大きいサイズ

    カテゴリ: ガールズ&パンツァーSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498368206/

    1 : ◆OBrG.Nd2vU 2017/06/25(日) 14:23:26.52 ID:Nq27nfbX0

    ※ 天然ジゴロな西隊長を、西隊長自身の目線で語るだけのSSです。
      私も天然ジゴラーな西隊長を書きたかったんや……。  






    2 : ◆OBrG.Nd2vU 2017/06/25(日) 14:24:06.46 ID:Nq27nfbX0

    勢い良くパンと合わせた両手に、皆の視線が集まる。

    「いたーだきーます!」

    私の号令の後に続く、隊員達の元気な声。

    「いたーだきーます!」


    「やった! 今日はシャケであります!」
    「おおい! 急須を取ってくれ!」
    「早速、豚汁のおかわりに吶喊!」

    隊員達による賑々しい空気が、食堂に満ちていく。

    私はいつもと変わらないその喧騒に苦笑しながら、箸を手に取った。

    銀シャリと豚汁、漬物、焼き鮭。

    今日の夕飯のメニューだ。



    3 : ◆OBrG.Nd2vU 2017/06/25(日) 14:24:42.08 ID:Nq27nfbX0

    「ふむ、今日の漬物は野沢菜か」

    まずは漬物を口の中に放り込む。

    身体が塩分を欲していたので、この野沢菜は私の人生史上、最高に美味い気がした。

    戦車道の授業で散々汗を流し、空腹をこらえながら風呂に入った後の、この夕食である。

    美味く感じないワケがない。

    野沢菜の程よい塩味と酸味が、私の空腹中枢をさらに刺激した。

    急いで白米を掻っ込みたくなる……が、隊長である私が隊員達の前で無作法な姿を見せるわけにはいかない。

    米は八十八回噛んで食べろとも言うしな。

    私は静々と白米を口に運んだ後、豚汁を手に取った。



    4 : ◆OBrG.Nd2vU 2017/06/25(日) 14:25:14.18 ID:Nq27nfbX0

    夕食開始、5分後。

    気が付いたら茶碗を手にもって、白米を掻っ込んでいた。

    ううむ、今日もダメだったか。

    豚汁に焼き鮭の組み合わせで、自制心を保てと言う方がおかしいのだ。

    ……なんて言い訳を毎回している気もするが、まあ早飯食いは我が知波単の伝統であるし、それに今日はこの後、私から皆へ連絡事項があるしな。

    このまま飯を掻っ込んで、ちゃっちゃか満腹になってしまった方が良いか。


    そう思って再度、豚汁の椀を手に取ろうと視線を前に向けたら、

    真正面に座る玉田が私の方を見ていた。 赤い顔して。


    「ん? どうした玉田?」

    「ふぁ!? いっ、いえ! 西隊長の見事な食べっぷりに見とれておりました!」

    「ああ、いやぁ、食い意地を張った姿を見せてしまったな。はは」


    あらら、案の定みっともなかったか。




    【【ガルパン】西絹代の無邪気な魅力 と 邪気な人々】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499854248/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/12(水) 19:10:48.71 ID:7LHjJAojo

    大洗女子学園 2年A組 教室

    みほ「はぁ……」

    みほ(今日からここで新しい学生生活が始まるんだ……うまくやっていけるかな……。友達、今度こそできるかな……)

    みほ「最初、最初が肝心って……お姉ちゃんも言ってたし……」


    まほ『初対面の者と話すときは、なるべく目を見たほうが良い。もし視線を外したり、泳がせてしまえば不信感を抱かせることになる』


    みほ「目を見て……しっかりと話す……それだけ……それだけ……」


    華「あの方、先ほどから教室の前で何をされているのでしょうか?」

    沙織「ていうか、見たことなくない?」

    華「大洗の生徒も多いですから。見たことがない人がいても不思議ではないかと。それに珍しくはありますけど、高等部から大洗に通う人もいるみたいですし」

    沙織「それもそっか。なんか困ってるみたいだし、ちょっと声かけちゃおーっと」テテテッ

    華「あ、沙織さん」

    沙織「ヘイ、彼女。なにしてるの?」

    みほ「はい?」ギロリッ

    沙織(目つき、ヤバ!! かなりこわいんだけど!!)ビクッ






    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/12(水) 19:15:43.37 ID:7LHjJAojo

    みほ(知らない人に声をかけられた……!! 目線を外さないようにしなくちゃ……!! 友達を作るチャンスかも……!)

    みほ「私に何か?」

    沙織「あー、えっと……」

    みほ「……」

    沙織(すっごく睨まれてるよぉ……な、なになに……この子……)

    みほ「なにか?」

    沙織「いや、何か、困ってるのかなーって思って……」

    みほ「困ってはいません」

    沙織「そ、そうなんだー。あはは。ごめんねー。それじゃあ」

    みほ「それだけですか」

    沙織「う、うん。それだけ」

    みほ「……」ジーッ

    沙織「ご、ごめんなさーい!!」

    みほ「あ……」

    みほ(逃げていった……どうしたんだろう……)




    【西住みほ「いつの間にか私が不良として認知されていました」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500088338/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/15(土) 12:12:18.43 ID:qCabD4Js0


    大学選抜戦後、秋ぐらいの想定、ファイナルは想定外

    暇になったまほチョビが遊んでいるところから話が始まる

    こういうこともあるんじゃねえかなあと書きたくて書いた、真面目に書いたが人を選ぶかも

    いろんな漫画とかからセリフやら頂いている

    最近頭が動かないので書き直しをしてない、ガバガバと捏造設定なのは許して

    原作にはいないチョビ子の担任が登場、全体の5〜4分の1くらいチョビ子について喋る

    それでもよければ読んでくれ



    ――――――――――



    まほ「あぁ~……、これはいい……」フカフカ

    チョビ「だろぉ~……」フカフカ

    チョビ「ここのケーキバイキングは、ケーキもさることながら、この特大雲形ソファが人気なんだ……」フカフカ

    まほ「池袋のプラネタリウムのやつに似ている……。あ~これは……いいなぁ……」フカァ…

    チョビ「寝たければ寝てもいいぞ……。店員さんが起こしに来てくれる……」

    まほ「それはいい……、だが……それではもったいないな……」

    チョビ「だな、今日はケーキ食べに来たんだからな……」

    まほ「ああ……、ああ……」  






    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/15(土) 12:14:19.84 ID:qCabD4Js0

    チョビ「それでお前……、進路はどうするんだ」

    まほ「ああ……、私は黒森峰の大学部に推薦が決まっている……」

    まほ「私より、お前はどうするんだ……」

    チョビ「うん……まだ決めかねていてな……」

    まほ「聞いているぞ……、すでに5つの大学がお前をスカウトしに来ているのだろう……」ウトウト

    チョビ「……それ個人情報だろ、何で知ってるんだ」

    まほ「……にしずみりゅう……」

    チョビ「……よくわからんが……、まあお前のお母さんて関係者だもんな」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/15(土) 12:15:06.46 ID:qCabD4Js0

    まほ「それで……どこ行くんだ……」

    チョビ「う~ん……、まあ正直どこでもいいんだがなあ……」

    まほ「じゃあくろもりみねだ……」

    チョビ「え~……?」

    まほ「くろもりみねにこい……くろもりみね……くろもりみね……」

    チョビ「黒森峰はなあ~……。だってお前も言ってたろ。強豪校に入っちゃうとどうしてもこう……、こういう言い方はなんだが、勝って当然というか、結果が見える試合が多くなっちゃいそうでなあ……」

    チョビ「それにお前と同じ大学に入ったら、もしかして、お前を倒す機会が二度と巡って来ないかもしれんし……」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/15(土) 12:15:49.60 ID:qCabD4Js0

    チョビ「……むしろお前こそ、黒森峰以外に行けばいいじゃないか。いい加減飽きたろ」

    まほ「わたしは……おかあさまがいるから……」

    チョビ「お母さん?」

    まほ「いもうとはいえをでてしまった……。それはそれでもういいんだが……」

    まほ「そうするとおかあさまの……きぼうをかなえてあげられるのは……、わたしだけだ……」

    チョビ「しかし……」

    まほ「いまのわたしがあるのは、おかあさまのおかげだ……。できるだけのことはしてあげたい……」

    チョビ「西住……」




    【【ガルパン】まほ「今度、見合いをするんだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488543356/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 21:15:56.88 ID:ClEigrYp0

    みほ「トライアウト」 
    というssの続編です
    よろしければ前編も読んでみてください。というか読んでないと話がわかりにくいかもしれないです。
    女性同士で普通に妊娠するという内容なのでご覧の際はお気を付けください





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 21:17:18.49 ID:ClEigrYp0

    「戦力外通告」

    「スポーツ選手の約8割がこの宣告を受け、競技を引退していく」

    「華々しく引退セレモニーを行える選手は一握りといってもいい」

    「学生時代、トップを取り続けてきたエリートも例外ではない」

    「しかしそこから復活し這い上がってきた選手も、少なくない」

    人生という名のカレンダーに新たな誕生日が刻まれる

    バース&デイ



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 21:19:12.89 ID:ClEigrYp0

    東山「西住みほ、28歳」

    東山「小中高大と輝かしい成績を残した彼女もまた、戦力外という憂き目に逢いました」

    東山「軍神が受けた二度目の挫折、そして妻の出産」

    東山「去年私たちは戦力外を受けた彼女の半年間に密着しました」

    東山「結果、彼女は日本を離れ、ドイツでプレーするという道を選択しました」

    東山「ドイツへ渡った西住選手は私たちにどのような活躍を見せてくれるのでしょうか」

    逆襲の軍神、戦力外からまさかの復活
    ドイツと日本、遠く離れた夫婦の絆



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 21:21:29.52 ID:ClEigrYp0

    職員「ここが食堂ね、朝は7時から8時半まで、昼は11時半から1時まで、夜は6時から7時半までよ」

    職員「そしてここがあなたの部屋よ。相部屋だけど」

    みほ「はい。わかりました」

    「軍神西住みほ、28歳」

    「車長として戦うことが出来なくなった彼女は砲手として、遠くドイツの地で再スタートを切ろうとしていた」

    「しかし所属チームは4部リーグ。環境は劣悪、周りは全て外国人」

    「西住はこの状況を打破できるのか」

    職員「ちょっといい?」

    ルームメイト「何かしら?」

    職員「今日からあなたと相部屋のミホよ」



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 21:23:25.12 ID:ClEigrYp0

    ルームメイト「はぁ?あなた中学生よね?このチームは中学生を取るほどお金に困ってるの?」

    みほ「す、すみませんディレクターさん。なんて言ってるかわかります?」

    ―「ドイツ語勉強したんじゃないんですか?」

    みほ「したはしたんですけど、ネイティブの人にこんな早口でスラング使われながら喋られるとちょっと……」

    ―「なんで中学生がこんなところにいるんだ?と言っています」

    みほ「ちゅ、中学生!?失礼な!私は28です!」

    ルームメイト「え?あなた30前なの?」

    みほ「子供も二人いるから!」

    「そういって西住は家族の写真を見せる」

    「アジア人は実年齢よりも下に見られることも多い」

    ルームメイト「可愛い娘さんね。失礼したわ」

    みほ「全く……」



    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 21:24:34.59 ID:ClEigrYp0

    翌日、チームの練習に合流した西住、ここでも日本との差に驚くこととなった

    監督「えー、今日からこのチームに合流するミホニシズミだ。じゃあ自己紹介して」

    みほ「……」

    監督「ほら、自己紹介」

    みほ「は、はい?えーっと」

    監督「なんだ、ドイツ語わからないのか?」

    みほ「あっ、自己紹介ですね!はい!」

    みほ「日本から来ました西住みほです」

    みほ「こう見えて28歳、二児の父です」

    みほ「みなさんよろしくお願いします」

    パチ……パチ……パチ




    【みほ「カムバック」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487553573/

    1: ◆52n.8e9fBY 2017/02/20(月) 10:19:33.98 ID:cpTp7Mw10

    ・ガルパンss

    ・インパルスのコントのオマージュ第二弾です。







    2: ◆52n.8e9fBY 2017/02/20(月) 10:20:11.51 ID:cpTp7Mw10


    まほ「まさかみほが隠れて煙草を吸っているとはな」

    まほ「母さん、そんなに気を病まないで欲しい」

    まほ「原因はきっと、プラウダとの敗戦後その罪をみほに擦り付けた私たちにあるのだから」

    まほ「だから、この件に関しては私がみほと話させてくれないかな」

    まほ「勿論ぶったりはしない」

    まほ「お互い本音をぶつけ合って、これまでの事を清算したいんだ」


    まほ「おっと、みほが帰ってきたみたいだ」

    まほ「じゃあ、後できちんと報告するから。電話切るね」



    3: ◆52n.8e9fBY 2017/02/20(月) 10:20:41.63 ID:cpTp7Mw10


    みほ「ただいまー」

    まほ「おかえり、みほ」

    まほ「ちょっと話があるんだが、席に座ってもらえないか?」

    みほ「…話?」

    まほ「いいから」

    みほ「…うん」



    4: ◆52n.8e9fBY 2017/02/20(月) 10:21:48.49 ID:cpTp7Mw10

    まほ「みほ、最近はこうして顔を向き合って話す機会も無かったな」

    まほ「いや、そうしてしまったのは私の方かもしれない」

    まほ「あの日以来、黒森峰のメンバーやOG、果ては西住流戦車道会から非難を浴びるみほを、きちんと守ってやれなかった私は姉として失格だ」

    まほ「そんな自分を見て見ぬふりをして、そしてみほが悩んでいる事にも目を背けていた」

    みほ「私が悩んでいる?」

    まほ「そうだ、みほ。お姉ちゃんに隠している事があるんだろ?」

    みほ「別に、私は…」

    まほ「隠す必要はない、もうお姉ちゃん全部分かってるんだ」

    まほ「安心しろ、これを学校や警察に言おうなんて思っていない」

    まほ「寧ろ叱られるべきは、私の方なのだからな」

    みほ「……そっか、どうやらバレちゃってるみたいだね」




    【【ガルパン】まほ「みほの部屋から煙草が見つかった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499867200/

    1 : ◆o8JgrxS0gg 2017/07/12(水) 22:46:40.53 ID:UYkf1d7Vo

    *一部独自解釈、設定有

    *この作品はフィクションです
    戦車の動作、性能等、実際のものと異なる場合があります

    関連(すべて1スレ完結です)
    【ガルパン】魔弾の砲手 -五十鈴 華-

    【ガルパン】身魂の操縦手 -冷泉 麻子-

    【ガルパン】不惜身命の装填手 -秋山 優花里-





    2 : ◆o8JgrxS0gg 2017/07/12(水) 22:47:22.08 ID:UYkf1d7Vo


    ~~プラウダ高校・演習場~~


    ピーポー…

    ピーポー…



    カチューシャ「…!クラーラ!クラーラ!!」

    クラーラ「ぁ…ぅ…!」

    カチューシャ「嫌ぁ!!いやあぁ!!」

    ノンナ「カチューシャ!落ち着いて!」

    カチューシャ「だって…!私、私が!あぁぁぁ!!」

    ノンナ「カチューシャ!」

    クラーラ「あ…ぅ…カチュ…さま…」

    ノンナ「クラーラ、今は喋らないで」

    クラーラ「ぅ…」ガクッ

    カチューシャ「あ…!あぁ!!いやああああ!!」




    3 : ◆o8JgrxS0gg 2017/07/12(水) 22:47:55.56 ID:UYkf1d7Vo

    ピーポー…

    キキッ


    プラウダ生「救急車来ました!」

    プラウダ生「私が付き添います!」

    ノンナ「はい、お願いします」


    救急隊員「…えー、頭部から出血、左腕の骨折…はい、はい。タンカを。ええ」

    救急隊員「了解」


    プラウダ生「副隊長はカチューシャ様を!」

    ノンナ「ええ」

    カチューシャ「あ…私…私が…!あぁああ…」ガクガク

    ノンナ「カチューシャ」ギュッ

    カチューシャ「あ…ノンナ…あぁ…」

    ノンナ「…っ…」ギュッ






    【【ガルパン】博愛の通信手 -武部 沙織-】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498142519/

    1 : ◆yef3W6r46A 2017/06/22(木) 23:41:59.76 ID:yJVqlYLY0

    ガルパンキャラが現実的なことを話し合う短編集

    ただそれだけ  






    2 : ◆yef3W6r46A 2017/06/22(木) 23:42:36.24 ID:yJVqlYLY0

    その1 道に落ちてるもの


    みほ「最近道に落ちてるもの拾ったりした?」

    華「流石に汚くて拾ったりは……」

    沙織「私は10円玉拾って交番に届けたら、お巡りさんが財布から
       10円出してくれたよ。」

    麻子「道に麩菓子落としても3秒以内に拾えばセーフってのがあったな…」

    沙織「みぽりんは何か拾ったの?」

    みほ「先週のことだけど、木曜日の帰りにバナナの皮を見つけちゃって、」

    みほ「それで見てたら無性に踏みたくなって…」

    みほ「あれで漫画みたいに滑ってみたいなーって。」

    みほ「これって変かな?」

    優花里「変ですよ!!!」

    みほ「そうかな?」

    麻子「変だろ。」




    3 : ◆yef3W6r46A 2017/06/22(木) 23:43:43.59 ID:yJVqlYLY0

    その2 下着の処理


    杏「どうもーー!!単刀直入に言うけど、」

    杏「このSSを見てるちみはどうやってパンツ捨ててる?」

    杏「こっちはゴムが伸びて中途半端にずり落ちちゃうし、」

    杏「もう駄目だな捨てなきゃなって思っても、」

    杏「帰って脱ぐと洗濯機に入れちゃって、洗っちゃって、干しちゃって、
      畳んじゃって、しまっちゃって、また履いちゃって……」

    杏「って感じでなかなか捨てられないんだよパンツが。」

    杏「そういうことあるでしょ!?」





    【【ガルパン】戦車乙女達の雑談】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479345170/

    1 : ◆K2KFq6ZPmE 2016/11/17(木) 10:12:51.14 ID:BINuTBSR0

    カチューシャが大洗に来るSSが無かったので作ってみた

    前書いたのはタイトル間違ってたので説明書にしたがって依頼出しました

    カチューシャからわがままを取ったらただのへたれなチビっこになってしまった

    そのためほぼオリキャラです

    へたれなカチューシャが努力して天才たちに立ち向かう。そんな感じにするつもりです

    イメージとはだいぶ違ってくるのでそういうのを見たい人にだけお勧めします





    2 : ◆K2KFq6ZPmE 2016/11/17(木) 10:14:57.13 ID:BINuTBSR0

    「Расцветали яблони и груши,
    Поплыли туманы над рекой;
    Выходила на берег Катюша,
    На высокий берег, на крутой.」

    「Выходила, песню заводила
    Про степного, сизого орла,
    Про того, которого любила,
    Про того, чьи письма берегла.」

    「Ой, ты песня, песенка девичья,
    Ты лети за ясным солнцем вслед,
    И бойцу на дальшем пограничье
     От Катюши передай привет.」

    「Пусть он вспомнит девушку простую,
    Пусть услышить, как она поет,
    Пусть он землю бережет родную,
    А любовь Катюша сбережет.」

    「Расцветали яблони и груши,
    Поплыли туманы над рекой;
    Выходила на берег Катюша,
    Выходила, на берег крутой.」



    3 : ◆K2KFq6ZPmE 2016/11/17(木) 10:16:01.52 ID:BINuTBSR0

    -音楽室

    沙織「へい彼女!ってあれ?」 

    カチューシャ「……?」

    華「何でこんなところに子供が?」

    カチューシャ「なっ!誰が子供よ!カチューシャを馬鹿にするんじゃないわよ!」



    4 : ◆K2KFq6ZPmE 2016/11/17(木) 10:16:46.99 ID:BINuTBSR0

    -学食

    沙織「私は武部沙織!」

    華「五十鈴華と申します」

    カチューシャ「まったく、先輩を子供呼ばわりするとは失礼な後輩ね」

    沙織「だからごめんってば~」

    華「小さくてかわいらしい先輩ですね」

    カチューシャ「かわ!…ま、まあわかればいいのよ」

    華「ではよろしくお願いしますね、カチューシャさん」

    沙織「私たちのことも名前で呼んでいいからねカッちゃん!」

    カチューシャ「か、カッちゃん?」

    沙織「そういえばさっきの歌って何?」

    華「外国の歌だったようですけど?」

    カチューシャ「ロシアの歌よ…」




    【【ガルパン】カチューシャ「私の同志は手強いわよ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496927508/

    1: ◆e6ps/CejpA 2017/06/08(木) 22:11:48.34 ID:UEVWZc7b0

    前スレ まほ「エリカ、遅くなったが誕生日おめでとう、プレゼントがあるぞ」 
     
     
     
     
     
    エリカ「…あ?」

    まほ「そう怖い顔しないでくれ、みほも来てるから」 
     
     






    2: ◆e6ps/CejpA 2017/06/08(木) 22:16:06.72 ID:UEVWZc7b0

    みほ(全裸にボンデージ)「逸見さん、この間はごめんなさい!」

    まほ「エリカ、本当にすまなかったな、私も脱いでっと。お詫びの印だ、我々2人の身体を思う存分弄ぶがいい」

    エリカ「はあああ!?」



    3: ◆e6ps/CejpA 2017/06/08(木) 22:26:09.08 ID:UEVWZc7b0

    みほ「逸見さんに謝ろうと思ってブルブル振動するやつやイボイボが回転するやつとか
    いっぱい持って来たんだ!会長で試したら『西住ちゃんしゅごいぃぃぃぃ!』って失神
    するほど喜んでくれたんだよ!」

    まほ「はっはっは、私もみほに負けていられないな、ここはミカにもらった気持ちよくなる
    お薬の出番だな。アキとミッコに使ったらすごいことになったって言ってたよ」

    みほ「お姉ちゃん、それ大丈夫なの?」

    まほ「さあ、日本ではわからないがフィンランドやスウェーデンでは合法なヤツだって言ってたぞ」

    エリカ「ちょっと待てやコラぁぁぁぁ!」





    【まほ「エリカ、この間は済まなかった、お詫びがしたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489016205/

    1: ◆e6ps/CejpA 2017/03/09(木) 08:36:45.73 ID:6dSdmr3V0

    エリカ「ええっ?ありがとうございます!」

    まほ「ああ、私の部屋に来てくれ」





    2: ◆e6ps/CejpA 2017/03/09(木) 08:40:56.13 ID:6dSdmr3V0

    みほ(全裸に全身リボン巻き)「逸見さんお誕生日おめでとう!」

    まほ「エリカ、本当にすまなかったな、みほのスケジュールが合わなくて。私も脱いでっと。
    さあ、我々2人がプレゼントだ」

    エリカ「はああああ!?」



    3: ◆e6ps/CejpA 2017/03/09(木) 08:45:31.21 ID:6dSdmr3V0

    みほ「逸見さんに喜んでもらおうと思ってブルブル振動するやつとか一杯持ってきたんだ、
    優花里さんや会長で試してみたから効果は保証済みだよ!」

    まほ「はっはっは、私もみほに負けていられないな、ここは安斎にもらった乗馬ムチの出番だな」

    エリカ「ちょっと待てやコラぁぁぁぁ!」




    【まほ 「エリカ、遅くなったが誕生日おめでとう、プレゼントがあるぞ」】の続きを読む

    このページのトップヘ