大きいサイズ

    カテゴリ: 月刊少女野崎くんSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1545038861/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2018/12/17(月) 18:27:42.36 ID:wxn+utiz0

    御子柴「……」スタスタ

    御子柴「……!!」

    御子柴「何か落ちてると思ったら……」

    御子柴「俺が今一番欲しい……美少女フィギュアじゃねえか!!」

    御子柴「どうする……拾って持って帰るか?」

    御子柴「でも……誰かの落し物かもしれねえし」

    御子柴「交番に届けた方がいいのか?」






    2: ◆LYNKFR8PTk 2018/12/17(月) 18:28:25.23 ID:wxn+utiz0

    瀬尾「あはははは!!」

    御子柴「おわあ!!? 誰だ!!?」

    瀬尾「私は悪魔!! んなもん交番に届けないで自分の物にしちゃえばいいんだよ!!」

    御子柴「……」

    御子柴「そうだよな、落とした奴が悪いもんな……」

    佐倉「そんな事しちゃダメ!!!」

    御子柴「今度は誰だぁ!!?」

    佐倉「私は天使!! 落し物はちゃんと交番に届けないと!!」

    御子柴「……天使? パラスじゃなくてか?」

    佐倉「パラスじゃねーし!!」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2018/12/17(月) 18:28:57.01 ID:wxn+utiz0

    御子柴「やっぱ……そうだよな。 ここはちゃんと交番に……」

    瀬尾「いやいや、届けるなよ」

    佐倉「届けよう!!」

    御子柴「クソ……俺はどうすれば……」

    野崎「待て!!」

    御子柴「!!! 天使、悪魔と来たら……次は誰だ!!?」

    野崎「俺は野崎。 そのフィギュア、資料用に欲しいので俺にくれ」

    御子柴「マジで誰だお前!!?」

    野崎・佐倉・瀬尾「さぁどうする!!?」

    御子柴「だから何者なんだよお前!!?」




    【天使と悪魔と野崎くん】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544276433/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2018/12/08(土) 22:40:33.32 ID:nUfimQtXO

    御子柴「あれ? その様子だと……何も聞かされてねぇのか?」

    御子柴「今年から文化祭で全学年、各クラス一人ずつ女装して誰が可愛いか競う女装コンテストをやる事になったって朝礼で言ってたろ?」

    野崎「……実は締め切りの事ばかり考えていて全く聞いてなかった」

    御子柴「おい」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2018/12/08(土) 22:41:21.31 ID:nUfimQtXO

    戸塚「よお野崎」

    野崎「戸塚」

    御子柴(コイツは確か野崎のクラスメイト……)

    戸塚「お前がまさか女装したいなんてな……頑張れよ!!」

    御子柴「は!!?」

    野崎「ちょっと待ってくれ!! いつ俺がそんな事言った!!?」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2018/12/08(土) 22:41:57.92 ID:nUfimQtXO















    先生『はーい、じゃあ女装する人決めまーす。 女装したい人ー』

    シーン……

    野崎(締め切り締め切り締め切り締め切り締め切り)

    先生『……逆にしたくない人ー』

    男子『はいっ!!』ビシッ

    男子『はいっはいっ!!』ビシッ

    野崎(締め切り締め切り締め切り締め切り締め切り)

    男子『先生!! 野崎が手挙げてません!!』

    先生『おお!! やってくれるのか野崎!!!』

    野崎『……』ボーッ



    4: ◆LYNKFR8PTk 2018/12/08(土) 22:42:25.46 ID:nUfimQtXO












    野崎「……まさか俺の知らない内に決まってたなんて……」

    御子柴「そりゃお前が悪いだろ……けど仲間がいてよかったぜ」

    野崎「仲間?」

    御子柴「実は俺も女装引き受けちゃってよぉ……」














    女子『御子柴くんなら顔整ってるし女装似合いそう!!』

    女子『女装しようよ御子柴くん!!』

    御子柴『しょうがねぇな……愛する子羊ちゃんの頼みだ、聞いてやるよ』

    女子『わーーーーーーーーい!!!』




    【野崎「女装コンテスト?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1543404108/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2018/11/28(水) 20:21:48.88 ID:JCV5Bqyc0

    御子柴「はぁ!!? ワンピース!!?」

    野崎「知ってるのか」

    御子柴「当たり前だろ!! 日本で一番売れてる漫画だぞ!!」

    御子柴「つーか……なんで少女漫画家のお前が少年漫画なんか読んでるんだよ?」

    野崎「ああ、これには訳がある」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2018/11/28(水) 20:23:13.63 ID:JCV5Bqyc0












    野崎『男性読者を増やす?』

    宮前『はい、最近女性で少年誌を見てる人が増えてるのは知ってますか?』

    野崎『聞いたことはあります』

    宮前『なので少女誌も男性読者を増やそうという編集長の意向で……』

    野崎『成る程、つまり『恋しよっ』も男性読者を増やす為に何かテコ入れをすると』

    宮前『そういう事ですね』



    3: ◆LYNKFR8PTk 2018/11/28(水) 20:23:46.76 ID:JCV5Bqyc0












    野崎「そこで少年漫画の金字塔であるワンピースを読めばどういう漫画だと男が興味を持つのか分かると思ってな」

    御子柴「そういう事か……」

    野崎「しかし驚いたな……まさか90巻も出てるとは」

    御子柴「すげぇよな」

    野崎「それだけ愛されているという事か」

    野崎「『恋しよっ』もそれぐらい続けたいが……」

    御子柴「月刊誌で90巻とか何十年高校生やんだよマミコ……」



    4: ◆LYNKFR8PTk 2018/11/28(水) 20:24:17.49 ID:JCV5Bqyc0

    野崎「少年ジャンプで連載されている漫画のコンセプトは『友情・努力・勝利』……」

    野崎「確かにワンピースにもこの三つはあるな」

    御子柴「じゃあその三つを『恋しよっ』に取り入れたらいいんじゃねえか?」

    野崎「いや、この三つは既にある」

    御子柴「は!!? おい待てよ」

    御子柴「友情と努力はなんとなく分かるけどよ……勝利要素なんてあるか?」

    野崎「あるぞ」











    マミコ『鈴木くん///』

    鈴木『マミコ///』

    モブ女『ムキーーーー!! 鈴木くんは私の者なのにーーーーー!!!』











    野崎「マミコはモブに勝った」

    御子柴「いや勝利っちゃあ勝利だけどよ!! なんか違くねぇか!!?」




    【御子柴「野崎、何読んでんだよ?」野崎「ワンピースだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542715282/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2018/11/20(火) 21:01:22.82 ID:s8EFrJdf0

    佐倉「今日も一日頑張ります!!」

    御子柴「……佐倉、お前誰に向かって話してんだ?」

    佐倉「!! な、なんでもないよ!! 独り言!!」

    鹿島「ご飯できたよー」

    瀬尾「おーうまそうーー!!」

    佐倉「ありがとう鹿島くん!!」

    御子柴「……なぁ、食糧そろそろ尽きるんじゃねえか?」

    鹿島「そうだね……そろそろここを出ないと」

    佐倉「ええっ!? 出るの!!? やだよ!!」

    佐倉「だって……」










    野崎「あ"あ"~」

    佐倉「ゾンビ化した野崎くんをほっておけないよ!!」

    御子柴・鹿島・瀬尾「」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2018/11/20(火) 21:02:14.68 ID:s8EFrJdf0

    御子柴「こいつもよく襲わねぇよな……」

    鹿島「ほかのゾンビは普通に私達に襲ってくるのにね……」

    野崎「……」スラスラ

    瀬尾「てか私達無視して漫画描いてるし」

    佐倉「野崎くんも食べる?」

    野崎「あ"あ"あ"!!!」ブン!!

    佐倉「うわあ!!!」

    御子柴「けど漫画描いてる邪魔すると襲ってくるんだよな」

    鹿島「うん」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2018/11/20(火) 21:02:44.58 ID:s8EFrJdf0

    ガラガラ

    都「四人ともおはよう~」

    瀬尾「あ、都さん」

    都「聞いて!! ゾンビ化した人を元に戻せるワクチンができたんですって!!」

    鹿島「ええっ!!? どこにあるんですか!!?」

    都「それが……学校の外なの」

    佐倉「ええっ!?」

    鹿島「……どっちにしろ外に出ないといけないね」

    御子柴「で、でもよ!! 外にはゾンビが沢山……」

    瀬尾「心配すんなってイケメン。 私がバスケットボールでぶっ飛ばせばいいんだし」

    鹿島「私もゾンビ口説けるしね」

    佐倉「私もスコップあるから大丈夫だよ!!」サッ




    【佐倉「学園生活部の佐倉千代です!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542419857/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2018/11/17(土) 10:57:37.26 ID:puPxdRiJO

    野崎「提督の野崎だ」

    佐倉「よ、よろしくお願いします!!」

    佐倉(か、かっこいい!!///)

    野崎「実はもう一人艦娘がいるんだ」

    佐倉「え、そうなの!!?」

    野崎「御子柴、挨拶」

    御子柴「よう……先輩の言う事はちゃんと聞けよ? 新人さんよ」

    佐倉「!! よ、よろしくお願いします!!」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2018/11/17(土) 10:58:35.10 ID:puPxdRiJO

    御子柴「……けどまぁ、お前も運がいいな。 俺のいる鎮守府に来るなんてよ」

    御子柴「俺がこれから毎日……楽しいコト、教えてやるよ☆」

    佐倉「……」

    御子柴「///」ポッ

    御子柴「み、見んなぁ!!/// そんな目で見んじゃねえ!!///」

    野崎「こんな子だがよろしく頼む」

    佐倉「は、はい……」




    【佐倉「艦娘の佐倉千代です!!」野崎「よろしく」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541552326/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2018/11/07(水) 09:58:47.32 ID:U3LX865h0

    『これより月刊少女野崎くんアイドルカフェオープン記念試合を行います』

    『対戦するのは野崎キャプテン率いる『野球しよっ』……』

    『対するは堀キャプテン率いる『プリンスオブベースボール』です』


    野球しよっ・メンバー

    野崎梅太郎
    佐倉千代
    御子柴実琴
    野崎真由
    鹿島麗
    宮前剣
    都ゆかり
    瀬尾遼介
    タヌキ









    プリンスオブベースボール・メンバー

    堀政行
    鹿島遊
    若松博隆
    瀬尾結月
    野崎夢子
    佐倉十和
    前野蜜也
    マミコ
    鈴木三郎

    『それではプレイb佐倉「待って!!!」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2018/11/07(水) 09:59:38.04 ID:U3LX865h0

    野崎「どうした佐倉」

    佐倉「いやどう考えてもおかしいよ!!」

    都「そうよ野崎くん」

    佐倉「ほら!! 都さんもそう言って……」

    都「まだポジションが決まってないわ」

    佐倉「そこじゃない!!!」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2018/11/07(水) 10:00:13.19 ID:U3LX865h0

    御子柴「お前が言いてえのはチームに変な奴が混じってるって事だろ?」

    佐倉「そうだよみこりん!!」

    佐倉「なんでタヌキがいるの!!? しかも堀先輩のチームには鈴木とマミコもいるし!!!」

    野崎「しょうがないじゃないか、登場人物が少ないから」

    佐倉「だからってタヌキは酷いよ!!」

    佐倉「あの、すいません!! オーダーの変更を!!」

    麗「佐倉様、やる気満々ですわね……」



    4: ◆LYNKFR8PTk 2018/11/07(水) 10:00:51.27 ID:U3LX865h0












    御子柴「……で、タヌキの代理はどうなったんだ?」

    野崎「真由の友人の小林くんになった」

    小林「どもっす!! やってやろうぜまーくん!!」

    真由「……」

    遼介「やる気あんのかねぇのか分かんねえな……」

    宮前(こんなのやってないで早く仕事に戻りたいんだが)

    佐倉「じゃあポジション決めなきゃね!!」

    御子柴「言っとくが……俺はピッチャーなんてめんどくせえポジションはやんねえぞ?」

    御子柴「それに俺がピッチャーだったら……ノーヒットノーランでつまんなくなっちまうからな☆」

    佐倉「野崎くんピッチャーは!?」

    野崎「手が怪我するかもしれないからやだ」

    御子柴「無視すんなぁ!!///」




    【月刊少女野球くん】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541123438/

    1: 400 ◆LYNKFR8PTk 2018/11/02(金) 10:50:38.83 ID:eyIFQvyA0

    野崎「ああ、そういえばちゃんと説明してなかったな」

    野崎「ベタというのはこのマークがある部分を黒く塗りつぶす事だ」

    セイバー「ほうほう……ようするに余が彩るというわけだな」

    野崎「そういう事だ」

    セイバー「よし! ここは芸術家の余にまかせるがよい奏者!! 」

    セイバー「余が今からこの原初の火を使って華麗に塗り潰してくれよう!!」

    野崎「すまない、その赤いのがペンではなく剣にしか見えないのだが」

    セイバー「……おっと、余とした事が間違えた。 こっちで塗り潰せばいいんだな」

    野崎(普通間違えるか……?)





    2: ◆LYNKFR8PTk 2018/11/02(金) 10:51:25.95 ID:eyIFQvyA0

    セイバー「できたぞ奏者!!」

    野崎「おお、初めてにしては上手だな」

    セイバー「ほうほうそうか/// もっと褒めても良いのだぞ?///」

    セイバー「……しかしアレだな、この鈴木とマミコもまた……愛を育んでいるのだな」

    野崎「ああ」

    セイバー「……奏者、この二人の愛、余は納得できぬ」

    野崎「!? ダメだしか!!?」

    野崎(彼女は生前、愛について語っていたらしいな……ここは参考にすべきか?)

    野崎「ど、どこがいけないんだ……?」

    セイバー「どうしてこの二人は余の事を好きではないのだ!!」

    野崎「……お前が生前市民に追われたのがなんとなく分かる気がする」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2018/11/02(金) 10:51:59.98 ID:eyIFQvyA0

    ピンポーン

    セイバー「? 誰だ」

    野崎「! 佐倉か」

    セイバー「佐倉!? あの可愛い娘か!!」

    ガチャ

    佐倉「こんにちは野崎くん!! お邪魔しまーす!!」

    セイバー「娘ーーー!!!」ギュウウ

    佐倉「わーーーーー!!!?///」

    セイバー「会いたかったぞ娘よ!! 其方は本当に小さくて可愛いな!!」

    佐倉「ちょ、セイバーさん……近い!! 胸当たってる!!///」

    セイバー「当てておるのだから当然だろう!!」

    野崎(胸の差を強調する為に当ててるのか? 女同士の戦いは恐ろしいな……)



    4: ◆LYNKFR8PTk 2018/11/02(金) 10:52:35.17 ID:eyIFQvyA0












    佐倉「ベタ終わった!!」

    セイバー「ほう、綺麗なベタではないか娘……」

    セイバー「だが甘い!! これが余の描いたベタだ!!」

    佐倉「!! す、凄い上手!!」

    セイバー「フッフッフッ……これでベタポジションは余の物だな!!」

    佐倉「え!!?」

    セイバー「分かっておるぞ娘、其方が奏者を狙っているのは」ボソッ

    佐倉「!!!!///」ドキッ

    セイバー「すまぬが奏者は余が頂く。 そして其方も余が頂く!!」

    佐倉「の、野崎くんは譲れないし、私もセイバーさんの物にはならないもん!!」

    野崎「お茶ができ……ん? どうした二人とも」

    佐倉「な、なんでもないよ野崎くん!!」

    セイバー「気にするでない奏者! さぁ次はどこを塗ればよいのだ!?」

    野崎「……とはいうが二人が頑張ってくれたお陰で今月のベタはもう終わりなんだが」

    セイバー・佐倉「え」




    【野崎「セイバー、ここベタして」セイバー「奏者、ベタとは一体……?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414893027/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2014/11/02(日) 10:50:37.15 ID:1EjAEsTC0

    野崎くん×fate/sn
    ※fate側は設定無視、キャラ少ない、キャラ崩壊などの要素があります。それでもいい方はどうぞ





    2: ◆LYNKFR8PTk 2014/11/02(日) 10:55:54.26 ID:1EjAEsTC0

    野崎「原稿が早く終わった」

    野崎「だが佐倉は部活、御子柴は女子と一緒に帰ってしまった」

    野崎「…一人でネタ探しでもするか」



    4: ◆LYNKFR8PTk 2014/11/02(日) 11:06:53.42 ID:1EjAEsTC0

    野崎(…そういえばこっちの道は通ったことないな、何かネタが見つかるかもしれない)

    しばらく歩いて…

    野崎(お、こんな所に公園なんてあったのか)

    野崎(…ん?砂場に何かあるな…)

    野崎(…子どもの落書きか?魔法陣がある)

    野崎(だがよく見たら一本足りない、付け足そう。俺は中途半端は嫌いなんだ)

    ピカッ

    野崎「!?」

    ゴオオオオオオォ…

    セイバー「…問おう、貴方が私のマスターか」

    野崎「」






    5: ◆LYNKFR8PTk 2014/11/02(日) 11:10:29.93 ID:1EjAEsTC0

    野崎(魔法陣の線が一本足りないから付け足した)

    野崎(そしたら煙が出てきた)

    野崎(煙からは鎧をつけた女の人がマスターか聞いてきた…)

    野崎(…ということは…)

    野崎「新種の出張型メイド喫茶か!?」

    セイバー「違います」



    6: ◆LYNKFR8PTk 2014/11/02(日) 11:21:32.20 ID:1EjAEsTC0

    セイバー「私はセイバーのクラスで召喚されました、セイバーとお呼びください」

    野崎「は、はぁ…」

    野崎(彼女も好きで言ってるわけじゃないのに…大変だな)

    セイバー「一緒に聖杯を勝ち獲りましょう、マスター」

    野崎「せ、聖杯?」

    セイバー「何でも願いが叶います」

    野崎「何でも!?」

    セイバー「はい」

    野崎「じゃ、じゃあ今以上に漫画が上手くなりたいというのは!?」

    セイバー「可能です」

    野崎(…いや、待て!そういうのは実力で叶えるものだろ!だったら…剣さんと今以上に仲良くなりたいとか!?いや、それも己のコミュニケーション能力を上げればいいこと!…だったら)

    野崎「…俺の願いは…」

    セイバー「…はい」

    野崎「前野さんをクビにしたい!」

    セイバー「よっぽど嫌いなんですね、その人のこと」




    【野崎「セイバー、ここベタして」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540379192/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/24(水) 20:06:33.37 ID:4R50qcdg0

    御子柴「よぉ、お前が新入りのヴァンパイアか?」

    御子柴「お前の目的……分かってるよな?」

    佐倉「はい!! 人間界の人の血を吸って……その血を御子柴さんの所に持ち帰る事です!!」

    御子柴「そうだ! そしてその血が一定の量溜まれば……」

    御子柴「美少女フィギュアができあがる!!」

    佐倉(どういう原理なんだろう……)






    2: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/24(水) 20:07:19.13 ID:4R50qcdg0

    御子柴「兎に角人間の血を持ってこい!! お前は新人だから楽勝そうな奴でいいぞ!!」













    佐倉「……って、言われたけど……楽勝そうな人って誰だろう」

    佐倉「……分からないからとりあえずこの家にしよっと」

    佐倉「……寝てるよね?」

    ガラガラ……

    野崎「zzz……」

    佐倉「!!」ドキッ!!



    3: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/24(水) 20:07:54.05 ID:4R50qcdg0

    佐倉(カ、カッコいい!!)

    佐倉(ど、どうしよう……こんな人の血なんて吸えないよ!!)

    野崎「誰だ……?」ムクッ

    佐倉「!!!」

    佐倉(どうしようバレた!! 逃げなきゃ!!)ダッ

    野崎「ま、待ってくれ!!」ガシッ

    佐倉「わっ!!///」

    野崎「俺には……君が必要なんだ!!」

    佐倉「!!!///」ドキッ!!

    佐倉(えええええっ!? こ、告白!!?)

    野崎「そのコスプレ撮らせてくれ!! 資料として必要なんだ!!」

    佐倉「」




    【佐倉「ヴァンパイアの佐倉千代です!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540128775/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/21(日) 22:32:55.71 ID:SP945jG3O

    御子柴「おう! ついに買っちまった」

    佐倉「VRってなんだっけ? 名前はよく聞くけど……」

    御子柴「バーチャルリアリティの略。 所謂仮想現実って奴だ」

    御子柴「空想の世界がまるで今ここにあるかのような体験ができるんだぜ!!」

    御子柴「んで、俺が買ったのは……」

    御子柴「好きな人に色んな事を言わせたり動かせたりするVRだ!!」

    佐倉「……??」





    2: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/21(日) 22:33:48.62 ID:SP945jG3O

    野崎「すまない、イマイチピンと来ないんだが……」

    御子柴「……まぁこういうのは実際に見てみた方が早いな」

    御子柴「野崎、ゲームの準備してくれ」サッ

    佐倉「VR持ってきてたの!?」

    野崎「あ、ああ」ササッ




    野崎「できたぞ」

    御子柴「よし、それじゃあ俺の方は……」ゴソゴソ

    佐倉「……スマホ?」

    御子柴「おう、スマホとゲームを連動させるんだ」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/21(日) 22:34:26.33 ID:SP945jG3O

    御子柴「んで、スマホの方で写真を選んで……後は……」

    御子柴「野崎、ちょっとこれつけろ」

    野崎「……!! 確かこの近未来的なゴーグルをつけると飛び出して見えるんだったか?」

    御子柴「おう」

    御子柴「……おし!! これで……」

    野崎「……おお!! これは……」

    御子柴「俺の好きな、ガルプリのさやかちゃんだ!!」

    野崎「飛び出して見える!!」

    佐倉「へぇ~……凄いなぁ……」




    【野崎「VR?」】の続きを読む

    このページのトップヘ