大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!SS > 悲しい世界

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1501527136/

    1: 名無しで叶える物語 2017/08/01(火) 03:52:16.00 ID:udzaZxqZ.net

    絵里「理事長が匿名掲示板なんかの書き込みを信じるんですか?」

    理事長「ええ、信憑性については懐疑的でした」

    絵里「じゃあ…(ホッ」

    理事長「だからこの1ヶ月間、この匿名告発の裏付けの如何を慎重に調査しました」

    絵里「なっ」

    理事長「そのひとつが、生徒会室の監視カメラです…ごめんなさい絢瀬さん、必要なことだったの」

    絵里「…!!」

    理事長「被害者にも事情を聞いたわ。園田海未さん、高坂穂乃果さん、矢澤にこさん…皆あなたに脅迫されてさんざんな目に遭ったと」

    絵里「あ、あの子達…!」

    理事長「申し訳ないけれど警察の方がいらしてるの。ここから直接同行して頂くわ」

    絵里「待ってください、同意の上です!あの子達と話を!」

    理事長「本人達も、あなたとの会話を望んではいないそうよ」



    2: 名無しで叶える物語 2017/08/01(火) 03:56:39.12 ID:HVq/NdTv.net

    絵里「嘘よ!私は悪くない、私は悪くないッ!」

    希「失礼します」ガチャ

    絵里「希!証言して、私は何も悪くないって!あの子達が勝手に私の身体の虜になったんだって!」

    希「理事長先生、これ絢瀬さんの荷物です…」

    理事長「ありがとう」

    絵里「の、希、あなたは大丈夫よね?あなただけは私の味方よね?」

    希「……失礼します」

    警察官「よろしいですか、ではそろそろ」

    絵里「希、希!イヤ、誰か助けて!」



    3: 名無しで叶える物語 2017/08/01(火) 03:58:07.96 ID:C+f2rXiP.net

    沼津に島送りの刑




    【絵里「生徒をレイプしすぎて逮捕状が出たわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1495471461/

    1: 名無しで叶える物語 2017/05/23(火) 01:44:21.61 ID:z2KwDRZY.net

    穂乃果「おはよっ!」

    ことり「あっおはよう穂乃果ちゃん!」

    海未「おはようございます。今日は遅れませんでしたね!」

    穂乃果「だって、遅れたら今日1日体力もたないよ!」

    ことり「そうだね、じゃあ行こうか」

    海未「切符は忘れていませんか?」

    穂乃果「もっちろん!走っていこー!」

    ことり「ああっ!待ってよ~」



    2: 名無しで叶える物語 2017/05/23(火) 01:47:07.28 ID:z2KwDRZY.net

    穂乃果「何かな?今日は何かなぁ?」

    ことり「お芋だけ…かな」

    海未「日に日に物資の不足が目立つようになってきますね…」

    穂乃果「もうお芋飽きたよー!」

    海未「穂乃果っ!失礼な事言ってはいけません!」

    ことり「まあまあ…ことりは好きだよ?」

    穂乃果「ぶーっ!見てよこの張り紙!」

    うせまべたをもいお

    海未「また随分と古典的な…」

    穂乃果「いくら学校が無くなってきているからって言っても、これは馬鹿にしてるよね⁉」

    ことり「あはは…」

    海未「私たちは運が良かったのです。丁度学徒動員の前年度に中学校を卒業することができましたから」

    穂乃果「そうだね…雪穂と同じ学年の子たちは小学校でおしまいだから、一般教養を身につけられたことには感謝しなきゃ!」

    ことり「ことりは応急処置、感染症予防について教わって本当に良かった!」

    海未「保健所には人が絶えませんからね。ことり、毎日お疲れ様です」

    ことり「えへへ、ありがとう。2人も大変だよね、お互い頑張ろ♪」

    穂乃果「うん!でもね…今日から工場長が来ないんだ…」



    3: 名無しで叶える物語 2017/05/23(火) 01:47:50.56 ID:z2KwDRZY.net

    ことり「えっどうして?」

    海未「遂にお国に呼ばれてしまったようです。良い方でした…」

    ことり「そっか、残念だよね…」

    穂乃果「いつまで続くんだろう…」

    海未「勝つまで、と言われるのが世の常でしょう。私たちはいつまで苦しまなければならないのでしょうか…」

    ことり「苦しい、かぁ」

    穂乃果「やめよっ!こんな暗い話してもしょうがないって!今日は折角の週に一度の休み時間なんだから!」

    海未「そうですね、すみません」

    穂乃果「2人ともこの後どうするの?」

    海未「私は武道の鍛錬を」

    ことり「すごいなぁ…ことりは神社で子どもたちに漢字を教えに行くよ!」

    海未「穂乃果はやはり、いつもの場所ですか?」

    穂乃果「うん!今日も絵里ちゃんに英語を教えてもらうんだ!」

    穂乃果「あっもう約束の時間だ!ごめんっもう行くよ!じゃあね~」

    海未「迷惑をかけていなければいいのですが…」

    ことり「大丈夫だよ。穂乃果ちゃんは火がつくとすっごく真面目に取り組むから!」

    海未「ふふっ期待しておきましょう。では、私たちも解散としましょう、では」

    ことり「ばいば~い!」




    【穂乃果「お線香焚いてあげなきゃ…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1399884433/

    1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/12(月) 17:47:13.65 ID:/9Vd9L7h0.net

    穂乃果「ちょっと、にこちゃんは来れないんじゃなかったの、みんな!?」

    絵里・希・真姫・海未・花陽・ことり・凛「…」モジモジ

    穂乃果「もしかして、にこちゃんの事誘わなかったんじゃ…」

    希「だって、にこちゃんお小遣いに苦労してるやん?」

    ことり「そ、そうだよ!誘っても、お金がないからって断るにこちゃんが可哀想!」

    穂乃果「みんな最低だよ!にこちゃん、一緒に食べよ?」

    にこ「で、でも…」

    凛「チッ」

    花陽「はぁ~…」

    真姫「やれやれ」

    にこ「…にこはいいよ。向こうで一人で食べるから」

    穂乃果「えぇ~っ!?そんな事言わずに~。あ、店員さん、席の移動をお願いしまーす。このお客さん、こっちの席に移るので」

    にこ「ちょっ、そんな勝手に…」



    3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/12(月) 17:48:23.11 ID:l7nUSakW0.net

    穂乃果は天使



    7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/12(月) 17:50:12.15 ID:Dt+qmAHB0.net

    穂乃果は女神ハッキリわかんだね



    15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/12(月) 17:57:11.84 ID:/9Vd9L7h0.net

    海未「にこ、穂乃果がせっかく誘ってくれてるんです。素直になったらどうですか?」

    にこ「わかったわよ…」

    穂乃果「やった♪」

    希「でも穂乃果ちゃん。本当にええんか?」

    穂乃果「何が?」

    希「にこっちがおった向こうの席は、食べ放題のお客さんの席やで?こっちは普通に食べるお客さんの席や」

    凛「そうだよ。普通に食べたら5000円からはするにゃー。にこちゃんだって、食べ放題の分のお金の1980円しか持ってないんじゃないかにゃー?皆が美味しいお肉食べてるのを見てるなんて可哀想だにゃー」

    にこ「…」

    穂乃果「にこちゃんをバカにしないで!」

    海未「穂乃果…」

    穂乃果「足りない分は皆で出すから心配しないでね、にこちゃん」

    花陽・ことり・希・真姫・海未・希「えっ…」



    17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/12(月) 17:58:41.25 ID:kK9Pbwhn0.net

    ほのかわいい



    24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/12(月) 18:01:16.23 ID:GGaChUd00.net

    凛ちゃんが畜生



    【穂乃果「皆で焼肉に来たら、一人で来てるにこちゃんと遭遇した…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484388520/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/14(土) 19:08:40.60 ID:EwuypbJM0

    穂乃果「みんなーファイトだよ!」

    海未「...」ハァハァ

    ことり「...」ハァハァ


    絵里「じゃあ、10分休憩しましょう。10分後に学校を出て、外にランニング行くわよ!」

    全員「はい!」

    絵里「穂乃果はすこし休んでいなさい」

    穂乃果「え...はい」

    絵里「さぁ、みんな行きましょう」タタタッ


    穂乃果「...はぁ...なんで私...こんなに体力ないんだろう...」

    穂乃果「みんなと一緒に走りたいのに...でもまた、この前みたいに痙攣起こしちゃったら迷惑だもんね...」

    穂乃果「はぁー...みんなが羨ましい...」 
     






    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/14(土) 19:14:12.67 ID:EwuypbJM0

    数分後


    にこ「...」ハァハァ

    希「...」ハァハァ

    花陽「...っ...」ハァハァ

    凛「...ふぅ...」ハァハァ

    真姫「...」ハァハァ

    穂乃果「みんなーあと少しだよー頑張ってー!」


    絵里「ふぅーーキツかったわ...」フゥフゥ

    希「さすがにこの距離はきついなぁ...」ハァハァ

    絵里「よし!じゃあまた明日、8時屋上に屋上集合よ」

    全員「はい!」

    穂乃果「海未ちゃん!ことりちゃん!一緒に帰ろー」

    ことり「うん!ちょっと待ってね」

    海未「冬季練習はやはりきついですね...」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/14(土) 19:24:32.70 ID:EwuypbJM0

    穂乃果「頑張ってね!穂乃果もみんなに追いつけるくらい頑張るよ!」

    ことり「...あんまり無理しないでね?」

    海未「また倒れられると困ります」

    穂乃果「う、うん!ごめんね!」



    高坂家

    穂乃果「...体力...欲しいな...私だけみんなを見とくの...寂しいし...置いてかれてるような気がする...」

    穂乃果「明日も長距離...やだなぁ...」



    翌日


    穂乃果「おはよう!ことりちゃん!」

    ことり「おはよう穂乃果ちゃん♪」

    穂乃果「今日も朝練だねーーきついねーー」ハァ

    ことり「...でも穂乃果ちゃんは私達より距離が短いから羨ましいなぁ~」

    穂乃果「え...あ、そう?結構虚しいんだよーみんなに置いてかれてー」


    穂乃果(冗談だよね?別に嫌がらせで言ってるわけじゃないよね...?)

    海未「穂乃果、おはようございます」

    花陽「穂乃果ちゃんおはよう」ニコッ

    穂乃果あっ、2人ともおはようー」





    【穂乃果「友達だと思ってた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1487931275/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:14:35.04 ID:74/hl5xN.net

    立て直し
    最初っからやるね



    2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:15:11.78 ID:74/hl5xN.net

     花陽の家

    花陽「・・・」ポチポチ

    凛「ねえ、かよちん」

    花陽「・・・」ポチポチ

    凛「ねえ、かよちんってばー」

    花陽「・・・うん」ポチポチ

    凛「なにしてるの!」グイッ

    花陽「ピャー!・・・なにするの凛ちゃん!」

    凛「だってかよちんがずっと携帯いじってるんだもん!つまんないよ!」

    花陽「ああ、ごめんね」

    花陽「でもだからって携帯覗くのはやめてよー!」

    凛「あ、ごめん・・・」

    凛(最近かよちん冷たいにゃ・・・)



    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:15:59.77 ID:74/hl5xN.net

     翌日練習終了後

    凛「最近かよちんが冷たいにゃ」

    凛「元気もないみたいで・・・」

    にこ「だからってなんで私に相談してくるのよ」

    凛「インターネットに詳しいにこちゃんなら何か知ってると思って」

    にこ「何の話よ」

    凛「昨日ずっとかよちんが携帯いじってて、覗いてみたら2ちゃんねるとかいうの見てたんだにゃ」

    にこ「あー、そういうことね」

    凛「どういうこと・・・?」



    4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:16:39.83 ID:74/hl5xN.net

    にこ「花陽は2ちゃんねらーになったの もう戻ってこないわ」

    凛「そんな!どうすればいいの!?」

    にこ「2ちゃんねらーを正常な人間に戻すのはほぼ不可能よ」

    にこ「今、花陽は2ちゃんねるの中で名前も知らないたくさんの人間と繋がって」

    にこ「たくさんの仲間を得た気になっているわ」

    にこ「なぜそんなことになってるかって、現実での自分の姿に満足していないからよ」

    凛「なんで!?憧れてたアイドルにもなって、仲間もいっぱいいるのに、何が不満なの!?」

    にこ「具体的にはわからないけど考えられる理由は2つほどあるわ」


    にこ「1つは、自分の現状に飽きてしまっている」

    にこ「つまり、μ'sでアイドル活動をするのに飽きちゃったってこと」

    凛「そんな事思ってるはずないにゃ!こんな楽しくやってるのに!」

    にこ「あんたがそう思ってるだけで花陽は違うかも知れないじゃない」

    凛「そ、そんなはずないにゃ・・・」

    にこ「まあ私も違うと信じてるけどね」



    6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:17:12.00 ID:74/hl5xN.net

    にこ「で、もう1つは、孤独を感じている。だから、自分の居場所を2ちゃんねるに委ねているという可能性ね」

    凛「それはもっとあり得ないよ!μ'sの仲間がいるのに」

    にこ「花陽は仲間と思ってないっていう可能性もあるわよ」

    凛「そんなの違うにゃ・・・」

    にこ「とにかく、性格が変わるほどはまり込んでる理由はそのどっちかしかないわ」

    凛「そんなのひどいよ!にこちゃんなんか最低だにゃ!」

    にこ「現実を見なさいよ!花陽は2ちゃんねらーになったの!理由なんてそのくらいしか挙げられないわ!」

    凛「なんでさっきからそんなにいいかげんなの!?かよちんが2ちゃんねらーになっちゃったんだよ!?」

    にこ「うるさいわね!なっちゃったものはもうどうしようもないでしょーが!」

    凛「部員の一人が2ちゃんねらーになったのに、そんなこと言うなんて・・・!」

    凛「・・・わかったよ」



    7: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:17:49.87 ID:ZLLNiU6c.net

    ネット弁慶ちん




    【凛「かよちん最近冷たいにゃ・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1417008223/

    1: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2014/11/26(水) 22:23:43.40 ID:JpKV7efY.net

     すやすやと安らかな寝息が聞こえる。μ'sのメンバーはあどけない顔を浮かべてやわらかな布団の上に横たわっている。消灯後
    の暗闇の中、無防備なその寝顔は、まだ汚れを知らない子供のように見える。

     一方、私――絢瀬絵里は、何度目になるか分からないため息をついていた。

     寝返りをうって、メンバーたちに背を向ける。合宿に使っている西木野家の別荘には高級そうな置物が多い。ツボを掲げた女神像と
    視線が合う。どうして暗闇で見る石像はいつにもまして不気味なのだろう。ぎゅっと両目をつぶった。



     ……なぜ、あんな話になってしまったんだっけ?

     思えば、μ'sのメンバーで性について話したことは、これまで一度もなかった。人一倍そういうものに興味を持つ(といわれている)年
    齢のわたし達にあっては、もしかしたらこれまでが異常だったのかもしれない。


    (悪夢だわ――)

     私はメンバーみんなの口から出てきた発言の数々にはげしく動揺させられ、今もこうして眠りに就くことができないのだった。



    3: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2014/11/26(水) 22:26:44.35 ID:JpKV7efY.net

    絵里「違うわよ凛、そこの振り付けは両足の向きを平行にしないと、そう、その調子よ!」

    凛「合宿になると、絵里ちゃんは一層厳しいにゃ~」

    絵里「新曲披露まで日がないのよ、さあ、もう一回合わせていくわよ!」

    ………………

    穂乃果「ああ……疲れた~」

    凛「もう、体が動かないにゃ~」

    絵里「まだまだ、全体そろってない感じ。もう少し続けたいところなんだけど……」

    にこ「はぁ? 何言ってるのよ、三時間もぶっ続けに練習してるわよ? もう夜も遅いし……」

    海未「そうですねえ……」

    希「明日に差しつかえるといけないから、今夜のところはこれまでにしたらいいんやない?」

    海未「たしかに。あまり頑張り過ぎても、体に毒ですからね」

    絵里「じゃあ、きょうの練習はここでやめて、お風呂に入って寝ることにしましょう」



    11: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2014/11/26(水) 22:30:29.65 ID:JpKV7efY.net

    凛「お風呂気持ちよかったにゃ~」

    にこ「真姫ちゃんの別荘のお風呂って本当に快適ね」

    ことり「とても広いから皆で入れて楽しいよね」

    花陽「ここの別荘ってもうひとつお風呂があるんだよね。同じ建物にふたつもあるなんてすごいなあ」

    穂乃果「えっ、どんな感じなの?」

    真姫「あれは、パパとママのプライベート用だから私も使ったことないのよ」

    希「プライベート用? アヤしいなあ?」(ニヤニヤ)

    花陽「?」

    希「真姫ちゃんのパパとママ、そこでどんなことしてるんやろな~」

    絵里「も、もう、なに言ってるのよ、希ったら」

    希「実は真姫ちゃんもそこに最近できた彼氏くんを連れ込んでたりして~」(ニヤニヤ)

      絵里(――――え!?)

    真姫「ば、バカ、そんなことなんかしないわよ!」

      絵里(か、彼氏ってどういうこと――!?)




    【【SS】絢瀬絵里以外みんな非処女【閲覧注意】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1481112414/

    1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/12/07(水) 21:06:54.84 ID:USqJeala.net

    凛「りんきんwwwwwwwwwwりんきんって可愛いきんwwwwwwwwww」

    真姫「あのさあ凛、意味わかってる?」



    4: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/12/07(水) 21:11:43.57 ID:USqJeala.net

    凛「凛菌っていう微生物でしょ?名前だけ聞いたら何だか可愛いにゃ♪」

    真姫「じゃなくてその…とにかく人に向かって菌菌言うのは嫌だからやめてよね」



    5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/07(水) 21:12:45.51 ID:Y8XaSe3f.net

    まきちゃん…



    6: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/07(水) 21:14:48.22 ID:hBx4CvVI.net

    ヒカ菌




    【凛「まきき~ん!真姫菌!真姫菌wwwwwwwwww」真姫「なによ淋菌」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1474095798/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/09/17(土) 16:03:18.02 ID:Xv0LlsMi.net

    真姫「そう最近はアイドルっぽい曲ばっかりだったから」

    真姫「たまには暗くて怖くなるような曲を作ってみたくなったの」

    真姫「曲はもう作ってあるんだけどいつもみたいに作詞をお願いできないかしら?」

    海未「そうですか…しかし私は基本的に自分が経験したことや体験したことを基に作詞しているので」

    海未「地獄を経験したこと無い私に作れるかどうか…」



    3: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/09/17(土) 16:08:59.15 ID:WQrdIdgk.net

    地獄のようなトレーニングを考案した方が何を言ってるんだか



    4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/09/17(土) 16:11:51.02 ID:Xv0LlsMi.net

    真姫「なにそれ!?そんなの初耳なんだけど」

    海未「まぁ初めて言いましたからね他のメンバーにはあまり言わないでくださいよ恥ずかしいので…」

    真姫「え?じゃあスノハレとか秋空はなんなの海未って恋愛経験とか無かったんじゃあ…」

    海未「あれはその…漫画やドラマを参考にしまして…ってそんなことより新しい曲の話に戻しましょう!!」



    5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/09/17(土) 16:19:38.92 ID:Xv0LlsMi.net

    真姫「まぁいいわ…だとしたら詩のために海未に地獄を経験してもらうのも悪いわね…」

    海未「そうですねぇ…私が経験しなくても実際に地獄絵図のようなものを見れば何かヒントが得られるかもしれませんが…」

    真姫「地獄絵図と言われてもねぇ…交通事故で悶え苦しみながら死んでいく患者の映像でも見る?」

    海未「そんなものがあるのですか!?ぜひ詩の参考のために見てみたいのですが!」

    真姫「本気にしちゃうんだ…まぁ良いわパパに頼んでみるわ」




    【海未「地獄をイメージした作詞?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1479013747/

    1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 14:09:07.93 ID:OSFpv2Gj.net

    穂乃果「ひどい」

    俺「死ね」

    穂乃果「どうして、そんなこと言うの?」

    俺「死んでほしいから」

    穂乃果「うぅっ…」

    俺「はやく死ね」

    穂乃果「穂乃果のこと、嫌いなの?」

    俺「黙れ!!!!!!!!」

    穂乃果「ひっ…うぁぁあっ!!」ボロボロ

    俺「やったぜ。」



    23: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 15:04:31.09 ID:6hjqb5Ss.net

    悲しませた女の子の数だけ>>1を犯してやるからな!!!



    4: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 14:14:44.51 ID:OSFpv2Gj.net

    にこ「にっこにっこにー!」

    俺「キモイ」

    にこ「はぁ!?」

    俺「きっしょ^^;」

    にこ「なんなのよあんた…」

    俺「キモ過ぎ」

    にこ「はいはい、わかったからどっか行って?」

    俺「キンモッ」

    にこ「あっそ、じゃあ私がどっか行くわ」

    にこ「二度と顔見せないでね」

    俺「キモイんだよォ!!!!!!!!」

    にこ「ひっ…なんなのよアイツ…」





    にこ「にっこにっこにー!」

    幻聴(キモイキモイキモイキモイ)

    にこ「もうやめよ…」 👀
    Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)



    7: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 14:24:16.90 ID:OSFpv2Gj.net

    俺「ビリビリーッwww」

    ことり「えっ…」

    俺「ビリビリwwwwww」

    ことり「衣装が…」

    俺「ビリッwwwビリッwww」

    ことり「やめて!!!!」

    俺「うるせぇ!!!!!!!!!!!!!!!!」

    ことり「ひっ…ぁぁぁぁ…」ガクガク

    俺「ぺっぺっ」

    ことり「もうやめてよ…」ポロポロ

    俺「うひょーwwwwww」



    8: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 14:27:14.70 ID:BCHQrzbX.net

    腹立たしさもあるけれど正直興奮する



    10: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 14:30:06.72 ID:TJ10luZA.net

    止めろぉ!(建前)ナイスゥ!(本音)




    【俺「死ねよ」 穂乃果「えっ…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1433576957/

    1 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 16:49:17.26 ID:SP/4wyNC.net

    穂乃果「は?… う 海未ちゃん?」

    海未「魔法使いと契約を交わして魔法少女になったんです」

    穂乃果「どうしちゃったの!?…ことりちゃんがいなくなって一週間 こんな時にふざけないでよ!」

    海未「ふざけてなんかいません!!!」

    穂乃果「ねぇ どうしちゃったの? 狂いそうなのはわかるよ わかるけど… 」

    海未「狂ってなんかいません!!!! 仕方ないですね… 魔法を見せてあげましょう」

    穂乃果「…」

    海未「Snowhalation!!」

    穂乃果「わっ…眩し…!…ゆ 雪!?」

    海未「信じていただけまし…」バタッ

    穂乃果「海未ちゃん!!!!」



    3 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 16:53:21.55 ID:SP/4wyNC.net

    海未「こ ここは…穂乃果の家…?」

    穂乃果「倒れちゃったからね運んできたんだよ…」

    海未「そうだったんですね…信じていただけましたか?」

    穂乃果「うん… 」

    こんな季節に雪 しかも、少し光っていて 本当に魔法としかいいようがなかった
    話を聞くと
    魔法使いと名乗る真っ白の服を着た女と契約をしたらしい
    理由は 教えてくれなかった
    契約したのはことりちゃんが行方不明になった日
    もしかしたら魔法でことりちゃんを探そうとしたのかもしれない

    魔法少女は誰かに愛されないと消えてしまうらしい
    一ヶ月の間に好きな人と両想いにならないといけないんだそうで もしも 一ヶ月を超えても愛されなかったら 消えてしまう…
    そして 愛されないまま魔法を使うと反動が強すぎて倒れる… ってことは 海未ちゃんは好きな人と両想いじゃない んだ…



    4 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 16:54:38.70 ID:SP/4wyNC.net

    穂乃果「契約して一週間だよね…? 」

    海未「はい… はやく両想いにならないと 消えてしまうんです 魔法も使えませんし」

    穂乃果「うん… 言いたくないと思うけど好きな人 教えてくれないかな? 」

    海未「…」

    穂乃果「やっぱりダメだよね…」

    海未「…」
    穂乃果「でもわからなくったってお手伝いはできるよ! ほら…ことりちゃんが行方不明になって μ'sも休止してるから…時間だってあるし」

    海未「…か です」

    穂乃果「えっ…?」

    海未「だから 穂乃果です…」

    穂乃果「えぇえええええ!?」



    5 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 16:55:49.71 ID:SP/4wyNC.net

    海未「… ごめんなさい」ダッ

    穂乃果「あっ 海未ちゃんまって!!!!」

    穂乃果「帰っちゃった…」
    穂乃果「どうしよう…だって…わたしが好きなのは…」















    穂乃果「絵里ちゃんだもん」



    【海未「私魔法少女になったんです」】の続きを読む

    このページのトップヘ