大きいサイズ

    カテゴリ: ガールズ&パンツァーSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1457986731/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/15(火) 05:18:51.61 ID:iWnFvro+0

    継続高校のミカさんが島田流という説を聞いてビビビときました。
    捏造多いので注意。
    すぐに終わります。





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/15(火) 05:19:42.05 ID:iWnFvro+0

    島田家所有の演習場。門下生が今日も己の戦車技術を切磋琢磨している。

    「フミカさんがいないようですね」

    少し離れたベンチで島田流当主、島田千代が付き人に尋ねる。その顔は笑顔だが奥底の圧力に気圧され恐る恐る応える。

    「フ、フミカ様は今日は琴を弾くから休むと出掛けられました」

    「……そう」

    少し考えた後、千代は付き人に後を任せると伝えるとその場を去って行った。




    演習場の遥か遠くにある山の中から木々のざわめきや小鳥の囀りに紛れて琴の音が鳴り響く。
    木の上には膝に乗せた小琴を爪弾く少女がいた。

    「やっぱここにいた。今日もサボりかミカー?」

    「今日はやるべき時じゃないのさミッコ」

    赤髪を2つに縛った少女ミッコの声にミカは演奏を止めて答えた。

    「それ昨日も一昨日もその前も言ってたじゃん」

    「過去は過去さ。大事なのは今その瞬間をどうするかだ」

    「相変わらずだねえミカは……よっこいしょ」

    「ミッコも練習はいいのかい?」

    「あたしの車長はミカだからね。車長がいなきゃ練習になんないよ」

    ミッコはミカの近くの太い枝へよじ登ると幹に凭れ目を閉じる。
    その様子を見てミカは再び小琴を奏でる。
    木の上は心地よい風が吹く。森の心地良い香りも運ばれてくる。二人のお気に入りの場所だった。



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/15(火) 05:20:13.53 ID:iWnFvro+0

    「前から気になってたんだけどさ、ミカって戦車道好きなの?」

    「……その質問に意味はあるのかな?」

    「別になんとなく。ただあんまりにも練習出ないからちょっと気になった」

    ミッコの質問に少し考える。

    「私にとって戦車道は好き嫌いで語るものではない。戦車道は人生に必要なことだからね」

    「必要なのになんで乗らないのさ」

    「戦車道が必要なのであって流派は重要ではないのさ」

    ミッコは何となく察した。何かに縛られるのが好きではない自由人がミカこと島田フミカなのだ。
    分家とは言え彼女もれっきとした島田一族の人間。いろいろなシガラミはあるのだろう。
    ミッコ自身先祖代々彼女の家にに使える家系。身近でそういうものに触れてきた事はある。
    ミカはとても優秀だった。それこそ宗家の跡取り娘と勝るとも劣らないセンスの持ち主だ。
    そういった事も含め宗家と分家の面倒事を知っている。

    「戦車と風はとてもよく似ている」

    目を瞑り旋律を奏でながら語る。

    「どちらもどんな所でも自由に行けるからね」



    「フミカさん」

    下を見ると当主の島田千代がいた。

    「琴の稽古は充分ですか? そろそろ戦車道の稽古もしましょう?」

    「……当主様直々にお出迎えとあっては仕方がないね。行こうかミッコ」

    少しだけ悲しげに笑いかけるミカ、降り立ち千代と共に歩くその諦念した後ろ姿。
    ミッコは密かに決意した。




    【【ガルパン】ミカ「風の吹くままに」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492787078/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/22(土) 00:04:38.41 ID:e/dM8XL90

    キーン コーン カーン コーン

    ――大洗女子学園 お昼休み

    みほ(お昼ご飯、何にしよう……)

    沙織「ヘイ彼女、一緒にご飯どお? な~んてね♪」

    みほ「あ、沙織さん」

    華「優花里さんも誘って、みんなで食べましょう」

    麻子「そうだな」

    みほ「うんっ」

    ――食堂

    ワイワイ ガヤガヤ

    沙織「みんなの席、取っておいたよ」

    優花里「ありがとうございます!」

    みほ「それじゃ、いただきます……ってあれ、華さんは?」

    麻子「あそこで並んでるみたいだが……お、きたきた」

    華「皆さんお待たせしました。遅くなってしまいすみません」スタスタ  






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/22(土) 00:05:29.98 ID:e/dM8XL90

    沙織「いいよいいよ~……って、何コレ!?」

    華「?」ドッサリ

    麻子「ラーメンと白いご飯のセットに、チャーハンが追加されてるぞ」

    優花里「それも全部大盛りですからすごい迫力です……器がトレイからこぼれ落ちそうですよ」

    沙織「ご飯が2つダブってるじゃん!」

    華「いえ、チャーハンは箸休めですから」

    みほ「!?」

    華「これはラーメンライスというひとつの主食と、チャーハンというおかずの組み合わせですから、特に問題はありません」

    麻子「お、おおう……」

    沙織「う~ん……見慣れた光景とはいえ、華のラーメンライスへの情熱はすごいよ……」

    みほ「華さんがラーメンライス好きって、なんだか意外」

    華「実は私、沙織さんたちと出会うまでラーメンを食べたことがなくて」

    優花里「そうなんですか?」

    華「ええ。でもこの食べ方に出会ってしまったら、それ以来夢中になってしまって」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/22(土) 00:05:59.30 ID:e/dM8XL90

    華「麺とお米を一緒に口の中で味わえるなんて……ゾクゾクしてしまいます」

    沙織「ここの学食のラーメンも結構おいしいから、みぽりんも一度食べてみたら?」

    みほ「あ、うん……アハハ、そうだね」

    沙織「?」

    麻子「歯切れが悪いな西住さん。どうかしたのか?」

    華「もしかしてみほさん、ラーメンが苦手なのですか?」

    沙織「そんな子いるの? 単に猫舌ってことじゃないの?」

    みほ「いや……その、私の実家ってラーメン道やってるから、それを思い出しちゃって」

    華「!?」

    沙織「ラーメン道!?」

    優花里「ラーメン道って何ですかっ!??」

    麻子「初耳にもほどがあるぞ……」

    みほ「そっか。みんなには、まだ何も言ってなかったよね」

    みほ「西住流は戦車だけじゃなくて、ほかにもいろんな武道(?)を修めているの」

    みほ「ラーメン道もそのひとつで……」




    【みほ「ガールズ&ラーメン?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491836629/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/11(火) 00:03:49.75 ID:2UtOjdUCO

    キャラ崩壊

    一部不快な表現あり





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/11(火) 00:04:24.27 ID:2UtOjdUCO

    華「大洗(ピー)に来ております。えー、噂の家系ラーメンです」

    華「今日の注文は海苔ラーメンに半ライス。ここの海苔がですね凄い量なんで、いいですよ」

    華「皆さん見て下さいこれ、麺の固さと味の濃さと、えー油を選べるんですけど」

    華「もちろんここは」

    華「固め」

    華「濃いめ」

    華「多め」

    五十鈴流 注文内容
    麺固め
    スープ濃いめ
    油多め

    華「えー、家系ラーメン『早死に、三段活用』」

    華「基本ですねぇ」(マジキチスマイル)



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/11(火) 00:04:57.08 ID:2UtOjdUCO

    華「デンデンデンデンデンデン……」

    華「これが家系ラーメンですね。言わゆる横浜ラーメンというやつですね」


    華「固め、えー濃いめ、油多めに、えー家系ラーメン三段活用。不健康三段……早死に、三段活用、というのにされております」

    華「ここからはまた五十鈴流の……家系には珍しいですねニンニクチップ。最初にこれ入ないとダメですね」

    華「はいはい、まずチップをたっぷりと振りかけまして……えーゴマ」

    華「スリゴマで」

    華「さらに」

    華「油」

    華「パワーアップ」

    華「ゴマたっぷりいっときましょうね。健康にいいですからね。ハイハイハイハイ♪」

    華「続きましてこちら!!」

    華「これわすれちゃいけませんよね」

    華「家系と言ったら」

    華「ニンニグ」

    華「生ニンニク」

    華「これね、これちっと、たっぷりいっとかないとね」

    (注)内蔵等が弱い方は、絶対にマネをしないで下さい

    華「えー、で、まぁコショウ。コショウをかけまして……」

    華「いただきます」




    【五十鈴華「ニンニクのライブ感」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491786934/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/10(月) 10:15:35.40 ID:QDkoFb7Ro

    ねこにゃーの自室

    ねこにゃー「よしっ。勝った」カチカチ

    ねこにゃー「あ、もうこんな時間。そろそろネトゲ終わらなきゃ……」

    ねこにゃー(そろそろ落ちるねっと)カタカタ

    ももがー:おつかれなりー

    ぴよたん:4時間後に学校でー

    ねこにゃー「んー。寝る前に掲示板もチェックしなきゃ」

    ねこにゃー「……」カタカタ

    ねこにゃー(あぁ……ボクってきっと、一生彼氏とかできないんだろうなぁ……)


    黒森峰アンチスレ (566)
    戦車道選手の画像よ集え! (980)
    カチューシャは俺の嫁part5 (1001)
    カチューシャは俺の嫁part6 (8)
    西住姉妹の恥ずかしい動画スレ (2)
    ドゥーチェ!ドゥーチェ!ドゥーチェ! (12)
    ゼクシィ武部 (378)


    ねこにゃー「これ、なんだろう……西住姉妹の恥ずかしい動画スレ……?」カチッ





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/10(月) 10:25:33.33 ID:QDkoFb7Ro

    1:名無し道:2012/10/10(水) 04:02:02 ID:???0
    に→し→ず→み→み→ほ
    完成で戦車道で有名な西住姉妹の恥ずかしい動画うpするガチで

    2:名無し道:2012/10/10(水) 04:02:13 ID:???0
    2get

    3:名無し道:2012/10/10(水) 04:04:20 ID:???0


    4:名無し道:2012/10/10(水) 04:05:37 ID:???0


    5:名無し道:2012/10/10(水) 04:06:11 ID:???0


    6:名無し道:2012/10/10(水) 04:09:45 ID:???0


    7:名無し道:2012/10/10(水) 04:11:58 ID:???0


    8:エーリカ:2012/10/10(水) 04:12:00 ID:???0



    ねこにゃー「完成しちゃってる……」

    ねこにゃー「でも、どうせ釣りスレだし……一応更新するけど……」カチッ



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/10(月) 10:32:55.33 ID:QDkoFb7Ro

    9:名無し道:2012/10/10(水) 04:12:15 ID:???0


    10:名無し道:2012/10/10(水) 04:12:16 ID:???0


    11:名無し道:2012/10/10(水) 04:13:24 ID:???0
    >>3-8
    完成してんじゃん

    12:名無し道:2012/10/10(水) 04:13:34 ID:???0


    13:名無し道:2012/10/10(水) 04:13:47 ID:???0


    14:名無し道:2012/10/10(水) 04:14:35 ID:???0
    キタ━━(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)━━!!

    15:名無し道:2012/10/10(水) 04:14:41 ID:???0
    しゃぁ!!

    16:エーリカ:2012/10/10(水) 04:14:56 ID:???0
    どうせ釣りでしょ?

    17:ねこ:2012/10/10(水) 04:15:14 ID:???0
    >>16
    同意

    ねこにゃー「……」カチッ




    【ねこにゃー「西住姉妹の恥ずかしい動画スレ?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489417411/

    1: ◆45SR4r0flud5 2017/03/14(火) 00:03:31.92 ID:J7HxjluBO

    沙織『ちょっとゆかりん何やってるの?』

    沙織『今日は戦車祭りだよ!』

    沙織『いやっふぉお!西住サイコーッ!!』

    沙織「え?だから何?」

    優花里「戦車です、木彫りの」

    麻子「元ネタがわかりづらい」

    華「あ、あの、そろそろ現実を見て、みほさんをどうするか考えるべきではないでしょうか?」

    みほ「わーい!たーのしー!」 
     






    2: ◆45SR4r0flud5 2017/03/14(火) 00:13:11.18 ID:J7HxjluBO

    沙織「まずみぽりんはどうしてあんなことになってるの?」

    優花里「それがですね」

    ~回想~
    みほ「ねぇ、優花里さん。『けものフレンズ』ってアニメ知ってる?」

    優花里「え?はい。話題になってますよね。動物園に行く人が増えたとかなんとか」

    みほ「そうなんだ....。面白いのかな?」

    優花里「さぁ?話題になってるくらいですから面白いんじゃないですか?」

    みほ「そうなんだ。ねぇ、よかったら一緒に見ない?」

    優花里「はい!西住殿とならなんだって面白いですから!!」

    ~回想終わり~

    沙織「え?終わるの?!」

    優花里「は、はい。それで、西住殿とそのアニメの鑑賞会をして、終わったらこうなっていました....」

    麻子「恐ろしいな、そのアニメ」

    華「狂気を感じます.....」

    優花里「い、いえ、いたって普通の幼児向けアニメだったんですが」

    みほ「わー!すごーい!」




    3: ◆45SR4r0flud5 2017/03/14(火) 00:25:10.32 ID:J7HxjluBO

    麻子「と、言うわけで、サブカルチャーに詳しい(と思われる)猫田さんにきてもらった」

    ねこにゃー「ぼ、ぼくでよければ....」

    沙織「それで、みぽりんはどうしてあんなことになっちゃったの?」

    ねこにゃー「た、たぶん一時的にIQが低下して物事を肯定的にしか捉えられなくなる『じゃぱりしょうこうぐん』にかかってしまったと思われます」

    華「じゃぱり症候群ですか?」

    ねこにゃー「ぼ、ぼくも噂でしか聞いたことなくて詳しくは知らないんだけど....真面目で普段から苦労してる人が一時的に悩みから解放されて、何も考えられなくなるらしくて.....」

    沙織「みぽりん、戦車道のこととかでずっと悩んでるもんね」

    麻子「そうだな、黒森峰から転校してきたくらいだものな」

    華「そうですね。大洗に戦車道はありませんからもう悩まなくて済むと思ったのですが」

    優花里「え?去年復活して.....」

    沙織「もうすぐわたしたちも二年生だもんねぇ」

    麻子「新しい学校に来たばかりで不安に思うことが多かったのかもしれないな」

    優花里「え?」




    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 00:40:18.91 ID:mKtwzS+ro

    こえーよ




    【【ガルパン】優花里「昨日、夢を見たんです」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491990491/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 18:48:11.56 ID:tlF8nnga0

    杏「うん、うちの戦車をもうちょっと強化できないかと思ってねー」

    桃「わが校の車輌は性能に不安のあるものも多いからな。
    今年は皆の努力のおかげで勝利できたが、後輩たちには少しでも楽をさせてやりたい」

    柚子「そういうわけで、今保有している車輌にどれくらい強化の余地があるか検討しようと思うの」

    みほ「それで皆を集めたんですね」


    ※作者はvip初投稿
    ※キャラ不安定
    ※独自設定アリ
    ※戦車の知識はグーグル先生頼り
    ※WoTはwikiしか見てない





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 18:49:55.58 ID:tlF8nnga0

    みほ「でも、強化なら別に改造にこだわらなくてもいいんじゃないんですか?今ある戦車で使いづらい、
    例えばポルシェティーガーを売ってその代わりに」

    優花里「なんてこと言うんですか西住殿!」バッ

    みほ「顔が近いよ優花里さん」

    優花里「ポルシェティーガーは大洗の宝ですよ!?
    このマニア垂涎のレア戦車を看板にして宣伝すれば是非とも一目見ようと大洗を目指す新入生が続々と」

    沙織「来ないと思う」

    麻子「まだ沙織に春が来る方が可能性は高そうだな」

    沙織「どういう意味よ」

    華「喜ぶのは優花里さんだけではないでしょうか……」

    みほ「うん、難しいんじゃないかな」

    優花里「そんなぁ」ショボーン

    杏「実際、自動車部の上三人が抜けたらポルシェティーガーは売らないといけないかもだねー」
    ※作者は自動車部部員4名説を採用しています

    ナカジマ「ツチヤが優秀な新入生を引っ張ってこられりゃ話は別なんだけどな」

    スズキ「頼むぞツチヤ、頑張らないと自動車部の歴史も大洗の戦車道もお前の代で詰むからな」

    ホシノ「なんとか新入生をだまくらかして引っ張りこむんだ。大丈夫、お前の人畜無害なオーラならやれるって」

    ツチヤ「だまくらかすとかしれっと何言ってるんのホシノ先輩……」

    華「とりあえず、新年度になってからの状況次第ということで、今のところは保留でよろしいのでは?」

    杏「ん、そだね。よろしく頼むよ。まあ検討ってことで、今は手元にある戦車を強化する方向で考えてみよっか」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 18:52:21.71 ID:tlF8nnga0

    杏「まずはアヒルさんチームの八九式。改造の余地は――」

    優花里「無いですね。あったら旧軍がやってます」キッパリ

    みほ「九七式なら砲戦車に改造という手もありますけど、八九式は余裕が少ないですから……」

    桃「それなら売った方がマシだな」

    典子「異議あり!」

    忍「バレー部の五人目のメンバーをそんな簡単に売るだなんて」

    あけび「鬼!悪魔!生徒会!!」

    妙子「いくら事実だからって、そんな大きな声で言わなくても……」

    桃「貴様らぁあああ生徒会を何だと思って」ウガー

    柚子「桃ちゃん落ち着いて」「桃ちゃん言うなー!」

    杏「まあ今回は改装の話だからねー。買い替えとかの話はまた今度ってことで」

    みほ「実際、アヒルさんチームは今までも十分活躍してくれてますから。無理に買い替える必要はないと思います」

    杏「そだね、んじゃ次ー」




    【みほ「強化改造案、ですか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489298467/

    1: ◆yef3W6r46A 2017/03/12(日) 15:01:07.94 ID:AyEhkySA0


    息抜きに

    内容がぶっ飛んでるので注意


    ・内容

    大洗女子学園廃校の危機(物理)  
       






    2: ◆yef3W6r46A 2017/03/12(日) 15:02:52.55 ID:AyEhkySA0


    杏「さっむ……」

    杏「船舶科のやつ…暖房システムを起動し忘れたな…」

    杏「今日は一番に来てしまったからかーしまと小山はまだ居ない…」

    杏「うーん…」


        「今日は寒いな…」 「まったくぜよ…」


    杏「お、あいつらに頼むか。」

    _________________________


    カエサル「へっくし!!!」

    カエサル「誰か噂話でもしてるのか…?」

    杏「あー、ちょっといいかな。」

    カエサル「会長?何か用ですか?」

    杏「んーちょっとねー。」

    _________________________

         ~大洗女子学園学園艦ボイラー室~


    カエサル「まさか寝ぼけた船舶科の代わりに私達が暖房システムを起動する役目とは…」

    エルヴィン「軽い無茶を言ってくれるな。」

    おりょう「これも定めぜよ。」

    左衛門座「いや、普通こんなことはしないと思うが…」



    3: ◆yef3W6r46A 2017/03/12(日) 15:03:42.88 ID:AyEhkySA0

    カエサル「起動させて、後は…」


             <キーンコーンカーンコーン


    おりょう「あ˝!!ホームルームのチャイムぜよ!!!」ダダダダ

    カエサル「急げええええええ!!!!」ダダダダ

    左衛門座「こんな所で遅刻はごめんだああああああ!!!」ダダダダ

    エルヴィン「ん?何か忘れてるような…」ダダダダ


    _________________________

        ~ 2-A ~

    みほ「なんか…暑い…」

    華「暖房がおかしくないですか…?」

    沙織「やだもー…汗臭くなっちゃうぅ…」

    麻子「暑い…寝れない…」

        ~ 2-C~

    優花里「この暑さ…普通じゃないです…」

    _________________________


    杏「あっちぃ~…」

    桃「暖房が効きすぎな気がする…」

    柚子「窓開けましょう…暑いです…」


           バァン!!!


    カエサル「あの、会長!!!」

    桃「もっと静かに入れ!!!ここは生徒会室だぞ!!!」




    【【ガルパン】角谷杏「暖房つけるか。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492380194/

    1: ◆MGCfgPOJXA 2017/04/17(月) 07:03:14.90 ID:WBUq1syQ0

    ~黒森峰学園~


    みほ「暇だなぁ,,,,」

    みほ(ん?誰かが話してる?)

    みほ(あれは,,,,エリカさんとお姉ちゃん?)

    みほ(ちょっと聞いてみよ)


    エリカ「やっぱりパチンコですって!!」

    まほ「何をいっているんだ、パチスロに決まっているだろう?」

    みほ「!!!」ガタッ

    エリカ「誰!?」

    みほ「私です」

    まほ「なんだみほか、どうした?」

    みほ「パチンコとかパチスロとか,,,,」

    みほ「さっき何を話していたの?」

    まほ「どちらがより勝率があるかの議論をしていたんだ」

    まほ「ところでみほはどうおもう?」

    みほ「何が?」

    エリカ「パチンコのほうが勝てるに決まっているじゃないですか!」

    エリカ「みほもそう思うよね!?」

    みほ「え!?」

    まほ「いや、やはりパチスロだと思う」

    まほ「みほもそう思うだろ?」

    みほ「はへ!?」

    エリカ「やっぱりラチが明かない,,,,」

    エリカ「こうなったら実際に勝負しましょう!」

    まほ「そうだな」

    まほ「なら、明日の放課後学園で集合だ」

    エリカ「覚悟していてください、隊長!!」

    エリカ「絶対にパチンコが勝ちますから!」ダッ

    まほ「じゃあみほも明日」

    みほ「私も参加するの!?」

    まほ「当たり前だろう?」

    まほ「それじゃ」ダッ

    みほ「,,,,,,,,」

    みほ「なんで?」





    2: ◆MGCfgPOJXA 2017/04/17(月) 07:14:24.14 ID:WBUq1syQ0


    ~1日後~



    エリカ「ついに来ましたね,,,,」

    まほ「あぁ、そうだな」

    みほ「私いるのかな?」

    エリカ「当たり前じゃない!今回の審査員なんだから!」

    みほ「えぇ,,,,」

    まほ「と言うわけで今回のルールだが」

    まほ「私とエリカが選んだ機種をみほにプレゼンし、実践させる」

    まほ「それでみほからの評判がよかった方の勝ちだ」

    まほ「これで分かったかな?」

    エリカ「わかりました」

    みほ「私いるのかな,,,,」

    まほ「ではまずはどの機種をプレゼンするかを発表しよう」

    エリカ「はい」

    まほ「私は1.だ」

    エリカ「私は2.よ」



    1.パチスロの機種

    2.パチンコの機種


    それぞれの機種の名前を↓のかいてください。
    それを元に午後6時あたりから書きます。


    (誰もいなかったら適当に決めます)



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/17(月) 07:29:24.62 ID:/Rec9sWMO

    ガルパン



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/17(月) 07:44:25.49 ID:KFqn7TJr0

    ルパンザエンド




    【【ガルパン】エリカ「パチンコでしょ!」まほ「いや、パチスロだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485248843/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 18:07:23.28 ID:oDw5NkalO

    パゾ美「そういうわけにはいかない……カバさんチームは服装減点……と」

    おりょう「う……」

    パゾ美「せめて式典のときくらいは正装してきてくれると助かる、あと出来れば普段も」

    おりょう「パゾ美がそう言うなら……」

    カエサル「おいおりょう!?」

    おりょう「あ゛ぁ!?」ギラッ

    カエサル「ひっ!?」

    パゾ美「それじゃあ、仕事に戻るから」

    おりょう「……」テフリフリ 






    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 18:08:09.94 ID:oDw5NkalO

    おりょう「……明日は羽織置いていこう」ボソ

    エルヴィン「ど、どうしたんだおりょう!お前らしくないぞ!」

    左衛門佐「そうだ!おりょうの名は伊達だったのか!?」

    おりょう「私はどうもパゾ美には敵わん気がするぜよ」

    カエサル「風紀委員だもんな……それにしても今までブレなかったおりょうがこんな風になるとは……」

    おりょう「何を考えているか分からないから反論出来ないぜよ、それに愛らしい見た目が目を引くぜよ」

    左衛門佐「……おりょう、こんなこと言う奴だったか?」

    エルヴィン「自分より小さい子が珍しいんだろう(適当)」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 18:08:56.56 ID:oDw5NkalO

    おりょう「パゾ美は小さくて可愛いから夜道に不審者に襲われないか心配ぜよ」

    エルヴィン「……もしかしておりょうと金春さんはそういう関係なのか?」ヒソヒソ

    カエサル「いや……おりょう、お前と金春さんはどういう関係なんだ?」

    おりょう「友人、と言っていいのか……パゾ美にとってはただの知り合いかもしれないぜよ……」

    エルヴィン「なんだ、こう、応援したくなるな」

    カエサル「そういう奴なんだよ……」




    【【ガルパン】パゾ美「野上さん」おりょう「その呼び方はやめて欲しいぜよ……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485157654/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/23(月) 16:47:34.10 ID:l6LGCVkGO

    カエサル「ぶっ!?」

    エルヴィン「何がひなちゃんだ!私だけを好きでいてくれたんじゃなかったのか!?」

    カエサル「誤解だ!ひなちゃんとはただの幼馴染みなんだ!」

    エルヴィン「嘘つけ!あんなに親しそうに手まで握って……試合の後も抜け出してただろう!」

    カエサル「あれはライバルとしてこれからのことについて2人で話し合ってただけだ!それに……」

    エルヴィン「……それに?」

    カエサル「私が好きなのはエルヴィン1人だけだ!もしひなちゃんに迫られたとしても……交渉を受けるようなことは絶対にしない!」

    エルヴィン「か、カエサル……」

    おりょう「またやってるぜよ……」

    左衛門佐「よく何度やっても飽きないな……」 






    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/23(月) 16:48:30.93 ID:l6LGCVkGO

    カエサル「この浮気者!」パァン

    エルヴィン「ぐえっ」

    カエサル「グデーリアンと2人で偵察なんて……さぞ楽しかっただろうな!」

    エルヴィン「あ、あれは仕方のない事だったんだ!」

    カエサル「私を置いて進んで偵察に行くとは……さてはお前、グデーリアンのことが……!」

    エルヴィン「違う!私は隊長車の搭乗員であるグデーリアンと話したいことがあったから……それに……」

    カエサル「……それに?」

    エルヴィン「私が好きなのはカエサルだけだ。軍隊に同性愛はつきものと言うが、私とグデーリアンはただの戦友だということを覚えていてほしい。カエサル以外の奴と関係を持つ事など、絶対にしない」

    カエサル「え、エルヴィン……」

    左衛門佐「バカップルというよりはただのアホだな」

    おりょう「全くぜよ」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/23(月) 16:49:18.41 ID:l6LGCVkGO

    エルヴィン「緊急事態だ、カエサル」

    カエサル「どうした、何があった?」

    エルヴィン「私達は傍から見て恋人同士だと認識されていないらしい」

    カエサル「馬鹿な!?あんな堂々としているのにか!?」

    エルヴィン「悪い事ではないが……私達は関係を隠すことなくやっていこうと最初に言ったのが意味を成していないようだな」

    カエサル「一体どういう……あ、おーい!左衛門佐におりょう!」

    おりょう「何ぜよ」

    カエサル「私達、どこからどう見ても恋人同士だよな?」

    左衛門佐「う~~~~~ん……」

    おりょう「私から見たら2人のしてることはただの寸劇ぜよ」

    エルヴィン「馬鹿な!?」




    【【ガルパン】エルヴィン「この浮気者!」パァン】の続きを読む

    このページのトップヘ