大きいサイズ

    カテゴリ: ガールズ&パンツァーSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513086034/

    1 : ◆o8JgrxS0gg 2017/12/12(火) 22:40:34.78 ID:bA2VGoDYo

    * キャラ崩壊注意

    * 最終章はまだ見てません





    2 : ◆o8JgrxS0gg 2017/12/12(火) 22:41:08.88 ID:bA2VGoDYo

    大洗女子学園・視聴覚室

    優花里「おはようございます!西住殿、武部殿!」

    みほ「う、うん。おはよう、優花里さん」

    沙織「えっと…こんな朝早くから視聴覚室に何か用事?」

    優花里「ええ。急にお二人を呼び出して、申し訳ありません」

    みほ「私たちに関係あることなの?」

    優花里「それじゃあ…まず、このモニターを見てください」パッ

    みほ「…んー…? あれ、これってもしかして…私の部屋の天井?」

    沙織「え?どういうこと?」

    優花里「そうです。このモニターは『ミホロボ』のメインカメラ、ライブ映像です」

    みほ「」

    沙織「」

    みほ「…えっ?」

    優花里「ミホロボです」

    みほ「あの…えっ?」



    3 : ◆o8JgrxS0gg 2017/12/12(火) 22:41:43.68 ID:bA2VGoDYo

    沙織「ゆ、ゆかりん?順番に話して?」

    優花里「…えっとですね…実は、大学選抜戦が終わった後のことなんですが」

    優花里「とある黒森峰の生徒から、私にお願いがあったんですよ」

    みほ「え? エリカさんとか、小梅さんとか?」

    優花里「いえ。西住殿は知らないと思うと仰っていました」

    優花里「…それで、そのお願いというのが」


    黒森峰女生徒『少しだけでいいから、みほちゃんともう一度、黒森峰で戦車道をやりたい』


    優花里「というものでした」

    みほ「(あー、なんとなく話がわかったかも…)」

    優花里「が、西住殿は私の…ゲフンゲフン、大洗のみんなの隊長です。そう簡単には渡せません」

    優花里「ですので、西住殿そっくりのロボットを提供することにしたんです」

    沙織「え?それであっちは納得するの?」

    優花里「いえ、あちらの人たちは、このミホロボを本物の西住殿だと思っていますから」

    沙織「それはそれで黒森峰の人たちの頭が心配なんだけど」



    4 : ◆o8JgrxS0gg 2017/12/12(火) 22:42:23.98 ID:bA2VGoDYo

    優花里「おっとそうだ。これがミホロボの写真です」スッ

    みほ「えっと、どれどれ…!?」

    沙織「えっ、みぽりんどうし…え゛っ!!?」

    優花里「…小型化は試みたんですが、どうしてもこの辺が限度で」

    沙織「いやいやいや!!これはないでしょ!!」

    みほ「せめてペッパー君みたいな感じかと思ってたんだけど…」

    優花里「…ドラム缶?」

    沙織「maimaiとか?」

    みほ「メカ沢くんかな?」

    沙織・優花里「それだぁ!」

    沙織「…というかみぽりん、当事者なのにえらく冷静だね」

    みほ「何かもう受け入れちゃった方が気が楽かなぁって」

    沙織「(どうしよう、すでに一話のあの顔みたいになってるんだけど)」





    【【ガルパン】みほ「ミホロボ作戦です!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505295067/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 18:31:07.38 ID:k2pCEBKbO

    ~♪ ~♪

    エルヴィン「……ふぅ」

    エルヴィン(音楽室……今日もたまたま通りかかったから寄ってみたが……やはりここは落ち着くな)

    エルヴィン(ピアノ……戦車道全国大会の後の宴会では一種の演出として弾いたが……改めて聴かせるには腕が足りてなくて恥ずかしいな)

    エルヴィン(……まあ、再度学び直すということも無いだろうがな)





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 18:34:02.37 ID:k2pCEBKbO

    ガラ……

    エルヴィン「っ……?」ビク

    カエサル「あ……エルヴィン、やっぱりここに居たのか」

    エルヴィン「カエサル……?」

    カエサル「2人とも心配してたぞ?忘れもの取りに行って、すぐ戻るって聞いてたのに全然戻ってこない……って」

    エルヴィン「す、すまない……少しだけ寄り道するつもりが……」

    カエサル「や、平気だ。ほかの2人には先に帰るように言っておいたぞ。置いていったエルヴィンの荷物も持たせて置いたから」

    エルヴィン「色々とすまないな……手間を掛けさせて」

    カエサル「いいんだ。それに……最近ここでエルヴィンがピアノ弾いてるの知ってたし」

    エルヴィン「き、聴いてたのか……?」

    カエサル「まあな。ちょっとだけ」

    エルヴィン「う……盗み聴きとは悪趣味だな」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 18:35:05.03 ID:k2pCEBKbO

    カエサル「はは、ごめんごめん。まあせっかく今こういう状況なんだし、良かったらピアノ聴かせてほしいんだ」

    エルヴィン「はぁ……」

    エルヴィン「……期待してる程の腕はないぞ」

    カエサル「私にとっては、エルヴィンがどれ程の腕でも十分凄いと思うんだが?」

    エルヴィン「仕方ないな……」

    エルヴィン(普段だったら絶対聴かせることはないのに……こいつの言葉には調子を狂わされるな)



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 18:36:25.89 ID:k2pCEBKbO

    ……~♪ ~♪


    カエサル「……そういえば、こうしてしっかり聴くのは全国大会の後の宴会以来か」

    エルヴィン「若草物語か……確かあの時が初めての披露だったな」~♪

    カエサル「そうだな、あの時はエルヴィンがピアノを弾けるって初めて知って……驚いたよ」

    エルヴィン「昔多少嗜んでたくらいだから、腕は落ちてると思うぞ」~♪

    カエサル「またそういうこと……腕なんて関係ないって、聴いた人がどう思うかが重要だろ?」

    カエサル「……少なくとも、私は好きだぞ、エルヴィンの弾くピアノ」

    エルヴィン「……全く」ハァ




    【【ガルパン】エルヴィン「親愛なる相棒へ贈る旋律」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502628705/

    1: ◆e6ps/CejpA 2017/08/13(日) 21:51:45.86 ID:a32VcyL50

    前スレ

    【ガルパン】続・華さんの紙芝居屋さん



    華「皆さんご迷惑をお掛けしました」

    沙織「いや…身柄引受人なんて初めてやったよ…」

    優花里「普通に暮らしてたらまずやらないですよねえ…」

    麻子「そもそもなんでゲイ向けAVを紙芝居化しようなんて思ったんだ」

    華「この程度で引き下がるわけにはいきません!」

    沙織「まだやるの…」





    2: ◆e6ps/CejpA 2017/08/13(日) 21:55:13.40 ID:a32VcyL50

    佐世保沖・サンダース大学付属高校の学園艦

    華「はーいみんな寄っといでー、よい子の紙芝居の時間ですよー」

    ケイ「ワオ!紙芝居屋さんが来てるわ!」

    アリサ「なんで高校に紙芝居屋が…」

    ケイ「いいじゃないの、見ていきましょうよ!」

    ナオミ「イエス、マム」



    3: ◆e6ps/CejpA 2017/08/13(日) 21:58:09.18 ID:a32VcyL50

    ケイ「紙芝居屋さん!思いっきりファニーなやつ頼むわ!」

    華「ファニーなやつですか、ではこれはどうでしょう、『ファニーゲームUSA』!」

    優花里「えっ」

    沙織「えっ」

    麻子「えっ」



    4: ◆e6ps/CejpA 2017/08/13(日) 22:01:19.84 ID:a32VcyL50

    華「…別荘を訪ねて来た青年は言いました、『卵をわけてください』」

    優花里「うわぁ…」

    沙織「知ーらないっと」

    麻子「逃げるから終わったら知らせてくれ」




    【【ガルパン】華さんの紙芝居屋さん・完結編】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512898573/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/10(日) 18:36:13.32 ID:3XcjWmrS0

    最終章ネタバレあります
    キャラ崩壊もあります
    短い





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/10(日) 18:37:31.88 ID:3XcjWmrS0

    しほ「貴方の選んだこと、母はあれこれと口出しは致しません。…それは言い換えると、貴方自身の手で道を切り開き困難を乗り越えねばならぬということです」

    まほ「……覚悟しています。それでも、ドイツの戦車道を学びたいんです!」

    しほ「…そう、決意は硬いようね。わかったわ」

    まほ「ありがとうございます。お母様」

    しほ「ところで…そろそろ黒森峰に戻った方がいいんじゃない?後輩達が見送りパーティするんだって息巻いているの、知らないわけではないでしょうに」

    まほ「……あの子たちには気の毒なことをしました。どうしても卒業まで待てなくて…急な引退になってしまって」

    しほ「いいんじゃない?別れは唐突なくらいが丁度いいのです。ほら、本当に間に合わなくなるわよ」

    まほ「はい。それじゃあ…」スッ

    ガチャ
    バタン



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/10(日) 18:38:47.47 ID:3XcjWmrS0

    菊代「…行ってしまいましたね、まほお嬢様」

    しほ「海外ごときで音をあげるようなヤワな鍛え方はしてないわよ。何も心配はいらないわ」

    菊代「…そうですね。きっとやり遂げて成長したお姿を見せてくださることでしょう」

    しほ「正直なことを言うと、少しだけ寂しいわね」

    菊代「はい…」

    しほ「…娘が懸命に戦っているのに親が落ち込んでは世話がありませんね。さて、仕事を始めましょう。私は書き物をするので、菊代は外回りをお願いします」

    菊代「畏まりました」

    ガチャ
    バタン

    しほ「………………」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/10(日) 18:39:28.50 ID:3XcjWmrS0

    菊代「…あ、いけない忘れてた」

    菊代「あのー奥様ぁ、例の糞眼鏡の処遇についていかがいたし…」ガチャ





    しほ「うえええええええええん!!!まほおおおおおおおおおお!!!!!」ビエエエエエエ





    菊代「」バタン




    【【最終章ネタバレ注意】しほ「決めたのね?」まほ「はい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505909813/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 21:16:53.93 ID:elUg+3Pb0

    みほ「ちょっと恥ずかしいけど…//」

    みほ「君がしてほしいなら…//」

    一ヶ月後

    みほ「これ買ったんだけど…」アナルビーズ

    みほ「今日試させてね…?」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 21:24:10.43 ID:elUg+3Pb0

    沙織「え…足でするの?」

    沙織「や、やだもー」

    沙織「出来なきゃモテ度低い?」

    沙織「が、頑張るね」

    一ヶ月後

    沙織「今日も足でしてあげるから!」

    沙織「大分慣れたからモテ度も急上昇中だよね!」

    沙織「…なんで目をそらすの?」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 21:33:11.89 ID:elUg+3Pb0

    麻子「足で?」

    麻子「んーめんどくさい」

    麻子「足貸してやるから勝手にやってくれ」

    一ヶ月後

    麻子「ほらここがいいんだろ?」ふみふみ

    麻子「最近随分ノリノリ?」

    麻子「うるさい!」グイッ

    麻子「すまん…強く踏みすぎた…」




    【西住「足でしてほしいの…?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1512873635/

    1: ◆F4s0D9n8EU 2017/12/10(日) 11:40:35.55 ID:hj0zwI5Go

    どちらから誘ったのか、どれ程時間が経ったのか、そんなことはとうの昔に忘れてしまった。

    「ん………ふぁ、ん、ちゅ」

    「ぁ、ふ………れろ、んっ♥」

    身体を繋げての接吻を、生まれたままの姿での接吻を、ダージリンは愛おしそうに受け入れている。

    幾度となく逢瀬を重ね、共に夜を越えてきたが、彼女のスイッチはこの儀式で完全に入るようだ。
    交わる唇を、舌を、視線を解いて白いシーツへ組み敷き、同性であっても見惚れる彼女の曲線美をじっくりと見下ろす。

    普段の優美な佇まいからは想像し難い、甘える子猫のような仕草と、娼婦のような妖艶な表情に、私━━西絹代の脚の間に反り立つ『それ』が、一層主張を激しくした。



    2: ◆F4s0D9n8EU 2017/12/10(日) 12:00:13.18 ID:hj0zwI5Go

    「ふふ、もう限界かしら?」

    「………はい。ですから━━━」

    今夜も、貴女の全てを頂きます。
    皆まで言わずに、燃えるようにいきり立った砲塔をダージリンへ突き込んだ。

    「んあっ、あ、やぁっ♥ん、ぁ、はぅっ、ああっ♥ん、ん、ふぁぁ♥」

    「ぅ…く、はあっ…………」

    いつもより少し乱暴に腰を動かす。上擦った嬌声が脳内に流れ込むと同時に、中の媚肉が蠕動を始め、侵入者である私を蕩かそうと襲いくる。
    手持ち無沙汰になり、無意識に獲物を求める私の牙は、いつの間にかダージリンの首筋に届いていた。

    「やっ……跡、ついちゃ、ぅあぁっ!?♥♥」

    さっきとは、明らかに違う反応。一際激しく跳ね上がった身体と声を逃すほど、私の五感は鈍くない。



    3: ◆F4s0D9n8EU 2017/12/10(日) 12:19:08.75 ID:hj0zwI5Go

    どうやら、『当たり』を引いたようだ。
    首筋を吸い上げる唇が微かに吊り上がった。捕らえた獲物を貪る獣のような格好のまま、執拗に、丹念に、そこだけを激しく擦り上げる。

    「あぁぁっ♥だめっ、だめ、だめぇっ♥そこばっかぁ、っ、ひぃ、ゃあぁ♥」

    「っ、ぷぁ……」

    「や、ぁ"~~~っ♥♥」

    唇が首筋から離れると、喉を突いて出た特段艶かしい声。
    鮮やかな紅花が咲いたことと、その花の持ち主が軽い絶頂を迎えてしまったことを確かめて、嗜虐的な悦びと征服感に潤う口元から熱い溜め息が零れた。

    しかし、まだまだ足りない。
    私の到達を待たずに、はしたなく達してしまった貴女を。
    快楽に乱れて、全身で儚く呼吸をしている貴女を。
    何より、蕩けた瞳で、物欲しげに此方を見上げる貴女を、もっと。

    ━━━━もっと、貴女を。




    【【ガルパン】ダージリン様と生えてる西さんがセッ○スするだけの話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506717840/

    1: ◆nvIvS/Qwrg 2017/09/30(土) 05:44:00.62 ID:gbso4KrM0

    お世話になっております

    また投下させて頂きます





    2: ◆nvIvS/Qwrg 2017/09/30(土) 05:46:32.61 ID:gbso4KrM0

    【とんかつ屋編】

    座敷童子。

    横浜の、とあるとんかつ屋。
    その座敷席で、無愛想な少女は、そう呟いた。
    少女は名を冷泉麻子という。
    黒髪を腰まで伸ばした、どこか猫を彷彿とさせる眼をした少女である。



    3: ◆nvIvS/Qwrg 2017/09/30(土) 05:48:41.38 ID:gbso4KrM0

    無愛想ではあるが、特段、機嫌が悪いという事もない。
    彼女が無愛想な原因は大抵の場合、眠気のせいである。
    不規則な生活のせいで朝が弱く、酷い日は昼も弱い。

    しかし現在は既に夕刻。
    流石に眠いという事は無さそうだが、目が覚めたからといって愛想を振り撒く訳でもない。
    自然、普段通りの顔付きに落ち着いてしまう。
    眠い顔が癖になってしまっているのだ。



    4: ◆nvIvS/Qwrg 2017/09/30(土) 05:51:25.43 ID:gbso4KrM0

    麻子の対面に座った少女が自分の事を揶揄されたと思ったか、何ですって、と声を上げる。
    こちらは園みどり子、略してそど子と呼ばれている。

    麻子とは対照的に、髪をおかっぱに切り揃えた、毅然とした顔付きの少女。
    今日はその髪を後ろでひとつに束ねている。

    彼女は風紀委員で、遅刻魔である麻子を叱る立場にある。
    しかし、仲が悪い訳ではないのだ。
    彼女ら二人の言い争いは日常茶飯事で、それによって雰囲気が悪くなる事は殆ど無い。
    同席の後藤モヨ子と金春希美も心得たもので、二人の声を気に留めるでもなく小鉢に盛られた煮付けの評論などに花を咲かせている。

    違う違うと麻子が手を振り否定した。




    【【ガルパン】桂利奈ちゃんがラーメン屋を潰す話。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506283916/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 05:11:56.41 ID:xVbKB+5U0

    アンチョビ「大好きなお前の頼みだから聞いてやりたいが…」

    アンチョビ「それは恥ずかし過ぎるだろ…」

    アンチョビ「そんなに言うなら頑張るけど…」

    一週間後

    アンチョビ「ほらどうした?総帥もっと踏んでくださいって言ってみろ」

    アンチョビ「お前は本当に変態なんだな」

    アンチョビ「安心しろしっかり調教してやるからな」





    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 07:11:32.63 ID:S2yNxWqSO

    ドゥーチェは足もいいけど地毛ツインテもいい



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 11:51:25.46 ID:xVbKB+5U0

    ペパロニ「え?踏まれたいんっすか?」

    ペパロニ「別にいいっすよ!」

    ペパロニ「ほら~ここが気持ちいいんすっか?」ふみふみ

    二ヶ月後

    ペパロニ「ほ、本当にこの格好でデートに行くんすっか…」

    ペパロニ「下着を着けてないからスースーする…」

    ペパロニ「別に興奮してないっすよ…//」



    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 12:30:25.74 ID:xVbKB+5U0

    カルパッチョ「踏んで欲しい?」

    カルパッチョ「流石に気持ち悪いんですけど…」

    カルパッチョ「もう…しょうがないですね」

    一週間後

    カルパッチョ「ほら足を舐めください」

    カルパッチョ「犬みたいに女の子の足をペロペロ舐めて恥ずかしくないんですか?」

    カルパッチョ「いいですよ…その表情…」




    【アンチョビ「足で!?お前なに言ってるんだ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506136739/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 12:19:00.07 ID:lj2eA/7g0

    ダージリン「そんなに言うならしてあげますわ」目をキラキラ

    ダージリン「ストッキングは脱がなくていいの?」

    ダージリン「やってみるわね」

    10日後

    ダージリン「今日はメイド服とナースどっちがいいかしら?」

    ダージリン「他にもいろいろ買ってきたから試させていただきますわ」

    ダージリン「拒否権はないのよ」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 12:27:43.07 ID:lj2eA/7g0

    オレンジペコ「え…足でですか?」

    オレンジペコ「嫌ですよ!」

    オレンジペコ「そんなの恥ずかしいです」

    一ヶ月後

    オレンジペコ「ここを踏まれるのが気持ちいいんですか?」

    オレンジペコ「あなたのその顔とっても好きですよ」

    オレンジペコ「随分ノリノリでやってくれるようになったね…?」

    オレンジペコ「貴方のせいでそうなったんです!」グニッ

    オレンジペコ「すいません…強く踏みすぎました…」




    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 12:36:33.88 ID:lj2eA/7g0

    アッサム「足で…?」

    アッサム「貴方…本気で言ってるんですか?」

    アッサム「そう言うのはちゃんと段階を踏んでからじゃないと…」

    アッサム「まずはキス…から」

    一ヶ月後

    アッサム「そろそろしてくれ?」

    アッサム「ダメです」

    アッサム「もっとちゃんと段階踏まないと、ほらデートに行きましょう」




    【ダージリン「足でしてほしい?正気なの?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508419381/

    1: ◆t8EBwAYVrY 2017/10/19(木) 22:23:01.91 ID:s8qTWybo0

     ―アンツィオ高校―

    カルパッチョ「ぜんい~ん、気をつけっ」

     \バッ!/

    アンチョビ「みんな揃ってるな!今日は前々から言っていた大事な日だ!何の日か全員わかっているだろうなーっ!」

     \エー?/ \ナンダッケ?/ \ドゥーチェノタンジョウビ?/

    アンチョビ「お、おいおい!忘れたのか?なんてことだ!ペパロニ、教えてやれ!」

    ペパロニ「お前達、こんな大事な日を忘れるとはたるんでる証拠だ!今日はお昼のランチにトリュフが追加できる日だ!」

     \オオ~!/ \ソウダッタソウダッタ!/ \マチキレナイ!/

    アンチョビ「ちがぁ~う!今日は次期ドゥーチェを決める選挙を行う日だと言っただろう!私が卒業した後のアンツィオの隊長を決める日だぞ!」

     \ソウダッケ?/ \ヨクワカンナイヨー/ \ドゥーチェハドゥーチェダモン!/ 

    カルパッチョ「みんな、春にはドゥーチェは卒業しちゃうから、来年は私達だけになるのよ」

     \エエエエエ~!?/ \ウッソダァ~!/ \ジョウダンユッチャッテ~!/

    アンチョビ「・・・だ、大丈夫なのだろうか・・・来年のアンツィオは・・・」





    2: ◆t8EBwAYVrY 2017/10/19(木) 22:43:18.33 ID:s8qTWybo0

     <ゴ~ン・・・ゴ~ン・・・

    アンチョビ「あ」

     「わー!お昼だお昼だー!」ドタバタ 「急がないトリュフが売り切れちゃうよ~!」ドタバタ 「いやっほぉぉぉう!」ドタバタ

    アンチョビ「お、お前達待て!まだ話は――」

    ペパロニ「そうはさせるか~!一番に食堂に辿りつくのはあたしだ~!」ダダダ


    アンチョビ「・・・・・・」ポツン

    カルパッチョ「心配しなくても大丈夫ですよ。ドゥーチェの分も取ってくれてますって」

    アンチョビ「それどころじゃなぁい!全国大会も終えて、もうすぐ私も引退だというのに、皆全く自覚がない!私抜きでやっていけるのか!?これで!」

    カルパッチョ「みんなドゥーチェにおんぶにだっこですからね。それだけドゥーチェが偉大なドゥーチェということです」

    アンチョビ「でぇへへへ、そうかな~。・・・っじゃなぁ~い!このままではアンツィオの危機だ!私がいなくてもちゃんとやっていけるようにならないとまずい!」

    カルパッチョ「アンツィオで不味いのはマズイですね」

    アンチョビ「カルパッチョ!私は旅に出る!しばらくの間、お前達だけでやってくんだ!」

    カルパッチョ「ええ~!・・・大丈夫かなぁ・・・」

    アンチョビ「大丈夫だ。あいつらはなんだかんだいって、やる時はやる子達だ。それにカルパッチョ、お前がいるんだ。きっと大丈夫さ」ポンポン

    カルパッチョ「いえ、私達よりドゥーチェの方を心配してるんですよ」

    アンチョビ「子供あつかいするなーっ!」




    【アンチョビ「黒森峰諸君!ノリと勢いとパスタの国からドゥーチェ参戦だーっ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ