大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > ちかなん

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546785487/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/06(日) 23:38:07.09 ID:mT9e9njVO

    キャラ崩壊注意ですが、暇つぶし程度に読んでもらえると助かります





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/06(日) 23:40:12.73 ID:Dq7a8xX50

    果南「千歌ってオナニーしたことある?」
    千歌「は、はあ!?」
    ある日の放課後、果南ちゃんと二人っきりの部室にて
    いきなりそんなことを言い出した果南ちゃんに、私は自分の耳を疑った
    果南「どうした千歌?そんな大声あげて」
    千歌「いや、だって果南ちゃんが!」
    変なこと言うから!って言おうと思ったけど
    いやいや、落ち着け高海千歌
    果南ちゃんの口からそんなオ、オナ……なんて言葉が出ると思う?
    ううん、果南ちゃんはそんなこと言わない!
    なんだー、聞き間違いかー、びっくりしたなあもう
    千歌「あはは。ごめん、なんでもない。それで、なんだっけ?」
    果南「千歌ってオナニー好き?」
    千歌「何言ってんの!?」
    だよね、知ってた!
    だってはっきり聞こえたもん、オナニーって!
    てかさっきと微妙に違うし!



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/06(日) 23:42:20.47 ID:Dq7a8xX50

    千歌「なんでそんなこと聞くの!?」

    果南「なんでって、ただの雑談だよ」

    なんでそんな何でもない風な顔ができるんだろう

    自分が何を言ってるのか理解できてないのかもしれない

    私はなるべく冷静をを装って果南ちゃんに聞き返す

    千歌「果南ちゃん。オ、オナニーってどういう意味か分かって言ってる?」

    果南「自慰、一人エッチ、マスターベーション」

    ああ、駄目だ

    きっと果南ちゃんは頭がおかしくなってしまったんだ

    ごめんね果南ちゃん、そんなになるまで気づいてあげられなくて

    私は心の中で涙した

    果南「ん?どうかした?」

    千歌「いや……」

    果南「っていうか千歌、顔が真っ赤になってるよ」

    千歌「それは……果南ちゃんがおかしなこと言うからじゃん……」

    果南「照れちゃって、可愛いな千歌は」

    果南ちゃんの言う通り、多分今私の顔は真っ赤になっていると思う

    だってこんな話、恥ずかしくて死にそうだよ

    果南「そんな恥ずかしがらなくても、今時の女子高生ならこんな話普通だよ」

    千歌「えー、嘘だよ」

    果南「ホントホント。きっと梨子ちゃんも東京ではオナニーの話ばっかりしてたと思うよ?」

    千歌「ま、まさかー……」

    だけど言われてみれば、確かに梨子ちゃんってそういうの好きそうな感じあるかもしれない

    やっぱり東京の人ってここみたいな田舎よりみんな進んでるのかなあ

    なんだか、ちょっとだけ梨子ちゃんを遠くに感じるよ



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/06(日) 23:44:20.05 ID:Dq7a8xX50

    果南「それで、千歌はオナニーするの?」

    千歌「う……。教えないそんなの」

    でもだからって、そんなに急に大人になんてなれないわけで

    こういう話を恥ずかしげもなく出来るほどの大人じゃない私は、果南ちゃんの質問に答えることなくはぐらかす

    果南「ふーん、してるんだ」

    千歌「し、してるなんて言ってないし!」

    果南「教えないっていうのはしてるって言ってるのと同じことだよ」

    千歌「うっ……」

    図星をつかれ、私は何も言えなくなってしまう

    果南「へえー。千歌ってそういう事に興味なさそうに見えるのに、意外とエロいんだ」

    千歌「エロくないし!た、たまにだけだから!そんなにしないから!」

    果南「たまにってどれくらい?」

    千歌「もう、なんでそんなこと果南ちゃんに言わなくちゃいけないの!?」

    果南「だって私は千歌のお姉さんみたいなものだからね。姉として妹のそういう事はしっかり把握しておかないと」

    意味がわからない

    だったらダイヤさんはルビィちゃんのオナニー頻度を把握してるとでもいうんだろうか

    ……してるかもしれないなあ、ダイヤさんだったら




    【千歌「猥談と百合」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1542972512/

    1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/11/23(金) 20:28:32.68 ID:l+FciWIb

    千歌(21)「えっ、誰から聞いたの?」

    果南「曜が言ってたよ」

    千歌「もー…曜ちゃんすぐ人に言うんだから…」

    果南「あんなにおてんば娘だった千歌も告白される日が来るなんてねぇ」

    千歌「それは昔の話でしょー」

    果南「私はいつも妹が出来たみたいで可愛かったけど♪」

    千歌「もーっ…」

    果南「で?どうするの?」



    2: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/11/23(金) 20:30:09.36 ID:l+FciWIb

    千歌「どうするって…」

    果南「そもこも、どこで知り合ったの?」

    千歌「もー…果南ちゃんには関係ないでしょー!」

    果南「関係あるよ、気になるし♪」

    千歌「からかってー!
    …まぁ、大学の同じサークルの人だよ」

    果南「へー、いいじゃん
    カッコいい?」

    千歌「写真、見る?」

    果南「見るー」



    3: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/11/23(金) 20:32:12.33 ID:l+FciWIb

    千歌「…ほら、この人」

    果南「へー、優しそうな人だね」

    千歌「んー、まぁね」

    果南「付き合えば?」

    千歌「……」

    果南「別に好きな人いないんでしょ?」

    千歌「……さぁね」

    果南「さぁって…自分のことでしょ?」

    千歌「んー…よくわかんないや」

    果南「よく分かんないって…まだまだ子供だなぁ、千歌は」

    千歌「子供の頃に戻りたいよ」

    果南「ん?どゆこと?」

    千歌「なんでもー…」



    4: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/11/23(金) 20:33:58.13 ID:l+FciWIb

    千歌「…そういう果南ちゃんはどうなのさ」

    果南「どうって?」

    千歌「彼氏!出来た?」

    果南「いないよー」

    千歌「そうなんだ?」

    果南「ま、出来たところで千歌には言わないけど」

    千歌「えーっ、なんでー!」

    果南「だって千歌、口軽そうだもん」

    千歌「そんな事ないよー」

    果南「口軽い人はそういうの」




    【果南(22)「千歌、告白されたんだって?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1488879057/

    1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 18:30:57.66 ID:ssvnWADp.net

    健全なSSです



    2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 18:31:23.45 ID:ssvnWADp.net

    果南「千歌ー」

    千歌「…………」  

    果南「千歌?」

    千歌「…………」  

    果南「おーい、ちーかー!」

    千歌「は、はいっ」ビクッ

    千歌「同期したの、急に大声出して……」

    果南「さっきからずっと呼んでました!」

    千歌「え?」

    果南「……耳でも悪くなった?」

    千歌「うーん、健康なはずだけど」

    果南「やめてよねー、こんな歳から耳が遠くなるとか……」



    3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 18:31:50.07 ID:ssvnWADp.net

    千歌「…………」  

    果南「……ちか?」

    千歌「…………」  

    果南「千歌!」トンッ

    千歌「ひゃいっ」ビクッ

    果南「千歌! 最後に耳かきしたのいつ!」

    千歌「お、覚えてないです……」

    果南「……よぉし、久しぶりに私の出番だね」

    千歌「え?」



    4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 18:34:34.67 ID:ssvnWADp.net

    ーー

    果南「はい、おいで」

    千歌「……う、うん」オズオズ

    果南「どーしたの、前もしてたじゃん」

    千歌「そ、それはね?」

    果南「はい、おいで!」

    千歌「ひゃい!」

    千歌「…………」ポスン

    千歌(あ、あったかい……)

    千歌(耳が……変な感じ……)

    千歌(こうしてみると、膝って案外柔らかくないんだよね……)

    千歌(でも、なんか……)

    千歌(懐かしい感触というか……)

    果南「はい、じゃあ右からねー」




    【【SS】果南「千歌! 最後に耳かきしたのいつ!」千歌「覚えてないです……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1535043959/

    1: 名無しで叶える物語(らっきょう) 2018/08/24(金) 02:05:59.38 ID:Gc8W6K3/

    果南(16)「シたいって……///」

    千歌「……エッチ///」

    果南「ちょっ、バッ……!///なに言って……!///」

    千歌「……………………//////」

    果南「も、もう!///千歌の冗談にも困ったもんだよ!///そんないきなり……///そういうこと簡単に言っちゃダメなんだよ?///私だから冗談で済んだけど、他の人だったら……///」

    千歌「……から」

    果南「へ?」

    千歌「冗談なんかじゃ……ないから///」

    果南「っ!?///こっ、子どものくせになに言って……///」

    ガシ!

    フニッ……

    果南「!!?//////」

    千歌「私、もう……子どもじゃないもん///」



    3: 名無しで叶える物語(泡盛) 2018/08/24(金) 02:08:33.65 ID:gz6qqhmX

    最高かよ



    4: 名無しで叶える物語(ほうとう) 2018/08/24(金) 02:08:33.71 ID:Z+dM5Nup

    |c||^.- ^||大変なことになりましたわー!




    【千歌(15)「果南ちゃん……シたい……///」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534869142/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/22(水) 01:32:23.17 ID:GWPyGfCk0

    ちかなん
    超絶短い





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/22(水) 01:33:24.90 ID:GWPyGfCk0

    千歌「果南ちゃーん。ちょっと聞いていい?」

    果南「ん?なに?」

    千歌「なんで人を好きになるんだと思う?」

    果南「うーん、難しい事聞くなぁ」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/22(水) 01:34:09.71 ID:GWPyGfCk0

    果南「そうだなー。普通なら子孫を残すためって言うけれど…。でも世の中には同じ性別の人を好きになる人だっているし、そういう意味では違うのかもね」

    果南「やっぱりこればっかりは本能なんじゃないかな。好きになるって事は人が人であるためのメカニズムだと思う」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/22(水) 01:34:40.86 ID:GWPyGfCk0

    千歌「んー…。チカにはよくわかんないや」

    果南「あんまり深く考える必要はないと思うよ。でもなんでまたそんな事聞いたの?」

    千歌「ちょーっとふと気になっただけだよ。ほら、よくあるでしょ?宇宙の果てはどうなってるんだろーってやつ。ああいう感じだよ」




    【ちかなんがただ駄弁るだけ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530952116/

    1 : ◆6/2mKHzyrM 2018/07/07(土) 17:28:36.65 ID:k+nhhCuYO

     織姫と彦星のお話。

     一年に一度、天の川を隔てて出会える、想いは同じなのに一緒にはいられない二人。悲しいけどロマンチックなお話。七夕の度に夜空を見上げては何回も繰り返した。







    2 : ◆6/2mKHzyrM 2018/07/07(土) 17:37:41.83 ID:Hp889MgaO

    果南「千歌はさ、織姫と彦星どっちが好き?」

    千歌「そりゃ~、織姫さまでしょ」

    果南「そかそか」

    千歌「急にどうしたの、果南ちゃん?」

    果南「別にぃ~」

    千歌「そう?」

    果南「うん」

    千歌「果南ちゃん、今日変だよ?挙動不審というか…」

    果南「そ、そんなことないよ…//」

     そう言って果南ちゃんはバツが悪そうにそっぽを向いた。暗くてよく見えなかったけど、果南ちゃんの顔が少し赤くなっているような気がした。




    3 : ◆6/2mKHzyrM 2018/07/07(土) 17:38:47.75 ID:Hp889MgaO

    千歌「にしても、ここで星空を見るのも何年目かな?」

     話を区切ろうと、昔の話を振る。けれど、果南ちゃんはそっぽを向いたまま黙り込んでいる。しばらくして。

    果南「…」

    果南「あ、あの……さ、千歌」

    千歌「うん?」

    果南「千歌はさ、なんで七夕のお願いをわたしと同じクラスになりたいなんて願ってたの?」

    千歌「あー、あれ?そりゃ~、果南ちゃんと一緒にいたいからだよ」

    果南「一緒にいたい……か」

     わたしにとっては昔から当たり前なこと。気づけば果南ちゃんがそばにいて、ずっと、ずっと一緒にいたから。




    4 : ◆6/2mKHzyrM 2018/07/07(土) 17:39:37.51 ID:Hp889MgaO

    千歌「まあ、それが出来ないのも最近はわかってきたけど」

    果南「最近って、ふふっ」

    千歌「もう!笑わないでよー!」

    果南「ごめんごめん」

    千歌「ふーんだっ」

     こんな会話をずっとずっとしていけたらいいなって。大袈裟な態度を取るわたしに果南ちゃんが聞いてきた。




    5 : ◆6/2mKHzyrM 2018/07/07(土) 17:40:26.31 ID:Hp889MgaO

    果南「じゃあ、わたしの願い事知ってる?」

    千歌「果南ちゃんの?」

    果南「うん」

    千歌「ん~、人魚になりたい…?」

    果南「千歌らしいな~」

    千歌「むっ!またバカにしたな~?」

     いつもこれだ。うまい具合に手玉に取られるような。けど、決して嫌な気分ではない、温かくて優しい気持ち。





    【果南「彦星が泣いた日」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526220232/

    1: ◆0r2MuZL2Q. 2018/05/13(日) 23:03:52.26 ID:P76YzYpWO

    【朝は元気な挨拶から】

    千歌「おはヨーソロー!」

    果南「・・・」

    千歌「果南ちゃん、おはヨーソロー!」

    果南「・・・」

    千歌「おはヨーソロー!!」

    果南「ちゃんと聞こえてる」

    千歌「なら返事くらいしてよ、もうっ!」

    果南「いや、だって・・・」

    千歌「仕方ないじゃん。『こんちかー』はお昼じゃないと使えないんだもん」

    果南「別に曜じゃないのに『ヨーソロー』を使ってるのを非難してる訳じゃないよ」

    千歌「あれ? じゃあなんで?」

    果南「なんで玄関開けたら千歌がいるのさ」

    千歌「そんなの決まってるじゃん。たまには一緒に登校したいなーって。えへへ♪」

    果南「今、何時?」

    千歌「6時!!」

    果南「・・・はあ。ランニング付き合う?」

    千歌「あ、それはいい。家の中で待ってるよ」

    果南「・・・」






    2: ◆0r2MuZL2Q. 2018/05/13(日) 23:05:10.04 ID:P76YzYpWO

    【その女、策士担当につき】

    果南「さて、説明してくれる?」

    千歌「ふあぁ・・・。説明ってなにをー?」

    果南「今のこの状況」

    千歌「ええー? 何か説明することある?」

    果南「そっか。じゃあ、ちょっと整理しよっか。私がランニングに行ったね? その後どうした?」

    千歌「言ったとおり家の中で待ってた!」

    果南「家のどこで待ってた?」

    千歌「果南ちゃんの部屋」

    果南「よし、そこまではわかった。リビングにはおじいちゃんがいるし、居づらいかもしれないもんね」

    千歌「うんうん」

    果南「それで、今千歌が寝てるのはどこ?」

    千歌「果南ちゃんの布団!」

    果南「抱き締めてるものはなに?」

    千歌「果南ちゃんの枕!」

    果南「ほかに言いたいことはある?」

    千歌「ご馳走様でした!!」

    果南「よし、有罪」



    3: ◆0r2MuZL2Q. 2018/05/13(日) 23:06:09.12 ID:P76YzYpWO

    【登校中の話題は 1】

    千歌「『こんちかー』ってはんよーせいが低いと思うんだ。そこんとこどう思う?」

    果南「その話題、蒸し返すの?」

    千歌「重要なことだよ!? みんなのはもっと使い勝手いいもん!!」

    果南「みんなのってなにさ・・・」

    千歌「たとえばー、頑張るびぃ!」

    果南「ああ、ルビィちゃんのね」

    千歌「未来ずらー!」

    果南「花丸ちゃんだ」

    千歌「壁ドン!」

    果南「梨子ちゃんなんだろうけど、汎用性高いとは思わないし、セリフでもないね」

    千歌「えっろ」

    果南「そんな卑猥なこと言うメンバーはいないよ」




    【果南「素顔の私で」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525618088/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 23:48:09.21 ID:CHNN1ZM20

    ちか「だるまさんが~」

    かなん「……」ソローリ

    ちか「ころんだ!」

    かなん「ふっ」ピタ

    ちか「……うごいて、ない。もういっかい!だーるまーさんーが、ころんだっ」

    かなん「よっ」ピタリ


    ちか「──むぅ。かなんちゃん、ぜんぜんつかまらないからつまんない!」

    かなん「まだまだだねぇ、ちかは」

    ちか「だrmさ*?んだ!!」

    かなん「え!ちょ、それはズルだってば」

    ちか「ズルじゃないもーん」

    かなん「ズルだよ」

    ちか「ズルじゃない!」





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 23:49:02.41 ID:CHNN1ZM20

    かなん「ちゃんといわなきゃだめなんだよ。もういっかい」

    ちか「えー」

    かなん「ルールはまもって!」

    ちか「……はーい」

    かなん「うん、それでよし」ニコ


    ちか「じゃあいくよ、だるまさんが……」

    かなん(まってて、ちかっ)

    ちか「ころん──」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 23:50:01.49 ID:CHNN1ZM20

    ────────
    ────
    ──


    千歌「……んんっ、ふわぁあ」

    千歌「あれ、寝ちゃってたのかな」


    窓の外には夕焼けの空がただ広がっている。

    ゆっくりと見せつけるように沈んでいく夕陽は、薄情だった。


    今日、今まで何してたっけ。

    寝ていただけのような気もするし、そうじゃないと言われればそうじゃないのかもしれない。


    美渡「千歌―、夕飯の準備手伝ってくれる?」コンコン

    千歌「……」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 23:50:58.85 ID:CHNN1ZM20

    美渡「千歌、まだ寝てるの?入るわよー」

    千歌「なに、みとねえ」

    美渡「あら、起きてるんだったら返事しなさいよ」

    千歌「ごめん」

    美渡「はあ、あんたねぇ」

    千歌「むぅ」

    美渡「夕ご飯つくるから、手伝ってくれないかってお願いしてるの」

    千歌「わたしは今具合が悪いので、お手伝いはできません」




    【千歌「だるまさんがころんだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1524561298/

    1: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/04/24(火) 18:14:58.52 ID:Fc+iWpyS

    千歌「べ、別にそんなんじゃないし……」

    果南「そうかな~?」

    千歌「そうだよっ!」

    果南「ふ~ん」ニヤニヤ


    私の幼馴染みが、

    私の幼馴染みに恋をした。


    千歌「なに笑ってるの!」

    果南「あはは、ごめんごめん」

    千歌「もう!」

    果南「…ふふ」クスッ


    私の大好きな幼馴染みが、

    私の大親友に恋をした。


    千歌「また笑ってる…」ムッ…

    果南「あぁ、ごめんごめん」


    こんな時、どんな顔でいればいいんだろう?

    わからないよね。

    だからヘラヘラ笑ってる事しか、私には出来ないんだ。



    2: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/04/24(火) 18:15:30.09 ID:Fc+iWpyS

    千歌「もう、果南ちゃんなんてきらい」フイッ

    果南「ありゃりゃ、嫌われちゃった」


    「きらい」なんて、本気で言ってないのはわかってる。

    でも千歌に「きらい」って、そう言われた事が、
    私には立ってられないほどのショックを与えるんだ。


    果南「……」フラッ


    ここで崩れ落ちたら千歌はどう思うのかな。


    果南「……」グッ


    まぁ、そんな事しないけどね。



    3: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/04/24(火) 18:16:01.85 ID:Fc+iWpyS

    果南「機嫌直して?ちーか♪」ギュッ!

    千歌「あっ……もう、果南ちゃんは……」


    小さい頃から千歌と喧嘩した時は、
    こうやってハグしてあげると機嫌を直してくれるんだ。

    あの頃はこれだけで仲直りが出来たし、今だってそうだ。


    果南「許してくれる?」
     
    千歌「仕方ないなぁ」


    ね?


    果南「ありがとう、ちーか♪」ギュッ…

    千歌「もう……」


    でも、何で許してくれるんだろうね?

    私が抱き締めただけで……

    特に深い理由も無いのかも知れない。

    子供の頃からしてるから、癖とか習慣みたいなもので、
    これが許すきっかけになってるだけかもしれない。

    でも期待しちゃうんだ……

    本当は私の事が好きなんじゃないかって。

    だって今の私には……

    下心しかないんだから。




    【果南「あはは、千歌はダイヤの事が好きだもんね~」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1523806177/

    1: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭) 2018/04/16(月) 00:29:37.82 ID:NBPguAGy

    冬、冬といえばこたつ、こたつといえばみかん。

    みかんの季節がやってまいりましたー!

    というわけで、果南ちゃんとみかんデートだよ。

    最近はスケジュールが合わなかったから冬になってから会うのは初めて。

    久々だとわくわくするね。

    果南「やっほ」

    来た!

    千歌「果南ちゃん久しぶりー!」

    左手はポケットに入れたまま右手をすっと高くに上げる仕草が果南ちゃんらしかった。



    2: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭) 2018/04/16(月) 00:31:28.48 ID:NBPguAGy

    さてどこに行こっか。

    千歌「どこ行く?」

    果南「そうだねー」

    厚手のコートに白い吐息。

    髪が少し伸びたのかな。雰囲気がまた大人っぽくなった?

    千歌「寒いよね」

    果南「寒いね」

    千歌「冬だよ」

    果南「冬だね」

    千歌「では問題です。冬といえば何の季節でしょう!」

    果南「言うと思った。みかん狩りは持って帰っても腐らせちゃうから遠慮するよ」

    千歌「どうして分かったの?!さてはエスパー!!」

    果南「ははっ。このやり取りすると冬だなーって感じるなあ」



    3: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭) 2018/04/16(月) 00:32:03.35 ID:NBPguAGy

    千歌「いつからやってんだろう、これ」

    果南「小学校低学年…いいや、幼稚園の頃にもやった気がする。ほら、3人で朝からクリスマスパーティーとか言ってさ」

    千歌「ああ覚えてる!確かあの時は…」

    果南「…」

    千歌「私、一日のスケジュール書き出してさ、3枚つくって渡したんだ」

    果南「そうそう」

    千歌「それで、冬といえばみかん、まずはみかん狩りに行きましょう、って仕切って、畑まで行って、みんなでみかん狩りしたよね」

    果南「私持ち帰れないくらい採っちゃってさ、しばらくみかんに囲まれた生活だったおかげで一時期みかん恐怖症だったんだ」

    あったね、そんなこと。

    懐かしい思い出話をしながら、2人で街に向かっていった。




    【千歌「幼馴染の果南ちゃんと」】の続きを読む

    このページのトップヘ