大きいサイズ

    カテゴリ: 月刊少女野崎くんSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508156274/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/16(月) 21:17:54.84 ID:+jAqpVfe0

    野崎くんSS
    アニメ未登場のキャラが出てくるのでアニメ派の人は注意





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/16(月) 21:21:50.06 ID:+jAqpVfe0

    僕の名前は佐倉十和、中学2年生です。

    僕には高校生の姉がいます。

    その姉は……





    佐倉「そしたら野崎くんがねー……」



    佐倉「野崎くんはいつも……」







    佐倉「あ! そういえば野崎くんが……」











    モデルの野崎さんが大好きです。



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/16(月) 21:22:27.85 ID:+jAqpVfe0

    十和「……姉ちゃん」

    佐倉「ん? 何?」

    十和「うるさい」

    佐倉「えっ!? どうしたの急に!?」

    十和「いやだって、僕と話す時いつも野崎さんの話ばかりじゃん」

    佐倉「だって野崎くんの事が大好きなんだもん!!」

    十和「……そうかもしれないけどさ」



    4: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/16(月) 21:22:59.54 ID:+jAqpVfe0

    十和(明日はテニスの試合だ……)

    十和(姉ちゃんが野崎くん野崎くんうるさいから試合中も野崎さんの事を思い出してしまいそうだ。 そうならないようにしよう)

    十和(それに明日の対戦校は第一中学……テニスの強豪校だ)

    十和(絶対に負けないぞ!!)




    【【月刊少女野崎くん】姉のアイドル~家に訪問編~】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507470687/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/08(日) 22:51:28.07 ID:sywGah6u0

    吹雪『この試合……君の為に必ず勝つよ』

    マミコ『鈴木くん……///』










    野崎「中学生と高校生の恋愛にしようと思うんだが……」

    佐倉「うん!! いいと思うよ!!」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/08(日) 22:52:16.33 ID:sywGah6u0

    野崎「そしてその吹雪はどれぐらいサッカーが上手いかというと……」











    吹雪『アイスグランド!!』

    染岡『』カチーン









    野崎「必殺技が使えるんだ」

    佐倉「!!!?」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/08(日) 22:53:06.08 ID:sywGah6u0

    佐倉「ちょ、ちょっと待って野崎くん!! 必殺技って何!?」

    佐倉「いや、なくなはない……かもしれないけど……」

    佐倉「だとしても人を凍らせるなんて普通は無理だよ!! 非常識だよ!!」

    野崎「非常識じゃない、超次元だ」

    佐倉「超次元!!?」




    【野崎「マミコの彼氏は吹雪士郎、サッカー少年だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503931168/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/28(月) 23:39:28.78 ID:I6X4SJ/C0

    ~野崎の家~

    千代「え、エロマンガ先生?一体どういう事?」

    野崎「ああ、実は剣さんから相談を受けてな・・・」

    野崎「何でも知り合いの編集者が担当している小説家さんのイラストを描いている人がスランプ気味なんだそうだ」

    千代「小説のイラスト?」

    野崎「その人がエロマンガ先生だ」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/28(月) 23:48:50.06 ID:I6X4SJ/C0

    千代(凄い名前・・・一体どんな人なんだろう・・・)

    野崎「何でもこれまでにない可愛い女の子がご所望だそうで・・・」

    野崎「で、その小説家さんが担当さんに相談し、その人が剣さんに相談し、俺に回ってきたという訳だ」

    千代「巡り巡ってきたね・・・」

    野崎「剣さんは言った「夢野先生なら、色んな女の子の知り合いとかいますよね?」と」

    野崎「俺はそれに応えなければならない・・・」

    千代「野崎くん・・・」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 00:00:12.33 ID:44aM4YEX0

    野崎「だから佐倉、俺と一緒に来てくれないか?」

    千代「え、私!?」

    野崎「ああ、これはお前にしか頼めない事なんだ・・・」

    千代(野崎君、そんなに私の事を・・・)ドキドキ

    野崎「本当は御子柴を連れて行こうと思ったんだが・・・その日は用事があると断られてしまってな」

    千代「」




    【野崎「エ○マンガ先生に会いに行く」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506522304/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/09/27(水) 23:25:04.73 ID:tlM9yzyf0

    若松「……そうだ!! ゲームやりませんか!? 瀬尾先輩が俺に無理矢理あげたやつがあるんですけど……」

    堀「若松、それは……?」

    若松「画面にいるゾンビをいっぱい倒すゲームです!! 対戦もできますよ!!」

    野崎「……いかにも瀬尾って感じのゲームだな」

    若松「ここは一旦、仕事の事は忘れましょうよ」

    野崎「けど締切が……」

    堀「そうやって考えてるから空回りするんじゃないのか?」

    野崎「……」

    若松「やりましょうよ野崎先輩!」

    野崎「……分かった、やろう」










    堀「このゲームの背景、すげー綺麗だな」

    若松「あっ!! あの壁の模様、トーンの67番と似てます!!」

    野崎「ストーリーモードに恋愛要素があるとは……」メモメモ





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/09/27(水) 23:26:00.67 ID:tlM9yzyf0

    堀「……って違う違う違う違う!! なんでゲームでネタ収集してんだ!!」

    野崎「……っは!! つい……」

    若松「もしかして……俺の選んだゲームが悪かったんでしょうか」

    堀「いや、ゾンビを撃ちまくるゲームで普通少女漫画は思いつかないだろ……」

    若松「……そうだ!! もう一つあるんですよ!! 格闘ゲームです!!」

    野崎「! それは……佐倉と瀬尾がやったという格闘ゲーム……」

    若松「戦いですから!! 恋愛要素皆無です!!」

    堀「……さっきのゾンビのやつも皆無だけどな」

    野崎「……とりあえずやってみるか」










    野崎「まるでチンピラを一斉に吹き飛ばす鈴木のようだ……!!」

    若松「」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/09/27(水) 23:26:30.98 ID:tlM9yzyf0

    野崎「しかしその話は前回やってしまった……使い回しはできない」

    若松「すいません、俺の所為で……」

    堀「いや待てよ……」

    若松「……?」

    堀「つまりだ、野崎はなんでもかんでも漫画のネタにするってことは……」

    若松「!! そっか、そこから新たなネタを思いつく可能性が……!!」

    堀「そういうことだ」




    【野崎「ネタが思いつかない……」堀「野崎がスランプだ」若松「どうしましょう……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506089144/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/09/22(金) 23:05:45.04 ID:EN32u/AQ0

    宮前「はい、分かりました」

    ピッ

    宮前「……」

    宮前(時間ぐらい守れよ)

    前野「あっ! 宮前くん!! そんな顔してたら余計太るよ!!」

    宮前(お前の所為だよ)





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/09/22(金) 23:06:33.16 ID:EN32u/AQ0

    野崎「……」

    野崎「剣さん、今日だけは許してください」

    野崎「だって今日は……だって今日は……」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/09/22(金) 23:07:03.51 ID:EN32u/AQ0

    佐倉「野崎くん、何してるの?」

    御子柴「今日は編集部に行くんじゃねえのかよ?」

    野崎「いや、実はな……」











    佐倉「ええっ!? そうなの!?」

    野崎「頼む、二人とも協力してくれるか?」

    佐倉「う、うーん……」



    4: ◆LYNKFR8PTk 2017/09/22(金) 23:07:53.06 ID:EN32u/AQ0

    野崎「二人だったらどうする?」

    御子柴「俺だったら……俺だな」

    御子柴「何せ世界中の女は俺を望んでるんだからな」

    野崎「相手を考えろ御子柴」

    御子柴「う、うるせえ!!///」




    【野崎「すいません剣さん!! 今日遅れます!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505308975/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/09/13(水) 22:22:56.08 ID:LZcfsYyH0

    佐倉「……いい夢だったなぁ」












    佐倉『野崎くん野崎くん!! 特典映像だよ!! 一緒に見よー!!』

    佐倉『うわっ!!』バタッ

    佐倉『いてて……』

    野崎『……』

    佐倉『あっ、野崎くん……』

    ゾロゾロ……

    野崎『……』

    野崎『……』

    野崎『……』

    野崎『……』

    佐倉『えっ!? なんでこんなに野崎くんが!?』

    野崎『……』

    野崎『……』

    野崎『……』

    野崎『……』

    佐倉『ちょ、ちょっと待って!! 何これ!? 夢!? 夢なの……?』













    佐倉「……またあの夢みたいなぁ」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/09/13(水) 22:23:56.80 ID:LZcfsYyH0

    佐倉「……」

    佐倉「野崎くんがいっぱいかぁ……」

    佐倉「現実にもあったらいいなぁ……」

    佐倉「……ってこんなこと言ってる場合じゃない!! もうアシスタントに行く時間だ!!」ダッ



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/09/13(水) 22:24:28.98 ID:LZcfsYyH0

    佐倉「今日は堀先輩と若松くんも来るんだよね……二人とももう来てるかな」タッタッタッ

    ガチャッ

    佐倉「野崎くん!! お邪魔します!!」

    野崎「おはよう佐倉」

    野崎「いらっしゃい」

    野崎「おはようございます」

    佐倉「!!?」

    佐倉(の、ののののののの野崎くんが……)

    佐倉(三人!!?)



    4: ◆LYNKFR8PTk 2017/09/13(水) 22:25:10.27 ID:LZcfsYyH0

    野崎「佐倉……そんなに驚いてどうしたんだ?」

    佐倉「ちょ、ちょちょちょちょちょちょっと待って野崎くん!!!」

    野崎「?」

    佐倉「な、なんで!? なんで野崎くんが三人もいるの!? 堀先輩は!? 若松くんは!?」

    野崎「な、何をそんなに困惑してるんだ?」

    野崎「佐倉先輩……その若松って人、誰ですか?」

    野崎「それに堀先輩って誰だ」

    佐倉「!!!?」

    野崎「佐倉……今まで普通にこの光景を見て過ごしたじゃないか。 何で今更そんなに驚いてるんだ?」

    佐倉「あ……あ……」




    【佐倉「野崎くんがいっぱいいる夢を見た」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504788876/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/09/07(木) 21:54:36.90 ID:/y+AH/Tb0

    野崎(なんだ……この『うざい』という単語を擬人化したような男は)

    先生「じゃあ席は野崎の隣が空いてるからそこで」

    前野「はーい!!」

    野崎「!!!?」

    前野「うわー!! 背がおっきくて邪魔そうだなー!!」

    前野「よろしくね野崎くん☆!!」

    野崎「……」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/09/07(木) 21:55:58.51 ID:/y+AH/Tb0

    前野「そうだ野崎くん!! 折角友達になったから……」

    野崎(なってないんだが)

    前野「はい!! これあげる!! タヌキのキーホルダー!!」

    野崎(いらない)

    前野「友情の証だよ!!☆」

    野崎(だから友達になってない!!)



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/09/07(木) 21:56:36.76 ID:/y+AH/Tb0

    前野「はい!! 君にもタヌキ!! 君にもタヌキ!!!」

    野崎(クラスメイト全員にタヌキを布教するのか……)

    クラスメイト(いらない……)

    前野「みんなの仲を深めると同時にタヌキの可愛さを知ってもらう!!」

    前野「流石僕!! ナイスアイディア!!」



    4: ◆LYNKFR8PTk 2017/09/07(木) 21:59:34.96 ID:/y+AH/Tb0

    先生「じゃあうちのクラス対抗リレーに出る人は……」

    前野「はい!! 速い人四人がいいと思います!!」

    先生「まぁそうだな。 じゃあ……」










    前野「見て野崎くん!! 僕の一声で決まったよ!!」

    前野「流石僕!! ナイスアイディア!!」

    野崎「……」




    【前野「どーも!! 今日から浪漫学園に転校してきた前野です!!☆」野崎「……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503921650/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/08/28(月) 21:00:50.94 ID:pg9+6zs40

    御子柴「なんだよ、知らねえのか?」

    野崎「ああ。 そんな言葉、お前の口からは初めて聞いたぞ」

    御子柴「ラッキースケベっつーのは……まぁざっくり言えば……主人公がちょっとしたアクシデントでついパンツや裸を見ちまったりすることだよ」

    御子柴「うっかり転んでパンツ見えたりとかな」

    野崎「実際、そんなことがあるのか」

    御子柴「まぁ……ギャルゲーのお約束、みたいなもんだしな」

    野崎「それに主人公達はそういう呪いにかかってるのか?」

    御子柴「いや、呪いじゃねえよ。 つうかゲームに一々突っ込んでたらキリがねぇぞ」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/08/28(月) 21:01:55.02 ID:pg9+6zs40

    別の日

    御子柴(まぁ確かに……リアルでラッキースケベなんてあったら下手すりゃ裁判沙汰だよな)

    御子柴(まぁ現実にはそんなことあるわけないよな)

    ツルッ!!

    御子柴「うおっ!!」

    御子柴(やべえ、転ぶ!!)

    ドカーーーーーーン!!



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/08/28(月) 21:02:55.00 ID:pg9+6zs40

    御子柴「てて……」

    御子柴(くそ、なんでなんもねぇとこで転ぶんだ)

    御子柴(とりあえず早く起き上がらねえと……こんなかっこ悪い姿、見せるわけにはいかねぇしな)

    御子柴(……ん?)

    御子柴(なんだ、手にやけに柔らかい感触が……)ムクッ










    瀬尾「……」

    御子柴「!!!!?」




    【御子柴「またこの主人公もラッキースケベか……」野崎「なんだそれは?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503062067/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/08/18(金) 22:14:28.24 ID:AvNBUHAo0

    ・野崎くんSS
    ・単行本8巻のネタバレあり





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/08/18(金) 22:15:05.74 ID:AvNBUHAo0

    夢子「真由くーん」

    真由「……」

    夢子「ねーえ、今日お父さんもお母さんもいないんだよ」

    真由「……」

    夢子「暇だから遊ぼーよー」

    真由「……」←めんどくさいて言うのがめんどくさい



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/08/18(金) 22:15:33.10 ID:AvNBUHAo0

    夢子「そうだ! 折角だから真由くんに『恋しよっ』の魅力について教えてあげるね!!」

    真由「!!」

    真由(どっちがめんどくさい……?)

    真由(恋しよっの話を延々に聞かされる>断る……?)

    真由(恋しよっの話を延々に聞かされる<断る……?)

    真由「……」

    真由「別にいい」

    夢子「えー!? なんでー!? 男の人が読んでも面白いって!!」

    夢子「ねーねー読もうよ真由くん!! おーねーがーい!!」

    真由(余計めんどくさくなった)




    【野崎家~二人きり編~】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501422258/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/30(日) 22:44:18.71 ID:ML14AxMA0

    ある所に北風と太陽がいました。

    北風「うーん……この後の展開はどうしようか」

    太陽「よう北風、俺と勝負しようぜ」

    北風「すまない、締め切りが近いんだ」

    太陽「北風が漫画描くのかよ!?」

    北風「そういうお前だって太陽なのにモテモテじゃないか」

    太陽「モテモテ……? おいおい、もっとこの俺に相応しい言葉があるんじゃねえのか?」

    太陽「……永遠のラブハンターって異名がよ☆」

    北風「……」

    太陽「///」ピカアア

    北風「眩しいぞ太陽」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/30(日) 22:45:17.34 ID:ML14AxMA0

    太陽「兎に角勝負!! 勝負だ!!///」

    北風「ちょっとだけだったらいいぞ、それでどんな勝負なんだ?」

    太陽「あそこにリボンしてる女がいるだろ?」










    少女「ふぅ……寒いなぁ。 早く家帰ってベタしなきゃ」










    太陽「あいつのコートを脱がせた方が勝ちだ」

    北風「変態か?」

    太陽「う、うるせーな!!/// いいからやるっつってんだろ!!///」

    太陽「ほら!! まずはお前からやれ!!」

    北風「ああ」

    太陽(へっ……この勝負もらったぜ!)

    太陽(太陽が勝つって相場は決まってんだよ!!)



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/30(日) 22:45:47.98 ID:ML14AxMA0

    北風「じゃあ風でコートを飛ばすか」

    太陽「やってみな」










    少女「……」スタスタ

    ヒュウウウウウ!!!

    少女「!! この風……」

    少女「野崎くんの吐息!!」バッ









    北風「コート脱いだぞ」

    太陽「!!?」




    【野崎「北風と太陽」】の続きを読む

    このページのトップヘ