大きいサイズ

    カテゴリ: 月刊少女野崎くんSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515754880/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:01:21.11 ID:BUVzXs4R0

    佐倉「ええっ!? な、なんで!!?」

    野崎「実はな……都さんのアシスタントが全員風邪で倒れてしまったんだ」

    野崎「締め切りももうすぐだからな……そこで俺が急遽行く事になった」

    野崎「同業者のピンチを見過ごすわけにはいかないからな」

    佐倉「野崎くん……」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:02:12.88 ID:BUVzXs4R0

    佐倉「ね、ねぇ!! 私も行っていいかな!?」

    野崎「佐倉……?」

    佐倉「私も野崎くん……それに都さんの力になりたいの!!」

    野崎「……そうだな、人手が多いときっと都さんも助かるだろう。 是非来てくれ」

    佐倉「うん!!!」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:02:40.64 ID:BUVzXs4R0

    都「ごめんなさい二人とも、迷惑かけちゃって……」

    野崎「迷惑だなんてとんでもありません。 こんな経験、滅多にありませんから」

    野崎「勉強させていただく気持ちでやらせていただきます」

    佐倉「わ、私も頑張ります!!」

    都「ありがとう二人とも……本当に助かるわ」




    【野崎「急遽都さんのアシスタントをする事になった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515236369/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/06(土) 19:59:30.03 ID:GpJLJwkN0

    野崎「指定した所をベタしてくれるこの便利な機械……」

    野崎「これがあれば……」






    2: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/06(土) 20:00:16.69 ID:GpJLJwkN0

    佐倉「お邪魔しまーす!!」

    御子柴「おーっす」

    野崎「!! 二人とも、丁度いい所に」

    佐倉・御子柴「?」

    野崎「実はさっき、いい物を買ってきた」

    御子柴「なんだよ?」

    野崎「あっと驚く漫画家の味方さ」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/06(土) 20:00:48.80 ID:GpJLJwkN0

    野崎「これだ」

    佐倉「き、機械!?」

    野崎「ああ、全自動ベタ塗り機だ」

    佐倉「全自動ベタ塗り機!!?」

    野崎「ああ、方法は簡単だ」

    野崎「まずインクを入れる」

    ドバー

    野崎「そしてレバーを引く」

    ガチャン

    野崎「あとはどこにベタするか指定するだけだ」

    佐倉「へ、へぇ~。 よくできてるね」




    【野崎「全自動ベタ塗り機を買った」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514731835/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/31(日) 23:50:36.06 ID:PgKHMs3z0

    佐倉「一年に一回しかない大きなイベント……」

    佐倉「一緒に過ごさないわけにはいかないよ!!」

    佐倉「……というわけで早速野崎くんを誘おう!!」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/31(日) 23:51:21.66 ID:PgKHMs3z0

    野崎「よし、今日の作業も終わったな」

    佐倉「の、野崎くん!!」

    野崎「?」

    佐倉(そうだよ私……告白(?)もできたんだから……誘う事もできるはずだよ!!)

    佐倉「あ、明日の大晦日……」

    佐倉「ベタしたい!!」

    野崎「!!?」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/31(日) 23:51:58.69 ID:PgKHMs3z0

    野崎「さ、流石に大晦日はゆっくりしたらどうだ?」

    佐倉「あ、そ、そうだよね!! ごめん、私……」

    野崎「仕事熱心な気持ちは分かるが……無理し過ぎるのはよくないな」

    佐倉(私の馬鹿……一緒にいたいって素直に言えばいいのに!!)

    野崎「……大晦日は誰かとどこかに行ったりしないのか?」

    佐倉「う、うん!!! 何も予定ないよ!!!」

    野崎「……佐倉」

    佐倉「?」

    野崎「もしよかったら……大晦日、一緒にカウントダウンしないか?」

    佐倉「え……」

    佐倉「えええええええええええええ!!!?」




    【佐倉「大晦日は……野崎くんと過ごしたい!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512216091/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:01:31.95 ID:CIB6gjW40

    御子柴「達成率100%……ここまで来るのに長い月日を費やした甲斐があった!!」

    御子柴「ギャルゲーというよりはアドベンチャーだけど……ヒロインが可愛くて思わず買ったんだよな……何ヶ月経ったかな……」

    御子柴「けどやっぱ……どんなに古いゲームでも……面白え物は面白えな!!」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:02:44.89 ID:CIB6gjW40

    ※このSSは月刊少女野崎くんとダブルキャストのクロスSSです。
    また、ダブルキャストのネタバレ、月刊少女野崎くんのネタバレを含みます。



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:03:43.26 ID:CIB6gjW40

    御子柴「やっぱ美月……いや、志穂はすげー可愛いな」

    御子柴「本物の美月はちょっと病んでるからな……俺は苦手だな」

    御子柴「それにしてもバッドエンドの中にあんなこえーやつがあるとは思わなかったぜ……」

    御子柴「……!!」ゾクッ

    御子柴「やべえ、あのシーンはもう思い出したくもねぇ……」

    御子柴「……つーかもうこんな時間か」

    御子柴「明日は朝早くから野崎ん家に行ってアシスタントするんだったな……もう寝るか」















    御子柴「……ふあーあ」

    御子柴「……寝すぎたな」

    御子柴「……!!」

    御子柴「やべっ!! もうこんな時間じゃねえか!! 早く起きねえと!!」

    御子柴「……ん?」

    御子柴「……あれ、変だな。 なんでスマホの時間、1998年になってるんだ?」

    御子柴「俺、いじった覚えねぇけどな……」

    御子柴「……まぁいいや、直しておくか」



    4: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:04:21.30 ID:CIB6gjW40

    御子柴「母さん、朝ごはんは……」

    シーン……

    御子柴「……?」

    御子柴「あれ……父さんも母さんも……ノアもいねえ」

    御子柴「……」

    御子柴「俺が寝てる間に出かけたのか?」

    御子柴「……まあいいや、取り敢えず早く着替えて野崎ん家に行かねーとな」














    御子柴「野崎わりい、遅れ……」

    ??「ベタできたよー!!」

    野崎「ああ、ありがとう」

    御子柴「!!!!!!?」



    5: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:05:02.79 ID:CIB6gjW40

    御子柴(おいちょっと待て、誰だ今の女の声!?)

    御子柴(……けどこの声、どっかで聞いたことがある気がするな……)

    野崎「美月、次はここにベタしてくれ」

    御子柴「!!!!!!!!?」

    御子柴(おい……嘘だろ?)

    御子柴(……いや、兎に角まずはリビングの扉開けねえと何も分かんねえ!!)

    ガチャッ

    御子柴「野崎!!」

    御子柴「……!!!」

    ??「あれ、誰?」

    野崎「! 御子柴か、おはよう」

    御子柴「……」




    【御子柴実琴「ついにダブルキャストをクリアしたぜ!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513425365/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/16(土) 20:56:05.86 ID:F1Dwq9in0

    『井上さん』

    野崎『井上、お前ブラ透けてるぞ』

    井上『な、なんでそんな事いきなり言うのよ!! 本当デリカシーないわね!!!』









    井上「本当野崎のやつ……」

    井上「……まぁいいわ、今日は大丈夫よね」

    (透けてる……)ヒソヒソ

    (おい、井上またブラ透けてるぞ……)

    ※単行本ネタありなのでアニメ派の方ネタバレ注意





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/16(土) 20:56:56.50 ID:F1Dwq9in0

    井上「……」スタスタ

    井上「……!!」

    御子柴「……」

    井上「み、御子柴くん!!」

    御子柴「……!!」プイ

    井上(え……どうして視線を逸らされたの?)

    御子柴「俺はな……好きな子にはいたずらしたくなるんだ」

    御子柴「お前には……何も喋る事はねぇよ」ダッ

    井上「あ、ちょっと!!」









    御子柴(ブラ透けてるじゃねえか///)










    野崎「井上、今日も透けてるぞ」

    井上「はぁ!?///」




    【野崎「モブキャラ小ネタ集」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510401670/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/11/11(土) 21:01:11.07 ID:ByKm4RqU0

    若松「……」

    瀬尾「ポッキーうめーーー!!!」バリバリバリバリ

    若松「……」

    瀬尾「ん? なんだよ、若も欲しいのか?」

    若松「いや、そうじゃないですよ。 けど……」

    瀬尾「けど……?」

    若松「もっと品のある食べ方してくださいよ!! 一気に一袋食べないでください!!」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/11/11(土) 21:02:04.53 ID:ByKm4RqU0

    瀬尾「えーなんだよいいじゃんかよー。 ポッキー一気食い、案外楽しいぜ?」

    若松「楽しくないです!!」

    若松「……分かりました。 そこまで言うんだったら、俺が食べさせます!!」

    瀬尾「えっいいの!? マジで!?」

    若松「俺がこれ以上、変な食べ方を見たくないからです!!」

    若松「ほら、一本ずつ。 アーンして……」

    瀬尾「いやー楽だわー。 アーン」








    男「おい、見ろよアレ」

    男「お似合いだなあのカップル」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/11/11(土) 21:02:40.52 ID:ByKm4RqU0

    鹿島「僕と君はずっと一緒だよ……この黄色と茶色の棒で……僕らはずっと結ばれているんだ」

    女子「鹿島くん……」

    鹿島「ほら、近づいて……もっと……」ポキッ

    女子「ああ……鹿島くんが……どんどん近づいて……///」

    ポキッ!!

    堀「何変なことやってんだお前」

    鹿島「ああ!! いいとこだったのに!! ポッキー折らないでくださいよ!!」




    【野崎「今日はポッキーの日だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510056088/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/11/07(火) 21:01:29.00 ID:hCb1ccAY0

    とある町に一つの交番がありました。

    そこには下品でお金にがめついけど町中の人達に慕われてる警察官がいました。

    その警察官とは……












    鹿島「こんにちは、鹿島勘吉です」

    佐倉「ストーーーーーップ!!!」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/11/07(火) 21:02:16.30 ID:hCb1ccAY0

    鹿島「えっ……どうしたの千代ちゃん?」

    佐倉「ミスキャストにもほどがあるよ鹿島くん!!!」

    佐倉「なんで!? なんで鹿島くんが両さんなの!?」

    佐倉「鹿島くんは中川さんか麗子さんが一番合ってるよ!!!」

    鹿島「いやぁ……だって……」












    堀「鹿島ああああああああああああああ!!!」

    鹿島「げっーーーー!!! 部長!!!」

    佐倉「あ……そっかぁ……」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/11/07(火) 21:02:42.95 ID:hCb1ccAY0

    御子柴「おーっす鹿島」

    鹿島「おはよー麗子」

    御子柴「へっ……下の名前で呼ぶっつーことは……俺に気があるんじゃねえか?」

    御子柴「お前のハートを……撃ち抜いちまったみたいだな☆」

    鹿島「速く仕事しないと……」

    御子柴「///」




    【野崎「こちら浪漫学園前派出所」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509364762/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/30(月) 20:59:22.53 ID:Ci/JS7br0

    鹿島「ふっふっふっ……なんでか知りたい?」

    堀「演劇の練習か?」

    鹿島「なんと今日!! 私の誕生日なんだよ!!」

    堀「! へーマジか。 おめでとう」

    鹿島「ありがとう!!」

    堀「……で、それと関係あんのかよ」

    鹿島「大アリだよ!! だって誕生日になって歳を一つとった今……」

    鹿島「堀ちゃんとは同い年!! だからタメ口で話していいんだ!!」

    ドゴォン!!!





    2: ◆FGgVlJMMzo 2017/10/30(月) 21:00:17.94 ID:Ci/JS7br0

    鹿島「いてて……」

    堀「……ったく、また変なこと考えやがって」

    鹿島「……そういえば堀ちゃんの誕生日っていつだっけ?」

    堀「俺か? 11月28日だ」

    鹿島「ええ!? じゃあ一カ月しかタメ口で話せないの!!?」

    堀「おう、残念だったな」

    鹿島「……よーし! だったらこの一カ月間、いっぱい話すぞ!!」

    堀「話たい所申し訳ねーけどチャイム鳴ってるぞ」

    鹿島「あ! じゃあまた後で!!」タッタッタッ

    堀「……」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/30(月) 21:00:44.84 ID:Ci/JS7br0

    堀「なんであいつは急にあんな事を……」

    野崎「堀先輩、どうしたんですか?」

    堀「! 野崎か、実はな……」








    堀「……っていうやりとりがあってよ」

    野崎「成る程……」

    野崎「……」

    堀「ん? どうした?」

    野崎「考えられるのは……一つしかないですね」




    【鹿島「おはよう堀ちゃん!!」堀「おい、なんでタメ口使ってんだよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508936993/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/25(水) 22:09:53.99 ID:GL5VVAvm0

    堀「大学生活か? まぁそうだな……高校よりも自由だから伸び伸びとできるな」

    野崎「伸び伸び……ですか」

    堀「そうだな……まぁ一番驚いたのは」

    堀「都さんと同じ大学ってことだな」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/25(水) 22:10:50.19 ID:GL5VVAvm0

    回想

    野崎『堀先輩、大学はもう決めたんですか?』

    堀『ああ、◯◯大学にしようと思う』

    野崎『!!!?』

    堀『ん? なんでそんなに驚いてるんだよ?』

    野崎『その大学……都さんの通っている大学です』

    堀『都さん? 都さんって確か……お隣の漫画家さんか?』

    野崎『はい』

    堀『……すげえ偶然だなそれ』



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/25(水) 22:11:24.68 ID:GL5VVAvm0

    野崎『因みにどうしてその大学を?』

    堀『いや、ただ距離が近いってだけだ。 それに今の成績で行けそうだしな』

    野崎『なるほど……』

    ピンポーン

    堀『ん?』

    野崎『誰だろう』

    ガチャッ

    都『こんにちは野崎くん、墨汁返しに来たの』

    堀『!』

    野崎『都さん』




    【野崎「堀先輩、大学生活はどうですか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508156274/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/16(月) 21:17:54.84 ID:+jAqpVfe0

    野崎くんSS
    アニメ未登場のキャラが出てくるのでアニメ派の人は注意





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/16(月) 21:21:50.06 ID:+jAqpVfe0

    僕の名前は佐倉十和、中学2年生です。

    僕には高校生の姉がいます。

    その姉は……





    佐倉「そしたら野崎くんがねー……」



    佐倉「野崎くんはいつも……」







    佐倉「あ! そういえば野崎くんが……」











    モデルの野崎さんが大好きです。



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/16(月) 21:22:27.85 ID:+jAqpVfe0

    十和「……姉ちゃん」

    佐倉「ん? 何?」

    十和「うるさい」

    佐倉「えっ!? どうしたの急に!?」

    十和「いやだって、僕と話す時いつも野崎さんの話ばかりじゃん」

    佐倉「だって野崎くんの事が大好きなんだもん!!」

    十和「……そうかもしれないけどさ」



    4: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/16(月) 21:22:59.54 ID:+jAqpVfe0

    十和(明日はテニスの試合だ……)

    十和(姉ちゃんが野崎くん野崎くんうるさいから試合中も野崎さんの事を思い出してしまいそうだ。 そうならないようにしよう)

    十和(それに明日の対戦校は第一中学……テニスの強豪校だ)

    十和(絶対に負けないぞ!!)




    【【月刊少女野崎くん】姉のアイドル~家に訪問編~】の続きを読む

    このページのトップヘ