大きいサイズ

    カテゴリ:モバマス・デレステSS > クロス・パロディ要素

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482935842/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 23:37:22.51 ID:ROJ5+eJL0

    プロデューサーのことは初めて見たときから何か特別なものを感じていて、気がつくと目で追ってたりして

    まじめで、厳しくて、でも優しくて、アイドルのみんなのことを一番に考えているところも好きで…

    いつもプロデューサーのことばかり考えてしまって、夜も眠れなくなって、胸が苦しくなるんだ

    この気持ち、どうしたら良いのかな?




    凛(・・・いや、自分のスカートに筆談で恋愛相談されてる私の気持ちはどうしたらいいの?)

    スカート[あの~~、凛ちゃん?聞いてる?]サラサラ 






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 23:38:38.67 ID:ROJ5+eJL0

    凛(ある日家に帰ると、急に私のはいていたスカートがペンとメモ帳を取り出して)

    凛(あろうことか、私のプロデューサーに対する恋心を打ち明けてきた)

    スカート[ごめんね、こんな事言えるの、凛ちゃんしかいなくて]サラサラ

    凛「私は本当にどうしたら良いの…?」

    スカート[凛ちゃんに協力してほしいんだけど…プロデューサーの近くに行ってもらうだけでいいから]サラサラ

    凛「いや、そういうことじゃなくて」

    凛(問題はそこじゃなくて、それに私にとってもっと大きい問題もあって)


    凛「相手がプロデューサー…ってとこなんだよね」




    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 23:40:23.31 ID:ROJ5+eJL0

    翌日

    P「……….」カタカタ…

    ガチャ
    卯月「戻りました~」

    未央「ただいまー!」

    P「ん、三人とも収録お疲れ」


    凛「プロデューサー…」

    P「ん?凛、何か用か?」

    スカート「」プルプル

    凛「え?えーっと…(なんて言えば良いんだろう...?)」

    スカート「」グワッサー!

    凛「!?」

    P「!?!?」




    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 23:41:22.23 ID:ROJ5+eJL0

    凛「ちょ、ちょっと待って!落ち着いて!!」

    スカート「!!」バサッバサッ

    凛「とっとりあえず!こっちに来て!」

    P「おおっおう!」

    タッタッタッタ…

    卯月「凛ちゃんとプロデューサーさん、どうしちゃったんでしょう?」

    未央「さあ…?」

    未央(ついにしぶりんがプロデューサーに対して業を煮やしたのかな?)




    【渋谷凛「恋するスカート」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480948460/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 23:34:21.42 ID:yDwzyIZ00


    ~午前8時、事務所~

    P「えーっとティッシュティッシュ…」

    渋谷凛「おはよう、プロデューサー」

    P「!?お、おう凛、おはよう!ど、どうしたんだ?今日と明日はオフだろ?」

    凛「事務所にスマホ忘れちゃってさ、朝一で取りに来たの
    というかプロデューサーこそどうしたの?そんなにティッシュ箱持って」

    P「いや別に大したことじゃ…」

    向井拓海「オイP!早くしてくれよ!」

    P「ああ拓海、すまんすまん」





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 23:35:53.94 ID:yDwzyIZ00

    拓海「Pも比奈さんもすげえって…そんなにいいのか、アレ?」

    P「ああ、人生で一度は体験すべきものだ」

    凛「!?」

    拓海「なーんかベタ褒めだったしな…そこまで言うには満足させてもらうからな」

    P「お、おう…じゃあな凛、また明後日」

    凛「う、うん…」

    拓海「奈緒も比奈さんも休憩室で待ってるぞ」

    P「急ごうか」

    凛(……)

    凛(ティッシュ箱…すごい…人生で一度は…満足…)

    凛(まさか、何か…ナニか…!)



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 23:36:54.13 ID:yDwzyIZ00

    ──休憩室前──

    凛(一応2人の後をつけてきたけど…)

    P『いやーゴメン、ティッシュ探してて』

    神谷奈緒『Pさんそんなに使うの?』

    P『これでも足りないくらい』

    荒木比奈『アタシはバスタオルを持ってきたっス』

    奈緒『あたしと拓海さんは初めてだけど…そんなにいいものなのか?』

    比奈『アタシは初めての時はもう涙が止まらなかったっスね』

    拓海『そんなに言うなら試させてもらおうじゃねえか!』

    P『何をだ…』



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 23:37:45.46 ID:yDwzyIZ00

    奈緒『じゃ、もう始めちゃおうよ』

    比奈『了解っス』

    凛(!)

    凛「ちょっとプロデューサー!?何をしようとしてるの!」ガチャ

    P「へ?」

    比奈「な?」

    拓海「ん?」

    奈緒「り、凛?」

    凛「外から聞いてだけど、一体ナニをどう…」

    TV『君は聞こえる?僕のこの声が』

    凛「……アニメ?」

    P「いや凛ちょっと待って!これはその、昨日、話題に出て…!
    決してサボってるわけじゃ…!」

    凛「…?」

    TV『走り出した~思いが今でも~』




    【モバP「天の光は全て星」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488899396/

    1: ◆VA.qz1m5do 2017/03/08(水) 00:09:56.60 ID:tBQS1PpOO

    注意
    ・とあるゲームのパロネタです
    ・キャラ崩壊がある恐れがあります
    ・オムニバス形式で進めていきます
    ・伊吹ちゃんは絶対85以上ある
    よろしくお願いいたします





    2: ◆VA.qz1m5do 2017/03/08(水) 00:11:59.18 ID:tBQS1PpOO

    『ねんりき』

    伊吹「え!?」

    奏「だから、貴女のいう通り私はエスパーよ。例えば…ほら」パチンッ

    ブゥンッ

    伊吹「うわぉっ!?」

    奏「これがエスパーの力…まぁ今の技は最小威力だから大したダメージでは」


    伊吹「」チーン

    奏「ぅゎょゎぃ」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/08(水) 00:13:55.67 ID:tBQS1PpOO

    『スプーンまげ』

    伊吹「じゃあ、エスパーってことはスプーンも曲げられるの?」

    奏「簡単よ…えいっ」

    ぐにゃあ

    伊吹「おー!」パチパチ

    奏「…」

    伊吹「…?どしたの?」

    奏「伊吹、目が悪くなったりしてない?」

    伊吹「してないけど?」


    奏「…外れたわね」

    伊吹「スプーン曲げを外す:とは」




    【伊吹「なんだよエスパーか!?」奏「えぇ、エスパーよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487162168/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 21:36:08.83 ID:WRsoToxd0

    ・『野崎くん』×デレマスのクロスオーバー、藍子Pなみこりんのお話です
    ・みこりんがTwitterにて「藍子」と呼んでくれたのが嬉しかったので
    ・一応前作『野崎「デレステ?」』を踏まえていますがほぼ関係ありません





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 21:37:19.47 ID:WRsoToxd0

    ~二月某日~

    @野崎の部屋

    FULL COMBO!!

    藍子『私、今すごく幸せです!』

    御子柴「よっしゃ!ついにお散歩カメラのMASをフルコンしたぜ!」

    御子柴(これで藍子Pとしてまた一歩前進したな…!)

    野崎「ん?あぁ、デレステか」

    御子柴「おう、野崎もやるか?」

    野崎「いや、今はいい、ちょっと考え事をしててな…」

    御子柴「?」

    野崎「実は…」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 21:38:09.00 ID:WRsoToxd0

    御子柴「アイドルのステージ?」

    野崎「ああ、芸能プロダクションとうちの月刊誌とのコラボだとかで、ステージのプロデュースの依頼が来てるんだ」

    野崎「といっても、こちらからはデザインを提案するだけで、あとは向こうがいいようにしてくれるみたいだけどな」

    御子柴「へー、漫画家ってそんなこともするんだな」

    野崎「……なんだけど、なかなかうまくいかなくて…」

    御子柴(まぁ、野崎はキャラ以外の画力がアレだからな…)



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 21:39:03.70 ID:WRsoToxd0

    野崎「というわけで、御子柴、やってくれないか?」

    御子柴「え…はぁ!?俺ぇ!?」

    野崎「小物と花と効果はお手の物だろう」

    御子柴「いやいや、俺より、背景担当の人とかのほうがいいんじゃねぇか?」

    野崎「それが、ほりせ…背景の人は、今の時期は忙しそうなんだ」

    野崎「それに、御子柴はデレステをやってるだろう、アイドルのステージとかには詳しいんじゃないか?」

    御子柴「えぇ?つっても、三次元のアイドルは専門外だしなぁ…」




    【御子柴「俺が…藍子のプロデューサー!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486478942/

    1: ◆Q/Ox.g8wNA 2017/02/07(火) 23:49:03.26 ID:k3rFQnJy0

    モバマスと対魔忍アサギのクロスSSです。

    元ネタは18禁エロゲ―ですが、性的描写はありません。





    2: ◆Q/Ox.g8wNA 2017/02/07(火) 23:49:32.30 ID:k3rFQnJy0



    モバP「うーん、最近、どうもマンネリだな……」

    モバP「確かにウチのプロダクションは他を圧倒する200人近いアイドルを抱えている」

    モバP「その人材を掘り下げる為に、新規人員のスカウトを控えるって上の方針は確かに正しいとは思うんだが…」

    モバP「流石に二年以上新人が居ないのはどうなのよ……、そろそろ新しい風が吹いて欲しいモノだが…」ウーン





    武内P(ドアガチャ)「先輩、少しよろしいでしょうか…」

    モバP「おう、武ちゃんどうした??」

    武内P「実は……街角で素晴らしいアイドルになる人材を見つけまして……
        社の方針として新規アイドルは積極的に取らないと理解はしていたのですが、余りにも素晴らしいので、つい…」

    モバP「おっ!良いね良いね!! 丁度マンネリを感じてた所だったんだよ。新規アイドル、良いと思うよ~。
        流石武ちゃん、分かってるね!!」

    武内P「そ、そうですか…(ホッ) 実は…今日、面接と言う事で社に来てもらうので、
        先輩に適正か判断して貰うために面接をして頂きたいのですが……」

    モバP「俺が?? 別にいいけど武ちゃんがやらんでもイイの??」

    武内P「はい…実は、その方の妹さんも素晴らしい人材らしく、これからその方をスカウトに行こうかと思いまして…」


    モバP「おー、やる気に溢れてるね!!良いじゃない、良いじゃない!それで?? 面接は何時から??」

    武内P「実は…もう隣の部屋に来て貰ってまして…こちらが履歴書になります…」

    モバP「へぇ、随分急やね…どらどら」(ピラッ)



    武内P「井河アサギさん、30歳になります」

    モバP「とんでもないの連れてきちゃったな、オイ」




    3: ◆Q/Ox.g8wNA 2017/02/07(火) 23:49:58.21 ID:k3rFQnJy0

    武内P「とんでもない……確かに。
        彼女の美貌は我が社のアイドル達と比べても遜色が無いでしょう…それにスタイルも…」

    モバP「あー、スタイルは凄いよな、良く存じ上げてるけどさ、息子共々


    武内P「(……息子??)…性格はクールで冷静、典型的なクールタイプとして売り出していけるかと……」

    モバP「経歴がパッションなんだよなぁ…」


    武内P「…彼女には今までに見た事も無いオーラを感じました。我が社にとって起爆剤となる事間違い無いかと…」

    モバP「起爆剤って言うか、爆弾そのものじゃね??」


    武内P「それでは、私はアサギさんの妹さんをスカウトしてきますので、面接よろしくお願いします。」(礼して退室)

    モバP「妹って…、オイ!!武ちゃん待て!! …待て!武内!!これ以上対魔忍増やすんじゃないっ!!」


    モバP「……行っちまいやがった……どうすんだよ…コレ…」(アサギの履歴書見て)

    モバP「えー…アイドル?? えー……???」

    モバP「……取り合えず面接はするか……」(頭掻きながら隣室へ移動)






    【【モバマスSS】モバP「対魔忍……??」【対魔忍アサギ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483180116/

    1: ◆Ci3UmwhFqY 2016/12/31(土) 19:28:36.56 ID:FSTPGfYS0

    モバマスSSです 
     






    2: ◆Ci3UmwhFqY 2016/12/31(土) 19:29:25.55 ID:FSTPGfYS0

    医者「診断結果はそうなります。急な流行病らしくて」

    医者「我々も急ピッチで治療法を探しているんですが、まだ原因が見つかっていないんです。処方箋も渡せない状態で、申し訳ない」

    まゆ「そんなぁ……!(まゆはアイドルなのに、こんなことでは仕事に支障が出てきちゃいますよ。それに、Pさんに何と言ったらいいんでしょう)」

    医者「他にもこの症状を訴える方がいらっしゃるので、治療法が発見されたら真っ先にお呼び致します」

    まゆ「できるだけ早くお願いしますよぉ……」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/31(土) 19:31:22.11 ID:FSTPGfYS0

    まゆ「ぐすん」

    まゆ「絶望しちゃいそう。こんな時にPさんがいてくれたら……」

    まゆ「寒空の中、まゆは心が凍えそう」

    まゆ「寂しいなぁ……」

    モバP「まゆ!!急に病院に行ったって聞いたから、心配で飛んできたぞ」

    まゆ「Pさん……!」

    まゆ「うえーん。どうしましょう、まゆは…っ」



    4: ◆Ci3UmwhFqY 2016/12/31(土) 19:32:04.01 ID:FSTPGfYS0

    モバP「大丈夫、大丈夫だから、まゆ。一体どんな症状なんだ」

    まゆ「実は、」

    モバP「ゆっくりでいいぞ。話してくれ」

    まゆ「実は……!!」

    モバP「あぁ」




    【まゆ「懐かしいギャグを言ってしまう病ですかぁ~!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485095465/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/22(日) 23:31:06.20 ID:nmtOTdJb0

    ☆注意☆
    このSSには以下の成分が含まれますのでご注意下さい。
    ・怪人ゾナー
    ・キャラ崩壊の可能性
    ・書き溜め
    ・一発ネタ





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/22(日) 23:32:27.39 ID:nmtOTdJb0

    ~事務所~

    市原仁奈「じゃあ次の問題でごぜーます!」

    仁奈「『ハサミはハサミでも、物を切ることができないハサミって、なーんだ?』」

    高垣楓「切れないハサミ?うーん、何でしょう……」

    仁奈「どーです?難しい問題でやがりましょー?」

    楓「ええ、仁奈ちゃんが作るなぞなぞは面白いわね」

    仁奈「えへへー、もっとほめてくだせー!」

    ガチャ

    安倍菜々「おはよーございますっ!」

    仁奈「あっ、菜々おねーさん!おはようごぜーます!」

    楓「おはようございます、菜々ちゃん」

    菜々「お二人とも、おはようございます!」

    菜々「何してたんですか?」

    仁奈「なぞなぞ勝負でごぜーます!」

    楓「ふふっ」

    菜々「へー、なぞなぞですか。珍しいですね」

    楓「仁奈ちゃん、なぞなぞ強いんですよ?」

    仁奈「えへへ、ありがとうごぜーます!」

    菜々「本当ですか?じゃあ私も後でお相手してもらいたいです」

    菜々「それにしても、どうして突然なぞなぞを?」

    仁奈「紗南おねーさんが、昨日ゲームを貸してくれたんでごぜーます」

    菜々「なぞなぞの?へー、面白そうじゃないですか」

    仁奈「だけど、出されるなぞなぞが難しくてあんまり進められてないですよ」

    楓「仁奈ちゃんでも解けないの?」

    仁奈「そーです。だじゃれなぞなぞは苦手でごぜーます」

    菜々「ん、だじゃれ、って言ったら……」

    楓「これって私の出番かしら?」

    仁奈「えっ!?楓おねーさん、一緒にやってくれるですか!?」

    楓「私で良ければ、どうかしら?」

    仁奈「もちろんでごぜーます!一緒になぞなぞ考えてくだせー!」ゴソゴソ

    菜々(元気な仁奈ちゃんを見てるとなんだか微笑ましいですね)



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/22(日) 23:33:09.39 ID:nmtOTdJb0

    仁奈「んしょ……んしょ……」ゴソゴソ

    仁奈「あったでごぜーます!」パァーン

    Dau6y1q


    楓「あら、これって……」

    菜々「ゲームボーイカラーですか!流石紗南ちゃんですね」

    楓「懐かしいわね。何年くらい前だったかしら」

    仁奈「菜々おねーさんもこのゲーム機知ってたですか?」

    菜々「え?あぁっ!?はい!たまたま!」

    仁奈「? そーですか」

    仁奈「それじゃあ行くですよ、電源オーン!」プチッ

    RgXaO6v
     
    かえなな「「……『怪人ゾナー』?」」

    楓「どこかで聞いたことがあるような……」

    菜々「ナナも子供の頃に聞いた覚えがありますね……何でしたっけ」

    仁奈「どうしたですか?」

    楓「あっ、ごめんなさいね仁奈ちゃん、始めましょうか」

    菜々(うーん……もうそこまで出かかってるんですけど……歳ですかね)




    【【モバマスSS】菜々「怪人ニナー?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484582788/

    1: ◆cLLpbu6HI. 2017/01/17(火) 01:06:28.69 ID:8TAKEvME0

    夜、女子寮 李衣菜の自室

    李衣菜「指名手配のモンタージュ~~っと」ガチャッ

    李衣菜「あっ、牛乳切らしてたんだった。ん~、食堂の共用冷蔵庫の方にあるかな?」

    食堂前廊下

    李衣菜「偉くもないし~、立派でもない~~・・・ん?なんだろこの匂い?」  
       






    2: ◆cLLpbu6HI. 2017/01/17(火) 01:08:01.86 ID:8TAKEvME0

    カチャッ

    李衣菜「あれ?水野さん?」

    翠「きゃっ!多田さん、どうしたんですかこんな時間に?」

    李衣菜「いやぁ、牛乳飲もうと思ったら切らしてて。こっちの冷蔵庫にあるかな~って」

    翠「それでしたら及川さんのご実家のものがありましたよ」

    李衣菜「やったね♪そう言えば水野さんはどうしてこんな時間に?」

    翠「最近神崎さんがファミリーレストランのCMに出演しているのはご存知ですよね?」

    李衣菜「うん。ハンバーグを頬張ってるやつだよね?」

    翠「先ほど勉強中にラジオ代わりにつけていたニュース番組の途中でそのCMが流れまして」

    李衣菜「うん」

    翠「勉強で頭を使っていたことも相まって、無性にハンバーグが食べたくなってしまいまして。24時間営業のスーパーに材料を買いに行ったんです」





    3: ◆cLLpbu6HI. 2017/01/17(火) 01:09:16.96 ID:8TAKEvME0

    李衣菜「それでわざわざ作ったんだ。水野さんて意外と食いしん坊?」

    翠「そ、そんなことはありません!」

    李衣菜「そう?って確かそのファミレスってスーパーとは反対方向だけど同じくらいの距離にあったよね?」

    翠「あっ・・・」

    李衣菜「(忘れてたんだ・・・)ま、まぁ自分で作る方が味もサイズも好きに出来るしね!」

    翠「そ、そうですよね!!」

    李衣菜「で、肝心のハンバーグはどんな感じなのかな・・・。ず、随分大きいね。数も4つあるし。まさかとは思うけどこれ全部1人で?」

    翠「いえ!今食べるのは1つだけです!」

    李衣菜「そりゃあそうだよね。ソースはこれから作るの?」

    翠「いえ、下味は付けたのでこのまま食べようかと」

    李衣菜「へ、へぇ(ワイルドだなぁ)」






    【【デレマス】翠「ハンバーグが食べたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484397011/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/14(土) 21:30:11.50 ID:zXe05Opao

    ※キャラとか色んなものが崩壊しています

    元ネタ↓






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/14(土) 21:31:03.52 ID:zXe05Opao

    文香「……」タタタッ

    千夏「……」キョロキョロ

    ハッ!

    イチドウレイッ!

    文香「……」バンッ!

    千夏「……」バンッ!

    ホンヒラキ



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/14(土) 21:31:44.94 ID:zXe05Opao

    文香「アインフェリア」

    千夏「レッドバラード」


    文香「アインフェリアは戦争で戦う少女たちをモチーフにしたユニットだ」

    千夏「レッドバラードは天女の羽衣をモチーフにしたユニットだ」

    文香「メンバーは新田美波、高森藍子、橘ありす、相葉夕美と鷺沢文香で構成されています」

    千夏「メンバーは高橋礼子、東郷あい、黒川千夏、桐野アイと相川千夏がいる」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/14(土) 21:32:11.76 ID:zXe05Opao

    文香「アインフェリアは持ち歌に生存本能ヴァルキュリアという持ち歌がある」

    千夏「レッドバラードには特に持ち歌はないけれど頑張っている」

    文香「アインフェリアは人気のあるアイドルが集まって結成している」

    千夏「レッドバラードだって人気のあるアイドルが集まっている」

    文香「 」フンッ!

    千夏「みんなロリコンだ」

    文香「!?」

    千夏「 」ドヤッ




    【相川千夏「アイドル」鷺沢文香「対決」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484412592/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 01:49:52.65 ID:LrQsz0XH0

    島村卯月、探検シリーズ
    伝説の偶像!
    346プロ社屋に幻のアイドル"エムジェー"は実在した!!





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 01:51:20.23 ID:LrQsz0XH0

    この世界には数多くのアイドル伝説が眠っている
    765のコトリや876のオーガの伝説は有名だろう
    そして今回、あの346プロに伝説のアイドルが存在するという情報を我々は入手した!
    その名も"エムジェー"、果たしてその正体とは如何なるものなのか!



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 01:51:56.13 ID:LrQsz0XH0

    346プロ・庭園

    この伝説の真相を確かめるため、我々探検隊は346プロダクションに上陸した!

    島村卯月「さぁ皆さん! 到着です!」

    前川みく「到着……って、どうみてもアタシたちのプロダクションにゃ」

    みく「というか何なのこの格好! 都会の真ん中で探検隊ルックって不釣り合いにもほどがあるにゃ!」

    渋谷凛「みく、探検には探検に合った格好があるんだよ」

    本田未央「そうだよみくにゃん! これを着ないと冒険が始まらないよ~」

    みく「2人ともなんでそんなに冷静にゃぁ…」

    みく(なんなのこれ……番組の撮影とは聞いていたけど)

    みく(というかエムジェーって明らかにあの人の事だよね!? 大丈夫なのこれ…)



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 01:53:21.00 ID:LrQsz0XH0

    探検に挑む前には情報収集が欠かせない、我々はエムジェーを目撃したことがあるという現地住民に話を聞くことができた!

    現地民I「みし……エムジェーね、確かに見たことあるよ」

    みく(部長さんにゃ…)

    卯月「本当ですか!? いったいどこで見たんですか?」

    現地民I「うん、あの建物の8階だったかな」

    現地民の指さす先には高くそびえる346プロ社屋が!
    ここに幻のアイドル"エムジェー"がいるらしい

    凛「目的地は決まったね」

    みく(8階って、常務の部屋がある階だよね!? マジで行くの!?)




    【島村卯月、探検隊「伝説の偶像!"エムジェー"は実在した!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ