大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!SS > にこぱな

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1486393077/

    1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/02/06(月) 23:57:57.25 ID:1YKRbuCd.net

    花陽「に、にこちゃんっ!」ガチャッ

    にこ「ん?そんなに慌ててどうしたの?花陽?」

    花陽「あ、あたっちゃったのっ!!」ピラッ

    にこ「っ!?そ、それはっ!!」

    にこ「いま人気急上昇中でチケット入手が困難なあのアイドルのライブチケットじゃないっ!?」

    にこ「しかもペアチケットっ!!」

    花陽「うん!そうなのっ!!」

    花陽「だから、いつも通りににこちゃんを誘おうと思ったんだけど…」

    にこ「へ?…だけど?」

    花陽「あ、あのね…このチケット…カップル専用で…///」

    にこ「あ、あ~………それならにこは諦めるしかないわね…」

    花陽「え、えっとねっ!実はカップルといっても同性でも大丈夫みたいなのっ!!」

    にこ「っ!?そ、それなら…花陽とカップルのふりをすれば、私も行けたりするってこと?」

    花陽「そうなのっ!で、でもね…そ、その…///」

    花陽「このライブでね?恋人をイメージとした新曲のPVを一緒に撮影するみたいでね…そ、その…」
     
      
    花陽「カップル専用チケットで入ったカップルは…PV用に恋人っぽい演技の協力をしないといけないみたいで…そ、その…///」カァッ
      
     
    にこ「へっ!?え、えっと…つまり?」
     
      
    花陽「う、うん…///私とにこちゃんが恋人役としてPVに出演することになっちゃうの…////」
      
     
    にこ「っ!?///」カァッ



    3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/02/07(火) 00:00:19.56 ID:BNcCwccV.net

    花陽「あ、あはは…///こ、こんなこと言われても困っちゃうよねっ!///」

    花陽「ごめんね、にこちゃん!この話はなかったことに…」

    にこ「行くわよ」

    花陽「だよねぇ~、いくらなんでも恋人役は…………って、ええっ!?」
     
      
    にこ「話題のあのアイドルのライブなのよっ!しかもPVにまで出演できるなんてっ!」

    にこ「このチャンスを逃すなんて絶対にもったいないわっ!!」
     
      
    花陽「そ、それはそうだけどぉ~///」アセアセ



    4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/02/07(火) 00:00:45.73 ID:BNcCwccV.net

    花陽「でも、そうなると…わ、私とにこちゃんは恋人同士に…///」

    にこ「別に構わないわ!」

    花陽「そうだよねぇ~………………え?」

    にこ「私はその…は、花陽とだったら別に…恋人同士になってもいいわよ?」

    花陽「へ?」
     
      
    花陽「えぇぇぇぇぇっ!?////」




    【花陽「このチケットってつまり…///と、とにかくにこちゃんに相談しようっ!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1480845943/

    1: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 19:05:43.72 ID:QGj5VFNn.net

    にこぱな



    3: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 19:07:54.46 ID:QGj5VFNn.net

    放課後 部室


    にこ「んで、相談って?」


    花陽「実はですね...はなよ、どうやら恋してるみたいなんです、にこちゃんに」


    にこ「あそ、んじゃ帰るわ」ノシ


    グイッ


    にこ「うごごっ!?」


    花陽「実はですね...はなよ、どうやら恋してるみたいなんです、にこちゃんに」


    にこ「...」



    4: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 19:10:15.17 ID:QGj5VFNn.net

    花陽「どう思いますか?」


    にこ「どうも思わない」


    花陽「照れてますね」


    にこ「照れてない」


    花陽「照れてますよ」


    にこ「照れてない」


    花陽「はなよはこんなににこちゃんのこと好きなんですけどね、何故かにこちゃんははなよの想いに気づいてくれないんです、ぐすん」


    にこ「いや気づいてるんじゃない?ただ無視してるだけだと思うわよにこ」


    ペシッ



    5: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 19:12:21.48 ID:QGj5VFNn.net

    にこ「いたっ、なんで叩くのよ」


    花陽「はなよ、帰りますが」ムスッ


    にこ「?...うん、んじゃまた」ノシ


    花陽「はなよ、帰りますが!!」プンスコ


    にこ「だからバイバイって!!」


    花陽「一緒に帰りませんか?」


    にこ「嫌」


    花陽「どうしても?」


    にこ「どうしても」




    【花陽「にこちゃんのこと好きなんですけどねぇ」にこ「あそ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1483376990/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 02:09:50.17 ID:ieYyBiA8.net

    にこ「いやー実際充実してたわよ。 ま、アンタ達のおかげね」

    花陽「えへへ」

    にこ「こんなこと凛や真姫ちゃんには言わないけどね」

    花陽「二人とも喜ぶと思うけど」

    にこ「お互いのキャラ的にそういうもんなのよ」

    花陽「むぅ」



    2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 02:10:52.00 ID:ieYyBiA8.net

    にこ「あ」

    花陽「ん?」

    にこ「いや心残りとはちょっと違うんだけどさ」

    花陽「うんうん」

    にこ「この部って私が作ったでしょ?」

    花陽「そうだね。 ……にこちゃんって凄いねぇ、私には真似出来そうもないなぁ」

    にこ「……まぁ一度失敗しちゃって一人になったからね。 別に凄いとかそういうんじゃ、」

    花陽「ううん! そんなことない!」

    にこ「花陽……」

    花陽「にこちゃんは凄いよ! アイドルが好きで、アイドルのことに一生懸命で」

    花陽「アイドル研究部を作って一人でも頑張ってたんだもん」

    花陽「私は、ううん少なくともμ'sのメンバーは皆、そんなにこちゃんを尊敬してるよ!」



    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 02:12:09.30 ID:ieYyBiA8.net

    にこ「……ありがと」

    花陽「あ、なんかごめんなさい一人で盛り上がっちゃって///」

    にこ「アンタのそういうところはズルいわ」ボソッ

    花陽「はぇ?」

    にこ「なんでも。 っていうか何の話だっけ」

    花陽「あれ? ……ああ、心残りの話」




    【にこ「思い残したこと? そうねぇ」 花陽「何かある?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1482756924/

    1: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 21:55:24.32 ID:e6wiCBUi.net

    にこぱな



    6: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 21:57:56.76 ID:e6wiCBUi.net

    にこ「んで、何の用?突然部室なんかに呼びだして」


    花陽「見ての通り、はなよはぷんすこなんです」ムスッ


    にこ「は?」


    花陽「にこちゃん、どうしてはなよがご機嫌斜めかわかりますか?」


    にこ「?、全然わからん」


    花陽「ふんっ、どーしようもない先輩ですね」


    にこ「いやほんとわかんないんだけど」


    花陽「どーしようもない先輩ですねまったく!!」バンバン


    にこ「だから何なのよ!?」



    10: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 22:00:20.52 ID:e6wiCBUi.net

    花陽「にこちゃん、今日は何日ですか?」


    にこ「何日...?12月26日ね」


    花陽「そういうことです」ムスッ


    にこ「え、どういうこと?」


    花陽「わからないんですか!?ひどいです!」


    にこ「わかんないわよ!!?ひどいのは意味不明なあんたのほうよ!?」


    花陽「ひどいです...ぐすん...」シクシク


    にこ「ちょ、ちょっと、泣かないでちゃんと説明しなさいよ」オロオロ



    12: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 22:02:10.91 ID:e6wiCBUi.net

    花陽「...クリスマス」ボソッ


    にこ「え?」


    花陽「クリスマス...はなよ、にこちゃんとデートするつもりでしたのに...」


    にこ「つもりでしたのに...ではない、そんな約束してない」


    花陽「恋人に約束なんて必要ないと思うんです、クリスマス一緒に過ごすのは当然なの」


    花陽「にこちゃんとはなよのデートは必然なのです!!」グッ


    にこ「あんたの恋人になった覚えはない」


    花陽「にこちゃん記憶力0点?赤点?」


    にこ「よしわかった、喧嘩なら買うわよ」




    【花陽「はなよは怒ってますが」にこ「え?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1419917864/

    1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 14:37:44.12 ID:1fKYj2CS.net

    初SS初投下。短めです。ノンケ話なので薄味。設定は結構適当。
    容赦の無いご意見お待ちしてます。



    2: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 14:39:40.73 ID:1fKYj2CS.net

    #先輩と後輩

    「かよちん、にこちゃん。お買い物いってくるね!」

    「凛ちゃん、いってらっしゃい」

    「車に気をつけなさいよ」

    にこちゃんお母さんみたいだにゃー。そう言いながら凛ちゃんは備品の買い出しに出かけました。
    今日は他のみんなは出払っています。穂乃果ちゃん達二年生は生徒会のお仕事で、絵里ちゃんはそのお手伝いをしています。
    希ちゃんはバイトで、真姫ちゃんはおうちの用事で帰りました。残った私達はステージに使う小物を部室で作っています。

    「わざわざ今日行かなくても良かったのに」

    にこちゃんが呟きます。そうなんです。本当は凛ちゃんも一緒に作ることになっていたのですが。
    お裁縫が苦手なので、買い出しに出かけるという理由をつけて逃げ出したのでした。



    3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 14:40:57.74 ID:1fKYj2CS.net

    「凛ちゃんはお裁縫が苦手だから……」

    「だからこそ、させたかったんだけど」

    私の言葉に、苦笑するにこちゃん。

    「帰ってきたら尻ひっぱたいてでもやらせるとしましょう」

    「ふふ、凛ちゃんピンチだね」

    花陽は凛を甘やかしすぎるから、私は厳しいぐらいでちょうどいいのよ。
    そう言ったにこちゃんの顔は楽しそうでした。




    【【SS】にこぱなSS書いたよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1437490826/

    1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:00:26.68 ID:72FHqjw9.net

    とある日 部室


    花陽「ねえ、にこちゃん」

    にこ「んー?」

    花陽「にこちゃんは、もう一度先輩って呼ばれたいっていう欲求はないの?」

    にこ「うーん……ないっていったら嘘になるかもって程度にはあるかしらね」

    花陽「そうなんだぁ」



    3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:01:26.22 ID:72FHqjw9.net

    にこ「……」

    花陽「……」にこにこ

    にこ「……え?終わり?話の続きは?」

    花陽「ないよ?」

    にこ「は……?」



    4: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:02:10.78 ID:72FHqjw9.net

    にこ「あんたが私のことを『にこ先輩♡』って呼ぶ流れじゃないの……?」

    花陽「えへへ~。にこちゃんが呼んで欲しいっていうなら、呼んであげてもいいよー♡」にこにこ

    にこ「……」いらっ

    にこ「先輩に舐めた口きくのはこの口かしらね~?」むにむに

    花陽「ひゃっ、にこひゃんっ、ひたいよぉっ!ふにふにしないでぇ~」ぐすぐす



    5: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:03:28.20 ID:72FHqjw9.net

    とある日 部室



    花陽「ねえ、にこちゃん」

    にこ「んー?」


    花陽「にこちゃんって、お尻にほくろあるよね」

    にこ(何いってんのこの子……)

    にこ「……確かに、あるけど。なんで知ってるの?」

    花陽「えへへ~、実はね」

    花陽「一緒に着替えてる時とか、いつもこっそり探してたんだぁ♡」

    にこ「」



    6: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:04:22.99 ID:72FHqjw9.net

    にこ「……へ、へぇー、そうなの」ひきっ

    花陽「もしかしたら、にこちゃんが自分でも知らないほくろまで知ってるかもしれないよ?」

    花陽「良かったら、私が知ってるの、全部教えてあげようか……?」てれてれ

    にこ(ほんとに何言ってるのこの子!?)

    にこ(花陽といえども、これは流石に拒否よ、拒否)

    にこ「いや、遠慮しとくわ」


    花陽「そっかぁ……」しゅん

    にこ(ぐぅ……)ずきん

    にこ(こんなので心が痛むのが納得いかない……)




    【【SS】にこぱな活動日誌】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1477843840/

    1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:10:40.97 ID:iAyMDgAl.net

    にこぱな
    書きためあり



    3: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:11:28.98 ID:iAyMDgAl.net

    花陽「にこちゃんおはよー」ぎゅう

    にこ「ちょっ、朝から何すんのよ!」

    花陽「最近寒くなってきたんだもん」

    にこ「だからって、人をカイロの代わりにすることないでしょ!」 

    花陽「はぁ~にこちゃんあったかい」すりすり

    にこ「うー」



    5: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:12:01.17 ID:iAyMDgAl.net

    にこ「離しなさいよぉ」じたばた

    花陽「やだやだ」

    にこ「ならば脱出あるのみ、ニコ」するり

    花陽「ああっにこちゃん待ってぇ」

    にこ「へへーんだ、ここまでおいで」

    花陽「……うぅ」



    6: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:12:51.83 ID:iAyMDgAl.net

    にこ「やーいやーい。のろまの花陽なんて、アウトオブ眼中よ」

    花陽「……ふぇええええん」

    凛「お゛ぉん、に゛ぃこちゃあ゛ん」

    にこ「げげげのげ」

    凛「がよ゛ぢんをぉ、いじめちゃあ、どぅわめなんだに゛ゃあ゛」

    にこ「なんでこの状況で私が怒られるのよぉ……」




    【にこ「花陽とハロウィーン」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1446876615/

    1 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa03-A3bV) 2015/11/07(土) 15:10:15.05 ID:rDEH2VH0a.net

    にこ「どうしてよ?」

    花陽「めんどくさいもん」

    にこ「ちょっと!はやくしなさいよ」

    花陽「いやだもん」

    にこ「怒るわよ?」

    花陽「ふぅーん?」

    にこ「こら!花陽っ!!」ガシッ

    花陽「いやぁ!やめてよぉにこちゃん!」

    にこ「いい加減、言うこと聞きなさい!」

    花陽「嫌なものは嫌なのぉ…」



    3 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa03-A3bV) 2015/11/07(土) 15:13:45.04 ID:rDEH2VH0a.net

    にこ「いつからそんな反抗的になったのよ!?」

    花陽「そんなこと花陽にだってしらないよっ」

    にこ「あんたねぇ…!!」

    花陽「べーっだ」

    にこ「!!怒ったわよ!!こうしてあげる!」コチョコチョ

    花陽「いやっ/// やめてぇ!!くすぐったいよぉ!!」

    にこ「にこの言うこと聞かない罰よ?」

    花陽「あはははっ///だめっ///いやぁぁ///」

    にこ「どう?少しは考え直してみた?」

    花陽「はぁぁぁっ//// 嫌だもん!絶対嫌だもん!あははっ///」

    にこ「これでも?…ふふふ」

    花陽「あぁぁっ!!わかったよぅ!!わかったからぁっ!!////」

    にこ「やっと諦めたのねっ…ふふ、じゃあお願い」

    花陽「ゼェハァ…」



    4 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa03-A3bV) 2015/11/07(土) 15:16:04.25 ID:rDEH2VH0a.net

    にこ「ちょっと、休んでないで早くしなさいよ」

    花陽「…だもん」

    にこ「なに?」

    花陽「嫌だもんっ!」スタコラ

    にこ「ちょっと花陽!!待ちなさい!!」

    花陽「いやぁぁっ!!逃げろー♪」

    にこ「こらぁ!!花陽ぉぉぉ!!!」

    花陽「きゃぁぁ ダレカタスケテー♪」

    にこ「花陽!!待ちなさいったら!!!」



    6 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ 8dc3-g0wx) 2015/11/07(土) 15:16:37.51 ID:bAJWiOI50.net

    シカちゃんが憑依してる



    【にこ「花陽、肩揉んで」花陽「嫌です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1418931967/

    1 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 04:46:07.61 ID:Twmqxrbj.net

    穂乃果「チョコレート交換をしよう!!」

    海未「また貴女はいきなり…」

    穂乃果「だって、もうすぐバレンタインだよっ!?」
    穂乃果「きっと、みんな持ってくるでしょ?」

    絵里「それは、確かにそうかもしれないけど…」

    穂乃果「なら、こうして皆が集まった時にすればいいじゃん!」

    凛「わぁっ、面白そう!!」

    ことり「ことりも、賛成ですっ♪」

    希「確かに面白そうやなあ…」

    にこ「とか言いながら、凛と穂乃果は食べたいだけでしょ?」

    凛「そ、そんなことないよっ?」

    花陽「凛ちゃん…」



    2 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 04:46:28.92 ID:Twmqxrbj.net

    にこ「まっ、にこはもう準備してたけど…?」

    真姫「え、手作り…?」

    にこ「えー?真姫ちゃん買ってくるのー?」

    真姫「べっ、別にチョコくらい作れるわよっ!」

    にこ「期待してて良いのかな~?」

    真姫「当たり前でしょっ!?」

    凛「て、手作りだと自信ないにゃ…」

    絵里「やるならやるで良いけど、別に手作りである必要は無いわよ?」

    凛「ほんとっ!?」

    花陽「うん。作りたい人だけでいいんじゃないかな?」

    希「そうやなあ…忙しい人もいると思うしね。」

    穂乃果「それじゃ、決定!」
    穂乃果「バレンタインデーは、チョコ祭りだっ!!」

    海未「全く…」



    3 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 04:49:31.26 ID:Twmqxrbj.net

    ことり「まあまあ、海未ちゃん♪」
    ことり「ことりも作るつもりだったし、いいんじゃないかな?」

    海未「まあ、かまいませんが…」
    海未「私は弓道部もあるとなると…」

    希「みんな食べたいのがメインやから、無理して作らんでもええんよ?」
    希「ウチも苦手やから、買ってくるつもりやし。」

    絵里「あら?それじゃあ私は希の買って来たチョコをたべるのかしら?」

    希「ちょっ…もう、えりちってば…///」

    凛「希ちゃん、顔真っ赤だにゃ!」

    真姫「ホント…丸わかりね。」

    凛「あれれ~?真姫ちゃんは?」

    真姫「わ、私は…ちゃんと作るわよ。」

    花陽「えっ、ほんと?」

    真姫「もちろん!!」


    真姫「でも…美味しくなかったらごめんなさい…」



    【にこ「甘い想いとチョコの行方」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1444490036/

    1 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(湖北省)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 00:13:56.95 ID:lHwUAwum.net

    花陽「私はこんな性格だから、リードしてくれるような人がいい、かな」

    花陽「優しくて、頼りになって」

    花陽「それでいて私の趣味を理解してくれれば……」

    花陽「あと、わがままを言うなら料理が出来る人がいい、かも」

    花陽「毎日一緒に台所に立って、美味しいご飯を作れたら素敵です……」

    凛「えっと、かよちんの話をまとめると」

    真姫「リードが出来て優しくて頼りになって、なおかつアイドル趣味にも理解があって料理も出来る家庭的な人……」

    花陽「流石にそんな人いないよね、理想高すぎるよね……」


    真姫「ええ、そうね」

    凛「そうにゃそうにゃ」



    3 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(たこやき)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 00:17:39.20 ID:uuMcStIV.net

    おい、りんまきとぼけんなよ



    8 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もも)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 00:54:06.78 ID:H3f6YftE.net

    希「にこっちはどんな人がタイプなん?」

    にこ「にこにーは~、みんなのものにこっ☆」

    絵里「にこ、真面目に聞いているの」

    希「そうやで、にこっち」

    にこ「…な、なによあんたら、急に…」

    にこ「そうね…、やっぱり大前提として私の趣味に理解のある人がいいわ」

    にこ「それと、ご飯の作り甲斐があるコ」

    にこ「やっぱり美味しそうに食べてもらえると嬉しいもの」

    にこ「出来るなら年下がいいわ、素直なね」

    にこ「ほらぁ~、にこにーって~、こう、素直じゃないところもあるじゃない?だあらぁ、素直なコがいいにこっ☆」

    希「素直でアイドル趣味に理解があって…」

    絵里「美味しそうにご飯を食べる年下のコ…」

    にこ「ま、そんな人簡単には見つかりっこないわね」

    絵里「そ、そうね…」



    10 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(黒酢)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 01:01:43.54 ID:WU1aUabX.net

    にこぱなとか最高かよ



    15 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 02:00:39.99 ID:86jTXasN.net

    実際料理できる子って良いよな



    23 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(関西・東海)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 07:54:45.76 ID:y136auSq.net

    本当に大切なものはいつだって身近にあるもんだ



    【凛「かよちんは結婚するならどんな人がいい?」】の続きを読む

    このページのトップヘ