大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > ダイまる

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1534191703/

    1: 家 ◆YmvLytuhUo (やわらか銀行) 2018/08/14(火) 05:21:43.04 ID:qqnn0pCF

    花丸「あれ……? ダイヤさん…? ここは…」

    ダイヤ「私の部屋ですわ」

    花丸「ダイヤさんの……」ボーッ

    ダイヤ「ええ、忘れてしまいましたか?」

    花丸「……うーん…」

    ダイヤ「フフッ…今お茶を淹れてきます、それまでにゆっくり思い出してくださいね」スッ

    花丸「あっ、はい……」

    花丸「……えーと、マルは確か…」


    ──




    2: 家 ◆YmvLytuhUo (やわらか銀行) 2018/08/14(火) 05:23:42.68 ID:qqnn0pCF

    ─数時間前、黒澤家


    ダイヤ「……私の習い事を見学したい?」

    花丸「うん、少し気になって」

    ダイヤ「気になる…花丸さんはそういった分野に興味がおありなのですか?」

    花丸「うーん、興味っていうか…あると言えばあるんだけど……ちょっと違うというか…」

    ダイヤ「…花丸さんにしては随分と煮え切らない返事ですわね」

    花丸「……」

    ダイヤ「…まあいいでしょう、ではこれから始めるので付いてきてください」

    花丸「ありがとうダイヤさん」



    3: 家 ◆YmvLytuhUo (やわらか銀行) 2018/08/14(火) 05:24:30.15 ID:qqnn0pCF




    ダイヤ「…」サラサラ

    花丸「…」

    ダイヤ「……」スッ

    花丸「……」

    ダイヤ「…………あの」トン

    花丸「……」

    ダイヤ「……花丸さん?」

    花丸「……え?」



    4: 家 ◆YmvLytuhUo (やわらか銀行) 2018/08/14(火) 05:25:10.59 ID:qqnn0pCF

    ダイヤ「許可しておいてなんですが…退屈ではないのですか?」フリムキ

    ダイヤ「何もせずにただボーっと見ているだけだなんて、面白くもないでしょう」

    花丸「ううん、そうでもないずら」

    ダイヤ「本当に?」

    花丸「本当に」

    ダイヤ「はあ……よく分かりませんが、花丸さんがそう言うなら」

    花丸「……」




    【ダイヤ「花丸さん、起きてください」 花丸「……ん」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1495090060/

    1: 名無しで叶える物語 2017/05/18(木) 15:47:40.33ID:m4VWJWL8.net

    花丸・ダイヤ「……」ズズッ

    花丸・ダイヤ「……ハァーッ…」コトン

    花丸・ダイヤ「……」


    花丸「…ダイヤさん」

    ダイヤ「…何ですか?」



    2: 名無しで叶える物語 2017/05/18(木) 15:48:31.88ID:m4VWJWL8.net

    花丸「シーンとしてて、落ち着くね」

    ダイヤ「そうですわね、皆で何かをするのも嫌いではありませんが…やはり私はこういう時間の方が好きですわ」

    花丸「やっぱりダイヤさんとは話が合うなあ…マルも静かな時間が好きなんだあ」

    花丸「図書館に一人でいるときもね、誰もいない静かな場所で本を読んでいると」

    花丸「今マルがいる場所はここじゃない…まるで本当に本の中の世界に入っていけるような、そんな感じがして」

    ダイヤ「フフッ…そうですか、きっとそれは花丸さんが自分だけの時間を持っているからなのでしょうね」

    ダイヤ「自分の感傷を真っ先に受け入れて、創造の余地を与えてくれるのは時間ですから」



    4: 名無しで叶える物語 2017/05/18(木) 15:49:48.49ID:m4VWJWL8.net

    花丸「そっか」

    ダイヤ「ええそうです、それを持ってる花丸さんは素晴らしいと思いますわ」

    花丸「いやいやそんな…///」

    ダイヤ「冗談ではありませんわよ、本当…ルビィにも見習ってほしいくらい」

    花丸「……ぁー…」

    花丸「…」


    花丸「…そういえばダイヤさん」

    ダイヤ「はい?」

    花丸「そろそろ学校もお休みに入るけど、生徒会の仕事のほうは大丈夫ずら?」



    5: 名無しで叶える物語 2017/05/18(木) 15:50:37.10ID:m4VWJWL8.net

    ダイヤ「フフッ…お気遣いありがとうございます、ですが心配は無用ですわ、その辺りは全て滞りなく終わっていますので」

    花丸「そっか、流石ダイヤさんだね」

    ダイヤ「黒澤家たるものこれくらい出来て当然ですわ」

    ダイヤ「…なのにルビィときたら、自覚がないのかまだその辺りがしっかりしていないのです…」ハァー

    花丸「……」



    6: 名無しで叶える物語 2017/05/18(木) 15:51:23.41ID:m4VWJWL8.net

    ダイヤ「そろそろあの子にもしゃんとして貰いたいのですが……それが一体いつになるのやら……」

    ダイヤ「姉として不安で一杯ですわ…」

    花丸「……」


    花丸「……はぁ…」タメイキ

    ダイヤ「あら?花丸さん、どうかしましたか?」

    花丸「ううん、何でもないずら……」




    【花丸「平和ずらあ…」ダイヤ「そうですわねえ…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463314909/

    1 : ◆ZTPjpycbhE 2016/05/15(日) 21:21:49.58 ID:igk5oheK0

    ダイヤ「そ、それは一体どういう意味ですの?」

    花丸「? オラはただお月様が綺麗だなーって」キョトン

    ダイヤ「そ、そうよね。本当に月が綺麗ね、満月かしら?」

    花丸「なんだか変なダイヤちゃん」クスクス

    ダイヤ(そうよね、有名な話ではあるけど全員が全員あの話を知っているわけではないですし、何よりわたくしとマルちゃんは女同士ですわ)

    ダイヤ「今度お月見でもしますか? ルビィも誘って」

    花丸「お月見! したいずら!」

    ダイヤ「ふふ、それでは次の満月の日に。次は一体いつかしら」





    2 : ◆ZTPjpycbhE 2016/05/15(日) 21:23:38.53 ID:igk5oheK0

    花丸「あ、でも」

    ダイヤ「でも?」

    花丸「ルビィちゃんと3人っていうのも楽しそうだけど――」

    ダイヤ「? あぁ、Aqoursの9人で?」

    花丸「じゃなくて、逆で……」

    ダイヤ「逆、ですか?」ハテ

    花丸「ダイヤちゃんと2人がいいなーなんて、マルは思ったり」エヘヘ

    ダイヤ「っ!」ドキッ



    3 : ◆ZTPjpycbhE 2016/05/15(日) 21:27:08.95 ID:igk5oheK0

    花丸「ダメ、かな?」ウワメ

    ダイヤ「い、いえ。たまには2人きりというのもいいかもしれませんわね」

    花丸「わぁい! やったずら!」ピョンピョン

    ダイヤ「では、次の満月の日を調べて」

    花丸「今日じゃ、ダメなの?」

    ダイヤ「なんの準備もしていませんし、今日は厳しいかと」

    花丸「コンビニで何か買って、ベンチに座りながら2人でお話するだけでも、マルは嬉しいずら」ニコッ

    ダイヤ「……そうですわね、思い立ったが吉日とも言いますし」

    ダイヤ「次の満月の日では1ヶ月後ですものね」

    花丸「うん!」



    【花丸「見てダイヤちゃん、月が綺麗ずら」ダイヤ「!?」】の続きを読む

    このページのトップヘ