大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > よしりこ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499959142/

    1 : ◆yZNKissmP6NG 2017/07/14(金) 00:19:02.18 ID:wFo4X5L7O

    【LINEグループ:善子と梨子】

    ヨハネ:なしこ先輩

    梨子:なぁに?よしこ後輩

    ヨハネ:会いたい

    梨子:へ?

    ヨハネ:会いたい

    梨子:今?

    ヨハネ:今





    2 : ◆yZNKissmP6NG 2017/07/14(金) 00:20:12.60 ID:wFo4X5L7O

    梨子:うん、まずは落ち着いて時計見てみよっか

    ヨハネ:見た

    梨子:何時だった?

    ヨハネ:23時30分

    梨子:そうだね、真夜中だね

    ヨハネ:で、会ってくれるの?

    梨子:察してよ!



    3 : ◆yZNKissmP6NG 2017/07/14(金) 00:20:45.27 ID:wFo4X5L7O

    梨子:ダメだよこんな真夜中に!

    梨子:バスだってとっくに終わっちゃってるから!

    ヨハネ:自転車でがんばる

    梨子:だめだってば、女の子がこんな夜中に一人で!

    梨子:危ないよ!

    ヨハネ:梨子なら大丈夫よ

    梨子:って私が行く前提なの!?



    4 : ◆yZNKissmP6NG 2017/07/14(金) 00:21:12.48 ID:wFo4X5L7O

    梨子:ていうか

    梨子:元気ない?

    ヨハネ:そんなことない

    ヨハネ:こともない

    ヨハネ:わけでもない

    ヨハネ:というわけでもない

    梨子:どっち?

    ヨハネ:わかんない

    梨子:わかんないかぁ……

    ヨハネ:わかんない




    【善子「コワレヤスキ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1521583483/

    1: |c||^.-^||(聖火リレー) 2018/03/21(水) 07:04:43.04 ID:v+vJmFBo

    - 休日 夕方 梨子の家 -


    善子「ここがリリーの部屋ね!」

    梨子「暖房入れるね」ピッ

    梨子(今日は3連休の初日。よっちゃんと遊びに出掛けて、夜は私の家に泊まる事になりました)

    善子「思ってた通りのキレイな部屋・・・」

    梨子(・・・よっちゃん)

    梨子(最初は変な娘だなぁって思ったけど、本当は素直で真面目な善い子で・・・)

    梨子(仲良くなるればなるほど、そんなよっちゃんの魅力・・・可愛いらしさを知ることができた)

    梨子(私にとっても懐いてくれて、私のちょっとした反応で一喜一憂してくれる。おかげで、気がつけば思考はよっちゃんのことばかり・・・)

    梨子(今ではすっかりよっちゃんのトリコ梨子・・・本人には内緒だけど)

    梨子(そして、今日は結婚記念日で、明後日までお父さんもお母さんも旅行から帰って来ない・・・私の部屋でよっちゃんと二人きり!つまり、よっちゃんに告白するチャンス!)

    善子「わぁ、このベッドよく弾むわ!ねぇねぇ、見て見てリリー!」ボヨンボヨン

    梨子「よっちゃん、はしゃぎすぎ・・・」

    梨子(あぁ、もぅ。子供みたいにはしゃぐよっちゃん可愛い!可愛いよー♥)



    6: 名無しで叶える物語(聖火リレー) 2018/03/21(水) 07:15:09.54 ID:v+vJmFBo

    善子「だって、友達の家に泊まるなんてすっごいリア充イベントよ!リリーの家でお泊まりするの、ずっと楽しみだったの!」

    善子「それにリリーの部屋、じーっくり見てみたかったし♪」

    梨子「恥ずかしいから、あんまり漁らないでね?」

    善子「善処するわ」

    梨子「もー、よっちゃんは・・・」

    善子「ふーん・・・」キョロキョロ

    梨子「ちょっとお風呂の準備してくるけど、漁っちゃだめだからね?」

    善子「大丈夫よ、大人しくしてるわ」

    梨子「・・・じゃあ、ちょっと待っててね」

    ガチャ、パタン

    善子「・・・」ソワソワ

    スクッ

    善子「まずはタンスの裏・・・うーん、何も無いわね」

    善子「枕の中とか? あっ、なんかいい匂い///」クンクン

    善子「でも、何も無いわね・・・じゃあベタにベッドの下とか?」

    ゴソゴソ

    梨子「・・・よっちゃん?」

    善子「ひゃひぃっ!?」ビクッ

    ゴツンッ

    善子「うぐっ!?」



    7: 名無しで叶える物語(聖火リレー) 2018/03/21(水) 07:23:15.18 ID:v+vJmFBo

    善子「ふぎいいぃぃ~!頭打ったぁー!」ゴロンゴロン

    梨子「・・・」

    善子「もー!リリーが急に声をかける・・・か、ら・・・」

    梨子「・・・」ゴゴゴゴ

    善子「あぅ・・・」

    梨子「何してたの?」ニコ

    善子「や、あの、その・・・」

    梨子「大人しくしてなさい!」

    善子「はいぃ・・・」シュン

    梨子「まったく、もう・・・」

    梨子(カベ本、避難させておいて良かった)


    ――――――――

    ―――――

    ――




    【梨子「寝ているよっちゃんにえっちないたずらをするなんて・・・♥」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1521378453/

    1: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/03/18(日) 22:07:33.64 ID:O2xH41I0

    善子ママ「あら!梨子っぴーじゃない!いらっしゃい」ニコッ

    梨子「おじゃまし…あの、りこっぴーていうのやめてください…」

    善子ママ「あら…とっても可愛いと思うんだけど」

    梨子「恥ずかしいですよっ!」

    善子ママ「ふふっ、あ、そうだ、私これから用があるから梨子ちゃん適当にくつろいでていいからね?」

    梨子「はい、あの…善子ちゃんは?」

    善子ママ「うーん…多分まだ寝てるかも…部屋にいるから起こしていいからね」

    梨子「はーい」

    善子ママ「…」

    善子ママ「ゴムはするのよ♡」

    梨子「本っっ気で怒りますよ?」

    善子ママ「やーん♡怒っちゃだーめっ!じゃあね~!」

    バタン。

    梨子「…はぁ」



    2: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/03/18(日) 22:09:54.09 ID:McHj0d3L

    料理に髪の毛が入らないようにヘアゴムをしなきゃね(白目)



    3: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/03/18(日) 22:10:17.78 ID:O2xH41I0

    __ _

    梨子「さてと…」

    はじめまして、桜内梨子です。

    なしこ、ではなくて

    りこです。

    私は善子ちゃんの先輩で__

    梨子「善子ちゃーん?起きてるー?」

    善子ちゃんの…か、彼女…です!

    善子「……うふふ…魔力…高い…zzZ」

    梨子「…ぐっすり寝てる」




    【善子「お泊りりー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1520332387/

    16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/06(火) 19:50:06.54 ID:uNVHfFE70

    ちか:じゃあ、明日駅前でね♪

    ちか:楽しみにしてる!

    曜:わたしも楽しみ~じゃあね♪


    曜「ふぅ…」

    曜「つ、ついに千歌ちゃんとデートの約束をするまでこぎ着けた…!」

    曜「おそらく、このデートが千歌ちゃんとの関係をステップアップさせるビッグイベントになるはず…」

    梨子『そうよ、曜ちゃん!ここが正念場よ!』

    曜「て、天使さん!」



    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/06(火) 19:38:08.03 ID:uNVHfFE70

    梨子『良好な恋愛関係に発展するには、まずはイメージ!イケメンな一面で押して押して押しまくるのよ!』

    曜「押して押しまくる…!」

    善子『待ちなさいッ!』

    曜「悪魔ちゃん!」

    善子『堕天使よ!』

    曜「でもその羽とその格好だと…」

    善子『これは見せかけの姿。元天使の私は天界から追放され、片翼失った…。だが、私は秘密裏に天界への反逆を企てるため…』

    曜「悪魔でも中二病になるんだね」

    梨子『よっちゃんはそういうとこあるからね』

    善子『誰がよっちゃんだ!』




    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/06(火) 19:38:49.77 ID:uNVHfFE70

    曜「まあまあ。喧嘩はしないでさ…」

    善子『ったく。それより、あんた押して押しまくるって実際どうやるつもりなのよ?』

    曜「それは…おごってあげたり、道路は車が通る方は歩かせなかったり…」

    善子『………まあまあね』

    梨子『はい?曜ちゃん、そんな感じでイケメン気取ろうとしてるの?』

    曜「えっ?違うの?」

    梨子『ない、ないわー。そりゃ、童貞ヨーソローとか言われても仕方ないわ』

    曜「ぐふっ」

    梨子『そんなんじゃダメよ!甘い台詞のひとつでも言えなきゃ絶対ダメ!』

    曜「甘い台詞…?」

    善子『必要、それ?』





    【曜「わたしに囁く天使と悪魔」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1520406158/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/07(水) 16:02:39.15 ID:fBgR5R5d0

    梨子「よっちゃんか~えろ!」


    善子「はいはい」


    梨子「あ、あそこにネコさんがいる!」


    善子「本当だ!」


    梨子「可愛いね~」


    ねこ「にゃぁ~」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/07(水) 16:03:05.58 ID:fBgR5R5d0

    梨子「にゃぁ~♡」


    善子「にゃぁ~♡」


    ねこ「...」


    善子「なんでぇ!」


    梨子「よしよし」


    善子「...むぅ。リリーだけずるい」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/07(水) 16:03:32.48 ID:fBgR5R5d0

    梨子「よっちゃん、にゃぁ~...///」


    善子「にゃぁ~!ほら、帰るわよ!」



    善子「じゃあ、ここらへんで、また明日...」


    梨子「...」


    善子「あれ、リリー?」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/07(水) 16:04:21.84 ID:fBgR5R5d0

    梨子「私もよっちゃんの家行くもん...」


    善子「えちょ、急には...」


    梨子「...だめ?」キラキラ


    善子「...もうっ!いいよ、おいで!」


    梨子「よっちゃぁ~ん!」ギュー


    善子「お母さんには連絡したの?」


    梨子「してな~い」


    善子「してからにしなさい!」


    梨子「はぁ~い...」



    善子「もう家着いちゃったわよ、ほら」


    梨子「おじゃましま~す!」


    善子ママ「いらっしゃ~い!」




    【善子「ぎゅ~」梨子「ぎゅ~」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1519967971/

    1: 名無しで叶える物語(りんご) 2018/03/02(金) 14:19:31.10 ID:Vmkk0YFs

    2期5話中盤から



    2: 名無しで叶える物語(りんご) 2018/03/02(金) 14:19:58.42 ID:Vmkk0YFs

    梨子(何よ、泣き止んですぐに立ち直るなんて)

    梨子(善子ちゃんの想いはその程度だったってことね)


    善子「ほら、行くわよ」

    梨子「うん……」



    3: 名無しで叶える物語(りんご) 2018/03/02(金) 14:20:25.20 ID:Vmkk0YFs

    ―――




    梨子(小さい頃から犬が苦手だった)

    梨子(人間のものとは違う鋭い犬歯、獰猛な鳴き声、荒い吐息)

    梨子(そのひとつひとつが、幼い私の恐怖心を煽った)


    梨子(彼らの本心を探ろうともせず、ただ怖くて)

    梨子(逃げてばかりだった)


    梨子(それなのに)



    梨子「……ただいま」


    桜内母「お帰り、飼い主さん喜んでた?」

    梨子「うん」

    桜内母「よかったわね」

    梨子「うん……」


    桜内母「……じゃあ、ご飯にしようか」


    梨子(どうして私、こんなに落ち込んでるんだろう)



    4: 名無しで叶える物語(りんご) 2018/03/02(金) 14:21:02.96 ID:Vmkk0YFs

    ―――




    ザー…


    果南「今日の練習はここまでにしようか」

    ダイヤ「最近雨が続いてますし、無理して続けない方がよさそうですわね」


    千歌「ふぇー、つっかれたぁ」


    曜「梨子ちゃん、また振り付けズレてたよ」

    梨子「え?」

    曜「ほら、この動画見て」

    梨子「あー……ホントだ、ごめんね」

    曜「ううん、気にしなくていいんだけど」


    曜「――大丈夫? どっか調子わるい?」

    梨子「……そんなことないよ」

    曜「今日ずっとボーっとしてたみたいだったから」

    千歌「言われてみれば、確かに今日の梨子ちゃん変だったかも」

    梨子「千歌ちゃんまで……本当に大丈夫だよ」

    曜「梨子ちゃんがそういうなら、いいんだけど……」



    善子「……」




    【善子「ライラプスは諦めて帰りましょう」梨子「ノクターンよ……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1518513615/

    1: 名無しで叶える物語(家) 2018/02/13(火) 18:20:15.33 ID:5HDOM9NK

    善子「千歌! どうしよう! リリーが大変なの!」

    千歌「あれ、善子ちゃん? こんなところまでどうしたのー? 梨子ちゃんの家なら隣だよ?」

    善子「そんなことわかっ――って、こんなことしてる場合じゃないの! いいから一緒に来て!」グイッ

    千歌「えっ!? ちょ、ちょっと善子ちゃん!?」 👀
    Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)



    2: 名無しで叶える物語(家) 2018/02/13(火) 18:21:12.62 ID:5HDOM9NK

    千歌「ど、どうしたの…? さっき梨子ちゃんがどうとか言ってた気がするけど…って、砂浜に梨子ちゃんが倒れてる!? なんで!?」

    善子「気絶しちゃったの! 全然目を覚ます気配がなくて…どうすればいいの!?」

    千歌「お、落ち着いて善子ちゃん! えっと、こういうときはやっぱり救急車…だよね!? あっ、ところで気絶した原因――」

    善子「しいたけよ」

    千歌「え、しいたけ!?」

    善子「2人で散歩してたら物陰からいきなりしいたけが飛び出してきて…!」

    千歌「それに梨子ちゃんが驚いて気絶しちゃったってこと? しいたけのやつ、朝から見かけないなーと思ったら砂浜にいたのか…」

    善子「それから全然目を覚まさなくて…。血とかは出てないみたいだけど…頭を打ったりしたのかも! ねえ千歌、このままだとリリーが…!」

    千歌「えっ!? えっと…」

    善子「リリーに何かあったら、私…!」

    千歌「ま、待ってて! 今すぐ家に戻って救急車を――」

    梨子「ん…んぅ…」

    千歌「あ! 梨子ちゃん!」

    善子「リリー!?」



    3: 名無しで叶える物語(家) 2018/02/13(火) 18:22:07.40 ID:5HDOM9NK

    梨子「あれ…? 私…」

    善子「大丈夫!? どこか痛いところとかない!?」

    梨子「…? あぁ…そっか、私…しいたけちゃんに驚いて…」

    千歌「ほんとにごめんね、うちのしいたけが…。あとでキツ~く言っておくから!」

    梨子「あれ、千歌ちゃん? どうして…?」

    善子「わ、私が呼んだのよ。だってリリーってばなかなか目を覚まさないから…って、そんなことより身体の方は大丈夫なの!? やっぱり、念のため病院

    に行った方が――」

    梨子「うーん…特にどこか痛いってこともないし…ちょっと驚いただけだから…大丈夫よ。心配かけちゃってごめんね」

    千歌「そっか…よかったよ~」

    善子「も、もう…ほんとに人騒がせなんだから…」

    千歌「ほとんど善子ちゃんが勝手に騒いでただけだけどね」

    善子「うっさいわよ! それと善子じゃなくてヨハネ! …って、リリー、どうしたの? キョロキョロしたりして」

    梨子「いえ、私、たしか作曲のときに使うノートを持っていたハズなんだけど…ヨハネちゃん、知らない?」

    善子「ああ、それなら多分あそこに落ちて…って、あら? リリー、あなた今…」

    梨子「あ、ほんとだ。転んだ拍子に放り投げちゃったのかな。ごめんなさい、ちょっと取ってくるわね」

    善子「あっ、まだ起きちゃ――」

    千歌「ねぇ、善子ちゃん? 梨子ちゃん今…善子ちゃんのこと、ヨハネちゃんって呼ばなかった? しかも、リリーって呼ばれても普通にしてたよね?」

    善子「え、ええ、そう…ね…」

    千歌「もしかして…私たちの知らないところでまた何かあった?」

    善子「な、何もないわよ! …ないんだからね!? ほんとうに何もないわよ!? そ、そう、何もあるはずが――ん? 待って、まさかさっきのは…」

    千歌「ねぇ、善子ちゃーん? 聞いてるー?」




    【善子「千歌! どうしよう! リリーが大変なの!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1516460191/

    1: 名無しで叶える物語(家) 2018/01/20(土) 23:56:31.46 ID:gjQRqFza

    善子「今日はリトルデーモンたちが描いてくれた私の絵を紹介するわ!」

    梨子「えへへ」ニコニコ

    梨子「よっちゃんたら可愛いなぁ」

    梨子「私は恥ずかしくてこんな事できないから……ちょっと羨ましいかも」



    3: 名無しで叶える物語(わたあめ) 2018/01/20(土) 23:58:54.19 ID:qwh/+v8m

    これはG's梨子ちゃん



    5: 名無しで叶える物語(家) 2018/01/20(土) 23:59:48.88 ID:gjQRqFza

    善子「じゃあ今日はここまで!またね♡」

    梨子「終わっちゃった……」

    梨子「私ももう寝よっかな」

    善子「……」

    梨子「……あれ?」

    梨子「よっちゃん放送カメラ切ってないよ……?」



    6: 名無しで叶える物語(笑) 2018/01/21(日) 00:01:00.08 ID:F2Cb02KX

    あっ…



    7: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2018/01/21(日) 00:01:18.43 ID:IJ2D1qUw

    ほほー?




    【梨子「あっ!よっちゃんが生放送始めた……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1514822102/

    1: 名無しで叶える物語(神宮) 2018/01/02(火) 00:55:02.10 ID:IHjSejvV

    シリアス。地の文多少含みます。



    2: 名無しで叶える物語(神宮) 2018/01/02(火) 01:01:26.86 ID:IHjSejvV

    善子「リリー、好きよ」


    梨子「も、もう一回言ってくれる…?」


    善子「だから、リリーの事が好きって言ってるの」


    梨子「そ、それは友達的な意味で…?それとも、恋愛的な意味で…?」


    善子「い、言わせないでちょうだい!恥ずかしいんだから!」


    梨子「ふふっ、ごめんなさい」


    善子「だから、私とお付き合いしてちょうだい」


    梨子「喜んで//」


    私達は、恋人になった。



    12: 名無しで叶える物語(神宮) 2018/01/02(火) 01:26:05.14 ID:IHjSejvV

    善子「よろしくね!!リリー!」


    梨子「こちらこそよろしくね、よっちゃん」


    その日はそれだけを言って、お互いに家へと帰った。



    25: 名無しで叶える物語(神宮) 2018/01/02(火) 01:32:42.17 ID:IHjSejvV

    なにかの本で読んだ一文がある。

    『よろしくには必ずさよなら、終わりがある』

    まだ付き合い初めて1日はおろか、1時間もたっていないのに、なぜかその言葉を思い出した。

    昔、それについて深く考えた事がある。その『お別れ』は単なる破局なのか。
    それとも、片方の寿命が尽き、『お別れ』するのか。

    それ以外の事はあの頃の私には思い浮かばなくて、今の私にも分からない。

    今、なぜその言葉を思い出したのかは分からないけれど、忘れてはいけないとおもった。




    【梨子「さようならは言わないで」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1514211937/

    1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/25(月) 23:25:37.56 ID:6Ci1XWZF

    ―梨子の家の前―

    善子「うふふ……クリスマスにリリーに呼ばれたからこうしてリリーの家に来たわ」

    善子「クリスマスに女の子の家に行くなんてリア充の極みよね」

    善子「もしかしなくても今夜リリーと熱い夜も……きゃー///」

    善子「そ、そこまでなくても誰かと過ごすクリスマスなんて素敵よね」

    善子「楽しみすぎて今の私の顔なんてリリー以外には見せられないわ」

    善子「そういえば千歌の家に曜が入っていくのを見たけど、向こうもパーティーかしら」

    善子「まぁ、そんなことより私も楽しまないとね」ピンポーン



    2: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/25(月) 23:26:16.06 ID:6Ci1XWZF

    梨子「はーい」ガチャ

    善子「リリー、メリークリスマス!」

    梨子「メリークリスマス、よっちゃん!」

    梨子「今日はいっぱい楽しもうねっ」

    善子「うんっ」

    梨子「じゃあ、外は寒いから早速私の部屋にどうぞ」

    善子「お邪魔します」



    5: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/25(月) 23:27:03.81 ID:6Ci1XWZF

    ―梨子の部屋―

    梨子「よっちゃん、いらっしゃい」ガチャ

    善子「あら、色々と飾り付けられてるじゃない」

    梨子「よっちゃんが来るからちょっと張り切っちゃった……///」

    善子「それでこそ我がリトルデーモンよ」ギュー

    梨子「えへへ……♪」

    梨子「じゃあ私はちょっと準備してくるから離れるね?」

    善子「はーい」

    梨子「いないからってベッドの下とか見ないでよね?」

    善子「わかってるわよ」




    【善子「リリーと過ごすクリスマス」】の続きを読む

    このページのトップヘ