大きいサイズ

    カテゴリ: 月刊少女野崎くんSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497531035/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/15(木) 21:50:35.83 ID:oMkqkVRq0

    野崎「ああ、ネタに使えるかどうか……聞いてもらってもいいか?」

    佐倉「うん!! いいよ!!」

    佐倉(どんな夢なんだろう……)





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/15(木) 21:51:18.70 ID:oMkqkVRq0

    まず、俺は夢の中でアシスタントと一緒にドライブをしていた。

    野崎「じゃあドライブに出発だ」

    佐倉「うん!!」

    堀「おう」

    若松「楽しみですね!!」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/15(木) 21:51:53.02 ID:oMkqkVRq0

    そして真っ直ぐの道で車を走らせてる途中の事だ。

    堀「ここら辺は信号が多いらしいぞ」

    野崎「成る程」

    その話をしてる途中で信号の下を通ろうとすると……

    青信号「馬に乗ったお姫様達……ここから先は安全だよ、僕が保障する」

    青信号「君達が安全にドライブできるなら……僕はそれで幸せだよ」

    堀「……あの信号、イケメンだな」

    野崎「顔ついてないんですけど……」




    【野崎「この間、信号の夢を見たんだ」佐倉「信号の夢?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497100310/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/10(土) 22:11:51.26 ID:hRN2QKUB0

    御子柴「ん? なんだよ野崎、中二病知らねぇのか?」

    野崎「あ、ああ……新種の病気か?」

    御子柴「ちげえよ……いいか、中学2年ぐらいになると丁度背伸びしたくなるだろ?」

    御子柴「その時に見られる症状を総じて中二病って言うんだよ」

    御子柴「んで、ゲームやアニメで大抵扱われる中二病ってのが……」

    『ふっふっふっ……どうやら私の左腕をそろそろ開放する時が来たようだな』

    御子柴「所謂邪気眼系ってやつだ」

    御子柴「野崎の周りにも中二の時にファンタジーめいたやつがいただろ?」

    野崎「いない」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/10(土) 22:12:51.55 ID:hRN2QKUB0

    『ぐおお!! 静まれ、私の左腕!!!』

    野崎「これはただの子供の時の遊びの延長線上じゃないのか?」

    野崎「というかこれは……ただうざいだけじゃないのか?」

    御子柴「……なんも分かってねぇなお前は。 いいか、普段はこんな喋り方だけど……」

    御子柴「そこから段々主人公に心を開いて……そして主人公の前だけで……」














    『うん……私も……いいかな?』














    御子柴「普通に喋った時のそのギャップに萌えるんじゃねえか!!///」

    野崎「」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/10(土) 22:13:17.38 ID:hRN2QKUB0

    野崎(とりあえずみこりんがやっているところを隣で見てみよう)

    『くっ……まさかこんなところで再び出くわす事になるとは……』

    『やはり……この腕が覚醒している者同士が惹かれ合うという逸話は本当だったみたいだな』

    『さぁ剣を抜け勇者よ……ここで決着をつけようぞ!!』

    『……』

    『///』

    野崎(あれ、既視感がある)



    4: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/10(土) 22:13:48.12 ID:hRN2QKUB0

    御子柴「つぅわけでよ!! 中二ヒロインのトゥルーエンドがすっげぇよくてよ!!」

    佐倉「へ、へぇ~」

    御子柴「やっぱりギャップって大事だよな!! 激しければ激しい程破壊力は計り知れないぜ!!」

    佐倉「た、戦いでもするの?」

    御子柴「ちげぇよ!!」

    佐倉「ご、ごめん……」




    【御子柴「お、このヒロインは中二病か」野崎「なんだそれは?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495628469/

    1: おそ松さんパロ ◆LYNKFR8PTk 2017/05/24(水) 21:21:10.11 ID:rjK79FEg0

    瀬尾「イヤッホーーーーー!! 宇宙来たぜーーー!!」

    御子柴「ちょ、瀬尾……あんま騒ぎすぎんなよ。 うるせえな」

    野崎「何言ってんだ御子柴、宇宙に行けるなんて後にも先にも一回きりなんだ」

    野崎「あんなにはしゃぐのも無理はないと思うんだ」

    御子柴「へっ……宇宙ねぇ」

    御子柴「まぁ確かに……こっからなら」

    御子柴「世界中の子猫ちゃん達を見ることができるな」

    瀬尾「全然人見えねーけど」

    御子柴「うるせえな!!///」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/24(水) 21:21:58.08 ID:rjK79FEg0

    御子柴「なぁお前ら、気になることがあるんだけどよ」

    野崎「なんだ?」

    御子柴「俺らの頭の上にあるこのゲージみてーなの……なんだ?」

    瀬尾「O2って書いてある」

    野崎「まさか……酸素!!?」

    御子柴「!!! やべえ!! 速く宇宙船に帰らねーと!!!」

    瀬尾「宇宙船ないけど」

    御子柴「はぁ!? ふざけんなよ!!!」

    野崎「まずい、どんどん減っていくぞ……」

    御子柴「うわあああああ!! 死にたくねえよおおおおおお!!」

    野崎「頼む!! ゲージ、増えてくれ!!」

    グイイイイイン!!

    野崎「物凄い勢いで回復した!!」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/24(水) 21:22:30.57 ID:rjK79FEg0

    瀬尾「すげー!! 私達もやろうぜイケメン!!」

    御子柴「お、おう!!」

    御子柴・瀬尾「ゲージ回復しろ!!」

    ジリジリ……

    瀬尾「あれ、増えない」

    御子柴「はぁ!?」

    野崎「何故だ!?」










    御子柴「」

    瀬尾「」

    野崎「あっ」










    O2ゲージ「野崎くんに頼まれたら断れないよ///」




    【野崎「こぼれ話集」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494937546/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/16(火) 21:25:46.53 ID:+RmohUtB0

    佐倉「え? そうなの?」

    野崎「ああ、つい最近そうなってしまってな……その原因が自分でも分からないんだ」

    御子柴「なんだそりゃ」

    野崎「……」ウズウズ

    佐倉「……野崎くん?」

    野崎「……!!」

    バッ!!

    佐倉「!!!!」

    野崎「しまった……またつい脱いでしまった」

    野崎「このままだと日常生活に支障が出るな……」

    佐倉「……」

    野崎「……佐倉? どうした?」

    佐倉「!! な、なんでもないよ!!」

    佐倉「……」

    佐倉(野崎くんの上半身、ムキムキだぁ///)

    御子柴(絶対変なこと考えんてるんだろうなこいつ) 






    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/16(火) 21:26:28.90 ID:+RmohUtB0

    野崎「この間は下半身も脱いでしまったんだ」

    御子柴「お前それ、変態じゃねえか……下手したら捕まるぞ……」

    佐倉「!! そうだ、変態と言えば……」

    佐倉「私の中学にも変態がいたなぁ」

    野崎「中学?」

    佐倉「うん、私ね……中学の時も美術部だったんだ」

    御子柴「マジか、初めて聞いたぜ」

    佐倉「それでその部活に入ってた男の子が入部した理由が『最高の2次元の嫁を描く』って理由なんだ」

    野崎「なるほど……」

    佐倉「その2次元の嫁を描く為に私もよくモデルになってたなぁ」

    御子柴「へえ……会ってみてえな」

    野崎「そうか、じゃあ佐倉はモデル慣れしてるのか」

    佐倉「えっ!?」

    野崎「というわけでセーラー服を……」

    佐倉「イヤだ!!///」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/16(火) 21:27:23.47 ID:+RmohUtB0

    佐倉「そういえばみこりんは何か部活やってたの?」

    御子柴「俺か? 俺はまぁ……高1の時にバレー部に入ってたな」

    野崎「意外だな……どうしてバレー部に?」

    御子柴「まぁなんかスポーツやんねえと陰キャラって思われそうってだけなんだけどな」

    野崎「ポジションは?」

    御子柴「リベロだよ」

    佐倉「リベロ!? それって確か……結構重要なポジションだよね!?」

    御子柴「まぁな」

    野崎「どうして今はやんないんだ?」

    御子柴「俺はな……気づいちまったのさ。 部活なんかやってると……俺のアタックでみんな正気じゃならなくなるからな☆」

    野崎「なるほど、ギャルゲーをやる時間が減ってしまうからか」

    佐倉「みこりんらしい理由だね!」

    御子柴「うるせえ!!///」




    【野崎「実は俺はつい服を脱いでしまうクセがあるんだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494249770/

    1: 250 ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:22:50.56 ID:2l5/B1ri0

    先生「今日は転校生を紹介します」

    野崎「!!」

    ザワザワ……

    「おい、転校生だってよ……」

    「男かな、女かな……」

    野崎「転校生か……」

    野崎(これはいいネタになりそうだ、夢子も喜ぶだろう)

    先生「それじゃあ入ってください」

    ガラガラ……

    友田「なんでも聞けよな!!」

    先生「転校生の友田くんです」

    野崎「!!!?」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:23:36.89 ID:2l5/B1ri0

    先生「席はじゃあ……野崎の隣が空いてるからそこで」

    野崎「!!!?」

    友田「そっか、じゃあ俺の席はここか……」

    野崎「……」

    友田「俺、友田!! なんでも聞けよな!!」

    野崎「何をだ」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:24:13.89 ID:2l5/B1ri0

    瀬尾「野崎野崎ーー!!」

    野崎「! 瀬尾」

    瀬尾「転校生来たんだって!? どいつどいつ!!?」

    友田「俺さ!!」

    瀬尾「うわ、普通」

    野崎(駄目だ、まだ頭が混乱している……)

    佐倉「ちょっと結月!! 速いって!! はぁ
    ……はぁ……」

    野崎「佐倉」

    佐倉「あ、野崎くん!! ごめん、結月がいきなり……」

    野崎「いや、それはいいんだが……」

    佐倉「えっと……あそこにいる人が転校生?」

    野崎「ああ」

    佐倉「……あれ? この間、野崎くんがギャルゲーを徹夜でやった時に描いた漫画に出てくる人に似てない?」

    野崎「!!! ああ、そうなんだ。 そいつそのものなんだ、名前も」

    佐倉「ええっ!? そんな偶然があるの!!?」




    【野崎「友田が転校して来た」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493031919/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/04/24(月) 20:05:19.66 ID:K6U4Oowk0

    ある日の体育館

    瀬尾「あはははは!!!」

    部員「うわー!!」

    野崎「今日は瀬尾は女バスの方の助っ人に来てるんだな」

    野崎「……思えば春の時もこうやって佐倉と二人で体育館の上から瀬尾を見ていたな」

    野崎「そうだそうだ、それ以外にも運動のできるKYだと思っていたり……明らかにわざととしか思えない振る舞い……」

    野崎「先生の書類を一緒に運ばされたり……」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/04/24(月) 20:06:00.22 ID:K6U4Oowk0

    野崎「瀬尾は結局逆立ちで逃げたんだよな……」

    野崎「……」

    野崎「……ん?」

    野崎「ちょっと待て、あの時の会話……」










    野崎(何故俺が瀬尾と……)

    瀬尾『ちょっと、そういう顔すんのやめてくんない?』

    野崎『あ、ああ……すまない』

    瀬尾『やっべー、超可愛い子と一緒になっちまったぜ』

    瀬尾『ああもう緊張して上手く喋れないよ、俺の馬鹿』

    瀬尾『……って顔に書いてあるわよ』

    野崎『……』イラッ















    野崎「……」

    野崎「……『わよ』?」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/04/24(月) 20:06:28.83 ID:K6U4Oowk0

    野崎「瀬尾の女口調……」

    野崎「瀬尾が……女口調で……喋ってた……」

    野崎「……俺は貴重な瀬尾を目撃していたんじゃないか!!?」

    野崎「間違いない、あの時の瀬尾は確かに『わよ』と言っていた」

    野崎「今の瀬尾……いや、当時の瀬尾からも考えられない台詞だ」

    野崎「どういうことなんだ……? あの時の瀬尾は何故……?」



    4: ◆LYNKFR8PTk 2017/04/24(月) 20:07:07.84 ID:K6U4Oowk0

    野崎「……」

    野崎「……ん? 待てよ……」

    野崎「そうだ、こういうことは瀬尾に詳しいやつに聞けばいいんだ」




    【野崎「瀬尾の女口調……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492351333/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/04/16(日) 23:02:13.66 ID:PwvR91xA0

    宮前「はい、つい最近発売されたゲームなんですけど。 夢野さん、知ってますか?」

    野崎(剣さんがプライベートな話題を……)

    野崎(これは……全力で乗っからねば!!)

    野崎「知ってます!! すごく知ってます!! やったことないけど知ってます!! チェックしてました!!」

    野崎「本当はずっとやりたくて次の休みには絶対買いに行こうと思ってます!! もう今から楽しみで楽しみで!!」

    宮前「じゃあいらないんであげます、前野さんから無理矢理渡されちゃって」

    野崎「えっ」

    ※このSSはニューダンガンロンパV3のネタバレがあります。





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/04/16(日) 23:02:53.18 ID:PwvR91xA0

    野崎「……というわけで剣さんからもらったんだが……」

    野崎「今日の作業も終わったし、やってみないか?」

    佐倉「ハイスピード推理アクションかぁ……面白そう!! やろう!!」

    御子柴「へっ……ゲームだなんて……本当にガキだなお前ら」

    佐倉「みこりん?」

    御子柴「永遠のラブハンターに相応しいゲームは……ギャルゲー以外にねぇよ」

    野崎「このゲーム、残酷描写があるそうだ」

    佐倉「もしかしてみこりん、怖いの?」

    御子柴「う、うるせえな!!/// 悪いかよ!!///」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/04/16(日) 23:03:26.95 ID:PwvR91xA0

    御子柴「そ、そういう佐倉は怖くねぇのかよ!!」

    佐倉「わ、私? だ、大丈夫だよ!!」

    野崎「佐倉、無理してないか? やめるか?」

    佐倉「ほ、本当に大丈夫だよ!! だってこの間、一緒にミステリーゲームやったでしょ!?」

    野崎「そうか……じゃあやろうか」

    佐倉「うん!!」

    佐倉(仮に怖いシーンがあったら……)










    佐倉『怖い!!』ガシッ

    野崎『大丈夫だ、俺がついてる』










    佐倉「えへへへへへ///」

    御子柴「気持ち悪い笑い方すんなよ!!」

    野崎(この喜びよう……佐倉はよっぽどダンガンロンパが好きなんだな)




    【野崎「ニューダンガンロンパV3?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491597055/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/04/08(土) 05:30:56.06 ID:v/zf+CTQ0

    佐倉「え? そうなの?」

    野崎「ああ、4月8日だ」

    野崎「日頃お世話になってるしやっぱり誕生日プレゼントはあげた方がいいと思って」

    佐倉「……うん! 確かにそうだね!!」

    野崎「都さんは何だと喜ぶだろうか……」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/04/08(土) 05:31:34.83 ID:v/zf+CTQ0

    都の友人「そういえばもうすぐゆかりの誕生日よね」

    遼介「なにぃ!!?」

    遼介(都の……誕生日……)

    遼介(そうだ!! ここで都が喜ぶような誕生日プレゼントをあげれば……)

    遼介(俺に振り向いてくれる可能性がほんの数パーセントあるんじゃねえのか!?)

    遼介「よっしゃあ!! やってやるぜ!!」

    都の友人「あんた何授業中に大きい声出してんのよ」

    遼介「!!!///」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/04/08(土) 05:32:19.46 ID:v/zf+CTQ0

    遼介「……とまぁ、俺はそのとある子に誕生日プレゼントを渡そうと思うんだが……」

    遼介「女子高生諸君、君達は何を貰ったら嬉しい? 参考として聞かせてほしい」

    瀬尾「ゲームかな」

    鹿島「可愛い子達から貰うものはなんでも嬉しいですよ!!」

    瀬尾「あとアレだ、『ボール避けちゃいけない券』とか」

    鹿島「あ!! だったら私も『可愛がりいっぱいしてもらう券』ほしいな!!」

    遼介「……誕生日プレゼントってなんだっけ」




    【野崎「もうすぐ都さんの誕生日だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491049342/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/04/01(土) 21:22:22.04 ID:CoR4Vn0uO

    野崎梅太郎さんに関する問題が出題されます。

    一番正解率が多かった人が優勝です。

    今回の解答者はこの四人。

    佐倉「100問答えられる自信あるよ!!」

    野崎マニア、佐倉千代さん。

    御子柴「なんだよこのどうでもいいクイズ……」

    友達の御子柴実琴さん。

    若松「中学時代の野崎先輩のクイズならいけますよ!!」

    中学の時の後輩、若松博隆さん。

    真由「……」

    弟の野崎真由さん。

    以上の四人です。





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/04/01(土) 21:23:15.53 ID:/LL8411V0

    佐倉「全問答えられる自信はあるって言ったけど……」

    佐倉「……」チラッ

    真由「……」

    佐倉「一番の敵は真由くん……野崎くんと一緒にいた時間が一番長い!!」

    佐倉「これは心してかからないと!!」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/04/01(土) 21:24:01.60 ID:/LL8411V0

    では第1問。

    野崎の誕生日は?

    佐倉「はいはいはいはい!!」

    御子柴「おい佐倉、挙手制じゃねえんだぞ」

    佐倉「あっ!! そうだった!!」

    若松「祝ったことがある……確かあの日は……」

    真由「……」

    解答オープン。

    全員『6月6日』

    全員正解です。

    佐倉「簡単すぎるよ!!」

    御子柴「真由も正解したのか……」

    真由「……」

    御子柴「あいつの事だから書くのさえ面倒くさがると思ったぜ」

    佐倉「待ってみこりん!! 真由くんの解答……」

    御子柴「……!!」

    『6/6』

    御子柴「『月』と『日』を省略してやがる……」




    【佐倉「クイズ!! 野崎くんの100の事」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489147662/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/03/10(金) 21:07:42.39 ID:UODwj0qu0

    野崎「この度君達をプロデュースすることになった野崎梅太郎だ」

    鹿島「ふーん……君が私達のプロデューサー?」

    瀬尾「ねーねー!! アイドルってなにやんの!? ボール投げる!?」

    野崎「……バラエティ番組に出るなら可能性はある」

    佐倉「わ、私!! 一生懸命頑張ります!! よろしくお願いします!!」 






    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/03/10(金) 21:08:40.99 ID:UODwj0qu0

    野崎「さて、俺から見た君達3人のイメージだが……」

    野崎「佐倉はキュートだな」

    佐倉「えっ!!!?//////」

    瀬尾「えー私じゃないのー」

    佐倉「そ、そうですよプロデューサー!! 私よりも結月の方が……」

    野崎「瀬尾は色的にパッション、鹿島は色的にクールだから消去法でキュート」

    佐倉「」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/03/10(金) 21:09:07.37 ID:UODwj0qu0

    御子柴「あのなぁプロデューサー……キュートはオレンジじゃなくてピンクだぜ?」

    佐倉「誰!!?」

    野崎「紹介が遅れた。 事務員の御子柴くんだ」

    鹿島「よろしくお願いしまーす!!」

    御子柴「いいかお前ら、ちゃんとプロデューサーの言うことは聞けよ」

    御子柴「さもないと俺が……お仕置きしちゃうぜ?」

    鹿島「……」

    瀬尾「……」

    御子柴「な、なんか言えよ!!///」

    佐倉(……あれ、この人の方がアイドルに向いてるような)




    【佐倉「新人アイドルの佐倉千代です!!」野崎「よろしく」】の続きを読む

    このページのトップヘ