大きいサイズ

    カテゴリ: 響け!ユーフォニアムSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1478111319/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 03:28:39.75 ID:Cs5qgDG6o

    久美子「シャドウバース……?ううん、知らない。なぁに?」

    緑輝「ゲームアプリです!今部内でも流行ってるんですよ!」

    久美子「ゲームかぁ、あんまりやらないなぁ」

    緑輝「私も普段はやらないんですけど、葉月ちゃんに教えてもらったらハマっちゃって//」

    久美子「葉月ちゃんもやってるんだ」

    緑輝「はい!ですから久美子ちゃんもどうかなって?」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 03:32:24.33 ID:Cs5qgDG6o

    ~~~~~~


    久美子「麗奈」

    麗奈「何?」

    久美子「シャドウバース、って知ってる?」

    麗奈「知ってるも何も毎日やってるわよ」

    久美子「え、麗奈もやってるの!?」

    麗奈「うん、滝先生がハマってるらしくて」

    久美子「あの滝先生が……」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 03:40:00.85 ID:Cs5qgDG6o

    麗奈「私もそれがきっかけで初めたんだけど、……意外とハマっちゃって」

    久美子(かわいい……)

    久美子(でもそんなに面白いのか……)

    麗奈「久美子もやってみるといいよ、色々教えてあげるから」

    麗奈「それに、久美子が始めてくれたら私達の共通点も増えるし///」

    久美子「麗奈///」




    【緑輝「久美子ちゃん、Shadowverseって知ってますか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477334800/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/25(火) 03:46:40.46 ID:6WIuaNthO





    滝「府大会の課題曲が決まりました――課題曲は『暴れん坊将軍 殺陣のテーマ(大会アレンジVer)』です」

    一同「――ッ!?」ザワッ

    小笠原「そんな……!! 殺陣のテーマを『おなら』で演奏しろとッ!?」

    滝「あなたたちは全国に行くと決めた。やれると思います。私は本気です」

    田中「JOIN ASSッ!!」ブッ!

    滝「はい。そこで……今日から皆さんにちょっと殺し合いをして貰います」

    久美子「――くっさ」





     ※何もかも大崩壊につき注意  
       
       
       
       
       






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/25(火) 03:59:33.31 ID:6WIuaNthO

    久美子「殺陣のテーマって、難易度半端ないですね……」

    中川「そもそも、おならで演奏できるリズムじゃないでしょ」

    葉月「殺し合い(特訓)って、一体何が始まるんだろう……」

    サファイア「第三次大――」

    田中「JOIN ASSッ!!」プゥ~

    長瀬「そうですね。低音圧パートも頑張りましょう……!」

    後藤「オデ、イモ、クイタイ」

    滝「お待たせしました――それでは、低音圧パートの皆さんには、このメニューをしていただきます」

    一同「――ッ!!」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/25(火) 04:15:00.16 ID:yYtyOB/SO

    滝「メニュー表を見る前に――皆さんも体操服に着替えて下さい」

    久美子(体操服に着替えて、一体何をするつもりなんだろう)




    ――





    滝「吹屁楽(すいへーがく)、とりわけ低音圧パートに重要なのは何だと思いますか?」

    田中「JOIN ASS」ブボボ

    滝「そうですね、さすが田中さんです――おならにも音圧があります」

    滝「ユー屁ニアム、チュー屁など、低音圧のおならに必要なのは『音圧』、それから『持続性と音響』、そして『ビブラー屁やスタッカー屁』です」

    滝「なので、皆さんの特訓メニューその一は……。これから、この風船をおならで膨らませて下さい」

    一同「……ッ!?」

    滝「そして、風船が割れるまでこのメニューを続けていただきます」

    滝「では、さっそく始めましょうか」ブリュッ!





    【黄前久美子「臭い……。臭くて死にそう!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477053654/

    1 : ◆smf.0Bn91U 2016/10/21(金) 21:40:54.89 ID:IMklgvOm0

    優子「私悪くないですよ……ホント、久美子が勝手に怒ってるだけですから……」


    晴香「いったいどうしたの? 久美子ちゃん」


    久美子「……晴香先輩には分からないんです。私のこの悲しみが」


    晴香「そんな……ねえ、話してみてくれない?


    久美子「……優子先輩は、私と同じだと思っていたのに……! 同類だと思っていたのに……!」


    晴香「えっ?」


    久美子「この人、結構大きかったんです!!」


    晴香「……なにが?」


    久美子「胸がっ!」


    晴香「…………」


    優子「ね? 私、悪くないじゃないですよね?」


    晴香「あ、あはは……」





    2 : ◆smf.0Bn91U 2016/10/21(金) 21:42:28.47 ID:IMklgvOm0

     ユーフォニアムSS

     前作は ↓ 
    優子「久美子、太った?」晴香「っ!」バッ! 久美子「あ゛?」
     
     >>1 の好きなカップリングが好きなように会話してるだけの妄想SSです



    3 : ◆smf.0Bn91U 2016/10/21(金) 21:43:43.96 ID:IMklgvOm0

    久美子「まさか……優子先輩が着痩せするタイプだなんて……」


    晴香「へ~……」ジロジロ


    優子「ちょ、ちょっと晴香先輩? さすがにそこまで見られると……」


    晴香「あ、ごめん。ちょっと気になっちゃって……」


    優子「そういえば、晴香先輩はプール来てなかったんですね」


    晴香「そうなの……香織に誘われたんだけど、田舎に帰らなきゃいけなくて……」


    優子「そう! 香織先輩ですよっ! ホントマジエンジェルでしたよっ!」


    晴香「そ、そう……」


    優子「あ~……なんで写真に撮らなかったんだろ~……」


    晴香「それは香織も嫌がると思うけど……」


    優子「でもでも! 私の眼球に焼け付けたので、こうやって目を閉じればあのときの香織先輩が……!」


    晴香「あ、あはは……」



    4 : ◆smf.0Bn91U 2016/10/21(金) 21:46:44.42 ID:IMklgvOm0

    久美子「ちょっと優子先輩、晴香先輩が困ってますよ」


    優子「それを言うなら久美子もでしょ」

    優子「いきなり私のこと嫌いとか言うから……」


    久美子「あ、間違えました」


    優子「ん?」


    久美子「優子先輩、晴香先輩がドン引きしてますよ」


    優子「ん? それ言い直す必要あったこと?」


    晴香「そ、そんな……別に引いてなんか……」


    久美子「先輩、私達には正直にいきいましょう」


    晴香「……正直、ちょっと引きました」


    優子「晴香先輩っ!?」


    久美子「ほら~」


    晴香「あと久美子ちゃんの必死さにも」


    久美子「えっ?」


    優子「ぷ~……」クスクス



    5 : ◆smf.0Bn91U 2016/10/21(金) 21:49:38.59 ID:IMklgvOm0

    久美子「…………はっ!」


    晴香「ん? どうしたの、久美子ちゃん」


    久美子「そうだ……そうだった……」ユラッ…


    優子「ん? なによ、急に立ち上がって」


    久美子「あの時……そうだ、そうだった……」


    優子「だから何よ……」


    久美子「優子先輩……実はあの時プールにいたの、優子先輩じゃなかったでしょっ!」


    優子「……………………は?」




    【久美子「優子先輩なんて嫌いだ!」晴香「えっ!?」優子「いやいやいや……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475844964/

    1 : ◆smf.0Bn91U 2016/10/07(金) 21:56:05.14 ID:VMkr3GsS0

    久美子「優子先輩こそ、リボン大きくなりました?」


    優子「なってないわよ!」


    久美子「そうですか? 本体太くなったかと思ったんですけど」


    優子「誰がリボンが本体よ!」


    久美子「首、重くないですか?」


    優子「あんたホント最近失礼さが極まってきてるわよね……」


    晴香「…………」ジ~…


    久美子「ちょっと、なんですか晴香先輩まだ」


    晴香「あ、いや……ごめん」


    久美子「本当、私太ってませんから!」





    2 : ◆smf.0Bn91U 2016/10/07(金) 21:59:23.92 ID:VMkr3GsS0

     ユーフォニアムSSです。
     一話のネタバレめいたものがちょっとあります。

     原作未読者のあり得ない組み合わせが大好きな人のSSです。

     無理なら…ごめん
     ただの妄想の垂れ流しなので、見逃して欲しいです。



    3 : ◆smf.0Bn91U 2016/10/07(金) 22:01:16.34 ID:VMkr3GsS0

    久美子「そりゃ、浴衣着る時ちょっと帯が苦しかったですけど……」


    優子「浴衣~? アンタまさか、花火大会の時わざわざ浴衣着ていったの?」


    久美子「だって麗奈が着ていくって言うし……」


    晴香「二人で花火大会行ったんだ」


    久美子「はい。晴香先輩は?」


    晴香「私はまあ、普通に香織と……」


    久美子「あれ? 優子先輩、中世古先輩誘わなかったんですか?」


    優子「誘えないわよ……」


    久美子「麗奈が意気地の無い男はダメだって言ってましたよ」


    優子「私女だけどっ!?」


    久美子「えっ……」


    優子「その素の驚きはどういう意味かねぇ~、久美子ちゃ~ん……」




    【優子「久美子、太った?」晴香「っ!」バッ! 久美子「あ゛?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466686821/

    1 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/23(木) 22:00:21.67 ID:TEihYFK+o

    久美子「誕生日おめでとうございます! 夏紀先輩!」

    葉月「これ誕プレです、どうぞー」

    みどり「三人で選んだクッキーの詰め合わせです!」

    夏紀「わ、ありがとー、覚えててくれたんだー」

    葉月「クラッカーとか飾り付けとか用意できなくてすみません~」

    夏紀「うぅん、これで十分、すごい嬉しいよ、加藤さん」ナデナデ

    みどり「あーっ、葉月ちゃんずるいですっ、みどりもっみどりもっ」

    夏紀「はいはい押さないで押さないでー」ナデナデ 






    2 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/23(木) 22:06:11.12 ID:TEihYFK+o

    久美子「……他の人からはプレゼントとか貰ったんですか?」

    夏紀「クラスでチョコとか飴とかいっぱい貰ったよー。バレンタインかって感じ」ガサゴソ

    葉月「あー……なんか先輩ってバレンタインに女子からチョコ貰いまくるタイプの女子ですよねー……」

    夏紀「どんなタイプだよ……確かにみんなくれるけど」

    久美子「ちなみに今年はどのくらい貰ったんですか?」

    夏紀「ん? あー……20個……くらいかな?」

    久美子「予想よりだいぶ多かった!」

    葉月「クラスの女子のほぼ全員から貰ってるじゃないですかー! なんか羨ましい!」

    みどり「本命はっ! 本命は貰ったことないんですかっ!?」

    夏紀「いや、無い、てか普通無いでしょ……なんかあたしは『材料余ったから作った分あげるー』みたいの多いし」

    久美子(それかえって本命まぎれてる気が)



    3 : ◆FRtTimAs0A 2016/06/23(木) 22:17:46.49 ID:TEihYFK+o

    夏紀「あ、例外が来た」

    優子「ん?」

    葉月「吉川先輩が例外?」

    みどり「つまり……夏紀先輩の為だけにチョコを作ってくれる数少ない例外……!」キラキラ

    夏紀「いやそっちじゃなくて……そもそもくれないほう、あいつケチだから」

    優子「人を例外だとかケチだとか何の話よ!?」

    久美子「え、えぇっと、今先輩に誕生日プレゼントを渡してまして……」

    優子「たんじょうび……?」

    みどり「私たちからはクッキーの詰め合わせです!」

    夏紀「今のところお菓子ばっかりでカロリーがヤバいんだよ……」

    優子(……あ、こいつの!? すっかり忘れてたぁー!)

    久美子「優子先輩は夏紀先輩に何かあげるんですか?」

    優子「え、えっと……」

    夏紀「あー無駄無駄、どーせこいつ人の誕生日なんて覚えてやしないよ」ヘラヘラ

    優子「」カチン




    【【響け!ユーフォニアム】中川夏紀誕生祭】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1463463126/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 14:32:07.20 ID:a+by7umX0

    ユーフォ(アニメ準拠)のデカリボンちゃんが色々な目にあうお話、慈悲はないです。



    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 14:33:48.06 ID:a+by7umX0

    優子「お願いっ!」

    麗奈「私には関係ないですよね、やめてください」

    わたしと高坂さんの二人だけの教室 わたしは後輩に頭を下げ恥も外聞も捨てて頼み込んでいた

    優子「お願い…… ソロパートを香織先輩に……」

    麗奈「…… わかってるんですか? 貴女がそんなことを私に頼みこむことがどれだけ愚かで、醜い行為だってことを」

    麗奈「私がもしその願いを聞き入れて香織先輩がソロパートを吹けたとして、この事実を知った香織先輩の気持ちはどうなるんですか?」

    麗奈「それに貴女が今ここでそんなことを頼むってことは貴女は香織先輩が私に劣ってるって認めたってことになるんですよ?」

    麗奈「後輩からの情けで舞台の上に立って、信頼してた後輩に裏切られる そんなことを香織先輩が望むと思ってるんですか?」

    優子「っ……」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 14:34:18.15 ID:a+by7umX0

    わかってる、そんなことわかってる……

    こんなこと誰も望んで無いし、誰も幸せにならないなんてこと

    それでも……

    優子「わたしは香織先輩にソロパートを吹いてもらいたい…… そのためならわたし何だってしたい!」

    麗奈「…… 呆れました」

    高坂さんはわたしに背を向け教室を去ろうとする、その後ろ姿をただ見つめるだけなんてわたしには出来なかった

    優子「待って!」

    麗奈「まだ何か?」

    反射的に高坂さんの腕を掴む、もう高坂さんを説得出来る材料なんて何も無い、それでも……



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 14:34:48.06 ID:a+by7umX0

    優子「…… お願い」

    麗奈「邪魔です」

    優子「わたし、香織先輩に

    麗奈「聞き飽きました」

    優子「……」

    結局どれだけ頼み込んでも高坂さんの心をわずかでも動かすことは出来なかった…… そう思ったとき

    麗奈「…… 本当に香織先輩のことばっかりなんですね」

    優子「…… うん」

    麗奈「だったら先輩がどれだけ本気か見せてください」

    優子「えっ…… ?」

    瞬間、高坂さんが笑った気がした



    【吉川優子ちゃんの受難【ユーフォニアム】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1450956631/

    1 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 20:30:32.03 ID:NM7DmjxIo

    ベタベタしない二人の短編です
    いくつかやる予定





    2 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 20:36:05.22 ID:NM7DmjxIo

    犬猿クリスマス

    優子「メェリィィ~!クリスマァ~スッ!」パーンパーン

    夏紀「・・・」

    優子「・・・」

    夏紀「・・・(紙テープを払いのける)」クシャッ

    優子「・・・ねっ!そんな感じで・・・盛り上がろう!よ?」

    夏紀「・・・帰っていい?」

    優子「だ、ダメダメ!絶対ダメ!」

    夏紀「いきなり家に呼ばれて何かと思えば・・・大体なんであたししか呼ばないの?友達いないの?」

    優子「いるわよっ!いる・・・けど・・・」

    夏紀「けど?」

    優子「クリスマァース!」パーン

    夏紀「うわっ危なっ!それこっち向けるな!」

    優子「みんなもう予定入ってるって・・・!いいわね・・・彼氏とか家族とか・・・クリスマス!」パーンパーン

    優子「せっかくのイブに暇してる可哀想なヤツはあんたくらいしか居なかったのよ!」



    3 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 20:45:31.31 ID:NM7DmjxIo

    夏紀「あんたもその内の一人だよ」

    夏紀「っていうか・・・家族は?」

    優子「なんかワケわかんない気を回されて・・・『デートしてくる。明日の昼頃帰るから友達とか呼んでもいいぞ!』って書き置きが・・・」

    夏紀「へー・・・いいご両親・・・かな?」

    優子「良かないわよ!当日に言われたもんだからこのザマよ!料理とかパーティーグッズとかまで用意されてるし・・・」

    夏紀「あー・・・それでクラッカーとか・・・」

    優子「ほら!キャンドルとかシャンパンもあるわよ!」

    夏紀「そうなんだ、帰る」

    優子「な、何でよっ!」

    夏紀「いや、逆になんでイブに優子と二人っきりで過ごさなきゃなんないのさ?罰ゲーム?」

    優子「ちょっ、待ち、待ちなさいよ!」

    優子「あんたが帰ると、私は一人でパーティーグッズに囲まれたまま、チンしたローストチキンをもそもそ寂しく食べることになるのよ!?」

    夏紀「あー、そりゃ素晴らしいクリスマスだ、どうぞお幸せに」クルッ

    優子「待て」ガシッ

    夏紀「あ?」

    優子「待ってくださいお願い一人にしないで」

    優子「料理多くて食べきれないの・・・せめてそれだけでも食べてって・・・」

    夏紀「・・・しょうがないな」ハァ



    【【響け!ユーフォニアム】なかよし短編集】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448997743/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/02(水) 04:22:33.15 ID:pubywTq90

    麗奈「どうしたの久美子?」

    久美子「え、えっと、いや、なんか一瞬何を言ってるのか聞き取れなかったから…」

    麗奈「そう?」

    久美子「うん。だから麗奈、もう一回言って」





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/02(水) 04:25:11.88 ID:pubywTq90

    麗奈「そばにいてくれる?」

    久美子「うん」

    麗奈「裏切らない?」

    久美子「もし裏切ったら、殺していい」

    麗奈「ほんとに殺すよ?」

    久美子「麗奈ならしかねないもん。それをわかった上で言ってる」

    麗奈「レズセックスしよ?」

    久美子「聞き間違いじゃなかった…」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/02(水) 04:28:36.36 ID:pubywTq90

    麗奈「久美子は私とレズセックスするの、嫌?」

    久美子「いやー。あの、嫌とか以前の問題と言いますか…」

    麗奈「久美子は私のこと嫌い?」

    久美子「嫌いなら今こんなところで麗奈と話してないよ」

    麗奈「そっか。良かった」

    麗奈「なら久美子。私とレズセックスしよ?」

    久美子「んん…」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/02(水) 04:33:40.43 ID:pubywTq90

    麗奈「しよ?」

    久美子「いやいや。それはどうなんだろ?」

    麗奈「久美子。私とレズセックスしよ?」

    久美子「繰り返すね」

    麗奈「だってこれは、愛の告白だから」

    久美子「うわぁ」

    麗奈「レズセックスしよ、久美子」

    久美子「ここでそのセリフ言うんだ…」



    【麗奈「そばにいてくれる?裏切らない?レズセッ○スしよ?」久美子「ん?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449069532/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:18:52.69 ID:K5ZJpKXBo

    ※響け! ユーフォニアム短編
    ※2016年4月23日 劇場版公開決定←New!





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:20:24.40 ID:K5ZJpKXBo

    緑輝(今日もみどりたち吹部は、早朝から朝練です!)

    緑輝(『朝早くから辛くないの?』と言われることもありますが、みどりは朝練大好きです!)

    緑輝(澄み切った空気……小鳥さんたちのさえずり……)

    緑輝(早朝の街並みを歩いていると、心がすがすがしくなるのです)

    緑輝(『早起きは三文の徳』とはよく言ったものですね)


    緑輝(ちなみに三文とは現在のお金で数十円にしかならないそうですが)

    緑輝(その代わりにお金では買えない……とっても素敵なものが得られると、みどりは思っています)


    緑輝(そんなことを考えているうちに、学校が見えてきました)

    緑輝(……おや?)


    麗奈「……」スタスタ


    緑輝(あれは、わが吹部のトランペットのエースであり久美子ちゃんの友だち、高坂さんですね!)



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:21:46.02 ID:K5ZJpKXBo

    緑輝(みどりの友だち久美子ちゃんと、とっても仲がいい高坂さん)

    緑輝(音楽に対してとってもストイックな彼女)

    緑輝(ぜひみどりも仲良くなりたい! 音楽について熱く語り合いたい!)

    緑輝(そんな思いを抱えながら早数か月)

    緑輝(『友だちの友だち』以上に距離を詰められないまま、ずるずると来てしまいました)


    緑輝(みどりは決して人見知りだというわけではありませんが)

    緑輝(才色兼備で文武両道、ボンキュッボンのナイスバディに世界が嫉妬するサラサラロングヘアーと)

    緑輝(天から二物も三物も与えられたような彼女の放つオーラには、易々と近づけません)

    緑輝(それでも、久美子ちゃんの話を聞いていると、実は結構優しい人のようで)

    緑輝(きっかけさえあれば、すんなりと仲良くなれる気がするのです)


    緑輝(同時に、あまり絡むことなく数か月過ごしてしまったので、きっかけがなければ今更距離を埋めづらい、ということでもあります)

    緑輝(この先、あまり絡みのない期間が長ければ長くなるほど、ファーストコンタクトの壁は高くなるばかり)

    緑輝(今日こそ何かきっかけが……きっかけがほしい!)

    緑輝(なんてことを考えているうちに校門を過ぎてしまいました)

    緑輝(やっぱり今朝もダメなのでしょうか……)



    麗奈「……」スタスタ



    緑輝(……おや?)

    緑輝(高坂さんの髪に何か……シールのようなものが付いているのが見えます)


    緑輝(あれは……なんと!)

    緑輝(『半額』と、確かにそう書いてあります!)



    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:23:20.78 ID:K5ZJpKXBo

    緑輝(才色兼備で文武両道、ボンキュッボンのナイスバディに世界が嫉妬するサラサラロングヘアー!)

    緑輝(それらすべてを兼ね揃えたあの高坂さんが、まさかの半額!)

    緑輝(これは朝から大事件ですよ!)

    緑輝(きっとこれは、天がみどりに与え給うた絶好の機会!)


    緑輝(『高坂さん、髪にシールが付いてしまってますよ』)

    緑輝(『あら、ありがとう』)

    緑輝(『今剥がしますね……わあ、高坂さんの髪って、絹織物のようにしっとりしてますね』)

    緑輝(『……そんなに褒めても、何も出ないよ』)

    緑輝(『どんなシャンプー使ってるんですか? みどりは毎朝自らのモワモワヘアーと闘っているので、ぜひ知りたかったんです』)

    緑輝(『えーとね……』)


    緑輝(これなら繋がります! 会話が! そして2人の友情の絆が!)

    緑輝(そうと決まれば川島みどり! いざ参りますよ!)

    緑輝「あの、高坂さ」



    「高坂さん、髪に何か付いてるよ」



    麗奈「?」

    葉月「何これ……半額シール?」

    麗奈「あ……」



    【緑輝「高坂さんの髪に半額シールが付いてます!」麗奈「……?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436278092/l50

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/07(火) 23:08:22.31 ID:zE4uk/3Y0

    久美子「麗奈遅れるんだ……ま、トランペットの練習が長引いたんなら仕方ないかな」

    久美子「さて……とりあえず、どっかで時間でも潰そうかな……」

    久美子「……………………あ」

    ~~~~~~

    優子「全く……! 向こうから誘っといて寝坊ってどういうことよ!」

    優子「はぁ~あ……もう帰ってやろうかしら……」

    優子「……………………あ」

    ~~~~~~

    晴香「香織との約束の時間よりも早く着いちゃったな~……」

    晴香「まあ、お店見てたら三十分なんてすぐだよね」

    晴香「……………………あ」

    ◇ ◇ ◇

    久美子「…………」
    優子「…………」
    晴香「…………」





    三人(…………どうしようっ……!)





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/07(火) 23:13:32.38 ID:zE4uk/3Y0

    久美子(と、とりあえず、外で会っても挨拶は基本だよね?)

    優子(やっぱり、部長もいるし、挨拶はしとかないとね)

    晴香(まさか後輩二人と会うなんて……もしかして二人、関わり無いように見えるけど仲良しなのかな?)





    三人「こんに……!」




    三人(かぶった~~~~~~!!!)



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/07(火) 23:19:39.73 ID:zE4uk/3Y0

    久美子「え、えと……吉川先輩、小笠原先輩、こんにちは」

    久美子「き、奇遇ですね! 休みの日に会うなんて」


    優子「そ、そうね! 小笠原先輩も、お買い物か何かですか?」


    晴香「う、うん。ちょっと私だけ早く着いちゃったんだけど、香織と待ち合わせしてて」


    優子「か お り せ ん ぱ い と ?」


    晴香「え……う、うん」


    久美子「ちょっとがっつき過ぎじゃないですかね~……」

    久美子(ってまた余計なこと言った!)


    優子「べ、別にがっついてなんか無いわよ!」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/07(火) 23:24:06.39 ID:zE4uk/3Y0

    優子「そういう黄前さんはどうしたの?」


    久美子「私は、麗奈と一緒に楽器店を見に行く予定でして……」

    久美子「でも、ちょっと遅れるみたいなんです」


    優子「ふ~ん……やっぱり高坂さんと仲良いんだ」


    晴香「優子ちゃんは?」


    優子「あたしは……ちょっと、友達と会う約束だったんですけど、寝坊したみたいで……」


    晴香「ふ~ん……じゃあ二人共、予定は開いてるんだね」


    二人「「えっ?」」



    【久美子「偶然」優子「集まった」晴香「3人」】の続きを読む

    このページのトップヘ