大きいサイズ

    カテゴリ: ご注文はうさぎですか?SS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518527406/

    1: ◆ossIyKFqYI 2018/02/13(火) 22:10:07.20 ID:NyCJ7R3v0

    途中まで書いてあったものを投下します。今回は小説形式です。





    2: ◆ossIyKFqYI 2018/02/13(火) 22:25:21.38 ID:NyCJ7R3v0

    「うぐっ……!」

    突然、六花は右目に手を当てた。

    「どうした?」

    勇太が振り向く。

    「駄目だ…この路地には結界が…」
    「またか」

    勇太は、六花が体調でも悪くなったのかと一瞬心配したことを後悔しながら言った。

    「…そんなもの無いです」

    コン、と六花の脳天に勇太のチョップが落ちる。

    「あぅ…」

    もはや二人の間ではお約束の流れである。

    「せっかく遠くまで来たのになあ……」



    3: ◆ossIyKFqYI 2018/02/13(火) 22:35:09.57 ID:NyCJ7R3v0

    休日。勇太と六花は、デートに来ていた。

    行先は木組みの町。

    近場にしなかったのは友人(主に一色たちのことだろう)に絡まれると厄介だから、という理由なのだが、絶対他に何か理由があるはず――とは森夏の弁である。



    4: ◆ossIyKFqYI 2018/02/13(火) 22:41:54.46 ID:NyCJ7R3v0

    そんな楽しそう(ただし勇太は疲れ気味)の二人をこっそり追いかける人影が。

    勿論、丹生谷森夏である。

    ーーーー

    「あれじゃあまだまだね・・・。 」

    森夏が双眼鏡を下ろしながら言った。

    「どこが駄目なの? 」

    くみんがきょとんとした顔をして訊く。

    「あれじゃ手を繋いでいるだけじゃない!それにそろそろ腕を組んでもいいぐらいよ!」

    森夏が熱弁をふるう。



    5: ◆ossIyKFqYI 2018/02/13(火) 22:44:43.38 ID:NyCJ7R3v0

    さすがに知らない町とはいっても、いきなり腕を組むのは恥ずかしいよ~」

    くみんが返す。森夏は再び双眼鏡を目に当てた。

    「まったく、付き合い始めて何ヵ月よ・・・で、何であんたたちがここにいるのよ!」

    森夏が後ろを振り返る。

    「行こうって言ったのはモリサマちゃんだよ~」
    「凸守はマスターのサーヴァント。こんな野次馬ニセサマーとは違う、重要な任務があるのデース!」

    「誰が野次馬ニセサマーよ!」




    【【ごちうさ×中二病】もふもふの…兎喫茶店(ラビットハウス)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517406147/

    1: はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY 2018/01/31(水) 22:42:27.51 ID:Q9nObF+z0

    ・バラエティネタは基本説明多い・・・(相変わらずへたくそで設定強引でツッコミ要素満載)
     とりあえずこういうのやってみたかったので書いてみる・・・


    もし高級喫茶店のコーヒーが実は一般店のコーヒー
    (本家ならインスタントコーヒーでやるはず。さすがにやらんと思うが・・・)だったら
    お客さんは雰囲気に流される?流されない?

    モニタリング方法は超一流の高級喫茶店が
    新作メニューを出すための料理品評会という設定で
    ターゲットにスイーツとコーヒーを提供。
    そのコーヒーが実は別の店のコーヒーだったら
    気づくのか?それとも高級喫茶店のコーヒーと信じ込むのか?

    モニタリングに使用するコーヒーを作るのはこの店。ラビットハウスのこの人。

    チノ「よろしくお願いします」

    実はこの子。コーヒーの香りだけで
    コーヒーの銘柄を当てることができるという特技を持つ中学生。
    自慢の(オリジナルブレンドに使ってる)コーヒー豆を持って(店の許可もらった)
    モニタリングの舞台の店へ

    店長「君がドッキリのためのコーヒーを作る人かな?」

    店員A(わ~、小さい割にはBより出来よさそう)

    店員B(僕よりって何だよ・・・あ、)「よろしくお願いします」

    チノ「こちらこそ」

    高級喫茶店一同(礼儀正しい子だ)







    3: はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY 2018/01/31(水) 23:07:43.70 ID:Q9nObF+z0

    店長「その豆でコーヒーを作るのかな?」

    チノ「はい、そうです」

    チノ「あ、その機械なら使い方分かります。
       私のオリジナルブレンドがこの店でも通用できるように頑張ります」

    そして準備ができたところでモニタリング開始。
    まずはこちらの二人組の女性。片方はモニタリングの内容を知っている仕掛け人。
    もう片方は内容を知らないターゲットです

    ターゲット「どんなの出るんだろう」

    仕掛け人「楽しみ楽しみ~」



    4: はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY 2018/01/31(水) 23:18:06.06 ID:Q9nObF+z0

    まずは本物の高級喫茶店の新作メニューを提供

    ターゲット「これココナッツムースかな?」

    仕掛け人「他の店とは違う高級感だよね」

    ターゲット「わあ、おいしい」

    仕掛け人「私もこんなの食べたことない」

    ターゲット「やばい、どの店よりもおいしいよこれ」

    仕掛け人「でもこれ別の店でもあったよ。でも
          こっちの方がおいしいし値段もお得そうだよ」

    ターゲット「記念に撮っておこう」



    5: はっぺい高井 ◆0VYKhvB8ZY 2018/01/31(水) 23:29:47.53 ID:Q9nObF+z0

    続いて、ラビットハウスのオリジナルブレンドを提供


    モニター室

    チノ「反応はどうでしょうか」


    店内

    ウェイトレス「お待たせしました。こちら、オリジナルスペシャルコーヒーです」

    ターゲット「スペシャル!?」

    仕掛け人「飲もう、飲もう」

    ターゲット「確かに器だけでも高級感あるよ」

    仕掛け人「この店いろいろとチャレンジしてるんだよ実は・・・」




    【ニンゲン観察モニタリング 高級喫茶店にラビットハウスのコーヒーが出たら?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515374662/

    1: ◆RADA/SS//. 2018/01/08(月) 10:24:22.71 ID:R/manMPLO

    ・リゼちゃんが小学生(9歳)のときのお話です

    ・口調がおかしかったりキャラ崩壊があるかもしれません

    ・ごちうさでの小学校は共学か女子校なのかわからないので今回は共学の設定で書かせていただきます



    ~回想~


    ー小学校ー

    キーンコーカーンコーン……キーンコーカーンコーーン!

    担任「今日の授業は以上です。寄り道せず帰りましょう。ではまた明日、さようなら」


    サヨーーナラ!!


    リゼ「さ、帰ろっと…」オドオド

    ガキA「おい天々座」

    リゼ「ヒッ!…な、何?A君」

    ガキA「放課後ドッジボールやらね?女子の人数足りなくて困っててよー」

    リゼ(今日はこの後お父さんとの『くんれん』があるから…断ろう)

    リゼ「ええと……その…今日は予定が」

    ガキB「はあ!?お前Aの誘い断るってのかよ!?」

    ガキA「何?この後予定あるの?」

    リゼ「い、いえ…特に何もない…です」ビクビク

    ガキB「よぉっし!おいみんなー!天々座が参加するってよー」

    リゼ(……はぁ)





    2: ◆RADA/SS//. 2018/01/08(月) 11:22:05.30 ID:tC9aIWYzo


    ーーーーーーーーーーー

    ガキB「あーあ、負けてしまったな」

    ガキC「誰かさんがあのときアウトにならなければ……クソッ」チラッ

    リゼ「……ごめんなさい」

    ガキA「しゃあないしゃあない。でも明日こそは絶対勝とうぜ」

    リゼ「あ…う、うん。じゃあ私はこれで……」

    ガキA「ん、じゃあなー」


    ーーーーーーーーーーー

    キーンコーカーンコーン…キーンコーカーンコーン!


    リゼ(やっと終わった…また絡まれる前に早く帰ろ)ガラッ

    ガキA「おーい、天々座ーっていねぇし」

    ガキB「あいつ帰るの早すぎw」

    ーーーーーーーーーーー


    リゼ(宿題のプリント教室に忘れ物しちゃった……うぅ…教室に戻りたくないけど先生に怒られたくないし……戻ろう)

    ーーーーーーーーーーー

    リゼ(誰もいないといいなぁ……)

    ガヤガヤ

    リゼ(はぁ……誰かいる)

    ガキA「天々座ってさー女子なのにどこか男っぽい雰囲気してるよな。力とか弱いけど」

    リゼ(うぅ……)

    ガキB「女子から聞いたんだけど天々座って強くなるためにお父さんと毎日『くんれん』してるらしいぜ」

    ガキA「毎日『くんれん』してあれかよ。トロいし力よえーし、見てるとイライラするんだよな」

    ガキB「わかるwwwwwwww」

    ガキA「天々座があんなだからきっとお父さんもとろくて弱いんだろうなwwwwwwwwww」

    リゼ(っ!!!)ギリッ

    ガキB「俺でも勝てそうwwwwwwwwww」

    ガラガラ

    ガキA「!?うわ天々座、まだ帰ってなかったのかよ」

    リゼ「パパはとろくも弱くもない!!パパはお前らなんかとは違ってとってもとっても強くてしっかりもので…お前らなんてすぐ倒しちゃうんだから!だから……大好きなパパの悪口を言ったお前らを私は許さない!勝負だ!」ダッ

    ガキA「おっと」ヒョイ

    リゼ「……チッ!うぉぉぉ!」ブン

    ガキA「ほっ」ガシ

    リゼ(腕を……捕まれた)

    ガキA「あらよっと」ブン

    リゼ(!!投げられ…)ドサッ

    リゼ「ガハッ!」

    ガキB「す、すげー」



    3: ◆RADA/SS//. 2018/01/08(月) 11:38:38.62 ID:tC9aIWYzo

    ガキA「俺幼稚園の頃から柔道習っててよぉ」

    リゼ「……くっ!」

    ガキA「お前のノロイ動きなんてお見通し、残念だったな。お前は俺に勝てないよ。いくら『くんれん』をしてもなwwwwwwwwww」

    ハハハハwwwwww

    リゼ「……うぅ」ポロポロ


    ーーーーーーーーーーー


    ~リゼ家~


    リゼ父「……」

    リゼ「……たぁ!」ヒュッ

    リゼ父「足が甘い!」スッ

    リゼ「!?」ドサッ

    リゼ父「どうした?いつものお前らしくない。いつもより動きに無駄があるぞ」

    リゼ「ハァ……ハァ」

    リゼ父「おっともうこんな時間か。今日はこのへんに」

    リゼ「ま、まだ…」

    リゼ父「なに?」

    リゼ「まだやります!お願いします!」

    リゼ父「…今日はこれまでだ」





    【【ごちうさ】敵兵士「HQ!HQ!」リゼ「ここどこー?………」ウルウル】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511400689/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/23(木) 10:31:29.90 ID:2ApvPjs4O

    『ごちうさ臨時政府』関連ニュースまとめ



    ごちうさ臨時政府が発足。一時的な難民支援へ(11月11日 11:00)[ 日本ひきこもり協会・国際版]

    11日、ごちうさ難民を受け入れるための臨時政府が発足した。
    ごちうさ旧政権は15年に崩壊し、その後も新政府が短期間で崩壊するなどして混乱を極め、各地にごちうさ難民があふれかえった。
    ごちうさ臨時政府は各地に散らばったごちうさ難民たちを集め、一時的な支援を行う目的で、崩壊した旧政権や新政府の関係者らが設立を思案していた。

    臨時政府発足の発表自体は1年以上前に行われていたが、求心力の高い指導者の1人の病気療養などで延期を余儀なくされた。
    困難を乗り越えて発足された臨時政府には各地からごちうさ難民たちが詰めかけ、久しぶりに故郷の地を踏んだ。


    【関連ニュース】

    「がっこうぐらし!」による『ごちうさ難民大量虐殺事件』各報道機関ニュースまとめ

    「ごちうさ新政府」の『政府解散宣言』関連各報道機関ニュースまとめ

    『ごちうさ臨時政府発足』関連各報道機関ニュースまとめ 





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/23(木) 11:01:10.97 ID:2ApvPjs4O

    ごちうさ臨時政府、難民申請にごちうさ難民たちが長蛇の列(11月12日 6:00)[3K新聞]

    11日に旧ごちうさ政権の関係者らによってごちうさ臨時政府が発足した。
    難民申請の受付にはごちうさ難民たちが集まり長蛇の列ができた[写真](※注・写真リンク切れ)

    列に並ぶごちうさ難民のチマメ隊の靴下になりたいさん(34)はインタビューに対し
    「他のアニメに定住しようと思ったが、やはり故郷の地で心ぴょんぴょんしたい(ごちうさ語で魂の叫びの意)」と語った。

    臨時政府関係者は「なるべく長期の支援をしたいが、その後の執政までは見通しが立たない」とし、
    長期政権への発展は難しいという考えだ。


    関連用語

    ▷ごちうさ難民
    ▷ごちうさ臨時政府
    ▷ごちうさ語




    【『ごちうさ臨時政府』関連ニュースまとめ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475309146/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/01(土) 17:05:46.35 ID:9y3KAQ5S0

    【関連まとめ】


    ▷「がっこうぐらし!」による『ごちうさ難民大量虐殺事件』各報道機関ニュースまとめ

    ▷「ごちうさ新政府」の『政府解散宣言』関連各報道機関ニュースまとめ 






    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/01(土) 17:20:24.83 ID:9y3KAQ5S0

    【速報】来年にもごちうさ臨時政府発足か?(2016/09/25(日))[BQ通信]

    来年にもごちうさ臨時政府発足の見通し

    14年に旧政権が崩壊し、昨年末に新政府が解散したごちうさに臨時政府が発足する予定があると旧政権関係者が明らかにした。



    速報・来年、ごちうさ臨時政府発足へ(2016/09/25(日))[ロリター通信]

    来年以降にごちうさ旧政権関係者が臨時政府を発足するとの情報がBCC社の取材により明らかになった。
    昨年の新政府解散以降も不安定な状態が続くごちうさ難民への援助を行うものと見られる。



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/01(土) 17:33:28.04 ID:9y3KAQ5S0

    来年、ごちうさ臨時政府が発足の見通し[日本ひきこもり協会]

    BCCの取材で明らかになったごちうさ臨時政府の主要人物とされる関係者が
    「取材内容は事実である」とのコメントを自身のフェイズブックに掲載した。

    この人物は14年に崩壊したごちうさ旧政権と昨年末に解散されたごちうさ新政府の関係者でもあり、信憑性は高いと思われる。

    14年の旧政権崩壊以降、不安定な状態が続くごちうさ難民には吉報となる。


    【関連ニュース】
    ▷ごちうさ政権、事実上の政府崩壊
    ▷ごちうさ難民、各地で社会問題化
    ▷ごちうさ難民、がっこうぐらし!当局により大量虐殺
    ▷ごちうさ新政府、わずか3ヶ月で解散に



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/01(土) 17:51:45.55 ID:ezdv9S1Ro

    どうせまた3ヶ月で政権崩壊だろ!




    【『ごちうさ臨時政府発足』関連各報道機関ニュースまとめ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509822458/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/05(日) 04:07:39.29 ID:nGIuyeTx0

    ※ご注文はうさぎですか?短編





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/05(日) 04:09:10.94 ID:nGIuyeTx0

    シャロ「給料日まであと7日」

    シャロ「」グゥー

    シャロ「おなか減った……」


    シャロ「お米はもうないし」

    シャロ「小麦粉もない」

    シャロ「調味料もすべて食べつくした」

    シャロ「冷蔵庫が空っぽになってから3日」

    シャロ「水で空腹を紛らわしてきたけど」

    シャロ「そろそろ限界だわ」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/05(日) 04:10:25.86 ID:nGIuyeTx0

    シャロ「でも大丈夫」

    シャロ「今日は待ちに待ったあの日」

    シャロ「そう、パスタの特売日」

    シャロ「最後の最後に残った148円」

    シャロ「全額つぎ込めば」

    シャロ「戦える、あと7日」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/05(日) 04:11:12.60 ID:nGIuyeTx0

    シャロ「スーパーへの道、ご近所の夕食の香りが鼻をつく」

    シャロ「この家はカレー」

    シャロ「あの家は肉じゃが」

    シャロ「こっちの家は……ステーキ!?」

    シャロ「いいなぁ、お肉なんて何日食べてないことか」

    シャロ「うっすらと霜の降ったお肉、ナイフを入れると透明な汁が溢れて」

    シャロ「大きく切った塊を一思いに」

    シャロ「ガブッと」

    ガブッ

    シャロ「?」

    あんこ「」ガジガジ

    シャロ「」




    【【ごちうさ】シャロ「財布の残り148円……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1506346474/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/09/25(月) 22:34:34.82 ID:0jI5GfPA0


    ここは木組みと石畳の街


    ココア「んおおお゙っ!!イグっ!射精欲丸出し変態ココアはぁ!!うさぎさんのちんぽせんずり部屋にイグのおお゙お゙お゙おぉぉぉぉんっ!!!!」

    カランカラン

    チノ「いらっしゃいませ」

    ココア「きたあぁぁっ!!中にっ!!なきゃにじゅっぽしじゅっぽし入っちゃったのおうううぅゔううぅう!!!」

    ココア「あへぇ…ひぎっ!!?」キョロキョロ

    ココア「いやっ…いやあああああっ!!うさぎさんっ!!白くてトロトロのザーメンミルクなうさぎさんがいないのほお゙お゙おん!!んんへぇぇえんんっ!

    バカ!バカ!まんこ!!」

    チノ(なんだこの客…?)



    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/09/25(月) 22:36:17.13 ID:0jI5GfPA0

    ココア「おっお゙お゙お゙うぅうゔ!?
    店員しゃんのお顔まんこにエッチなドロリ濃厚とろろミルクがぶっかけられてりゅゔぅう!!?」

    チノ「…は?」

    チノ「…?…え?」

    チノ「!」ハッ

    チノ「あ、ああ、これですか?これはティッピーです、一応うさぎです」

    ココア「お゙っ!!お゙ほっ!!あっへぇぇ゙ぇえ゙えっ!!」

    チノ「ご注文は?」

    ココア「その顔面ザー汁が欲しいのおぉおんっ!!!ぬれぬれおまんこぉぉにぃズップシズップシってぇ!!」

    チノ「非売品です」キッパリ



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/09/25(月) 22:37:26.46 ID:0jI5GfPA0

    ココア「じゃあせめてむしゃぶりつきたいぃ!その顔面ザー汁を口の中に突っ込んで…むふ…ジュルジュルすいあげたいのぉん!むふぅゔうん゙っ!!」

    チノ「コーヒー1杯で1回です」

    ティッピー「嫌じゃああああ!!」

    カチャ

    コポポ

    チノ「どうぞ、コーヒーです」

    ココア「れぷゅっ!!むぶぶぶっ!ぬふぅううんっ!!

    特濃メスミルク!!」

    チノ「いいえコロンビアです
    ていうかミルクじゃなくてコーヒーです」




    【【ごちうさ】みさくらなんココア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1505723451/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/09/18(月) 17:30:51.98 ID:TxeumH+A0


    深夜
    タカヒロの部屋

    ギシッギシッギシッ

    ココア「ん、ん……あ!」

    タカヒロ「はぁ…はぁ…」パンパンッ

    ココア「は…ああ!ん!んんん!」ビクッ

    タカヒロ「ん……うう…」グチュッグチュッグチュッ

    ココア「う、あっ!あ、タカヒロさん…また……あう!!」ゾクゾク

    タカヒロ「そうか…いつでもイっていいよ」パチュッパチュッパチュッパチュッ

    ココア「あ!あはぁぁ!!っっっん!!ふっああぁ!!」ビクン



    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/09/18(月) 17:32:26.75 ID:TxeumH+A0

    タカヒロ「はぁ……はぁ…ふぅ…」ヌポンッ

    ココア「んあんっ!」ビクンッ

    ココア「はぁ…あ…」ヒクヒク

    タカヒロ「……」

    タカヒロ「…っ」ヌチャッ…シコシコ

    ココア「ん…あ、ごめんなさい、私だけ先に…」

    タカヒロ「気にしないで、休んでていいよ」シコシコヌチャヌチャ

    ココア「そんな、せめて口でさせてください、せっかく覚えたんですし」

    タカヒロ「…じゃあ、頼むよ」

    ココア「ゴム外しますね
    うわぁ…凄いビクビクしてる…

    ん、あむ…ちゅぷっ」クチュ…

    タカヒロ「…」

    2人のこの関係はつい最近始まった



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/09/18(月) 17:33:34.60 ID:TxeumH+A0

    きっかけはなんだったろうか、多分小さなことが積み重なって、いつの間にか…なような気がする

    風呂場でお互い裸でばったり

    転びかけたココア君を支えようと胸を触ってしまった

    ココア君に朝勃ちを見られた

    そんな些細な偶然が重なり、明らかにお互いがお互いを意識しているのがわかるくらいの仲になり

    数日前、ココア君から性行為に興味があると告白され…

    そんな感じだろうか



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/09/18(月) 17:34:35.24 ID:TxeumH+A0

    ココア「んっ、んっ、ぐぽっぐぽっ、チュッチュッ」

    タカヒロ「う…いいよ…凄くいい…」

    とにかくこうして、ラビットハウスの従業員で居候のココア君は今、私のペ○スをくわえている

    ココア「んぱっ!えへへ…嬉しいです」ヌッチャヌッチャヌッチャ

    タカヒロ「そろそろ…出そうだ…!」

    ココア「ふぁ、あむ、んっぐんっぐ、じゅるるるるっ!
    じゅっぷじゅっぷ」

    タカヒロ「お…う、くっ、出るっ!!」ビュルッ

    ココア「んふぅ!」

    ビュプッ…ピュッ

    既に今晩3度目の射精は、量も勢いも少なくココア君の口内に放たれた




    【【ごちうさ・R18】ココアとタカヒロ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503327996/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 00:06:36.63 ID:B79M243C0

    ある日、ラビットハウスにて……、


    ココア「今日もお店は静かで過ごしやすいねぇ~」

    チノ「それは繁盛してないからです」

    ティッピー「はぁ……客が来ないのぉ~」

    リゼ「ココア、一応仕事中なんだからダラダラするなよ」

    チリリリーーン♪

    ココア「あっ、お店の電話が鳴ってるよ」

    チノ「お客さんからでしょうか」

    リゼ「私が出よう」

    ガチャ

    リゼ「はい、こちらラビットハウスです」 






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 00:07:09.49 ID:B79M243C0

    ???『あっ、もしもし。こちらはテレビ局のスタッフですけど』

    リゼ「え、テレビ局のスタッフ?」

    ココア「テレビだって!?」

    チノ「テレビ局から電話、まさかうちに取材の申し込みじゃ!」

    ティッピー「なん……じゃと……」

    スタッフ『実はうちの番組でラビットハウスさんのことを取り上げたくて、それで今度取材に伺いたいのですが』

    リゼ「えっと、責任者に伝えますので少々お待ちください」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 00:07:54.16 ID:B79M243C0

    リゼ「テレビ局から取材したいって話が来てたぞ」

    ココア「すごいじゃんチノちゃん! これでラビットハウスも人気有名店の仲間入りだね!」

    チノ「騒がないでくださいココアさん。まるで取材を受ける気満々じゃないですか」

    ココア「え、受けないの? テレビで放送されたら宣伝になってお客さんたくさん来るんじゃないかな」

    チノ「それは、そうですけど……」

    ココア「いいじゃんいいじゃんーー! ねぇリゼちゃん、オファー受けようよ」

    リゼ「お前が決めるなよ! それはこの店のオーナーであるチノと親父さんが決めることであってだな」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 00:08:36.28 ID:B79M243C0

    チノ「ええーーい、黙っとれ小娘どもッ!!」

    ココア「うわっ、ティッピーが急に怒鳴り始めた!」

    チノ「おじい……ティッピー、少し落ち着いてください」

    ティッピー「ええい、リゼ、電話をよこせ!」

    リゼ「うわっ、ちょっと!」

    スタッフ『あ、もしもし、オーナーの方ですか? 是非とも今度うちの番組に____』

    ティッピー「ええい、誰がテレビの取材など許すか、この青二才がぁぁーー!!」

    ココア「ティッピー、すごい気迫!」

    リゼ「なんだか並々ならない執念を感じるぞ!」

    チノ「おじいちゃん……」




    【ココア「ラビットハウスにテレビ取材?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499695742/

    1: ◆/68JWAdLSs 2017/07/10(月) 23:09:02.47 ID:gO3xooyGO

    食戟のソーマとごちうさのクロスです
    たまに安価出します





    2: ◆/68JWAdLSs 2017/07/10(月) 23:21:08.60 ID:gO3xooyGO

    私の名前は茜ヶ久保もも

    天下の料理学校"遠月学園"の三年生だよ

    今日は食材の買い出しで相棒のブッチーと一緒に少し遠くまで来ている

    もも「なかなかいい食材が手に入ったね?わざわざ遠出した甲斐があったよ」スタスタ

    ブッチー「そうだねももちゃん」

    もも「………歩くのつかれた…奴隷(久我)にでも迎えにこさせようかな…」

    もも「!」

    もも「ラビットハウス…喫茶店?」

    もも「………こんなとこに喫茶店があったんだ」

    もも「……………」ウズウズ

    もも「もものスイーツ職人魂がうずく…」

    もも「……入ってみよう…」


    カランカランカラン



    3: ◆/68JWAdLSs 2017/07/10(月) 23:26:39.30 ID:gO3xooyGO

    ティッピー「チノ、客じゃよ」

    チノ「わかってます、おじいちゃん!いらっしゃいませー!」

    もも「……………」

    チノ「………………」

    もも、チノ「(子供が一人で…)」

    もも、チノ「(てゆーか)」

    もも「(なにあのウサギ…ここ喫茶店だよね?)」

    チノ「(あのでっかいぬいぐるみはいったいなんなんでしょう…)」

    チノ「あ、あの……」

    もも「>>4」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/10(月) 23:32:37.56 ID:4Bdx7Vgk0

    迷子?保護者の方は?




    【【食戟のソーマ】もも「ラビットハウス?」】の続きを読む

    このページのトップヘ