大きいサイズ

    カテゴリ: ラブライブ!サンシャイン!!SS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1549862172/

    1: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2019/02/11(月) 14:16:12.49 ID:XEx1voYW

    ―沼津:本屋―


    ダイヤ「!?」ビクッ

    ダイヤ「は、花丸さん……?」

    花丸「それ以外の何かに見えるずら?」

    ダイヤ「いえ……」スッ

    花丸(優しい黒魔術……?)

    花丸「ダイヤさん、黒魔術に興味があるの?」

    ダイヤ「そういうわけではないの」

    ダイヤ「ただ、目についただけ」

    花丸「そっか……黒魔術なら善子ちゃんに聞くと良いと思う」

    花丸「有用的なのは、たぶん聞けないけど」

    ダイヤ「善子さんですか……」

    花丸(ダイヤさんは意外にも下あごに手を添えて、真剣に悩む)

    花丸(まるで、本当に黒魔術に興味があるみたいに)

    ダイヤ「ありがとう花丸さん」

    ダイヤ「気が向いたら善子さんに伺ってみるわ」

    ダイヤ「人のこと言える立場ではないけれど、あまり寄り道はしないように」

    花丸(ダイヤさんはそう言い残して、特に何かを買うわけでもなく歩いていく)

    花丸「優しい黒魔術……」パラッ

    花丸(ダイヤさんが手に取っていた黒魔術の本は)

    花丸(面白おかしく書いただけの、お遊びのような内容だった)



    5: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2019/02/11(月) 14:27:08.30 ID:XEx1voYW

    花丸「ダイヤさんが黒魔術に興味を持つのは意外ずら……」

    花丸「善子ちゃんと仲良くなるため……とか?」

    花丸「でも、それなら初めから善子ちゃんに聞いてみたほうが良いと思う」

    花丸(……リトルデーモンになる!? とか、凄い喜びそうだし)

    花丸「実は、本当に黒魔術を試したいとか?」

    花丸(………)

    花丸「明日にでもルビィちゃんに聞いてみようかな」

    花丸「ダイヤさんの場合、冗談でやらなそうな危うさがあるし」

    花丸「………」チラッ

    花丸「………」スッ

    花丸「すみません、これください」



    6: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2019/02/11(月) 14:41:36.00 ID:XEx1voYW

    ―国木田家―

    花丸「……黒魔術」

    花丸(黒魔術と言えど、一概に人を不幸にするためだけに存在するのではない)

    花丸(黒魔術にも、人を幸せにするためのものは多々ある)

    花丸(しかし、その代償あるいは魔術に用いる素材が人道に反するために)

    花丸(黒魔術に属されている)

    花丸「……よく、わからない」

    花丸「良子ちゃんは良くこんなものに没頭できるずら」

    花丸「堕天使ヨハネ、とか」

    花丸「はぁ」ポスッ

    花丸「堕天使とか、黒魔術とか」

    花丸「そういうのが格好いいって思うのは男の子じゃないのかな?」

    花丸(実は、善子ちゃんは男の子とか?)

    花丸「なーんて」

    花丸「それはないずらね」

    花丸「小さいころから、善子ちゃんは善子ちゃんずら」




    【花丸「……? ダイヤさん?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1550501208/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/18(月) 23:46:48.14 ID:iD2LO46J

    ヴォクシーのドアヘコミー

    花丸「ごめんなさいずら…」

    果南「大丈夫、気にしないで」



    果南「もしもし鞠莉?ちょっと車傷つけちゃってさぁ、うん」


    ってあのCM見ると浮かぶんだけど同じ奴いない?



    3: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2019/02/18(月) 23:50:44.42 ID:sx5zYb34

    DvPNCZQVYAE6C98


    果南ちゃんの服クッソダサいずら



    12: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2019/02/19(火) 00:36:01.20 ID:8aB1pfN4

    ~図書室~

    果南「‥」ペラッ

    花丸「!?」

    花丸「水ゴリラが本読んでるずらぁ!!熱でもあるずら!?!?」

    果南「剥ぐぅ!」ベリベリ

    花丸「ぎぃやぁあああああ!!!」

    果南「コラ!!マル!!図書室では静かにしないとお仕置きだよ!!!また剥ぐするよ!!」

    花丸「もうしてるずらぁ!!」


    ー ー ー ー ー ー ー ー ー

    花丸「それで何読んでるずら?」

    果南「ん?ちょっと宇宙の図鑑をね!」

    花丸「宇宙?水ゴリラ宇宙に興味あるずら?」

    果南「うーんとまぁそうかな‥ほら‥以外だと思われるんだけど‥//私‥//天体観測が趣味だからさ‥//」

    ノcノ,,・o・,,ノレ




    【果南「あっ流れ星」花丸「えっ」望遠鏡ガンッ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1550328515/

    1: 名無しで叶える物語(笑) 2019/02/16(土) 23:48:35.41 ID:wvJOwHLQ

    一位 ルビィちゃん
    二位 希ちゃん
    三位 梨子ちゃん

    千歌「もっと頑張らなきゃ…」



    4: 名無しで叶える物語(湖北省) 2019/02/16(土) 23:54:18.94 ID:3xDB5E6Z

    客層を考えて他の店でナンバーワンになれ



    6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/16(土) 23:56:25.31 ID:50Si2uOH

    この世界のちかおじは無能か?



    7: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2019/02/16(土) 23:57:31.19 ID:e9OYtKFo

    ルビィちゃんと希が指名ツートップの店っておかしいだろ経営



    9: 名無しで叶える物語(笑) 2019/02/17(日) 00:00:06.00 ID:4beWtgw5

    曜「そろぉ///」ビクンビクン

    千歌「希ちゃんみたいにおっぱいは無いけど…いっぱいサービスするよ?」ペロペロ


    善子「こ、これは///」ピクンピクン

    千歌「梨子ちゃんと違ってチカは汚れて役でもNGしないのだ♪」


    ???「」



    11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/17(日) 00:03:19.00 ID:iLF+55KR

    >>9
    じもあいまさかの客サイド




    【風俗千歌「また一位はルビィちゃんか…チカは、こんなに低い…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1550380641/

    1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/17(日) 14:17:21.27 ID:jvRV30dn

    例のlove is warなあの今期覇権アニメともいえる作品の一勝負に感化されたので
    Day.2チケットご用意された方本当におめでとうございます
    今日はAZALEAファンミですね
    まぁそんなことより


    千歌「みんな都合が悪いから今日はスクールアイドル部休みだし、暇だな・・・って」

    千歌「だからやってみようよ。面白そうだし!」

    曜「いいね。トップ通過の自信でしかないであります!」

    梨子(曜ちゃんが最初に脱落しそうな気がするのはなんでだろう)



    2: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/17(日) 14:20:44.07 ID:jvRV30dn

    千歌からルールの説明(早送り2倍速)

    紙を渡すのは千歌→曜、曜→梨子、梨子→千歌

    千歌「じゃあ始めるYO!」

    曜「今のは曜とYOをかけて」

    千歌「よーちゃん真剣にこのゲームやるからそれ今言う必要ないYO」ジトー

    曜「」

    梨子(容赦ない)



    4: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/17(日) 14:21:53.82 ID:jvRV30dn

    梨子(むむむむ・・・・・・・・・)

    千歌「」カキカキ

    梨子(むむむむむむむ・・・・・・・・・・・・!!)

    千歌「ちょ・・・梨子ちゃん顔怖いYO・・・」

    梨子「え?あ、そう?ごめんね、千歌ちゃんのNGワード考えてたら・・・」アハハ

    梨子(ほんとは千歌ちゃんに怒ってるんだけどね)

    梨子(千歌ちゃんのNGワードは・・・・・・これよ!)



    5: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/17(日) 14:23:18.78 ID:jvRV30dn

    梨子「はい、千歌ちゃん」

    千歌「ありがとうー」

    《NGワード【早くしてね💢】》

    曜(梨子ちゃんの本心丸出しじゃん・・・)

    梨子(あくまでさっきの私の表情は千歌ちゃんにプレッシャーをかけてNGワードをおびき出すため・・・・・・)

    梨子(ま、なかなか歌詞仕上げてくれない千歌ちゃんがこのワードを今頭の中でぐるぐる考えてるわけ・・・)



    9: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/17(日) 14:53:00.83 ID:jvRV30dn

    千歌「ブンチ、ブンブンチ」

    ようりこ「!?!?」

    千歌「コンドノキョクノカシヲYO!カンガエテル、ソンナサナカダケドYO!」

    ようりこ(おおっ!?)

    千歌「フカクカンガエスギテYO!ナカナカオモイツカナイYO!メーン!」

    ようりこ(お、惜しい・・・!)




    【曜「NGワード」梨子「ゲーム?」千歌「そう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1529240428/

    1: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/17(日) 22:00:28.49 ID:jGeb+cxB

    あんじゅ「そう言うのほんとうにやめてって言わなかったっけ」

    しゅか「い、いやぁ……言ってたけどさ……」


    あんじゅ「え、じゃあなんで手繋いだの? え、どうして?」

    しゅか「ま、まあまあそんなに怒らないでよ……たまには、ね? いいでしょ?」


    しゅか「ファンのひとたちも、結構、その……じもあい!! すきみたいだし?」アハハ…


    あんじゅ「……」



    3: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/17(日) 22:05:15.80 ID:jGeb+cxB

    あんじゅ「しかもなんでおへそみせたの?」

    しゅか「あれはなんか、無意識で!」

    あんじゅ「…………」

    しゅか「め、目がこわいぞー……あはは……」


    あんじゅ「もういいよ、今日は寝るから」バタンッ


    しゅか「……」ビクッ


    しゅか「はぁぁ……完全に怒らせた……久しぶりだなぁ、ここまで怒らせるの」



    4: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/06/17(日) 22:05:26.08 ID:POXeOSO8

    こっわ



    5: 名無しで叶える物語(茸) 2018/06/17(日) 22:07:13.11 ID:u0ok0Aum

    これで怒るならひなひなとのデートの時はどうなってしまったん?




    【あんじゅ「ねえ、なんでライブの最後あいきゃんと手繋いでたの?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519913276/

    1: ンミチャ 2018/03/01(木) 23:07:56.57 ID:U4ADoQZg0

    梨子 「うん特に用事も無いし大丈夫だよ。
    どうして?」

    曜 「い、いやぁ~ちょっとね//
    えへへ///」

    梨子 「耳真っ赤なだけど大丈夫?」

    曜 「だ、だだ大丈夫!大丈夫!平気だよ!じゃあ放課後教室でね!!」 タッタッタッタ

    梨子 「? 変な曜ちゃん。」





    2: ンミチャ 2018/03/01(木) 23:46:46.80 ID:U4ADoQZg0

    千歌 「やっとプリントから解放されたよぉ~」

    梨子 「お疲れ様。相変わらずね千歌ちゃんは。ふふっ」

    千歌 「むぅー、そんなことないよ!千歌だってやればできるもん!」

    梨子 「ふふふっ、そうね。でもいつもやる気になって歌詞も書いてくれてもいいのよ?」

    千歌 「うっ、そっそれはぁ~...あははぁ...
    そ、そんな事より曜ちゃんは?」

    梨子 「私に放課後教室でって言ったら走ってどこか行っちゃった」

    千歌 「うんうん!やっと言う決心がついたのか!」

    梨子 「? 。どういうこと?」

    千歌 「まぁまぁ、放課後の楽しみと言うことで!」

    梨子 「なんなのよそれぇ」

    千歌 「いいからいいから!次の授業遅れちゃうよ!早く早く!」

    梨子 「んもぉ~。わかったわよ」
    (気になるけど放課後まで待つしかないかぁ)



    3: ンミチャ 2018/03/02(金) 00:05:43.03 ID:jx2/WtBd0

    ~放課後~
    音楽室

    梨子 (結局なんのことなのか考えちゃって一日上の空になっちゃったし、曜ちゃんは今日全然話してくれなかったし、千歌ちゃんも

    千歌 「じゃあ今日みとねぇーに手伝い頼まれちゃったから先帰るね!ガンバルビィだよ梨子ちゃん!」

    って言って帰っちゃうし....考えてもしょうがないかぁ...そろそろ教室にいかなくちゃ)

    曜 (梨子ちゃん




    【曜「梨子ちゃん....放課後...ちょっといいかな?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1529753568/

    1: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/06/23(土) 20:32:48.06 ID:DbA0xJes

    果南ちゃんメインのお話です

    書きためあり、順に投下していきます

    キャラ崩壊してるのでご注意を…



    2: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/06/23(土) 20:33:15.37 ID:DbA0xJes

    ~3年生の教室~

    果南「うーん……」ムムム

    果南「でもなぁ。私、おちんちん生えてないし……」

    果南「沼津の女の子は 高確率でおちんちん生えてるけど……」

    果南「なんで私にはないんだろ……」ハァ...

    果南「どうにかしてダイヤとラブイチャ濃厚子づくりセックスできないかなん……?」ウーン...


    ダイヤ「か、果南さん……?」

    ダイヤ「あの、全部 聞こえているのですけど……」ドンビキ



    4: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/06/23(土) 20:33:47.12 ID:DbA0xJes

    果南「んぁ? ダイヤいたの?」

    ダイヤ「いたの?」

    ダイヤ「ではありませんわっ! ななっ、なんてことを呟いているのですかっ!!///」

    果南「あー 聞こえちゃったかー」


    果南「なら話は早いや♡」

    果南「ねぇダイヤ。なにかいい方法ないかなん?」

    果南「ちょうど聞きに行こうと思ってたんだ♡」



    5: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/06/23(土) 20:34:33.35 ID:DbA0xJes

    ダイヤ「……仮に私がそのいい方法を知っていたとして」ヒクッ

    ダイヤ「正直に話すと思います?」

    果南「え? いい方法あるの?」

    ダイヤ「ないですわよっ!///」

    果南「なーんだ。ダイヤ全然ダメじゃん」

    ダイヤ「」イラッ

    ダイヤ「そ、そういうことではなくてですね……?」ピキピキ

    果南「うーん……それじゃあ鞠莉に相談してみようかなん……?」

    ダイヤ「……」


    ダイヤ「…………バカ」ボソ


    果南「んぁ?」

    ダイヤ「なんでもありませんわよ!///」




    【果南「ダイヤと濃厚孕まSックスしたいなぁ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1506128229/

    2: 名無しで叶える物語 2017/09/23(土) 10:02:20.99 ID:Aepuebzq.net

    千歌「はやくなんとかしてよ、もう」

    曜「…」

    千歌「あたまおかしいんじゃないの」

    曜「…」

    千歌「いや、だまってないでさ」

    曜「……うるさい」

    千歌「ん?」

    曜「うるさい!」バンッ

    千歌「」ビクッ



    3: 名無しで叶える物語 2017/09/23(土) 10:03:43.94 ID:Yah6pDKh.net

    いいぞ曜そこだ身体能力の差を見せてやれ



    5: 名無しで叶える物語 2017/09/23(土) 10:06:10.52 ID:Aepuebzq.net

    曜「…ぬいで」

    千歌「え…何言って……」

    曜「いいからぬいで!」バンッ!

    千歌「ひっ!」ビクッ

    曜「はやく!」バンッ!

    千歌「曜ちゃんおちついて?ね?」

    曜「うるさい!」バンッ!バンッ!

    千歌「」ビクッビクッ



    6: 名無しで叶える物語 2017/09/23(土) 10:12:07.61 ID:Aepuebzq.net

    千歌「やめてよ…そのバンバンこわいよ」

    曜「…まだ状況わからないの?」

    千歌「え?」

    曜「…お願いしますやめてください、でしょ」

    千歌「なにそれ……」

    曜「だーかーらー!わかってよいいかげん!」バンッ!

    千歌「ひっ」ビクッ




    【千歌「セッ○スしないと出られない部屋?」曜「うん」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1516630071/

    1: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/01/22(月) 23:07:51.44 ID:bJX80SgM

    聖良「……」カリカリ

    聖良「……」カリカリ カリカリ

    聖良「……」


    カラン


    聖良「……ふう。今日はこれくらいにしておきましょうか」

    聖良「終わりがないのが勉強とはいえ……これだけ量をこなすのは流石に疲れますね」

    聖良「まあ、今までスクールアイドルに専念していたツケと思えば」

    聖良「たったこれだけで済んでいるのは有難いことでしょうか」



    2: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/01/22(月) 23:09:17.96 ID:bJX80SgM

    聖良(……最後の大会。私たちは決勝へ進むことすら出来なかった)

    聖良(それが悔しくないと言えば嘘にはなりますけど……でも)

    聖良(Aquorsの皆さんに――そして、理亞に後押しされて吹っ切れたというか)

    聖良(それで一種の区切りが着いたのは確かです、ね)

    聖良(特に理亞が、皆さんの助けがあったとはいえあそこまで自立、成長していたのは)

    聖良(……喜ばしいことではありますけれど。同時に寂しくもあり、でしょうか)

    聖良(ふふ、我ながららしくないことを考えるものですね)



    4: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/01/22(月) 23:10:56.82 ID:bJX80SgM

    パタパタ... ガチャ

    理亞「姉様」

    聖良「? 理亞、まだ起きていたの」

    聖良「スクールアイドルは身体が資本なんですから、夜更かしはよくないですよ」

    理亞「ごめん、姉様。でも、何だか今日は寝付けなくて」

    聖良「……ふぅ、仕方ないですね。では、理亞さえ良ければ少し話でもしませんか」

    理亞「本当!? ……あ、でも姉様の、受験勉強の邪魔に」

    聖良「今、区切りが着いた所ですから。気にしなくても大丈夫」

    理亞「そう……良かった」パァァ

    聖良(……この笑顔を見ていると、さっきの自問が馬鹿らしくなってきますね)



    5: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/01/22(月) 23:12:10.92 ID:bJX80SgM

    理亞「ねえ、姉様」

    聖良「どうしました、理亞」

    理亞「私、また姉様の怪談話が聞きたい」

    聖良「怪談話……ですか」

    理亞「うん。昔寝る前に色々と話してくれた、ああいう話が良い」

    聖良「……でもあの時は、理亞が震えあがってしまって眠るどころじゃなかった気が」

    理亞「……それは忘れて」




    【理亞「冬の夜更けに?」聖良「はい。怪談話、です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1546867608/

    1: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2019/01/07(月) 22:26:48.77 ID:Kfh90ZXW

    G`s次元っぽい短編集です



    5: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2019/01/07(月) 22:29:08.71 ID:Kfh90ZXW

    ピンポーン


    梨子「はぁーい?」

    千歌「梨子ちゃぁ~~~~ん!」

    梨子「ち、千歌ちゃん――いらっしゃい。どうしたの?」

    千歌「焼きそば食べたくない!?」

    梨子「え?焼きそばって……う、ううん、食べたくは――」

    千歌「食べたいよね!?」

    梨子「た……食べたいの?」

    千歌「うんっ♡」



    7: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2019/01/07(月) 22:32:17.45 ID:Kfh90ZXW

    梨子「そ、そっか。じゃあ、お家の人にお願いしたらいいんじゃないかな――?」

    千歌「それができたら梨子ちゃんの家まで来てないよ~~~!!」

    梨子「ひゃぁ! だ……ダメなの?」

    千歌「ほら、この時期っておせちとか食べるでしょ?」

    梨子「お正月だもんね」

    千歌「チカの家はそういうのにビンカンだからさぁ――わかるでしょ?」

    梨子「たしかに、立派な旅館だもんね」

    千歌「お正月から焼きそばなんて作ってもらえないんだよぉ~~~!」

    梨子「そ、そっか……じゃあ、コンビニに買いに行こうか」

    千歌「だったら梨子ちゃんの家まで来てないよ~~~~~~!!!!」

    梨子「きゃぁ!」

    千歌「違うの!チカが食べたいのは――手作りの焼きそばなんだよぉ~~~~~~~~~!!!」



    8: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2019/01/07(月) 22:34:39.01 ID:Kfh90ZXW

    千歌「カップ焼きそばと手作りの焼きそばじゃ、全然味違うでしょ?」

    梨子「えっと――そう、なのかな?」

    千歌「え?」

    梨子「あんまりカップ焼きそば、食べたことなくて」

    千歌「そ、そっか――そっかぁ……。梨子ちゃん、食べたことないんだ……」

    梨子「ご、ごめんなさい――」

    千歌「いやいや大丈夫!」




    【【SS】はわわ梨子ちゃんの日常】の続きを読む

    このページのトップヘ