大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > ようちか

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1533724146/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/08/08(水) 19:29:06.93 ID:hlW7RrTw

    ―スクールアイドル部室―

    千歌「えー、ということで」

    曜「はい」

    千歌「練習の時間を間違えました」

    曜「普通、1時と3時って聞き間違える?」

    千歌「じゅうさんじって聞こえたの……てへぺろ♡」

    曜「可愛いから許します」

    千歌「ぃよっし!」

    曜「練習まで2時間もあるよ。一旦帰る?」

    千歌「またバス乗って帰るの?」

    曜「他にやることもないし……ランニングしよっか♪」

    千歌「私ここの地縛霊だから離れられないの」

    曜「いきなりカミングアウトきたね」



    2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/08/08(水) 19:29:49.33 ID:hlW7RrTw

    千歌「んー……じゃあおしゃべりしよっか」

    曜「はーい」

    千歌「……」

    曜「……」

    千歌「……夏ですね」

    曜「とりあえずグラウンド3周から始めようか」

    千歌「や~だぁ~待ってぇ~」ギュッ

    曜「暑いから離れて……ここってクーラー効いてる?」

    千歌「うん。28度で動いてまーす」

    曜「24度まで下げちゃお」ヒョイ

    千歌「ダイヤちゃんに節電月間って言われたのに?」

    曜「暑いんだもん……こういう時、鞠莉ちゃんの部屋でのんびりしたいよね」

    千歌「わかるー!クーラー効いているし見たことないお菓子出てくるしコーラ飲み放題だし!」



    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/08/08(水) 19:30:07.56 ID:hlW7RrTw

    曜「すごかったね……善子ちゃんたちが住みたいって大騒ぎしていた理由がよくわかった」

    千歌「あんなに部屋あるんならさ、一部屋くらい分けてくれないかな」

    曜「一応ホテルだからね?」

    千歌「知ってるけどぉ……ホテルがお家とか何なの?お金持ちでもそうそういないよね。エクストリームお金持ちだよね」

    曜「エクストリーム」

    千歌「ウルトラの方がよかったかな」

    曜「オーソドックスに『超』がいい」

    千歌「どっちでもいいよ」

    曜「千歌ちゃんから言ってきたくせに……千歌ちゃんのお家も宿だよね」

    千歌「私は普通の部屋だって。お客さんが泊まる部屋とは大違いだし」

    曜「自分の部屋と鞠莉ちゃんの部屋、どっちが好き?」

    千歌「どう考えても鞠莉ちゃんの部屋でしょ」



    4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/08/08(水) 19:30:36.26 ID:hlW7RrTw

    曜「じゃあお客さんが泊まる部屋と鞠莉ちゃんの部屋」

    千歌「鞠莉ちゃん」

    曜「みかんが無限に食べられる部屋と鞠莉ちゃんの部屋」

    千歌「んー……鞠莉ちゃん!」

    曜「鞠莉ちゃん強いね。でもアレも一緒に付いてくるよ」

    千歌「アレって?」

    曜「小原像」

    千歌「あれロビーにあるのに!?」

    曜「デメリットみたいな」

    千歌「デメリットって言っちゃ失礼じゃない?」

    曜「鞠莉ちゃん、フリマで売ろうとしてたよね」

    千歌「本人公認のデメリットかぁ」

    曜「あれさ、金ピカだけど本物の金でできてるのかな」

    千歌「そうだったら持ち運びできなくない?鞠莉ちゃん普通に持ってたよね」

    曜「中身スカスカ金メッキ?」

    千歌「かもねー。でもこの前行った時はなかったよね。もう売っちゃったのかな」




    【千歌「おしゃべりしよ」曜「はーい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1533130751/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/08/01(水) 22:39:11.77 ID:qneQmir9

    ―千歌部屋―

    千歌「よーちゃんもう寝るの?」

    曜「だってもう23時だよ」

    千歌「夜はこれからなの!今夜は寝かせないゾ♡」

    曜「楽しみだなー」ゴロンッ

    千歌「じゃあ横になりながらおしゃべりしよ」

    曜「途中で眠っても怒らないでね」

    千歌「エビで叩く」

    曜「ひどい」

    千歌「それじゃあねぇ……」

    曜「……」

    千歌「えっとぉ」

    曜「おやすみ……なしゃい……」ウトウト

    千歌「待って待って!梨子ちゃんの話!」

    曜「……うん」



    2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/08/01(水) 22:39:58.97 ID:qneQmir9

    千歌「昨日さ、一緒に帰ろうって誘ったら断られたじゃん?」

    曜「そだね」

    千歌「用事とか言ってたけど、あれきっと善子ちゃんと一緒に帰るからだよね」

    曜「あ、そうなんだ」

    千歌「イチャイチャするのかな」

    曜「イチャイチャ?」

    千歌「知らないの?あの2人付き合ってるよ」

    曜「ぇぇぇええええええ!?」ガバッ

    千歌「毎朝一緒にバス乗って来てるのに聞いてないの?」

    曜「えっ、うそっ、え?ちょ、え?ほんと?マジなの?」

    千歌「まじまじ」

    曜「えぇ……なんかショック」ゴロンッ



    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/08/01(水) 22:40:44.58 ID:qneQmir9

    千歌「まさか梨子ちゃんのことを?」

    曜「そういうのじゃなくて……知ってる友達が知らない所で付き合うってなんかこう、ぐっとこない?」

    千歌「ぐっと……感動的な?」

    曜「なんて言うんだろ、付き合うなら言ってよー。みたいな」

    千歌「よーちゃん関係ないよね」

    曜「ないけど恋愛相談受けてみたかったなぁ」

    千歌「よーちゃんが?」

    曜「恋愛マスター曜ちゃんでありますっ♪」

    千歌「自分で言っちゃうかぁ」

    曜「まぁね」

    千歌「あの2人お似合いだよね。なんかこう、大人な雰囲気でさ」

    曜「わかるー。梨子ちゃんの凛とした雰囲気、善子ちゃんのクールビューティ……いいなぁ」

    千歌「そういうのに憧れちゃうの?」

    曜「うん。大人な女性になりたい」

    千歌「例えば?」

    曜「……渡辺曜ですわ。みたいな」




    【千歌「おしゃべりしよ」曜「明日ね」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1532866070/

    3: 名無しで叶える物語(庭) 2018/07/29(日) 21:08:29.23 ID:x7okjzW6

    千歌「やめてよ……曜ちゃん……何で私を虐めるの……」

    月曜「ご、ごめんね千歌ちゃん……でも、こればっかりは自然の摂理だから……」

    千歌「毎週毎週そうやって言い訳して!千歌の気持ちなんて考えてない!私がどれだけ今日の曜ちゃんと会いたくなかったか分かってるくせに!!!」

    月曜「ごめんなさい……千歌ちゃんごめんなさい……」

    千歌「ぐすっ……ねぇ……戻ってよ……昨日までの曜ちゃんを返してよっ……!」



    4: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/07/29(日) 21:10:46.80 ID:hu6CI55R

    月曜ちゃん…



    5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/07/29(日) 21:13:17.90 ID:faSHzWNL

    消えろ(迫真)



    6: 名無しで叶える物語(聖火リレー) 2018/07/29(日) 21:14:12.27 ID:8ah8fqia

    先々週の月曜ちゃんはあんなに歓迎されてたのに……




    【月曜「ヨーソロー!来ちゃったであります!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1520514244/

    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/08(木) 22:08:41.30 ID:QpCN10TF0

    ちか:明日見る映画内緒なんだよね?

    曜:うん、楽しみにしといて♪

    ちか:そかそか!どんなやつだろー?楽しみ♪

    曜:また明日ね!

    ちか:はーい♪


    曜「…よし」

    善子『送るまでが長かったけどね』

    曜「うるさい」

    梨子『まあまあ!曜ちゃんも頑張ってるから、ね?』




    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/08(木) 22:09:17.30 ID:QpCN10TF0

    曜「この前の二人に言われたやり方両方やったけどさ」

    よしりこ『うん』

    曜「千歌ちゃん、全く通じなかった…」

    よしりこ『わぁーお』

    曜「その棒読み感やめい」

    梨子『千歌ちゃん、ものすごい強敵なのね』

    善子『というかリリーが言ったようなことをよく実践できたわね?』

    曜「ちょっとおっちょこちょいなとこあってさ、千歌ちゃん。そこも可愛すぎなんだけどね」

    善子『いきなり流暢な喋りに…』




    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/08(木) 22:09:54.04 ID:QpCN10TF0

    曜「その時もはしゃいじゃってなんにもないとこで転けそうになっちゃったから、咄嗟に引き寄せたんだ」

    梨子『おー!それでそれで?』ズイッ

    善子『食いつきがすごい…』

    曜「天使さんに言われたこと思い出したから、言ったんだよ。『大丈夫、千歌ちゃん?』って」

    梨子『イケボで言ったのよね?ね??』

    曜「ま、まあ、頑張ってみたよ…//」

    梨子『きゃー!やってやって!』

    曜「えー、やだよ。めんどくさい…」

    梨子『見たいな~?見たいな~??』

    曜「え~?」

    善子『なんだこのイラつく会話は』





    【曜「わたしに囁く天使と悪魔」梨子『二つ目』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1530106427/

    1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/06/27(水) 22:33:47.77 ID:a4iD13tX

    曜「大丈夫ー?」

    千歌「曜ちゃん……千歌はここまでのようだ……」フラッ

    曜「わわっ!?」ギュッ

    千歌「んもー!なんで曜ちゃんが泊まりに来た日にお手伝いしなきゃいけないのー!?」

    曜「……えへへ♡お疲れ様♡」チュッ

    千歌「ん……♡」

    曜「そんなお疲れ千歌ちゃんには専属マッサージ師の曜ちゃんが癒してあげようっ♡」

    千歌「え、いいのー!?やったー!!」



    3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/06/27(水) 22:36:28.26 ID:a4iD13tX

    曜「もっちろん!じゃ、うつ伏せになって?」

    千歌「はーい!」ギシッ

    曜「……あ、ごめん、邪魔になるからブラ取ってもいい?」

    千歌「えっ///」

    千歌(そ、それって……もしかして、えっちする、ってこと……?///)

    曜「千歌ちゃん?」

    千歌「あ、あぁ、うん!いいよ!外して!」

    曜「ん、失礼しまーす」プチッ…

    千歌「ん……っ」

    千歌(ちか、疲れてるんだけど、な……♡)



    4: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/06/27(水) 22:39:33.74 ID:a4iD13tX

    曜「痛いだろうし取っちゃうね。ちょっと体浮かせてくれる?」

    千歌「う、うんっ」スッ

    曜「あ、可愛い下着♡新しいやつ?」

    千歌「へ!?あ、そうだよっ!よぉちゃん、こういうの好きかなって……♡」

    曜「私のためにつけてくれてたんだ」クスッ

    千歌「あっ……///」ドキッ

    千歌(よ、よぉちゃんが積極的だ♡これ、ちか寝れるのかな……♡)



    5: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/06/27(水) 22:45:16.36 ID:a4iD13tX

    曜「じゃ、マッサージするね?」

    千歌「うん、いいよ……♡」

    曜「先に足から、ね!」ゴソゴソ

    千歌「ん……なにやってるの?」

    曜「この前通販で買ったんだ♡クリームだよ♪」

    千歌「クリーム?」

    曜「これつけてすると気持ちいいらしいよー♡」ピトッ

    千歌「ひっ♡」




    【千歌「うぅ……疲れたのだ……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1530000305/

    1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/06/26(火) 17:05:05.91 ID:560/NrSZ

    千歌「え?……あぁ、冷房効きすぎたかな。ごめんごめん、今消すね」

    曜「あ……うん」

    千歌「よっ、と」ポチッ

    千歌「……」ペラッ……ペラッ……

    曜「……」



    2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/06/26(火) 17:07:35.85 ID:560/NrSZ

    千歌「え?なに?」

    曜「な、なにって?」

    千歌「いや、なんかすごい見てくるから……どうしたの?」

    曜「い、いや……なんとなく」

    千歌「……そっか」

    曜「…………寒いね」

    千歌「冷房は消したからね……大丈夫?具合悪い?」

    曜「へ?あ、いや、元気だけど……」



    3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/06/26(火) 17:09:11.90 ID:560/NrSZ

    千歌「そ?ならいいけど……」

    千歌「……」ペラッ……

    チラッ

    曜「……」ツーッ

    千歌「汗垂れてるけど」

    曜「へ!?いや、これは汗じゃないけど……?」

    千歌「千歌は暑いけど……曜ちゃんは?」

    曜「……寒い」



    4: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/06/26(火) 17:11:00.03 ID:560/NrSZ

    千歌「嘘じゃん!」バンッ

    曜「わ、」ビクッ

    千歌「え、嘘だよね?今六月の終わりだよ?今30度あるんだよ?」

    曜「さ……寒い」ダラダラ

    千歌「汗すごいよ!?なんなの!?」

    曜「うぅ……」

    千歌「はぁ……もー、曜ちゃんわかんないよ……なに……?」




    【曜「うぅ……寒いよぅ……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1529764152/

    1: 名無しで叶える物語(おいしい水) 2018/06/23(土) 23:29:12.13 ID:E+6+r09z

    曜「千歌ちゃんが可愛いってことが」



    2: 名無しで叶える物語(おいしい水) 2018/06/23(土) 23:30:35.57 ID:E+6+r09z

    曜「千歌ちゃん好きだあああああああ!!!!」

    千歌「どええええええええ!?」

    曜「付き合って、いや!結婚してください!!!!」

    千歌「ふええええええええええええええ!?!!?」



    3: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/23(土) 23:32:26.39 ID:OISnoS+J

    そこに気付くとは、やはり天才か



    5: 名無しで叶える物語(おいしい水) 2018/06/23(土) 23:34:02.99 ID:E+6+r09z

    曜「結婚しよう!!!結婚!!!」

    千歌「ちょ待っ、ちょ、え、ちょ、え!?」

    曜「私ずっと千歌ちゃんの事が好きだったんだよ!!!それに今気付いたの!!私には千歌ちゃんしかいないってやっと気付いたんだ!」

    千歌「はあああ/// ちょっちょっちょ!!!はやいはやい!!心の準備がこっちにもほらあの色々さぁ////」

    曜「愛してるんだよ!!好きなの!!!大好きなんだああああああああ!!!!」

    千歌「あああああああああああ/////////」



    7: 名無しで叶える物語(おいしい水) 2018/06/23(土) 23:38:32.86 ID:E+6+r09z

    曜「私にはもう千歌ちゃんしかいないんだよ!!」ギュッ!!!

    千歌「は…はひぃ…///」ドキドキドキドキ!!!!!

    曜「わっ、千歌ちゃん凄いバクバク言ってる!!」

    千歌「よ、よーちゃんのせいじゃん/////」

    曜「で!!!どう!?」

    千歌「どど、どうって!?」

    曜「結婚だよ!!結婚!!プロポーズの返事は!?」

    千歌「ぷぷぷぷぷぷろぽーず!?そそそっか!プ、プロポーズ////」



    9: 名無しで叶える物語(おいしい水) 2018/06/23(土) 23:44:38.84 ID:E+6+r09z

    千歌「いやちょ、ちか達まだ高校生だし…/// あ、Aqoursもあるし…///」

    曜「そうだね!!!でも私は千歌ちゃんと結婚したいよ!!!」

    千歌「はああああ///////// まって…//待ってぇ…////」ドキドキドキ!!!!

    千歌「と、とりあえず離れて…///」トン

    曜「どうしたの千歌ちゃん!?なんか様子がおかしくない!?」

    千歌「ば、ばかよーちゃん!!!」

    曜「!?」

    千歌「平然となんて、してられるわけないじゃん!!!!」

    千歌「私だって、よーちゃんのことすすすす好きだもん/////」

    曜「!?」




    【曜「そうか……。そうだったんだ!やっと分かった!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1529420220/

    1: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/06/19(火) 23:57:00.24 ID:jXqUGP3s

    千歌「おやおやおや~?これこれは学園のアイドル正義のヒーローイケメン曜ちゃんじゃありませんかー?」

    曜「…」

    千歌「あれれれ?曜ちゃん無視するの?」ギュッ♡

    曜「…」

    千歌「あ~曜ちゃん今チカとぎゅーしてるよ?いいの?学園のアイドルが__」

    曜「千歌ちゃん」

    千歌「はーい!チカでーす!チカはここにいますよー!」

    曜「あっついから離れて」

    千歌「離れてほしい?」

    曜「うん…今はちょっと暑いかも」

    千歌「たしかに暑い…でも嫌でーす」ギュー♡

    曜「あちちち」



    5: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/06/20(水) 00:00:31.50 ID:MuzxxDH3

    千歌「曜ちゃん何してたの」

    曜「宿題、千歌ちゃんは終わったの?」

    千歌「曜ちゃんが終わるの待ってる!」

    曜「…見せないよ?」

    千歌「えっ」

    曜「この前梨子ちゃんに言われたから」

    千歌「そんな…じゃ宿題する…」

    曜「それがいいよ、ほら途中までだったら見せてあげるから」

    千歌「…曜ちゃんてチカに甘くない?」

    曜「そうかな?」




    【千歌「あっイケメンさん見つけた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529416459/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 22:54:19.38 ID:nNZ4fm/x0

    雲ひとつない青空の下で、今日私はこの幼馴染と愛の契約を結ぶ。

    控え室にいる私の周りには、高校時代からの友人の梨子ちゃんがいる。





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 22:56:36.79 ID:nNZ4fm/x0

    梨子「千歌ちゃん、そのウェディングドレスすごく似合ってるよ」

    千歌「ふふっ、ありがとう」

    千歌「あ〜私もはやく梨子ちゃんのドレス姿見てみたいなぁ〜」


    なんてからかってみる。すると梨子ちゃんは顔を真っ赤にして


    梨子「そ、それは私じゃなくて善子ちゃんに言って!」(//・_・//)カァ~ッ…

    善子「ヨハネ!」バンッ

    勢いよく開いたドアの先には、私の恋人の所にいるはずの善子ちゃんがいた。



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 22:57:51.03 ID:nNZ4fm/x0

    善子「千歌、曜を連れてきたわよ!」

    千歌「まってました!ふふっ♪」


    心をウキウキさせながら待っていると、控え室のドアがあいた。


    曜「千歌ちゃん♪」

    千歌「曜ちゃん!」


    私の結婚相手である幼馴染の曜ちゃんは、私と同じくウェディングドレス姿だった。私はその姿に心を踊らせた。

    あぁ、いよいよなんだ……と。




    【千歌「曜ちゃんと結婚するのだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489464437/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 13:07:17.34 ID:NTpDUVgqO

    短めに。







    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 13:10:13.08 ID:NTpDUVgqO

    梨子「……え?」

    曜「えっ、て?」

    梨子「いや……え、ゴメン。待って?どういうこと?」

    曜「千歌ちゃんも恥ずかしがり屋だよね。溜めに溜めてまだチョコレートくれないんだよ」

    梨子「……………………」

    曜「あ、みんなと同じ友チョコはくれたよ?でもまだ本命をもらってないんだよね。千歌ちゃんの照れっぷりにも困ったもんだよ。まぁ、そんなとこと可愛いっていうか~///」ニヤニヤ

    梨子「……………………え?」




    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 13:13:18.56 ID:NTpDUVgqO

    梨子「ゴメン、曜ちゃん。ちょっといいかな?」

    曜「はい?」

    梨子「えーっと……………………ダメだわ。どこから話していいのかわからない」

    曜「変な梨子ちゃんだ~♪」ケラケラ

    梨子「あ、うん。変なのはむしろそっちだけど。一応ね?一応訊かせて?チョコレートって……え、バレンタインの話してる?」

    曜「あったりまえじゃーん」

    梨子「あ、うん。だよね」




    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 13:18:55.41 ID:NTpDUVgqO

    曜「いや~、楽しみだな~♪千歌ちゃんの本命チョコ~♪絶対おいしいに決まってるよね♪絶対口の中で蕩けるよ♪」

    梨子「蕩けてるのはむしろ曜ちゃんなんだけど……」

    曜「千歌ちゃんも恥ずかしがってないではやく渡してくれればいいのにね。こっちはもう受け取り準備万端だっていうのに」

    梨子「ちなみになんだけど、そこにラッピングされてるのは……」

    曜「ホワイトデーのお返しっ♪」

    梨子「ですよね」

    曜「心配しなくても梨子ちゃんのもあるから♪まあ、千歌ちゃんのは特別だけどねっ♪」

    梨子「……………………なんか頭痛くなってきた」





    【曜「私はまだ千歌ちゃんに本命チョコレートをもらっていないだけ」】の続きを読む

    このページのトップヘ