう、今日は練習休みだし放課後に特別レッスンしてあげるわ」

    花陽「よ…よろしくお願いします!!」



    3: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 01:04:04.76 ID:hVnq1TQb.net

    花陽「真姫ちゃん…ちゃんとお願いできたよ!」

    真姫「そう…よかったじゃない」

    真姫「あの人はめんどくさいけど…いい人よ…多分」

    花陽「花陽も真姫ちゃんみたいに、絵里…ちゃんと仲良くなれるといいなあ」

    真姫「別に…私は仲良くなったわけじゃないし…」

    花陽「そうなの?」

    真姫「…花陽なんて知らない」プイ

    花陽「ええっ!?なんで怒るの!?」

    真姫「怒ってない!」

    花陽「そんなあ…」



    4: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 01:05:00.87 ID:hVnq1TQb.net

    絵里「ねえ希、ちょっとお願いがあって…」

    希「なしたん?」

    絵里「今日ね、花陽にダンス教えてくれって頼まれたの!」

    希「それでずっと嬉しそうやったんやね」

    絵里「真姫だけじゃなくて花陽とも仲良くなれそうで良かったわ」フフッ

    絵里「それでね、お願いなんだけど…」

    希「今日、生徒会の仕事変わってくれって言うんやろ?ええよ」

    絵里「希には全部お見通しってわけね…じゃあお願いするわ!」

    希「今日はちょっとしか仕事ないし大丈夫、それよりも花陽ちゃんと仲良くなれるといいね」

    絵里「ありがとう!今度お礼するから!」




    【花陽「え…絵里先輩!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1415811629/

    1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2014/11/13(木) 02:00:29.91 ID:NutMKd5v.net

    2期3話 ライブパートからのif
    書き溜め有


    ■UTX学園 屋上

    穂乃果「それじゃ、いくよ!」

    穂乃果「μ's!」

    『ミュージック、スタート!!』


    ~ユメノトビラ~


    花陽(うう…緊張で身体がうまく動かないよぉ)

    花陽(今まであれだけ練習したのに、頭の中が真っ白になりそう)

    花陽(ダレカタスケテェ)

    花陽(あっ、いけないテンポ遅れちゃ…って)

    花陽「きゃっ!?」

    ドサッ

    凛「か、かよちん!?」

    絵里「花陽!? 大丈夫!?」

    にこ「ストップストップ! 音楽止めて!」

    花陽「いたた…」

    真姫「花陽、大丈夫!?」

    花陽「ご、ゴメンなさい! すぐ立ちます!」

    穂乃果「花陽ちゃん大丈夫!? 痛いとこない?」

    花陽「う、ううん。大丈夫」

    海未「大丈夫ではありません! 花陽、ちょっと足を見せてください」

    花陽「え!? ほ、本当に大丈夫だから…」

    希「アカンよ花陽ちゃん。あんな派手に転倒したんやし、足痛めてるかも」

    海未「真姫、花陽を支えてますから足を診てあげて下さい」

    真姫「分かったわ。花陽、ちょっと痛いかもしれないけど我慢してね」

    花陽「だ、ダメ! ……っ!」

    ことり「真姫ちゃん、どう?」

    真姫「…軽い捻挫ね」



    3: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2014/11/13(木) 02:01:17.13 ID:NutMKd5v.net

    花陽「だ、大丈夫! まだ踊れるから」

    絵里「ダメ! そんな状態で踊るなんて無茶よ」

    花陽「でも…ラブライブが」

    凛「今はかよちんの身体の方が大事だよ!!」

    花陽「凛ちゃん…」

    ツバサ「貴女達、大丈夫!?」

    あんじゅ「外野から見てもこれはヤバいってくらい派手に転んでたけど」

    海未「すみません、保健室をお借りしてもよろしいですか?」

    英玲奈「もちろんだ。私が案内しよう」

    海未「有難うございます。ほら花陽、保健室へ行きますよ」

    花陽「でも、まだ予選が」

    にこ「いいから行くの!」

    絵里「肩貸すわ。海未、反対側お願い」

    海未「はい」

    英玲奈「こっちだ」

    ツバサ「じゃあ私は先に保健室行って準備するわ」

    あんじゅ「私も行くー」

    花陽(ど、どどどどうしよう! このままじゃラブライブ出場どころか予選通過もできなくなっちゃう!)

    ことり「…穂乃果ちゃん、どうしよう?」

    希「……」

    凛「……」

    真姫「……」

    穂乃果「ライブは中止しよう。花陽ちゃんの方が大事だもん」

    にこ「」ギリッ

    ことり「そう…だよね。花陽ちゃんがいないんじゃ、9人じゃないんじゃ、μ'sじゃないもんね」

    穂乃果「私たちも保健室に行こう。花陽ちゃんが心配だし」

    ことり「うん…」

    凛「かよちん…」



    4: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2014/11/13(木) 02:02:18.43 ID:NutMKd5v.net

    ■一週間後 音ノ木坂学院 屋上

    ガチャ

    凛「お待たせー」

    にこ「遅い!」

    真姫「しょうがないじゃない、掃除当番だったのよ」クルクル

    絵里「花陽は?」

    凛「今日も休みだって」

    穂乃果「花陽ちゃん、あの日から一度も顔合わせてないね」

    真姫「そもそも、学校にも来てないわ」

    ことり「怪我、まだ良くならないのかなぁ」

    凛「足の怪我はもう治ってるって。おばさんから聞いたよ」

    海未「それじゃあ欠席の理由は」

    希「精神的なモノやろね」

    凛「かよちん、すっごく落ち込んでた」

    にこ「別にあの子のせいじゃないんだし、誰も責めないわよ」

    凛「うん、そうだけど…かよちん、ずっと気にしてるみたいで」

    絵里「顔を合わせたくないっていう気持ちは分かるけど、このままじゃ何も進展しないし、そろそろ花陽も交えて今後のことを話し合わないと」

    穂乃果「そうだね。ラブライブには出れなくても、μ'sの活動は終わったわけじゃないしね!」

    海未「しかし、無理やり連れて来るわけにはいきませんし、どうすれば」

    ことり「皆でお見舞いに行って、さり気なく話すのはどうかな?」




    【【SS】花陽「花陽の長い一日」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1482850967/

    1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/28(水) 00:02:47.73 ID:he3/ALpe.net

    ――昼休み――

    希「いきなりどしたん?」

    絵里「合宿の後、真姫とは仲良くなれた気がするけど、花陽とはどうにも距離があるというか」

    希「なるほどね」

    絵里「原因分かるかしら?せっかく一緒に活動するんだもの。みんなともっと仲良くなりたいし」

    希「単純にえりちの事が怖いんやない?」



    2: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/28(水) 00:03:29.11 ID:he3/ALpe.net

    絵里「えっ…?どういうことかしら?」

    希「だって、ちょっと前のえりちは言いたい放題μ’sの皆に言ってたしなあ」

    希「それに、理事長室で対峙した時なんて…」

    絵里「わ…分かったわ…!私が悪いの!これでいいでしょ!?」

    希「ふふっ」

    絵里「もう…笑わないで…」プイ



    4: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/28(水) 00:04:01.02 ID:he3/ALpe.net

    希「花陽ちゃんは、ちょっと引っ込み思案なところがあるから」

    絵里「そうよね…」

    希「でも、花陽ちゃんもえりちと仲良くしたいって思ってるよ」

    希「ここは先輩らしく、えりちの方から手を差し伸べてあげるとええんやない?」

    絵里「先輩らしく…ね」



    5: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/12/28(水) 00:04:22.66 ID:/yDSYkr3.net

    えりぱな好き




    【絵里「花陽と仲良くなりたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1462985245/

    1 :名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/05/12(木) 01:47:25.89 ID:Rkpf5RbP.net

    凛「も~~かよちん!!」

    花陽「で…でもぉ」

    凛「アルパカ小屋の修理の申請しに絵里ちゃんのところ行くんでしょ!!」

    花陽「だ…だってぇ…」

    凛「じゃあ、凛が代わりに行くよ!」



    2 :名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/05/12(木) 01:47:55.97 ID:Rkpf5RbP.net

    花陽「そ…それはダメ!!」

    花陽「飼育委員だし、私が行かないといけないから…」

    凛「かよちんは変なところで頑固なんだから…」

    凛「なんで絵里ちゃんのところ行くの嫌なの?」

    花陽「そ…それは…」



    3 :名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/05/12(木) 01:48:34.43 ID:Rkpf5RbP.net

    花陽「絵里せんぱ…絵里ちゃんちょっと怖いし…」

    花陽「もしも申請通らなかったらどうしようって思って…」

    凛「かよちん…」

    凛「でも絵里ちゃんって意外と優しいところもあるんだよ」

    凛「この前、部室で宿題やってたら優しく教えてくれたし」

    凛「凛のオススメのラーメン屋さん教えたら、行ってきてくれたみたいで」

    凛「今度一緒に行こうって約束したんだよ」



    4 :名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/05/12(木) 01:49:07.03 ID:Rkpf5RbP.net

    凛「確かに生徒会長の絵里ちゃんは怖かったけど」

    凛「μ’sのメンバーの絵里ちゃんはそんなに怖くないよ!!」

    凛「だから、一緒に行こう?」

    花陽「凛ちゃん…」

    花陽「うん…行く」

    凛「それじゃあレッツゴー!!」




    【花陽「絵里せんぱ……じゃなかった…絵里…ちゃん」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1465022307/

    1 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/06/04(土) 15:38:27.53 ID:uIKkHEzF.net

    花陽「北海道特産市が期間限定で開催されるということで、楽しみにしていました!」




    花陽「この素敵な空間を味わい尽くしますよ!!」エッヘン


    花陽(今回はあえてひとりでの参戦です。)


    花陽(本当はね、海未ちゃんにダイエットを勧められてるんだぁ……)


    花陽(でも、限定だし……、ちょっとくらいなら……、いいよね?)……プニプニ



    2 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/06/04(土) 15:39:33.89 ID:uIKkHEzF.net

    花陽(さて、今回のお目当てはスイートポテトですっ!)


    花陽(さつまいも本来の風味を活かした極上の舌触りと甘さ! 絶品以外の言葉では表現しきれません!!)ジュルリ


    花陽(あっちの夕張メロンクリーム入りメロンパンも、すごくおいしそうだなあ……)


    花陽(ああっ! やっぱり海鮮丼は既に長蛇の列ができていますね……。 これは長期戦になりそうです)ゴゴゴゴ


    花陽(ん……? こっちの売店には、いか飯!?)


    花陽(ううぅ~、みんな美味しそうで、困っちゃうよぉ~///)



    3 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/06/04(土) 15:41:25.65 ID:uIKkHEzF.net

    キョロキョロ

    テクテク



    花陽「ここから先は、人が多すぎてなかなか前に進めませんね……!」モミクチャ


    花陽(向こうにある、ご飯に合いそうな松前漬けを試食したいんだけどなぁ……)


    花陽(あ、あれっ……? どんどん行きたい方向と、逆に流されていくよぉ~!?)ナミダメ


    花陽(だ、だれかたすけてえぇぇ~~~~)




    【花陽「デパートの特設会場にやってきました!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1466810321/

    1 :名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2016/06/25(土) 08:18:41.23 ID:iuBhl2oR.net
     
     
    〈放課後、部室〉


    花陽「チェ、チェックメイト」コン

    真姫「そ、そんな……私が頭脳ゲームで負けるなんて……」

    凛「かよちん強いにゃー」


    花陽(わたしが、勝った……あの真姫ちゃんに……)

    花陽(それに――)

    花陽(チェックメイト、なんて気持ちいいんでしょう!)


      ガチャ


    絵里「あら、3人とも楽しそうね。何してるの?」

    凛「チェスだよ!」

    真姫「みんなが揃うまでの間って、けっこう待機時間あるでしょ?」

    真姫「だから時間つぶしとして家から持ってきたんだけど――」

    真姫「正直、花陽に負けるとは思わなかったわ」

    絵里「花陽は結構やるの?」

    花陽「わたし、さっきルール教えてもらったばかりで」

    凛「それで真姫ちゃんに勝っちゃうんだもん」

    凛「かよちんは天才にゃー」

    花陽「そ、そんな///」

    絵里「でもそれって、花陽が強いというより……」

    真姫「わ、私だって駒の動かし方くらいしか分からないだけで!」

    真姫「このチェスセットだって、パパがインテリアとして飾っていただけで!」

    絵里「わ、分かったから……そんなに興奮しなくても」
     



    3 :名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2016/06/25(土) 08:22:45.31 ID:iuBhl2oR.net
     
     
    絵里「それにしてもチェスかぁ。懐かしいな」

    花陽「絵里ちゃんはやったことあるの?」

    絵里「ええ。子どもの頃はよくやったわ」

    凛「じゃあ次は、かよちんと絵里ちゃんで対戦だね」

    花陽「ええ!?」

    真姫「そうね。私も絵里の実力を見せてもらいたいし」

    絵里「私も、この駒たちを見てたらやりたくなっちゃった」

    絵里「花陽、いいかしら?」

    花陽「うん」

    絵里「それじゃ、よろしくお願いします」

    花陽「よろしくお願いします」


    花陽(絵里ちゃんと勝負だなんて、緊張するなあ)

    花陽(でも、勝負は勝負)


    凛『かよちんは天才にゃー』


    花陽(負けません!)



    4 :名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2016/06/25(土) 08:24:17.07 ID:iuBhl2oR.net
     
     
       ・
       ・
       ・


    花陽「ま、参りました……」

    絵里「はい、ありがとうございました」

    凛「絵里ちゃんすごい」

    真姫「認めざるを得ないわね」

    花陽「そ、そんな……」

    花陽「最強の駒クイーンを一方的に取った。ルークも2つ取った」

    花陽「なのに負けるなんて……」

    絵里「チェスはキングを取るゲーム」

    絵里「いくら相手より駒を多く取っていても、チェックメイトされたらそれで終わり」

    絵里「花陽は初心者にありがちな、攻め一辺倒の駒さばきで」

    絵里「肝心のキングの守りを怠っていたの」

    花陽「……」


    凛「絵里ちゃんって、もしかして相当強い?」

    絵里「強いかどうかは分からないけど、ロシアにいた頃は結構ハマってたわ」

    真姫「本場といってもいいくらい、ロシアはチェスが盛んな国――」

    真姫「レベルの高い環境で揉まれれば強いはずよ」

    凛「じゃあ絵里ちゃんはチェスの世界チャンピオンを目指すにゃー」

    絵里「む、無茶言わないでよ」


      ワイワイ


    花陽(……)

    花陽(……く)

    花陽(悔しいです)プルプル
     




    【花陽「絵里ちゃんとチェスで勝負です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1451539400/

    1 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 14:23:20.26 ID:7YywDkHW.net

    希「ん?相談?」

    絵里「ええ……ちょっと自分ひとりじゃ解決できないの」

    希「まあ、ええけど……どうしたん?」

    絵里「あのね」

    希「う、うん……」ゴクッ

    絵里「私花陽に避けられてる気がするの!!」

    希「……は」



    2 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 14:23:54.62 ID:7YywDkHW.net

    希「花陽ちゃんに避けられてる?」

    絵里「そうなのよ!私が話しかけるとすぐどこかに行っちゃうし……」

    希「まあ、あの頃の絵里ちを見たらそうなるんやないかな……」

    絵里「あ、あれは仕方ないでしょ!!///」

    絵里「わ、私だって悪いと思ってるわよ……」

    絵里「それにこうしてちゃんとμ'sとして活動もしてるじゃない……」

    希「うん、それは皆分かってるから大丈夫や」

    絵里「じゃあ、どうして私避けられてるのぉ!?」ウルウル

    希「うーん……なんでやろなぁ……」

    希(仕方ない、絵里ちの為や……一肌脱ごう)ヤレヤレ



    3 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 14:31:09.13 ID:7YywDkHW.net

    花陽「えーっと、それで希ちゃん。お話ってなに?」

    希「ちょっとだけ聞きたいことがあったんよ♪」

    花陽「花陽に?んー……なんだろう……?」

    希「花陽ちゃんって絵里ちの事嫌い?」

    花陽「え?ええぇええ!?そ、そんなことないですよ!!」ピャー

    希「え?あ、そうなん」

    希「あんな、最近絵里ちの事を避けてるよーな気がしてなぁ?」

    花陽「あうぅ……やっぱりそう見られてたんですね……」

    花陽「本当は絵里ちゃんを避けてたわけじゃないんですよ……」

    希「ほほぉ、じゃあなんでなん?」

    花陽「そ、それはですねぇ……え、えーっと///」

    希「?」

    花陽「じ、実は……ゴニョゴニュ」

    希「……まじ?」



    【絵里「ねぇ、希……相談があるんだけどいいかしら」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462278731/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:32:11.49 ID:0dOPpteN0

    初投稿
    えりぱなです。





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:32:36.79 ID:0dOPpteN0

    希「・・・は?」

    絵里「いやいや、は?じゃないわよ」

    希「そりゃめっちゃ真剣な顔で相談があるって聞いて何かと思ってみたらそんな内容やったから思わず」

    希「なんでウチなん?」

    絵里「希ならきっとどんな相談にでも乗ってくれるとおもったからよ!」

    絵里「もちろん乗ってくれるわよね!?」

    希(なにこの子、めっちゃめんどくさいんやけど)

    希(でもまあμ'sのメンバー同士に距離あったらあかんし、それに相談に乗らんかったらおうち帰るとかいいそうやからなぁ)



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:33:02.53 ID:0dOPpteN0

    希「・・・ええで、相談に乗るわ」

    絵里「さすが希!!」

    希「そんでどうして花陽ちゃんと距離があるとおもったん?」

    絵里「よく言ってくれたわ!」

    絵里「そう、あれは先週のこと・・・」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:33:38.76 ID:0dOPpteN0

    ~回想~

    花陽「あ、にこちゃんと希ちゃんだ、おはよう」

    にこ「花陽じゃない、おはよう」

    希「おはよう花陽ちゃん」

    にこ「そういや花陽昨日のアイドル番組見た!?」

    花陽「もちろん見たよ!!やっぱA-RISEもすごかったけど最初に出てきたアイドルもすごかったよね!!」

    花陽「パフォーマンスも曲も衣装も他のアイドルとは違ったもん!!」

    にこ「さすが花陽!!わかってるじゃない!!改めていい後輩を持ったと思うわ」

    希「にこっちと花陽ちゃんはほんまにアイドル好きなんやなぁ」

    にこ「あったりまえでしょ!!」
    花陽「あたりまえです!!」

    にこ「今度希にもアイドルのDVDを貸してあげるわ」

    花陽「だったらみんなで鑑賞会とかいいんじゃないかな!?」

    希「いいやん、たのしそうやな」



    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:34:08.13 ID:0dOPpteN0

    絵里(あら?あそこにいるのはにこと希と花陽じゃない)

    絵里(なんだか楽しそうに話してるわね)

    絵里「おはようみんな、何を楽しそうに話しているの?」

    花陽「ええええ絵里先輩!?じゃなかった。え、ええ絵里ちゃんお、おおおはようごごごごございいいますすす!!」

    花陽「そそそそそれじゃわわわ私はこれでっっ!!」

    絵里「」



    【絵里「花陽と距離がある気がする・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1450827379/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/23(水) 08:36:19.63 ID:MFBDIojK0

    絵里「穂乃果との約束の時間まであと5分ね」

    絵里「それにしても一体何の用かしら」

    花陽「あ、絵里ちゃん」

    絵里「あら花陽。あなたも穂乃果に呼ばれたの?」

    花陽「うん」

    絵里「じゃ、ベンチに座って一緒に待ちましょうか」





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/23(水) 08:37:24.16 ID:MFBDIojK0

    ―――――――


    絵里「約束の時間になったけど、穂乃果来ないわね」

    花陽「うん」

    絵里「人を呼びつけておいて遅れるなんていい度胸よね」

    花陽「……うん」



    絵里「あれから5分経ったけど、まだ来ない」

    花陽「なにかあったのかな」

    絵里「電話してみましょう」

    プルルル プルルル ―――

    絵里「出ないわ」

    花陽「どうしたんだろう」

    絵里「時間には遅れるし、電話にも出ない」

    絵里「まったく、いい加減にして!」

    花陽「ひっ!」

    絵里「あ、ごめん、つい大声出しちゃった」

    花陽「いえ、そんな……」

    絵里「……」

    絵里「ねえ花陽、前から思ってたんだけど」

    花陽「なに?」

    絵里「あなたって、私のこと苦手?」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/23(水) 08:38:26.51 ID:MFBDIojK0

    花陽「え……エエエェェエ!?そそそそんなこことないよォーー!」

    絵里(かなり動揺してるわ)

    絵里「いいのよ別に」

    絵里「私って、ほら、こんな気の強い性格だから」

    絵里「あなたみたいに気立ての優しい子にはつい疎まれたりして」

    花陽「そ、そんなことないよ。絵里ちゃんはわたしの憧れだもん」

    絵里「ふふ、ありがと。嘘でも嬉しいわ」

    花陽「嘘なんかじゃないよ」

    花陽「だって絵里ちゃんは、いつも明るくて、すごく綺麗で、しっかりしてて、皆に慕われてて」

    花陽「わたしにないものをいっぱい持ってるから」

    花陽「だから、絵里ちゃんはわたしの憧れなの」

    絵里「そう、お世辞でもうれ――」

    花陽「お世辞なんかじゃないよ!」

    絵里「花陽……」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/23(水) 08:39:17.85 ID:MFBDIojK0

    花陽「それは、最初は怖い人だなって思ってた」

    花陽「けど本当はとっても優しくて、いつも皆のこと考えてくれて」

    花陽「わたし、そんな絵里ちゃんのことが大好きだもん!」

    花陽「だから、だから……」ポロポロ

    絵里「も、もう、泣くことないでしょ」

    絵里「私が悪かったわ。――ほら、こっち向いて」フキフキ

    花陽「ありがとう、やっぱり優しいね」

    絵里「こ、このくらいは普通よ///」

    花陽「えへへ」

    絵里「でも、あなたの気持ち、すごく嬉しかったわ」

    絵里「私も花陽のこと、大好きよ」



    【【ラブライブ】絵里「穂乃果を」花陽「待ちながら」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1445696329/

    1 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-ylJJ) 2015/10/24(土) 23:18:49.13 ID:z7BJ+UzG0.net

    にこ「部室に入ってきたと思えば、唐突になに言ってんのよ」

    海未「こたつ……ですか?」

    絵里「ええ。ほら、これからの季節、寒くなるでしょう?」

    絵里「だから、こたつ。こたつを置きましょう」

    真姫「まさか、ここに置くつもり?」

    絵里「そう!ここ、部室によ!」

    真姫「………………」

    絵里「どうかしら?」

    ことり「どうかしらって言われても……」



    4 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-ylJJ) 2015/10/24(土) 23:20:11.78 ID:z7BJ+UzG0.net

    にこ「別にいらないでしょ。暖房機器だってあるし」

    絵里「暖房って、この小さい電気ストーブのこと?」

    にこ「そうよ。確かにこれからの季節、部室は寒くなるわ」

    にこ「だけどね、このストーブがあれば十分なの」

    希「どれどれ……」ポチッ

    真姫「…………あ、点いたわね」

    穂乃果「おー!あったかいよニコちゃん!」

    にこ「当然よ!ニコはこの子で二回も冬を越したんだから!」

    凛「さすが経験者、説得力が違うニャ」

    にこ「ふふんっ!」



    5 :名無しで叶える物語(WiMAX)@\(^o^)/ (ワイモマー MM19-1Onp) 2015/10/24(土) 23:21:24.48 ID:AuDLoy/iM.net

    日本に来た外国人にはこたつって結構人気っていうし



    6 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ e117-c+Vo) 2015/10/24(土) 23:21:28.64 ID:aGpMtqrB0.net

    当時のにこちゃんを思って涙が止まらない



    【絵里「こたつを買うわよ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ