大きいサイズ

    カテゴリ: ガールズ&パンツァーSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550107162/

    1: ◆t8EBwAYVrY 2019/02/14(木) 10:19:23.20 ID:ByvPuQ2Z0

     ―大洗学園艦―

     ~BAR【Donzoko】~

     カランカラン♪

    フリント「ヨ~ホ~♪ヨ~ホ~♪かいぞーくくーらし~♪」

    カトラス「注文は?」

    フリント「きいとくれよカトラス!昨日有線でイイ曲見つけちゃってさ~!」

    カトラス「注文」

    フリント「WALK THE MOONって連中の『SHUT UP AND DANCE』って曲なんだけどさ~、チョーイケイケなのよさ!これだからラジオはやめらんないね!」ルンルン

    カトラス(聞いちゃいねェ・・・)

    フリント「あン?・・・なんだこりゃ。おっきな人形があるけど」
    続き14行
    カトラス「それは」

    フリント「ひゃ~キレイなお洋服にキレイなお顔、こりゃ上等な人形だね。にしてもデカイな・・・腹話術用のマペットかな?」

    カトラス「だからそれは」

    フリント「よし!この子の名前はカトシラスだ!ハヤクニンゲンニナリタ~イ!」ナンチテ!ハハハ・・・


    愛里寿「人形じゃない」ムスッ

    フリント「どわぁ!?」





    2: ◆t8EBwAYVrY 2019/02/14(木) 13:20:50.64 ID:ByvPuQ2Z0

    フリント「カトシラス・・・人間の子になったのかい!?」

    愛里寿「生まれた時から人間」

    フリント「にゃんだって~!?」

    カトラス「店の前でうずくまってたから入れてやった」

    愛里寿「入れてもらった」

    フリント「なーんだフーン、余所モノってこったね」

     カランカラン♪

    ムラカミ「あ~掃除終わった~」ハァー

    ラム「甲板掃除ってチョーだる~い」ハァー

    カトラス「注文は何?」

    ムラカミ「お?なんだこりゃ、でっかいお人形さんだな」

    ラム「うほっ、腹話術しようぜ腹話術。あたしのナマエはコマちゃん、なんでも聞いてくれてイイヨ~」

    ムラカミ「いくつですか?」

    ラム「45歳で~す」ガキノツカイ~

    愛里寿「人形じゃない」ムスッ

    ラム「どわっじ!」

    ムラカミ「おしゃべりした!?」

    フリント「へっへっへ、だまされてやーんのっ」

    カトラス「どうでもいいから注文しろよ」



    3: ◆t8EBwAYVrY 2019/02/14(木) 13:22:48.24 ID:ByvPuQ2Z0

    愛里寿「私は島田愛里寿。大洗にみほさ――・・・お友達に会いにきたら迷った」

    ラム「なんでぇ、迷子の子猫ちゃんか」

    フリント「流れ着いたのがどん底たあ粋だねぇ」

    ムラカミ「お父さんかお母さんは?」

    愛里寿「ナイショで来た」

    ムラカミ「ったく、なんて迷惑な子供だ」

    愛里寿「子供じゃない」ムッ

    ムラカミ「どーみてもガキじゃないか」

    愛里寿「ガキじゃない」ムムムッ

    カトラス「はい、注文のヤクルトジョワ」ドン

    愛里寿「わ、ありがとう」


    お銀「話は聞かせてもらったよ」

    ラム「親分!いつからそこに!?」

    お銀「昨日の夜からさ」フッ・・・

    ムラカミ「カトラス、また店の中確認せずに鍵しめたな」

    カトラス「ごめん」




    【愛里寿「愛里寿忍法帖」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1523380163/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/04/11(水) 02:09:23.09 ID:F52S/XNhO

    危険
    ・R-18
    ・時系列は大学選抜戦直後をイメージ
    ・何も考えずに見るSS
    ・キャラ崩壊注意




    シグマ「ガルマの部隊を全滅させた赤いイレギュラーはどこだ?」


    エリカ「は、はい。あちらの扉の中に…。」


    シグマ「ご苦労。後は私がやる。」


    エリカ「タイチョウ自らが?」


    シグマ「これ以上お前たちに犠牲が出ては困るのでな。」


    エリカ「サスガダァ…///」


    まほ「ちょ、ちょっとまて!隊長は、私だ!」


    エリカ「ああ、これは「元」隊長じゃないですか。紹介するわ、こちらが黒森峰の「新」隊長のシグマ隊長よ!」


    シグマ「私だ。」


    まほ「え?いやまって、元ってどういう事だ…。」


    エリカ「あれ?ご存知なかったのですか?貴女、隊長を解任になったんですよ。」








    まほ「………………は?」



    シグマ「お前は選ばれなかった。」



    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/04/11(水) 02:15:50.18 ID:F52S/XNhO

    エリカ「来る日も来る日も話す事と言えばみほみほみほみほ。そりゃみんな嫌になりますよ。」


    エリカ「黒森峰の評判も最悪ですからね。隊長が重度のシスコンの変態で戦車自体が強いだけの思考停止脳筋学校とか。酷い言われようで。」


    エリカ「黒森峰には新しい風が必要なんです。だからシグマ隊長。コレシカミチハナイッ!!」


    シグマ「今までご苦労。後は私がやる。」


    エリカ「元隊長に労いの言葉を?サスガダァ…///」


    まほ「そもそもだ!このシグマは男じゃないか!黒森峰は女学院だ!」


    エリカ「はぁ…まだ立て付く気なんですね?タイチョウ!あれを…」


    シグマ「見ぃせてやるわぁ!!!」








    シグマ「私でオ◯ニー!!!シコシコシコシコ」



    まほ「ななぁっ!?」


    エリカ「男の人が男の人でオ◯ニーできると思う?だからシグマ隊長は女の子よ!」


    まほ「む、無茶苦茶だ!」


    エリカ「まあとにかくもう決まったことですから。お気に入りのみほパンでも被ってシてたらどうです?」


    シグマ「行ぐぞぉ!」ティウン!


    エリカ「はい!タイチョウ!」


    まほ「そんな…」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/04/11(水) 02:18:36.39 ID:F52S/XNhO


    まほ「シグマが隊長になってからしばらくたったが」


    まほ「なぜあんなに隊員から人気なんだ!」ドンッ


    まほ「確かに各校との練習試合では…」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/04/11(水) 02:19:35.81 ID:F52S/XNhO

    vsサンダース


    エリカ「おかしい…こちらの動きが全部読まれている…」


    シグマ「どうやら奴らはここの警備システムを使ってコントロールしているらしい。」


    エリカ「コントロール?はっ!そうか無線傍受だわ!各車に告ぐ!無線傍受機を探しなさい!」




    【【ガルパン】シグマ「どうだ様子は?」エリカ「タイチョウ!」まほ「!?」【ゼERO】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1549720763/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 22:59:23.74 ID:o5T/HwWj0


    これは異世界のとある装填手がサバイバルスキルを駆使して戦車道で無双する物語



    ではありません
    舞台が異世界であるためガルパンキャラは一切出ません絶対出ません、大事なコトなので二度言いましたよ?





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 23:03:27.53 ID:o5T/HwWj0

    ~芋の国~

    姫騎士(ツインテロリ)「長きにわたる世界大戦が終わったよー」ホシイモ モグモグ

    側近1(ポニテ)「平和を演出する為に女性兵士のみで行われる練習弾での戦車戦が行われる事になりました」

    側近2(片眼鏡)「お前には各国への偵察任務についてもらう」

    女装填手「はっ!了解であります」ビシッ(`・ω・´)ゞ

    女装填手(先の大戦で鋼の国から追放された我らが隊長女騎士殿の為にも頑張らねば!)



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 23:06:35.74 ID:o5T/HwWj0

    ~石の国~

    女ラミア「総帥、侵入者を捕らえました」

    女ハーピー「コイツきっとスパイっすよ」

    女装填手「くっ、殺せ!」グウ~
    女装填手 //////

    女セラフィム「なんだ腹を空かしてんのか?」

    女セラフィム「湯を沸かせ、窯を炊け!!」

    女セラフィム「例え敵であっても食事を振る舞うのが我が国の流儀だ!」

    女ハーピー「流石姐さん太っ腹っす」



    女ハーピー「石の国名物鉄板ナポリタンだよ~美味しいパスタだよ~」

    女ハーピー「まあ、食べていきな」

    女ハーピー「まずオリーブオイルはケチケチしなーい」

    女ハーピー「具は肉から火を通すー、今朝採れた卵をトロトロになるくらい、ソースは石の国特製トマトペースト」

    女ハーピー「パスタの茹で上がりとタイミングを合わせてー」

    女ハーピー「はい、300万リラ」

    女装填手「えぇーお金を取るでありますか!?」

    女ハーピー「いや冗談だから」



    女装填手「石の国との試合は楽勝でした」

    女装填手「そもそもあんな戦力でどうやって勝つつもりだったのでありましょうか」

    女装填手「偵察は失敗してしまいましたが今度こそはであります」

    女装填手「でも料理は美味しかったでありますなあ」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 23:07:28.89 ID:o5T/HwWj0

    継続高校腹ペコ食事道記念作品(嘘)




    【【ガルパン?】女装填手「くっ、殺せ!」魔物「グフフフ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530452216/

    1: ◆t8EBwAYVrY 2018/07/01(日) 22:36:56.99 ID:RDKZ3mel0

     ―――西住邸―――


    みほ「・・・」ゴクリ

    みほ「・・・」ソワソワ

    みほ「・・・」ウズ・・・

    みほ「はぁ~~~・・・」タメイキー

    みほ「うう・・・やっぱりまだ覚悟が完了しないよぉ~・・・」

    みほ「でもお姉ちゃんからの手紙・・・応えないわけにもいかないなぁ」ペラ


     [拝啓、西住みほ様
      前略――このたび、西住邸にて一泊二日のお泊まり会を開催することと相成りました。
      ふるってご参加ください]


    みほ「はぁ~~~・・・」タメイキィィィ

    みほ「・・・お泊まり会かぁ・・・」





    2: ◆t8EBwAYVrY 2018/07/01(日) 22:38:39.05 ID:RDKZ3mel0

    こちらのスレッドは

    まほ「西住流お泊まり会」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521382480/

    の仕切り直しとなります。ご容赦ください



    3: ◆t8EBwAYVrY 2018/07/01(日) 23:01:06.61 ID:RDKZ3mel0

    みほ「お母さん・・・まだ怒ってるかなあ・・・うう~・・・やっぱり顔を合わせづらいよぉ~」オドオド

     ザッ!

    ダージリン「みほさん」ジリッ!

    みほ「!・・・ダ、ダージリンさん!どうしてここに・・・」

    ダージリン「ふふ、どうしてとはごあいさつね。まほさんからのご招待を受けてはせ参じたのよ」ピラッ

    みほ「そ、それはお姉ちゃんのお手紙!・・・ダージリンさんも誘われてたんですね」

    ダージリン「実家にお呼ばれなんてまほさんってば私のことを親友と思ってくれていたようね。それも実妹のみほさんと一緒に呼ぶほど・・・ふふふ、まほさんが私のことをそこまで想って――」


     カチューシャ「ここがマホーシャとミホーシャのおウチね!」ザッ!

     ノンナ「まほさんのご実家に招待されるとは感激ですねカチューシャ」ザッ

     ケイ「アマリロテリ~♪アマリロドリ~♪・・・HEY!ガールズ!あなたたちもマホのパジャマパーティに?」バッ!

     アンチョビ「ハッハッハー!アンツィオ高校の統帥アンチョビ参上ー!みんなそろっとるけ!」バーン!

     西「やややっ!みなさんお揃いで!不肖、西絹代、まほさんからの召集を受けて馳せ参じました!」ビシッ

     ミカ「おいしいご飯が食べれると聞いて」ポロンッ♪

    みほ「み、みなさんおそろいで・・・」アワワ

    ダージリン「・・・まほさん、私以外にこんなにたくさん声をかけていたなんて・・・」



    4: ◆t8EBwAYVrY 2018/07/01(日) 23:57:55.42 ID:RDKZ3mel0

    まほ「みんな、よく来てくれた」ザッ

    みほ「お姉ちゃん」

    ケイ「HI!マホ!今日はウェルカムしてくれてありがサンキュー!」YEAH!

    カチューシャ「このカチューシャがじきじきにやってきてあげたんだから感謝しなさいよね!」フンス

    アンチョビ「しかしなんだって強豪校の隊長達を集めたんだ?それになんでこのメンツに私が・・・あっ!アンツィオも強豪ってことだなフッフーン!さすがわかってるなオイオイ!」ヘヘーン

    まほ「まあ、いいじゃないか・・・たまにはこういうのも」

    ノンナ「隊長格のみなさんを招かれているのに私までご一緒でよかったのでしょうか」

    まほ「かまわないさ。プラウダの隊長はカチューシャとノンナでニコイチみたいなものだからな」

    カチューシャ「ふふんっ!そうそう!よくわかってるじゃないのマホーシャ!」←ヨクワカッテナイ

    西「して、まほさん、今回の招集は一体全体どういう意図のもとでありますか?もしやまた強大な敵との戦車戦を!?お任せくださいこの西絹代!皆さんと共になら地の果てまででも突撃いたします!」

    まほ「期待しているところ申し訳ないが・・・私はただ、みんなとお泊まり会がしたかっただけだ。たまには戦車から離れて、学生らしく、純粋に親睦を深めようと思ってな」

    西「なぁるほどぉ!さすがはまほさん!・・・して、何時頃に突撃いたしますか?」

    ミカ「夕飯の献立は何かな」ポロロン♪

    ダージリン「まほさん、私だけが特別だったんじゃないのね・・・こんなにいっぱいツバつけて・・・」ジリッ・・・

    みほ「あわわ・・・みなさん個性的すぎて前途多難だよぉ・・・」




    【まほ「西住邸一泊二日の旅」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1547981212/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/20(日) 19:46:52.13 ID:Z97Lp6tnO

    逸見「ああ……、」

    逸見「あの頃は寮生活だったのよね。私もみほも、最初の訓練で成績よくて幹部候補生だったから、同室だったのよ」

    逸見「で、同じ部屋で寝泊まりしてると何となく気付いちゃうのよね。ちょっとした仕草とか、座り方とか。着てる服とか、あと視線みたいなのとかで」

    逸見「て言うほど、確信は持ってなかったんだけど」

    逸見「それで、ああ、やっぱりレズビアンなのねって、お互い分かる時が来て」

    逸見「その上で、みほって、もしかして私のこと好きなのかな? って強く思うことがあったのよ」

    逸見「本当言うと、あんまりタイプじゃなかったんだけどね」

    逸見「私のタイプって、もっとこう、頼れるお姉さんみたいな感じなのね」

    逸見「まあ究極、うちの姉なんだけど、まあ実の姉妹だったし、そもそも血縁だし、それは無いなって思ったのが、家を出た理由のひとつなんだけど」

    逸見「まあ私もみほも今より若かった、というか幼かったし、そんなに近くに同じ性的指向の人がいたの初めてで、浮かれていたのよね」

    逸見「私もまあ、よく言う、恋に恋してたってことなのよ。恥ずかしいからあんまり認めたくないけれどね」

    逸見「それで付き合うことになって、何せ同じ部屋で寝泊まりしてるから、というか私の方がかなり肉食系だったから」

    逸見「何日もしない内に、そういうことをする夜があってね」

    逸見「って、この話かなり恥ずかしいんだけど」



    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/20(日) 19:55:17.52 ID:Z97Lp6tnO

    逸見「で、」

    逸見「結論から言うと、うまくできなかったのよね」

    逸見「どうしてあげればいいのか……、いや、たくさん本とか漫画も読んでたし、人の話も聞いてたから、知ってはいたんだけどね」

    逸見「むしろどう”してもらえば”いいのかが分からなくてね」

    逸見「あの子は、素直に触れてくれたし、ていうか、いま考えると彼女なりに一生懸命、すごく丁寧にトライしてくれてたんだと思うんだけど、私が全然気持ちよくなれなくてね」

    逸見「私はこんなに頑張ってるのに、どうしてこの子は私のこと気持ちよくしてくれないんだろう? って」

    逸見「やる気あるのかしら? って。……おかしいでしょ。でも笑い事じゃないのよこれが」

    逸見「もしかしてしたくないのかな、無理させちゃったのかな、私のこと嫌いなのかなって」

    逸見「いやそもそも私は本当にレズビアンなのかな? とまで思っちゃって」

    逸見「女の子に何をされても私は感じないのかな? って」

    逸見「でもそんなはずはないなあと、ぼんやりとした確信があって」

    逸見「それでだんだん頭に来てね」

    逸見「カーっとなって、何もできなくなってしまって」

    逸見「…………」

    逸見「……それで、まあ、そんな感じで、私達の初めての夜は、恐ろしく気まずい夜になっちゃったのよね」



    4: 3を上げ直してみる 2019/01/20(日) 20:01:16.64 ID:Z97Lp6tnO

    逸見「……でまあ、そのあと考えてみて、いろんな人とも話してみたんだけど」

    逸見「やっぱり原因は私にあったかもしれないのよね」

    逸見「私って、子供の頃にちょっと変な性の目覚め方しちゃったせいで、それでビアンになったのかもなって思ってるんだけど」

    逸見「おかげで、結構たくさんオナニーするのね。もう毎晩ね。人がそばにいてできない時は、トイレとかでね」

    逸見「で、そのオナニーがすごく変だから、だからみほとする時に、あんまりにも違ってしまって、それで気持ちよくなれなかったのかもって」

    逸見「……しれないなって、そんな話になってね」





    【【ガルパン】秋山「オ○ニーカウンター!」逸見「は?」【R-15くらい】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1489394637/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/13(月) 17:43:57.85 ID:Qxh8Kh0lO

    空いた時間にゆっくり更新します。


    カエサル「んぅ……はぁっ……!」グチュグチュ

    カエサル「あ゛ぁっ……!?すご……vVお尻の、奥っ……!響いてるっvv」グチュグチュ

    カエサル「いっ、あ゛ぁぁ~~~っ!?おくっvvお尻の奥、擦るのきもちぃ……vv」グチュグチュコリコリ

    カエサル「やぁぁ……も、いくっ……いくいくいくっ!お尻でいくっvv」グチュグチュ

    カエサル「ひな、ちゃんっ……!!ひなちゃ……い゛っ、あ゛ぁぁ~~~っ!!vv」ビグッビクンッ!



    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/13(月) 17:47:36.30 ID:Qxh8Kh0lO

    カエサル「はぁ……またやっちゃった……」

    カエサル「ひなちゃんとのメッセージのやり取りの最中、あんな広告が流れて来なければ……」

    カエサル「でも、あんな気持ちいいの今更やめられないし……というか、お尻があんなに気持ちよかったとは……///」ドキドキ

    カエサル (それにしても、毎回ひなちゃんの名前を呼びながらイくのはどうなんだろうか……)

    カエサル「……あーもう!細かいことは気にしない!それより、他の3人にバレないようにしないと……」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/13(月) 17:54:26.10 ID:Qxh8Kh0lO

    ちゃーん……

    カエサル (ん……なんだろうこの声……)

    カエサル (聞き慣れた、優しい声……眠りが深く……)ウトウト

    たかちゃーん……

    カエサル (……ん?私いつの間に寝て……)パチ

    カルパッチョ「あ、やっと起きた!」

    カエサル「う゛ぇぇ!?ひなちゃん!?」ガタッ




    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/13(月) 18:02:58.64 ID:Qxh8Kh0lO

    言い忘れました。生えます。




    【【ガルパン】カエサル「こんな姿、ひなちゃんには見せられない……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1546851775/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/07(月) 18:02:56.02 ID:ohyNxx9o0

    ???「タカシィ、タカシィィィ・・・」

    貴志 ゾクッ!?

    ニャンコ先生「夏目、また厄介な妖(あやかし)ものに憑かれおって」ヤレヤレ


    友人帳×ガルパンだと真っ先にコレを思い浮かべるよね?

    1月10日は貴ちゃんの誕生日♪



    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/07(月) 18:53:09.58 ID:ohyNxx9o0

    友人帳の舞台は熊本らしいね、八ツ原の森が試合会場だとみほが落ち着いてはいられなかったハズだけどそこはスルーしてくださいまし

    あと友人帳はTVアニメしか知りません

    それとその場限りのSS内独自設定に噛みつくの禁止!



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/07(月) 18:53:58.98 ID:ohyNxx9o0

          *
       茜
    ※   色
      た に
      な 
      び  ∫
     く
       *



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/07(月) 18:56:39.07 ID:ohyNxx9o0

    ~病院~

    華「ここですね」

    おばあ<もういいから帰りな!いつまでも病人扱いするんじゃないよ
    おばあ<あたしの事はいいから学校に行きな!
    おばあ<遅刻なんかしたら許さないよ、なんだいその顔、人の話ちゃんと聞いてんのかい?
    おばあ<まったくおまえはいつも返事も愛想も無さ過ぎなんだよ
    麻子<そんなに怒鳴ると血圧が・・・

    優花里「・・・帰ります?」ウェェ

    華「いえ、せっかく来たのですからここは突撃です」

    優花里「五十鈴殿ってけっこう肝すわってますよね」

    みほ「あはは」



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/07(月) 18:58:15.67 ID:ohyNxx9o0

    華「失礼します」

    沙織「あ、華」

    みほ「失礼します」

    沙織「みぽりんにゆかりんも、入って入って」

    おばあ「なんだいあんた達」ジロッ

    麻子「戦車道一緒にやってる友達」

    おばあ「戦車道?あんたがかい?」

    麻子「うん」

    「あ、西住みほです」「五十鈴華です」「秋山優花里です」

    沙織「私達、全国大会の一回戦勝ったんだよ」ドヤァ

    おばあ「一回戦くらい勝てなくてどうすんだい」

    おばあ「で、戦車さん達がどうしたんだい?」

    麻子「試合が終わった後おばあが倒れたって連絡が」

    麻子「それで心配してお見舞いに」

    おばあ「あたしじゃなくてあんたのの事心配して来てくれたんだろ!!」

    麻子「わかってるよ」

    おばあ「だったらちゃんとお礼言いな」

    麻子「わざわざありがとう」

    おばあ「少しは愛想良く言えないのかい!」

    麻子「ありがとう」////

    おばあ「さっきと同じだよ!」

    だから怒鳴ったらまた血圧上がるから」




    【【友人帳×ガルパン】夏目貴志「鈴木貴子、名を返そう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546152401/

    1 : ◆3oUys82jnbVM 2018/12/30(日) 15:46:41.76 ID:F6oDGqbL0

    (ゲームセンターですが)少しスロットの描写が存在するので苦手な方は注意



    某ショッピングモール


    みほ「沙織さん、今日はお買い物に付き合ってくれてありがとう」


    沙織「ううん、気にしないで!わたしも今日暇だったし!」


    みほ「でも、思ったより早く用事が済んじゃった」


    沙織「うーん、お昼ごはんにもまだ早いし……」


    みほ「やっぱり6時集合は早すぎたね!」ニッコリ


    沙織「なんでちょっと嬉しそうなのみぽりん……わたしは最初夢の国にでも行くつもりかと思ったよ」


    みほ「夢の国?ボコミュージアムのこと?」


    沙織「いや……うん、まあ……もうそれでいっか」





    2 : ◆3oUys82jnbVM 2018/12/30(日) 15:50:04.02 ID:F6oDGqbL0

    みほ「でも驚いちゃった、このショッピングモールって9時にならないと開かないんだね、サンクスやファミリーマート、セブンイレブン、ミニストップ、ローソンといったお店は全部24時間営業なのにね」


    沙織「コンビニと一緒にしちゃだめだから!」


    みほ「沙織さんには迷惑かけちゃったけど、朝コンビニの前で肉まん食べながらお喋りするのとかなんだか新鮮な感じでとっても楽しかった!」キラキラ


    沙織「まさかコンビニの店内で2時間半、コンビニの前で30分時間潰すとは思わなかったよ~」


    みほ「えへへ、楽しかったね、沙織さん!」


    沙織「あはは……そうだね」ニガワライ


    みほ「うん!沙織さんとなら10時間の壁も越えられちゃいそう!」


    沙織「なんかワケありだと思われちゃうからやめとこうね」



    3 : ◆3oUys82jnbVM 2018/12/30(日) 15:50:58.42 ID:F6oDGqbL0

    みほ「あ、見て!あんなところに大きなゲームコーナーがあるよ!」


    ゲームコーナー「オイラ大きなゲームコーナーだぜ」


    沙織「あ、みぽりんはここ来るの初めてだっけ!ここのゲームセンターは広いよ~」


    みほ「ちょっと遊んでいこう?」


    沙織「うん、そうだね!そうだなー、じゃあまずはプリクラ撮っちゃおー!」


    みほ「お、おー!」





    【【ガルパン】沙織さんとゲームセンターです!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1539961203/

    1: ◆bL5b7ovQmQ 2018/10/20(土) 00:00:06.64 ID:F0u0Ad7/0

    みほ「....」

    沙織「....」

    みほ「....沙織さん」

    沙織「....」

    みほ「私はあの時、どうすればよかったのかな」

    沙織「....」

    沙織「....そ」

    みほ「ごめんなさい、意地悪な質問でした」

    沙織「....」

    みほ「今更何を言ったって過去は変えられない」

    沙織「....うん」

    みほ「どこで道を誤ったんだろう」

    沙織「....」

    みほ「どうして止められなかったんだろう」

    沙織「....」

    みほ「あの痛ましい事件を」



    2: ◆bL5b7ovQmQ 2018/10/20(土) 00:00:54.60 ID:F0u0Ad7/0

    ~一週間前~

    みほ「じゃあみんな、また来週」

    沙織「またね~」

    華「それでは」ペコリ

    優花里「!」ビシッ

    麻子「じゃ」



    3: ◆bL5b7ovQmQ 2018/10/20(土) 00:01:42.47 ID:F0u0Ad7/0

    テクテク

    みほ「はぁ~今日も疲れた....」ガチャリ

    優花里「お帰りなさいませ西住殿」ニコニコ

    みほ「優花里さん....」ハァ

    みほ「みんなと別れた後こっそり先回りして」

    みほ「勝手に鍵をピッキングして部屋に上がるのやめてって言ったでしょ?」

    優花里「お風呂沸いてますよ」

    みほ「勝手にお風呂沸かすのもやめて!」

    優花里「洗濯物取り込んでおきました」

    優花里「明日の制服にはアイロンかけてそこに置いてあります」

    優花里「あと郵便受けに手紙が入っていたのでそれも同じところに」

    みほ「」



    4: ◆bL5b7ovQmQ 2018/10/20(土) 00:02:15.37 ID:F0u0Ad7/0

    みほ「さっきまで一緒だったのにどうやったらそんなにできるの....」

    優花里「じゃあ私はこれで失礼します!」

    優花里「おやすみなさいであります!」

    みほ「まだ寝る時間じゃないんだけど....」

    カチャ カチャ ガチャリ

    みほ「ピッキングで鍵締めないで!」

    みほ「はぁ....」ポス

    みほ「優花里さんのストーカーっぷりも困っちゃうなぁ....」カサ

    みほ「?」

    みほ「優花里さんの言ってた手紙ってこれかな?」

    みほ「えーっと....差出人は....書いてない?」

    みほ「....」

    みほ「なんだろう?」

    ビリビリ

    みほ「....」ジー

    みほ「....これは!?」




    【【ガルパンSS】沙織「名探偵ニシズミ?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534410203/

    1: ◆e6ps/CejpA 2018/08/16(木) 18:03:23.80 ID:xS9vq9zw0

    杏「あのさー、必修選択科目なんだけどさー、女子相撲道(トップレス)やってね。よろしく」

    みほ「……え?」

    杏「いや、だからさー、女子相撲道(トップレス)やってね」

    みほ「あの…戦車道は?」





    2: ◆e6ps/CejpA 2018/08/16(木) 18:14:35.91 ID:xS9vq9zw0

    杏「え?何言ってんの?あんなお金が掛かるもん出来るわけないじゃん。それに今から始めたって強いとこ相手に
    勝てるわけないし。女子相撲道も公式でやってるとこって結構あるしウチが今から参入しても勝てる見込み少ない
    けど、トップレスでやってるとこは殆どないから今から始めても十分優勝が狙えるなーって…」

    みほ「じゃ…じゃあ戦車に乗らなくていいんですね!」

    杏「うん、だから女子相撲道(トップレス)を…」

    みほ「私、やります!女子相撲道(トップレス)やります!」

    杏「いやー、快諾してもらえたようでよかった」

    沙織「が…がんばってね…」

    華「遠くから応援しえますから…」

    華と沙織、フェードアウト。



    3: ◆e6ps/CejpA 2018/08/16(木) 18:34:28.03 ID:xS9vq9zw0

    秋山理髪店


    優花里「ただいまー」

    好子「ああ、優花里、おかえりなさい」

    淳五郎「なあ優花里、お前の学校に西住さんって子いるだろ?」

    優花里「うん、隣りのクラスに転校して来た子だけど、どうしたの?」

    淳五郎「いや、今日店に来たんだけど、髪型を大銀杏にしてくれって言ってさあ」

    優花里「大銀杏にしたの!?」

    淳五郎「若い頃に相撲部屋で床山のバイトしてた経験が役に立ったよ。いやあ、あんな大仕事は優花里の同級生の
    杉山さんが『月代を剃って本多髷にしてくれ』って来た時以来だよ」

    好子「あの時はお父さんもノリノリで『おめでとうございます、仕官なさるんですね』って…」

    淳五郎「学生時代に蒲田の撮影所で結髪のバイトしてたのが役に立ったよ」

    好子「私たちが出会ったのも、お母さんがエキストラのバイトで撮影所に行ったからだったわねえ」

    淳五郎「いい思い出だったなあ」

    優花里「でも杉山さんはそれが原因で退学になっちゃったけどね」

    淳五郎「校則で決まってる『学生らしい髪型』とは言えなかったみたいだな」

    好子「はーい、今夜は優花里の大好きなカレーライスよ」

    優花里「わーい!私、お母さんのカレー大好き!」

    淳五郎「はっはっは、よかったなあ」

    一家団欒。




    【【ガルパン】女子相撲道(トップレス)、始めます!】の続きを読む

    このページのトップヘ