大きいサイズ

    カテゴリ:モバマス・デレステSS > ほのぼの・日常要素

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488116721/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 22:45:21.73 ID:NGn6RX+b0

    アイドルマスターシンデレラガールズです。結城晴と的場梨沙のお話です。
    お風呂ですけど、ただ風呂入るだけです。





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 22:46:01.14 ID:NGn6RX+b0

    女子寮 廊下

    晴「げっ」

    梨沙「あ」

    梨沙「『げっ』って何よ」

    晴「なんでもねぇよ……」

    梨沙「仕方ないわね。そういう事にしといてあげるわ」

    梨沙「じゃあ行きましょ」

    晴「どこにだよ」

    梨沙「どこってお風呂でしょ?」

    晴「ち、ちげーし……」

    梨沙「あらそう。じゃあお風呂セット持ってどこへ行くのかアタシに教えてくれる?」

    晴「……食堂」

    梨沙「往生際が悪いわね!」

    梨沙「ほら、さっさと行くわよ!」

    晴「いぃやぁだぁ~……!」






    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 22:46:39.28 ID:NGn6RX+b0

    女子寮 大浴場

    晴「何でオレが梨沙と一緒に風呂入んなきゃいけないんだよ……」

    梨沙「何よ、嫌なの?」

    晴「だって梨沙、あーだこーだうるせーし」

    梨沙「はぁ!? アタシのどこがうるさいってのよ!」

    晴「じゃあオレが何しても文句言うなよ!?」

    梨沙「えっ……何してもってまさかアンタもあのヘンタイみたいな……」

    晴「ち、ちげぇ!」

    晴「とにかく! オレが何しようと文句言うなよ!」

    梨沙「はいはい。わかってるわよ」

    晴「ったく……」




    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 22:47:14.39 ID:NGn6RX+b0

    梨沙「待って」

    晴「なんだよ……」

    梨沙「アンタ何してんの」

    晴「何って見りゃわかんだろ。髪洗ってるんだよ」

    梨沙「はぁ!? そんなガシガシやるのが!?」

    晴「な、なんだよ……悪いのかよ」

    梨沙「アンタねぇ! 髪ってのはそんな風にガシガシ洗うもんじゃないのよ」

    晴「これだから嫌だったんだよ……」

    梨沙「何か言った?」

    晴「なんも」





    【結城晴「お風呂で」的場梨沙「うふふ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1470581147/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/08/07(日) 23:45:47 ID:8aq9MSSY

    -事務所-

    P「…」カタカタ

    ちひろ「あ、プロデューサーさんこっちの件なんですが…」

    P「はいはい、えーっとこの件は俺の方でやっとくんでちひろさんはこっちで」スッ

    ちひろ「了解しました♪ではこの資料も渡しておきますね」

    P「分かりました、そこに置いててください」



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/08/07(日) 23:46:31 ID:8aq9MSSY

    ガチャ

    早苗「ウィッス!元気~?」

    P「お疲れ様です。今日はどんな感じでしたか?」

    早苗「う~ん…いまいち喉の調子が悪いのよね~。あ、ダンスはバッチリよ!」

    P「ふむふむ…では明日オフを入れて明後日からボーカルレッスンで喉のケアを中心にスケジュールを組みますね」



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/08/07(日) 23:47:03 ID:8aq9MSSY

    早苗「おっけー、明後日ね」

    P「はい。この後も予定はないので自由にしてくださって結構ですよ」

    早苗「りょーかーい!じゃあテレビでも見とくわ」スタスタ…

    P「お疲れ様でした」カタカタ






    ちひろ「…」




    【ちひろ「距離感って大事ですもんね」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487330629/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:23:50.06 ID:ea2sgi5C0

    今日は天使のささやきの日ということにちなんでやっていきます。


    ???「フフーン!ボク、天使です!そう、エンジェルです!」


    ???「神様が言うには、『人間を幸せにする』のがカワイイボクのお仕事です!」


    ???「間違った人間には、そっとアドバイスしてあげなさいって言われているんです!」


    ???「というわけで、カワイイボクが今日も下界をパトロールです!」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:28:02.12 ID:ea2sgi5C0

    ???「愚か者たちがはびこっていますねー。みーんな、カワイイボクにひれ伏せばいいんです」


    ???「でも、そう言うわけにはいきません!ボクはカワイくて、真面目で、カワイイ天使なんです!」


    ???「ほら、見てください。哀れな人たちがいますね」


    ファン「うおおおー!うづきちゃーん!」


    ファン「かわいいよー!」


    ???「」イラッ


    ???「あの人たちが、見ているのはアイドルですね。ああ、なんて悲しいことでしょう…」


    ???「あなたたちがいくら好意的な言葉を叫んでも、あの人たちには届きません」


    ???「あなたたちが傷ついてしまう前に!ボクがアイドルという偶像崇拝を!」


    ???「叩き潰して見せます!」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:31:48.42 ID:ea2sgi5C0

    卯月「みなさーん!盛り上がっていますかー?」


    シーン


    卯月「…えへへ。今日のお客さんは、少し恥ずかしがりやな人が多いみたいですね!」


    卯月「それでは聞いてください!ラブレター!」


    シーン


    卯月「…」


    ???「傷つく人間が少しでも減ったようですね!ボクは良い天使ですから、出来て当然です!」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:38:18.62 ID:ea2sgi5C0

    ???「おや、あそこにいる人間もなにやらおかしいですね?」


    男「キミを分かってあげられるのは、僕だけなんだ!」


    女「男さん…」


    ???「他人に理解を求めるなんて、ボクには全くもって理解不能です!」


    ???「最後に頼れるのは、赤の他人でも、血の通った家族でもない…」


    ???「自分だけです!そうカワイイボクのように!」バーン


    ???「…え?他人にだって理解されることだってある?」


    ???「そんな事あり得ません!世の中、きれいごとだけじゃないんですよ!カワイイは絶対なんですから!」フフーン



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:41:25.72 ID:IzjaSi18O

    ポルノかよ懐かしいな




    【【モバマスSS】ボク、天使】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485531038/

    1 :じゃこっち ◆z/eL0VPWB2 2017/01/28(土) 00:30:38.26 ID:tZsFc57cO

    ◎アイドルたちとお酒を嗜むおはなしです

    ※R-18な内容ではないと思ったのでこちらに。
    お酒との付き合いは、料理とかでない限り…元服を迎えてからをお勧めします。

    SSの主眼
    1.イギリス出身の素敵アイドル、ケイトさんの二次創作を欲したため
    2.蒸留酒の楽しみ方の紹介 






    3 :じゃこっち ◆z/eL0VPWB2 2017/01/28(土) 01:08:13.47 ID:FUg4dV6M0







    片桐早苗「Pくーん!美優ちゃんからお話よー」




    P「おさけのみたい?」


    三船美優「はい。」






    ・片桐早苗、新潟出身の元【東中の暴れ牛】28歳ビール党
    i4siuG1


    ・三船美優、岩手出身の大人組の良心26歳
    4WJc36Y

    PwPB8mJ








    4 :じゃこっち ◆z/eL0VPWB2 2017/01/28(土) 01:09:34.14 ID:FUg4dV6M0


    P「いや、三船さんはウチの大人には珍しい自制できるタイプですから…ご自身の判断で構いませんけども?」


    美優「ああいえ、そういうことでなく…」


    早苗「美優ちゃんは、Pくんと飲みたいんだってさー」




    P「オウイエス!本当かいセニョリータ!!ぼくと飲みたいだなんて!ほろ酔い気分でアモーレを囁いてあげるよォ~!!」


    早苗「うっわなにソレ」


    美優「そ、そういうのでもなくて…」




    P「しからばなにゆえ、それがしを所望なさるか?」


    美優「最近になって、度の強いお酒に興味がわきまして…」


    早苗「ホラ美優ちゃんってさ、あんまりたくさん飲めないじゃない?楓ちゃんとかに振り回され気味でね~」


    美優「そこで、ビールや日本酒じゃないお酒を知りたくて…ウイスキーなどのほうが少量で済むし悪酔いしにくいと聞きました。」



    P「あ~、はいはいはいはいはいはいはいはい、そ~いぅことねェ~」



    5 :じゃこっち ◆z/eL0VPWB2 2017/01/28(土) 01:11:14.27 ID:FUg4dV6M0

    早苗「Pくん詳しいんでしょ?」


    P「蒸留酒のプチヲタクを自負しております」


    美優「詳しいかたと一緒にお酒を知りたいので、Pさんなら…」


    P「そういうことでしたらお任せください、バッチリ酒の席をご用意してしんぜませう。」



    美優「ありがとうございます。楽しみにしてますね♪」


    早苗「…あたしもご一緒していいかしら?」


    P「もちろんですマドモアゼル」


    早苗「エスコートお願いするわね~」


    美優「いつ頃がご都合よろしいでしょうか?」


    P「ん~、早けりゃ今週末でいかがです?よろしいかな、おのおのがた」


    早苗「あたしはオッケーよ」


    美優「私も大丈夫です、よろしくお願いします。」





    P「そしたら…藍子ー!」


    高森藍子「は~い?」



    P「ゆるふわパワーで飲み会まで時間とばしてくれない?」


    藍子「…いったい、なんのことですか…?」








    6 :じゃこっち ◆z/eL0VPWB2 2017/01/28(土) 01:12:05.14 ID:FUg4dV6M0





    \ゆるふわタイムストリーム発生!!!!!!!/



    時間の 法則が 乱れる!!!!










    【【デレマスSS】P「三船美優さんたちに」ケイト「スコッチを用意しマシタ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486872395/

    1: ◆Uq/hUTiii9pg 2017/02/12(日) 13:06:35.91 ID:IgMWJaqQ0

    ・アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。よろしくお願いします。





    2: ◆Uq/hUTiii9pg 2017/02/12(日) 13:07:52.02 ID:IgMWJaqQ0

    こずえ「ぷろでゅーさー……そのごほん、なぁに……?こずえにも、みせてー」

    こずえ「『なんどくかんじのほん』っていうのー?……ふわぁ……むずかしいかんじが、いっぱいなの……」

    こずえ「……あくせく……かくしゃく……ろくろ……」
     
    こずえ「こんなごほん、はじめてみたのー……ぷろでゅーさー、なんで、こんなにむずかしいごほん、もってるのー……?」

    こずえ「……おべんきょうのため……まだまだいろいろおべんきょうしなきゃいけないことが、いっぱいあるから……ふわぁ、ぷろでゅーさーはえらいのー」


    こずえ「こずえも……かんじのおべんきょう、するー……」

    こずえ「えへへー……いっしょに、がんばろーねー……」 



    3: ◆Uq/hUTiii9pg 2017/02/12(日) 13:09:29.76 ID:IgMWJaqQ0

    こずえ「ぷろでゅーさー……こずえねー、やさいとくだもののぺーじのかんじ、おぼえたよー……」

    こずえ「……ほんとだよー……むぅー……あんまり、しんようしてないのー……」

    こずえ「じゃあ、このぺーじから……もんだい、だしてみてー……」


    ・甘藍

    ・扁桃

    ・果物時計草


    こずえ「んーと……」

    こずえ「うえから……きゃべつ……あーもんど……ぱっしょんふるーつ……だよー……?」

    こずえ「せいかいー?……やったー……」

    こずえ「きゃべつはー……むかしは、こうかいて、かんらんってよばれてたことがおおかったんだってー……」

    こずえ「あーもんどは……『ぺったんこなもも』っていういみのかんじなの……」

    こずえ「からだの『へんとうせん』っていうのも、このかんじからきてるんだよー……へんとうせんが、あーもんどみたいなかたちだからー……」

    こずえ「ぱっしょんふるーつは……ぱっしょんふるーつのおはなのみためがとけいみたいだったから、こんなかんじなんだって……」

    こずえ「ゆみにおしゃしんみせてもらったら、ほんとにとけいみたいなかたちだったのー……かんじって、おもしろいねー……」ニコニコ



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 13:10:16.15 ID:1ApSfzMUO

    下一つは知らんかった……




    【こずえ「ふわぁ……かんじのおべんきょう、するのー……?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486813679/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 20:48:00.23 ID:72MFpkFL0

    ・モバマスの海老原菜帆、相原雪乃のSSです。

    前作
    モバP「お茶の時間」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 20:49:20.88 ID:72MFpkFLo

    雪乃「困りましたわ……」

    菜帆「どうしましょう~」

    P「参ったな……まさか」

    P「エレベーターに閉じ込められるとはなぁ」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 20:50:34.33 ID:72MFpkFLo

    雪乃「このあたり一帯が停電しているのですか?」

    P「そうらしいな。スマホでの通信はできるが……。どうやら昨日降った大雪が原因みたいだ」

    菜帆「今日ここに来るのも大変でした~」

    P「まあ、非常用のインターホンで連絡はしたから、そのうち助けがくるだろう」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 20:51:50.97 ID:72MFpkFLo

    雪乃「それにしても、プロデューサーさんが一緒でよかったですわ」

    菜帆「私たちだけでは、心細かったですから~」

    P(エレベーターで、ダンスレッスンに行こうとしていた二人と乗り合わせて……)

    P(そしたら急にエレベーターが止まったんだよな)



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 20:53:16.79 ID:72MFpkFLo

    P「二人とも、今日はレッスンだけだったのが幸いだな」

    雪乃「もしお仕事があったら、大変でしたわ」

    菜帆「焦ることもありませんから、助けが来るまでのんびり待ちましょうか~」




    【モバP「冬のエレベーターの中で」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486803841/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 18:04:01.62 ID:Qmey7KxT0

    どうも、もりくぼです

    部屋から出たくないトコロを我慢して事務所までやって来たもりくぼです

    事務所まで来たらせめて机の下で休まろうと思っていたもりくぼです

    いつの間にか…… 机の下に……

    ……三人で居る事に安らぎを憶えるようになったもりくぼです

    ですが……




    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 18:05:01.01 ID:Qmey7KxTo

    乃々「あの……」

    まゆ「あら、乃々ちゃん、おはようございます」
    輝子「お、おはよう… ボノノちゃん」
    文香「おはようございます…… 乃々さん」
    唯「おはよ~、乃々ちゃん♪」
    卯月「おはようございます、乃々ちゃん」

    今日は… 何故だか… 5人も居るんですけど……!

    乃々「……」

    輝子「ど、どうかしたか……?」

    乃々「……えっ?」

    乃々「あ、いえ、皆さん、おはようございます」

    乃々「というか…… 皆さんこそ、どうかしたんですか……?」

    まゆ「?」
    輝子「?」
    文香「?」
    唯「?」
    卯月「?」

    乃々「今日は… 机の下のメンバーが多い気がするんですけど……」

    文香「……ああ、それはですね」

    文香「昨日……皆さんと街を散策していた際……」

    文香「まゆさんと輝子さんに…… 机の下はとても良い所だと…… お聞きしまして……」

    文香「それで、今回―――」


    ―――――――――
    ――――――
    ―――



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 18:05:40.95 ID:Qmey7KxTo


    注)5th アイプロの翌日という設定のSSです




    【モバP「増殖のアンダーザデスク」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486558938/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/08(水) 22:02:19.04 ID:gnyYDb610

    モバマスSSです

    紗枝はんとモバPが飯食うだけです

    何!?イベントはもう終わったのではないのか!?


    言葉遣い間違ってても堪忍してや





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/08(水) 22:08:31.75 ID:gnyYDb610

    紗枝「~♪」

    今日はプロデューサーはんのお家のお掃除の日

    前に来てもええゆうとったしお掃除道具一式持って今日一日お掃除どす

    紗枝「さぁて、気張りましょか」

    ピンポーン

    ・・・タッタッタッタ

    ガチャッ

    響子「はーい」

    紗枝「・・・はい?」

    響子「あれ?紗枝ちゃん?」

    紗枝「何で響子はんがここに?」

    響子「今日はたまたまプロデューサーさんの家にお掃除に来てましてっ!」

    ・・・あら?うちもしかしてごっつぅたいみんぐ悪かったん?



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/08(水) 22:14:14.24 ID:gnyYDb610

    モバP「あ~・・・紗枝は聞いてたが響子は抜き打ちで来るからなぁ」

    響子「だってそうでもしないとプロデューサーさん誤魔化して押入れとかに押し込むじゃないですかっ!」

    モバP「1人で住む分には特に問題ないから大丈夫だ」

    響子「ダメですっ!キチンとしないと後で余計に掃除しにくくなりますからっ!」

    紗枝「せやなぁ。よぉ分かるわぁ。うちも実家ではキチンと片付けるようにぎょーさん言われたわぁ」

    モバP「むぅ・・・(響子の場合容赦なく隠してある本とか捨てるからなぁ)」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/08(水) 22:22:49.60 ID:gnyYDb610

    紗枝「せやけどもう終わってしもた?」

    モバP「そうだな。残念だがついさっき大体終わっちまったよ」

    あら~・・・ほんま残念やわぁ

    モバP「ふむ・・・折角だ。この後どっか食べに行く約束なんだが2人も来る?」

    紗枝「ええのん?」

    モバP「2人くらい増えても変らんよ」

    響子「ご飯なら私作りますよ?」

    モバP「冷蔵庫の中身無いから買いに行く必要があるしどうせ買いに行くなら食いに行った方がいい。大体今から作ったんじゃ時間がかかる」

    モバP「毎回作ってもらうのも悪いしな」

    響子「じゃあ折角だし甘えちゃいますねっ」

    ・・・へー、毎回作ってもらっとるんやなぁ

    へー・・・



    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/08(水) 22:29:34.04 ID:gnyYDb610

    紗枝「ところで誰と約束してはるん?」

    モバP「ん・・・じゃあちょいと早いけど行くか」

    響子「?どこへです?」

    モバP「女子寮」

    女子寮の子・・・誰やろ?

    モバP「ほーら、車乗れー。イクゾー!」

    紗枝 響子「「はーい」」




    【紗枝めし!【小早川紗枝とハンバーグ編】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486712411/

    1: ◆VlC8r8Zzak 2017/02/10(金) 16:40:11.51 ID:uFr6mQ+40

    乃々(こんにちは、もりくぼです)

    乃々(今日は何もない一日になりそうだったのでなんとなく事務所に来てしまいました)

    乃々(しかし…)

    乃々(事務所に誰もいませんでした…)

    乃々(いや…いぢられたいわけではないんですけど…)

    乃々(何もしないで家でごろごろするよりかはましのはずです…)

    乃々(まあ、結局いつもの机に引きこもるノーマルもりくぼになっちゃうんですけどね) 






    2: ◆VlC8r8Zzak 2017/02/10(金) 16:40:42.84 ID:uFr6mQ+40

    乃々(…そういやみなさんどこへ行ってしまったんですかね)

    乃々(キノコさんは……たしかラジオかなにかの収録があるとか言ってたような…)

    乃々(プロデューサーさんは……営業に行ってしまったのでしょうか?)

    乃々(凛さんは……わかりません)

    乃々(そして残されたのはもりくぼですか)



    3: ◆VlC8r8Zzak 2017/02/10(金) 16:41:23.07 ID:uFr6mQ+40

    乃々(……あっ、まゆさんを忘れてました)

    乃々(近くにあるものほど忘れやすいし見落としやすいんですけど…)

    乃々(それで、まゆさんは…)

    乃々(あれは…)

    まゆ「すぴー」

    乃々(寝てますね)



    4: ◆VlC8r8Zzak 2017/02/10(金) 16:42:12.29 ID:uFr6mQ+40

    乃々(まゆさん、毎日詰まったスケジュールだったので…疲れてしまったんでしょうか…)

    乃々(…)

    乃々(……)

    乃々(最近は…凛さんのとなりにいてばっかりでまゆさんと一緒にいることが減った気がします)

    乃々(…)

    乃々(まゆさんの隣…行ってみようか迷います…)

    乃々(まゆさんと私だけがいる今なら…外に出れるやるくぼになれるかもしれないんですけど)

    乃々(チャンスは今だけ…こんなこと他の人に見られたら…どうなるか…)

    乃々(あぅぅぅぅぅ)




    【乃々「まゆさんがソファーで寝ているんですけど」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486726627/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 20:37:08.02 ID:Ngv5DDoA0

    モバP(以下P)「2人ともおつかれ。握手会でここまで押すとは思わなんだ」

    茜「すみません! 手を握っていたら盛り上がっちゃいまして!」

    飛鳥「まさか隣で腕相撲が始まるとは思わなかったよ」

    茜「いやぁ熱い勝負でした!」

    P「ファンはあれで喜んでたからまぁ結果オーライか」

    飛鳥「それで済ませてしまう辺り、キミも大物だね」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 20:38:27.53 ID:Ngv5DDoA0

    P「そりゃ飛鳥がアームレスリング始めたら驚きはするがな」

    飛鳥「心配しなくとも、そんなセカイは存在しないさ」

    P「アイドルも十人十色の個性があるんだ。多少は型破りなことをするくらいでむしろ丁度いいのかも、と」

    茜「なんだかよくわかりませんが褒められてるんでしょうか?」

    P「茜はああしたのは、ファンと通じ合った結果なんだろ? ならそれは間違いじゃないさ」

    茜「ありがとうございます! 次も熱い試合にしてみせますね!!」

    飛鳥「次もやるつもりなのかい、まったく……いや、ボクからは口を出さないでおくよ」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 20:39:47.10 ID:Ngv5DDoA0

    P「そういえば2人とも弁当食べてなかったな」

    飛鳥「握手会は至近距離で会話するからね、口臭は気にするさ」

    茜「かわりにお茶をたくさん飲みました! エチケットです!」

    飛鳥「ボクも水とのど飴くらいかな」

    P「じゃあ腹減ったろ、帰りにどこかで食べていこう。何かリクエストあるか?」

    茜「カレーはどうでしょうか!」

    P「ふむ、カレーか。飛鳥は?」

    飛鳥「ボクは何でも構わないよ」

    P「そんじゃ決定だな。荷物まとめて車乗るぞー」




    【茜「パスタ・デ・ココ?」】の続きを読む

    このページのトップヘ