大きいサイズ

    カテゴリ:モバマス・デレステSS > ほのぼの・日常要素

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492611711/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:21:51.37 ID:Xk03Gf1I0

    アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。

    書き溜めあり、短めです。





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:22:37.40 ID:Xk03Gf1I0

    桃華「ふむ…」

    ありす「桃華さん、これは…」

    桃華「ええ、風が向いてきましたわね…」

    ありす「じゃあ…!」

    (ガチャッ)



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:23:20.03 ID:Xk03Gf1I0

    梨沙「おっは~!」

    桃華「あら梨沙さん、ごきげんようですわ」

    ありす「おはようございます」

    梨沙「二人とももう来てたのね…って、二人でナニ見てるの?」

    桃華「こちらですわ」スッ

    梨沙「んっと…?」

    『プラウディスポット ドリームリミテッドガチャ開催!』

    梨沙「あら、ちょっと前のアタシのステージね!」




    【桃華「選挙対策、ですわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488724890/

    1 : ◆dZpIrVJWHy4Z 2017/03/05(日) 23:41:30.63 ID:xRSyrDFq0

    このSSはスターライトステージのアイドルコミュ第23話を基にしています。
    特に最初の方はコミュ内容ほぼそのままです。まだご覧になっていない方はお気を付け下さい。  






    2 : ◆dZpIrVJWHy4Z 2017/03/05(日) 23:42:11.95 ID:xRSyrDFq0

    夏樹(……今日のライブが終わってから、だりーの様子が変だった)

    夏樹(打ち上げにも来ないで帰ったり)

    夏樹(電話しても、口籠って黙ったままだった)

    夏樹(何かある、と思ってアタシはだりーをドライブに連れていった……)



    3 : ◆dZpIrVJWHy4Z 2017/03/05(日) 23:42:54.67 ID:xRSyrDFq0

    夏樹「……明けてきたな」

    李衣菜「……うん」

    夏樹「それで……どうしたんだ?」

    夏樹「もうだんまりはナシだぜ。それとも……」





    李衣菜「なつきちは!」

    李衣菜「なつきちはさ……ずるいよ」



    4 : ◆dZpIrVJWHy4Z 2017/03/05(日) 23:43:29.91 ID:xRSyrDFq0

    夏樹「……そうか。ずるい、か」

    李衣菜「そうだよ! ずるいよ!」

    李衣菜「いつだって……いつだってカッコよくて」

    李衣菜「レッスンもさっさと要領よく終わらせて帰っちゃってさ!」

    李衣菜「本番日でもぜんぜん緊張してないし」

    李衣菜「私が遅れて行っても、仲間のみんなとロックな音楽の話してて!」

    李衣菜「ステージだって、涼しい顔で大成功しちゃってさ!」

    夏樹「……あぁ」




    【【モバマス】李衣菜「なつきちはずるいよ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491645854/

    1: ◆qEJgO2U6bM 2017/04/08(土) 19:04:14.23 ID:48uKViwqO

    楓「あうー」

    P「楓さん、そろそろ帰りますよ」

    楓「うー。あー……はい、もうそんな時間ですか……」

    P「時間もそうですけど飲みすぎです」

    楓「あーうー。そうですね、ちょっと……今夜はたくさん飲んじゃったかも……」

    楓「あーうー」

    P(子どもみたいだな)アイカワラズ

    楓「あーうっぷ」

    P(ちがうかった)ダメダコリャ





    2: ◆qEJgO2U6bM 2017/04/08(土) 19:05:05.18 ID:48uKViwqO

    ホータールノーヒーカーリ

    P「あ、ほら。ほたるのひかりが流れ出しましたよ」

    楓「おー」

    P「すいません、お会計お願いします」

    楓「あーうー」

    楓「ふふ。ほたるのひかりが流れ出すと、なんだかさみしくなりますね」

    P「そうですね」

    楓「あーうー……今夜もこれで飲み納めですね……」ちびちび

    P「そんな今日でお酒がこの世からなくなるみたいなこと言わなくても」

    楓「!?」コノヨカラオサケガ……

    楓「……」アーウー

    P(さっきまでと違うあーうーだな)



    3: ◆qEJgO2U6bM 2017/04/08(土) 19:05:56.15 ID:48uKViwqO

    P「また明日がありますよ。まずは仕事ですけど」

    楓「……」

    楓「……そうですね。ふふ」

    楓「あ、じゃあ、プロデューサー。明日も私とお酒、飲んでくれるんでしょうか?」

    P「ほどほどなら。付き合いますよ」

    楓「わー。わーい」



    4: ◆qEJgO2U6bM 2017/04/08(土) 19:06:46.00 ID:48uKViwqO

    マードーノーユーキー

    楓「んくんく」

    楓「……はふ。じゃあプロデューサー、私は、明日があるさ、がいいです」

    P「?」

    楓「私のエンディングテーマです。ほたるのひかりではなくて、明日があるさ」

    P「はあ……。あしーたがあるーさ」

    楓「さけがあるー」フンス

    P「まず仕事ですけどね」フンスジャナクテ

    楓「さけもあるー♪です」

    P「なるほど」




    【モバP「エンディングテーマ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492348234/

    1: ◆tWcCst0pr6pY 2017/04/16(日) 22:10:34.71 ID:SlKOughm0

    モバマスSSです。

    書き溜めないので終わるの時間かかるかもです。

    その点をご了承していただけたら幸いです。

    では始めさせていただきます。





    2: ◆tWcCst0pr6pY 2017/04/16(日) 22:15:35.97 ID:SlKOughm0

    佐々木千枝「あわ、あわわわわわ・・・!」

    赤城みりあ「ど、どうしたの?千枝ちゃん。そんなに慌てて・・・?」

    龍崎薫「どうしたのー?」

    市原仁奈「何か、あったでごぜーますか?」

    千枝「え、えっと、それが・・・!」

    櫻井桃華「とりあえず、落ち着いて下さい、千枝さん。はい、深呼吸ですわ」

    千枝「う、うん。すーはー、すーはー・・・」



    3: ◆tWcCst0pr6pY 2017/04/16(日) 22:24:54.77 ID:SlKOughm0

    千枝「・・・ふう、ありがとう、桃華ちゃん。ちょっと落ち着いたよ」

    桃華「よかったですわ。それで、どうしたんですの?かなり慌てふためいている様子でしたけれど」

    千枝「そ、それがね・・・『ハイファイデイズ』あるでしょ」

    みりあ「うん、みりあたち【L・M・B・G】の曲だね!また歌いたいなあ」

    仁奈「仁奈もすげー楽しかったでごぜーますよ!」

    薫「かおるも、かおるもー!」

    桃華「それで『ハイファイデイズ』がどうしたんですの?」

    千枝「実はね・・・音楽ゲームに千枝たちの曲が使われるんだって!」



    4: ◆tWcCst0pr6pY 2017/04/16(日) 22:32:28.79 ID:SlKOughm0

    みりあ「ホント!?すごーい!」

    仁奈「仁奈たちの曲、また皆に聴いてもらえるですか!?やったー!」

    桃華「なるほど・・・ふふ、嬉しいですわ」

    千枝「それでね、そのゲームのためにまた今度『ハイファイデイズ』の収録を行うんだって。PVも新しいのを撮るって」

    薫「わーい!かおる、また精一杯頑張りまー!」


    ガチャ


    モバP「お、みんな揃ってるな。丁度いい、話があるんだ。実はな・・・」




    【佐々木千枝「あわ、あわわわわわ・・・!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492107093/

    1: ◆VlC8r8Zzak 2017/04/14(金) 03:11:34.28 ID:VUgI7QxM0

    日菜子とほたるのSSです。

    オムニバス形式です。





    2: 「不幸と妄想」 ◆VlC8r8Zzak 2017/04/14(金) 03:12:14.88 ID:VUgI7QxM0

    日菜子「ハの字連合っ! ですか?」

    ほたる「のようです…」

    日菜子「確かに二人とも眉毛がハの字ですね~」

    ほたる「それでハの字連合ってことですか…」

    ほたる「大丈夫なんでしょうか…私と一緒にいて不幸なことが起こらないか…」

    日菜子「そんな暗いことは言わないでくださいよお~夢が逃げちゃいますよ~」

    ほたる「夢は逃げるものですかね…」

    日菜子「夢は追いかけるものでもあるから逃げるんじゃないですかね?」

    ほたる「よくわからないです…」



    3: 「スマホ」 ◆VlC8r8Zzak 2017/04/14(金) 03:12:48.14 ID:VUgI7QxM0

    日菜子「あ、ほたるちゃんそのスマホ…」

    ほたる「割れたスマホですか…?」

    日菜子「落としちゃったんですか?」

    ほたる「ううん、かばんにいれてたらいつの間にか割れてて…」

    日菜子「え…」

    ほたる「落としたことはないのに割れてしまいました…」

    日菜子「そ、そうなんですか」

    ほたる「やっぱり私は不幸なんですね…」

    日菜子「だ、大丈夫ですよ! ほんとのたまたまですよ!」

    日菜子「たぶん…」

    ほたる「たぶん…そうですか…」



    4: 「お絵かき」 ◆VlC8r8Zzak 2017/04/14(金) 03:13:34.34 ID:VUgI7QxM0

    ほたる「事務所に来たら日菜子ちゃんがすごい集中して絵を描いているようで…」

    日菜子「…」

    ほたる「邪魔するのは悪いので私は静かにしてます…」

    日菜子「…」

    ほたる「…」

    日菜子「…」

    ほたる「でもやっぱり気になります…!」

    ほたる「ちょっとだけ…噂を確かめるだけ…」

    ほたる「そーーっと…」

    ほたる「…!///」

    ほたる「こ、これは…はう…私の口からは言えません…///」




    【【モバマス】ハの字れんごうっ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492091409/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/13(木) 22:50:09.52 ID:5xRoNIi30

    前作はこちらです。

    比奈「ひなになな!」仁奈「おそめのお正月!」






    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/13(木) 22:54:04.12 ID:5xRoNIi30

    ガチャッ

    麗奈「おは……」

    里奈「リナリナコースターぽよ~☆」グイングイン

    仁奈「おおー!! はえーですよー!!」キャッキャッ

    里奈「揺れにご注意~!」グルングルン

    仁奈「わー!!」キャッキャッ

    加奈「菜々さんって仁奈ちゃんのお母さんの知り合いだって聞いたんですけどどうなんですか?」

    菜々「ひぃっ!? どこからその話を仕入れたんですか!?」

    加奈「菜々さんの家が総武線沿いにあるって聞いたんですけどそれもどうなんですか?」

    菜々「盗聴ですか!? 盗聴してたんですか!?」

    麗奈(あ、これツッコミ役が足りないパターンだわ)



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/13(木) 22:55:15.41 ID:5xRoNIi30

    麗奈「……部署を間違えたみたい、お疲れ様」クルッ

    菜々「踵を返さないで麗奈ちゃん!!」ガシッ

    麗奈「チッ」

    菜々「舌打ちは酷くないですか!?」

    麗奈「……紗南とか奈緒はどうしたのよ」

    菜々「お仕事です!」

    麗奈「アタシだって仕事よッ! 呼び出されたんだから!」

    菜々「麗奈ちゃん含めてこの5人は同じ仕事です!」

    麗奈「」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/13(木) 22:57:19.76 ID:5xRoNIi30

    麗奈(なんて厄介なメンツ……)

    里奈「麗奈ちゃんもやるぽよ? リナリナコースター☆」

    麗奈「やらない」

    里奈「遠慮なんてしなくていいのに~♪」

    麗奈「遠慮じゃないわよ! ボーリング場での胴上げ事件がフラッシュバックするから嫌だって言ってんの察しろ!」

    仁奈「やらないんでごぜーますか?」

    麗奈「そういう歳でもないし……」

    仁奈「杏おねーさんはよくきらりおねーさんにぐるぐるされてやがりますよ?」

    麗奈「あれは例外。別部署だしそういうことが出来る力関係だから」

    里奈「もーまんたい! アタシきらりん並のパワーあるし!」

    麗奈「力持ちかどうかってことが問題なんじゃないわよッ!!」




    【菜々「ななになりなかなれいなさま!」麗奈「ゆ、ユニット?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483616045/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/05(木) 20:34:05.33 ID:R6E8DOJqo

    【文香の部屋】
    -20;00-

    飛鳥「…」

    ありす「…」

    文香「あの…」


    ありす「飛鳥さん、文香さん。私飲み物入れてきますよ、何飲みますか?」

    飛鳥「ありす、ボクはホットコーヒーで頼むよ…勿論ブラックでね」

    ありす「飛鳥さん…無理しないで砂糖入れたらどうですか?後、橘です。」

    飛鳥「確かに苦味を避けるのは人の本能だ。
    だがそれに抗うのもボクなりの<抵抗>という奴だね」

    ありす「よくわからないです。もっとわかりやすくお願いします。」


    文香「…おニ人はなぜ私の部屋にいるのでしょうか?」 






    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/05(木) 20:47:07.04 ID:R6E8DOJqo

    飛鳥「…」

    ありす「…」


    飛鳥「話せば長くなるね…」

    ありす「別に長くならないです。文香さん、今日食堂で何が行われてるか知ってますか?」

    文香「ええ…今日は女子寮の皆で忘年会をされるということで来られる方は19;00に食堂集合…でしたよね」

    ありす「そうです。」

    文香「でもそれが一体…」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/05(木) 21:02:44.34 ID:R6E8DOJqo

    飛鳥「…逃げてきたんだ、あの混沌から」

    文香「…逃げてきた…ですか?」

    ありす「はい。食堂で文香さんの姿が見えなかったのできっと部屋にいると思って…そのご迷惑でしたか?」

    文香「…いえ、そんなことは。ただ…急にお二人が私の部屋に来たので…理由を伺いたいと思っただけですよ」

    飛鳥「急にお邪魔してすまない、文香さん…実は」




    【飛鳥「年末の」ありす「女子寮」文香「あの…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1491560110/

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/07(金) 19:15:10 ID:h2K1DU8s


    ―3月某日朝・事務所ロビーにて―


    マキノ「おはよう」ガチャ

    むつみ「おはようございますっ!」

    マキノ「朝から元気が良いわね。昨日はちゃんと寝たの?」

    むつみ「はいっ!冒険には体力が大事ですから!ぐっすり寝て朝ごはんもいっぱい
         食べました!」

    マキノ「殊勝な心がけね。まだあなただけかしら?」

    むつみ「もうすぐ来られると思いますけど……」



    2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/07(金) 19:16:35 ID:h2K1DU8s


    かな子「おはようございます」ガチャ

    むつみ「あ!かな子さんおはようございます!」

    かな子「ごめんね遅くなって。待たせちゃった?」

    マキノ「集合時間の5分前よ。問題ないわ」

    かな子「マキノさんもおはようございます」ペコリ



    3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/07(金) 19:17:50 ID:h2K1DU8s


    マキノ「おはようかな子。みんなの分までお弁当を作ってきてくれてありがとう」

    かな子「まゆちゃんや響子ちゃんほど凝っていませんけど、頑張って作りました。
         みんなで動物園に行くなんて、まるで遠足みたいですね♪」

    むつみ「あとは美羽さんだけですね!早く来ないかなあ~!」

    かな子「美羽ちゃんは千葉から来てるからね。もうすぐ出発時間だけど……」

    マキノ「集合時間を早くしすぎてしまったわね。時刻設定のプロセスに改善が必要か。
         もう少しマージンをとって……」ブツブツ

    かな子(よくわからないけど、難しそうなことを考えてるなあ……)



    4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/07(金) 19:19:37 ID:h2K1DU8s


     ダダダダダダダダダダッ


    美羽「すみません遅くなりましたっ!」バァン!!

    かな子「あ、来た。時間ぴったりだよ美羽ちゃん」

    美羽「お、おはよう、ございゲホッます…すみません、昨日、楽しみで、眠れゴホッゴホッ、
        なくて、今朝、エホッ寝坊、してウエッしまって……」ゼエ、ゼエ…

    むつみ「ダメですよ美羽さん!そんなんじゃサバンナで生き残れませんよ!」

    美羽「むつみ、ちゃん、テンション、ゴホッ高いね… Paに、なってゴホッ……」



    5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/07(金) 19:21:16 ID:h2K1DU8s


    かな子「大丈夫?お茶飲む?」サスサス

    美羽「いえ、出発しましょう。時間ケホ、ですから……」

    マキノ「5分遅らせましょう。今日は仕事じゃないし無理しなくてもいいから」

    むつみ「えっ!? 電車の時間に間に合わなくなりますよ!?」

    マキノ「1本くらい遅らせても大丈夫よ。動物園は逃げないわ」

    美羽「マキノさんってああいう人なんですか?私の勝手なイメージですけど、予定とか
        キチキチッと作って行動する人だと思ってました」ヒソヒソ

    かな子「私もあんまり一緒にお仕事したことがないから、ちょっとわからないなあ。
         でもああ言ってくれてるんだし、いいんじゃないかな?」ヒソヒソ



    6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/07(金) 19:22:53 ID:h2K1DU8s


    むつみ「うう~!冒険が~!」ジダバタ

    マキノ「貴女も少し落ち着きなさい。逸る気持ちは理解できるけど、冒険には冷静な
        判断力と平常心も大事でしょう?」ナデナデ

    むつみ「確かに……!すみません落ち着きます!すーはー!」

    マキノ「ふふ、そんな元気な深呼吸で落ち着けるのかしら?」

    かな子(今日はワイルドフレンズのお仕事の前に、動物をモチーフにしたアイドルを
        考える為にみんなで動物園に行くことになりました。天気も良くて暖かいし、
        楽しい一日になればいいなあ♪ )




    【八神マキノ「ストライプショック」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491936633/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 03:50:34.30 ID:kHvBmtypo

    土曜日。2時間後に取材の仕事を控えた私は、事務所の待ち合いスペースで昨日出た宿題と進めてる。

    待ち合いスペースと言ったけど、プロデューサーの仕事場とパーティションで簡単に区切られているだけ。

    ここにあるテレビで出演番組を他の人たちとチェックしたり、たまに鍋を囲んだり……。

    ……どちらかというとみんなのたまり場となっている。

    もちろん、私のように教科書とノートを広げて、ここで勉強する人も少なくない。

    自分はアイドルである前に一学生。

    基本、どこの現場に行くにしても授業ノートとペンケースは持ち歩いてるし

    本分である勉強をおろそかにして仕事に臨む、なんてことは絶対にしないと自らに誓ってる。

    ……とはいえ、今は4月。学年が上がり、勉強の内容も大きく変わり、学生としてもなかなか忙しい時期だ。

    私はそんな数学の問題に頭を悩ませていた。これが解ければ終わりなのに。 






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 03:53:03.76 ID:kHvBmtypo

    この問題と対峙してかれこれ3分が経つ。

    もう、ずっと悩んでばっかりじゃ埒があかない。

    いちいち暗算するのも効率が悪いし……そういえば公式があったっけ。

    そう思い、授業中に取ったノートを見返す。

    1週間前に下ろしたばかりで、まだ2ページしか使ってないノートだ。

    目的のページまでそうめくる必要もなかった。

    昨日の授業で使ったページを上から順になぞって確認していく。

    あった。これだ。

    「あ、マークしてない……。書いとかなくちゃ」

    そう呟くと、私はシャーペンを左手に渡して、0.5mmの青ボールペンとオレンジ色の蛍光ペンを取り出した。



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 03:55:57.93 ID:kHvBmtypo

    未チェックの公式にオレンジのアンダーラインを引き、その部分全体を青ペンの四角い枠で囲う。

    「よしっ」

    役目を終えた色ペンをケースに戻して、シャーペンを右手に持ち換え、またノートのページに目を落とした。

    うん。フリーハンドだけど、なかなか綺麗な直線が書けた。

    たった一つの線に対して、ほんの少しひとり悦に入っていた。

    もちろん、誰かに見せるわけではないのでこれは完全な自己満足。

    とはいえ、書道しかり何かを美しく書くことは自分でも常に意識していることだ。何より見やすいし。



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 04:00:07.69 ID:kHvBmtypo

    ノートの取り方は数あるけど、私の場合、ペンの色に役割を決めてマークしていく、という方法を使っている。

    たとえば、科目の重要箇所をオレンジ色のペンで線引きしたり、暗記する部分を青ペンで囲ったり、という感じ。

    ちなみに、私は学校のノートだと赤色のペンはあまり使ってない。台本とかはまた別だけど。

    どうしてかというと、先生が採点とか添削で使う色と被らないようにするため。それだけ。

    正直、気にしすぎかもしれない。




    【松尾千鶴「ノートに描いた私の未来」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491999356/

    1: ◆qEJgO2U6bM 2017/04/12(水) 21:15:56.14 ID:kQpz7EcSO

    P「明日は出張か……」

    P「……はぁ」

    柚「?」

    柚(事務所に帰ってきたらPサンがため息をついてうつむいている……カモ)

    柚(出張ってつぶやいてたカナ……やっぱり大変なのかな)

    P「俺がいない間、楓さんはちゃんとおとなしくしてるだろうか……不安だ」

    柚(ちがった)





    2: ◆qEJgO2U6bM 2017/04/12(水) 21:16:33.01 ID:kQpz7EcSO

    柚(そういうため息だったのPサーン)

    P「比奈はちゃんとご飯食べるかな」

    柚(P母さんだ)

    P「仁奈は……。ちゃんとしてるから大丈夫か」

    柚(たしかに)

    P「でも、さみしがったりしないかな」

    柚(アタシがちゃんと遊んでもらうから心配しないでー)

    P「心配だ」



    3: ◆qEJgO2U6bM 2017/04/12(水) 21:17:35.41 ID:kQpz7EcSO

    P「……柚は」

    柚「……」ドキッ

    P「ちゃんと、みんなの面倒を見てくれるかな」

    柚「…………」

    柚(思ってたのとちがった)カモ

    P「あと宿題ちゃんとやるかな、パーカーで前が見えなくて転んだりしないかな、無防備ガール全開になったりしないかな、あ、それに」

    柚(いっぱい出てきた)



    4: ◆qEJgO2U6bM 2017/04/12(水) 21:19:01.67 ID:kQpz7EcSO

    柚(アタシだけ多いのはなんでかな??)

    P「…………」

    P「心配だ」

    P「……まあ言ってても仕方ないか……。電車調べとかないと」カタカタ

    柚「…………」




    【喜多見柚「Pサンが出張?」】の続きを読む

    このページのトップヘ